創作麺工房「鳴龍」の魅力を徹底紹介!人気の担々麺からおすすめラーメンも

創作麺工房「鳴龍」の魅力を徹底紹介!人気の担々麺からおすすめラーメンも

多くのお客さんを虜にしている大塚の名店・創作麺工房「鳴龍」の魅力を調べました!人気となったきっかけやイチオシのメニュー、さらにアクセス方法や施設情報もまとめています。創作麺工房 鳴龍の味を再現したカップ麺についても調査しました。

記事の目次

  1. 1.マツコも絶賛!創作麺工房「鳴龍」の絶品担々麺
  2. 2.創作麺工房「鳴龍」とは
  3. 3.創作麺工房「鳴龍」のおすすめメニュー
  4. 4.創作麺工房「鳴龍」
  5. 5.創作麺工房「鳴龍」を堪能しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

マツコも絶賛!創作麺工房「鳴龍」の絶品担々麺

番組「マツコの知らない世界」で「担々麺の世界」がテーマだった際、創作麺工房「鳴龍(なきりゅう)」の担々麺が取り上げられていました。テレビで紹介される以前から担々麺やラーメンの美味い店として有名でしたが、ますます人気が高まり、店外に行列を作る光景は定番となりました。

ミシュランを獲得したことでも知られるおすすめ人気店・鳴龍の魅力を探るべく、特徴や話題のカップ麺、食べるべき一押しメニューをご紹介します。鳴龍の営業時間・定休日、アクセス方法もチェックしていきましょう。ラーメン通はもちろん、グルメ好きにも愛される名店・鳴龍です!

創作麺工房「鳴龍」とは

鳴龍が名店となった理由を紐解いていきます。まずは、鳴龍の基本的な特徴をチェックしていきましょう。その後におすすめメニューや施設情報をご案内します。

2012年創業の人気ラーメン店

2012年に開店した鳴龍ですが、店主は以前にホテルの中華料理店で働き、有名ラーメン店でも麺を学ぶために勉強していました。その後、香港まで行って料理長として腕を振るい、ラーメンのコース料理などで注目を浴びています。なお、香港のお店はミシュランガイドの一つ星掲載店です。

6年間の修行を重ね、晴れて2012年に鳴龍を創業したという経緯です。ラーメン道を極め、ただ料理を提供するだけでなく、お客さんの喜んでいる顔を見たいという熱意を持った鳴龍の店主です。そのために食材の取扱いや空間づくりなど、随所にこだわっています。

ミシュランガイド東京2017で「一つ星」を獲得

店舗周辺では人気を集めていましたが、ミシュランガイド東京2017に掲載され一つ星を獲得したことで、さらに注目度が上がった鳴龍です。鳴龍はミシュランガイド東京2016でミシュラン・ビブグルマンを、そして2017年度にミシュラン一つ星を手に入れた折り紙付きのおすすめ店・鳴龍です。

ビブグルマンとはミシュランガイドに導入されている評価基準の一つであり、良質な食材を使って丁寧に作っていること・5000円以下で提供していることが条件になります。要は値段以上の価値を見出せるかが評価ポイントとなり、鳴龍はミシュラン・ビブグルマンに選ばれたということです。

日清食品からカップ麺も登場

鳴龍は東京都豊島区南大塚に存在し、支店はありません。ミシュラン一つ星を獲得し、テレビでも取り上げられた一杯を食べたい!と思っても、遠くて行けないという方に朗報です。鳴龍は日清食品からカップ麺を販売し、自宅やオフィスでも気軽に鳴龍の味を楽しめるようになりました!

鳴龍は行列の絶えない人気店のため、列に並ばないと食べられません。しかし、完全再現とはなりませんが、鳴龍こだわりの一杯を好きな時に味わえます。鳴龍のカップ麺について掘り下げていきます!

「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」

日清食品「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」(税込278円)がセブンプレミアムにより、2019年に発売されました。鳴龍の名物メニュー担々麺をカップ麺で忠実に再現し、美味いと評判になった商品です。鳴龍 カップ麺の担担麺は、豚や昆布、オイスターの旨みが詰まった醤油ベーススープです。

ゴマの旨みやラー油の辛さ、黒酢・リンゴ酢の酸味を絶妙なバランスで配合し、醤油ベースのスープに深みを出しています。花椒のシビレや辛さはさほど気にならず、旨辛で食べやすいです。あとがけ芝麻醤調味料がカップ麺の醍醐味で、芝麻醤のコクが加わり、重層的な味に仕上げています。

10席しかないため待ち時間が長い

Photo by Dick Thomas Johnson

鳴龍は言わずもがな人気店のため、お昼時や夜になると多くのお客さんが来店します。店内はカウンターの10席しかなく、さらに行列が長くなってしまいます。口コミを見ると「2時間半待った」という強者がいましたが、タイミングによっては15~30分で入店できることもあります。

鳴龍では夜の部に限り、小皿料理を提供しています。水餃子やスパイシーガーリックソースの海老ワンタン、炙り焼きチャーシューなどお酒のあてになるものが並び、つい長居してしまうお客さんもいます。しかし、待ってでも食べたい!と思わせるほど、中毒性の高い鳴龍の逸品なのです。

創作麺工房「鳴龍」のおすすめメニュー

鳴龍で味わうべき一押しメニューを4品ピックアップしました!一番人気は名物の担々麺ですが、他にも引けを取らない絶品ラーメンが存在します。それでは見ていきましょう。

担々麺

鳴龍のおすすめメニューといえば「担々麺」は外せません!担々麺を目当てに鳴龍へ来店する方が多く、他店とは一線を画す一杯に衝撃を受けるといいます。中には「日本一の担々麺」と称賛するファンもいて、一度食べるとその美味しさに虜になってしまいます。

鳴龍の担々麺は辛さと甘さ、酸味のバランスが絶妙で、鶏ガラや節系の旨みがまず広がります。担々麺に欠かせないゴマやナッツの風味が漂い、焦げ目付き挽肉も美味です。サラッとした上品なスープは辛すぎず、一般受けしやすい塩梅です。卓上の花山椒でスパイシーさをプラスできます。

特製醤油拉麺

実は人気の高いおすすめメニュー「特製醤油拉麺」です。スープを一口すすると醤油の重厚で甘く豊かな香りが広がり、丸鶏や牛骨、生牡蠣の旨みが凝縮した出汁が奥行きを出します。優しい醤油スープですが、店主のこだわりを体感できる鳴龍の絶品特製醤油拉麺です。

鳴龍・特製醤油拉麺には自家製麺の中細麺を使い、スルッと入るのど越しと歯ごたえのあるコシが特徴的です。スープに注目しがちですが、麺とのマッチングが絶妙で、リピートしたくなるラーメンに仕上げています。薬味の九条ネギやチャーシューも美味しく、替え玉もできる鳴龍です。

塩チャーシュー麺

塩ラーメンにチャーシューをトッピングした「塩チャーシュー麺」も、醤油と共に食しておきたい鳴龍の自慢メニューです。薄切り3枚と炙り焼きの2タイプあり、大判チャーシューは満足度高めです。

鳴龍・塩チャーシュー麺は特徴的で、あっさりではなく出汁や風味を強く感じます。魚介の香りが芳醇に漂う一杯で、出汁の旨みを楽しみたいなら醤油よりも塩がおすすめです。麺の美味しさもダイレクトに味わえる鳴龍の自慢の一杯です。

坦々つけ麺

担々麺が美味しいので「坦々つけ麺」も間違いのないメニューになります。鳴龍の坦々つけ麺はオリジナリティがあり、麺の下にトマトピューレを流し入れています。トマトの酸味が坦々スープのコクと程よく絡まり、美味しい一杯に仕上げるための大事な役割を果たしています。

つけ汁は醤油ベースのスープにナッツとゴマのペーストを加えたもので、しっかり混ぜると香りが豊かに広がります。さらに絶妙な辛さも相まって、酸味・まろやかさ・辛みのコンビネーションが美味しい一杯を作り上げます。

創作麺工房「鳴龍」

鳴龍の魅力ポイントやおすすめメニューを紹介しましたが、ここでは営業時間・定休日、アクセス方法、さらに気になる駐車場についてご案内します。

営業時間・定休日

Photo byPexels

鳴龍の通常営業時間は水曜日から日曜日が11:30~15:00・18:00~21:00の二部制になり、月曜日は短く11:30~15:00になります。決まったお休みは火曜日です。

場所・アクセス

ファンの多いラーメン屋・鳴龍は東京都豊島区南大塚に位置し、東京メトロ 丸ノ内線・新大塚駅北口から歩いて5分もしくはJR山手線・大塚駅南口から徒歩6分のアクセスになります。新大塚駅からアクセスする場合、南東方向に春日通り/国道254号を進みましょう。

大塚五丁目の交差点を左手前方向に曲がり、南大塚通り南の信号を通り過ぎ、南大塚三丁目の信号を右にアクセスしてください。南大塚二丁目信号の手前の道を左に入り、前方の右側に目的地の鳴龍へ到着するアクセス方法です。

Photo byFree-Photos

JR山手線・大塚駅から鳴龍にアクセスするなら、駅から東方向に進みます。ローソン大塚駅南口店の先を右に曲がり、2つ目の信号を左折します。餃子の王将や丸子家の店舗が並ぶ通りを進み、角で左に曲がりましょう。児童遊園を通り過ぎた辺りの右前方に鳴龍があります。

駐車場情報

Photo by yto

鳴龍は最寄駅から6分ほどの徒歩圏内に位置し、駐車スペースを設けていません。鳴龍の周辺にはいくつか有料駐車場があるので、車で行く方は事前にチェックしておくとスムーズです。

名称 創作麺工房 鳴龍
住所 東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚 1F

創作麺工房「鳴龍」を堪能しよう

ミシュランで一つ星を獲得した超人気店・鳴龍を特集しました。2020年11月時点でグルメサイトでは3.88点もの評価を受けており、今もなお行列を作る名店です。看板メニューの担々麺だけでなく、醤油や塩ラーメンも自慢の鳴龍でした!

anemone4
ライター

anemone4

生まれも育ちも福岡のanemone4です。ホッキョクグマや犬が好きで愛犬チワワにいつも癒されています。上手ではないですがカラオケが娯楽の一つで友人と7時間は歌っていることもあります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング