岐阜・柳家の絶品料理が食べたい!一見さんお断りの名店を予約するには?

岐阜・柳家の絶品料理が食べたい!一見さんお断りの名店を予約するには?

岐阜の「柳家」といえば、古民家を移築した一軒家のような店舗でジビエと郷土料理を提供する至高の名店です。囲炉裏がある田舎の家のような空間で、岐阜県の至宝な絶品グルメが楽しめます。そこで自称グルメな人におすすめしたい、ミシュラン2つ星獲得の「柳家」をご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.完全予約制の岐阜にある「柳家」は食通も唸る店
    2. 2.岐阜の柳家ってどんなお店?
    3. 3.岐阜の柳家のメニューとシステム
    4. 4.岐阜の柳家に予約する方法は?
    5. 5.岐阜・柳家の基本情報
    6. 6.山奥でも行く価値のある岐阜の「柳家」

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    完全予約制の岐阜にある「柳家」は食通も唸る店

    Photo byExplorerBob

    岐阜県瑞浪市の中心地から更に距離がある緑あふれる山奥に、郷土料理の名店「柳家」があります。江戸時代後期建築の古民家をリノベーションした、懐かしささえ覚える趣がある空間で、岐阜の郷土料理や地産ジビエ料理、魚介海鮮料理などが完全予約制で楽しめます。

    グルメ系口コミサイトでも長期に渡り、ユーザーから全国トップの評価を得ているので知る人ぞ知る名店です。圧倒的なその評判が新たにグルメな人を呼び寄せています。その人気と評判は、ミシュラン2つ星獲得という評価にも繋がっています。

    立地環境、店舗空間、ジビエ郷土料理、いずれも唯一無二レベルの「野生の宴」に、ひと時の間、感性を真っ新にして心身を託してみませんか。

    岐阜の柳家ってどんなお店?

    岐阜県でも、もちろん絶大な人気のあるグルメ店「柳家」は、各メディアでも紹介される店舗となり、グルメな方々から一目置かれ続ける銘店です。近年ではミシュラン2つ星を獲得といった評価も得られました。

    美味しいジビエ料理が食べられるスポットであり、「柳家」では、岐阜の四季がまったりと味わえます。独特のルールがある「柳家」には、訪問前にそのルールなどの情報を知る必要があります。

    「柳家」は名店として有名ですが、「一見さんはお断り」のお店なので、一見さん(初めて)の方は事前に知っておくことをおすすめします。本記事ではその柳家がどのような店舗かをご紹介します。

    郷土料理とジビエを提供するお店

    Photo byRitaE

    江戸時代後期に建築された古民家を移築した趣のある空間で味わえるのは、春季は山菜、夏季はアユやウナギなどの地産天然の川魚、秋季は松茸などのキノコ類、冬季はジビエなど旬のその時期のみ食べられる、地元里山の食材を潤沢に用いたおまかせコースです。

    野趣あふれる各種炉端焼き、意外な味と素材の食感が楽しめる猪鍋、各種ジビエのステーキ、地産の山菜や野菜を用いた天ぷらなど、凝っているようで素朴、シンプルのようで実は深みがある、岐阜の郷土料理とジビエ料理が食べられます。

    囲炉裏で調理

    Photo by "KIUKO"

    「柳家」の唯一無二と言って良い魅力のひとつに「囲炉裏を囲んで食を楽しむ」スタイルがあります。お客様1組に1人のスタッフが専属で付き、極上の絶品各種食材を職人技で丁寧に炭火焼きにしてもらえます。

    「囲炉裏を囲み団欒」というかつての日本の文化は、現在では普段ではまずお目にかかることが無い生活スタイルです。しかしそれでも、どこかこのスタイルに心地よさや懐かしさを感じられるからこそ、「柳家」に全国から多くのグルメな人が集まります。

    ミシュラン東海3県の2019特別版で2つ星を獲得

    Photo by shibainu

    2019年に発売された「ミシュランガイド 愛知・岐阜・三重2019特別版」では、見事に初のミシュラン2つ星のレストランに選定されています。ちなみに、岐阜県で選ばれたミシュラン2つ星のレストランは3店舗です。その一角を担っています。

    欧米では、得てして「えっ?」と2度見してしまうような田舎にミシュラン3つ星のレストランがポツンとあったりします。岐阜の田舎にその「柳家」がポツンとお店を構えています。

    昔ながらの食文化を現在に体現するレストランゆえに、欧米などの外国人旅行者からも人気を集めミシュラン2つ星獲得に繋がっています。

    フランスのガイド「ラ・リスト」で10位にランクイン

    Photo byFirmBee

    世界的なレストランランキングのひとつ「ラ・リスト」2019年版では「柳家」は10位にランキングされています。ちなみに「ラ・リスト」とは、世界中に散在する高評価の美食スポットをご紹介するフランス発のレストランガイドです。

    世界165か国にある約16000軒以上のレストランが紹介され、その中でも日本は148店を占めています。2019年「ラ・リスト」において10位に格付けされたのです。フランス外務省にて実際に表彰されています。

    Photo by kaidouminato

    また「食べログ」においても、10年連続で評価点全国1位を獲得した実績があり、事実過去の「The Tabelog Award2018」にて殿堂入りしています。ちなみに殿堂入りした店舗は4店舗です。

    「ミシュランガイド 愛知・岐阜・三重2019特別版」も含め、現在も国内外問わず多方面で評価されています。食べログは元よりミシュランなどのガイドにて「柳家」に興味を湧いた人も居られるでしょう。岐阜の山奥に、国内外から来店する人が絶えない理由がここにもあります。

    岐阜の柳家のメニューとシステム

    ミシュラン2つ星掲載などさまざまな話題や評判を集める「柳家」ですが、そこで気になる予約関連や提供するメニューなどの、「柳家」のシステム周りです。純粋に予約はできるのか、できるならどのような方法なのかなど、気になる人も多いでしょう。

    しかし「柳家」が現在の予約システムやメニューに至った理由もしっかり存在します。そこで岐阜の「柳家」の予約システムやメニューについて調べてみました。

    一見さんお断り

    Photo byFirmBee

    岐阜の「柳家」に予約する手段はそれ程多くありません。そもそも「一見さんお断り」は、「初めて来店する人はお店が利用できない」と言う意味であり、多くの場合一定条件をクリアすることで予約ができるようになります。

    「柳家」の場合は、独自の予約条件を事前に理解しない限り、初めて予約する人はまさに「一見さんお断り」です。ですので「柳家」初来店者でもできる予約方法をご紹介します。美味しい料理に浸りきるためにも独自の予約方法を事前に知り、「柳家」に来店しましょう。

    無断キャンセルなどが増えてきたため

    Photo byJESHOOTS-com

    現在でも大人気の「柳家」ですが、それまでは誰でもいつでも予約できる店舗営業していました。しかし、当日や無断キャンセル、いわゆる「ドタキャン」するケースがあまりにも多く、その分食品ロスが増え始めます。

    「柳家」が提供する料理は、貴重なジビエ肉や、山菜などその日収穫した新鮮食材を用いており、いきなりのキャンセルは大損害です。そこで「柳家」は増加する無断キャンセルを避けるために、一見さんお断りの独自ルールを作りました。

    常連客が責任を持ったうえで予約し、同伴することで食品ロスも減り、「柳家」側もお客も双方ストレス無く営業続けるようになり現在に至っています。

    4人以上から受付の完全予約制

    Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

    「柳家」店内は用意できる席数でいえば収容席は100席と意外に広く、6室の個室があります。しかもすべて個室の囲炉裏部屋です。その個室囲炉裏部屋は、完全予約制で最低4名からの利用となります。

    ちなみに個室は30名以上も対応可能です。また8名以上の予約であればJR瑞浪駅への送迎も交渉次第では可能です。1度相談してみることをおすすめします。

    メニューはコース料理のみで12,960円(税込)

    「柳家」が提供する料理は「おまかせコース」のみです。個々の四季に沿った、その日の旬食材を用いた料理がコースに組まれます。囲炉裏の炭火で焼かれる各種川魚やジビエ、地産ものを潤沢に用いた箸休めなどを含め、全部で12~15品もの料理で構成されます。

    もちろんおまかせコース料金も12960円(税込)一択ですが値段以上の満足度が得られるはずです。また、高級食材が使われることもありますが、それでもコース料金に変動はありません、別料金のアルコールなどのドリンク料金のみが課金されます。

    「柳家」の3代目オーナーがワインの勉強をされており、ジビエや各種料理に沿って美味しいワインに浸れます。ワイン好きにも充分楽しめます。

    季節によって料理の内容が変化

    Photo by oonnuuoo

    ご紹介の通り「柳家」が提供するメニューは「おまかせコース」のみです。しかし、四季折々の地元食材を用いており、そのため季節によりメニュー構成や主菜や副菜などが全く変わります。

    春季の定番料理は「山菜」と「猪の鍋」、夏季の定番は「天然の鮎」と「長良川のうなぎ」、秋季の定番は「松茸」、冬季の定番は「ジビエ(鹿・鴨・熊)料理」といわれています。季節によりメニュー構成が変わるので、まず飽きることがありません。初めて柳家に訪れる方は、春季がおすすめです。

    ちなみに常連人気の春季料理が「長良川のサツキマスのお造り」や「猪鍋」です。新鮮ゆえにサツキマスはお造りとして提供できる逸品です。「猪鍋」も炭火でゆっくり煮込んだものです。

    Photo by emrank

    夏季の人気料理が「鮎料理」です。天然の鮎を用いており、かなりの食べ応えがあります。また田楽味噌をつけて食べる魚料理もおすすめです。人気がある秋季料理が「松茸」です。さまざまな調理方法で松茸料理が食べられます。

    また秋季定番の「松茸」であっても価格にプラスされることはありません。柳家の真骨頂というべき冬季料理が、ジビエ料理群です。「鴨鍋」や「蝦夷仔鹿のロース肉」、「ツキノワグマ」を使ったレアメニューも提供されることがあります。

    岐阜名物のご当地グルメと言えばこれ!一度は食べるべき料理やお菓子は?のイメージ
    岐阜名物のご当地グルメと言えばこれ!一度は食べるべき料理やお菓子は?
    岐阜ご当地の名物グルメで真っ先に思い浮かぶのは飛騨牛でしょう。しかし岐阜には一度は食べるべき名物料理やお菓子がたくさんあります。今回は岐阜に訪れたら必ず食べたいご当地グルメ、人気のラーメン店、岐阜の銘菓やお土産をご紹介します。

    岐阜の柳家に予約する方法は?

    岐阜の「柳家」は完全予約制であるのは、先の項目で確認できました。それだけに、実際に「柳家」の予約を考えているなら事前に知っておくべきルールなども存在します。

    そこで一見さん、初めて来店する人は必見の、岐阜の「柳家」の予約方法などをまとめてみました。一見さんで「柳家」利用を考えている人は要注目です。

    基本的には来店したことのある人が予約または同行

    Photo byFree-Photos

    「柳家」は先にご紹介した通り基本的に「一見さんお断り」のお店です。一見さんがいきなり予約してもまず受け付けてもらえません。対応してもらえるには、すでに常連客の助力が必要です。

    ここでいう「常連客」は1度でも「柳家」来店経験があるお客さんを意味します。その常連客が「柳家」を予約しその当日もその常連客が同伴するのが「柳家」の独自ルールです。つまり「柳家」を予約するには、まず常連客を見つける必要があるということなのです。

    柳家錦のほうに来店する

    どうしても柳家の常連客が見つからないケースももちろん考えられます。ですが、そのケースでもしっかりと「対処法」が存在します。その「対処法」とは、名古屋に店舗を構える「柳家」の系列店舗「柳家 錦」に来店することです。

    その「柳家 錦」とは、岐阜の本店「柳家」の味がそのまま楽しめる名古屋に所在するお店です。天然食材にこだわっており、選び抜いた旬食材を、岐阜の郷土料理として11品で構成される「おまかせ季節の御用意」にして提供しています。

    2名からの完全予約制ですが、一見さんでも予約ができるので、本店「柳家」利用のための「お試し」としての利用としてもおすすめできます。

    住所 愛知県名古屋市中区錦3-12-30 第2ワシントンアネックスビル 1F
    電話番号 052-212-5230

    次は本店の予約もできる

    Photo byFree-Photos

    1度でも名古屋にある「柳家錦」に来店した経験があるなら「常連客」とみなされ、次は岐阜の本店「柳家」の予約もできるようになります。現在では、常連客の多くがこの方法を利用することで、ステップアップし柳家を予約したといわれています。

    名古屋に出向く必要がありますが、本店「柳家」が気になる未体験の人は思い切って名古屋まで足を運ぶのも1つの方法です。

    岐阜駅のグルメ事情を大調査!駅周辺の美味しいランチやおすすめのカフェは?のイメージ
    岐阜駅のグルメ事情を大調査!駅周辺の美味しいランチやおすすめのカフェは?
    観光客に支持される岐阜ご当地グルメがいただけるお店やランチに立ち寄りたい店舗など、岐阜駅周辺には様々な飲食店が軒を連ねています。「飛騨牛」を筆頭に、岐阜の美味しい食材を使ったお店やおしゃれなカフェ、地元の方に愛される名店など岐阜駅グルメをご紹介します。

    岐阜・柳家の基本情報

    岐阜県瑞浪市にある「柳家」は、山奥に位置するお店です。特に看板が設置されておらず、初見の人は間違いなく迷ってしまいます。そのため、柳家に来店する際は事前にアクセス方法などを知っておく必要があります。

    本記事の最後にそのような「柳家」の店舗基本情報をご紹介します。現住所や電話番号は元より、営業時間や定休日、そしてアクセス方法などまとめました。初めて「柳家」に来店する人は、参考までにぜひ一読してみて下さい。

    営業時間・休業日

    Photo by uka0310

    瑞浪市の山奥にある「柳家」の営業時間はランチ、ディナーと時間帯が分かれています。月曜~土曜までのランチは12:00~15:00、ディナーは17:00~22:00までになります。

    日曜日のランチは12:00~15:00、ディナーは17:00~21:00までになります。また、柳家の休業日は不定休です。食材の有無で営業時間も変化しますので、訪問する前にしっかり営業の有無や休業日について確認するのもおすすめです。

    アクセス

    Photo by jinkemoole

    瑞浪市の山奥に位置する「柳家」へ来店する際は、自家用車やレンタカーまたはJR「瑞浪」駅からのタクシーがおすすめです。車利用の場合は「せと品野IC」より、国道363号線経由で約32分です。

    「柳家」の最寄り駅はJR「瑞浪」駅です。ちなみにJR「名古屋」駅から、JR「瑞浪」駅までは快速で約50分です。タクシー利用の場合は駅から約23分となり、帰路はタクシーの予約がおすすめです。

    バスの場合は、JR「瑞浪」駅より東濃鉄道バスに乗車し、明智線「陶旭町」バス停を下車、徒歩で約5分です。また駅より、無料送迎バスも運行しているので1度調べてみても良いでしょう。

    住所 岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
    電話番号
    0572-65-2102

    山奥でも行く価値のある岐阜の「柳家」

    フリー写真素材ぱくたそ

    岐阜の「柳家」は、全国に散在する自称グルメ人から支持を得られるジビエ・郷土料理の名店です。数多な常連が集う「柳家」は、岐阜の四季を思う存分堪能できます。食材そのものの味が味わえるジビエ料理やさまざまな料理などを、囲炉裏を囲みながら楽しい時間が過ごせます。

    岐阜の自然を堪能しながら体感しつつ、さり気ないおもてなしを受けながら、「柳家」にて究極ともいえるジビエ・郷土料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ぬこぬここ
    ライター

    ぬこぬここ

    生まれは福岡県、人生の大半は大阪府、そして現在は滋賀県住みのアラフィフおばさんです。年に1回ペースで国内のどこかへ旅しています。過去に旅した場所や今度旅したい場所について書けたら、と考えています。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング