創業当時の思いを込めて【シャトレーゼ】シャトー・レザンはこだわり満載!

創業当時の思いを込めて【シャトレーゼ】シャトー・レザンはこだわり満載!

2019年12月20日に創業65年を迎えたシャトレーゼ。今回は、そんなシャトレーゼが社のプライドをかけて開発した商品「シャトー・レザン」をご紹介します。社名の由来ともなった名前を持つお菓子は、一体どれほどの美味しさなのか?実食レポートしていきます!

    記事の目次

    1. 1.「ぶどうの城」の異名を持つ「シャトー・レザン」とは?
    2. 2.贅沢レーズン×バタークリームのハーモニー♡大人のほろあまレーズンサンド
    3. 3.商品情報

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    「ぶどうの城」の異名を持つ「シャトー・レザン」とは?

    【シャトレーゼ】シャトー・レザン

    今回は、シャトレーゼの創業65周年を記念して作られた商品である「シャトー・レザン」をご紹介します。2019年12月20日が、シャトレーゼの創業65年の記念日。1954年、山梨県で焼き菓子店の「甘太郎」として創業したのが始まりとのことです。

    1967年に「シャトレーゼ」に社名が変更されましたが、この名前はフランス語の「城(シャトー)」と「ぶどう(レザン)」を合わせた造語。

    今回発売された「シャトー・レザン」は、社名の由来となった名前を冠しているということで、シャトレーゼとしてもプライドをかけた商品と言えるでしょう。開発には1年以上を要し、こだわりの詰まったお菓子となっています。

    「ぶどうの城」という意味を持つ「シャトー・レザン」は、洋酒漬けのレーズンをふんだんに使用したバタークリームを、さっくりとしたサブレでサンドした、いわゆる「レーズンバターサンド」です。

    社名をかけた、この「シャトー・レザン」は一体どのような味わいなのか?詳しくレポートしていきます!

    シャトレーゼの美味しいお菓子100選以上♡ジャンル別のおすすめも!のイメージ
    シャトレーゼの美味しいお菓子100選以上♡ジャンル別のおすすめも!
    安心の低価格、豊富な種類、こだわり素材と製法でつくられた美味しい「シャトレーゼ」のスイーツはリピ買いしている常連さんも多いはず。当サイトjouer[ジュエ]の実食レポライターによる記事やシャトレーゼの人気のお菓子を集めた記事など、シャトレーゼに関する記事をまとめました。

    贅沢レーズン×バタークリームのハーモニー♡大人のほろあまレーズンサンド

    【シャトレーゼ】シャトー・レザン

    シックで上品な雰囲気漂うパッケージには、ワインのラベルのようにぶどうがたくさん描かれています。ワインも販売しているシャトレーゼならではの、「ぶどう」への自信が伺えます。開封してみると、個包装の袋の中に「シャトー・レザン」は直接入っていました。

    【シャトレーゼ】シャトー・レザン

    同じくレーズンバターサンドで有名な「六花亭」のものと比べると、少し小ぶりでシュッとスリムな形をしています。サブレのバターの香りはそこまで強くありません。ですが、サブレの間には、たっぷりのバタークリームとレーズンがサンドされています。

    包丁ではサブレが崩れてしまいそうな予感がしたので、手で割った断面を。

    【シャトレーゼ】シャトー・レザン

    袋から出した時にもわかりましたが、半分に割ってみると、より一層レーズンがふんだんに入っていることがよくわかります。公式サイトによれば、レーズンは「プチっと食感の小粒ゴールデンレーズン」と「じゅわっと旨味広がる大粒のフレームシードレス種のレーズン」の2種類を使用しているとのこと。

    確かに、断面からも色の違うレーズンが見えています。これらのレーズンは、それぞれ異なる洋酒につけられているのが特徴です。これが、味にどのように影響してくるのか、期待して頂きます。

    【シャトレーゼ】シャトー・レザン

    口に含むと、サブレ部分はかなり脆く、ほろっと崩れるような食感をしています。ほろほろとしたサブレに次いで、まったりと甘いバタークリーム、甘みと酸味をバランスよく感じられるレーズンの味わいが口の中に広がります。

    レーズンをよく味わってみると、柔らかくじゅわっとした食感と、プチっと歯ごたえの良い食感のもの、2種類をちゃんと感じられました。洋酒の香り自体は強くなく、味全体に程よく深みを与えてくれています。

    クーベルチュールのホワイトチョコレートをバタークリームの中に練りこんでいるため、バター感はあまり強くありませんが、ミルキーでコク深い味わいです。サブレと合わせても全体的にバター感は弱いため、割とあっさりといただけます。

    【シャトレーゼ】シャトー・レザン

    濃厚なバターを求める方には、少し物足りないと感じる味かもしれません。ですが、1つ税込129円で、ジューシーで味わい深いレーズンとまろやかでミルキーなクリームの組み合わせを味わうことができる「シャトー・レザン」はシャトレーゼの名に恥じぬ商品です。

    シャトレーゼ創業時に販売されていた今川焼き風の焼き菓子「甘太郎」は、当時貴重だった本物の小豆や砂糖を使用していたにも関わらず、1個10円(現在の価値で60円ほど)という、誰でも手に取れる価格だったそう。

    そんな創業当時の心をそのままに、誰にでも手に取れる価格で、本物の材料を使用したお菓子を作り続けているシャトレーゼ。ぜひ、その思いのこもった商品である「シャトー・レザン」を、一度おためしください!

    シャトレーゼのイメージ
    シャトレーゼの記事一覧
    シャトレーゼは山梨県甲府市が本社の食品メーカー。こだわりの素材を使った季節のスイーツやケーキ、シュークリームなどのお菓子、パンやアイスクリームを製造販売しています。全国に直営の販売店を持ち自社工場で作られた商品を販売しています。このページではシャトレーゼの店舗情報、人気・おすすめ商品、ギフト、工場見学、お得なポイント情報などに関する記事をご紹介します。

    商品情報

    店名 シャトレーゼ
    商品名/購入価格 シャトー・レザン/129円(税込)
    購入エリア 長崎
    購入日時 2020年4月

    ペチカ
    ライター

    ペチカ

    愛知出身/長崎在住、フリーライターのペチカです。 調理師として働いていた経験を元に、皆様に「間違いない美味しさ」をお伝えします! 美味しいものを味わっている時間は、誰にも奪われることのない至福のひとときです。私の記事が、そんな「美味しい時間」の助けとなりますように。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング