日本とハワイの時差を知って快適な旅を!計算方法や時差ボケ対策も伝授

日本とハワイの時差を知って快適な旅を!計算方法や時差ボケ対策も伝授

ハワイは日本をはじめとして世界中から観光客が訪れるリゾート地です。何度でも訪れたくなるハワイは、有意義な時間を約束してくれます。今回は、ハワイの滞在をより充実したものにするために日本との時差や、時差ボケ対策をご紹介いたします。次回の旅の参考にしてみてください。

    記事の目次

    1. 1.日本とハワイの時差についてまとめました
    2. 2.日本とハワイの距離と飛行時間について
    3. 3.日本からハワイの時差の計算方法
    4. 4.日本からハワイ・時差の関係による日程注意点
    5. 5.日本からハワイ飛行機で出来る時差ボケ対策
    6. 6.日本からハワイ時差ボケ緩和におすすめの食品
    7. 7.日本からハワイの時差ボケ対策を万全にしよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    日本とハワイの時差についてまとめました

    Photo by nom06231

    ハワイは常に人気の観光スポットで、毎年日本から大奥の観光客が訪れています。降り注ぐ太陽と、美しく輝くビーチと、暑いながらも爽やかさがある気候も気持ちも体もリラックスさせてくれる最高の観光スポットと言えます。

    一度訪れたらその魅力にハマってしまうハワイは、リピーターが多い観光スポットでもあります。幅広い年代から支持されているハワイですが、日本とハワイには時差があり、飛行機での旅は意外に時差ボケにかかりやすかったりもします。

    Photo byBKD

    時差の違いが時差ボケの原因になり、時差ボケになってしまうと、旅の楽しみも半減してしまいます。そこで、今回は、ハワイの旅の前に知っておきたい日本とハワイの時差について、そして時差ボケ対策についてご紹介いたします。

    日本とハワイの距離と飛行時間について

    Photo byFree-Photos

    日本からハワイへの飛行時間は、決して短いものではありません。飛行機の移動は苦手という方にとってフライトは辛い時間と感じてしまうかもしれません。でも到着したら、ハワイの爽やかな青空とビーチが待っていると思ったら乗り越えられそうです。

    また、ハワイに到着するまでの時間やフライト中を飛行機の中でどのように過ごすのかによって快適に乗り切ることができます。

    日本からハワイまでの距離

    Photo byThePixelman

    日本からハワイまでは、ヨーロッパへ行くのと比べたら距離も短くフライト時間も短くなりますがそれでもとても近いとは言えない距離でもあります。距離にすると約6600kmです。

    6600kmと聞くだけではあまりピンときませんが、例えばアメリカ本土のニューヨークからハワイまでの距離は約7884kmです。そう思うと、本土からハワイまでの距離も場所にはよりますがかなり遠いということがわかります。では時間はどれくらいになるのでしょうか?

    ハワイに各島まで到着するまでの飛行時間を一部紹介

    フリー写真素材ぱくたそ

    ハワイにはいくつかの島があり、ワイキキビーチがあるオアフ島は最も多くの観光客が訪れる島として有名ですが、ハワイの魅力はオワフ島だけではありません。マウイやハワイ、そしてカウアイ島各島も、それぞれ趣があり、またオアフとは違った雰囲気を感じられる場所として人気です。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング