北海道・道東のおすすめ観光スポット!大自然を満喫できる見どころをご紹介

北海道・道東のおすすめ観光スポット!大自然を満喫できる見どころをご紹介

「北海道・道東」エリアは、湿原や湖など「道東」でしか見ることの出来ない、大自然の絶景に出会えるスポットです。多くの人を魅了する観光スポット「北海道・道東」で、大自然の素晴らしさを体感してみててはいかがでしょうか。「道東」の見どころを詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.北海道「道東」は大自然にグルメに観光スポットが豊富
  2. 2.「道東」とは網走市・釧路市・根室市・十勝地方の総称
  3. 3.北海道の道東「網走市」のおすすめ観光スポット4選
  4. 4.北海道の道東「釧路市」のおすすめ観光スポット5選
  5. 5.北海道の道東「根室市」のおすすめ観光スポット4選
  6. 6.北海道の道東「十勝地方」のおすすめ観光スポット5選
  7. 7.北海道の「道東」観光はレンタカーやタクシーが便利!
  8. 8.北海道「道東」の見どころをチェックして楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

北海道「道東」は大自然にグルメに観光スポットが豊富

Photo by nikunoki

北海道の東部に位置する「道東」は、豊かな湖や、数々の湿原、美しい雪景色、野生動物など、「道東」ならではの大自然が生んだ素晴らしい景色に出会える人気の観光スポットです。

四季折々の表情を見せる「道東」の景色は、何度来てもまた訪れたくなる、思わず息を飲むような絶景ばかりです。その感動は言葉では言い表せません。

Photo by Tak H.

そして「道東」は、「鮭」や「ホッケ」など脂ののった美味しい海鮮がたくさん水揚げされ、海鮮グルメが色々なお店で食べられます。

そして広大な土地を活かした牧場がたくさんあり、お肉、ミルク、乳製品も豊富に生産されています。「道東」はグルメスポットとしても有名です。

「道東」とは網走市・釧路市・根室市・十勝地方の総称

フリー写真素材ぱくたそ

「道東」は、「網走市」「釧路市」「根室市」「十勝地方」の、北海道東部に位置する4つの地域の総称です。なので、「道東」はとても広く、見どころもたくさんあります。

「道東」だけで北海道の面積の4割を占めているのですが、その広さに対して、人口は北海道全体の2割程度です。「道東」の広大な土地には、未だ人の手がついていない、そのままの大自然がたくさん残っています。

「十勝地方」は19の町村の集まり

Photo by imnakashima

乳製品のCMなどで耳にすることの多い「十勝地方」ですが、実は19の市町村からなる地域の総称なのです。「帯広市」を中心に、農業や酪農が盛んな地域です。

十勝地方は、冬でも降雪量が少なく、スカッと晴れた日が続くことから「とかち晴れ」と言われています。晴れはしますが、寒いときは-30度まで冷え込む、寒さの厳しい地域でもあります。

北海道の「道東」はどんな所?

フリー写真素材ぱくたそ

「道東」は一年を通して、時期ごとにさまざまな楽しみ方が出来るスポットです。帯広を中心に広がる「十勝平野」、「世界自然遺産」の「知床」、日本最大級の「釧路湿原」など、観光スポットの宝庫です。

大自然が作り出す美しい絶景の数々を見られる「道東」は、おすすめの観光スポットです。見どころだらけの「道東」は、北海道観光で行ってみるべきエリアです。

北海道の「道東」へのアクセス

フリー写真素材ぱくたそ

飛行機でのアクセスの場合は、「道東」には、「女満別空港」「根室中標津空港」「たんちょう釧路空港」「とかち帯広空港」があります。目的地に一番近い空港への便に乗り、レンタカーなどでの移動がおすすめです。

ほとんどの空港へは直行便が飛んでおらず、一度「新千歳空港」を経由する必要があります。乗り換えなど少し複雑ですが、その分最高の絶景が待っています。

Photo byTama66

「道東」へは電車でも行くことは出来ますが、所要時間とお金がとてもかかります。せっかく観光に来たのだから、移動に時間をかけるのはもったいないと感じる方も多いはずです。

そのため、「道東」へのアクセスは「飛行機」がベストです。空港に着いたらレンタカーを借りたり、観光バスに乗ったり好きなところへ観光に出かけましょう。

北海道の道東「網走市」のおすすめ観光スポット4選

フリー写真素材ぱくたそ

「網走市」は、オホーツク海に面し、漁業が盛んな地域です。新鮮な海産物が毎日水揚げされ、「鮭」や「カニ」などの旨味が詰まった海鮮が道内各地へ輸送されています。

広大な土地を利用した、農業や酪農も盛んにとり行われていて、麦やじゃがいも、肉やミルクなどの美味しい食材もたくさん生産されています。

フリー写真素材ぱくたそ

冬には流氷が漂着して、流氷と共にたくさんの野生生物が見られることから、北海道を代表する観光スポットとなっています。

見どころ満載の「網走市」でおすすめの、観光スポットをご紹介します。大自然の絶景が体感出来る「網走市」へぜひ訪れてみて下さい。

網走湖

Photo by bryan...

「網走湖」は、道東の景勝地として人気を博す、大小7つの湖からなる「網走国定公園」内にある観光スポットです。冬は凍った湖面で、ワカサギ釣りをするのが人気です。

「網走湖」は、「網走市」と「大空町女満別北部」にまたがる大きな湖です。周囲およそ42kmで、オホーツク海と網走川を介して繋がっているので、満潮時は海水が逆流して海水が湖底に沈んでいます。

Photo by bryan...

晴れた風があまり強くない日には、「網走湖」の湖面に空や周辺の草花が映り、とても美しい景色を見ることが出来ます。「網走湖」は1年を通して楽しむことが出来るスポットです。

湖周辺に咲く「ミズバショウ」などの草花もとても綺麗で、フォトスポットとしても有名です。大瀬自然が生み出した湖の絶景をお楽しみ下さい。

住所 北海道網走市呼人823‐2
電話番号 0152‐44‐5849

オホーツク流氷館

Photo by alberth2

「オホーツク流氷館」は、「流氷」と「オホーツク海」に生息する生き物をテーマに、展示や体験が出来る、見どころたっぷりの人気観光スポットです。

館内には、可愛い流氷の妖精「クリオネ」が展示されていたり、本物の流氷が100tも展示されていて、大自然を間近に感じることが出来ます。

フリー写真素材ぱくたそ

展望台からは、晴れた日には一面の「オホーツク海」や、「知床連山」「網走湖」などの道東の大自然の絶景を臨むことが出来る絶景スポットです。

北海道最大のプロジェクションマッピングが楽しめることでも話題です。「網走市」に来たなら、外せないスポットです。

住所 北海道網走市天都山244‐3
電話番号 0152‐43‐5951

網走流氷観光砕氷船

Photo by cyesuta

「網走流氷観光砕氷船」は、1月下旬から4月頃まで運行している観光船です。実際に船に乗って、流氷の中を進む大迫力のアクティビティです。

船底が氷塊にぶつかると、船が揺れる緊張感もあり、とても楽しめると大好評です。船からは、「アザラシ」や「オジロワシ」が見られることもあります。ぜひみなさんも試してみてください。

住所 北海道網走市南3条東4‐5‐1
電話番号 0152‐34‐6000

能取岬海岸

Photo by Travel-Picture

「能取岬海岸」は、オホーツク海に突き出た岬で、先端には黒と白の灯台が立っています。夏には緑の草原が広がり、夜には満点の星空を見ることが出来ます。

冬には岬から、漂着するたくさんの流氷を見ることが出来るスポットとしても有名です。岬から見下ろす流氷は、まさに絶景です。

Photo by Travel-Picture

夜は、周辺に建物がほとんどなくとても暗いので、満点の星空を眺めることが出来ます。息を飲むような美しい星空をゆっくり眺めるのがおすすめです。

夏と冬でガラッと雰囲気が変わり、違った美しい景色を楽しめる「能取岬海岸」はおすすめの観光スポットです。絶景と呼ぶにふさわしい景色を、みなさんも体験してみてください。

北方民族博物館

Photo byTasos_Lekkas

「北方民族博物館」は、世界でも珍しい民族博物館です。「イヌイット」などの北方民族を対象に、民族の衣装や、生活、文化などを展示や、13種類の映像で解説している、見どころたっぷりの施設です。

民族について詳しく展示してあり、歴史や文化について深く知ることが出来る、人気の観光スポットになっています。先人の知恵が詰まった防寒具や道具の数々は、とても興味深い物ばかりです。

住所 北海道網走市字潮見309‐1
電話番号 0152‐45‐3888

北海道の道東「釧路市」のおすすめ観光スポット5選

Photo by Nao Iizuka

「釧路市」は、「釧路湿原国立公園」と「阿寒摩周国立公園」の2つの国立公園があり、大自然の魅力を感じられる人気の観光スポットです。

「釧路市」は、特別天然記念物の「タンチョウ」が観測出来ることでも有名です。そして漁業も盛んで、美味しい海産物がたくさん水揚げされます。

フリー写真素材ぱくたそ

「釧路市」で水揚げされる海産物は、「サンマ」や「シシャモ」「カニ」など、北海道を代表する海鮮が多くあり、北海道の各地の飲食店で味わうことが出来ます。

「釧路市」で有名な絶景といえば、「世界三大夕日」にも数えられるほどの、綺麗な夕日です。見どころいっぱいの「釧路市」の観光スポットをご紹介します。

釧路フィッシャーマンズワーフMOO

Photo by alberth2

「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」は、釧路の中心地にある、海鮮やお土産、飲食店が並ぶ観光スポットです。屋台のような居酒屋が集まる「港の屋台」や、夏季限定の「岸ぺき炉ばた」も人気です。

「釧路MOO市場」では、釧路ならではの新鮮な海産物や加工品、干物などが並び、お土産にぴったりのグルメをたくさん買うことが出来ます。

Photo byPDPhotos

そして「海鮮丼」や「海鮮グルメ」などが楽しめる飲食店がたくさん並び、観光客の胃袋を大満足させています。ショッピングもグルメも楽しめる、見どころ満載のおすすめスポットです。

そして、「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」は夕日がきれいに見えるスポットとしても有名です。「釧路」の海に涼む美しい夕日を眺め、最高の思い出を作りましょう。

住所 北海道釧路市錦町2‐4
電話番号 0154‐23‐0600

和商市場

Photo by jetalone

「和商市場」は、「釧路の台所」と呼ばれ親しまれる、北海道三大市場のひとつです。市場内にはおよそ60店舗が並び、新鮮な海鮮や、美味しいグルメを提供しています。

「和商市場」の名物となっているのが、「勝手丼」です。大、中、小の中から好きなライスの量を選び、市場内にあるさまざまな海産物店で売られている勝手丼の具材を買いまわって、自分好みの丼を作れます。

Photo by jeff~

「和商市場」にある飲食店では、市場で仕入れた新鮮な海鮮を使用したグルメや、北海道のご当地グルメ「豚丼」など味わうことも出来ます。

「和商市場」は「釧路」の美味しい味覚を、ショッピングしたり、味わったり出来る、見どころ満載のおすすめ観光スポットです。

住所 北海道釧路市黒金町13‐25
電話番号 0154‐22‐3226

阿寒湖

Photo by sendaiblog

「阿寒湖」は、アイヌ文化が根強く残り、特別天然記念物の「まりも」が生息する大きな湖です。「阿寒湖」全域が「阿寒摩周国立公園」内にあり、北海道を代表する絶景観光スポットとして知られています。

「阿寒湖」は、火山の噴火によって出来た「カルデラ湖」で、希少な生き物が生息しています。古くからこの地に住み人々によって大切にされてきました。

Photo by sendaiblog

「阿寒湖」に生息している球体の「まりも」は、藻の仲間なので、光合成をして成長します。本来は糸のような形の「まりも」ですが、たくさんの「まりも」が集まり、水中で回転しながらどんどん丸くなっていきます。

「阿寒湖」は、観光船や遊歩道を散策して楽しむことが出来ます。1年中楽しむことが出来るスポットとして、観光客がたくさん訪れます。

「阿寒湖アイヌコタン」も定番の観光スポット

Photo by houroumono

「阿寒湖アイヌコタン」は、阿寒湖畔の温泉街にある、アイヌ舞踊やアイヌの文化や歴史について学ぶことが出来ます。お土産店や、アイヌ料理が楽しめるお店もたくさん並び、観光スポットとして人気があります。

アイヌ文化を実際に体験したり、アイヌの歴史に触れることの出来る貴重なスポットです。「阿寒湖」と一緒に楽しみたい、見どころ満載のスポットです。

住所 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4‐7‐19
電話番号 0154‐67‐2727

「阿寒湖温泉」も人気!

Photo by alberth2

「阿寒湖温泉」は、阿寒湖畔にある温泉です。宿泊できる旅館やホテルが立ち並びますが、日帰り入浴が出来る施設も多くあります。

神経痛や冷え性などに効果があるとされる「阿寒湖温泉」には、外湯として共同浴場の「まりも湯」や「手湯」「足湯」などがあり、観光客に人気となっています。

住所 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4‐1
電話番号

釧路湿原国立公園

Photo by A_CUVE

「釧路湿原国立公園」は、4つの町村にまたがる、東京23区以上の大きさを誇る湿原です。大自然が織りなす素晴らしい景色の数々が楽しめる、見どころたっぷりの観光スポットです。

そして700種類の植物と、1300種類の生き物が生息しているとされ、日本初の「ラムサール条約登録湿地」となりました。天然記念物の「タンチョウ」を見られることでも有名です。

Photo by Noah Chiao

大昔、「釧路湿原国立公園」がある場所は海の中で、6000年から4000年前に海水がひき、湿原が現れたそうです。大自然の偶然が重なって生まれた、奇跡の湿原ともいえます。

公園内にはいくつかの展望台があり、美しい湿原をさまざまな角度から見渡すことが出来ます。遊歩道も整備されてるので、散策しながらも楽しめるのがおすすめです。

住所 北海道釧路市北斗2‐2101
電話番号 0154‐56‐2345

釧路市動物園

Photo byAlexas_Fotos

「釧路市動物園」は、日本最北端の動物園です。敷地内には遊園地も併設されていて、一日中楽しむことが出来るおすすめスポットです。

「釧路市動物園」の見どころは、「北海道ゾーン」で飼育されている北海道ならではの動物たちです。「エゾリス」や特別天然記念物の「タンチョウ」を見ることも出来ます。

フリー写真素材ぱくたそ

園内にはおよそ390頭の動物が飼育されていて、たくさんの動物のありのままの姿を見ることができ、とても人気です。動物の保護も行っていて、天然記念物「シマフクロウ」や「オオワシ」などの生育もしています。

飼育している動物だけでなく、北海道に生息する動物も積極的に保護し、野生に戻す活動をしている「釧路市動物園」は、珍しい動物を見ることが出来るおすすめスポットです。

住所 北海道釧路市阿寒町下仁々志別11
電話番号 0154‐56‐2121

北海道の道東「根室市」のおすすめ観光スポット4選

Photo by patchanism

「根室市」は、大自然に囲まれ、オホーツク海と太平洋に面した日本最東端の街です。漁業が盛んで、北海道1位を争う漁獲量を誇ります。

「根室市」の景勝地を巡る観光客がたくさんいるほど、絶景スポットがたくさんあります。冬には流氷や、ロシアからやってくる「オオワシ」の群れを見られることでも有名です。

Photo by yoppy

「根室」は、「カニ」や「ホッケ」「サンマ」などの海鮮がたくさん獲れ、北海道各地で根室産の海鮮は美味しいと親しまれています。

新鮮で美味しい海鮮と絶景が楽しめる、見どころ満載の「根室市」で、外せないおすすめの観光スポットをご紹介します。

明治公園

Photo bySkitterphoto

「明治公園」は、明治8年に「開拓使根室放畜場」として作られた、牧場の跡地を利用した公園です。公園にはシンボルとなっている鉄兜型の屋根が特徴の、赤レンガ積みの「サイロ」が3基並んでいます。

国内で2番目の古さの「サイロ」は、2001年に登録有形文化財に指定されました。そして、日本で一番最後に桜の開花が観測されるスポットとしても知られています。

Photo by1778011

公園内にはバーベキューが出来る施設もあり、いつもたくさんの人で賑わっています。5月にはタンポポが咲き誇り、一面黄色い絨毯がとても綺麗です。

「根室」の歴史を感じることが出来る「明治公園」は、大自然を体感できる絶好の観光スポットです。ぜひ「根室」に訪れた際は、「明治公園」に行ってみてください。

住所 北海道根室市牧の内81
電話番号 0153‐24‐3104

納沙布岬

Photo by bryan...

「納沙布岬」は、日本最東端にある岬です。そして、日本で一番早い日の出スポットとして有名です。「納沙布」は、アイヌ語で「岬の傍ら」という意味の「ノッサム」という言葉に由来しています。

1872年に作られた、北海道初の歴史ある洋式灯台が「納沙布岬」の先端に建っています。岬には「北方領土資料館」があったり、北方領土の返還を願う色々なモニュメントや石碑が建っています。

Photo by inunami

岬にある「オーロラタワー」という展望台からは、北方領土や根室半島、オホーツク海などの絶景見渡せます。「オーロラタワー」の隣にある、日本最東端の「納沙布金毘羅神社」も、定番の観光スポットになっています。

「納沙布岬」には、「カニ」や「海鮮丼」「刺身」が食べられる飲食店があり、「納沙布岬」を散策してお腹がすいた時にぴったりの、北海道らしいグルメが楽しめます。

Photo by Nao Iizuka

「納沙布岬」は、冬は迫力満点の「流氷」、春には「イルカ」や「クジラ」、夏には愛らしい「ラッコ」が見られるスポットとしても人気で、一年を通してさまざまな北海道ならではの野生動物に出会えます。

「納沙布岬」は、大自然を楽しめる見どころたっぷりの、おすすめ観光スポットです。日本最東端の絶景をぜひご自身の目で見てみてください。

住所 北海道根室市納沙布
電話番号 0153‐24‐3104

風蓮湖

Photo by Bambizoe

「風連湖」は、「ハクチョウ」を始めとする、300種類以上の野鳥が観測出来ることで有名なスポットです。「ハクチョウ」の飛来地としては国内最大級で、「ハクチョウの湖」として知られています。

「風連湖」は、「根室市」と「別海町」にまたがる、「ラムサール条約登録湿地」の汽水湖です。「風連湖」の周辺は、湿原や砂丘などの大自然があり、「風連湖」には10本の河川から流れ込んでいます。

Photo bySanta3

「風連湖」で見られる「ハクチョウ」は「オオハクチョウ」という種類で、毎年10月頃から見ることが出来ます。11月中旬が飛来のピークで、その頃になると5000羽以上の「オオハクチョウ」の姿が観測出来ます。

冬が明け、春が訪れると「カモ」や「チドリ」「タンチョウ」といった野鳥がやってきます。「風連湖」は水鳥のエサとなる水草が豊富なので、シベリアから飛んでくる野鳥たちの貴重な休憩地となっています。

Photo by Julie Edgley

「風連湖」では漁業も盛んに行われていて、「ワカサギ」「アサリ」などのさまざまな味覚が水揚げされています。1年を通してたくさんの野鳥を観察でき、大自然を感じられるおすすめ観光スポットです。

湖畔には道の駅も!

Photo byCouleur

「風連湖」の湖畔には「スワン44ねむろ」という道の駅があります。建物がガラス張りになっていて、「風連湖」の野鳥を観察できます。

地元のグルメや特産品などが販売されているショップや、鮮魚が販売されているショップ、根室ならではのグルメが楽しめる飲食店があり、観光客で賑わうスポットです。

住所 北海道根室市酪陽1
電話番号 0153‐25‐3055

根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

Photo by Katsujiro Maekawa

「根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター」は、「根室」の大自然についてや、「春国岱」についての展示などがされている見どころ満載のスポットです。

「春国岱」は、「風連湖」に隣接した第一砂丘、第二砂丘、第三砂丘の3つの砂丘からなる砂州です。第一砂丘が出来たのがおよそ1500年前、第三砂丘が3000年以上前と言われています。

Photo by harum.koh

「根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター」は、遊歩道を歩いて季節ごとの野鳥や花が観察でき、周辺の絶景を楽しめるスポットです。

住所 北海道根室市東梅103
電話番号 0153‐25‐3047

北海道の道東「十勝地方」のおすすめ観光スポット5選

Photo by naturald

「十勝地方」は、大自然に囲まれた広大な大地で、酪農や農業が盛んに行われている地域です。「ジャガイモ」や「小豆」「小麦」「玉ねぎ」などの食卓には欠かせない野菜が、十勝の気候によってうまみたっぷりに育ちます。

そして、「十勝地方」は、ヨーロッパ地方と緯度がほぼ同じで、チーズ作りに適した環境にあります。なので、酪農も畜産業もとても盛んです。

Photo by imnakashima

そして「十勝地方」は、大自然を活かした観光スポットが人気を集めています。大自然の絶景を見られるスポットや、「温泉」もあり、国内外からたくさんの観光客が訪れます。

そんな見どころたっぷりの「十勝地方」で、おすすめの観光スポットをご紹介します。「十勝地方」の雄大な景色を、ぜひ見に行ってみてください。

十勝が丘展望台

Photo by alberth2

「十勝が丘展望台」は、「十勝川公園」内にある、十勝の雄大な大地を一望出来る人気の観光スポットです。「十勝川公園」にある美しい花時計「ハナック」が公園のシンボルとなっています。

「十勝川公園」は、十勝らしい自然に溢れた公園で、アスレチックやピクニックにぴったりです。「モール温泉」の足湯も楽しむことが出来ます。

フリー写真素材ぱくたそ

そして「十勝が丘展望台」は、「十勝平野」や「日高山脈」などを一望でき、綺麗な夕日が見られることで有名な絶景スポットです。

地元では、夕方だけでなく早朝の景色も美しいことで知られ、冬の寒い朝に「十勝川」で見られる「川霧」も幻想的できれいです。見どころ満載の「十勝が丘展望台」で、十勝の絶景を眺めてみてください。

住所 北海道河東群跡皿町十勝川温泉北14‐4
電話番号 0155‐32‐6633

ばんえい十勝

Photo by urasimaru

「ばんえい十勝」は、世界で唯一の「ばんえい競馬」が楽しめるスポットです。「ばんえい競馬」とは、スピードではなく、そりを引きながら障害物を越えて進む、パワーと技術を競う競馬です。

技術力と駆け引きが楽しめる「ばんえい競馬」は、「エキサイティングゾーン」という至近距離で見られるスペースが設けられているのも魅力です。迫力満点のレースを間近で見ることが出来ます。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

「ばんえい競馬」で走る馬はとても大きく、通常の「競馬」の馬の2倍ほどの体重があります。昔は北海道で農耕馬として活躍していたので、足腰がしっかりとした大きな馬に育てていたそうです。

「ばんえい競馬」は、一年中レースが開催されていて、冬の雪が積もる時期でも楽しむことが出来ます。「ふれあい動物園」など、子供も楽しめるエリアもあるので、家族みんなで遊べるおすすめの観光スポットです。

住所 北海道帯広市西13条南9
電話番号 0155‐34‐0825

十勝千年の森

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

「十勝千年の森」は、デザイン性に溢れる4つのガーデンが美しい、人気の観光スポットです。「セグウェイ」にのって散策出来たり、「チーズ作り」などの実際に体験出来る施設もあります。

「十勝千年の森」は、十勝の自然を活かしたデザインで、世界的にも評価を得ている美しいガーデンが人気です。「アースガーデン」「エントランスフォレスト」「メドウガーデン」「ファームガーデン」4つの自然豊かな美しいガーデンがあります。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

人気の「セグウェイ」は、練習すれば誰でも乗れるようになるので、散策するのにぴったりの乗り物です。森の至る所にある現代アート作品も見どころです。

そして、牧場で飼育されている「ヤギ」から搾ったミルクで、「チーズ作り体験」が出来るのも魅力です。目で見て、体感して、遊べる「十勝千年の森」はおすすめの観光スポットです。

住所 北海道上川郡清水町字羽帯南10線
電話番号 0156‐63‐3000

とかち帯広空港

Photo by MiNe (sfmine79)

「とかち帯広空港」は、飛行機の翼をイメージしてデザインされたターミナルが特徴の空港です。北海道土産の定番や、加工品が販売されているお土産ショップや、飲食店があります。

ターミナル内の飲食店では、北海道産の牛肉で作る「ローストビーフ丼」や、帯広発祥のご当地グルメ「豚丼」、北海道ならではの「イクラ丼」などが味わえます。お土産用の「豚丼のタレ」も販売されていて、人気があります。

Photo by MiNe (sfmine79)

お土産店では、北海道銘菓や工芸品、北海道産の素材を使用した加工品、空港限定のグッズなどがたくさん販売されています。

飛行機に搭乗する前に、お土産を買ったり、北海道グルメを味わったり出来る、道東の玄関口「とかち帯広空港」で、最後まで道東旅行を楽しみましょう。

住所 北海道帯広市泉町西9線中8‐41
電話番号 0155‐64‐5320

然別峡 かんの温泉

フリー写真素材ぱくたそ

「然別峡 かんの温泉」は、「帯広市」の山奥にある、大自然に囲まれた温泉です。近くには「然別湖」などの観光スポットがあります。携帯の電波も通じない、秘湯として知られています。

宿泊も出来ますが、日帰り入浴もでき、誰でも温泉を満喫出来ます。露天風呂も完備されていて、とても気持ちのいいゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

フリー写真素材ぱくたそ

「然別峡 かんの温泉」の湯は、「治らぬ病なし」といわれる名湯で、常時湧いている自噴源泉を利用した11種類のお風呂が楽しめます。

滝の近くにある貸切露天風呂も人気で、家族や友達同士、カップルでの利用が可能です。大自然に囲まれた心地よい露天風呂は、ぜひ入っておきたい絶景風呂です。自然豊かな「然別峡 かんの温泉」は、穴場の温泉スポットです。

住所 北海道河東郡鹿追町北瓜幕字然別国有林145
電話番号

北海道の「道東」観光はレンタカーやタクシーが便利!

Photo bykareni

「道東」はとても広く、観光スポットごとに距離があり、公共交通機関もあまり発達していないので、電車などでの移動は難しく、とても時間がかかります。なので、「道東」観光にはレンタカーがおすすめです。

あまり遠くない距離ならタクシーも利用できますが、何度も移動する場合や、距離がある場合などが多いので、出来るだけレンタカーを利用して、思いのままに「道東」旅行を楽しみましょう。

北海道「道東」の見どころをチェックして楽しもう!

Photo bykareni

大自然が織りなす絶景の数々を見られる「道東」は、一年中楽しめる観光スポットです。北海道に観光に来た際は、ぜひ「道東」に訪れてみて下さい。美しい景色、野生の生き物、美味しいグルメなど、「道東」ならではの旅を満喫しましょう。

家族、カップル、友人と誰と行っても楽しめるおすすめの観光スポットとなっています。心ゆくまで楽しんでみてはいかがでしょうか?

c.mone
ライター

c.mone

大阪で生まれ育ち、現在は宮古島在住の主婦です。旅行や音楽、メイク、料理が好きです。全国各地の魅力を発信できるよう、わかりやすく素敵な記事を書くことを心がけています。ぜひ一緒にさまざまな土地の魅力を発見してみましょう。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング