ハンバーガーの上手な食べ方を学ぼう!本場アメリカでのマナーやコツは?

ハンバーガーの上手な食べ方を学ぼう!本場アメリカでのマナーやコツは?

人気のファストフードハンバーガーは、今や老若男女問わず人気です。最近では本場のアメリカンサイズのハンバーガーのお店も増えています。アメリカンサイズのハンバーガーは食べ方に少しコツが必要です。ハンバーガーの上手な食べ方やマナーをご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.アメリカのハンバーガーは日本より大きい!
    2. 2.ビックサイズハンバーガーの食べ方とは?
    3. 3.アメリカは潰す食べ方が主流
    4. 4.ハンバーガーの食べ方マナーはある?
    5. 5.ハンバーガー:ナイフとフォークを使った食べ方
    6. 6.綺麗な食べ方:上手にハンバーガーを食べるコツ
    7. 7.ハンバーガーの食べ方は奥が深い!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    アメリカのハンバーガーは日本より大きい!

    Photo byChepearroyo

    世界中で人気のファストフード、ハンバーガーは、アメリカが本場です。本場のハンバーガーは、日本と比べ、かなりのビッグサイズです。おなじみマクドナルドでも、日本とアメリカでは、サイズがかなり違います。日本のビッグサイズが、アメリカの普通サイズだったりします。

    レギュラーメニューでも、アメリカのハンバーガーは日本の2倍ほどの大きさになります。スペシャルなメニューになると、さらに大きくなります。一般的にハンバーガーはかぶりついて食べるスタイルですが、ビッグサイズのハンバーガーは、綺麗に食べるのにもコツが必要になってきます。

    本場サイズのハンバーガーは、上手に食べないとぐちゃぐちゃに崩れてしまいますい、とても見苦しく、マナー違反です。上手に食べるコツがあるので、綺麗な食べ方を覚えておきましょう。

    Photo byFree-Photos

    本場サイズのハンバーガーを、綺麗にマナーを守って食べる食べ方や、ちょっとしたコツなどをご紹介していきます。

    ハンバーガーだけでなくサイドメニュービック!

    Photo byRitaE

    本格的なお店ですと、サイドメニューもビッグサイズで提供されます。ドリンクも大きく、なかなか飲みきれないサイズを提供するお店もあります。定番サイドメニューフレンチフライもかなりボリュームがあります。フレンチフライにはケチャップなどのソースが付いてきます。

    フレンチフライに、ケチャップなどソースを付けて食べるときは、こぼさないよう注意してください。ハンバーガーのソースを付けながら食べる食べ方は、カジュアルなお店ならOKです。美味しいソースは、あますことなく味わいつくしましょう。

    ナイフとフォークが一緒にサーブされるレストランなどでは、フレンチフライにハンバーガーのソースを付けながら食べる食べ方は、マナー違反です。気を付けてください。

    Photo by Kanesue

    サイドメニューもかなりのボリュームがある、本場スタイルのお店では、セットメニューを注文するときは、ボリュームに気を付けて注文しましょう。

    食べきれそうもないときは、事前にサイドメニューを減らしてもらったり、サイドメニューをパスしたりするのもいいでしょう。

    アメリカハンバーガーの歴史

    Photo byPexels

    アメリカが本場のハンバーガーですが、そのルーツをたどるとヨーロッパとも深いかかわりがあります。かつてモンゴルから東ヨーロッパにかけて遊牧していた遊牧民タタールが、筋張った肉を美味しく食べる方法として、肉を細かくしてから焼く「タルタルステーキ」を生み出しました。

    ドイツにも伝わったタルタルステーキは、ハンブルグの労働者に人気となり、ヨーロッパで進化していきます。牛肉を焼いたものと目玉焼きをパンにはさんだ食べ物は、「ハンブルグの丸いもの」と呼ばれるものになり、アメリカへと伝わります。

    ハンブルグの丸いもの、ハンブルグステーキがいつしか「ハンバーガー」と略されるようになり、アメリカで広まり定着していきます。

    Photo byandreas160578

    1940年にはハンバーガーチェーン「マクドナルド」がアメリカで誕生します。マクドナルドは全世界に広がり、世界中にハンバーガーを広めていきました。

    アメリカの国民食ともいえるハンバーガーは、こうして世界的に人気のファストフードへと成長を遂げたのです。今では世界中で愛されるメニューとなりました。

    ビックサイズハンバーガーの食べ方とは?

    Photo bygefrorene_wand

    本場サイズのハンバーガーは、とにかくビッグサイズです。大きいものになると、1つ食べるのがやっとというくらいボリュームがあります。こぼさず上手に、綺麗に食べるには、食べ方に少しだけコツがあります。

    ハンバーガーの食べ方は、国によって異なります。アメリカでは、豪快にかぶりつくスタイルが一般的ですが、ヨーロッパや韓国などでは、ナイフとフォークを使って食べるのが一般的です。お店によっても食べ方が異なるので、気を付けてください。

    ナイフやフォークもサーブされるお店では、ナイフやフォークを使って食べてもかまいません。食べ方は、臨機応変に対応しましょう。

    Photo by yto

    上手くコツさえ覚えておけば、ボリュームのあるハンバーガーでも、簡単に上手に食べ進められます。

    綺麗にこぼさず上手に食べる、食べ方のコツや、マナーは覚えておいて損はありません。マナーとして、覚えておきましょう。

    アメリカ一般的な食べ方はかぶりつき

    Photo by yto

    アメリカでは一般的に、ハンバーガーは大きな紙に包まれて提供されます。紙に包んだままかぶりついて食べるのが、一般的な食べ方とされています。紙に包まれていることで、こぼさず綺麗に食べられます。豪快にかぶりついて食べてみましょう。

    アメリカではハンバーガーを食べるときに、潰してから食べる食べ方が一般的です。潰すことで、ソースやパティ、バンズに一体感がでて、こぼれにくくなるからです。指で包み込むように持つ食べ方も、おなじみの食べ方として知られます。

    ハンバーガーを食べるときは、無理に一口で食べないのも、綺麗に食べられる食べ方です。少しずつ食べ進めると、綺麗に食べられます。

    Photo byPexels

    大きな口を開けてかぶりつくのが美味しいハンバーガーですが、時と場合、TPOを考えて食べるようにしましょう。

    気軽に食べられる、ファストフードの代表ハンバーガーは、食べ方のコツさえ知っておけば、上手に食べられます。綺麗に食べる食べ方を覚えておきましょう。

    素掴みだと零れ落ちる危険も

    Photo bysharonang

    本場サイズのハンバーガーを、そのままつかんで食べると、どうしてもパティや野菜などが零れ落ちてしまいます。中身が零れ落ちてしまうと、ビジュアル的にも綺麗ではありませんし、マナー違反になってしまいます。

    大きなハンバーガーを食べるときは、包み紙に包んだまま食べる食べ方が、綺麗に食べられます。包み紙から出さず、そのまま食べる食べ方がおすすめです。ピックが刺さっている場合は、ピックも上手に使いながら食べましょう。

    食べている途中に崩れそうになったら、上手に整えながら食べる食べ方も、綺麗に上手に食べるコツです。

    Photo by yto

    包み紙や紙袋から出さず、そのまま食べる食べ方が、ハンバーガーを綺麗に食べる方法のひとつになります。包み紙や紙袋に包まれていない場合は、指で包み込むように持つ食べ方がおすすめです。

    ハンバーガーを指で包み込むように持つ食べ方だと、バンズやパティが安定して崩れにくくなり、綺麗に食べられます。

    アメリカは潰す食べ方が主流

    フリー写真素材ぱくたそ

    ハンバーガーの本場アメリカでは、事前にハンバーガーを潰してから食べる食べ方が一般的です。せっかくボリュームのあるハンバーガーを潰すのはもったいないような気もしますが、潰すことにより、零れ落ちる心配がなく、綺麗に食べられます。

    上手に食べるには、潰してから食べるのが、食べ方のコツのようです。包み紙の上から、優しく潰しましょう。潰すことで、上手に食べられるだけでなく、パティとソース、バンズがしっかりからまり、美味しく食べられます。

    ハンバーガーの本場アメリカでは、潰してから食べるのが、一般的な食べ方なのです。潰すときは、ぎゅっと潰すのではなく、優しく潰してください。

    Photo byJohnnyWillz

    ボリュームのある本場仕込みのハンバーガーは、潰すことで綺麗に食べやすくなります。潰すことで、バンズやパティ、ソースの一体感がでて、より美味しく味わえます。

    その他にも、いくつか上手に、綺麗に食べるコツがあります。ハンバーガーの上手な食べ方のコツをご紹介します。

    紙袋を持つコツとは?

    Photo by ftomiz

    ハンバーガーを上手に食べるには、紙袋などに包んだまま食べるのがコツです。包んだ状態のまま食べれば、中の具が零れ落ちる心配もなく、綺麗にこぼさず食べ進められます。ハンバーガーを包んだ状態のまま潰すのも、上手に食べるコツです。

    紙袋など、包み紙のの持ち方にもコツがあります。横からではなく下から持つのです。横から持って食べる食べ方だと、どうしても中の具材が押し出され、零れ落ちる心配があります。下から包み込むように持つのがポイントです。

    下から持つ食べ方ですと、具材が零れ落ちる心配もなく、上手に食べ進められ、とてもスマートです。

    Photo by densetsunopanda

    本場アメリカンなハンバーガーを上手に食べるコツは、食べる前に優しく潰し、紙袋に包んだまま食べることです。紙袋に包んだまま食べる方法だと、綺麗に食べられます。

    ハンバーガーに対して、横からではなく、下から支えるように持つと、崩れにくく、食べやすくなります。ぜひチャレンジしてみてください。

    ハンバーガーの食べ方マナーはある?

    Photo byAmirHanna

    世界中で愛されるファストフードハンバーガーは、食べ方のマナーはあるのでしょうか。もちろん、ハンバーガーにも食べ方のマナーはあります。気軽に食べられるハンバーガーですが、基本的にはこぼさず綺麗に食べるのがマナーです。

    紙袋に包まれたハンバーガーは、紙袋から出さずに食べるのがマナーです。紙袋に包まれているタイプは、縦にボリュームのあるタイプが多いので、紙袋に包んだままのほうが、こぼさず綺麗に食べられます。一口があまり大きくなりすぎないよう、バンズやパティを少しずらすといいです。

    万が一こぼしてしまったときのために、膝にはナプキンやハンカチを敷いておきましょう。あまりにもボリュームがある場合は、紙袋に包んだままそっと潰すのもおすすめです。

    Photo byDesignOil

    潰すことで、パティやソースがしっかりからみ、食べやすくなります。お店に寄っては、フォークとナイフを提供しているお店もあります。

    フォークとナイフが提供されているときは、一口大に上手に切りながら食べてもOKです。切りながら食べるときも、上手にカットして綺麗に食べるよう心がけましょう。

    周りに合わせるのも大事

    Photo byStockSnap

    マナーとは、一緒に時間を過ごす人が不快な気持ちにならないためのものです。ハンバーガーの食べ方のマナーも同じことがいえます。周囲の人の食べ方と合わせることも大切です。周りがフォークとナイフを使って食べているときは、フォークとナイフを使いましょう。

    周りがかぶりついて食べているときは、かぶりつく食べ方がおすすめです。マナーとはあくまで相手を不快にさせないためのものです。ハンバーガーの食べ方も、その場のTPOに合わせることをおすすめします。

    基本的には自由に食べてもいいハンバーガーですが、どんな食べ方であれ、綺麗に食べるのを心がけておきましょう。

    Photo byDrawsAndCooks

    もし一緒に食べている人が、ソースなどの具材をこぼしてしまったとしても、それを指摘するのもマナー違反です。お互い気持ちよく過ごせるよう、心がけましょう。

    フォークとナイフを使ってもいいの?

    Photo byEngin_Akyurt

    ボリューミーなハンバーガーを提供するお店では、フォークとナイフがサーブされる場合もあります。フォークとナイフがサーブされた場合は、フォークとナイフを使って食べてもかまいません。フォークとナイフを使い、切りながら食べましょう。

    ナイフしかない場合は、左手できちんと押さえながら、ナイフで切っていきます。フォークもあるときは、フォークでしっかりと押さえながら切るようにすると、綺麗に切れます。半分に切ってもまだ大きいようなら、さらに小さく切って食べます。あまり小さく切り分けないようにしてください。

    あまりにもボリュームのあるハンバーガーをカットするときは、具材をばらしてカットするのもおすすめです。

    Photo byFree-Photos

    バンズやパティなどをバラす食べ方は、綺麗にカットできる利点がありますが、あまり具材をバラしすぎると、汚い印象になります。適度にバラしてカットしてください。

    フォークとナイフを使う食べ方は、また違った味わいを楽しめます。時にはフォークとナイフを使う食べ方で、味わってみましょう。

    ハンバーガー:ナイフとフォークを使った食べ方

    Photo by Oryzias

    本格的なアメリカンスタイルのハンバーガーを提供するお店には、ナイフとフォークを提供してくれるお店もありますし、最初から、ナイフとフォークがサーブされるレストランもあります。ナイフとフォークを使った食べ方をご紹介します。

    ナイフとフォークを使った食べ方は、普段ナイフとフォークを使うのと同じように、カットしながら食べます。カットするときは、崩れないよう気を付けてください。あまりにもボリュームがあり、ナイフでもカットが難しいときは、バンズやパティをバラしてカットしましょう。

    バラしてカットするときは、バラしすぎないよう、見苦しくならない程度にバラしてください。皿の上にぐちゃぐちゃに並べているのは、とても見苦しいものです。

    Photo byWhoop005

    ナイフとフォークを使った食べ方も、基本は崩さず、こぼさず、綺麗に食べるのが基本です。ナイフやフォークを上手に使い、切り分けながら食べ進めましょう。

    切り分ける順番について

    Photo byAbsolutVision

    ハンバーガーをナイフとフォークを使って食べるときは、まず半分にカットします。このとき、崩れてしまわないよう気を付けましょう。ピックが刺さっているハンバーガーなら、ピックを刺した状態でカットすると、綺麗にカットできます。

    半分にカットしたら、一口サイズにカットしながら食べていきます。間違ってもバンズだけ、パティだけと、ばらけて食べないように気を付けてください。一口サイズにカットしながら食べると、口周りが汚れることもなく、綺麗に食べられます。

    ハンバーガーを綺麗にカットするコツは、フォークでしっかりとハンバーガーを押さえることです。崩れないよう注意しながらカットしてください。

    Photo byComidacomafeto

    あまり細かくカットすると、崩れやすくなるので、注意が必要です。一口で食べられるサイズにカットしていきましょう。

    国によってナイフ・フォークの使用率は異なる

    Photo byMimzy

    日本ではあまりなじみのない、ナイフとフォークを使ってカットしながら食べる食べ方は、海外では一般的な国もあります。韓国では、カットしながら食べる人が多いそうです。本場アメリカでは、手に持ってかぶりつく食べ方が一般的です。

    食べ方ひとつとっても、国により違いがあり面白いものです。海外旅行中にハンバーガーを食べるときは、現地のスタイルに倣ってみてはいかがでしょうか。

    綺麗な食べ方:上手にハンバーガーを食べるコツ

    Photo byFotorech

    具材が零れ落ちやすいハンバーガーですが、綺麗に食べるコツがあります。ボロボロとこぼしながら食べるのは、見た目も悪く、マナー違反です。ちょっとした食べ方の工夫で、格段に食べやすくなります。綺麗に食べるコツを覚えておきましょう。

    包み紙に包んであるタイプなら、そのまま食べるのが、おすすめの食べ方です。包み紙を取ってしまうと、具材などが零れ落ちる心配があります。紙袋などで包んであるタイプは、ひっくり返して食べるのもおすすめです。

    パティなど重量のある具材は、下の方になっています。ひっくり返すことで、重量のバランスがよくなり、上手に食べられます。フォークやナイフを使った食べ方も、綺麗に食べる方法のひとつです。

    Photo by024-657-834

    フォークやナイフを使い、カットしながら食べれば、口周りを汚すことなく、上手に綺麗に食べられます。スマートに食べる姿は素敵なものです。

    老若男女問わず人気のハンバーガーは、無性に食べたくなる食べ物でもあります。美味しく綺麗に食べる、上手な食べ方を覚えておきましょう。

    1:ハンバーガーを指で挟みこむ

    Photo byskeeze

    ハンバーガーを手に持って食べるときは、指で包み込むように持ちましょう。小指と薬指ではさみつつ、指全体で包み込むように持つ食べ方が、綺麗に食べるコツです。包み込むように持つことで、ハンバーガーの具材が零れ落ちる心配もなく、綺麗に食べられます。

    紙袋などに包まれているときは、そのまま持って食べるのがおすすめです。具が零れ落ちるのを防いでくれるだけでなく、食べている口元を隠してくれる食べ方なので、綺麗に食べられます。本場では一般的な食べ方として浸透しています。

    持ち方を少し工夫するだけで、綺麗に食べられます。指で包み込むように持つ食べ方は、覚えておいて損はありません。ぜひチャレンジしてみてください。

    手が小さい女性には難しい

    Photo bynastya_gepp

    指で包み込むように持つ食べ方は、ハンバーガーを綺麗に食べる食べ方なのですが、手の小さな女性には難しいこともあります。両手で持つのも大変な時は、カットして食べるか、カットした状態で提供してもらえないか、相談してみましょう。

    ナイフやフォークをお願いするのも、綺麗に食べる方法としておすすめです。カットしながら食べれば、口周りも汚さず、綺麗に食べられます。カットするときも、崩れないよう気を付けながらカットしてください。

    大きなものは、手に持つ前に、潰してしまうのもおすすめです。潰すことで、食べやすくなるだけでなく、手の小さな女性でも持ちやすくなります。本場スタイルの食べやすい方法なのです。

    2:崩れそうになったら整える

    Photo by yto

    食べているとき、崩れそうになったら整えながら食べましょう。そのまま食べ進めてしまうと、ボロボロと零れ落ち、大変見苦しい状態になります。包み紙で包んで食べる場合は、包み紙をうまく利用して、整えてください。

    包み紙がなく、かぶりついて食べる食べ方のときは、指で包み込むように持って食べましょう。こうすることで、崩れにくくなります。もし崩れてしまったら、一度お皿などに置いて、形を整えてください。崩れたものをそのままにしておくと、こぼす原因になります。

    ナイフとフォークを使って食べる食べ方の場合も、崩れないよう、綺麗にカットしながら食べましょう。

    3:一口で食べきらない

    Photo by yto

    見た目にも美味しそうな、ボリューム満点のハンバーガーを綺麗に食べる食べ方として、無理に一口で食べないのがおすすめです。無理に一口で食べようとすると、どうしても口の周りを汚してしまったり、崩れる原因になります。

    ナイフやフォークを使う食べ方も、食べやすい大きさにカットして食べるようにしましょう。一口で食べきらない量を口に入れるのは、とても見苦しいものです。「無理に一口で食べない」これが綺麗に食べる基本中の基本です。綺麗な食べ方をマスターしておきましょう。

    ハンバーガーの食べ方は奥が深い!

    Photo byRitaE

    カジュアルなファストフードの代表ハンバーガーは、ちょっとしたコツで綺麗に食べられます。食べ方の工夫も様々で、意外と奥が深いものです。ハンバーガーを、美味しく綺麗に食べましょう。

    もぐ
    ライター

    もぐ

    食べ歩きと旅行が大好きなもぐです!最近は台湾にどっぷりはまっております。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング