イタリアの治安は?主要都市の様子と旅行の注意ポイントを解説!

イタリアの治安は?主要都市の様子と旅行の注意ポイントを解説!

海外旅行では行きたい国の上位にランクインしているイタリアは、世界遺産もある観光名所が多い国です。日本と比べると治安が悪く、滞在する時は注意をしなければなりません。これから、イタリアに行く予定の人に主要都市の治安情報と旅行時の注意点を説明します。

    記事の目次

    1. 1.観光に行く前にイタリアの治安を把握しておこう!
    2. 2.イタリアはヨーロッパの中でも治安が悪い?
    3. 3.「イタリアの治安」テロの危険性が低い
    4. 4.「イタリアの治安」日本人が注意すべき犯罪は?
    5. 5.「イタリアの治安」注意すべき都市
    6. 6.「イタリアの治安」犯罪に合わないためには?
    7. 7.イタリアで宿泊する際は治安の良い場所で!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    観光に行く前にイタリアの治安を把握しておこう!

    Photo byDariuszSankowski

    イタリアといえば、オードリーヘップバーン主演の『ローマの休日』をはじめ、多くの映画の舞台になっています。美しい街並みに素晴らしい世界遺産、これらを観に一度は旅行をしてみたい国です。

    イタリアは、グルメにショッピング、サッカー観戦も楽しめるため、日本人の海外旅行先としても人気があります。これから、イタリアに行く予定があるのなら、旅行の準備の際に現地の情報もしっかりチェックしておきましょう。

    外務省の「たびレジ」に登録をしておくとスリなどの犯罪が多い地域も確認できますし、イタリアの各都市の治安情報も最新のものが届きます。イタリアを旅行する時は、旅を楽しむためにも情報収集をして、万全の準備をしましょう。

    イタリアはヨーロッパの中でも治安が悪い?

    Photo byTama66

    近年、ヨーロッパではテロが頻繁に起こり、治安が悪化しているといわれます。また、スリやひったくりといった犯罪に巻き込まれることもあります。ヨーロッパの国のなかでも、日本人に人気があるイタリアも危険なイメージが付いている国のひとつです。

    イタリアは、日本人が旅行をするのに安全な国なのでしょうか?せっかく旅行に行くのであれば、出国から帰国までトラブルに巻き込まれないということが大切です。ここでは、イタリアの治安情報について見ていきましょう。

    「世界で最も治安の良い国ランキング」

    Photo by Dimitris Graffin

    観光立国であるイタリアは、世界中から多くの観光客が訪れます。アメリカの経済雑誌『グローバル・ファイナンス』が発表した「世界で最も治安の良い国ランキング」では、38位です。

    「世界で最も治安の良い国ランキング」は、戦争と平和、個人的な安全度、自然災害のリスクを基に順位を決めています。イタリアの場合、政府がマフィアや不法滞在の取り締まりに力を入れており、犯罪は減少傾向にあります。

    犯罪率が下がっているものの38位という順位になっているのは、イタリアはヨーロッパでも地震が多い国だからでしょう。2016年に起こった「イタリア中部地震」では、298人の人が亡くなっています。

    Photo byAngelo_Giordano

    大規模のものではなくても地震が頻繁に起こっているということが、治安の評価を下げる原因になっているのでしょう。犯罪に関しては、都市の方が起こりやすく、観光で人気の地域は治安が良くないといわれています。

    日本人にとっては注意が必要な旅行先

    Photo byDeltaWorks

    イタリアは、殺人事件や凶悪犯罪は少ないといっても、スリやひったくりといった犯罪は起きており、日本人は狙われやすい傾向にあります。

    2020年1月にも、海外旅行で人気の都市であるミラノで日本人が盗難事件に巻き込まれて負傷しています。ショッピングや観光に夢中になっていると財布やパスポートが盗まれるということもあります。イタリアを旅行する時は細心の注意が必要です。

    渡航を取りやめるほどではない

    Photo byfreephotocc

    スリやひったくりといった犯罪は「世界で最も治安の良い国ランキング」で、1位に選ばれている「アイスランド」でも起きています。人通りの少ない場所や夜道のひとり歩きが危険なのは、日本もイタリアも同様です。

    イタリアよりも治安が良いといわれる国でも、感染症やテロの影響で渡航をするのは危険場所もあります。犯罪やトラブルに巻き込まれないようにするというのは、イタリアに限られたことではありません。言葉がわからない海外では安全面に気を付けるのは当然のことです。

    細心の注意を払うことは大事ですが、イタリアは観光立国としての安全面は保たれています。万が一のことがあったらと不安になるかもしれませんが、海外旅行で訪れても問題がない国といえます。

    外務省の安全情報

    Photo byStartupStockPhotos

    中東情勢の影響やイスラム過激派によるテロ、政情不安等があり、渡航中止勧告や渡航禁止命令が出ている国もあります。海外の情勢を見ているとイタリアは本当に安全なのと不安になる人もいるでしょう。

    イタリアも、マフィア同士の抗争や極右、極左組織によるテロで、危険な時期もありました。現在は、政府が厳しく取り締まっており、以前に比べると少なくなっています。

    2020年1月の時点での外務省によるイタリアの治安情報は、危険レベルは0になります。渡航をするのには、問題はありません。また、感染症危険情報も出ていないため、衛生面でも安全といえます。

    「イタリアの治安」テロの危険性が低い

    Photo by anyulled

    移民が多いヨーロッパでは、テロによる治安悪化が問題視されています。人が集まるコンサート会場や街中を狙って爆破事件が起こることもあります。このようなテロのニュースを聞くと「イタリアは大丈夫なの?」と不安になる人もいるでしょう。

    イタリアは、他のヨーロッパの国と比べるとテロが少ない国といわれています。政府の厳しい取り締まりもありますが、イスラム過激派によるテロはほとんど起きていません。スリなどの犯罪は起きていますが、テロや凶悪犯罪による治安悪化はしていない国といえます。

    Photo bynatura_photos

    イタリアは、ヨーロッパの他の国よりもテロが起きていないというだけで、旅行をする時は用心するにこしたことはありません。旅行前には「たびレジ」等を上手に活用して、イタリア各都市の安全確認をしてください。

    ムスリムの失業率が低い

    Photo by Minamie's Photo

    ヨーロッパで移民排斥運動が起こるのは、不景気が長期化し、失業率が高くなっているからです。イギリスやフランスといった国では、移民2世が仕事に就けず、こうした不満がイスラム過激派のテロの原因になったといわれます。

    イタリアでも移民排斥運動はないとはいえません。ただ、他のヨーロッパの国と比べるとムスリムの失業率が低く、経済的な不満が少ないといえます。不法移民に対する処罰は厳しいものの、ムスリムをはじめ移民たちにとっては暮らしやすい場所になっています。

    Photo by6689062

    イタリア人は、陽気で明るく大らかというイメージがあります。イタリア人が持つ国民性も、ムスリムの失業率を下げているのかもしれません。仕事があって、生活がしやすい場所というのは、テロリストも入り込む余地がないということでしょう。

    イタリアがアラビア国家の攻撃に関わっていない

    Photo by B0redSam

    イスラム過激派によるテロが起きている国というのは、シリアやイランといったアラビア国家への攻撃に参加している国といわれています。2001年にアメリカで同時多発テロ事件が起こったのも、湾岸戦争によるイラクへの侵攻がきっかけです。

    イタリアは、湾岸戦争やシリアへの攻撃にも参加していません。2019年11月には、トルコ軍のシリア攻撃に抗議し、ミサイル機を撤退しています。アラビア国家への攻撃に参加しないということは、イスラム過激派によるテロも起きにくいといえます。

    徹底したテロ対策

    Photo byFree-Photos

    カトリックの総本山の「バチカン市国」があるイタリアは、イスラム過激派のテロの標的になりやすい国です。それでも、テロが少ないのは、政府が対策を講じているからでしょう。

    イタリアは、マフィアによる抗争や政治団体によるテロが多い地域だったこともあり、政府が取り締まりを強化しました。また、不法入国や不法滞在者に対しても厳しい処分を下しています。

    バチカン市国は、世界中の情報が入る国家機密機関ともいわれ、情報収集能力に長けていることも、テロを未然に防ぐ手立てになっているのでしょう。バチカン市国があることで、イスラム過激派によるテロ攻撃から国を守っています。

    「イタリアの治安」日本人が注意すべき犯罪は?

    Photo by Shaun Merritt

    イタリアはテロや凶悪犯罪は少ない国で、犯罪率は低下しています。それでも、都市では旅行者を狙った犯罪が後を絶ちません。観光地ではスリ、ひったくりが多く、物乞いを装った犯罪も起きています。

    海外では、日本人はお金持ちというイメージがあり、犯罪者にとっては格好の餌食といえます。イタリアでも、スリやひったくりの被害に遭った日本人は少なくありません。

    言葉がわからない外国人に巧みに近づいて親切なふりをして、金品を盗んでいくという輩もいます。ここでは、イタリアは治安が悪いといわれる原因になっている犯罪について説明していきます。

    スリ・ひったくり

    Photo bystevepb

    イタリアの治安が悪いというイメージを旅行者に植え付けているのが、スリとひったくりです。どちらも被害件数は減っているものの、2016年度はスリが約16万件、ひったくりは約1万7千件起きています。

    スリは人が集まる所で起きていて、ローマやミラノの都市部の観光地で多い犯罪です。浮浪児が近づいて行って子供に観光客の気を惹きつけておいて、その隙を狙って財布やパスポートといったものを盗み出します。観光地の他に、バスや電車もスリに遭遇しやすい場所になっています。

    Photo by IngolfBLN

    ひったくりもイタリア旅行する際に日本人旅行者が気を付けた方が良い犯罪です。バイクや自転車で後ろから迫ってきて、バッグを盗っていきます。ひったくり犯に狙われないようにするには、バッグを通路と反対側に持つといった注意も必要です。

    ぼったくり

    Photo bystevepb

    イタリアは、日本以上に夜の街の治安が悪い国です。イタリアの首都ローマのような都市部では、バーで飲食をした旅行者が法外な料金を請求される事件が起きています。

    言葉がわからない海外では、バーやクラブといった夜遊びスポットでトラブルに巻き込まれる可能性があります。夜道を歩いていて声をかけられても付いて行かないということも大切です。飲食店では、必ず金額を確認してから支払うをようにしましょう。

    置き引き

    Photo bykatyveldhorst

    イタリアの空港や駅は日本に比べると治安が良くありません。駅の待合室で、声をかけて荷物から目を離した隙にスーツケースが盗まれるということが相次いでいます。

    レストランやホテルも、置き引きの被害に遭いやすい場所のひとつです。チェックイン、チェックアウトの際等に荷物がなくなっているということがあります。

    イタリアでは、思いがけないところに危険が潜んでいます。公共の場も決して治安が良いといえません。荷物の管理はしっかりするようにしましょう。

    強盗

    Photo byAlexas_Fotos

    イタリアの治安情報を調べていると注意した方がよい犯罪として挙げられるのが、睡眠薬強盗とホテル内での盗難、銀行預金の不正引き出しです。睡眠薬強盗は、都市部のバーやクラブといった夜遊びスポットで起きている犯罪で、日本人の被害も報告されています。

    安全と思われているホテルの客室も意外と盗難の被害に遭いやすい場所です。ベッドメイキングで入った客室係が、金庫やスーツケースを荒らして金品を盗むということが相次いでいます。

    現地の銀行でお金を引き出した際に、暗証番号を盗み出されるケースがあります。カード本体は手元にあってもクローンカードを使って現金を不正に引き出します。クレジットカードの不正利用も相次いでいるので、旅行の際にはカードと現金を別にすることも大切です。

    パスポートの盗難

    Photo by is_kyoto_jp

    日本のパスポートは外国人にとっては魅力的といわれています。密入国を企てている犯罪者からすると日本のパスポートは、喉から手が出るほど欲しいものです。イタリアでは、現金やクレジットカード以上に日本のパスポートは狙われています。

    バッグに入れていれば安全というわけではありません。スリや窃盗犯は、バッグから巧みにパスポートを抜き出します。ひったくり犯であればお財布とパスポートがバッグに一緒に入っていることを狙って襲います。

    Photo bycytis

    治安が決して良くないイタリアでは、お財布とパスポートを同じ場所に入れておくのは危険です。バッグではなく、腹巻ベルトに収納して肌身離さずといった状態にしておいた方がよいでしょう。パスポートのコピーも取るのを忘れないようにしてください。

    ニセ警官に注意

    Photo by crash71100

    イタリアの治安情報で注意をした方がよいといわれるのが、ニセ警官です。イタリアでは旅行者に対して警察官が身分証明書やクレジットカードの提示を求めることがあります。

    騙されてはいけません。ニセ警官は、犯罪者が旅行者から金品やクレジットカードを盗むための常套手段といえます。残念ながら、ニセ警官による窃盗被害に遭う日本人は多いというのが現状です。

    ニセ警官による犯罪は、被害届を出しても盗まれたものは戻ってきません。イタリアでは警察官であっても偽物の可能性もあるので、安易に信用しないようにしましょう。

    「イタリアの治安」注意すべき都市

    Photo byMrdidg

    イタリアでは、観光に人気の都市ほど治安が悪い傾向があります。都市部は旅行者が多く集まるため、観光客を狙った犯罪が頻繁に起こるからです。

    しかし、都市部というのは治安情報も収集しやすく、注意をしていれば被害を未然に防ぐこともできます。日本人にも人気のローマ、ミラノ、ナポリの各都市に滞在する際の注意点をまとめています。

    ローマ

    Photo bycarlo75

    イタリアの首都ローマは、カトリックの総本山「バチカン市国」があります。街には、コロッセオやアウグストゥス廟といった古代ローマの遺跡が残っています。

    また、オードリーヘップバーン主演の映画『ローマの休日』のロケ地でも有名です。スペイン広場やサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の「真実の口」は、人気の観光地になります。

    Photo by nekotank

    ローマの治安情報で注意をしたほうが良いのがスリ、ぼったくりといった犯罪です。スリは、コロッセオやスペイン広場といった観光地で多くなっています。

    夜間は治安が悪くなっており、飲食店でのぼったくり被害も他の都市よりも多い状態です。ローマは、イタリアでも観光客狙いの犯罪が多いので旅行をする時は気を付けた方がよいでしょう。

    テルミニ駅・レプッブリカ駅などの主要駅で犯罪が多い

    ローマの治安情報で注意をした方が良い場所として挙げられるのが、テルミニ駅やレプッブリカ駅といった鉄道の主要駅です。テルミニ駅は、イタリアの主要都市の他にヨーロッパ各地に行く電車も発着しています。レプッブリカ駅は地下鉄の駅で、テルミニ駅の次の駅になります。

    テルミニ駅、レプッブリカ駅、両方ともたくさんの人が利用します。スリや置き引きといった犯罪も多く、電車を待っている間に財布を盗られた、スーツケースがいつの間にかなくなっていたということもあります。

    イタリアでは、駅のような人が集まる場所は犯罪の被害も多く、治安が悪いといわれています。ローマに限らず鉄道を利用する時は、細心の注意払う必要があります。

    ミラノ

    Photo bygroezi

    ミラノはイタリアの最大の都市で、ミラノコレクションが開催されるため「ファッションの街」としても知られています。ミラノの治安情報で気を付けた方がよいのが、スリ、置き引き、ひったくりといった犯罪です。

    他の都市と比べると車上荒らしやニセ警官による犯罪も多く、治安はあまりよくありません。夜間は、ガッレリア周辺なども人通りが少なくなるので、出歩く時は用心した方が良いでしょう。

    ドォーモ周辺やミラノ中央駅などは特に注意

    ミラノの治安情報で注意をした方が良い場所は、ドォーモやミラノ中央駅といった人が多い所です。ドォーモは、ミラノの中心地ということもあり、スリやひったくりといった被害が多くなっています。

    ミラノ中央駅は、ヨーロッパの主要駅の一つで、パリやウィーンといった主要都市に行くことができます。スリの他に置き引きにも遭いやすい場所です。

    ミラノは、レストランや有名ブランドでも犯罪が起きており、イタリアの都市のなかでも治安はよくありません。観光地だけでなく、人が集まる所は危険が多いという認識を持った方がよい都市です。

    ナポリ

    Photo by12019

    ナポリは、ナポリ大聖堂やポンペイの遺跡、ヴェスヴィオ山といった、観光名所も多く、景観が良い街として知られています。景色が美しい一方で、「カモッラ」をはじめとするイタリアン・マフィアの拠点になっていて、都市のなかでも治安が悪いことで有名です。

    ナポリで日本人が巻き込まれやすい犯罪は、ひったくりや車上荒らしです。また、夜間には酒場等でチンピラ同士のトラブルに巻き込まれることがあります。興味本位で夜の酒場に近づくのはやめましょう。

    ゴミが散らばっているような通りは昼間でも避けよう

    Photo byCopleyNathan

    ナポリの治安情報によると治安悪化の原因のひとつなのが、ゴミの不法投棄です。ナポリの北部は「死の三角形」ともいわれ、通りにもゴミが散らばっています。異臭もして衛生面を考えると昼夜関係なく近寄らない方が良いエリアです。

    イタリアではナポリのゴミの不法投棄は、マフィアのビジネスとも関係してくるため、1980年代から問題になっています。ナポリの北部に限らずゴミが多い場所は、トラブルも多いので夜だけでなく昼も治安が悪く危険な場所といえます。

    「イタリアの治安」犯罪に合わないためには?

    Photo by Dimitris Graffin

    イタリアは日本と比べると治安がよいとはいえません。日本人は他の外国人と比べても、スリや置き引きといった被害に遭う確率が高くなっています。

    イタリアで犯罪から身を守るためには、夜は出歩かない、危険な場所には近寄らないということが大切です。イタリアの治安について不安がある人は、出かける前にしっかり情報収集をして、安全対策をしましょう。

    宿泊先の従業員に危険な場所を聞いておこう

    Photo by ho visto nina volare

    イタリアの治安情報については、外務省の「たびレジ」等で確認することができます。「百聞は一見に如かず」ということわざもあるように、治安は現地に行かないとわからないこともあります。

    イタリアの街の中には、人通りが少ない場所もあり、夜だけでなく昼も危険が潜んでいます。ホテルにチェックインしたら、フロントで観光地周辺の治安情報を確認してください。

    イタリアのホテルで従業員に治安について確認をする時は「Quando si verifica la sicurezza」といったフレーズを覚えておくと便利です。地図などを見せて危険な場所を確認しておけば、治安が良くない場所に近寄らずに済みます。

    現金を大量に持ち歩かない

    Photo by Norisa1

    海外で日本人が盗難に遭いやすいのは、大量の現金を持ち歩いているからです。観光地や駅といった人が集まる場所では、スリに現金を狙われる可能性もあります。

    注意をしたいのは、観光地だけではありません。両替所でユーロに交換した時や銀行のATMで現金を引き出す時も、危険が伴います。

    両替所は人気が少ない場所にあることも多いので、昼間でも周辺の治安が悪いこともあります。お金を交換した瞬間は、スリやひったくり、置き引きに狙われやすいので注意しましょう。

    Photo byFree-Photos

    イタリアは、バールやマーケットを除けば、クレジットカードが使える所も多く、現金を持ち歩かなくても済みます。手持ちの現金が足りないからといって引き出す必要はありません。持ち歩く現金は最低限にしてください。

    荷物は少なめに

    Photo byLUM3N

    イタリアを観光する時は、荷物はあまり持たないようにしましょう。治安が良い場所でも、荷物をたくさん持ち歩いて観光をしていれば、置き引きやひったくりに狙われることもあります。

    駅や観光地といった人が多い場所では、荷物を多く持っていると夜だけでなく昼も犯罪者に狙われます。イタリアで観光をする時は、両手に物を持たないということが大切です。また、人通りに関係なく、道を歩く時は道路の反対側の手で荷物を持つようにしましょう。

    派手な格好は避ける

    Photo by Mathieu Lebreton

    イタリアを観光する時は、派手な服装や目立つ格好をするのはやめましょう。日本のようにブランド品で着飾って歩けるほど、治安はよくありません。

    イタリアでは、自分の持ち物や服装がトラブルの原因になることもあります。女性は肌の露出が多い服を着るのも危険です。日本と同じ感覚で歩いていると怖い目に遭うことも多いので、服装や行動にも気を付けましょう。

    夜間の一人歩きはしない

    Photo by Dimitris Graffin

    イタリアの街は、昼と夜では雰囲気が変わります。昼間は人が多い場所も夜は人気がなく、不審者に遭遇することもあります。

    イタリアでは人が多い都市部でも、夜道を1人で歩くのは危険です。治安が悪い場所には近づかない、不用意な外出は避けるということも、犯罪から身を守る方法といえます。夜、外出をする時はタクシーを使うというように安全を確保しましょう。

    イタリアで宿泊する際は治安の良い場所で!

    Photo bydimitrisvetsikas1969

    イタリアで危険な目に遭わないためには、宿泊をするホテルも大事なポイントになります。日本からイタリアに行くと到着をするのは夜ということもあるので、治安の良い場所に泊まらないと危険です。

    見た目や予算だけでなく、交通アクセスの良さや観光地への行きやすさもチェックしてからホテルの予約をしましょう。安全第一でイタリア旅行を楽しんでください!

    hiramiho
    ライター

    hiramiho

    ヤクルトスワローズ、フィギュアスケート、ミュージカルが大好きです。美味しいものを食べるのが好きで、手頃な値段で味が良いお店を探しています。旅行にグルメに、面白い記事が書けるように頑張ります!

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング