江ノ島観光で行って欲しいおすすめ21選!絶景スポット&絶品グルメが盛り沢山!

江ノ島観光で行って欲しいおすすめ21選!絶景スポット&絶品グルメが盛り沢山!

湘南を代表する観光スポット「江ノ島」には、おすすめの定番観光スポットから、知る人ぞ知る穴場スポットまで、様々な観光スポットがあります。今回はそんな「江ノ島」のぜひ訪ねたい必見の観光スポットやおすすめグルメをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.江ノ島は湘南を代表する観光スポット!
  2. 2.江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット6選
  3. 3.子連れ観光におすすめの江ノ島の穴場2選!
  4. 4.江ノ島観光は冬もおすすめ!人気スポット2選
  5. 5.江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメ5選!
  6. 6.江ノ島観光におすすめの人気ランチの名店3選!
  7. 7.江ノ島観光の休憩におすすめな人気カフェ3選!
  8. 8.江ノ島観光のおすすめスポットを巡ってみよう!

江ノ島は湘南を代表する観光スポット!

Photo by Ryosuke Yagi

鵠沼海岸やサザンビーチなど湘南には様々な観光スポットが点在していますが、その中でも江ノ島は全国的にも有名な湘南を代表する観光地です。

今回はそんな江ノ島の観光スポットを「おすすめの定番スポット」、「子連れ観光におすすめの穴場スポット」、「冬もおすすめ」、「グルメ」、「ランチ」、「カフェ」などのテーマごとに紹介していきます。

江ノ島の魅力あふれる観光地やおすすめグルメを紹介!

Photo by wellflat1985

江ノ島には魅力的な観光地や、他では中々食べられない、江ノ島ならではのおすすめグルメがたくさんあります。

海が好きな人には絶対におすすめの観光地ですので、湘南、鎌倉方面にお出かけの時にはぜひ江ノ島にも立ち寄ってみてください!

江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット6選

フリー写真素材ぱくたそ

ここでは、江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポットをご紹介します。江ノ島と言えばここという観光スポットで、江ノ島観光するなら絶対に外せない名所ばかりです。

江島神社

Photo by wongwt

江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット、1つ目は江ノ島島内に鎮座する「江島神社(えのしまじんじゃ)」です。「江島神社」には「辺津宮」、「中津宮」、「奥津宮」の3つのお宮があり、それぞれ江ノ島内の3ヵ所にお宮が点在しています。

3宮で最初に参ることになるのは、「辺津宮(へつみや)」です。元々は下之宮と呼ばれていて、ご祭神には「田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)」を祀っています。

「中津宮(なかつみや)」は、かつては上之宮と呼ばれていて、ご祭神には「市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)」を祀っています。「奥津宮(おくつみや)」の旧名は御旅所で、ご祭神には「多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)」を祀っています。

アクセス情報・営業時間

Photo by wellflat1985

「江島神社」へのアクセス方法は小田急片瀬江ノ島駅、江ノ島電鉄江ノ島駅、湘南モノレール湘南江の島駅などから、江の島弁天橋を渡り、正面に見える青銅の鳥居を越え道なりに進んだ先が「江島神社」の入口です。

「辺津宮」へは階段を登っていくこともできますが、後ほどご紹介する「江の島エスカー」を利用することもできます。体力に自信がない人はこちらを利用するのがおすすめです。

江ノ島観光の定番中の定番スポット「江島神社」の営業時間は、8:30~17:00で、休業日などはありません。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-3-8
電話番号 0466-22-4020

江の島エスカー

Photo by sota-k

江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット、2つ目は江ノ島の頂上部まで通じる屋外有料エスカレーター「江の島エスカー」です。江ノ島の3つの区間を結んでいて、区間ごとに券売所があります。3区間の合計は106メートルで頂上までの所要時間は約5分となっています。

1区目は江島神社の入口と「辺津宮」を繋ぎ、2区目は「中津宮」に、3区目は展望灯台などのある頂上部へと通じています。なお、江島神社の「奥津宮」はその更に先にあります。

江ノ島観光の定番スポットを繋ぐ「江の島エスカー」の利用料金は大人360円、子供180円(全区間)となっています。お得な展望灯台セット券(大人800円、子供400円)もおすすめです。営業時間は9:00~19:05で、休業日などはありません。

住所 神奈川県藤沢市江の島1-4-7
電話番号 0466-23-2444

江の島サムエル・コッキング苑

Photo by *_*

江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット、3つ目は江ノ島の頂上部にある「江の島サムエル・コッキング苑」です。江ノ島に別荘を持っていた貿易商サムエル・コッキング氏が1882年に造成した和洋折衷庭園の跡地を改装して作られた江ノ島の定番観光スポットです。

「江の島サムエル・コッキング苑」には南洋の植物を中心に様々な植物が植えられていて、春夏秋冬それぞれの楽しみがあります。また、園内には、フレンチトーストで知られるグルメスポット「ロンカフェ」もあります。

春夏秋冬の楽しみがある定番観光スポット「江の島サムエル・コッキング苑」の営業時間は、9:00~20:00で最終入場は19:30となっています。入場料は大人200円、子供100円です。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-3-28
電話番号 -

恋人の丘 龍恋の鐘

Photo by apple 94

江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット、4つ目は江ノ島の奥「奥津宮エリア」の入口にある「恋人の丘 龍恋の鐘」です。江ノ島の入口からは徒歩15分のところにあります。

かつては「龍野ヶ岡自然の森」という自然散策路でしたが、現在は江ノ島の定番デートスポットとして有名です。「龍恋の鐘」の後ろのフェンスに南京錠をかけると、恋が叶うと言われています。また、映画「陽だまりの彼女」の舞台になったことでも有名です。

晴れた日には伊豆大島まで見渡せる眺望も魅力で、特に空気が澄んだ冬場などは素晴らしい絶景が楽しめるビュースポットです。恋人同士に限らず、散策や眺望を楽しめるおすすめの観光スポットです。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-5
電話番号 0466-22-4141

新江ノ島水族館

Photo by ajari

江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット、5つ目は小田急片瀬江ノ島駅から徒歩3分、江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩10分のところにある「新江ノ島水族館」です。カップルやファミリーで賑わう江ノ島の定番観光スポットです。

「新江ノ島水族館」の目玉は、相模湾の環境を再現し8000匹のマイワシの群泳も見られる「相模湾大水槽」です。江ノ島ならではの展示コーナーですのでおすすめの必見ポイントです。

「新江ノ島水族館」の営業時間は、9:00~17:00(冬季の12月~2月は10:00~17:00)です。入場料金は大人2500円、高校生1700円、小中学生1200円、3歳以上800円(2020年4月改定)となっています。なお、2020年3月31日まで臨時閉館中です。

住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
電話番号 0466-29-9960

江ノ島アイランドスパ

Photo by Marufish

江ノ島で行きたい!おすすめ定番観光スポット、6つ目は江の島弁天橋を渡ってすぐのところにある「江ノ島アイランドスパ」です。10種類の温水スパが楽しめる江ノ島観光では定番の癒しスポットです。

「江ノ島アイランドスパ」のおすすめポイントは、目の前に広がる相模湾とその後ろにそびえる富士山を眺めながら、ゆったりとお湯につかれる天然温泉「富士海湯」です。雄大な景色と天然温泉に癒されましょう!

江ノ島定番の癒しスポット「江ノ島アイランドスパ」の営業時間は、10:00~22:00(冬季の12月~2月は11:00~22:00)で、年2回のメンテナンス休館があります。利用料金はワンデイスパが大人3175円、小学生1540円、18:00からのナイトスパが大人1965円、小学生1320円です。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-1-6
電話番号 0466-29-0688

子連れ観光におすすめの江ノ島の穴場2選!

Photo by wellflat1985

子連れ観光におすすめの江ノ島の穴場スポットをご紹介します。電動ろくろを使った陶芸体験ができる陶器専門店や、海の生き物の観察や磯遊びができるスポットなど、江ノ島には子供が喜ぶ穴場の観光スポットもあります。

ツチのコ堂

子連れ観光におすすめの江ノ島の穴場スポット、1つ目は江ノ島電鉄江ノ島駅からすぐ近くにある陶器専門店「ツチのコ堂」です。こちらのお店は江ノ島の島内ではなく、主要な観光スポットからも少し離れた穴場スポットとなっています。

「ツチのコ堂」では、電動ろくろ陶芸体験が行われていて、楽しく作品を作ることができます。所要時間は1~2時間程度で、対象年齢は5歳からとなっていますので、子連れで訪れるのにもおすすめな穴場の観光スポットです。体験料金は作品1個で3500円、2個で4500円です。

電動ろくろ陶芸体験ができる穴場の観光スポット「ツチのコ堂」の営業時間は、10:00~18:00で、不定休となっています。

住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-8-18ガーデンズビス江の島1-E
電話番号 0466-86-5850

さざえ島

子連れ観光におすすめの江ノ島の穴場スポット、2つ目は江ノ島のヨットハーバーのすぐ近くにある「さざえ島」です。江ノ島の観光スポットから外れた、子供連れで行くにはおすすめの穴場スポットです。

「さざえ島」の中央は高台になっていて、江ノ島のヨットハーバーを見渡すことができ、周辺の岩場にはには人工的に再現したタイドプール(潮だまり)があり、海の生き物を観察したり、磯遊びをすることができる、穴場の遊び場です。

観光客があまりやって来ない江ノ島の穴場スポットで、子供と一緒に磯遊びや海の生き物の観察をしてみてはいかがでしょうか?

江ノ島観光は冬もおすすめ!人気スポット2選

Photo by rabbit_akra

江ノ島観光は冬もおすすめの人気スポットをご紹介します。湘南、江ノ島といえば夏というイメージですが、ここでは、あえて冬こそ訪ねたい観光スポットをピックアップしました。

江の島シーキャンドル(展望灯台)

Photo by wellflat1985

江ノ島観光は冬もおすすめ!人気スポット、1つ目は定番スポットでもご紹介した「江の島サムエル・コッキング苑」の中にある、「江の島シーキャンドル(展望灯台)」です。

「江の島シーキャンドル」は、江ノ島、湘南のシンボルともいうべき定番スポットで、展望フロアーからは湘南海岸や太平洋をぐるりと見渡すことができます。

Photo by Dai44

「江の島シーキャンドル」は、2003年に「江の島サムエル・コッキング苑」と一緒にリニューアルされました。名前の通りろうそくのような外見で、特にライトアップされた姿はとても美しいので必見です。特に空気が澄んだ冬場がおすすめです。

江ノ島のシンボル「江の島シーキャンドル(展望灯台)」の営業時間は、9:00~20:00で最終入場は19:30となっています。入場料は大人500円、子供250円です。

江の島ヨットハーバーライトアップ&イルミネーション

江ノ島観光は冬もおすすめ!人気スポット、2つ目は江の島ヨットハーバーで行われる「江の島ヨットハーバーライトアップ&イルミネーション」です。

開催期間中は江ノ島のヨットハーバーが冬の澄んだ空気の中、ライトアップされ、イルミネーションで彩られた美しい景色をみることができます。江ノ島の穴場の観光スポットである江の島岩屋(第二岩屋)もイルミネーションの光に包まれて幻想的な雰囲気になります。

2020年の「江の島ヨットハーバーライトアップ&イルミネーション」の開催期間は12月21日~12月25日の予定です。今年の冬は、オリンピックのセーリング会場として注目を集めるヨットハーバーのイルミネーションを見に行きましょう!

住所 神奈川県藤沢市江の島1-12-2
電話番号 0466-22-2128

江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメ5選!

Photo by Ryosuke Yagi

江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメをご紹介します。江ノ島で古くから営業している老舗から、行列ができる人気のお店まで、江ノ島には様々なグルメスポットが目白押しです。

磯料理きむら

江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメ5選、1軒目は小田急片瀬江ノ島駅から徒歩13分、江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩18分のところにある「磯料理きむら」です。創業50年以上の磯料理の老舗で、新鮮な魚介類が食べられるグルメスポットです。

「磯料理きむら」でおすすめのメニューは、江ノ島名物のしらすをたっぷりつかった「しらす丼」(1150円)です。「さざえつぼ焼定食」(1650円)や、「おさしみ定食」(2090円)も人気のメニューです。

江ノ島では定番のグルメ、生シラスも食べられるグルメスポット「磯料理きむら」の営業時間は、11:50~20:00、定休日は不定休となっています。

住所 神奈川県藤沢市江の島1-6-21
電話番号 0466-22-6813

魚見亭

江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメ5選、2軒目は江島神社奥津宮のさらに奧、江ノ島の入口弁天橋からみて島の反対側にある「魚見亭」です。小田急片瀬江ノ島駅からは徒歩30分のところにあります。

「魚見亭」でおすすめのメニューは、コリコリ食感のさざえを卵でとじた江ノ島観光の定番グルメ「江ノ島丼」です。「あじたたき定食」や「しらす丼」なども人気のメニューです。

創業140年の江ノ島でも屈指の老舗「魚見亭」の営業時間は、10:00~日没後30分となっていますので、冬場は早めに店が閉まってしまうので、注意が必要です。年中無休ですが、荒天時は休店になる場合があります。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-5-7
電話番号 0466-22-4456

しらす問屋 とびっちょ 本店

江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメ5選、3軒目は小田急片瀬江ノ島駅から徒歩10分、江ノ島の入口弁天橋を渡ってすぐのところにある「しらす問屋 とびっちょ 本店」です。江ノ島でも屈指の人気店なので事前に予約してから行くのがおすすめです。

「しらす問屋 とびっちょ 本店」でおすすめのメニューは、地元産の新鮮で美味しい魚介がたっぷりのった「とびっちょ丼」(1890円)です。江ノ島観光の定番グルメしらすが堪能できる「しらすづくし御膳」(1350円)も人気のメニューです。

江ノ島でも屈指の人気グルメスポット「しらす問屋 とびっちょ 本店」の営業時間は、11:00~21:00で、年中無休で営業しています。荒天時は休店になる場合があります。

住所 神奈川県藤沢市江の島1-6-7
電話番号 0466-23-0041

江之島亭

江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメ5選、4軒目は江島神社の奥津宮の手前に店を構える「江之島亭」です。小田急片瀬江ノ島駅からは徒歩35分のところにあります。1909年創業の老舗海鮮料理屋で、相模湾の海岸線を見ながら新鮮な海の幸を楽しめます。

「江之島亭」でおすすめのメニューは、江ノ島観光の定番グルメ「江の島丼」です。開放的なお座敷テラスで、海の幸と相模湾の絶景を楽しみながら江ノ島ランチを堪能しましょう!

「江之島亭」の営業時間は、10:00~日没後1時間となっています。なお、冬季は約1時間早く閉店しますので注意が必要です。年中無休で営業していますが、荒天時は休店になる場合があります。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-6-5
電話番号 0466-22-9111

見晴亭

江ノ島観光で絶対食べたいおすすめグルメ5選、5軒目は稚児ヶ淵に降りる石段の途中、江ノ島の入口弁天橋からみて島の反対側にある「見晴亭」です。大正初期創業の老舗で、釣り人に人気の穴場グルメスポットです。

「見晴亭」でおすすめのメニューは、さざえのつぼ焼きと刺身の「江の島定食」や、江ノ島の定番グルメ「江の島丼」、「しらす丼」などです。

4月、9月にはダイヤモンド富士も見ることができる、絶景グルメスポット「見晴亭」の営業時間は、10:00~日没(冬場は早く閉店になります)まで、不定休となっていて、雨の日にはお店に営業するか確認するのがおすすめです。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-6-22
電話番号 0466-23-4405

江ノ島観光におすすめの人気ランチの名店3選!

Photo by PooWho

ここでは、江ノ島観光におすすめの人気ランチの名店をご紹介ます。江ノ島ならではの海の幸をふんだんに使ったランチが食べられるお店が揃っています。

湘南バーガー 江の島 本店

江ノ島観光におすすめの人気ランチの名店、1軒目は先ほど江ノ島の定番観光スポットとしてご紹介した「江の島アイランドスパ」の別館で営業する「湘南バーガー 江の島 本店」です。足湯につかりながらランチが食べられる人気のグルメスポットです。

「湘南バーガー 江の島 本店」でおすすめのランチは、ちくわとカレーソースをパンで包み込んだホットドッグ「湘南ドッグ」(550円)です。他にも、「さつま竜田バーガーしらすおろし」や「さつましらすバーガー」など、江ノ島ならではのランチがたくさんあります。

江ノ島ならではのランチが食べられるグルメスポット「湘南バーガー 江の島 本店」の営業時間は、3~11月が10:00~19:00、冬季の12~2月が11:00~18:00(休日は19:00まで)です。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-1-6江の島アイランドスパ別館1F
電話番号 0466-29-0688

江の島ハルミ

江ノ島観光におすすめの人気ランチの名店、2軒目は先ほど江ノ島の定番観光スポットとしてご紹介した「江島神社」の入口近くにある「江の島ハルミ」です。創業80年の老舗食堂で、江ノ島観光の定番グルメ、「江の島丼」の発祥のお店です。

「江の島ハルミ」でおすすめのランチは、もちろん元祖「江の島丼」(1300円)です。江ノ島でランチするなら名物料理「江の島丼」のオリジナルは外せません!

江ノ島の名物ランチが味わえるお店「江の島ハルミ」の営業時間は、11:00~18:00(7月下旬~8月の夏シーズンは19:00まで、11月下旬~2月の冬シーズンは17:00)で、定休日は金曜(夏シーズンは無休)です。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-1-12
電話番号 0466-22-3629

アイランドグリル

江ノ島観光におすすめの人気ランチの名店、3軒目は「アイランドグリル」です。こちらも江ノ島の定番観光スポットとしてご紹介した「江の島アイランドスパ」内で営業するお店です。海と富士山を一望できる絶景を眺めながら美味しいランチが食べられるお店です。

「アイランドグリル」でおすすめのランチは、「シラス&ズワイガニのパスタ」(1800円)と「シラスのピザ」(1800円)です。湘南の海を眺めながらちょっと贅沢なランチを楽しみましょう!

シーフードランチが魅力のお店「アイランドグリル」の営業時間は、平日が11:30~21:00、土曜は11:00~21:45、日曜、祝日が11:00~21:00、冬季(12~2月)が11:30~20:45です。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-1-6江の島アイランドスパ内
電話番号 0466-27-7688

江ノ島観光の休憩におすすめな人気カフェ3選!

Photo by PooWho

ここでは、江ノ島観光の休憩におすすめな人気カフェをご紹介します。日本で唯一のフレンチトースト専門店や、デートにおすすめのおしゃれなカフェ、観光の合間に立ち寄りたい隠れ家的な穴場カフェなど、江ノ島には、それぞれタイプの違う魅力的なカフェが揃っています。

LONCAFE 湘南江の島本店

江ノ島観光の休憩におすすめな人気カフェ、1軒目は先ほど江ノ島の定番観光スポットとしてご紹介した「江の島サムエルコッキング苑」内で営業する「LONCAFE 湘南江の島本店」です。

「LONCAFE 湘南江の島本店」では、オリジナルソースにじっくりつけ込み、外はカリカリ、中はトロトロに仕上げたフレンチトーストが食べられます。海が一面に広がる別世界のようなロケーションで、美味しいフレンチトーストを楽しみましょう!

日本で唯一のフレンチトースト専門店「LONCAFE 湘南江の島本店」営業時間は、平日が11:00~20:00、休日が10:00~20:00です。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-3-38
電話番号 0466-28-3636

イルキャンティ カフェ

江ノ島観光の休憩におすすめな人気カフェ、2軒目は先ほどご紹介した「江の島シーキャンドル(展望灯台)」のすぐ近くにある「イルキャンティ カフェ」です。海が見えるテラス席は映画やドラマのワンシーンのように雰囲気抜群で、デートにもってこいのお店です。

「イルキャンティ カフェ」でおすすめのメニューは、殻ごと食べられる柔らかい蟹を特製ソースでサンドした「ソフトシェルクラブバーガーセット」です。スープとサイドディッシュ3種、ワンドリンク付きで1380円となっています。

江ノ島デートにもおすすめのお店「イルキャンティ カフェ」の営業時間は、11:00~21:00で、年中無休で営業しています。

住所 神奈川県藤沢市江の島2-4-15
電話番号 0466-86-7758

カフェーマル

江ノ島観光の休憩におすすめな人気カフェ、3軒目は小田急片瀬江ノ島駅から徒歩15分のところにある「カフェーマル」です。メイン通りから外れたところにある穴場のカフェです。

「カフェーマル」は、どこか懐かしい昭和な雰囲気が漂うカフェで、リラックスした気分で美味しいコーヒーが楽しめます。また、ケーキセットやカレーセットなどスイーツや軽食も美味しいので、休憩はもちろんランチにもおすすめのお店です。

看板猫が出迎えてくれる穴場の隠れ家カフェ「カフェーマル」の営業時間は、12:00~19:00で、定休日は木曜日となっています。

住所 神奈川県藤沢市江の島1-6-5
電話番号 0466-27-7939

江ノ島観光のおすすめスポットを巡ってみよう!

Photo by ys*

ここまで、江ノ島のおすすめ観光スポットをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?江ノ島は家族でも、デートでも、友達同士でも、一人で行っても楽しめる観光地です。神奈川最大の観光地である鎌倉からも近いので、合わせて観光するのもおすすめです。

速水喜彦
ライター

速水喜彦

歴史と酒と食べることが好きです。神社仏閣、歴史関連、日本酒、飲食店の記事を中心に執筆しています。

関連記事

人気記事ランキング