千葉のソウルフード・ホワイト餃子を高島平で食べよう!噂の人気メニューとは

千葉のソウルフード・ホワイト餃子を高島平で食べよう!噂の人気メニューとは

千葉県民のソウルフードであるホワイト餃子は東京都の高島平で食べることができます。高島平では、ホワイト餃子の他にも最高に美味しいと噂のあるメニューもあります。今回はホワイト餃子高島平店のおすすめのメニューなどについて紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.ホワイト餃子は1日2万個売れる千葉のご当地グルメ
  2. 2.ホワイト餃子は高島平でも食べられる!
  3. 3.ホワイト餃子高島平店の人気メニューを紹介
  4. 4.ホワイト餃子高島平店・噂の人気メニューって?
  5. 5.ホワイト餃子高島平店・餃子持ち帰り時の注意点
  6. 6.ホワイト餃子高島平店で千葉のソウルフードを味わおう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ホワイト餃子は1日2万個売れる千葉のご当地グルメ

Photo by くーさん

ホワイト餃子とは、千葉県の野田市が発祥の分厚い皮とたっぷりの具材が人気の俵型をしている餃子です。病みつきになるほど絶品のホワイト餃子を求めて、本店には連日多くの人が訪れています。

1人の人が1度に200個・300個などの餃子を持ち帰りすることもあり、冷蔵庫にホワイト餃子が常備されている家庭も多数あります。ホワイト餃子本店では、多いときには1日に2万個以上売れることもある千葉のご当地グルメです。

本店では9:00から餃子の販売をしていますが、1時間ほどで売り切れてしまうこともあります。本店以外にも支店はあり、本店で修業を積んだ人のみが暖簾分けを許されています。

ホワイト餃子は関東圏中心に店舗を展開

Photo bymasterd

ホワイト餃子は、関東地方を中心に展開をしています。2020年4月現在、北海道・東北地方は宮城県に1店舗、関東地方は16店舗、中部・関西地方は5店舗、中国・四国地方は広島県に1店舗、九州地方は佐賀県に1店舗鹿児島に1店舗あります。

皮の厚いホワイト餃子がもっちり美味しい

Photo by くーさん

餃子は通常であれば、薄く伸ばした皮に餡が包んであるのが一般的ですが、ホワイト餃子の皮は肉まんのように厚くパリパリしており、モチモチした食感が魅力の千葉県のソウルフードです。

ホワイト餃子は千葉県民のソウルフード!皮が美味しいと評判のワケとはのイメージ
ホワイト餃子は千葉県民のソウルフード!皮が美味しいと評判のワケとは
千葉県民のソウルフードとも呼ばれる、ホワイト餃子をご存知でしょうか。ホワイト餃子は、大量の油で揚げ焼にされる、コロンとしたフォルムが特徴の餃子です。ホワイト餃子は、厳選された材料で作られる手作りの餃子です。ホワイト餃子について、詳しくご紹介します。

ホワイト餃子は高島平でも食べられる!

関東を中心にお店を展開しているホワイト餃子は、千葉県の野田市発祥で、千葉県民のソウルフードとなっています。店舗数は少ないですがホワイト餃子は、東京都の板橋区にあるホワイト餃子高島平店でも食べることができます。

ホワイト餃子高島平店は、都営三田線の高島平駅から歩いて10分ほどのところにあります。高島平駅の西口を出て道路を渡ります。道路を渡ると高島平駅を背にして左に進み、そうごう薬局高島平店を通り過ぎたところにある曲がり角を右に曲がります。

右に曲がってそのまま直進を続けると、ホワイト餃子高島平店に到着します。高島平店は、黒のテーブルを基調としておりカジュアルで落ち着くアットホームな雰囲気が漂うお店です。

営業時間は、平日は12:00から14:00ラストオーダーと、17:00から21:00(ラストオーダー20:45)の2部制です。土日・祝日は昼が11:30から15:00(ラストオーダー14:45)と17:00から21:00(ラストオーダー20:45)です。定休日は毎週木曜日と年末年始です。

また、ホワイト餃子高島平店には専用の駐車場があります。3台駐車することができますので、アルコールを飲まない人は車でアクセスすることもできます。3台しか駐車できませんので、高島平店の駐車場が満車の場合は近くのコインパーキングを利用しましょう。

ホワイト餃子高島平店は混雑してる?

ホワイト餃子高島平店は、全部で30席あります。4人掛けのテーブル席が5卓・2人掛けのテーブル席が5卓あります。夕ご飯の時間帯などは多くのお客さんで混雑していることがあります。

ホワイト餃子高島平店の口コミの中には、混雑がすごかったから諦めたや、高島平店にようやく行くことができたなどの口コミもあり人気店であることが分かります。しかし、口コミの中には20分程度の待ち時間で入ることができるなどの情報もあります。

高島平店では雨の日などには、少し時間をずらして入店をすれば、待ち時間なく席に座ることもできます。千葉県のソウルフードとして人気のホワイト餃子が食べられることや、大学が近くにあることから学生の人たちも多いため、念のため予約をしておくことをおすすめします。

大学が近くにある高島平店は、学生のお客さんが多いですが大学が夏休みなどで休みの期間中は混雑が少ないと口コミにもありますので、高島平店を訪れたい場合は学生が休みの期間中が穴場のねらい目になっています。

ホワイト餃子高島平店の人気メニューを紹介

続いては、ホワイト餃子高島平店の人気メニューを紹介していきます。高島平店は、定食屋のようなお店であるため、とん汁・餃子スープ・野菜スープなどのメニューが豊富に揃えてあり、また高島平店はコスパも抜群と人気があります。

ライスも大盛・並・半ライスなどがあり、たくさんのコスパ抜群のメニューの中から、ホワイト餃子高島平店で特に人気のメニューを2つ紹介していきます。

焼き餃子

ホワイト餃子高島平店おすすめメニュー1つ目は、千葉県民のソウルフードであるホワイト餃子の焼き餃子です。高島平の焼き餃子は、美味しい餃子を作るためにすべて手作りにこだわっています。

高島平店の焼き餃子は、8個入り480円(税込み)とリーズナブルな価格で提供されており、ホワイト餃子本店の味を受け継いでいます。分厚い皮と中に詰められたたっぷりの具材がジューシーで病みつきになると評判です。

皮が厚めで肉汁が中に閉じ込められているため、具材そのものの味を味わうことができます。また、ホワイト餃子のファンの人の中には、餃子をとん汁にひたして食べる人もいます。

旨味が凝縮されたホワイト餃子を、とん汁に浸けて食べることでまた違う味わいを楽しむことができるようになっています。

餃子スープ

ホワイト餃子高島平店2つ目のおすすめメニューは、コクのある醤油の風味が豊かな餃子スープです。高島平店の餃子スープーは1皿592円(税込み)で提供されています。

餃子スープは、醤油風味のスープの中に水餃子が3つほど入っています。通常の焼き餃子や水餃子とはまた違う食感と味を楽しむことができる1品となっています。

ホワイト餃子高島平店・噂の人気メニューって?

ホワイト餃子高島平店には、餃子の他にも美味しくて何度でも食べたくなると、評判の噂の人気メニューが高島平店にはあります。ホワイト餃子高島平店の噂の人気メニューについて見ていきましょう。

もやしが最高に美味しい!

ホワイト餃子高島平店の噂の人気メニューは、もやしです。ごま油の香りが漂うもやしが最高に美味しいと評判です。山のように盛られたもやしは、見た目のインパクトも抜群です。もやしは410円(税込み)とコストパフォーマンスも抜群です。

ごま油でしっかりと焼かれたもやしは、味がしっかりとついておりビールとの相性が抜群で、何杯でもビールを飲むことができると口コミでも高い評価を得ています。もやし・ホワイト餃子・ビールを合わせて頼む人が多いほど高島平店では定番メニューです。

もやしはお持ち帰りも可能

ビール・餃子との相性が抜群のホワイト餃子高島平店のもやしは持ち帰りをすることができます。持ち帰りを希望する場合は、店員さんに持ち帰りでと伝えると用意をしてくれます。

最高に美味しいと評判のホワイト餃子高島平店のもやしを、自宅でもビールや焼酎などのおつまみとして寛ぎながら堪能することができます。もやしを持ち帰りするためにホワイト餃子高島平店へと足を運ぶ常連さんも大勢います。

ホワイト餃子高島平店・餃子持ち帰り時の注意点

ホワイト餃子高島平店では、人気メニューのもやしだけでなく餃子も持ち帰りをすることができます。持ち帰りをする際にはいくつかの注意点があります。

ホワイト餃子高島平店の餃子を持ち帰る際の注意点と、持ち帰ったあとの保存方法などについて紹介していきます。

2時間以内に冷凍保存をしよう

ホワイト餃子高島平店で餃子の持ち帰りをする場合、高島平店で焼いてもらった状態で持ち帰ることができる焼き餃子・焼き餃子用の生餃子・水餃子の3種類があります。

高島平店で焼いてもらった状態で持ち帰りをする焼き餃子は10個から持ち帰りが可能です。冷凍保存ができることから1度にたくさんの餃子を持ち帰りする人もいます。焼き餃子用の生餃子と水餃子用の生餃子は20個から持ち帰りすることができます。

持ち帰った餃子は、夏場は1時間以内・冬場は2時間以内に包装紙で包んだ状態で冷凍保存をするようにしましょう。餃子は通信販売も行っていますが、通信販売で取り寄せた餃子を保存する際も同じように冷凍保存をするようにしましょう。

3日間以上保存する時の保存方法

Photo by cinz

ホワイト餃子高島平店では、餃子を一度に300個まで持ち帰りをすることができます。たくさんの量を持ち帰りして3日以上保存をする際には、包装紙のままではなくラップやZipロック・ビニール袋など密封できるものに入れて保存をするようにしましょう。

保存方法をしっかりと守って冷凍保存をしていれば、3か月間は保存をすることができます。また、ホワイト餃子には大豆加工品・塩・海老・乳製品が具材に入っているほか、皮に小麦が含まれていますので、アレルギーのある方はご注意ください。

ホワイト餃子高島平店で千葉のソウルフードを味わおう

Photo by kavaomenthol

千葉県民のソウルフードホワイト餃子と、東京でホワイト餃子を食べることができるホワイト餃子高島平店について紹介をしてきました。

皮が分厚くでジューシーなホワイト餃子に病みつきになる人が大勢います。ホワイト餃子高島平店で、千葉県の絶品ソウルフードを堪能しましょう。

mi-sa0380
ライター

mi-sa0380

旅行が大好きです。日本の名所から世界遺産巡りなど歴史を感じることができる場所が好きです。観光に行くとご当地グルメを食べ歩いたりカフェ巡りをしています。動物も好きなので、動物園や水族館に行ったり、犬カフェや猫カフェに行って、可愛い動物に癒されています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング