ニュージーランドと日本の時差は?飛行時間や計算方法・サマータイムも解説

ニュージーランドと日本の時差は?飛行時間や計算方法・サマータイムも解説

大自然と美しい景色を堪能できるニュージーランドは、日本からも人気の観光地です。ニュージーランドの旅を満喫するためにも時差など知っておきたいことをご紹介いたします。日本との時差、飛行時間や計算方法など、出かける前にぜひチェックしてみてください。

記事の目次

  1. 1.ニュージーランドは南半球の島国
  2. 2.ニュージーランドと日本の時差と計算方法
  3. 3.ニュージーランドのサマータイムについて
  4. 4.ニュージーランド~日本の飛行時間
  5. 5.ニュージーランド時差ボケ対策・渡航前
  6. 6.ニュージーランド時差ボケ対策・フライト中
  7. 7.ニュージーランド時差ボケ対策・到着後
  8. 8.ニュージーランドへ渡航する時の時差ボケ対策は必須!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ニュージーランドは南半球の島国

Photo byAndrew-Art

日本からの観光地としてもお馴染みの国がニュージーランドです。大自然の雄大さと美しさを堪能しにたくさんの人が訪れています。ニュージーランドは、オーストラリアのお隣の国で、南西太平洋に位置しています。

ニュージーランドは、人口約479.4万の国で、火山や氷河を有する主な2つの島で構成されています。ゆったりとした自然の醍醐味を感じることができる国です。首都は、ウェリントンで北島にあり、広大な国立博物館が有名です。

Photo byhunt-er

最大の都市はオークランドで、政府機関が商業そして経済の中心地でもあります。また、映画「ロードオブザリング」のロケ地としても知られているヴィクトリア山や、南島のサザンレイクスやフィヨルドの景色は映画の世界をそのまま堪能できるスポットとして多くの観光客が訪れています。

ニュージーランドは南半球に位置しているので、気候が日本と真逆になります。ニュージーランドは四季があり、日本とその点では似ています。日本とニュージーランドとの年間の気温差はおよそ8℃から9℃でさほど大きくはありません。

しかし、ニュージーランドは1日の間の気温差が激しいのが特徴で、1日の中にもシーズンを感じるとも言われているほどです。ニュージーランドが最も暑いのは1月と2月で、寒いのが7月です。

Photo byHolgi

最も暑い時期でも朝晩の気温差が激しいので服装選びにも注意が必要です。また、ニュージーランドは紫外線の雨量が日本の7倍と言われています。そのため紫外線対策も必要になります。

ニュージーランドは大変魅力的な国で、旅行先としての人気はもちろんのこと、ワーキングホリデーや留学先としても人気を集めています。それだけに住みやすさやニュージーランドの人の親しみやすさも多くの人を惹きつけていると言えます。

ニュージーランドへ旅行を決めたら、訪れる場所やどんなアクティビティーをしたいということも大切ですが、ニュージーランドと日本の時差や、計算方法、飛行時間も気になるところです。

Photo byholgerheinze0

特に海外旅行へ行くたびに時差ボケに悩まされるという方にとって、旅をベストのコンディションで楽しむためには知っておく必要があります。ニュージーランドと日本の時差、計算方法、飛行時間や時差ボケ対策まで詳しくご紹介して行きます。

ニュージーランドと日本の時差と計算方法

Photo bymoritz320

海外旅行へ行く際に気になる部分、確認しておきたい部分の一つが時差です。時差、時差の計算方法を知っておけばどれくらい現地へ行くまでに時間がかかるのか何時に着くのか、がわかります。時差や計算方法を調べておくことによって旅のプランも立てやすくなります。

また、時間のズレによって体調を壊しやすくもなるものです。時差と計算方法をあらかじめ知っておくことで、体調面の管理もすることが可能になり、快適な旅を作るベースになるものと言っていいでしょう。ニュージーランドと日本の時差3時間です。

Photo byhunt-er

通常日本の時間よりニュージーランドは、3時間先に進んでいます。ニュージーランドは、世界で最も早く1日を迎える国で、グリニッジ標準時間より12時間早くなっています。3時間なので、計算も簡単ですし、そんなに大きな時差と感じない方も多いかもしれません。

時差の計算方法は、日本の時間から3時間進めると現地時間に合わせる計算ができます。24以上となる場合は、さらに24を引く計算をすると現地時間を計算することができます。

ニュージーランド ・チャタム島は時差が異なる

Photo byusmc0491

しかし、時差は年中3時間でもなく、時期や一部の地域は異なっています。それがチャタム島です。チャタム島は、ニュージーランドの南島から東へ1000kmのところにある、火山性の島々からなっているところです。チャタム島と日本の時差が3時間45分になっています。

チャタム島に訪れる場合は、時差の計算を間違えないようにしましょう。住民のほとんどがマオリ族のチャタム島は火山の噴火によって隆起した島で、小さな湖が広がっており、自然の美しさを堪能できる島です。

ニュージーランドのサマータイムについて

Photo byjarmoluk

もう一つ気をつけないといけないのが、サマータイムのことを計算に入れておくことです。ニュージーランドはサマータイム制を導入していています。サマータイムは日本では取り入れていない制度なので馴染みがないですが海外の多くの国がサマータイムを取り入れています。

サマータイムの間は時差が1時間増える

Photo byBru-nO

2019年から2020年は、サマータイムの開始が9月29日2:50で、サマータイムの終了が2020年4月5日3:00になり、サマータイムにより日本との時差が4時間になります。この期間にニュージーランドへ訪れる予定がある方は、サマータイムを忘れないようにしておきましょう。

サマータイムの間は、夏の長い日照時間を有効活用できます。サマータイムのおかげで、夏は夜の9時ころまで明るさを体験できる嬉しい制度です。ただし、サマータイムの導入時期に訪れると時差が4時間に広がるので、時差ボケの対処法もして行きましょう。

Photo bysuju

サマータイムを導入することによって、明るい時間を有効に使うことができるので照明の節約になったり、経済の活性化、犯罪発生率の低下、そして充実した余暇時間を過ごすことができるなど有効な点がたくさんあります。

ニュージーランドではサマータイムにより、多くの人がこの長い日照時間を思い切り楽しんでいるのを目にすることができます。サマータイムに訪れるのなら、この時間を有効に使って旅をエンジョイしましょう。

ニュージーランド~日本の飛行時間

Photo byFree-Photos

では、気になるニュージーランドから日本までの飛行時間です。ニュージーランド、オークランドへの直行便は、成田空港、羽田空港そして関西国際空港から出ています。飛行時間は、ニュージーランドのオークランド空港までおよそ11時間の飛行時間になっています。

乗り継ぎで行く場合は、経由地としてオーストラリアのシドニー、メルボルン、中国の広州、北京、香港、韓国の仁川、が出ています。利用する便や経由地によってニュージーランドまでの飛行時間は異なってきます。また、直行便より飛行時間がかかってしまいます。

フリー写真素材ぱくたそ

飛行時間がかかりますが、乗り継ぎをする場合は航空券が安く手に入るというメリットがあります。通常直行便でニュージーランドへ向かう場合は10万円以上の航空券代が必要になりますが、乗り換え便の場合は5〜6万円で済むこともあります。

飛行時間を取るか、安さを取るかも旅のプランを考える上で大切なことです。ニュージーランドでの滞在期間や過ごし方、そして体調面や時差を考えて選ぶようにしましょう。

直行便でも長時間移動になる

フリー写真素材ぱくたそ

ご紹介した通り、ニュージーランドまでの飛行時間は直行便でおよそ11時間です。意外に長い飛行時間になります。飛行機に乗りなれていない方、飛行機の移動が苦手な方にとってこの11時間の飛行時間は辛く感じてしまうかもしれません。

飛行時間が11時間かかるということは通常の睡眠時間よりも長いことになります。そのため、長い飛行時間の間に体調を崩してしまったり、時差ボケの原因になってしまうこともあります。時差ボケになってしまったら、せっかくの旅も100%楽しめないことにもなりかねません。

フリー写真素材ぱくたそ

そのためにも飛行時間を有効に過ごす事で、現地についてからの活動がしやすくなるように、快適なフライト、時差ボケ対策、飛行時間を過ごしてニュージーランドを思い切り楽しみましょう。

ニュージーランド時差ボケ対策・渡航前

フリー写真素材ぱくたそ

時差ボケを経験したことがあるという方はたくさんいるかと思いますが、体が怠かったり、眠くなったり、または全然眠れなかったりとリズムが崩れることによって不快な体調の変化を感じるものです。時差はそんなにないと思っていても意外なところで時差ぼけになったりします。

ニュージーランドと日本の時差は3時間、サマータイムは4時間で一見さほど問題はないのでは?と思ってしまいがちですが意外な落とし穴もあります。時差ボケは、日本からみて、東か西かどちらに向かうかによっても変わり、日本から東へ行く場合の方が時差ボケに陥りやすいのです。

なぜかというと、ニュージーランドは日本より時間が進んでいるためで、体内時計を早めるという調整が、西に向かうよりもしにくくなるからです。

フリー写真素材ぱくたそ

反対に、ニュージーランドから日本へ帰るときは西に向かうことになり、時間が長くなるので、体内時計を遅らせるだけで済むので、時差ボケにもなりにくくなります。では、どのようにすれば時差ボケを防げるのでしょうか?これは渡航前からしておくと有効になります。

現地時間に合わせて少しずつ就寝・起床時間をずらす

Photo bySkitterphoto

時差ぼけ防止には、出発前からの対策が有効です。ニュージーランドへの出発の2〜3日間から早寝早起きをするようにして時差を現地のシフトに合わせていくようにし、少しずつ体内時計を調整していきます。

ニュージーランドは日本より通常3時間、サマータイムで4時間早くなっているので、そのことを意識していつもより早く寝て、早く起きるようにしていきましょう。そうすることによって現地についてからも時差による体調が馴染んでいきます。

初日のスケジュールは余裕を持つ

Photo byFree-Photos

また、スケジュール管理も時差ボケ防止の重要なポイントになります。特についた初日はまだ体も現地との時差に慣れていない、体内時計が整っていないので、無理な行動や過密なスケジュールにしないようにしましょう。

ニュージーランド時差ボケ対策・フライト中

Photo by12019

時差ボケ対策として、ニュージーランドへ向かう時のフライト中も気を配ることが大切でう。まず心がけたいのがフライト中は睡眠を十分に取ることです。ニュージーランドへ日本からの直行便で向かう場合、フライトは夜便午後6:30になります。

そして約11時間のフライト後、ニュージーランドの到着するのが現地時間の午前9時頃となります。フライトは夜をまたぐことになるので、この間は時差を考えてしっかりと睡眠をとっておきましょう。

時計を現地時間に合わせる

Photo byJESHOOTS-com

そして、飛行機に乗車したら、早速時計を現地時刻に合わせておきましょう。そうすることでニュージーランドの時刻を脳内が意識し、無意識のうちに体が生活のリズムを合わせてくれ、時差ボケ対策になります。ちょっとした心がけで、スムーズに体が調整をしてくれます。

カフェインやアルコールは控える

Photo bycongerdesign

また、フライト中は、つい開放的な気分になりアルコールを飲み過ぎてしまうこともあります。飲みすぎは体調を壊し時差ボケの原因になるので飲みすぎには注意しましょう。また、カフェインいついても同様です。取りすぎると睡眠の妨げで時差ボケになりやすくなります。

そしてフライト中は、アルコールやカフェインを控えてなるべく水分をこまめに取るようにして時差ボケの予防に心がけましょう。水分を取ることで時差ボケの防止にも有効と言われています。時差ボケが不安という方はぜひ取り入れておきましょう。

現地時間に合わせて就寝する

Photo bycongerdesign

ニュージーランドから日本へのフライトは夜出発で、現地の朝につくスケジュールです。そのため、フライト中は時差を現地時間に合わせて睡眠を取るようにしましょう。到着した時に朝になるので、体も現地になじみやすくなります。

飛行機に乗ったらニュージーランド時刻を意識するといいでしょう。また、快適に過ごせるように体を冷やさないように注意もしましょう。ブランケットを利用したり、機内で羽織るものを用意しておくと、空調がききやすい機内でも快適に過ごせます。

体が冷えすぎると、睡眠もうまく取れないばかりか体調を壊してしまう原因になるので気をつけましょう。

できるだけストレッチをする

Photo by Yuya Sekiguchi

狭い機内の中では難しいかもしれませんが、ストレッチをして体を伸ばしておきましょう。簡単なストレッチをご紹介しておきます。時差ぼけにも有効です。まず、長時間座っていることで疲れが溜まっている脹脛をよくマッサージします。

また、座ったまま足を床につけてつま先立ちをします。10回ぐらい行うと効果的です。そして、座った状態で片足を胸の前で抱え込みます。右左交代で行っていきましょう。これだけでも体を十分に伸ばすことができます。時差ぼけ対策にも有効です。

Photo by sunoochi

そしてトイレに立ったりする時にちょっと体を伸ばしたり背伸びをしてみるのもいいでしょう。トイレを待っている時など壁のスペースを使って簡単なストレッチができます。壁から1歩分離れて、両手を壁について、上半身を90度くらいまで倒します。

その体制で5回ほど呼吸をします。適度にストレッチをすることでエコノミー症候群も防げますし、体も軽くなり時差ボケ対策になります。ちょっとした心がけで時差ボケなしの快適なニュージーランドまでのフライトになりますし、睡眠も促せます。

Photo bypaulbr75

また機内では、動きやすい服装で過ごすというのもポイントです。体を締め付けるような服だとストレッチもしにくいですし、フライト中に過ごす服装としても不向きです。ニュージーランド旅行の時差ぼけ対策としてなんとなく体を動かしたくなるような服を選ぶといいです。

ニュージーランドまでの意外に長いフライト時間の過ごし方によって、時差ボケの防止ができ、到着後も快適に過ごすことが可能になります。日頃から時差ボケしやすいという方は意識してみるといいでしょう。

ニュージーランド時差ボケ対策・到着後

フリー写真素材ぱくたそ

機内で時差ボケ対策ができたら、次は到着後です。ニュージーランドに到着したという思い出安心してしまってはいけません。ニュージーランドに到着したのちも、時差ボケ対策をしてスムーズにそして快適な滞在にしていきましょう。

まず到着する時間が午前中になるので、ニュージーランドに到着後寝てしまわないようにしましょう。ここで寝てしまったら体内時計が狂ってしまい、時差ボケを引き起こしてしまいます。時計はすでにニュージーランド時間にセットしているはずですから時差を意識していきましょう。

太陽の光を浴びる

フリー写真素材ぱくたそ

ニュージーランド到着後の時差ボケ対策として、まずは太陽の光を浴びるようにしましょう。太陽の光は体内時計をニュージーランドと日本との時差を自然と整えてくれます。

太陽光は気持ちの良いものですし、ニュージーランドの美しい景色とともに輝く太陽は明るい気分にしてくれことで時差ボケの解消につながります。ただし、日光の浴びすぎには要注意です。ニュージーランドの紫外線は大変強いので、紫外線対策をしっかりしておきましょう。

日焼け止めについては現地でも購入可能ですが、肌に合わないこともあるので、使い慣れたものを持っていくようにすると良いでしょう。

Photo byholgerheinze0

また、時差ボケの解消には人と会話したり、適度に運動する事も良いとされています。ニュージーランドに到着したらとにかく旅を満喫したい一心で、あれこれ予定を立てて行動的に動きたくなるところですが、初日は時差で疲れた体をゆったり休めて過ごすことがおすすめです。

初日は外での散歩や買い物などがおすすめ

Photo by 拂塵子

ニュージーランドで到着初日のおすすめの過ごし方は、アクティビティーに参加したい遠出をするよりも、体を休めつつも行動することです。ニュージーランドの緑が美しい公園をお散歩することで、軽いストレッチにもなり体を適度に動かすことができます。時差ボケ解消対策として有効です。

歩きながら日光浴もできるので、時差ボケを解消することにつながります。また、買い物もおすすめです。ニュージーランド到着の1日目に済ませておくことで残りの旅のスケジュールも有効に使うことができます。

Photo byjarmoluk

特にお土産選びは時間もかかりますしギリギリになってから選ぶとなると焦って買いそびれてしまうこともあります。初日に行っておくことで、万が一足りないことに気がついても後日買い足すこともできます。ショッピングは歩くので適度な運動にもつながります。

時々カフェで休んだり、食事をしたりしてゆったりと過ごすことができます。また街を散策できるので、どこにどんなものがあるのかを確認しながら町歩きを楽しめますし、自然と原始の時間に慣れて時差の感覚も解消してくれます。

Photo bycocoparisienne

初日から様々なアクティビティーを組み込むと体調を壊してしまいかねません。そのことを踏まえて行動していきましょう。そして初日は十分に睡眠をとって時差ボケを解放し、次の日からのミュージーランドの旅を満喫していきましょう。

現地時間に合わせて行動する

Photo byveerasantinithi

時差ボケ解消のポイントは、現地についいたら現地時間に合わせて行動をすることです。現地の時間に合わせて食事をしたり、行動をすることによって体内時計を自然に現地時間に合わせていくことができます。

現地時間に合わせて行動していくことで自然と体も慣れていきますが、意識的にニュージーランドの現地時間を気にしていくことも大切です。そのためにも時計をニュージーランド時間に機内にいる時から合わせておくとなじみやすくなります。

Photo byskeeze

初日を乗り越えればあとは問題がないと言って良いでしょう。1日目をどう過ごすのかによって時差ボケを引きおこしたり、体調を壊したりする要因から逃れることができます。その土地の時間に合わせるということが一番大切な要素になってくるのです。

体内時計は体のバランスをとってくれます。海外旅行は、時差の変化や季節の変化でいつの間にか崩れてしまうので、時差ぼけになりやすい方、体調を崩しやすい方は、体内時計を意識してみると良いでしょう。

Photo byFree-Photos

また、旅の計画も無理をしすぎない程度に作ると良いでしょう。楽しい旅行は万全な体調があってこそのものです。時差とうまく付き合っていくことで、充実した旅行になります。そして3時間、4時間の時差でも軽くみないことも大切です。

ニュージーランドへ渡航する時の時差ボケ対策は必須!

Photo bystux

いかがでしたか?ニュージーランドの時差や計算の仕方、そして時差ボケ対策までをご紹介いたしました。自然豊かなニュージーランドの旅を満喫するためにも時差ボケ対策は十分にしておきましょう。そして思い出深い旅になるように素敵な計画を立ててみてください。

菅原秀美
ライター

菅原秀美

関連記事

人気記事ランキング