今治の名物グルメ・焼豚玉子飯を食べたい!人気店やおすすめレシピまで紹介

今治の名物グルメ・焼豚玉子飯を食べたい!人気店やおすすめレシピまで紹介

愛媛県今治市といえば魅力あふれる観光地としても有名ですが、そんな今治市での名物グルメ「焼豚玉子飯(やきとんたまごめし)」をご存知でしょうか。今回は、今治市内で「焼豚玉子飯」を楽しめるおすすめの人気店を厳選しました。自宅で作れるレシピもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.今治のご当地グルメ「焼豚玉子飯」がうまい!
  2. 2.今治名物「焼豚玉子飯」 って?
  3. 3.今治名物「焼豚玉子飯」 のおすすめ店
  4. 4.今治名物「焼豚玉子飯」 がテイクアウトできる人気店
  5. 5.今治名物「焼豚玉子飯」 のレシピ
  6. 6.今治に行ったら焼豚玉子飯にトライ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

今治のご当地グルメ「焼豚玉子飯」がうまい!

Photo by cotaro70s

今治市は、愛媛県北東部に位置し瀬戸内海の美しい自然に恵まれた都市です。また、「伝統産業の今治タオル」「日本一の造船のまち」「サイクリストの聖地」など様々な魅力があふれる観光地としても知られています。

そんな魅力あふれる今治市を訪れたら一度は食べておきたいのが、今治で50年以上も親しまれている今治のご当地グルメ「焼豚玉子飯」です。

今回は、焼豚玉子飯の歴史や、今治市内で焼豚玉子飯を味わえるおすすめの人気店、また自宅で焼豚玉子飯を楽しみたい方向けにレシピなどをまとめてご紹介します!

今治名物「焼豚玉子飯」 って?

Photo by nhayashida

「焼豚玉子飯」とは、ご飯の上にジューシーな焼豚を敷き詰め、特製の甘辛いタレと、トロトロの半熟目玉焼きをくずしながら食べる今治のご当地グルメです。焼豚玉子飯は、箸ではなくレンゲで具材とタレを混ぜながら豪快に食べるのがおすすめです。

一見とてもシンプルなレシピですが、一度食べるとやみつきになると評判です。焼豚玉子飯の普及を盛り上げる「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」がB-1グランプリで優勝したり、テレビで紹介されるなど近年注目を浴びています。

今治市民のソウルフード

Photo byfsHH

焼豚玉子飯は、元々は疲れた体に手軽に栄養をとれるようにと50年以上も前に考案された料理です。誕生して以来ずっと、地元今治のソウルフードとして親しまれ続けています。

また、今治市内に焼豚玉子飯を気軽に味わえる店舗が数多くあったり、シンプルな材料で手軽に出来ることから自宅でも簡単に作れたりと、非常に身近な存在のご当地グルメです。

市内50店舗以上で提供

Photo by redlegsfan21

焼豚玉子飯を提供しているお店は、今治市内だけでも50店舗以上にも及び、地元今治市民だけでなく、県外からわざわざ足を運ぶ観光客もいるほどです。

各店舗ごとに、焼豚の部位や厚さ、特製の甘辛タレの味や、目玉焼きの数や焼き方までそれぞれ特色があり、お店ごとにこだわり抜いたレシピで作られた焼豚玉子飯を楽しむことができます。

中華料理店「五番閣」のまかない飯が始まり

Photo by elsie.hui

今では、今治のご当地グルメとして広く愛されている焼豚玉子飯ですが、元々は、50年以上前に今治市内で営業していた老舗中華料理店「五番閣(ごばんかく)」のまかない飯として作られました。

当時は、焼豚の切れ端と煮汁だけかけて食べるという簡単なものでしたが、この料理を食べた厨房の人たちからとても人気があり、お店の正式なメニューとして商品化されるほど当時から評判の料理でした。

「白楽天 今治本店」の先代店主が改良

Photo by Lukas Matheou

その後、五番閣は閉店しましたが当時働いていた料理人が独立し「白楽天(はくらいてん)今治本店」を開業しました。先代の店主が元々のメニューに改良を加え、商品化した料理が現在広く知られている焼豚玉子飯の最初の姿になったと言われています。

開店当時は、ボリューム満点な料理として近くの学校通う男子中高生から特に人気があったそうです。その後、クチコミでの評判が広がり現代に至るまで、焼豚玉子飯は50年以上も今治のご当地グルメとして親しまれています。

今治名物「焼豚玉子飯」 のおすすめ店

Photo by toshifukuoka

今治を訪れたなら、まかない飯から生まれた人気のご当地グルメ「焼豚玉子飯」をぜひ本場今治で味わってみてください。シンプルな料理ですが、お店ごとにその特徴はさまざまで食べ比べも楽しめます。

そこで、数ある名店の中から今治市内にある本格的な焼豚玉子飯を楽しめる、おすすめの人気店を5つ厳選してご紹介します。

「中国料理 白龍」

Photo by mdid

「中国料理 白龍」は、今治駅から約1.8km、徒歩約23分ほどの場所に位置する中華料理店です。朝11:00~夜21:00まで営業しており、名物グルメ「焼豚玉子飯」を目当てに全国各地から訪れる方で賑わっています。

「中国料理 白龍」で頂くことのできる焼豚玉子飯は、ラーメン鉢に盛り付けされたたっぷりのご飯の上にジューシーな脂と旨みがつまった焼豚と、焼豚とよく合う少し甘さ控えめのタレ、そして目玉焼きを3つも乗せた焼豚玉子飯はボリューム満点だと評判です。

Photo by Pussreboots

焼豚玉子飯のサイズは、大・中・小と用意されています。食べ歩きなど考えている方や食べきれるか不安だという方は、小を選んで頂ければ玉子は2個になりますのでサイズ変更されるのもおすすめです。

また、焼豚玉子飯の他にも本格中華料理のメニューが豊富にあり、スタミナラーメンや大きな唐揚げなども人気があります。

定休日は毎週木曜日でクレジットカード決済可能です。駐車場は、店舗前の5台の他に第2駐車場が用意されています。

住所 愛媛県今治市郷本町1-1-15
電話番号 0898-32-8797

「大黒屋飯店」

Photo by City Foodsters

伊予富田駅から約1.6kmの場所に位置する「大黒屋飯店」は、元々は屋台のラーメン屋から始まった中華料理店です。創業70年にもなる老舗店舗で、3世代引き継がれている秘伝のレシピを使った昔ながらのラーメンも人気のメニューです。

「大黒屋飯店」が作る焼豚玉子飯は、比較的新しく3代目の代に誕生しました。「重松飯店」で修業を重ねた3代目の店主が試行錯誤を重ね続け、現在ではお店の人気定番メニューになっています。

Photo by timsackton

今治市内にある他店とは少し異なり、たっぷりのご飯の上に乗せる焼豚をレンゲで食べやすいように細かく刻み、焼豚に味を染みこませてあるのが「大黒屋飯店」の焼豚玉子飯の特徴です。

また、最後まで飽きずに食べられるようにという配慮からお好みでネギをトッピングすることもできます。他にも「マヨネーズがけ」や「カレー玉子飯」など珍しいメニューがあり、こちらも人気です。

ハーフサイズの焼豚玉子飯も注文可能なので、今治市内を食べ歩きをしたいという方にもおすすめです。駐車場は店舗横に8台ほどありますが、混みあうため乗り合わせて行かれる方が多いです。

「重松飯店」

Photo by Kai Hendry

「重松飯店」は、地元今治では焼豚玉子飯の名店として広く知られており、テレビなどのメディアでも何度も取り上げられている有名店です。

お肉は、バラ肉とモモ肉の2種類の部位を使用しており、サラッとした甘めのタレとよく合います。オリジナルのタレも購入することができ、自宅で簡単に焼豚玉子飯を楽しむことができます。

また、使っている卵にもこだわりがあり、愛媛の「みかんたまご」という、みかんの皮を加えた飼料を食べて育った鶏の卵を使用しています。

フリー写真素材ぱくたそ

店主こだわりの卵で使った目玉焼きは、卵黄が濃厚でキレイな「みかん色」をしており、焼豚玉子飯との相性も抜群です。

定休日は毎週月曜日です。営業時間は、昼は11:45~14:00、夜は18:00~21:00までとなっていますが、人気のお店のため20時前に閉店してしまうこともあるそうです。

場所は、JR今治駅から約1km、徒歩約15分ほどのところにあり、休日には開店前から並ぶ人の姿も多く見られます。駐車場は、店舗前に11台停められます。

住所 愛媛県今治市大正町5-4-47
電話番号 0898-22-6452

「車屋食堂」

Photo by hide10

もっと朝早くから焼豚玉子飯を楽しみたいという方には、「車屋食堂」はいかがでしょうか。朝は8:30~14:00まで、夜も17:00~20:00まで営業しているので、朝ご飯に焼豚玉子飯を食べ、その後、今治市内を観光したいという方にもおすすめのお店です。

店内は、懐かしい大衆食堂のような雰囲気で、焼豚玉子飯の他にもあっさりとした中華麺や、セルフサービスで好きなおかずを選ぶこともできます。

Photo by Pug Girl

焼豚玉子飯に乗っている焼豚は、外はカリッと中はジューシー、タレは甘すぎず旨みのあるタレです。具材がたっぷり入った味噌汁もセットで付いてきます。

ご飯の量も他店と比べると女性でも食べきりやすい量になっており、育ち盛りの方などは中華麺や他のおかずなどとセットで注文するのがお得です。

駐車場は6台あります。不定休のため、確実に「車屋食堂」の焼豚玉子飯を味わいたいという方は事前に店舗に確認されるのがおすすめです。

住所 愛媛県今治市天保山町4-5
電話番号 0898-31-6030

「MOTSUNABEYA つぼ吉」

Photo by Tak H.

造船の町今治をイメージさせるインパクト抜群な外観の「MOTSUNABEYA つぼ吉」は、今治駅から約600m、徒歩約10分ほどの場所にある居酒屋です。

3種類の味から選べる自慢のモツ鍋と、全国から選りすぐりの種類豊富な梅酒が味わえるお店として知られていますが、モツ鍋をつつきながら食べる焼豚玉子飯も絶品だと評判です。

Photo by LisaW123

半熟の目玉焼きではなく、煮卵と錦糸卵と自家製の焼豚を使ったオリジナルの焼豚玉子飯は、従来のものとは少し変わったお洒落な盛り付けになっています。

夜遅くまで営業しているので、今治市内を観光したあとにお酒をたしなみながら、今治のご当地グルメ、焼豚玉子飯も一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所 愛媛県今治市松本町1-4-40
電話番号 0898-24-0097

今治名物「焼豚玉子飯」 がテイクアウトできる人気店

Photo by clvs7

最近では、外食ではなく食事を持ち帰って自宅で落ち着いて食べたい!という方も多くなってきました。そこで、今治市内50店舗以上で味わえる今治の名物グルメ「焼豚玉子飯」をテイクアウトできる店舗をご紹介します。

観光地としても魅力あふれる今治市で、観光や食べ歩きを楽しんだあとは、落ち着ける場所でゆっくり焼豚玉子飯を味わってみてはいかがでしょうか。

「チャイナダイニング白楽天」

Photo by toshifukuoka

「元祖・焼豚玉子飯」の老舗店舗として有名な「チャイナダイニング白楽天」の焼豚玉子飯は独特な甘さのあるタレが特徴で、ファミリーや海外からのお客さんも多く訪れています。

五番閣から独立した先代の店主が改良を重ねた焼豚玉子飯は、現在では今治市内にとどまらず、広く愛される名物グルメになりました。

また、焼豚玉子飯だけでなく、リーズナブルで美味しいとその他の一品料理やセットメニューも人気があります。

「来々軒」

Photo by jlastras

今治駅から約8kmほどの場所に位置する「来々軒」では、今治市内では少し珍しい変わった焼豚玉子飯を楽しむことができます。

ご飯の上に焼豚と目玉焼き、そして甘辛いタレをかける、というのがオーソドックスな焼豚玉子飯のレシピですが「来々軒」ではなんと具材の上にタレではなく、あんをかけてあります。

天津飯のような見た目で、あっさりと食べることができる「焼豚玉子飯」が癖になる!と評判の看板メニューです。

住所 愛媛県今治市米屋町1-1-11
電話番号 0898-22-3020

今治名物「焼豚玉子飯」 のレシピ

Photo by kentamabuchi

ここまで今治市内で「焼豚玉子飯」を楽しめるおすすめの人気店をご紹介してきましたが、気になるお店はありましたでしょうか。ぜひ、今治に行かれた際には本場の「焼豚玉子飯」を味わってみてください。

ただ、仕事や学校などで中々今治まで足を運べないという方も多くいます。そこで、今治には中々行けない、けど焼豚玉子飯を食べてみたい!という方向けに、ここからはご自宅でも簡単に作れるレシピをご紹介します。

Photo bystevepb

もちろん、プロが日々こだわり抜いて作られた本場今治のレシピには敵いませんが、意外と簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

1:白ご飯の上にチャーシューを乗せる

フリー写真素材ぱくたそ

食器にご飯を盛り、チャーシューを食べたいだけ盛り付けます。最後に目玉焼きを乗せるので、チャーシューの置き方も気にせず適当に置きましょう。

本場のレシピでは、白いご飯がオーソドックスですが、もちろん冷ご飯でも雑穀米でも麦飯でもお好みのもので大丈夫です。食器もご飯茶碗やどんぶり、お皿でも何でもお好きな食器に盛りつけてください。

スライスでもブロックでもOK

Photo bysharonang

チャーシューは、市販のものでも手作りの物でもどちらでも美味しく作れます。最近ではスーパーだけで無く、コンビニにもチャーシューが売られているので、すぐにでも簡単に作りたい!という方は市販の物を使うのがおすすめです。

厚めにスライスすれば、ボリューム満点で食べ応え抜群ですし、反対に細かくカットすれば小さな子供にも食べやすくなります。

Photo by Shannon Clark

また、見た目にインパクトをおきたいという方は、ぜひ切らずにブロックのまま盛り付けてください。ブロックのままだと少し食べにくいのが難点ですが、包丁を使わないので洗い物が減り、時短にもなるので忙しい方にもおすすめです。

2:タレを適量かける

Photo byRepublica

タレは、市販の焼き鳥のタレなどでも代用可能です。また、市販のタレも無いときには、家にある調味料で手軽に作ることもできます。

醤油・みりん・お酒を同じ割合で鍋に入れ、生姜とにんにくも入れ煮詰めたあと、砂糖と塩でお好みの味に調整したらタレの完成です。

また、本場の店舗などで販売されている「焼豚玉子飯」のタレを使うと、より本格的な味に近づきます。本場のタレを手に入れることが出来たら、ぜひお試しください。

3:目玉焼きを焼く

Photo byrishigarfield

目玉焼きを2つ焼きます。こちらも卵の数はお好みで構いません。また、目玉焼きは調べなくても作れるという方も多いかと思いますが、せっかくなら本場今治で食べるようなトロトロの半熟目玉焼きを乗せてみてはいかがでしょうか。

レシピは非常に簡単で、油を多めにひいたフライパンに卵を入れ、フタなどはせず白身だけに火が入るように焼くだけです。黄身を崩して絡めて食べるので、黄身にはなるべく火を通しすぎないようにするのがポイントです。

4:目玉焼きをのせタレをかける

Photo byOriginal_Frank

用意しておいたご飯とチャーシューの上に、完成した目玉焼きを黄身を崩さないように注意しながら盛り付けます。

最後に、目玉焼きの上にタレを掛けたら今治のご当地グルメ「焼豚玉子飯」の完成です。レンゲやスプーンで崩しながら、豪快にお召し上がりください。

今治の人気グルメ17選!名物の焼豚玉子飯からおすすめ海鮮ランチまでのイメージ
今治の人気グルメ17選!名物の焼豚玉子飯からおすすめ海鮮ランチまで
愛媛県の北東側にある今治市は、グルメが溢れている都市です。有名な今治グルメである「焼豚玉子飯」や「今治焼き鳥」などが味わえるお店や、新鮮な海鮮料理や、絶品のスイーツなどが味わえるお店など様々です。1人や家族連れでも気軽に足を運べる人気グルメを紹介していきます。

今治に行ったら焼豚玉子飯にトライ!

Photo by HerryLawford

今回は、最近注目を集めている今治のご当地グルメ「焼豚玉子飯」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

魅力あふれる観光地、愛媛県今治では本場こだわりの焼豚玉子飯を楽しむことができます。また、ご自宅でも簡単に作ることができますので、ぜひ一度今治の人気ご当地グルメ「焼豚玉子飯」を味わってみてください!

sawaeri
ライター

sawaeri

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング