池袋・開楽本店名物「ジャンボ餃子」を堪能しよう!溢れる肉汁に舌鼓♡

池袋・開楽本店名物「ジャンボ餃子」を堪能しよう!溢れる肉汁に舌鼓♡

池袋の開楽本店名物「ジャンボ餃子」についてご紹介します。池袋開楽名物のジャンボ餃子は、その名の通りジャンボなサイズの餃子です。一口噛んだ瞬間に溢れ出す肉汁は、一度食べればクセになること間違いなしです。ぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.池袋の開楽 本店のジャンボ餃子は驚愕の大きさ!
  2. 2.池袋 開楽 本店ってどんなお店?
  3. 3.池袋・開楽 本店の餃子へのこだわり
  4. 4.池袋・開楽 本店の餃子はお持ち帰りもできる
  5. 5.ジューシーで美味しい池袋の開楽 本店の餃子!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

池袋の開楽 本店のジャンボ餃子は驚愕の大きさ!

池袋にある開楽本店は、1954年に創業した中華料理店です。池袋の開楽本店では初代社長が考えたというジャンボ餃子が有名です。池袋の開楽名物ジャンボ餃子は、パリッとした皮に肉汁が溢れ出るほどジューシーな餡が魅力です。

池袋の開楽名物ジャンボ餃子は、ご飯にもビールにも合います。この記事では池袋の開楽の名物ジャンボ餃子についてご紹介します。池袋へ行った際はぜひ開楽へ立ち寄ってみてください。餃子好きもそうでない方もきっとクセになること間違いなしの名物餃子です。

池袋 開楽 本店ってどんなお店?

池袋にある開楽とはどのようなお店でしょうか。まずは名物ジャンボ餃子が有名な池袋の開楽の魅力についてご紹介します。池袋の開楽本店へ行く際はぜひ参考にしてみてください。

1954年に創業したジャンボ餃子が名物の中華料理店

ジャンボ餃子で有名な開楽は、池袋が本店です。開楽は、1954年に池袋東口に中華料理屋として創業して以来多くの人に愛されてきました。池袋が本店の開楽は中華料理店ですので、名物ジャンボ餃子の他にもたくさんの美味しい料理があります。

開楽の「東京醤油ラーメン」は、さっぱりとした醤油の旨みが感じられるラーメンです。ほかにもラーメンメニューとして「タンメン」や「味噌ラーメン」があります。ランチ時に嬉しい定食や、がっつり食べたい人におすすめの丼もあります。

他店との差別化を図るために生まれたジャンボ餃子

1954年当時、池袋東口に開業した開楽のまわりにはラーメン屋がたくさんありました。社長はほかのラーメン屋や中華料理店に埋もれてしまわないようにと名物ジャンボ餃子を生み出しました。開楽池袋本店の名物ジャンボ餃子は現在でもインパクトがあります。

池袋に本店を構える開楽の名物ジャンボ餃子は、着色料や安定剤、保存料などを使わず作られています。開楽の名物ジャンボ餃子は、健康にもよく旨みもたっぷりです。その安心さは赤ちゃんのご飯にしてもいいほどだといわれています。

東京の餃子のおすすめ名店23選!こだわりの専門店や穴場店も!のイメージ
東京の餃子のおすすめ名店23選!こだわりの専門店や穴場店も!
日本の首都・東京には豊富なグルメが集まっています。そのグルメの中でも今回取り上げるのは、庶民的にも本格的にもなる餃子です。家庭で作る餃子はもちろん美味しいですが、東京の一流店の餃子も絶品です。餃子好きにはたまらない情報をお届けします。
浅草でうまい餃子が食べたい!老舗専門店から穴場店までご紹介!のイメージ
浅草でうまい餃子が食べたい!老舗専門店から穴場店までご紹介!
下町情緒溢れる浅草で最高にうまい餃子を堪能できるのをご存知ですか。浅草では焼き餃子だけでなく様々な種類の餃子を味わうことができます。浅草でうまい餃子を味わいたいときはぜひ参考にしてください。浅草で食べられるうまい餃子を老舗専門店から穴場店までご紹介します。

池袋・開楽 本店の餃子へのこだわり

ここからは池袋に本店をかまえる開楽の餃子へのこだわりについてご紹介します。外はパリッと中はジューシーにこだわった開楽の名物ジャンボ餃子は、細かいところにもこだわっているからこそ名物になったのです。

池袋の開楽本店の名物ジャンボ餃子は、皮から餡まで、そして餡の具材にわたるまでこだわっています。池袋の開楽へ立ち寄る際はぜひ参考にしてみてください。

その日に挽いてもらう特別な「上ひき肉」

Photo byPexels

池袋の開楽本店の名物ジャンボ餃子の餡には、その日に挽いたばかりの上ひき肉を使用しています。挽きたての上ひき肉は新鮮でジューシーさには欠かせません。挽きたての上ひき肉は、ジャンボ餃子の食べ応えの主役ともいえます。

池袋の開楽本店名物ジャンボ餃子には化学調味料や保存料、着色料といったものが使用されていません。安心・安全な開楽のジャンボ餃子を離乳食に食べて育った子もいるほどです。池袋本店の開楽の名物餃子は、子どもはもちろん大人が食べても大満足の品です。

Photo bymoerschy

開楽池袋本店では、餃子専門の工房で皮や餡の仕込み、包みまでのすべての工程を同じく池袋にある餃子専門の工房で手作りしています。上ひき肉は、挽きの粗さや脂の量といった細かい部分にもこだわり美味しさを追求しています。

上ひき肉は国産に豚ひき肉を使用しています。ボリュームたっぷりで安心・安全に食べられる開楽池袋本店の名物餃子は、小さなお子さんはもちろん大人にもおすすめの餃子です。

野菜は季節などによって調整しながら配合

Photo by yto

池袋に本店をかまえる開楽のジャンボ餃子の餡に使われるのは、国産豚を使用した挽きたての上ひき肉、ニラ、キャベツ、にんにくといったシンプルな具材です。なかでも野菜は個体差があり、さらに季節によって水分量などが変わるため、シーズンごとに調整しています。

開楽池袋本店の餃子には、たっぷりと野菜が入っています。噛んだ瞬間口の中に広がる野菜の甘みが食欲をかきたてます。野菜をふんだんに使うことによって、脂っこさもなく胃もたれしづらいのも魅力です。

皮の厚みも日によってわずかに変える

Photo bypiviso

開楽池袋本店の餃子へのこだわりは餡だけではありません。開楽の厚いぷりっとした皮を再現するため、開楽池袋本店では日によって皮の厚みも若干変えています。これはその日の野菜の水分量や餡の出来に関係しています。

開楽池袋本店では、もちもちとしつつもパリッと感を再現するため、そして美味しいといわれる餃子を追求するため皮にもこだわり尽くしています。開楽の餃子からは、小麦の優しい甘みと香りを感じることができます。

Photo byquinntheislander

餃子の皮とは思えないほど小麦の旨みを感じることができる皮からは、開楽のこだわりを感じることができるでしょう。すべて手包みされる開楽池袋本店の名物ジャンボ餃子は、いつ食べに行っても安定した美味しさを楽しめます。

お湯で茹でてから焼く

Photo by Skakerman (Archive)

生地の段階からこだわり尽くされている開楽の名物ジャンボ餃子は、焼き方にもこだわりが隠れています。開楽池袋本店では、ジャンボ餃子が半分浸かるほどのお湯で餃子を5分から6分ほど茹でてから焼き上げます。先に茹でることで餡にしっかりと火が通るのです。

開楽池袋本店の皮は、ほかの餃子と比べて皮が厚めに感じるかもしれません。これは、皮が破けてジューシーな肉汁や野菜の甘みが詰まったスープを逃さないようにするためです。開楽池袋本店の皮は、美味しいを計算し尽くして作られているのです。

Photo by indi.ca

池袋に本店をかまえる開楽の餃子はお持ち帰りもあります。美味しい餃子を持ち帰った際も、先に熱湯で茹でてから焼き上げることで開楽の美味しい餃子を再現できます。焼き上げる際は厚手の鉄鍋を使うことで開楽の味に近くなるようです。

池袋・開楽 本店の餃子はお持ち帰りもできる

開楽池袋本店の名物ジャンボ餃子はお持ち帰りもできます。店舗はもちろん持ち帰りも大人気の開楽池袋本店では、常に鉄板がフル活動しているほどです。ここからは開楽池袋本店の美味しい名物餃子の持ち帰り情報についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

お土産ジャンボ餃子

開楽池袋本店の名物ジャンボ餃子は、焼き餃子と生餃子の2種類で持ち帰ることができます。焼き餃子はお店で焼かれたもの、生餃子は焼き上げる前のものです。すぐに食べる場合は焼き餃子、しばらく時間がかかったり焼き立てを食べたい場合は生餃子がおすすめです。

開楽池袋本店の焼き餃子は、注文が入ってから焼き上げられます。開楽池袋本店は美味しいと話題の人気店ですので、ランチ時やディナー時には行列ができることもあります。

お持ち帰りの場合は、開楽池袋本店の入り口から向かって右側にあるお持ち帰り専用カウンターに並びましょう。店内へ続く行列とは別になっているので、時間がない方や行列が苦手な方も開楽池袋本店の美味しい餃子を味わえるようになっています。

開楽池袋本店の焼き餃子は5個入りで750円、生餃子は720円です。開楽池袋本店で大人気の豆板醤もお持ち帰りできます。餃子につけて食べれば、ぴりっとした辛みのおかげで食欲が進みます。お持ち帰り豆板醤の価格は170円です。

お持ち帰り餃子にはタレもついています。開楽池袋本店の餃子は、人気の豆板醤で食べるもよし、付属のタレで食べるもよしです。開楽餃子の素材の味を楽しみたい方は、酢胡椒で食べるのもおすすめです。

開楽の味を自宅でも再現する場合は、お店と同じように先に熱湯で茹でてから焼き上げるようにしましょう。焼き上げに使うのは鉄鍋やスキレット、すき焼き鍋などがおすすめです。焼き上げるときは中火で焼き上げるとうまくいくようです。

お取り寄せも可能

開楽の餃子はお持ち帰りだけではなく、取り寄せることもできます。お店まで行けない人や、定期的に食べたい人にはお取り寄せがおすすめです。価格は1パックに名物ジャンボ餃子が5個入って720円です。ホームページからお取り寄せ注文ができます。

生餃子はクール宅急便で全国に発送してくれます。ホームページから必要事項を記入して注文するようにしましょう。メールでの注文は着払い、送料や代引き手数料も負担する必要があります。電話やFAXを使って注文する場合、送料や振り込み手数料を負担する必要があります。

Photo by Dr.Colossus

全国発送が可能ですが、送料については発送先によって変わります。注文時に担当者から連絡がありますので、しっかりと確認しておきましょう。ホームページから配送先の料金が書かれた画像をダウンロードすることもできます。

ジューシーで美味しい池袋の開楽 本店の餃子!

池袋に本店をかまえる開楽の餃子にはこだわりがたくさん詰まっています。保存料や着色料などを使っていないので、小さなお子さんはもちろん大人まで安心して美味しく食べることができます。店舗が近くにない場合はお取り寄せを利用することもできます。ぜひ一度は食べてみてください。

miku
ライター

miku

好きな食べ物は生肉です!思い出に残るとっておきの場所をたくさん紹介していきます。みなさんの参考になれば幸いです!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング