吉野家で人気の裏メニュー「つゆだく」にチャレンジしよう!頼み方や料金は?

吉野家で人気の裏メニュー「つゆだく」にチャレンジしよう!頼み方や料金は?

吉野家の裏メニューのつゆだくについて紹介します。つゆだくとはどのような成り立ちでできたのかからつゆだくについて知りましょう。頼み方やその他の裏メニューについても取り上げます。吉野家をよく使う人には必見の情報です。いろいろな注文を知って吉野家へ行ってみましょう。

記事の目次

  1. 1.せっかく牛丼を食べるならつゆだくで!
  2. 2.つゆだくって何?
  3. 3.つゆだくの歴史
  4. 4.つゆだくの頼み方
  5. 5.つゆだくの料金は?
  6. 6.吉野家のつゆだく以外の裏メニュー
  7. 7.つゆだくで牛丼を美味しくカスタマイズ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

せっかく牛丼を食べるならつゆだくで!

吉野家 牛丼
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

吉野家の牛丼を食べるのならつゆだくがおすすめです。つゆだくの頼み方や、歴史、牛丼チェーン3社の違いなどを紹介します。人気の裏メニューで料金の違いなどについても触れています。吉野家で人気裏メニューのつゆだくを頼んでみましょう。

吉野家でカロリーが低いメニューを調査!ダイエット中でも食べられるおすすめは?のイメージ
吉野家でカロリーが低いメニューを調査!ダイエット中でも食べられるおすすめは?
吉野家は「早い、安い、美味しい」が魅力の牛丼店で、高カロリーメニューが並んでいるというイメージを持たれがちです。ところが実際には低カロリーメニューも提供されていて、女性客の注目を集めています。今回は、吉野家でダイエット中におすすめのメニューをご紹介します。
人気牛丼チェーン【吉野家】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載のイメージ
人気牛丼チェーン【吉野家】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載
日本全国に1200店舗以上を展開する吉野家は魅力がたっぷり詰まった人気牛丼チェーン店です。牛丼をはじめとするおすすめメニューや持ち帰り・デリバリーシステムの解説、公式通販やお得なクーポンについてもご紹介します。人気の牛丼店吉野家の魅力総まとめの記事です。

つゆだくって何?

吉野家牛丼 つゆだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ではつゆだくとはどんな牛丼なのでしょうか?吉野家の人気裏メニューのつゆだくについて紹介します。

牛丼屋の牛丼でつゆを多めに入れてもらうこと

吉野家牛丼 つゆだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

通常の牛丼よりも牛を煮込んでいるツユを多めに入れてもらうことをつゆだくと言います。ご飯がつゆが染みて、シャバシャバした感覚になり、ご飯がかきこみやすくなると人気です。つゆが多めの牛丼は、味がやや濃くなりますが、通常よりも食べやすいと感じる人がいます。

通常の牛丼よりも、お得感があり人気で、牛丼と玉ねぎを主に煮込んだつゆは、吉野家特製で、鍋のあとのおじやのような感じになり、牛丼が食べやすくなると言われています。人によって感じ方は異なりますが、つゆだくの方を気軽に注文する客も多いです。

つゆだくを含めいろいろな注文の仕方があるのですが、中でもこのタイプは一番人気で、認知度が高いメニューです。つゆだくのつゆがしっかりと染みたご飯は、おかずに近い感覚で、十分食べ応えがある裏メニューです。つゆだくは、吉野家ではおすすめできます。

つゆだくには吉野家秘伝の牛丼と玉ねぎを煮込んでいるタレが使われており、その味は店舗ごとに違うという噂があります。実際には同じようなオペレーションでやっていますが、煮込んでいる時間によっても味が変わるので、牛丼の味を見たいのならつゆだくでと話している常連客もいます。

吉野家牛丼 つゆだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくは、その名の通りつゆを多めに入れている牛丼ですが、やや牛丼のあっさり感がなくなるという評価です。また味が濃くなりバランスが変わるので美味しくないという吉野家ファンもいます。しかし概ね好意的に受け入れられており、吉野家の一大裏メニューとして定着しています。

吉野家の牛丼のタレは、タレだけでも美味しいと言われており、つゆだくはそのタレを味わえる裏メニューとして人気です。

みそ汁などの汁物を飲まない人にとっても人気となっています。つゆだくにして、紅ショウガを多めに入れ、あっさりさせて一気に食べるという人が多いです。

さらにつゆを増した「つゆだくだく」なるものも

吉野家牛丼 つゆだくだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくは概ねつゆの量が2倍と言われていますが、さらにつゆの量を3倍にしたつゆだくだくという裏メニューもあります。つゆだくだくになると、牛丼の具の部分までツユに隠れ、牛丼と言う感覚ではなくなり、ツユを食べている別の食べ物だと言われています。

つゆだくだくは、ご飯に完全にツユが染みて、味も濃いめです。したがって頼む人は吉野家のディープなツユファンの一部だけです。ひと味違った牛丼が食べたいときにつゆだくだくを注文すると良いでしょう。牛丼と言うよりも、鍋の後のシメのような感覚です。

吉野家の人気裏メニューの一つ

吉野家 メニュー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくは吉野家から人気が出て、吉野家の人気裏メニューの1つです。のちほどいろいろな裏メニューについて紹介しますが、つゆだくは表に近い感覚で認知されており、多くの客がつゆだくを注文します。裏メニューなので、やっている店舗とやっていない店舗があります。

つゆだくは多くの人に認知され、吉野家の牛丼のバランスが狂うことも無いので、裏メニューの中でもポピュラーな存在です。裏メニューなので、店員さんの好意だと受け取っておきましょう。つゆだくは適度なご飯に汁気を吸わせて、牛丼が美味しくなるとテイクアウトでも人気です。

吉野家牛丼 つゆだくだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

吉野家の牛丼つゆだくは、吉野家の牛丼を煮ているツユが美味しいこともありますが、吉野家の牛丼の美味しいバランスを崩しているという声もあります。ただし好みに味を濃くしたい人や、運動の後などに塩分を欲している人を中心に、美味しいと評判です。

吉野家のつゆだくは、牛丼の旨みが出ているツユを味わいたいという人で人気です。裏メニューの中でも根拠がハッキリしているメニューなので、注文も多い点がポイントです。今や裏メニューということを飛び出して、吉野家牛丼つゆだくでなどのセットの言葉として認知されています。

現在は他の大手牛丼チェーン店も実施

松屋牛めし つゆだくだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

他の裏メニューについては定かではありませんが、つゆだくは吉野家、すき家、松屋などの牛丼大手チェーン店でも実施されており、大抵の場合には対応してくれます。それぞれツユの量は決まっているかはわかりませんが、吉野家の場合にはおおよそツユが2倍と言われています。

つゆだくそのものが吉野家を飛び出して、他店にも広がった一例です。牛丼の歴史そのものを変えたつゆだくは、今や人気牛丼チェーン店では当たり前の裏メニューです。裏メニューの点から一部店舗では対応していなかったり、時間によっては出来ないことがあります。

つゆだくの歴史

吉野家牛丼 つゆだくだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくの歴史について見てみましょう。何故つゆだくはこれほどまでに認知されるようになったのでしょうか。

吉野家築地店が発祥との説

吉野家 店舗
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくの歴史は、吉野家開店当時からあった裏メニューだったと言われています。発祥は吉野家築地店で、築地店には特に忙しい魚河岸の仲買人の客が多いことから、つゆだくにして、一気にかきこむと言うことが流行ったと言われています。吉野家の店員のサービスから始まります。

吉野家築地店では、回転率を上げるためと、早い安い旨いを掲げているサービスのさらに上を行くサービスとして牛丼をより早く食べやすくするために、つゆだくが注文されるようになりました。築地店の店員さんは、仲買人の姿を見て、時間が無いと判断したら自然とつゆだくを提供していました。

いつしか仲買人の間に築地店の吉野家は旨いという噂が広まって、つゆだくの牛丼が注文されるようになります。時間が無い人と高度成長期で早い食事が求められている時代のニーズにマッチします。したがって「つゆ多めで」や「つゆたっぷりで」などと注文されるようになります。

築地
Photo by Kentaro Ohno

吉野家ではそれをサービスメニューとして、無料で提供していたため、多くの客が注文するようになります。忙しいお昼時などを中心につゆだくは、サラリーマンの胃袋を素早く満たす食事として認知されてきます。

ただしこの時点ではメジャーになることはなく、つゆだくを頼むのは一部の常連客に限定されていました。今ほどつゆだくと言う言葉そのものは無かった時代です。

しかし、常連客が急いでいそうなら従業員がそっとつゆを足したと言われていて、そのことがつゆだくの起源になっているという説があります。つゆだくは思いやりから出てきた説が有力です。魚河岸の時間が無い時だけは店員がそっとつゆを足して、時間が無い中食べやすくしました。

つゆだくは、美味しいタレがあって成り立つので、吉野家の牛丼で無ければ成立しなかったメニューです。他の牛丼チェーンではなかなか広がらなかったという説も有力にあり、吉野家の牛丼ならではの逸話として今も語り継がれています。

従業員同士のやりとりを円滑にするためのオーダー

吉野家牛丼 つゆだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくと言う言葉そのものは、ありませんでした。つゆだくそのものは、従業員同士のやり取りを行う隠語でした。ある日吉野家に来店したとある人が「つゆ多めで」と注文すると「並みつゆだく」という言葉を聞き、それからつゆだくでと頼むようになります。

しかしここでもつゆだくと言う言葉がメジャーになることはありませんでした。一部の吉野家の常連客の間だけつゆだくと言う言葉が広まっており、吉野家マニアだけが知っている程度の裏メニューです。

歌手・華原朋美の発言で一気にメジャーに

Photo byfreestocks-photos

つゆだくを一躍メジャーにしたのは、歌手の華原朋美です。華原朋美は吉野家の常連客で、店舗で「牛丼をつゆだくで」注文していることを明かしています。当時つゆだくは華原朋美によって広められ、一気に真似をする女性が吉野家に殺到したと言います。

こうしてつゆだくは一気にメジャーになり、吉野家の看板裏メニューになりました。吉野家の歴史の中で多くのファンが居ましたが、裏メニューを明かした歌手がいたことは吉野家の歴史の深さを物語っています。

つゆだくの頼み方

吉野家牛丼 つゆだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

それでは吉野家の牛丼つゆだくの頼み方を紹介します。特別変わった頼み方をするわけではありませんが、覚えておくと良いでしょう。

レジで店員に「つゆだくで」と告げる

吉野家 テーブル
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

吉野家に来店してテーブルで注文するときに「つゆだくで」と足すだけでつゆだくになります。特別変わった頼み方をしなくても大丈夫です。例えば「つゆ多めで」のような頼み方でも「つゆ多くお願いします」のような頼み方でもつゆだくになります。

持ち帰りの際にはレジでつゆだくでと頼み方をします。頼み方は店舗によって変わっていることはありません。どのような吉野家の店舗でも「つゆだくで」と頼む頼み方をするとつゆだくの牛丼が出てきます。ちなみに他のメニューでつゆだくに出来ないものは受け付けていません。

つゆだくの頼み方では、つゆ多めの頼み方と変わりません。つゆだくだくが良い場合には「つゆだくだくで」と頼み方をしてみましょう。つゆ多めやつゆ多くなどは全てつゆだくの頼み方です。頼み方で特に工夫をする必要はありません。

これだけつゆだくの認知度が高まっている状態では、頼み方もつゆだくでが基本です。ちなみに衛生上食べてからつゆだくでとお願いすることはマナー違反になります。必ずテーブルで提供される前の段階の注文のときに、つゆだくでと頼む頼み方をしましょう。

電話での予約の際も同じ

電話予約
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

電話で注文する場合にも、牛丼の盛りの後につゆだくを希望なら「つゆだくで」と注文します。店員さんが復唱をするのが通常ですが、店員さんによってはしない時もあります。「牛丼、並盛、つゆだくで」このパターンはセットで覚えておくと良いでしょう。

テイクアウトもできる

吉野家 テイクアウト
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくはテイクアウトでもできます。テイクアウトの場合には重量がやや重くなりますが、つゆだくまでは受け付けている店舗が多いようです。つゆだくだくは店舗によってこぼれてしまうという観点から盛りによって受け付けている店舗と受け付けていない店舗があります。

つゆだくになるとこぼれやすいので移動の際には持ち運びに注意しましょう。あまり乱暴に持ち運ぶと中のつゆがこぼれて、悲惨な状態になることがあります。あまり揺らさず丁寧に持ち運ぶように店員さんから注意を受けるので、揺らさないように運んでみましょう。

実はつゆだくの量は明確に決まっている

吉野家牛丼 つゆだく
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくの量はマニュアルで決まっており、非公開ですが、定量入れることを現しています。おおよそ通常の2倍程度が目安です。ご飯の真ん中付近までツユが入っており、適度にシャバシャバなご飯が味わえると人気です。

つゆだくもつゆだくだくも、つゆなしも決まっており、しっかりとしたマニュアルに沿って店員さんが作ってくれます。人気のつゆだくは多くの人が頼みますから、店舗に不慣れなスタッフがいても、研修のときにしっかりとやっていることがあると予測できます。

具体的な量については3社とも非公開

つゆだくはあくまで裏メニューであって、具体的なメニューではないので、どのくらいのツユが入るのかは非公開です。これは牛丼大手3社とも同じ回答ですから、詮索などは避けましょう。あくまでサービスの一環としてやっているにすぎません。

つゆだくの料金は?

料金
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆだくに料金はかかりません。つまり吉野家なら並盛つゆだくでも並盛でも料金は変わりません。料金が変わらないのに重量があり食べた感覚があるというのはお得なような気がします。しかし料金のかからないサービスであるため、事情によりやっていないこともあります。

大手3社共に追加料金は無く、つゆだくはサービスとして行われています。つゆだく以外にもサービスがいろいろある吉野家では、それ以外の裏メニューも料金は変わることないケースが多いです。ただし盛りを変える場合には、その盛りに対して料金がかかります。

吉野家のつゆだく以外の裏メニュー

吉野家牛丼 つゆぬき
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

吉野家のつゆだく以外の裏メニューを紹介します。中には盛りが変わり料金が変わるパターンもありますので、注文の仕方はキチンとした意図を持って行いましょう。自分好みの味のパターンなどに変えることができるなどあります。店舗によってやっていないサービスがあります。

「つゆぬき」

吉野家牛丼 つゆぬき
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

つゆぬきは、つゆだくとは逆で、牛丼のツユを入れない注文の方法で、料金は変わりません。つゆぬきは、ダイエットをしたい人や、つゆの甘ったるさが嫌いでさっぱりと牛丼を食べたい人に人気です。つゆだくとつゆぬきは同じ料金な点は、裏メニューのサービスならではです。

つゆぬきになるとご飯はそのままで、牛丼をおかずに食べる方式です。どちらかと言うとあっさりし、胃もたれもしにくくなります。牛丼の具とご飯だけを食べたいと思った時に良く注文されます。好みによりますが、ツユが無い牛丼はやや味が薄めになり、さっぱりとしています。

ツユの味が無い牛丼を一度味わってから、また次の日はつゆだくでなどの注文の仕方もあります。牛丼が続いていて、ツユの味に飽きた時に利用してみると良いでしょう。また違った牛丼になり、紅ショウガなどを多めにトッピングすると、ツユの感じがよりないあっさり牛丼になります。

「ねぎだく」

ねぎだくは、牛丼の玉ねぎの比率が上げて作ってほしいという有料オーダーです。牛丼の並盛がちょっと重たいかなぁと思った時に注文されることが多いです。また玉ねぎが好きな人は注文する場合があります。

通常の牛丼は企業秘密ですが、牛と玉ねぎの比率が決まっていると言います。この玉ねぎの比率を上げる牛丼は玉ねぎが好きな人に好まれるオーダーです。ねぎだけというオーダーもあり、対応している店舗は数限りがありますが、牛肉を食べたくない人に受けている注文方式です。

ねぎだくは通常の牛丼に比べて少しヘルシーだと評判です。牛丼の量を食べたいけれど少し重たいと思った時に役立つので覚えておきましょう。牛丼そのもののカロリーや、太りやすさという面ではあまり違いはないでしょう。

「ねぎぬき」

ねぎぬきは玉ねぎを抜いて、牛肉だけの牛丼をオーダーしたい場合に使える裏メニューです。価格は変わることなく、玉ねぎを抜いて、玉ねぎが嫌いな人や味付けが苦手な人におすすめの頼み方です。牛肉だけになっても吉野家の牛丼は美味しく、玉ねぎなしはあまり気にならないと言われています。

ねぎぬきは、牛肉だけを味わいたい人や、玉ねぎが少し苦手な人向けの裏メニューです。やや甘みの成分が抜けて、シンプルに牛肉だけがストレートにある牛丼です。玉ねぎの味が無い状態でもあまり味付けに違いは無いですが、玉ねぎが気になる人にはおすすめのメニューです。

ねぎぬきはシンプルに牛肉がストレートに味わいたい人に人気があると言われています。牛肉の多さが変わるのかまではわかりませんが、玉ねぎを抜いて味わいたい人におすすめの裏メニューです。

「かるいの」

ご飯の量
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

かるいのは牛丼の具はそのままで、ご飯を半分にしてもらいたいときの裏メニューです。価格は盛りと変わりません。並盛なら並盛の価格ですし、特盛なら特盛の価格です。ご飯が半分になることでカロリーや糖質を気にしている人におすすめの頼み方です。

ご飯が半分になっていることでボリュームを抑えてあります。牛丼を食べたいけれどもご飯の量が少なくても良い人や、ダイエットをしたい人、小食の人におすすめです。牛丼は食べたいけれども、あまりガッツリとは食べたくない人にもおすすめの裏メニューです。

何故かるいのというのは不明ですが、牛丼でご飯の量を食べたくない人には最適のメニューです。ご飯の量を調整するメニューは2つ紹介しますが、減らすのはこの「かるいの」だけです。価格も変わることなく、手軽に注文でき応じている店舗も多いです。

「あたまの大盛」

吉野家牛丼 アタマの大盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

あたまの大盛は、牛丼の具が大盛りにして、ご飯は並盛の状態にしてくださいと言う裏オーダーです。料金は大盛りの料金がかかります。ご飯の量は並みで良いけれどもガッツリ牛丼の具を食べたいという人におすすめのメニューです。

あたまの大盛は、その他の裏メニューと組み合わせることもできます。例えば「牛丼、あたまの大盛、つゆだく」では、大盛りの牛丼のご飯は並盛りで、つゆが多めです。「牛丼、あたまの大盛、ねぎだく」ではネギが多めの大盛り牛丼のご飯は並盛の量です。

あたまの大盛りは意外と注文される人も多く、あたまの大盛りと注文しなくても「大盛りでご飯の量を並盛でお願いします」という注文でも同じようなオーダーになります。

吉野家では減らすタイプのオーダーは応じている店舗が多いので、残すよりは注文して食べきってしまう量を注文するほうが気分的にも良いでしょう。少しボリュームに難があるかなと言う人におすすめの裏オーダーの方法です。

「あたまの特盛」

あたまの特盛は、牛丼は特盛の量で、ご飯は並盛の量でと言うオーダーです。あたまの大盛りのようにいろいろな組み合わせでオーダーすることもできます。料金は特盛の料金で、ご飯の量が食べきれない人におすすめの裏オーダー方法です。

ちなみに、あたまの特盛で、ご飯大盛でというような細かいオーダーをすることもできます。注文する際には店員さんがハッキリわかるように伝えましょう。常連客っぽく言えたら、周囲の人から注目を浴びるでしょう。ちなみに慣れていない店員さんの場合には聞き返されることがあります。

つゆだくで牛丼を美味しくカスタマイズ!

吉野家 店舗
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

吉野家の牛丼は自由自在にカスタマイズができます。好みの量や玉ねぎの調整なども可能です。お近くに吉野家がある場合には、自分の好みの量をオーダーしてみましょう。吉野家にはアレンジが細かく裏オーダーに対応できるようになっています。

より多くの人に親しみやすい牛丼が食べることができるのがつゆだくが流行った理由です。つゆだくは吉野家のスタッフの心意気で、サービス精神の現れです。吉野家を気軽に利用して、つゆだくを注文し、独特のシャバシャバ感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

古澤 弘一
ライター

古澤 弘一

フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング