ディズニーランドの貸切方法を徹底解説!必要な条件やかかる料金は?

ディズニーランドの貸切方法を徹底解説!必要な条件やかかる料金は?

人気のテーマパーク、ディズニーランドを貸切することができることはあまり知られていませんが、不可能ではありません。ただ、人数の下限など一定の条件が設定されています。今回は、ディズニーランドの貸切方法やその料金などを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.憧れの貸切!ディズニーランドを貸切できるの?
  2. 2.過去にディズニーランドを貸切した有名人
  3. 3.ディズニーランドは一般人でも貸切できる
  4. 4.ディズニーランドの貸切イベントに参加するための条件
  5. 5.ディズニーランドを貸切した時の料金は?
  6. 6.ディズニーランドの貸切プランの内容
  7. 7.2020年のディズニーランドの貸切イベント
  8. 8.ディズニーランドの貸切イベントで夢のような体験を!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

憧れの貸切!ディズニーランドを貸切できるの?

Photo by Norisa1

今回は、ディズニーランドを貸切で利用できるかどうかを紹介していきます。そもそもディズニーランドを貸切で利用することができるのでしょうか。

ディズニーランドの貸し切りは、不可能ではありません。有名人などだけではなく、もちろん一般人でもできるというのが答えになります。ただ、そう簡単にできるものではなく、一定の条件や料金設定があります。

今回は、ディズニーランドを貸切で利用する際の料金や一般人でもできる申し込みの仕方、貸切時のサービスの内容などについて紹介していきます。

過去にディズニーランドを貸切した有名人

Photo by Kentaro Ohno

これまで、ディズニーランドを貸切で利用した実績のある人とは、どんな人なのでしょうか。一般人でも利用できるとはいえ、なかなか安々と利用できるものではありません。人数の下限であるとか、料金面などで結構困難なことがあります。

それでも過去に貸切をして利用したことがある方もいます。企業がイベントとして貸切をして一般人を募集して楽しむという内容のものならまだしも、個人で貸切を取得したことのある方がいます。

マイケル・ジャクソン

Photo by cytech

過去にディズニーランドを貸切したことがある有名人で、よく言われるのがアメリカのスター、マイケルジャクソンです。ディズニーを貸切した有名人といえば真っ先に連想される方です。

正確に言えば、ディズニーランド全てをまるまる貸切したというわけではありません。2016年までディズニーランドにあったアトラクションである「キャプテンEO」を体験するためで、時間を限定して貸切にしたとされています。

サウジアラビアのファハド王子

Photo byInde

ディズニーランドを貸切にしたことがある個人の方で有名な方といえば、マイケルジャクソン以外ではサウジアラビアのファハド王子がいます。パリのディズニーランドを3日間貸切にしました。

総額は19億5千万にものぼったといわれています。サウジアラビアといえば石油王をイメージする方も多いように、金持ちが多いイメージがあります。個人でディズニーランドを貸切できる人といえば、やはり限られているといえます。

ディズニーランドは一般人でも貸切できる

Photo byflynn_chris

過去にディズニーランドを貸切で利用したことがある方といえば、やはり有名人やお金持ちでしたが、一般人では貸切で利用することはできないのでしょうか。

実は、条件の内容がクリアできれば、一般人でも誰でも貸切利用をすることができます。ただ、料金面ももちろんですが他の条件も個人でクリアするのはかなり困難ですので、現実的には難しいです。

プライベート・イブニング・パーティー

Photo by Dick Thomas Johnson

ディズニーランドを貸切利用する方法はいくつかあります。その代表的な方法の第一に、プライベート・イブニング・パーティーという形式があります。文字通り、夜の時間帯に利用する貸切です。夜のディズニーの魅力を満喫できる時間帯です。

貸切の対象人数は4000人以上で、個人で利用するには条件の内容が厳しいといえます。実際、この形式の貸切方法を利用するのは、企業や団体であることが多いです。

19:30~22:30分までの3時間を貸切れる

Photo byFree-Photos

プライベート・イブニング・パーティーを利用できる時間帯は19時30分から22時30分になります。本来なら通常営業の時間帯ですが、18時30分に一般営業が閉園になる日があります。その日にプライベート・イブニング・パーティーが開催されます。

3時間もの時間を参加者のみでディズニーランドを貸切ることができるシステムになります。一部一般営業時間帯で催される内容とは違いますが、基本的に同様のサービスを楽しむことができます。

スポンサーによる貸切イベント

フリー写真素材ぱくたそ

ディズニーランドの貸切システムで、プライベート・イブニング・パーティーを利用するケースで多いのが企業や団体が主催する形式です。企業が貸切手続きを行ない、一般に参加者を募る形式が一般的になります。

スポンサーとなる企業の商品を一定数購入したり、サービスを利用してポイントをためて抽選に応募し、チケットを取得する形式が多くなっています。探してみるとたくさんの企業がスポンサーになっているのでチェックしてみましょう。

アーリーモーニングパーティー

Photo byDemko

ディズニーランドを貸切で利用する形式で一般的なもう一つの方法は、アーリーモーニングパーティーという形式です。こちらも文字通り朝の時間帯を利用する貸切サービスになります。

一般営業が開始となる1時間15分も前からパークに入ることができる貸切サービスになります。朝のさわやかな時間にディズニーランドを楽しむのも新鮮でなかなかできない体験になり、こちらも好評です。

パークに7:30から入園できる

Photo byJESHOOTS-com

アーリーモーニングパーティーが利用できる時間帯は、7時30分から入園可能になります。ハッピー15エントリーといって、指定ホテル宿泊者が得られる、一般営業時間開始の15分前からの入場可能な時間まで、貸切でディズニーランドを楽しむことができます。

アーリーモーニングパーティーの時間帯は、ファストパスを利用することができず、すべてスタンドバイでのアトラクション利用になります。楽しみたいアトラクションをあらかじめ決めておきましょう。

企業や学校・団体の歳時向け

フリー写真素材ぱくたそ

アーリーモーニングパーティーは、プライベート・イブニング・パーティーとは異なり、企業などのスポンサーが主催する形式とは異なります。企業や学校・団体の歳時向けのイベントになります。

アーリーモーニングパーティーの貸切に参加するためには、チケットを購入する必要があります。大人料金で1万円を超えるので、決して安くはありませんが、チケット特有の特典もついてくるので、ディズニーランド好きの方には十分メリットがあります。

パーク・ファン・パーティー

Photo by Norisa1

ディズニーランドの貸切システムの一般的な二つの方法を紹介しましたが、もう一つの形式があります。パーク・ファン・パ―ティーと呼ばれるもので、他の二つの形式がパーク全てを貸切にできるものとは異なります。

比較的料金もリーズナブルで、効率的に利用することができるので、主に企業や団体が主催して頻繁に実施されているケースが多いです。参加人数も比較的小規模で済みます。

パーク内の施設を一定時間貸切できるパーティイベント

Photo byAlexas_Fotos

パーク・ファン・パ―ティーはディズニーランドパーク内の施設を、一定時間貸切できるパーティイベントとなります。パーク内施設の一部を利用する形式ですので、料金も比較的格安で貸切することができます。

パーク・ファン・パーティーで貸切利用できる施設は、全てではなく限られています。あらかじめどの施設が貸切で利用できるのか調べておき、プランを立てる企業や団体が多くなっています。

企業・団体向けプログラム

Photo byquinntheislander

ディズニーランドの貸切サービスであるパーク・ファン・パーティーは、一般的には企業や団体向けのプログラムになります。企業や団体が貸切を取得し、一般人を公募で参加者募集する形式が一般的です。

意外にたくさんの企業がパーク・ファン・パーティーの貸切サービスを利用しているので、探してみると参加できる機会が結構多く得られるかもしれません。一定数の商品を購入してから抽選で公募する形式が多くなっています。

ディズニーランドの貸切イベントに参加するための条件

Photo byLilen23

続いて、ディズニーランドの貸切サービスを利用する条件について解説をします。誰でも貸切を利用できるとはいえ、一定の条件内容をクリアする必要があります。一般人ではかなり厳しい条件の内容になっているので、個人で貸切を取得するのはかなり困難です。

そのため、企業や団体がディズニーランドの貸切を取得して、企業独自の一定の条件内容をつけて参加者を公募し、貸切を利用するケースが一般的になっています。

プライベート・イブニング・パーティー

Photo by Dick Thomas Johnson

ディズニーランドの貸切サービスに参加する条件のうち、まずはプライベート・イブニング・パーティーに参加するための条件について紹介します。前述のように、一般人が個人でプライベート・イブニング・パーティーの貸切を取得するのは難しいです。

実質的には、企業や各種団体が貸切を取得して、プライベート・イブニング・パーティーに参加するというのが一般人でも参加しやすい方法となっています。様々な企業が同様のサービスを提供しているのでチェックしてみましょう。

各スポンサーによる招待

Photo byBru-nO

企業がディズニーランドの貸切取得をしてプライベート・イブニング・パーティーを実施する場合の、一般人の参加条件といえば、運営する企業スポンサーの招待を受けることが必要になります。

招待を受けられる条件の内容といえば、企業の取り組みにより異なります。一般的な方法は、企業が販売する商品やサービスを一定数購入して抽選に応募するというものです。4000人以上の貸切人数も時には可能となっています。

アーリーモーニングパーティー

フリー写真素材ぱくたそ

続いて、アーリーモーニングパーティーの貸切について解説します。ディズニーランドの早朝の時間を利用した貸切サービスで、一般営業のオープン時間の前にパークに入って遊ぶことができるというメリットがあります。

プライベート・イブニング・パーティーと違って、特定の企業がスポンサーとなる形式とは異なり、参加する方も別途チケットを購入して入場する必要があります。料金もあらかじめチェックしておきましょう。

団体や企業が4000人集めると貸切可能

Photo bysasint

このアーリーモーニングパーティーを開催するためには、企業や団体が参加者を4000人以上集めることが条件になります。実質的には、福利厚生プログラムを提供する業者のサービスに参加する方法がとられることが多いです。

ディズニーランド貸切が楽しめるこのアーリーモーニングパーティーは、年に数回程度しか開催されません。事前に情報がホームページなどで公開されるので、参加したい方はこまめにチェックしましょう。

パーク・ファン・パーティー

フリー写真素材ぱくたそ

ディズニーランドの貸切サービスのうち、最後にパーク・ファン・パ―ティーに参加できる条件内容について紹介します。パーク・ファン・パ―ティーは前述のように一部の施設のみを一定時間貸切で利用することができるサービスです。

他のディズニーランド貸切サービスと比較すると、小規模な利用ができるので、比較的よく利用されているサービスです。利用条件も他のサービスに比べて易しいので、利用される機会が多いです。

120名の参加から貸切可能

Photo by hans-johnson

ディズニーランドの貸切のうち、パーク・ファン・パ―ティーを利用するための条件内容としては、最低120名の参加というものがあります。他のサービスのような4000人以上のような条件と比べるととても使いやすいです。

企業の福利厚生として、社員やその家族向けに実施することが多いサービスです。会社負担で貸切代金の一部を負担して、従業員やその他関係者に対して割安でサービス提供をするというケースが多くあります。

ディズニーランドを貸切した時の料金は?

Photo by Dick Thomas Johnson

続いて、ディズニーランドを貸切で利用する際の料金について紹介します。かなり高額の料金がかかることは間違いありません。これまで紹介したように、貸切の形式には主に3種類ありますが、それぞれ料金設定も異なります。

一般人が個人で貸切を取得するのは現実的ではありませんが、ある程度の相場を知っておくことで、企業のイベントや各種招待などでディズニーランドの貸切に参加する側になったときに、料金の感覚を持っておくと安心できるかもしれません。

プライベート・イブニング・パーティ

Photo bynattanan23

ディズニーランドの貸切利用の料金のうち、まずはプライベート・イブニング・パーティについて解説します。プライベート・イブニング・パーティでは、一人当たり基本料金として6700円が必要になります。4000人以上の参加者が必要となるため、最低約2700万円の料金がかかります。

基本料金に加え、オプションを追加すると相応の料金が加算されます。オプション料金は、追加するイベントによって異なりますので、あらかじめディズニーランドのイベント担当者に確認をする必要があります。

アーリーモーニングパーティー

Photo bykschneider2991

続いて、ディズニーランドの貸切のうち、アーリーモーニングパーティーにかかる料金について解説をします。アーリーモーニングパーティーに参加するためには、一人当たり大人料金で10300円を支払う必要があります。

ディズニーランド貸切のうち、プライベート・イブニング・パーティでは年齢に関係なく料金が一律だったことに対し、アーリーモーニングパーティーの場合は中人・小人料金の設定があります。こちらはツアーではないので、現地への交通費などは自費負担となります。

パーク・ファン・パーティー

Photo bystevepb

続いて、ディズニーランドの貸切のうち、パーク・ファン・パーティーにかかる料金について解説をします。パーク・ファン・パーティーは、前述のように施設の一部を貸切にして利用する形式の為、利用する施設により料金は異なります。

団体チケット料金に人数を乗じた金額に、式典料金(施設利用料)と抽選会景品の料金を加算した金額が貸切料金になります。参加人数と施設によりますが、300万円から1000万円程度の費用が掛かります。

ディズニーランドの貸切プランの内容

Photo byonlineCup

続いて、ディズニーランドの貸切で楽しめるプラン内容について紹介をします。基本的にディズニーランドパーク内のアトラクションを利用することができますが、貸切プランの内容により利用できるものとできないものが分かれます。

いずれのディズニーランド貸切内容プランも時間制限が明確に定められているため、あらかじめ貸切当日にどのような回り方をするのか決めておいた方が安心です。

プライベート・イブニング・パーティ

Photo byPexels

ディズニーランドの貸切プラン内容のうち、まずはプライベート・イブニング・パーティの内容から説明をします。プライベート・イブニング・パーティは一般人でもスポンサーの招待を受けることができれば参加できる貸切のため、参加機会を得るチャンスは結構あります。

各種オプションが充実していて、追加でオプションを申し込むことで様々な楽しみ方が増えます。参加するイベントの内容をあらかじめチェックして、どんなプラン内容なのかを把握しておきましょう。

ウェルカムグリーティング

Photo byannca

ディズニーランドの貸切内容プランのうちプライベート・イブニング・パーティでは、追加オプションを利用すればディズニーランドのキャラクターのウエルカムグリーティングを受けることができます。

ディズニーランドの有名でかわいいキャラクターが出迎えてくれるイベントなので、ディズニー好きの方にはとても魅力的な追加オプションになります。

すべてのアトラクションがスタンバイのみで乗車可能

フリー写真素材ぱくたそ

プライベート・イブニング・パーティでは、すべてのアトラクションを体験することができます。ディズニーランドの制度であるファストパスは使えませんので、すべてスタンバイによる利用となります。

ディズニーランドの他の貸切制度では利用できないアトラクションなどの制限が加わるので、プライベート・イブニング・パーティですべてのアトラクションが利用できるというのは特典の一つといえます。

アーリーモーニングパーティー

Photo byDariuszSankowski

ディズニーランドの貸切プラン内容のうち、続いてはアーリーモーニングパーティーの内容を説明します。アーリーモーニングパーティーも、参加費用を支払えば、一般人でも利用可能な貸切の形態です。

ただ、プライベート・イブニング・パーティーと比べて時間も短く、利用できる施設の制限もあるため、利用する際には事前にどのアトラクションを利用するかなど、利用計画を立てておきましょう。

主要アトラクションがスタンバイのみで乗車可能

Photo by "KIUKO"

ディズニーランドの貸切制度であるアーリーモーニングパーティーで利用できるアトラクションは、限定されています。スプラッシュ・マウンテン、ビッグサンダー・マウンテン、スティッチ・エンカウンター、ミッキーの家とミートミッキーの四つになります。

アーリーモーニングパーティーでは利用時間も限られているので、事前に利用するアトラクションを決めておき、限られた時間を有効活用しましょう。

パーク・ファン・パーティー

Photo byPexels

ディズニーランドの貸切プラン内容のうち、最後にパーク・ファン・パーティーの内容を説明します。パーク・ファン・パーティーは、ディズニーランドパーク内の一部施設を貸切で利用する制度ですので、施設ごとに内容は異なります。

企業の福利厚生制度などを通して利用されることが多く、一般人でもパーク・ファン・パーティーに参加する機会は少なくないので、内容をチェックしておきましょう。

式典にキャラクターを招待することができる

Photo byMomentmal

パーク・ファン・パーティーでは、各種式典にオプションサービスとしてお気に入りのキャラクターを招待することができます。基本料金に加えて追加費用を負担することになるケースが多いですが、とても楽しい時間を過ごすことができるのでお勧めです。

施設ごとに費用はかなり異なりますので、あらかじめ施設の基本使用料金を調べておき費用がどれくらいになるのか試算をしておく方が安心です。

2020年のディズニーランドの貸切イベント

Photo by Norisa1

最後に、2020年に開催予定、あるいはすでに実施された、ディズニーランド貸切イベントについて紹介します。各企業がスポンサーとなって実施する貸切イベントで、企業の商品を一定数以上購入して抽選に応募し、当選すると参加できる招待イベントです。

キッコーマン「ドリームナイト」

2020年のディズニーランドの貸切イベントのうち、一つめはキッコーマン「ドリームナイト」です。大手食品メーカーのキッコーマンが主催する貸切イベントです。

抽選に応募して、2019年夏ごろに抽選結果が届き、2020年1月24日に開催されました。夜のイベントで、3時間貸切となります。

ENEOS「パーフェクトドリーム」

2020年のディズニーランドの貸切イベントのうち、二つ目はENEOS「パーフェクトドリーム」です。ENEOSも、ディズニーランドのスポンサーの一つで、定期的に貸切イベントを実施しています。

しかも、ディズニーランドのオリジナルグッズをもらうこともできます。2020年度のグッズは、キャラクターをあしらったペンでした。ファンにはうれしいサービスです。

三井不動産「レジデンシャルサンクスナイト」

2020年のディズニーランドの貸切イベントのうち、三つめは三井不動産「レジデンシャルサンクスナイト」です。2020年2月に実施されました。三井不動産もディズニーランドの大手スポンサーの一つで、定期的な貸切イベントを実施します。

JCB「JCB マジカル 2020」

2020年のディズニーランドの貸切イベントのうち、四つめはJCB「JCB マジカル 2020」です。ディズニーランドの入場貸切券と、ディズニーオフィシャルホテルの宿泊券がセットになっています。2020年12月に実施予定になっています。

ディズニーランドの貸切イベントで夢のような体験を!

Photo byAG2016

以上、ディズニーランドを貸切で利用する方法について紹介してきました。個人で貸切を取得するのは不可能ではないですが、現実的には難しいこと、大手企業がスポンサーとなって招待する形式が一般的であることなど紹介しました。

貸切時間は限られているので、もし参加する機会に恵まれた場合は、あらかじめ予定を立てて効率よくパーク内の時間を利用するようにしましょう。

yokatayama
ライター

yokatayama

関連記事

人気記事ランキング