手土産に大人気のデメル・生クッキーを食べよう!購入可能な店舗や値段は?

手土産に大人気のデメル・生クッキーを食べよう!購入可能な店舗や値段は?

デメルはオーストリア発の大人気の洋菓子店です。スイーツ好きを魅了するアイテムはたくさんありますが、生クッキーはその中でも押さえておきたいアイテムです。今回は知っておきたい手土産にも喜ばれるデメルの生クッキーについてご紹介いたします。きっと食べたくなるはずです。

記事の目次

  1. 1.スイーツマニアがこぞって買う「デメル」の生クッキー
  2. 2.デメルの生クッキーとは
  3. 3.デメルの生クッキーのこだわり
  4. 4.デメルの生クッキーの種類
  5. 5.デメルの生クッキーが買える店舗は?
  6. 6.デメルの生クッキーはお取り寄せできる?
  7. 7.デメルの生クッキーは特別な方の手土産におすすめ

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

スイーツマニアがこぞって買う「デメル」の生クッキー

スイーツは一口で癒してくれるもので、スイーツマニアには日常欠かせないものと言っていいでしょう。ケーキ、チョコレート、アイスクリームから和菓子までたくさんの種類とブランドがある中でいつでも注目したいのがクッキーです。

ティータイムにいただいたり、自分で食べること以外に、手土産にも喜ばれます。クッキーは味に、そしてフレーバーにもバリエーションがあり、見た目の華やかさも選びたいポイントになります。そのたくさんあるクッキーの中で今回ご紹介するのがデメルの生クッキーです。

生クッキーは、デメルファン、スイーツ好きなら押さえておきたい逸品です。クッキーなのに生とは?と思うかもしれませんが、通常のクッキーとは違った食感を味わえ、それが虜になる美味しさなのです。

みんなにシェアしたくなるデメルの生クッキーは、大切な方への贈り物、手土産にもぴったりの上品さとゴージャス感があります。デメルの生クッキーを食べてみたい、そして贈ってみたい、と思う前にデメルについて、そして生クッキーについて知っておきましょう。

デメルってどんなお店?

デメルは洋菓子店の老舗として昔から日本でも親しまれています。生クッキーは知らなくても、濃厚で最高級のチョコレートをふんだんに使った歴史あるザッハトルテや猫の舌の形絵をモチーフにしたという可愛らしいチョコレート、ソリッドチョコなどはブランドの定番アイテムです。

見た目の華やかさももちろんですが、昔ながらの歴史を感じる伝統を大切にしている部分と、新しいものを生み出しているところに多くのスイーツファンが共感しているブランドと言えます。また、パッケージも可愛らしくデザイン性も豊かでギフトにもぴったりです。

お店に行けば、あらゆるタイプの自慢のスイーツが並び、デメルでしか味わえない特別感のあるラインナップの中でも注目したいのが今回ご紹介する生クッキーです。

世界最高峰の洋菓子ブランドの1つ

デメルはオーストリア発の洋菓子ブランドで、その歴史は長く、輝かしい時代を作ったヨーロッパのハプスブルグ家の時代にまでさかのぼっています。デメルのお菓子は、当時の皇帝や王侯貴族たちに愛されてきました。

そして1799年にはウィーンの王宮御用達菓子司に指定されたのです。以来、時代をこえて、現代まで世界中で愛される菓子ブラントとして成長を続けています。シンボルのブランドマークは、ハプスブルク家の紋章をいただいたものです。

歴史と伝統を継承してきたブランドはデメルは、「デメルを訪れずしてウィーンを語るなかれ」と言われているほどで、お菓子に対するデメルの影響力を感じますし、時代を超えて愛されている人気のほども理解できます。

デメルの生クッキーとは

では、デメルの生クッキーとはどんなものなのかというところをご紹介していきます。一度味わったらまた食べたくなるデメルの生クッキーも、歴史のあるスイーツで、日本でもロングセラーとして愛されているデメルを代表するお菓子です。

生クッキーは、1988年に、デメルが日本に初出店した当時から販売しているクッキーなのです。生クッキーは、セミドライケーキのような食感が特徴のもので、しっとりとしたクッキー生地にマジパンやガナッシュを組み合わせて作られています。

サクサク、とした通常のクッキーとは異なり、優しくホロホロと砕けるよう柔らかさがあるため生クッキーとネーミングされました。この優しい食感がたまらなく、他にはないクッキー、生クッキーを作り上げているのです。

生クッキーは、製造過程においても高度な技術を必要としているもので、オーストリア、ウィーンのお菓子作りの歴史を象徴しているものと言っていいでしょう。スイーツの文化を語る上で外せないデメルの誇りを感じます。

日本でのオープン以来作り続けられている生クッキーは、ファンにとってザッハトルテもチョコレートも好きがだけれどやはり生クッキーはその中でもお気に入りの逸品になっているようです。ベストセラーアイテムという事実が物語っています。

週3回だけ製造する人気の限定商品

デメルの生クッキーは、日本では、全国の主要百貨店で購入することができる人気商品ですが毎日購入することができません。生クッキーの入荷日は日曜日、水曜日、そして金曜日の週3日間に限られています。買い損ねをなくすためにもしっかりと覚えておくようにしましょう。

また、確実に手に入れたいという方に、予約販売もしているのでこちらもおすすめです。生クッキーは20個入りのものは予約のみで販売しています。10個入りは予約は必須ではありませんが手土産にしたい時などは予約を入れておいておいた方が安心です。

クッキーなのにまるで生チョコレート

デメルの生チョコレートは、食感が柔らかなのが特徴です。見た目も華やかで美しく、そのルックスは一見クッキーには見えないほどで、クッキーというよりはチョコレートのようなものです。箱を開けたら飛び込んでくるクッキーのラインナップは宝石箱を開けたかのようです。

手土産、ギフトにもぴったりという人気のほどもわかる美しさになります。一般駅なクッキーを想像しているといい意味で期待を裏切られる一品と言えます。クッキー好きも、チョコレート好きも、そしてケーキ好きも満足させるのがデメルの生クッキーです。

ホロホロっとやさしくほどける

生クッキーはその食感が特徴的で驚かせてくれます。一つ一つのその食感の特徴がありますが、全体的にサクサクとホロホロ、そしてしっとり感も感じる口当たりです。予想を反する一口を感じてもらえるはずです。

この独特の食感を生み出すために丹精込めて作られているのがデメルの生クッキーなのです。週に3回だけ購入できるという特別感のあるデメルの生クッキーは、作り方も気になるところです。

製造できる職人は日本に数名しかいない

日本でも長年愛されている人気の生クッキーですが、その見た目から、作るのは容易でないということがわかります。箱詰めされた生クッキーはアートのような美しさを放っていて、口に入れる前にしばし眺めていたくなるほどで、まさに職人の心意気を感じます。

職人の技を感じる生クッキーは、製造できる職人は数名しか数名しかいないというものでそれだけに高い技術を要いています。一つ一つ丁寧に作っている生クッキーはじっくりと味わいたいものと思わせてくれます。

デメルの生クッキーのこだわり

歴史あるデメルが展開している様々な焼き菓子やチョコレートのなどのスイーツの中でも、特別な職人しか作ることができないという点においても、生クッキーはこだわりを持って作られているというのを感じます。

デメルが世界に誇る老舗菓子店ということもあり、そのこだわりは、はかりし得ないものがあります。このスイーツ好きの舌を満足させる味作りは、生クッキー作りのこだわりにもしっかり通じています。賞味期限は短めな繊細なクッキーがデメルの生クッキーです。

オーストリアの伝統菓子のレシピを忠実に再現

Photo by Travel-Picture

デメルの生クッキーは本店のあるオーストリア、ウィーンのレシピを忠実に再現して作られています。歴史あるデメルのレシピであるがゆえにその製造工程も緻密で繊細なものです。作ることができる職人が数名だけというのもそのためです。

職人が丹精込めて手作りしている

一つ一つ丹精込めて作られているデメルの生クッキーはそれぞれ違った表情と味わいなのが特徴です。幅広い知識と技術を持った職人だから子を作ることができる芸術作品と言っていいでしょう。

食感の違う生地を合わせたり、丁寧な施しは、その味わいをより一層特別なものにしてくれます。繊細なつくりを感じます。

高級感のある箱

そしてデメルの魅力の一つが素敵なパッケージです。お菓子はパッケージをみただけでワクワクさせてくれるような魅力があります。デメルのお菓子は、味はもちろん美味しいものですが、パッケージ買いしたくなるほどの可愛らしさです。

猫ラベルが可愛い、猫の舌チョコとして有名なソリッドチョコや、木箱入りのザッハトルテ、そして箱も中身の華やかな生クッキーは、手土産などのギフトにも無条件で選びたいアイテムと言えます。

スタイリッシュでセンスのいい贈り物になるデメルの生クッキーをぜひ手土産に選んでみましょう。喜ばれること間違いなしです。

デメルの生クッキーの種類

デメルの生クッキーは手土産にも自分でいただくのにもパーフェクトな逸品です。週に3回だけの購入チャンスなので、どんなものがあるか気になりますね。早速チェックしてみましょう。

全10種類

デメルの生クッキーには10種類あり、それぞれ違ったルックスと味わいでスイーツ好きを魅了しています。食べ比べをする楽しみもある10種類の味わいをご紹介していきます。

フサーレンクラッフェン

フサーレンクラッフェンは、筒形になっている人気の生クッキーです。こちらはアーモンドスライスを貼ってから焼き上げたクッキーのなかにアプリコットジャムを詰めたタルトのような味わいになっています。

外側のパリっとした食感とアプリコットの甘酸のあるジャム、そしてしっとりとしたクッキーの味わいを同時に感じてもらえます。上品な味わいです。

ハーゼルヌッストルッフェン

ハーゼルヌッストルッフェンは、クッキーサンドのようなルックスの生クッキーで、プラリネの味わいを楽しめます。プラリネとは、ヘーゼルナッツやアーモンドなどのナッツ類ローストしたものに加熱した砂糖を絡めてカラメリゼして、ペースト状にしたものです。

チョコレートなどにもよく使われています。そのプラリネを、シナモン風味とヘーゼルナッツパウダーのクッキーでサンドしてさらに、ビターチョコをかけた人気の生クッキーです。一口で、ヘーゼルナッツの香りがいっぱいに広がり、ほろっとした食感を楽しめます。

サンドトリュッフル

帽子のような丸くてコロンとしたフォルムが可愛らしいのが人気のサンドトリュッフルです。見た目はシンプルですが、中にはぎっしりと美味しさが詰まっています。厚焼きのクッキーにビターなガナッシュがのっていて、それをビターチョコレートでコーティングしています。

ガナッシュとは、チョコレートに生クリームやミルクを混ぜ合わせたので、チョコの味をより引き立ててくれるものです。なめらかなチョコレートとクッキーの鉄板の組み合わせを味わうことができます。

チェリーシュッセアルン

チェリーシュッセアルンは、見た目も可愛らしい真っ赤なチェリーが刻みアーモンドと共にトッピングされている人気の生クッキーです。土台のクッキー生地には、キルシュの風味のマジパンが乗っていて絶妙な食感を作っています。

マジパンは、ローストしていないアーモンドをすりつぶして砂糖、卵白と混ぜたもので、食感が美味しいものです。香豊かなリキュールとチェリーの酸味、そしてアーモンドの風味を堪能できます。

マンデルピッツェン

スライスされたアーモンドがきれいに飾られているマンデルピッツェンは、見た目も華やかな人気の生クッキーです。極薄のクッキーに乗っているのは、サワーチェリーをキルシュ風味のマジパンで、さらにアーモンドスライスで包みこんでいます。

マジパンと飾られたアーモンドの風味が豊かで食感も楽しいアイテムです。美味しさであふれている逸品です。

ヒンビアーシュッセアルン

見た目も華やかさがあるヒンビアーシュッセアルンは、ヘーゼルナッツ風味のチョコレートクリームと、ラズベリージャムを詰めたものがクッキー生地の土台に乗っている人気の逸品です。チョコレートの甘さとジャムの甘酸っぱさ、そしてクッキーのコンビネーションを味わってもらえます。

見ても、そしていただいても感じるゴージャス感がある生クッキーです。味のコントラストを堪能してもらえます。

ピッシンガー

楕円形のフォルムに美しくデコレーションされたチョコレートが素敵なピッシンガーは、土台のクッキーがココアクッキーになっていて、プラリネペーストが乗っています。それをさらにミルクチョコレートでコーティングした生クッキーです。

柔らか食感のクッキーとカカオとヘーゼルナッツの濃厚でリッチな風味が一口で広がり、リッチな味わいを作り出しています。

ビッセン

ビッセンは、丸いフォルムが可愛らしい人気のデメルの生クッキーです。たっぷりとコーティングされたミルクチョコレートの中にはたっぷりのガナッシュが入っています。クッキー部分は薄焼きで、ガナッシュの味わいを引き立てるつくりになっています。

トロットとろけるような食感を体感できます。デメルの生クッキーだからこそ出せる味と言っていいでしょう。

ティオプラティン

アーモンドのスライスがちょこんとチョコの上に飾られている人気のデメルのティオプラティンは、さっくりとしたクッキー生地にラズベリーの風味を感じるマジパンが載っていてさらにビターチョコレートでコーティングしている生クッキーです。

ラム酒も効いていて、ビターチョコの苦味と相まって大人っぽい味わいに仕上がっています。お酒ともあいそうな逸品です。

ミューブピスターチ

丸い形の生クッキーに半分チョコレートがかかっているミューブピスターチは人気のデメルの生クッキーです。キルシュ風味のマジパンにはピスタチオが入っています。それをクッキーでサンドし、さらにビターチョコレートをかけた手の込んだ逸品です。

しっとりとした食感と口当たりが美味しく、ピスタチオの香ばしさと共に広がる美味しさを感じてもらえます。

値段

Photo byFree-Photos

たくさんのラインナップがある生クッキーですが値段も気になるところです。デメルの生クッキーは10個入りと20個入りがあり、10個入りには特製パッケージとシンプルなパッケージりと2つがあります。手土産用に、自分へのご褒美にも選びたいものです。

デメルの生クッキーは、特製パッケージの10個入店舗限定の値段が、3240円(税込)になっています。また生クッキー10個入りのシンプルなパッケージ入りの値段が2916円(税込)です。10個入りはちょっとした値段で手土産にもちょうど良いサイズです。

Photo bySabrina_Ripke_Fotografie

また自分で食べるにも、少しずつ味わうという意味でおすすめです。でもあまりの美味しさにきっとすぐになくなってしまうかもしれません。そして生クッキーには20個入りもあり、値段も変わります。こちらの値段は6048円です。

20個入りはあらかじめ店舗に予約が必要となります。こちらは値段的にも特別なシーンの手土産として持ち入りたいアイテムになります。パーティーシーンやおしゃれな差し入れとして喜ばれること間違いなしです。値段以上にパーティー映えする一品と言えます。

いずれにしても、デメルの生クッキーは、決して安い値段ではありませんが、値段以上の作りとゴージャス感と華やかさがあります。値段が高くてもがっかりさせない美味しさがあります。気になる値段がいくらかわかるとますます買いたくなります。

手土産のシーンでもう少し値段を抑えたいという時は、デメルのクッキーの詰め合わせや、チョコレートがおすすめです。例えば人気のソリッドチョコレートは値段が1994円(税込)そしてザッハトルテの値段が2160円(税込)です。

また、たっぷり入ったクッキーの詰め合わせの値段が3240円(税込)サワースティックの値段が1914円になっています。ニーズにあわせて選べるデメルのアイテムを活用しましょう。

賞味期限

デメルの生クッキーはセミドライな食感が独特で特徴となっているものです。そのため賞味期限は通常のクッキーよりも短くなっています。デメルの生クッキーを美味しくいただくためにも賞味期限はしっかりと守りたいです。

デメルの生クッキーはどれも賞味期限が7日間になっています。材料や製法のユニークさが趣味期限を短くしています。賞味期限を考えるとクッキーというよりケーキのような扱いと考えるといいでしょう。と言ってもケーキより賞味期限は長めです。

新鮮な厳選された材料で作られているので、賞味期限が短いということは丁寧にそしてこだわりを持って作っている証でもあります。手土産にする場合は、受け取る方の都合を考えて選ぶようにしましょう。

デメルの生クッキーが買える店舗は?

賞味期限が短いデメルの生クッキーは、購入する際は前もって店舗を確認しておいた方がスムーズに購入できます。また予約が必要になるので自宅や職場に近い店舗を賞味期限と共に確認しておきましょう。

入荷日は日曜日・水曜日・金曜日の週3回

デメルの生クッキーは賞味期限も短い商品になるので、店舗に行けばいつでも変えるものでもありません。丁寧に作られている生クッキーは先ほども触れたように週に3日間だけ購入が可能です。入荷日は、日曜日、水曜日、金曜日の3日間になっています。

購入する際は、賞味期限のことも考えて買う日程を決めるといいでしょう。でもこの美味しさなら賞味期限の7日もたたないうちになくなってしまいそうです。

20個入りの生クッキーは予約販売のみ

また、確認のために触れておくと、10個入り、または20個入りの2種類があるデメルの生クッキーを購入する場合、20個入りのものに関しては予約が必要になります。予約をする際は、店舗情報と賞味期限を確認してから予約しましょう。

取扱店舗

デメルのクッキーは、全国に取扱店があります。お近くの店舗を探してみましょう。近くで購入可能であれば賞味期限についてもさほど気にしなくてすみます。限定生クッキーの取扱いは、北海道地方は札幌三越店の1店舗、東北地方は仙台藤崎店の1店舗になっています。

また、関東地方は松屋銀座店、東武池袋店、伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、高島屋日本橋店、高島屋新宿店、高島屋玉川店、高島屋横浜店、京急百貨店、京成百貨店の10店舗です。

そして中部地方はJR名古屋タカシマヤ店、松坂屋名古屋店の2店舗、甲信越地方は岡島百貨店、ながの東急百貨店、新潟伊勢丹の3店舗です。また、近畿地方は高島屋大阪店、阪急うめだ本店、大丸神戸店の3店舗、中国・四国地方は天満屋岡山本店の1店舗になります。

また、九州地方は鶴屋百貨店、トキハ本店の2店舗、以上全国23店舗です。商品の取扱いの有無等は店舗や時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

デメルの生クッキーはお取り寄せできる?

Photo bycoffeebeanworks

近くにデメルの店舗がない、でもどうしてもデメルの生クッキーが食べたいという方も大勢いることと思います。そんな時に便利なのがお取り寄せです。デメルの生クッキーはお取り寄せはできるのでしょうか?

残念ながら、賞味期限も短いデメルの生クッキーは店舗限定のために公式オンラインでは購入ができません。ただ日、楽天のまるひろオンラインショッピングで、購入することが可能です。ただし期限があり、毎年春から期間限定で取り扱いがあるようです。確認してみましょう。

デメルの生クッキーは特別な方の手土産におすすめ

いかがでしたか?人気のスイーツデメルの生クッキーについてご紹介しました。その味わいは一口で魅了する、受け取る方もそして贈る方も幸せな気分にしてくれる、特別感のある手土産にもなるデメルの生クッキーをぜひ選んで味わってみましょう。

菅原秀美
ライター

菅原秀美

癒しは甘いもの、そして猫。カフェ巡りをしたり美味しいお酒を求めて食べ歩くのも大好きです。モットーは、いつまでもおしゃれ心を忘れずにいることです。気になる情報、話題について楽しく読んでいただけるような記事をご紹介していきます。よろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング