みんみんの餃子は焼いても揚げても美味しいと評判!ヤキ・スイ・アゲって何?

みんみんの餃子は焼いても揚げても美味しいと評判!ヤキ・スイ・アゲって何?

餃子の激戦区、宇都宮にある「餃子 宇都宮みんみん」をご存じでしょうか。焼いても揚げても美味しいと評判の餃子を食べることが出来るお店です。今回はそんな人気の餃子店「餃子 宇都宮みんみん」についてご紹介をします。ぜひ絶品の餃子を味わってみてはいかがでしょうか。

    記事の目次

    1. 1.「餃子 宇都宮みんみん」の餃子は具材がたっぷり!
    2. 2.餃子 宇都宮みんみんってどんなお店?
    3. 3.餃子 宇都宮みんみんの人気メニュー
    4. 4.餃子 宇都宮みんみんの餃子の食べ方
    5. 5.「宇都宮みんみん」の餃子は万人に愛される味!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    「餃子 宇都宮みんみん」の餃子は具材がたっぷり!

    フリー写真素材ぱくたそ

    「餃子 宇都宮みんみん」は人気の餃子店です。「みんみん」の餃子は具材もたくさん入っており、食べ応えがあります。餃子の街とも言われている栃木県の宇都宮市には、200店舗以上の餃子店があると言われています。その中で、「餃子 宇都宮みんみん」はとても有名なお店です。

    餃子 宇都宮みんみんってどんなお店?

    宇都宮市の中でも人気の「餃子 宇都宮みんみん」について詳しくご紹介します。「餃子 宇都宮みんみん」は、餃子の街とも呼ばれており、餃子の激戦区の宇都宮市の中で、常に人気のあるお店です。

    昭和三十三年に宇都宮に開店した餃子専門店

    「餃子 宇都宮みんみん」は、昭和33年に創業されました。創業して60年を超える老舗の餃子店です。「餃子 宇都宮みんみん」の創業者は中国、北京に在住している時に現地の方から餃子の作り方を教わりました。その教わった餃子に改良や工夫を重ね、現在のみんみんの餃子が出来上がりました。

    栃木県内に本店・支店合計9店舗

    宇都宮で人気の餃子店「餃子 宇都宮みんみん」は、栃木県内に9店舗あります。みんみんの本店は、宇都宮市馬場通りにあります。特に人気の店舗で一度は訪れてみたいという方も多いのではないでしょうか。

    「餃子 宇都宮みんみん」の本店の営業時間は11時30分から20時までです。オーダーストップが20時です。店休日は、毎月変わりますので公式ホームページにて確認が必要です。

    「餃子 宇都宮みんみん」の支店は、栃木県内に8店舗あります。なかでもステーションバル店は、「餃子 宇都宮みんみん」の他の店舗とは違って、餃子以外のメニューもあり、お酒と一緒に楽しむことが出来ます。

    宇都宮で最も有名なお店のひとつ

    栃木県内に9店舗以上のお店を構える「餃子 宇都宮みんみん」は、宇都宮で最も有名なお店のひとつです。「餃子 宇都宮みんみん」はどの店舗でも、行列が出来て、待ち時間が発生することもあります。特に「餃子 宇都宮みんみん」の本店は人気の店舗です。

    待ち時間は曜日や時間帯、季節により異なり、20分から30分の待ち時間がほとんどです。みんみんではランチタイムや休みの日は行列ができ、ゴールデンウィークなどの連休は、2時間以上の待たなくてはならないこともあります。お持ち帰りも出来ますので、時間がない時におすすめです。

    お土産専用店舗も

    「餃子 宇都宮みんみん」では、お土産専門の店舗もあります。お土産として購入することが出来るみんみんの冷凍餃子は、お店で作った生餃子をそのまま冷凍しています。家庭で焼餃子はもちろん、水餃子や揚餃子として食べることが出来ます。

    お好みの食べ方をすることが出来ますので、お土産としてもおすすめです。「餃子 宇都宮みんみん」では、発泡スチロールの保冷箱とドライアイスでのお持ち帰りを推奨しています。季節や持ち帰る日の気温で変化しますが、保冷箱とドライアイスを利用することで2時間程度、持ち運ぶことが出来ます。

    Photo by jetalone

    みんみんの美味しい餃子を味わうためにも、購入後は出来るだけ早く冷凍庫へ入れるようにしましょう。みんみんのお土産用の冷凍生餃子の賞味期限は、製造日から30日間です。箱に印字してありますので、確認して賞味期限内に美味しい餃子を味わうようにしましょう。

    冷凍生餃子以外にも、焼餃子と揚餃子をお持ち帰りすることが出来ます。「餃子 宇都宮みんみん」では来店する前に、電話で注文をしておくとスムーズに購入することが出来ます。持ち帰った調理済みの焼餃子と揚げ餃子の賞味期限は、当日になりますので、購入したその日に食べましょう。

    「餃子 宇都宮みんみん」のお持ち帰りした冷凍生餃子を美味しく食べるためのポイントをご紹介します。冷凍したお肉やお魚は解凍してから使いますが、「餃子 宇都宮みんみん」の餃子は解凍せずに調理を行います。解凍をしてしまうと水分が出ていまい、皮がベタベタになります。

    せっかくの餃子が台無しになってしまわないよう、解凍せずに調理をすることが「餃子 宇都宮みんみん」の冷凍生餃子を美味しく味わうポイントです。みんみんの冷凍餃子を焼餃子で食べる場合、十分に温めたフライパンに油を引き、解凍せず凍ったまま並べます。

    Photo by Kimtaro

    お湯を注ぎ、水分が無くなるまで焼きます。お湯の量が少ないと生焼けになってしまったり、皮が固くなってしまうことがあるので注意が必要になります。サラダ油を使用するとさっぱりと、ごま油を使用するとコクがあり味わい深くなります。

    使用する油を変えるだけでも、味の変化を楽しむことが出来ます。水餃子ももちろん、凍ったまま調理します。沸騰したお湯の中に、凍ったままの生餃子を入れて、皮が透明になるまで4分から6分茹でます。もちもちとした餃子は焼餃子とまた違った味わいを楽しむことが出来ます。

    Photo by oonnuuoo

    お鍋の大きさや火加減で茹で時間は変化します。餃子がお湯の中で膨らむと茹で上がったサインです。揚餃子は、160度に熱した油に凍ったままの餃子を入れ、きつね色に変わるまで揚げます。凍ったままの餃子を入れるため、温度が下がらないように一気にたくさんの餃子を入れないようにしましょう。

    こんがりときつね色に揚がったら、良く油を切ってから頂いてください。「餃子 宇都宮みんみん」の揚餃子は、そのままでもタレにつけても美味しいです。「餃子 宇都宮みんみん」では、ヤマト運輸のクール便にて配達も可能です。公式ホームページや電話、メールで申し込むことが出来ます。

    Photo by inazakira

    お土産として贈る場合、餃子と一緒に手紙やカードの同封してくれます。また、贈答用にのしを付けてくれるサービスもあります。商品の発送後はキャンセルできませんので、注意が必要です。

    餃子 宇都宮みんみんの人気メニュー

    お土産や贈り物としても人気の「餃子 宇都宮みんみん」での人気のメニューをご紹介します。みんみんは餃子の専門店ですので、メニューは餃子のみとなっています。

    ヤキ(焼餃子)

    「餃子 宇都宮みんみん」の人気のメニュー1つ目は、「ヤキ(焼餃子)」です。白菜をメインとした野菜が多めのあっさりとした餡で、にんにくは控えめです。カリカリとした皮と野菜たっぷりの餡の相性は抜群で、中から肉汁が溢れ出すとてもジューシーな餃子です。

    先ほどもご紹介したように、お持ち帰りをすることも出来るので、家庭でもお店の味を楽しむことが出来ます。

    スイ(水餃子)

    「餃子 宇都宮みんみん」の人気のメニュー2つ目は、「スイ(水餃子)」です。人気の水餃子は、焼餃子や揚げ餃子とは違った、もちもちとした食感を味わうことが出来る一品です。皮がもっちりとしており、味がしっかりついています。

    お店特製のタレにつけて食べると、とても美味しいです。ふっくらと柔らかい水餃子は、お湯に入って提供されます。お湯の中に、タレを入れスープ餃子にして食べるのも美味しいです。

    アゲ(揚餃子)

    「餃子 宇都宮みんみん」の人気のメニュー3つ目は、「アゲ(揚餃子)」です。白菜やニラ、キャベツなどたっぷりの野菜が入った餡と、パリパリに揚げられた皮との相性が抜群です。

    程よい揚げ加減で、食感も良くとても人気です。ごま油で風味がとても良く、ビールなどのお酒との相性も良いです。お酒のおつまみとしても注文される方が多いです。

    「ダブル・スイ・ライス」

    「餃子 宇都宮みんみん」の人気のメニュー4つ目は、「ダブル・スイ・ライス」です。「餃子 宇都宮みんみん」では、「ダブル・スイ・ライス」という注文方法があります。

    みんみんの常連の方にはお馴染みの注文方法です。ダブルは焼餃子2人前、スイは水餃子1人前、ライスがセットになっているメニューで、790円ととてもお得なセットです。とてもボリュームがあるメニューで、お腹いっぱいになることが出来ます。

    小食の方はシェアしても良いでしょう。水餃子はスープ代わりにもなります。初めて訪れる方も、常連の方のように「ダブル・スイ・ライス」と注文してみてはいかがでしょうか。

    餃子 宇都宮みんみんの餃子の食べ方

    Photo by rhosoi

    宇都宮で人気の餃子店「餃子 宇都宮みんみん」では、おすすめの餃子の食べ方があります。そちらをご紹介します。

    酢六・七分・醤油三・四分の割合のたれ

    Photo by kemeko1971

    「餃子 宇都宮みんみん」でのおすすめの食べ方は、お酢を6・7分に、醤油を3・4の割合で混ぜたタレにつける食べ方です。餃子の本場である中国の北京でこのように食べられています。あまり、辣油は使わないそうです。

    水餃子は直接どんぶりにたれを入れるのもアリ

    水餃子は焼餃子や揚餃子と同じように食べるのも美味しいですが、お店のおすすめの食べ方は、水餃子の器に直接、お酢、醤油、辣油を入れてスープ餃子のようにして食べる方法です。もちもちとした皮とスープがとても美味しいです。

    「宇都宮みんみん」の餃子は万人に愛される味!

    「餃子 宇都宮みんみん」は歴史もあり、人気の餃子店です。餃子の専門店ですので、メニューはシンプルに焼餃子、水餃子、揚餃子のみです。こだわりの具材と製法で作られたみんみんの餃子は様々な人を魅了しています。

    お土産や贈り物としても購入することができます。ぜひ一度「餃子 宇都宮みんみん」へ足を運んで、こだわりの餃子を味わってみてはいかがでしょうか。

    わちこ
    ライター

    わちこ

    熊本県出身🐻 20代 食べるの大好き💗素敵なスポットやカフェなどををご紹介していきます!!

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング