八代のおすすめ観光スポット23選!秘境から温泉まで歴史風情ある町を楽しもう

八代のおすすめ観光スポット23選!秘境から温泉まで歴史風情ある町を楽しもう

八代のおすすめ観光スポットをチェックしてみました。八代は観光で行きたい名所揃いの魅力ある町です。絶景の観光スポットや、ドライブに人気のスポット、おすすめの人気体験、ぜひ行ってみたいイベント、必ず寄りたいグルメと買い物、訪れたい温泉など23選を紹介します。

    記事の目次

    1. 1.八代は観光で行きたい名所揃いの魅力ある町!
    2. 2.八代で絶対行きたい絶景の観光スポット6選
    3. 3.八代観光のドライブにおすすめの人気スポット3選
    4. 4.八代観光でおすすめできる人気体験3選
    5. 5.八代観光でぜひ行ってみたいおすすめイベント2選
    6. 6.八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット5選
    7. 7.八代観光で寄りたいグルメと買い物のスポット2選
    8. 8.八代観光で訪れたい温泉2選
    9. 9.八代観光で名所もグルメもとことん楽しもう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    八代は観光で行きたい名所揃いの魅力ある町!

    Photo byKIMDAEJEUNG

    八代は、観光で行きたい名所揃いの魅力ある町です。五家荘や清流「川辺川」、球磨川第一橋梁など、絶景のおすすめ観光スポットを始め、春光寺や白髪山天然橋などのドライブにおすすめの人気スポットやグルメなども数多くあります。

    また、イ草を食べる!ミニ畳作り(イ草アイス付)や、やつしろ舟出浮きにみられる体験型の施設も人気があります。イベントでは、八代妙見祭や八代くま川祭りは見どころですし、八代城跡や官軍上陸の地を始めとした、おすすめ観光スポットも目白押しです。

    観光において、絶対楽しみたいグルメと買い物のスポットや、温泉なども外せない旅の目的です。そんな八代のおすすめ観光スポットを、1つづつ深堀しながら紹介していきます。

    熊本県八代市の特徴は?

    Photo by km058

    熊本県・八代市は、どのような特徴がある町なのでしょうか。八代は、九州のほぼ中央に位置し古くは万葉の時代より、文化や経済の中心として発展してきました。戦中、戦後を通して商店街、歓楽街や日奈久温泉の賑わいは熊本一でした。

    歴史や文化の彩り、交流の賑わい、八代にはいろいろな素顔があります。毎年11月に行われる八代神社の「妙見祭」は、長崎くんち・博多祇園山笠と並ぶ九州三大祭として有名です。

    地域ごとに根付いた文化を反映する、おすすめの観光地やイベントも多く、体験型のスポットやグルメ・特産品もそれに伴い賑やかです。ほとんどの旅館がかけ流しである、湧出量が毎時140トンを誇る日奈久温泉も八代平野の南端に位置します。

    熊本県八代市へのアクセス

    Photo by Hyougushi

    熊本県八代市へのアクセスは、飛行機や新幹線、高速道路、観光列車などが利用できます。全国主要都市からのアクセスは、東京、大阪、名古屋方面からは拠点空港から阿蘇くまもと空港、連絡バスへ乗り換え約50分で、新八代駅へ到着します。

    広島方面からは、新幹線で博多駅経由(約1時間5分)~新八代駅(約50分)です。九州各県からは、新幹線や各高速バスが利用でき、車での移動時間は福岡から新八代駅の場合、約1時間30分の所要時間です。

    いずれも、各高速・自動車道を利用して車での移動が可能です。また、八代~川内の区間を走る人気の観光列車「肥薩おれんじ鉄道」もおすすめです。

    八代で絶対行きたい絶景の観光スポット6選

    Photo byAurino

    八代で、絶対行きたい絶景の観光スポットをチェックしてみました。五家荘から流れる川「川辺川」は、日本一水質がきれいといわれ、山合とは思えないくらいゆったりと流れ癒されます。

    また、「水島・龍神社」は、熊本・八代観光におすすめのパワースポットです。そして夏になると、名物なのが幻想的に照らされる本堂や仏像が魅惑する、釈迦院の真夏のライトアップです。

    ほかにも、球磨川第一橋梁や、梅の木轟公園吊橋、せんだん轟の滝など、八代で絶対行きたい絶景の観光スポットを6選紹介します。

    五家荘

    Photo by t.kunikuni

    八代で絶対行きたい絶景の観光スポット1つ目は「五家荘」です。九州中央山地の険峻な山々に囲まれた場所にある、「五家荘(ごかのしょう)」は、九州の秘境とも呼ばれる八代の秘境で出合える渓谷美です。

    今では紅葉や新緑のおすすめ絶景スポットとして有名ですが、壇ノ浦の戦いに敗れた平家が、逃げ延びて里を作ったという「平家落人伝説」が残る地としての興味深い歴史があります。

    新緑の時期には、むせ返るような青葉の香りと色に山々が染まります。また秋には、鮮やかな紅葉に染まる渓谷美が広がり圧巻です。五家荘は、標高1300~1700メートル級の山々に囲まれた八代のおすすめ秘境スポットです。

    清流「川辺川」

    Photo by4771146

    川辺川は、五木五家荘に水源を持ち、人吉で本流の球磨川へと合流します。かつてあったダム建設計画は、川漁師や住民の強い反対で休止された経緯があります。

    紅葉の美しさで知られる五家荘では、四季を通しても自然美が楽しめます。五家荘からほど近い距離に位置する、清流・川辺川にはイワナやヤマメなどの川魚が生息し、グルメ食材にもなっています。県道沿いに、この川を辿ってくると四季折々の変化が楽しめます。

    五家荘地区では渓流と呼べる景観ですが、五木村や相良村では山合とは思えないくらいゆったりと流れ、清流の風情を感じます。その感動的な透明度は、日本一水質がきれいといわれています。川縁まで行けるので、夏場は川遊びを楽しむ人が大勢来て賑わいます。

    球磨川第一橋梁

    Photo by mechapanda

    八代で絶対行きたい絶景の観光スポット2つ目は「球磨川第一橋梁」を紹介します。JR肥薩線の鎌瀬駅を出てすぐに球磨川に架かる赤茶色の鉄道橋は、明治41年(1908年)に完成しました。

    鉄道ファンの撮影スポットにもなっているこの橋は、「トランケート式(切り詰め)」と呼ばれるピン接合方式が特徴のトラス橋で、「球磨川第二橋梁〔同県球磨村〕」とともに全国に二つしか残っていない貴重な橋です。

    複雑で美しいトラスを上の道路から鑑賞するのも風情がある景観ですが、川辺の集落から石の橋脚もろとも見上げる赤茶色の鉄橋もまた威厳があって美しいものです。アメリカン・アーチの幾何学模様は、観光・歴史名所としてもおすすめの壮大なスポットです。

    万葉の里 水島の龍神社

    Photo by36photo

    八代で絶対行きたい絶景の観光スポット3つ目は「万葉の里 水島の龍神社」を紹介します。球磨川の河口の堤防から約50m離れた場所にある小さな島は、万葉集に「奇蹟の島・水島」と歌われており、貴重な万葉史跡の歴史として知られています。

    その昔、この地を訪れた景行天皇が食事をとられた際に、小左という者が天地の神に祈ったところ、不思議にも水が湧き出てきたという記録が、日本書紀に残されている伝説の歴史的スポットでもあります。

    Photo by Masaharu Fujikawa (藤川正治)

    近くに万葉の里公園も整備され、八代海の眺望が楽しめます。水島と龍神社は、八代の定番観光スポットであり、パワースポットとしても有名なおすすめ名所です。2004年に熊本県指定名勝に指定され、2009年には国の名勝に指定されています。

    釈迦院

    Photo by *Yaco*

    八代で絶対行きたい絶景の観光スポット4つ目は「釈迦院」です。熊本県八代市泉町柿迫にある天台宗の寺院で、全国に誇る日本一の3,333段の石段があります。石段には、全国10ヶ所の名石のほか、外国7ヶ国の御影石が使われている興味深い歴史があります。

    石段を、全段登り切ろうとチャレンジする国内外の観光客なども多いため、途中には休憩所やトイレなどが設置され整備されます。釈迦院岳の頂上にあるので眺望も良く、八代海や天草諸島までが見渡せる絶景もおすすめです。

    Photo by Tamago Moffle

    釈迦院に続く表参道「御坂」に建設されたこの石段は、町の活性化を図る新しい観光の目玉として昭和63年に完成しました。毎年11月には、「アタック・ザ・日本一」も開催されることも話題の、歴史探訪にも欠かせない観光地です。

    真夏のライトアップもおすすめ

    Photo by M.Murakami

    毎年夏に開催される、釈迦院のライトアップもおすすめです。3日間開催されるこのイベントは、期間中に本堂や仏像、杉などをライトで照らし、幻想的な空間を醸し出します。

    竹灯籠の設置や住職における修行体験、地元ガイドと行く夜のハイキング(星空と夜景の鑑賞会)などが楽しめます。釈迦院を訪れる際は、夏場のこのイベントも視野に入れて旅のプランを計画するのも良いかもしれません。

    住所 熊本県八代市泉町柿迫5535
    電話番号 -

    梅の木轟公園吊橋

    Photo by nokia32

    八代で絶対行きたい絶景の観光スポット5つ目は「梅の木轟公園吊橋」を紹介します。梅の木轟(とどろ)公園には、五家荘最長である長さ116メートルの吊橋があり、幻の優美な滝「梅の木轟」へと続く五家荘最長の吊橋となっています。

    補助ロープや支柱を使用しないPC吊床版の橋としては、日本有数の長さを誇ります。55メートルもの高さがあるため、まるで空中に浮かんでいるのではないかと錯覚してしまうほどの迫力があります。

    橋上から谷底を見下ろすと壮大なスケールの渓谷美が広がり、特に紅葉の時期などは、鮮やかに染まった渓谷と吊橋のコントラストが際立つ絶景を楽しめます。

    せんだん轟の滝

    Photo by karinckarinc

    八代で絶対行きたい絶景の観光スポット6つ目は「せんだん轟の滝」です。県内随一の高さ70mの岩頭から流れ落ちる滝飛沫は、男性的で見ごたえがあり、日本の滝百選の一つとしても有名な観光スポット・名所です。

    昔、滝のそばに栴檀の木が多く自生していたことから、この名がつけられたといいます。道路沿いの展望所からも見ることができますが、展望所そばのつり橋を渡れば、直径約8mの滝壷の目の前まで行くことができます。

    五家荘の小原川支流の長尾又川にかかる滝だけに、新緑・紅葉に映えて華麗かつ豪快な滝です。夏には避暑地として有名で、毎年観光客や多くの人々が涼みに訪れる滝スポットの名所です。

    八代観光のドライブにおすすめの人気スポット3選

    Photo byDeltaWorks

    八代観光の、ドライブにおすすめの人気スポットをチェックしてみました。八代城主松井家の菩提所で、臨済宗南禅寺派の末寺「春光寺」は、市指定有形文化財・建造物を訪ねるドライブのスポットにおすすめです。

    また、9万年前に怒った阿蘇の火砕流と火山灰が堆積して溶結凝灰岩となり、永い年月の浸食によって現在のような形が作り出された「白髪山天然橋」をめぐる阿蘇コースもドライブ好きには欠かせません。

    ハイキングや森林浴が人気の「大金峰遊歩道」では、九州の真ん中の大自然を満喫できます。以上、八代観光の、ドライブにおすすめの人気スポットを3選詳しく紹介します。

    春光寺

    フリー写真素材ぱくたそ

    八代観光のドライブにおすすめの人気スポット、1つ目は「春光寺」です。正保3年(1646)、熊本藩筆頭家老松井興長(おきなが)が八代城に入城し、当時北の丸にあった泰勝院を宗雲寺と改めて松井家の菩提所としました。

    その後、藩主細川綱利は松井家の菩提所として古麓町に春光寺を創建させ、延宝5年(1677)に落成しました。春光寺の寺号は松井康之の法号「春光院英雲宗傑」に因んだものです。

    明治10年(1877)の西南の役では、この地は戦場となり、所々に弾痕が残っています。また、境内には俳句などの句碑が多く残っており、近年は句碑寺としても有名です。有形文化財・句碑寺をめぐる八代のドライブ旅のスポットにおすすめです。

    住所 熊本県八代市古麓町971
    電話番号 0965-32-5557

    白髪山天然橋

    Photo byDeltaWorks

    八代観光のドライブにおすすめの人気スポット2つ目は、東陽町五反田白髪山の麓にある天然の橋「白髪山天然橋」です。雄大な阿蘇を巡りながら、県下でも類を見ない特異な地質上の現象にふれる旅・ドライブスポットの一環としてもおすすめのルートです。

    この天然橋は、9万年前に起こった阿蘇の火砕流と火山灰が堆積して溶結凝灰岩となり、永い年月の浸食によって現在のような形が作り出された歴史ある天然橋です。

    白髪山より降りてこられた白髪天神様が、行く手を遮る堤防のような岩壁を足で蹴破って通ったとの説が言い伝えられています。その穴が、現在の白髪岳の東麓にあるアーチ橋状の形をした岩盤「白髪山天然橋」です。

    大金峰遊歩道

    フリー写真素材ぱくたそ

    八代観光のドライブにおすすめの人気スポット、3つ目は「大金峰遊歩道」です。九州の真ん中の大自然で、それほどアップダウンも激しくなくハイキングや森林浴に人気です。秘境「五家荘」を、起伏少ない山道で堪能できる、大金峰・小金峰はドライブコースとしてもおすすめです。

    大金峰(おおがなみね)は、標高は、1396mと起伏が少なく、非常に歩きやすい場所です。足元には多くの山野草が咲き、ゆっくり歩きながら楽しむにも最適です。

    雁俣山や京丈山に近く、雁俣山の登山口の近くに大金峰・小金峰の登山口もあり、登山口から大金峰、小金峰と縦走し、来た道を戻るルートがよく知られています。また「大金峰遊歩道」は、歩きやすくて足が疲れにくく、ウォーキングなどにもおすすめの遊歩道です。

    八代観光でおすすめできる人気体験3選

    Photo by k_osakaphoto

    八代観光で、おすすめできる人気体験をチェックしてみました。ドライブコースを満喫ついでに気軽に立ち寄れ、体験できる「イ草を食べる!ミニ畳作り(イ草アイス付)」も体験・試食&TATAMIアイス付きでグルメのもおすすめです。

    「やつしろ舟出浮き」では、八代海の伝統漁法を間近で見学し、獲れたての海の幸に触れ、無人島ですきなように調理して食べられる体験が人気です。また、手足の神様で、手や足を形どった板に願い事を書き祈願することが出来る「足手荒神」も体験したいスポットです。

    以上、八代観光でおすすめできる人気体験を3選紹介します。ドライブ旅の立ち寄りスポットとしても、是非取り入れたいおすすめコースです。

    イ草を食べる!ミニ畳作り(イ草アイス付)

    Photo by isaac'licious

    八代観光のドライブついでに立寄るおすすめ人気体験、1つ目は「イ草を食べる!ミニ畳作り(イ草アイス付)」です。日本一のイ草の産地「八代」だからこそ出来る素敵な体験プログラムで、いままでにない「イ草」を楽しむことができます。

    イ草は、畳の原料としてはもちろん、近年は食用イ草の栽培も進み、八代では誰もが安心して食べられる加工食品を製造・販売しています。体験では、写真立てや人形飾りの敷物として活用できる「ミニ畳作り」と、イ草を使った話題のアイスクリームなどの試食ができます。

    Photo by kohrogi34

    親子で一緒に参加できる「ミニ畳作り体験」では、イ草の香りに包まれながら、楽しいひと時が過ごせます。体験時間は、10時と14時の2回で所要時間は約90分、定員は1名~8名で事前に電話での予約が必要です。

    住所 熊本県八代市旭中央通3-11TSビル3階
    電話番号 0965-31-8200

    やつしろ舟出浮き

    Photo by SARUSUKEY

    八代観光のドライブついでに立寄るおすすめ人気体験、2つ目は「やつしろ舟出浮き」です。近年、体験型の観光が注目を浴びる中、家族やカップル、会社の研修旅行、県外の修学旅行生なども舟出浮きを楽しんでいます。

    舟に乗り漁を見て、生きた魚に触れることで、自然のありがたさや環境問題を認識し学習しながら学び遊べます。「舟出浮き」とは海のピクニックという意味で、かつて八代のお殿様が、鉾突きという漁法で遊んでいた舟遊びが始まりでした。

    Photo by y_ogagaga

    その後「舟出浮き」として、球磨川河口一帯で行われるようになりました。この体験型イベントは、漁師と一緒に漁船に乗込み、八代海の伝統漁法を間近で見学し、獲れたての海の幸(イカやエビ、カニ、チヌ等)に触れ、無人島で好みのグルメスタイルで食べられる海のレジャーとしても人気です。

    住所 熊本県八代市萩原町1丁目1
    電話番号 0965-35-6627

    足手荒神(手足の神様)で願い事祈願

    Photo by hiyang.on.flickr

    八代観光のドライブついでに立寄るおすすめ人気体験、3つ目は「足手荒神(手足の神様)で願い事祈願」です。手足の神様で、手や足を形どった板に願い事を書き祈願することが出来ます。

    天正年間(秀吉時代)、或激戦において手足に傷を負った武将が地元村人達の手厚い看護を受け、その恩返しから「死んでも魂はこの世にとどまり子々孫々を見守り、手足の病に苦しむ者を救うであろう」と言い残した伝えから、足手荒神の信仰がうまれました。

    武将とは御船城主甲斐宗達・宗立のことで、この父子が祭神で足手荒神として今も猶、衆人の信仰を集めています。手足の病気や怪我の治癒・回復を祈願するならおすすめの神社です。

    住所 熊本県上益城郡嘉島町上六嘉2242
    電話番号 096-237-2082

    八代観光でぜひ行ってみたいおすすめイベント2選

    Photo by atotto

    八代観光でぜひ行ってみたいおすすめイベントをチェックしてみました。ユネスコ無形文化遺産にも登録されている、九州三大祭りのひとつ「八代妙見祭」は、前夜祭から参加したいイベントで神幸行列や演舞が見どころです。

    八代の夏祭りといえば「くま川祭り」が有名です。総踊りに参加しても楽しいし、迫力ある踊りや様々な仮装姿を見るだけでも、ワクワクとした有意義な時間を過ごせます。以上、八代観光でぜひ行ってみたいおすすめイベント2選を紹介します。
     

    八代妙見祭

    Photo by rch850

    八代観光でドライブついでにぜひ立寄りたいおすすめイベント、1つ目は「八代妙見祭」です。妙見祭は、古い記録によると、今から500年前にはすでに神輿の神幸や流鏑馬(やぶさめ)などの祭礼行事が行われていたようです。

    現在の神幸行列の原型を作り上げたのは、1632年に八代城に入城した細川三斎(忠興)で、自ら天井画を描いた神輿や、神馬(しんめ)、飾馬(かざりうま)などを奉納しました。これが現在も続いている多彩な出し物が登場する八代妙見祭の始まりといわれています。

    フリー写真素材ぱくたそ

    九州では、八代妙見祭をはじめ5つの祭りがユネスコ無形文化遺産に登録されています。開催日は、11月中旬過ぎで「御夜(ごや)」と呼ばれる前夜祭が行われるほか、当日は妙見祭のクライマックスである神幸行列と八代駅前や砥崎河原で演舞が披露されます。

    住所 熊本県八代市松江城町1-25
    電話番号 0965-33-4115

    八代くま川祭り

    Photo by Norisa1

    八代観光でドライブついでにぜひ立寄りたいおすすめイベント、2つ目は「八代くま川祭り」です。球磨川の恵みに感謝し、産業振興、商業振興を目的にした八代市で夏恒例の大イベント、市民総参加の祭りです。市民総踊りを中心とした各種イベントが見どころです。

    祭りメインの4000人を超える市民が参加する「総踊り」では、会場だけでなく周辺も一体となって盛り上がり壮観です。本町アーケードでは土曜市も催され、観光客など大勢の人で賑わいます。

    開催期間は、毎年7月下旬の頃で大人みこしやちびっこ発表会、各ステージパフォーマンス、ミニライブが開催され、メインの総踊りは19:00からです。開催場所は、袋町~旭中央通、本町アーケード付近です。※荒天の場合は中止となります。

    住所 熊本県八代市旭中央通
    電話番号 0965-33-4132

    八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット5選

    フリー写真素材ぱくたそ

    八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット名所をチェックしてみました。2017年には、続日本100名城にも選定された「八代城跡」は、2014年「八代城跡群(やつしろしろあとぐん)」として、古麓城跡・麦島城跡と併せて国の史跡に指定もされています。

    西南戦争で日奈久に上陸し薩軍の背後を突いた「官軍上陸之地」は、八代屋二階の柱に痕跡をとどめている歴史を感じることができます。また「麦島城跡」は、国指定の史跡であり、九州で最も古い近世城郭の一つの歴史を伺い知ることができます。

    そのほか、「五木五家荘県立自然公園 緒方家」や「八代市立博物館未来の森ミュージアム」など、八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット名所5選を紹介します。

    八代城跡

    フリー写真素材ぱくたそ

    八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット名所1つ目は「八代城跡」です。「八代城跡群(やつしろしろあとぐん)」として、古麓城跡・麦島城跡と併せて2014年に国の史跡に指定され、2017年には、続日本100名城にも選定されています。

    八代城は、元和5年(1619)の地震により、麦島城が崩壊したため、球磨川河口北側の松江村に築城した平城です。落雷による焼失や明治維新後の取り壊しがありましたが、本丸の石垣と内堀が残り本丸跡に懐良親王をまつる八代宮が鎮座しています。 

    住所 熊本県八代市松江城町7-34
    電話番号 0965-35-2021

    官軍上陸の地

    Photo by shinyai

    八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット名所2つ目は「官軍上陸の地」です。明治10(1877)年3月、西郷隆盛は、15000の兵をひきいて熊本城に迫りましたが、当時日奈久は薩軍の勢力下にあり食糧基地でした。

    3月19日、日奈久南方洲口に官軍数百の兵が上陸したのと前後して、数隻のボートにより日奈久港に上陸を敢行し銃火が交えられました。その時の官軍の銃弾のあとが、海岸に面していた八代屋二階の柱に、艦砲射撃の痕跡をとどめている生々しい歴史がうかがえます。

    住所 熊本県八代市日奈久上西町495
    電話番号 0965-33-4115

    麦島城跡

    フリー写真素材ぱくたそ

    八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット名所3つ目は「麦島城跡」です。熊本県八代市国郡にあった安土桃山時代から江戸時代の城で、2014年3月18日、本城跡と古麓城跡・八代城跡とを併せ、「八代城跡群」の名称で国の史跡に指定されています。

    麦島城は、天正16年(1588年)に、宇土・益城・八代・天草の領主となったキリシタン大名・小西行長が重臣の小西行重に命じて築かせた城です。九州で最も古い近世城郭のひとつで、金箔鯱瓦や隆慶二年の年号がある滴水瓦が見つかりました。

    また、二ノ丸跡では平櫓(ひらやぐら)と見られる建物が倒壊した状態で見つかっています。現在、シルバーワークプラザ八代古城館では、発掘された石垣の一部を見ることができます。

    住所 熊本県八代市旭中央通3番11
    電話番号 0965-33-4533

    五木五家荘県立自然公園 緒方家

    Photo by s891082212001

    八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット名所4つ目は「五木五家荘県立自然公園 緒方家」です。平清経が姓を緒方と変えて住んだという、壇の浦の戦いで源氏に敗れた平清盛の孫の屋敷です。

    1階には囲炉裏部屋、2階には隠し部屋などがあり、人目を忍び隠れ住んだ平家落人の暮らしぶりを感じることができます。毎年秋には、五家荘一体で見事な紅葉が楽しめるほか、各スポットでは特産品の展示販売や郷土芸能に親しむイベントが開催されます。

    住所 熊本県八代市泉町椎原46
    電話番号 0965-67-5118

    八代市立博物館未来の森ミュージアム

    Photo byHans

    八代で歴史も学べるおすすめ観光スポット名所5つ目は「八代市立博物館未来の森ミュージアム」を紹介します。旧八代城主である松井家が所蔵する様々な美術品を中心に、過去から現在に至るまでの八代の文化と歴史を紹介する博物館です。

    敷地は八代城址の近く、文化施設の集まる緑豊かな文教ゾーンの中心にあり、丘の上にはエントランスホールや、カフェなどのオープンなスペースが軽やかに浮ぶ屋根の下に広がっています。

    メタリックな被覆に包まれた収蔵庫は、屋根の上に浮べられ、未来の正倉院として博物館のシンボル的役割を担っています。

    住所 熊本県八代市西松江城町12-35
    電話番号 0965-34-5555

    八代観光で寄りたいグルメと買い物のスポット2選

    Photo by fujitariuji

    八代観光で寄りたいグルメと買い物のスポットをチェックしてみました。熊本県の公式キャラクター「くまモン」を活用した店舗や、だご汁定食とばんぺいゆソフトクリームがグルメ名物である「道の駅」の名所など、八代観光で寄りたいグルメと買い物のスポット2選を紹介します。

    くまナンステーション

    Photo by f999999_key

    八代観光で寄りたいグルメと買い物のスポット、1つ目の名所は「くまナンステーション」です。熊本県の営業部長くまモンのグッズとオリジナルくまモングッズがたくさんあります。日本製のくまモングッズが約100種類、きっと好みのくまモンが見つかります。

    また、くまナンステーションでは、オリジナル缶バッジ作り体験を実施しており、世界に一つだけの缶バッジを作ることができ、お土産やプレゼントにもピッタリです。八代に立寄った際は、くまナンで休憩とオリジナルグッズの買い物が楽しめます。

    住所 熊本県八代市本町1丁目10-36
    電話番号 0965-37-8281

    道の駅 坂本

    Photo by fujitariuji

    八代観光で寄りたいグルメと買い物のスポット、2つ目の名所は「道の駅 坂本」です。国道219号を八代市から約13キロの場所にあり、球磨川に面し四季折々の自然とふれあえる環境に立地する、道の駅の名所です。

    物産館「さかもと館」では近郊のグルメ・物産品の販売も行っています。 レストランでは球磨川の幸をふんだんに使った郷土料理がおすすめです。郷土の買い物と、グルメ両方を満喫できる急流のほとりで四季を感じる道の駅は旅の名所としてもおすすめです。

    だご汁定食

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    うどんやカレー、各種定食などがあるレストランのおすすめは郷土料理の「だご汁定食」です。醤油仕立てのスープに、だごといわれるだんごをちぎった麺に大根やごぼう、椎茸、ニンジンなどの山村の野菜が入ったヘルシーなメニューはグルメの舌もうならせます。

    だご汁には、あっさりとした醤油仕立てのほか、味噌仕立てもあります。熊本・八代のソウルフードでもあり名物の郷土料理が堪能できます。

    ばんぺいゆソフトクリーム

    Photo by iyoupapa

    また、「道の駅 坂本」で人気なのが、地元特産の晩白柚(ばんぺいゆ)を使った「ばんぺいゆソフトクリーム」です。オレンジのように酸味が強すぎず、さわやかな柑橘系の香りがソフトクリームの甘さを引き立てる味に仕上がっています。

    ほかにも、物産コーナーでは「鮎の甘露煮」が大人気で、レストランでは「鮎の塩焼き」を堪能することができます。冬季には「坂本ぼたもち」や、「八代のり」などの人気商品が並びお土産などにもおすすめです。

    住所 熊本県八代市坂本町荒瀬1239-1
    電話番号 0965-45-2141

    八代観光で訪れたい温泉2選

    Photo by amika_san

    八代観光で訪れたい温泉をチェックしてみました。グルメとくれば次は温泉ですが、八代ICからすぐに立地する広い露天エリアに岩風呂、檜風呂、洞窟風呂などが人気で貸切家族風呂も利用できる「つる乃湯八代店」とばんぺい湯が愛称の「日奈久温泉センター」2選を紹介します。

    つる乃湯八代店

    Photo by Norisa1

    八代観光で訪れたい温泉、1つ目は「つる乃湯八代店」です。天然温泉の掛け流しで、新湯は朝の4時から入替え、一番風呂がおすすめの温泉です。大きな湯船と爽快な露天風呂に、さまざまな種類の浴槽があり、楽しく心と身体を癒せる温泉銭湯です。

    観光やビジネス、レジャー、女性リラックス風呂も完備し宿泊にも人気がある、温泉入り放題の天然温泉を低料金で堪能できるおすすめのリラックス空間です。

    貸切家族風呂も

    フリー写真素材ぱくたそ

    貸切家族風呂も、毎回完全入れ替えする源泉掛け流しの温泉です。貸切家族風呂は全9室から選べ、一般室(内風呂、坪庭)と特別室1(内風呂、坪庭、テレビ、休憩スペース)、特別室2(広い内風呂、坪庭、テレビ、休憩スペース、バリアフリー)の家族温泉があります。

    住所 熊本県八代市川田町西479
    電話番号 0965-39-1000

    日奈久温泉センター

    Photo by neverbutterfly

    八代観光で訪れたい温泉、2つ目最後は「日奈久温泉センター」です。露天風呂や日替わり湯、サウナ、家族風呂を備えた日帰り温泉で、無料で利用可能な足湯を併設し食事処や売店も完備します。

    日奈久温泉センターは、八代特産の晩白柚のように多くの人々に愛され利用される温泉施設になってほしいという願いが込められ2009年7月21日「ばんぺい湯(愛称)温泉」としてリニューアルオープンしました。

    建物は細川藩営の「御前湯」をイメージし、1階が公衆浴場と物産コーナー、2階は大浴場温泉(サウナ、露天風呂付き)、3階は家族風呂温泉となっています。

    住所 熊本県八代市日奈久中町316
    電話番号 0965-38-0617

    八代観光で名所もグルメもとことん楽しもう!

    Photo by othree

    八代のおすすめ観光スポットを、絶景が楽しめる場所や、ドライブにおすすめのコース、グルメ、歴史探訪、秘境から温泉まで、風情ある町23選を紹介してきました。熊本方面へ訪れる際は、八代観光で名所やグルメもとことん楽しみましょう。
     

    ki-no1229r
    ライター

    ki-no1229r

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング