川越でおすすめの食べ歩きグルメ21選!人気のスイーツにあの名物も

川越でおすすめの食べ歩きグルメ21選!人気のスイーツにあの名物も

江戸情緒が残るレトロな川越は観光だけでなく、食べ歩きできるスポットとしても有名です。川越の名物「さつまいも」を使ったスイーツが数種類、「鰻」や「やきとり」などの食べ歩きグルメ情報も盛りだくさんです。目星を付けて効率よく食べ歩きを楽しんでください。

記事の目次

  1. 1.川越ってどんなところ?
  2. 2.川越・食べ歩きできる絶品グルメ7選
  3. 3.川越・食べ歩きができるおすすめの和スイーツ6選
  4. 4.川越・食べ歩きができる人気の洋スイーツ4選
  5. 5.川越・食べ歩きできるインスタ映えスイーツ2選
  6. 6.川越・食べ歩きでご縁がありそうな食べ物
  7. 7.川越・食べ歩きができる美味しい飲み物
  8. 8.川越の美味しいグルメやスイーツを食べ歩きしよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

川越ってどんなところ?

Photo by hiyang.on.flickr

川越は埼玉県の南西部にあり、県内ではトップ3の人口数です。昔は江戸時代の城下町としてにぎわっていたこともあり、「埼玉の小江戸」と呼ばれています。「蔵造り」や「菓子屋横丁」「時の鐘」など、歴史深い街並みが特徴的で、全国から観光客がたくさん訪れる人気のエリアです。

川越は食べ歩きにぴったりなところ!

Photo by na0905

低い建物や歴史的建造物が軒を連ねる川越エリアには、食べ歩きできるよう店頭で手軽に購入できるグルメやスイーツがあります。かつてみんなが食べてたであろう素朴な「お団子」やSNS映え必至な「アイスキャンディー」、川越特産の「さつまいも」、名物「鰻」なども食べ歩き用になっています。

川越の歴史とは?

Photo by sabamiso

川越は明治26年、大火事により街の多くを失いました。悲劇を繰り返さないよう防火対策として、漆黒の「蔵造り」様式を取り入れ、それが現在もなお残されています。また、明治から昭和、そして令和と変わらない趣きを残す「菓子屋横丁」があったり、かつての歴史と文化が感じられる川越です。

川越・食べ歩きできる絶品グルメ7選

Photo by toshifukuoka

川越に来たなら外せない食べ歩きの絶品グルメを7店舗ご紹介します。削り節がたくさんまぶされた「焼きおにぎり」や定番「やきとり」「たこせん」、そして今時なおしゃれ「カレー」まで、食べ歩きグルメの情報を一挙公開していきます!ぜひ、グルメはしごの参考にお役立てください。

かつおぶし中市本店のねこまんま焼きおにぎり

川越の観光に人気なスポット「一番商店街」に建つ「かつおぶし中市本店」です。かつお節や昆布・煮干しといった乾物など、日本の食卓に欠かせない品物を取り揃えています。また、「おつまみエイヒレ」や「まるごと焼きえび」を含む、珍味・おつまみも扱う「中市本店」です。

おすすめの川越食べ歩きグルメは「ねこまんま焼きおにぎり(1個250円)」、店頭で焼き上げるため、香ばしい醤油の薫りにつられ多くの方が購入していきます。おにぎりには味に深みを増す自家製だし醤油を塗り、本枯節やいわし削りをたっぷり振りかけます。火曜水曜以外の12:00販売です。

住所 埼玉県川越市幸町5-2
電話番号 049-222-0126

やきとりひびき 川越八幡通り店のやきとり

やきとりの街で有名な東松山から来た「やきとりひびき」です。川越の食べ歩きグルメに一押しなのは「特選かしら串(160円)」、こめかみ部分だけを使用したもので、時間が経って冷めてもやわらかいままいただくことができます。みそだれ味のやきとりが食欲を増幅させます。

やきとりだけでなく、埼玉ブランド「彩の国黒豚」の「豚ばら串(240円)」もおすすめの川越グルメです。豚バラ特有の甘さと味わい深いコクが特徴で、ついビールが飲みたくなる一本といえるでしょう。平日は15:00から21:00、土日祝が11:00から21:00、休日は決まっていません。

住所 埼玉県川越市新富町2-14-2
電話番号 049-222-3571

Jam 3281のお散歩カレー

食べ歩きグルメにカレー?と驚いてしまいますが、意外にもおしゃれで本格的なカレーが食べられると人気になっています。「Jam 3281のお散歩カレー」は透明なカップの中の下層にライス、その上にカレールゥ、最上部には卵とレタスなどの野菜が入ったものです。

上から食べ進めてしまうとライスだけが残ってしまうので、少し混ぜながら食べるのがおすすめです。カレールゥのセレクトは甘口・中辛・辛口から選べますが、辛口はけっこうな辛さのようなので注意してください。火曜から金曜は11:00から15:00のランチ営業、土日祝が11:00から18:00です。

住所 埼玉県川越市大手町15-9
電話番号 049-236-3909

かのんの鐘つきたこせん

「埼玉の小江戸」と呼ばれる川越の町並みにぴったりなグルメ「かのんの鐘つきたこせん(150円)」です。「時の鐘」の隣に佇むお店なので、「時の鐘」を目指して行けば難なくたどり着けます。川越の食べ歩きにふさわしいB級グルメ、サクサクな香ばしい海老せんに明石焼きが挟まれた食べ物です。

口コミを見ると「明石焼きじゃなくてたこ焼きみたい」と意見している方が複数います。熱々の明石焼きが入った「たこせん」を渡されたら、自分で店先にあるソースとマヨネーズをかけます。まるで大正・昭和時代の駄菓子を食べているような気分になるでしょう。川越の人気食べ歩きグルメです。

住所 埼玉県川越市幸町15-7
電話番号 -

串焼き りんりん屋のミニ蒲焼

食べ歩きグルメにしては少し高いですが、鰻がこの価格でいただけるとしたらリーズナブルなお店「りんりん屋」です。川越の人気グルメのひとつに鰻が挙げられますが、こちらのお店では「うな重」ではなく、「串焼き」でいただくスタイルです。

「串焼き りんりん屋のミニ蒲焼」は1本500円、可愛いサイズの鰻の蒲焼が串に刺さって提供されます。炭火でじっくり焼き上げた蒲焼は香ばしく、肉質はふっくらしているのが特徴です。ほかに、「鰻の肝焼き(350円)」や「合鴨のもも肉(400円)」などの串焼きグルメが揃っています。

住所 埼玉県川越市仲町2-2
電話番号 -

十一屋肉店のメンチカツ

食べ歩きグルメのド定番メニュー「メンチカツ」が食べられる「十一屋肉店」です。本川越駅から歩いて8分ほどの場所にあり、営業は水曜以外の8:30から19:30までとなります。お肉屋さんの「コロッケ」や「メンチカツ」は観光客はもちろん、川越の地元民にも愛されるソウルフードです。

「特製メンチ(250円)」、「武川豚コロッケ(200円)」、「カニクリームコロッケ(200円)」など他にも数点の人気揚げ物が並んでいます。食べ歩きにおすすめの「メンチカツ」は、ジューシーな旨みたっぷりです。注文してから揚げてくれるので熱々の状態でサクサクとした食感もあります。

住所 埼玉県川越市仲町3-26
電話番号 049-222-2331

川越ベーカリー 楽楽のお味噌のパン

子供にも人気の「菓子屋横丁」に軒を連ねる「川越ベーカリー楽楽」です。国産の小麦や天然酵母など厳選した素材を使い、さらに無添加にこだわった作り手の思いが伝わるパンを焼き上げています。食べログでの評価も高い、川越の人気パン屋さんです。平日8:00から17:00、土日祝は7:30からです。

食べ歩きにおすすめなグルメは「川越ベーカリー楽楽のお味噌のパン」、北海道産小麦・餅粉・秩父味噌を絶妙な配合で混ぜ合わせた逸品です。クッキー生地にも味噌の味わいを足していますが、しつこさはなく、ほどよい甘さの広がるパンです。やわらかな生地のため、持ち運びには注意しましょう。

住所 埼玉県川越市元町2-10-13
電話番号 049-257-7200

川越・食べ歩きができるおすすめの和スイーツ6選

Photo by chidorian

小江戸の情緒満載な川越だからこそ、食べないわけにはいかない和スイーツを寄り集めました。川越特産のいもたっぷりスイーツから、ホッと安心するお団子、定番のお土産ランキングに入る和菓子など、様々な和スイーツをご案内します。川越散歩のちょっとした休憩に選びたいお店があります。

菓匠 芋乃蔵の芋乃蔵さんでー

川越の観光スポット中心部にある「菓匠 芋乃蔵」、100年以上も昔の蔵を改装した情緒たっぷりな店構えです。10:00から17:30までの営業時間ですが、1月2月の間は17:00が閉店時間となります。人気ナンバーワンメニューは「ポテ蔵 みたらし団子」、川越本店でしか購入できない和スイーツです。

定番の和スイーツもいいですが、今回おすすめするのは「芋乃蔵さんでー」です。お芋ファンにはたまらない必食スイーツ、さつまいもクッキーと紫芋のアイス、芋クリーム入りブッセ、ウエハースが一度に楽しめるさつまいも尽くしのスイーツになります。濃厚ないもの風味と味わいが魅力です。

住所 埼玉県川越市幸町7-7
電話番号 049-298-8750

都屋の焼だんご

フォトジェニックでおしゃれなスイーツもいいですが、素朴な「焼だんご」も食べ歩きで押さえておきたいおやつです。「都屋」の定休日は月曜、営業時間が10:00から17:00となります。

一見「みたらし団子」と間違えてしまうかもしれませんが、こちらの「焼だんご」はみりん醤油味の甘さのないお団子です。醤油の香ばしさがどこか懐かしさを感じる、昔ながらのおすすめおやつです。

住所 埼玉県川越市元町2-3-16
電話番号 049-222-1988

かわしま屋のたい焼き

定休日が月曜、営業は10:00から17:00まで、「菓子屋横丁」に軒を連ねる「かわしま屋」です。子供から大人まで大人気の定番「たい焼き」も、川越の食べ歩きスイーツに外せない一品といえるでしょう。

「かわしま屋のたい焼き」は全品150円、川越らしい「芋あん」や定番「つぶあん」、子供に人気の「クリーム」、そして和風「胡麻あん」など6種類のたい焼きがあります。カップルや親子でシェアして、いろんなたい焼きを味わいましょう。

住所 埼玉県川越市元町2-7-6
電話番号 049-224-1636

菓匠右門 時の鐘店のいも恋

川越観光の定番お土産「菓匠右門 時の鐘店のいも恋」も、食べ歩きできるおすすめ和スイーツです。営業時間は9:00から18:00までです。店先で蒸されている「いも恋」を熱々の状態でいただきましょう。

中には輪切りにカットしたさつまいもと北海道産のつぶ餡、生地は山芋ともち粉を混ぜ合わせたものでもっちりしています。ひとつひとつ手間をかけて作った川越の故郷の味です。食べ歩きで購入してみて、美味しかったらお土産に購入する方法もおすすめです。

住所 埼玉県川越市幸町15-13
電話番号 049-226-5663

近江屋長兵衛商店のおからドーナツ

「時の鐘」近くの美味しいお店「近江屋長兵衛商店」は、豆腐料理をメインに提供する飲食店です。店内でいただくなら「おぼろ豆腐ごはん」や「お豆腐盛りセット」などの定食メニューがおすすめです。

食べ歩きに人気の和スイーツは「おからドーナツ(1個80円)」、こちらは食べ歩き用になります。持ち帰るのであれば、1袋5個入り400円を購入しましょう。揚げたては油っぽさがなく、サクサクした外側とふんわりした食感が楽しめます。豆乳の風味が香るドーナツです。

住所 埼玉県川越市幸町6-10
電話番号 049-222-0174

彩乃菓の生どら

「彩乃菓」の1Fは和菓子の販売、2Fはカフェスペースでゆっくりお茶できる造りになっています。こだわりの陶器の上に和菓子が置かれていておしゃれな店内です。

おすすめの商品は「生どら」、芋ようかんが生地からはみ出した「芋ようかん生どら」や「河越抹茶どら焼き」などがあります。季節限定の「生どら」も販売されています。緑茶やほうじ茶と一緒にいただきたい和菓子のひとつです。

住所 埼玉県川越市連雀町10-1
電話番号 049-298-4430

川越・食べ歩きができる人気の洋スイーツ4選

Photo bymelati411

子供にも人気の洋スイーツ情報をたっぷり4店舗ご紹介します。これぞ食べ歩き!なソフトクリームからさつまいも感たっぷりのスイートポテトパイ、川越唯一のチョコレート専門店でいただける食べ歩きスイーツまで、定番とは少し違う川越ならではのおすすめをぜひご賞味ください。

cocoroのエッグバウムスイートポテト

卵型のバウムクーヘンが何とも可愛い!と話題になった「cocoroのエッグバウムスイートポテト」です。地元の波田養鶏の赤玉や選りすぐりの食材を使った、川越・食べ歩きスイーツとなります。

しっかりめのバウムクーヘンの生地なので、カットしながら倒して食べるのがおすすめです。エッグバウムの中には甘さ控えめのクリームが入っています。SNSにあげたくなる可愛い見た目のスイーツです。営業時間は9:30から、売り切れ時点で閉店となります。

住所 埼玉県川越市幸町7-4
電話番号 049-228-5500

川越プリンの川越芋のモンブランソフト

蔵造りのレトロな雰囲気の中で映えるスイーツが「川越プリンの川越芋のモンブランソフト」です。ソフトクリームはプリンとカラメルの風味豊かな濃厚さがあり、川越芋のクリームをまるでモンブランのように重ねた一品です。

ノーマルな「プリンソフトクリーム」よりも、「川越芋のモンブランソフト」を注文している方が多いそうです。プリンとさつまいもの甘みが絶妙に合い、女性人気の高いスイーツとなります。11:00から17:00まで営業しています。

住所 埼玉県川越市幸町1-13
電話番号 049-277-5762

窯出し蜜いも ほくほくのサクとろスイートポテトパイ

川越の定番食材「さつまいも」を使った人気スイーツ「サクとろスイートポテトパイ(380円)」です。なめらかな「窯出し蜜いも」の甘みとサクッとしたパイ生地の食感が楽しく、ボリューム感があります。

メニューには「完熟スイートポテト」と「りんごと完熟スイートポテト」、「あんこと完熟スイートポテト」があり、どちらも380円で購入できます。おいもの甘みが美味しい、たっぷりスイートポテトが入った人気スイーツです。

住所 埼玉県川越市元町2-10-11
電話番号 049-257-7200

川越ショコラ ブロマージェのお芋deショコラ

チョコレート専門店「川越ショコラ ブロマージェ」の食べ歩きスイーツは「お芋deショコラ」、特産のさつまいもをペースト状にし、中身はくちどけのいいチョコレートです。

ホクホクとしたさつまいもならではのアクセントを加え、芋感がきちんと残ります。さつまいもとチョコレートの甘みはそれぞれ異なり、一緒になることでお互いの良さを引き出しています。店舗では10:00から17:00の間で購入できます。

住所 埼玉県川越市幸町1-9
電話番号 049-277-4831

川越・食べ歩きできるインスタ映えスイーツ2選

Photo byFree-Photos

SNSにあげて「いいね!」がもらえるであろう、フォトジェニックな食べ歩きスイーツもチェックしていきましょう。美味しいのはもちろん、見た目のインパクトにも長けたスイーツです。レトロな川越の町並みに合わせて着物や浴衣をレンタルすると、さらに最強なインスタ映えになります。

小江戸おさつ庵のおさつチップ

昔ながらの定番おやつ「おさつチップ」がフォトジェニックなスイーツとして話題になっています。「小江戸おさつ庵」はテイクアウト専門になるため、川越の食べ歩きグルメにぴったりです。素朴な味わいながらも、若者に人気なのには「小江戸おさつ庵」ならではの食べ方があるからだといいます。

甘さ控えめの「おさつチップ」に合う10種類のディップソースがあり、好きなものを選ぶことができます。例えば、絶対合う「塩バターソース」やピリ辛好きには「チリソース」、甘党には「キャラメルクリーム」、そしておすすめの「黒蜜クリーム」などを用意しています。

住所 埼玉県川越市幸町15-21
電話番号 049-226-3297

大学いも 川越いわたの手作りアイスキャンディー

「大学いも 川越いわた」は川越市内に2ヶ所あります。「新富町本店」と「時の鐘店」、どちらも水曜日が定休日ですが、「新富町本店」は10:00から19:00、「時の鐘店」の方は10:30から17:00までの営業になります。川越グルメで何度も登場する「さつまいも」のスイーツ店です。

ただ、今回取り上げるのはSNS映え「大学いも 川越いわたのアイスキャンディー」です。「さつまいも」は使用していませんが、その季節で美味しいフルーツを使った自家製のこだわりアイスになります。いつも10種類揃えており、シーズンによって違った味が楽しめるので飽きることはありません。

赤やブルー、グリーンなどの鮮やかなアイスキャンディ-は、漆黒の蔵造りの町並みによく映えます。暑い夏はもちろん、通年食べたくなる川越食べ歩きスイーツです。

川越・食べ歩きでご縁がありそうな食べ物

Photo byBru-nO

購入するとハッピーになれそうな食べ歩きスイーツを見つけました。友だちや恋人、親子で同じものを買うのがポイントです。食べて幸せ、並べて幸せな食べ物です!

紋蔵庵 蔵の街店の幸せバトン

「紋蔵庵」は埼玉県内に6店舗、そのうち川越市内には4店舗展開している川越の人気和菓子店です。創業は慶応元年、155年もの長きに渡って川越市民をはじめ、観光客に親しまれてきた老舗店といえます。長年培ってきた技術や伝統を活かし、「川越ポテト」などの銘菓を作ってきました。

ご縁がありそうな川越グルメは蔵の街限定「想いをつなぐ 幸せバトン」なるものです。川越名物「さつまいも」の餡が詰まったかりんとう饅頭、黒糖の香ばしいカリッとした外側の生地と合わせることで、優しいながらも甘さがあります。価格は1本278円(テイクアウト・イートインあり)です。

何が「想いをつなぐ 幸せバトン」なのかというと、かりんとう饅頭の包み紙に秘密があります。包み紙のサイドに半分のハート型イラストがあるので、横に並べると一つのハートになるわけです。

住所 埼玉県川越市元町1-15-5
電話番号 049-228-9555

川越・食べ歩きができる美味しい飲み物

Photo byelPoloX

ここまで食べ歩きできる食べ物の情報をお伝えしましたが、ここではテイクアウトできるおすすめのドリンクをご紹介します。ほかのドリンクも評判なので、ぜひ店頭で確認してみてください。

福呂屋のほうじ茶和三盆ホイップラテ

明治8年創業「福呂屋」は、川越の代表的な観光名所「時の鐘」のすぐ隣に店を構えています。1Fは販売スペース、2Fはイートインスペースになり、購入した物を食べることができます。「福呂屋」の一番人気な和スイーツは「鐘つき最中」、「時の鐘」を模した最中には北海道十勝産の餡が入ります。

食べ物もおすすめですが、今回ご紹介するのはテイクアウトドリンクメニュー「ほうじ茶和三盆ホイップラテ」です。香ばしい味わいと和三盆の適度な甘みが好バランスで、川越散歩の疲れた身体に甘さがやさしくしみわたります。ほかに「抹茶黒蜜ホイップラテ」や「河越抹茶スカッシュ」もあります。

住所 埼玉県川越市幸町15-1
電話番号 049-222-1103

川越の美味しいグルメやスイーツを食べ歩きしよう!

フリー写真素材ぱくたそ

日本各地には食べ歩きできる観光地が多数点在していますが、その中でもトップクラスに人気なのが川越です。東京方面からのアクセスがしやすいこともあり、日帰りで食べ歩き観光するお客さんも多く、連休になると店舗の前に列をなしていこともしばしばです。おいしい食べ物がたくさんあります!

anemone4
ライター

anemone4

生まれも育ちも福岡のanemone4です。ホッキョクグマや犬が好きで愛犬チワワにいつも癒されています。上手ではないですがカラオケが娯楽の一つで友人と7時間は歌っていることもあります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング