思い立ったらすぐにできる簡単パスタソースを大特集!人気の作り方をご紹介

思い立ったらすぐにできる簡単パスタソースを大特集!人気の作り方をご紹介

炒めるだけ、煮込むだけの簡単レシピの「パスタソース」は、多めに作っておいて冷凍保存できるのも魅力です。定番人気のミートソースやアレンジ多彩なホワイトソース、昔ながらのナポリタンなど、簡単で美味しいパスタソースをご紹介します。作り置きレシピにもおすすめです!

記事の目次

  1. 1.簡単レシピは忙しい人の強い味方!
  2. 2.簡単・人気の定番パスタソースの作り方
  3. 3.簡単・美味しい和風パスタソースの作り方
  4. 4.簡単にパスタソースを作るにはトマト缶が便利
  5. 5.簡単なパスタソースを作って美味しく食べよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

簡単レシピは忙しい人の強い味方!

忙しい日やゆっくりしたい休日に、簡単レシピは大活躍です。サッと作れておうちごはんを豊かにする簡単料理の一つに、パスタがあります。パスタを茹でてソースをかけるだけで簡単に完成するパスタ料理は、料理下手な人にもおすすめのメニューです。

パスタソースを変えれば簡単にパスタの味を変えられるのも、パスタ料理の魅力でしょう。今回はパスタメニューに欠かせない、美味しいパスタソースの簡単レシピをご紹介します。

パスタソースのレシピは多数!お気に入りを見つけよう!

オイル系から和風アレンジまで、簡単なパスタソースのレシピは豊富にあります。ベーシックなオイル系パスタソースなら、ガーリックと鷹の爪でアクセントをつけたペペロンチーノが有名です。トマト系パスタソースではボロネーゼ、日本生まれのナポリタンがあります。

和風アレンジでは、明太子クリームが人気のあるパスタソースでしょう。クリーム系ではカルボナーラも簡単に作ることができる市販のパスタソースが販売されています。その他カレー風味へのアレンジや、パスタソースをコンソメスープで代用した簡単レシピも豊富です。

手作りしたパスタソースは小分けにして冷凍保存できるものもあります。好みのパスタソースは時間に余裕のある時に、多めに作っておいて冷凍しておくと、次に食べる時に簡単に時短が叶うでしょう。

おすすめのパスタの麺を紹介!

パスタは500種以上あり、ロングパスタやショートパスタなど形状や長さ、原材料など多くの違いがあります。美味しいパスタとして有名な2商品を、ここでピックアップしましょう。

Barilla スパゲッティ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

最初に取り上げるのは「Barilla スパゲッティ」です。本場イタリア産のスパゲッティとなります。初心者でも簡単にプリッとした食感とツルツルした舌触りに茹で上がります。濃厚ソースやさっぱり冷製パスタまで、あらゆるパスタソースと相性の良い人気パスタです。

バリラ パスタ スパゲッティ

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

オーマイプレミアム 生パスタ リングイネ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

日本製粉の「オーマイプレミアム 生パスタ リングイネ」は、半生タイプならではのもっちり食感が魅力です。生パスタは茹で時間が短く、簡単にしっとりモチモチのパスタに茹で上がります。

クリーム系のこっくりしたパスタソースと相性が良い、食べ応えのある楕円形のパスタです。本格的なリングイネを簡単に味わえる、日本メーカーの人気商品となっています。

オーマイプレミアム 生パスタ リングイネ

出典: 楽天
楽天

簡単・人気の定番パスタソースの作り方

レストランで出てくる定番人気のパスタソースは、簡単レシピで家庭でも作ることができます。本格的で美味しいパスタソースは冷凍保存も可能です。簡単な作り方と成功のコツを覚えて、多めに作っておくと良いでしょう。

ミートソース

パスタソースの定番である「ミートソース」は、全世代から愛されている定番のソースです。フライパンに材料を加えて煮込むだけの簡単な作り方で、本格的な味が出せるレシピをご紹介します。

材料は合いびき肉200g、玉ねぎ半分、セロリ半分、にんにく1かけ、トマトホール缶1個、赤ワイン100㏄、水100㏄、固形コンソメ1個、ローリエ1枚、ウスターソース大さじ1、その他オリーブオイル、砂糖、塩コショウです。

下準備として玉ねぎとセロリ、にんにくをみじん切りにしておきます。オリーブオイルを熱したフライパンでにんにくを炒め、香りを出しましょう。その後玉ねぎを入れ透明になったら砂糖大さじ1を加え、あめ色になるまで炒めます。

砂糖で玉ねぎがキャラメリゼされたら合いびき肉を加え、色が変わるまで炒めましょう。次にセロリをサッと炒め合わせ、トマトホール缶、水、赤ワインとローリエ、ウスターソース、塩少々を加え、中火で蓋をせずに20~30分煮込みます。

パスタソースの味を塩コショウで整え、簡単ミートソースの完成です。なお手作りした簡単ミートソースは冷凍保存可能のパスタソースとなります。パスタソースが冷めてからジップロックなど密封できる袋へ入れて、簡単に冷凍可能です。

パスタソースを冷凍する場合は、1食分など小分けにしておくと簡単に解凍できるためおすすめでしょう。

ケチャップを使ったナポリタン

ケチャップ味の「ナポリタン」は、日本生まれのパスタ料理です。材料も作り方もシンプルなナポリタンは、昔ながらの味わいが人気となっています。ナポリタンを作ると味が薄くなる人は、ケチャップの使い方を注意して作ってみましょう。

ナポリタン2人前の材料として、ウインナー4本、玉ねぎ半分、ピーマン3個、ケチャップ大さじ7、顆粒コンソメ小さじ1、にんにく1かけ、バター10g、パスタ200g、その他オリーブオイル、塩コショウ、粉チーズとなります。パスタは1.6㎜ほどの太めがおすすめです。

下処理としてウインナーは斜め薄切り、玉ねぎはくし形切り、ピーマンは細切りにしておきます。その後、湯を沸かしパスタを表示時間より1分ほど短めに茹で、オリーブオイルを大さじ1を絡めておきましょう。(パスタ同士がくっつくのを防ぐためです。)

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、香りが立ったら玉ねぎをしんなりするまで炒めます。ウインナー・ピーマンを入れ、3分ほど炒め合わせ軽く塩コショウして、具材をフライパンの片方へ寄せましょう。

フライパンの空いた部分へケチャップを入れ、しばらく炒めて水分を飛ばします。ケチャップの色が濃くなり、フライパンに少しこびりつくまで炒めるのがポイントです。ケチャップの水分を良く飛ばすことで、はっきりした味のナポリタンに仕上がります。

ケチャップをしっかり炒めたら、具材全体に合わせましょう。パスタとバター、顆粒コンソメを加え、全体を良く炒め合わせます。塩コショウで味を調え、皿に盛りつけて粉チーズを振ればナポリタンの完成です。

ホワイトソース

小麦粉とバター、牛乳で作る「ホワイトソース」は、クリーム系パスタに欠かせない人気のソースです。ダマになりやすい理由から手作りを敬遠されがちなソースの一つでもあります。コツを押さえれば、意外に簡単なホワイトソースの作り方をご紹介しましょう。

材料は薄力粉50g、バター50g、牛乳500ml、顆粒コンソメ小さじ1、その他塩コショウ、ナツメグです。薄力粉とバター、牛乳の割合が1:1:10であるのが、美味しいホワイトソースの分量の基本となります。

鍋にバターを入れ、半分ほど溶けたら薄力粉を加え弱火で5分ほど炒めましょう。ルーが白っぽくなりサラリとするまで、始終弱火で炒めるのがポイントです。一旦鍋を火からおろしルーの粗熱を取ります。

冷めたルーに人肌に温めた牛乳を少しずつ加え、泡だて器で良く混ぜ合わせましょう。ルーと牛乳に温度差があると、滑らかなホワイトソースに仕上がります。また、ダマになりにくいので覚えておきましょう。

再び鍋を弱火にかけ、ふつふつ沸騰してトロミがついたら塩コショウ、顆粒コンソメ小さじ1で味を整えます。ナツメグで香りをつければ煮込むだけの簡単ホワイトソースの完成です。始終弱火というコツを押さえれば、焦げ付きもなく簡単にホワイトソースが作れるでしょう。

またホワイトソースはジップロックなどで小分けにして、冷凍保存が可能です。簡単手順ですが丁寧に作りたいホワイトソースは、時間のある時に多めに作って冷凍しておきましょう。パスタソース以外に、グラタンやシチュー、煮込み料理など、様々な料理へ簡単にアレンジできます。

明太子パスタソース

和風パスタでお馴染みの「明太子パスタソース」は、市販パスタソースも多く販売されている人気の味です。ピリッと甘辛い明太子と濃厚なバターが美味しいパスタソースは、明太子ひと腹あれば簡単に作れます。

明太子の下処理さえ行えば、フライパン一つで完成する美味しいパスタソースの簡単レシピです。1人前の材料は、明太子ひと腹、バター20g、パスタ100g、その他刻み海苔もしくは大葉となります。

まず明太子の下処理として皮を取り除きましょう。包丁の先で明太子に切れ目を入れ、スプーンで中身を取り出します。次にパスタを表示時間より1分程短めに茹で、ザルで湯を切っておきましょう。この時、パスタの茹で汁は捨てずに取っておきます。

フライパンにパスタの茹で汁お玉1杯とバターを加え、パスタソースを作っていきましょう。茹で汁とバターが良く馴染んだら、火を止めてから茹でたパスタとほぐした明太子の中身を加え、良く混ぜ合わせます。

火が入ると明太子は固くなるので、火を止めてから加えるのが滑らかなパスタソースに仕上がるコツです。皿に盛り付け、刻み海苔や刻んだ大葉をトッピングすれば、簡単明太子パスタソースの完成となります。

先ほど紹介したホワイトソースを使って簡単にアレンジも可能です。クリーム系の明太子パスタソースの作り方は、パスタの茹で汁の代わりにホワイトソースお玉1杯使います。その他レシピは同じで、簡単にクリーム明太子パスタソースの完成です。

簡単・美味しい和風パスタソースの作り方

イタリアのパスタを日本流にアレンジしたのが和風パスタです。今では本場の人も好んで食べる和風パスタで使われる「和風パスタソース」は、ヘルシーで美味しい人気のパスタソースとなっています。様々な食材と相性の良い、和風パスタソースの簡単レシピをご紹介します。

おすすめの和風パスタソース

香ばしいにんにくとバター、焦げた醤油が、和洋どちらとも相性抜群の「にんにくバター醤油のパスタソース」の簡単レシピをご紹介します。パスタソース1人前として準備するのはにんにく1かけ、バター20g、醤油大さじ2、その他みりんと砂糖です。

きのこパスタなら、しめじやエリンギ、舞茸などにベーコン、パスタ100gなどがおすすめの分量です。簡単な和風パスタソースの作り方は、フライパンでバターを溶かしてスライスしたにんにくを炒めます。

にんにくの香りが立ってから具材を炒め、茹でたパスタを入れて全体にバターとにんにくの香りをつけましょう。その後醤油をフライパンのふちに沿って回し入れ、パスタソースに醤油の香ばしさを出します。みりん・砂糖で甘さを足せば、簡単和風パスタソースの完成です。

焦がし醤油の風味が香ばしい簡単和風パスタソースは、きのこや小松菜、納豆など、様々な和の食材と合わせられます。ベーコンやコーン、魚介など、合わせる食材によって簡単に味を変えられるパスタソースです。

簡単にパスタソースを作るにはトマト缶が便利

トマト味のパスタソースを簡単に作るには、トマト缶を使うのがおすすめです。トマト缶はホールトマトとカットトマトの2種類があり、どちらも過熱して美味しいトマトを使っています。またトマト缶はトマトの水煮なので、味付けされていないのが特徴です。

パスタソースとして他の食材と合わせやすく、トマトが柔らかく煮込まれているため簡単にジューシーな味が出せます。酸味と旨味を簡単に出せるホールトマトは、握り潰してから使うのがポイントです。食感を残したカットトマトは、そのまま使える簡単で便利なトマト缶となります。

カルディの絶品パスタソース特集!おすすめ商品のアレンジレシピもご紹介のイメージ
カルディの絶品パスタソース特集!おすすめ商品のアレンジレシピもご紹介
手を出すとハマる危険な輸入食品がたっぷり潜んでいるカルディは、パスタソースもかなり美味しいと評判です。パスタはソースで味が決まると言っても過言ではありません。安くて美味しいパスタソースがあると聞けば、もうカルディへ行くしかないでしょう!
イタリアでの正しいパスタの食べ方・マナーを調査!スプーンを使わないって本当?のイメージ
イタリアでの正しいパスタの食べ方・マナーを調査!スプーンを使わないって本当?
パスタの食べ方に自信がある人はどれだけいるでしょう。フォークとスプーンの扱い方が上手い、それではエレガントな食べ方とは言えません。パスタは種類に応じて食べ方が違います。日本流のマナーではなく、本場のマナーを覚えてワンランク上のレディになりましょう!

簡単なパスタソースを作って美味しく食べよう!

手作りパスタソースは難易度が高いと感じる人も、フライパンや鍋一つで煮込むだけ、炒めるだけの簡単レシピに挑戦意欲が湧いたことでしょう。ほぼケチャップで仕上げるナポリタンは、簡単なテクニックで本格的な味に仕上がります。

簡単な作り方、美味しいパスタソースを使って、おひとり様ランチやおうちごはんを豊かにしましょう!

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

バリラ パスタ スパゲッティ

サイトを見る

オーマイプレミアム 生パスタ リングイネ

サイトを見る
noko dtk
ライター

noko dtk

食べることが大好きでグルメ系の記事を書いています。レストランや居酒屋などの飲食系やスイーツ、自宅で楽しむグルメも。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング