岐阜の鍾乳洞を探検しよう!観光やデートに人気のおすすめスポットは?

岐阜の鍾乳洞を探検しよう!観光やデートに人気のおすすめスポットは?

岐阜県には、魅力的な鍾乳洞がたくさんあり、観光スポットにもなっています。カップルのデートにおすすめの鍾乳洞や家族でのお出かけにおすすめの鍾乳洞などが点在しています。今回は、岐阜県で家族・カップルにおすすめの鍾乳洞を厳選して紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.そもそも鍾乳洞とは?
  2. 2.岐阜鍾乳洞:飛弾大鍾乳洞
  3. 3.岐阜鍾乳洞:大滝鍾乳洞
  4. 4.岐阜鍾乳洞:美山鍾乳洞
  5. 5.岐阜鍾乳洞:関ヶ原鍾乳洞
  6. 6.岐阜鍾乳洞:蛇穴
  7. 7.岐阜鍾乳洞:九合洞窟
  8. 8.岐阜の鍾乳洞に一度行ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

そもそも鍾乳洞とは?

Photo byLohrelei

鍾乳洞は石灰岩地帯に多く存在しています。鍾乳洞は石灰岩が地表水や地下水などにより浸食し、長い年月をかけて出来た洞窟です。

洞窟は大きく2つに分類することができます。1つ目は人類が作り出した地底空間です。人が作った地底空間は、金などの鉱物を掘り出すために掘られた洞窟や、戦時中に避難をするために造られた防空壕・トンネルなどが挙げられます。

近年では、地下街などが作られたり、洪水などに備えて地下に大きな貯水槽が建設されている都市もあり、人工的に作り上げられた空間が人類が作った地底空間に分類されます。

Photo bySimon

2つ目は、自然が作り出した地底空間です。自然が作り出す地底空間は、何万年の年月をかけて作り上げられる洞窟です。石灰分が含まれている地質は、浸食が起こるため、中が空洞となり洞窟となります。

石灰分が含まれている地質は、火山の溶岩洞や海食洞でも作られ、浸食の進み具合などにより形の違う地層が出来上がり鍾乳石となります。

石灰岩の地質にある地底空間は石灰洞と呼び、溶岩の中にある地底空間は溶岩洞、砂岩の中にある地底空間は砂岩洞と呼び、地質などにより呼び方はそれぞれ異なります。

岐阜には魅力的な鍾乳洞が多い

Photo bySimon

岐阜県には、石灰分が含まれている地質が多数点在しているため、鍾乳洞が多く存在しています。鍾乳洞の形は場所でそれぞれ異なっており、魅力やおすすめのポイントもたくさんあります。

魅力のある鍾乳洞がたくさんある岐阜県には、カップルのデートにおすすめの鍾乳洞や、子どものいる家族連れにもおすすめの鍾乳洞などがありますので、おすすめの鍾乳洞を紹介していきます。

岩手の鍾乳洞・洞窟巡り!人気の龍泉洞や幽玄洞など観光名所をご紹介のイメージ
岩手の鍾乳洞・洞窟巡り!人気の龍泉洞や幽玄洞など観光名所をご紹介
岩手県は自然に恵まれた土地に溢れ、牧場や舟下りなど自然を感じられる場所が多くあります。その中でも岩手の鍾乳洞の数は全国屈指です。日本三大鍾乳洞の龍泉洞の地底湖は世界一の透明度とされ、日本とは思えない美しさです。岩手の自然が作り出した神秘的な姿をご覧ください。
岐阜で知る人ぞ知る人気・モネの池!見頃やアクセスと周辺の見どころは?のイメージ
岐阜で知る人ぞ知る人気・モネの池!見頃やアクセスと周辺の見どころは?
SNSなどで話題のモネの池は、岐阜で知る人ぞ知る人気の観光スポットです。名画「睡蓮シリーズ」を体験できると評判の岐阜・モネの池では、美しいスイレンと鯉のコラボレーションが見られます。そこでモネの池の見頃やアクセス、周辺の見どころを紹介します。

岐阜鍾乳洞:飛弾大鍾乳洞

1つ目に紹介する「飛騨大鍾乳洞」は、飛騨高山と奥飛騨温泉郷の間に位置しており、国内でも屈指の観光名所となっています。飛騨大鍾乳洞は、全長約800メートルもある迫力のある人気の鍾乳洞です。
 

家族連れやカップルにおすすめの観光スポット

Photo byLife-Of-Pix

飛騨大鍾乳洞は、魅力的なポイントが多くありカップルのデートスポットに人気である他、中も整備されているため、家族連れにもおすすめの観光スポットです。また、ペットを連れて鍾乳洞に入ることもできます。

1月から3月上旬は、期間限定で木に谷の水をかけて凍らせた氷柱・氷の渓谷を見ることができますので、カップルには特に人気の高い時期です。氷柱は、高さ30メートル・幅300メートルになることもあり、迫力満点で見る人を魅了してくれます。

Photo byfoursummers

また、2月の中旬ごろには氷の渓谷がライトアップされるイベントも開催されており、幻想的な鍾乳洞を見ることができます。ライトアップされた鍾乳石や氷柱がロマンチックとカップルに人気のイベントになっています。

避暑地としてもおすすめ

Photo by : : Ys [waiz] : :

冬の時期には氷柱などの景色を見ることができる、飛弾大鍾乳洞は標高900メートルの位置にある、日本一高い位置にある鍾乳洞です。鍾乳洞の中は1年を通して気温が約12度ほどになっているため、夏には避暑地として利用することもできるおすすめスポットです。

飛弾大鍾乳洞のおすすめポイント

Photo byHans

飛騨大鍾乳洞は、第1洞・第2洞・第3洞の3つに分けられています。それぞれの区分に出口が設置されていますので、途中で出ることも可能です。第2出口以降は急な坂道が続く通路となりますので、小さな子どものいる家族連れは第2出口で出る人が多いです。

鍾乳洞の入口から第1出口までの所要時間は約10分・第1出口から第2出口までは約20分・第2出口から第3出口までは約30分となります。

飛騨大鍾乳洞のおすすめポイントは4カ所あります。1つ目のおすすめポイントは、第1洞にある竜宮の夜景です。竜宮の夜景は入口に入ってすぐの所にあります。竜宮の夜景は、地下水の上に広がる鍾乳石が青く照らし出されており、幻想的で神秘的な空間を作り出しています。

2つ目のおすすめポイントは第1洞の夢の宮殿です。つららのような鍾乳石がたくさんあることが特徴で、宮殿の中にいるような感覚になることができるポイントです。

3つ目のおすすめポイントは、第2洞にある愛深スポットです。愛深スポットは、第1洞と第2洞を繋いでいる地下トンネルで、LEDライトをたくさん使った美しい空間を演出しています。

4つ目のおすすめポイントは、第3洞にある月の世界です。月の世界は洞穴サンゴで形成された石の裂け目が素晴らしいと評判です。月の世界までは道がかなり狭くなっていますので、気を付けて進む必要があります。

飛弾大鍾乳洞の基本情報とアクセス

飛弾大鍾乳洞へはJR高山駅からバスが出ています。バスは1時間に1本のペースで運行しており、鍾乳洞口バス停で下車をするとすぐです。バスの乗車時間は約30分です。また、300台無料で収容可能な駐車場もありますので、車でのアクセスも可能です。

年中無休で営業をしています。営業時間は時期により異なっており、4月から10月は8:00から17:30(最終入場17:00)で、11月から3月は9:00から16:30(最終入場16:30)です。料金は高校生以上1100円、小学生・中学生は550円です。

住所 岐阜県高山市丹生川町日面1147
電話番号 0577-79-2211

岐阜鍾乳洞:大滝鍾乳洞

2つ目に紹介する岐阜県人気の鍾乳洞は、長さ2キロメートルある「大滝鍾乳洞」です。大滝鍾乳洞は、東海地区で最大級と言われている石灰洞窟の鍾乳洞です。鍾乳洞だけでなく、出口のところには流しそうめんを楽しめる場所がありますので、家族でのお出かけにもおすすめです。

洞窟の中は、夏場でも涼しいので、薄手の長袖などを持参しておくことをおすすめします。洞窟の出口の近くに釣り堀があり1竿300円で糸が切れるまで釣り放題でニジマスを釣ることができます。

木製ケーブルカーで案内

大滝鍾乳洞は、中に入るまでに木製のケーブルカーで案内をしてくれます。岐阜県にある他の鍾乳洞では見ることができない移動手段です。ケーブルカーでの移動は、カップルだけでなく、子どもにも人気で家族で楽しむことができます。

受付から鍾乳洞の入口までは急斜面となっているため、ケーブルカーを利用しています。周囲の景色を眺めながら走るケーブルカーは、鍾乳洞に入るまで様々な景色を見せてくれるため、家族・カップルどちらにもおすすめの人気スポットです。

行きは、ケーブルカーで受付と入口までを移動しますが、帰りは徒歩となります。足元が滑りやすくなっている場所がありますので、スニーカーなど歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

大滝鍾乳洞の魅力

大滝鍾乳洞の最大の見どころは、天上界の鍾乳石群です。水量を豊富に含んでいる大滝鍾乳洞は、透明度の高い鍾乳石や、乳白色の綺麗な色の鍾乳石が多く存在しています。また、珍しい赤い鍾乳石も見ることができます。赤い色をしているのは金属イオンを含んでいるためです。

透明度の高い鍾乳石が多くあるため、光を反射させ美しく輝く鍾乳石を見ることができます。幻想的で魅力的な色はカップルにも人気であり、別世界にいるような雰囲気を作り出してくれます。

Photo byJohn-Silver

大滝鍾乳洞では、特徴的な鍾乳石に面白い名前が付けられているところも見どころです。また、鍾乳洞の中で滝を見ることができるのも魅力で、落差が30メートルあり、地底で見ることができる滝としては2020年3月現在日本一と言われています。

落差が30メートルある上に、水量が豊富なため滝の近くは水しぶきが激しいため、少し離れた位置から滝全体を見るのがおすすめです。

大滝鍾乳洞の基本情報とアクセス

Photo bySweetaholic

大滝鍾乳洞までは、東海北陸道上八幡インターチェンジから約15分でアクセスすることができます。電車やバスなどの公共交通機関が近くに運行していないため、なるべく車でのアクセスが望ましいです。

車でのアクセスが難しい場合は、郡上八幡駅からタクシーを利用するのがベストなアクセス方法です。定休日は、12月26日から1月1日までと1月と2月の平日は営業をしていません。1月と2月に大滝鍾乳洞に行く場合は、土日・祝日に行きましょう。営業時間は8:30から17:00です。

入場料は大人1人1000円、高校生・中学生は1人800円、5歳以上小学生は1人500円です。5歳未満の子どもは無料で入場することができます。鍾乳洞の見学に必要な時間は約30分です。

住所 岐阜県郡上市八幡町安久田2298
電話番号 0575-67-1331 

岐阜鍾乳洞:美山鍾乳洞

続いて紹介する鍾乳洞は、岐阜・日本だけでなく世界でも珍しい立体迷路型の鍾乳洞です。美山鍾乳洞は、地中に段差がついている洞窟で、2億年以上の長い歳月をかけて作られた鍾乳洞とされており、郡上市の天然記念物にもなっています。

美山鍾乳洞は、壮大なスケールの鍾乳洞でカップル・家族に人気の鍾乳洞で、地球の歴史を感じることができる魅力あふれるスポットです。

人気ケイビング体験ができる

美山鍾乳洞では、洞窟探検のケイビングを体験することができます。美山鍾乳洞では、専用のスーツ・ヘルメット・長靴が用意されていますので、気軽にケイビングを楽しむことができます。

身体全体を使った、狭く・照明の無い暗い洞窟の中を進んでいく体験は、美山鍾乳洞ならではの体験です。ケイビング体験は、通常の観光ができる場所と異なり、整備されていない暗い道を進んでいきます。

普段ライトアップされた綺麗な鍾乳洞とは違い、普段入ることができない道なき道を自分の力で進んでいく体験は、探険心を引き出してくれる貴重な体験です。

美山鍾乳洞のおすすめポイント

美山鍾乳洞の魅力は、人の手が殆ど加えられていないことです。自然のままの鍾乳石を見ることができ、世界から見ても珍しい形状の鍾乳石のため、岐阜県を代表する観光スポットにもなっています。

自然のままの鍾乳洞のため、洞窟の中は滑りやすい場所や狭い道などが多いです。そのため、女性はスカートなどは避けてズボンの方がおすすめです。また、サンダルやミュール・ヒールなどの靴は避けて、スニーカーなどの滑りにくい靴で行きましょう。

Photo byEfraimstochter

鍾乳洞は、入り口から上へと登っていきます。上へ登りきると展望台があり、絶景を眺めることができます。周囲の山を一望することができる展望台は、暗く・狭い鍾乳洞を進みきったご褒美です。

なお、美山鍾乳洞の出口は、カップルの聖地にも認定されている場所です。カップルで、鍾乳洞の険しい道を一緒に進みカップルの聖地で絶景を眺めることができるため、カップルのデートに人気のスポットです。

美山鍾乳洞の基本情報とアクセス

Photo by tatakaba_jp

美山鍾乳洞へは、北陸自動車郡上八幡インターチェンジから約30分ほどでアクセスすることができます。バスや電車などの公共交通機関は近くを運行していないため、駅からはタクシーを利用して行きましょう。

夏の間は無休で営業をしています。12月から3月初めまでは、営業をしていません。それ以外の期間は毎週木曜日が定休日となります。営業時間は9:00から17:00で、11月のみ9:00から16:00です。

入場料金は、中学生以上が1人900円で3歳以上が1人500円です。3歳未満は無料で入場することができます。鍾乳洞の見学に必要な時間は約30分です。

住所 岐阜県郡上市八幡町美山421
電話番号 0575-68-2321

岐阜鍾乳洞:関ヶ原鍾乳洞

続いて紹介する岐阜県の「関ケ原鍾乳洞」は、岐阜県不破郡関ケ原町にあります。関ケ原鍾乳洞は、岐阜県の中でも小規模の鍾乳洞となっているため、子どもでも比較的に訪れやすいスポットです。

小学校などの学校行事などでも利用することが多く、20分くらいで鍾乳洞全体を見て回ることができます。鍾乳洞の中は、夏と冬で一定の温度となっていますので、夏には避暑スポットとしても利用することができます。

洞内の清流でニジマスも楽しめる

関ケ原鍾乳洞では、洞窟の中に清流があり、ニジマスが生息しています。また、タイミングが合えば、コウモリを見ることもできます。

鍾乳洞の中で魚を見ることができるのは、岐阜県の中だけでなく日本で見ても珍しいスポットで、美しい鍾乳洞の中で気持ちよく泳ぐニジマスを一緒に眺めてはいかがでしょうか。

関ヶ原鍾乳洞の魅力

関ケ原鍾乳洞は、週末などは家族連れで賑わっています。歩道が綺麗に整備されていることと、高低差が少ないためベビーカーを押しながら見て回れるため、小さい子どもがいる家族に人気の観光スポットです。

全長が約500メートルほどの小規模な鍾乳洞であるため、気軽に観光することができる鍾乳洞ですが、透明度の高い鍾乳石が多数あり美しさに目を奪われます。

関ケ原鍾乳洞の魅力は、ニジマスやコウモリが生息していることだけでなく、古生代の化石も見ることができるのも魅力です。気軽に立ち寄ることができる鍾乳洞のため、見学に必要な所要時間は約20分ほどになります。

関ヶ原鍾乳洞の基本情報とアクセス

関ケ原鍾乳洞へは、名神高速道路関ケ原インターチェンジから約10分ほどでアクセスすることができます。バスや電車の公共交通機関は近くを運行していませんので、関ケ原駅から車なしでアクセスする場合は、タクシーで鍾乳洞まで行きましょう。

営業日は時期によってことなります。12月から2月は月曜日・金曜日・土曜日・日曜日です。3月から11月は月曜日・火曜日、木曜日から日曜日です。3月から11月の定休日は毎週水曜日ですが、水曜日が祝日の際は営業をしています。

営業時間も時期により異なっており、3月から6月・9月から11月は9:00から17:00です。7月・8月は9:00から17:30で、12月から2月は10:00から16:00です。営業時間は変更となることがありますので、ご注意ください。

入場料金は、中学生以上が1人700円・小学生が1人300円、3歳以上小学生未満が1人200円です。3歳未満は無料で入場可能です。

住所 岐阜県不破郡関ケ原町玉1328-3
電話番号 0584-43-0092

岐阜鍾乳洞:蛇穴

最深部には巨大な地底湖が存在しているとされているのが、岐阜県にある蛇穴鍾乳洞です。蛇穴の近くには道の駅があり、鍾乳洞の湧水を使用した銘酒・福和良泉などはお土産にも喜ばれています。

蛇穴は、古い歴史と伝説のある鍾乳洞です。古来、大蛇が洞窟に住んでおり、水を湧き出させていたと言われています。大蛇が湧き出す水は、周囲の村に恵みをもたらしていましたが、村人たちの無道は振る舞いに激怒した大蛇は姿を消したと言われています。

観光鍾乳洞ではない

観光スポットの鍾乳洞が多い岐阜県の中でも、蛇穴は観光地化されていない鍾乳洞です。奥行きが25メートルほどの小さな鍾乳洞ですが、整備されていないため子どもがいる家族連れの場合は、入り口から眺めることをおすすめします。

また、大人の場合でも足元は滑りやすく、暗いため万が一ケガなどをしても自己責任となります。少し奥まで入ってみたい場合は、懐中電灯などの灯りを持参するようにしましょう。靴なども滑りにくい靴など装備をきちんとして訪れましょう。

蛇穴の水が有名

Photo byDeltaWorks

美しい清水が流れ出ているのが、蛇穴の魅力です。蛇穴から流れる水は、岐阜の名水50選に選ばれている有名な水です。入口で水を汲んで帰る方も地元の方も大勢います。パワースポットにもなっている蛇穴は、美しい水を求めて訪れるリフレッシュスポットになっています。

蛇穴の基本情報とアクセス

Photo byJOERG-DESIGN

蛇穴へは、東海北陸自動車郡上八幡インターチェンジから車で約45分ほどでアクセスすることができます。公共交通機関を利用する場合は、バスで鹿倉口で下車した後、道の駅方面へ歩いて15分の場所になります。

蛇穴は、鍾乳洞目的で行くよりも、湧き水を汲みに来る人が多いスポットのため、カップルでのドライブデートや、家族での休日ドライブに立ち寄る人が多く、近くの道の駅で買い物をするのが、人気のルートです。

観光地化されていない鍾乳洞のため、年中無休・営業時間の定めなし・無料で入場することができます。定めはありませんが、最低限のマナーを守って見学するようにしましょう。

住所 岐阜県郡上市和良町野尻895
電話番号 0575-77-2211

岐阜鍾乳洞:九合洞窟

最後に紹介する岐阜県の鍾乳洞「九合洞窟」は、岐阜県山県郡にある石器時代から弥生時代ぐらいまでの洞窟型住居跡です。洞窟の中からは縄文時代・弥生時代の土器などが多数出土しています。

入口の幅は約15メートル・奥行30メートルと言われています。八畳洞と六畳洞の2つの広場があるのが特徴です。

観光鍾乳洞ではないので装備が必要

九合洞窟は、先ほど紹介した蛇穴と同様観光地化されていない場所です。危険が伴うため、入り口周辺までしか見学をすることができません。人の手が付けられていない、自然の洞窟です。

足元も滑りやすく、落石の危険性もありますので中に入る際は装備をきちんとしておくようにしましょう。地主さんの好意により自由に見学することができますが、ケガなどの事故は自己責任となります。

中の方に進む際は、懐中電灯が必須です。また、ロープなどの装備や服装も濡れてもいいケイビング用の装備がないと進むことができません。

岐阜県博物館で出土品を確認できる

九合洞窟から出土した、縄文・弥生時代の出土品は、岐阜県博物館で見ることができます。岐阜県博物館では、九合洞窟のジオラマが展示されていたり、土器や石器が復元されています。

九合洞窟では、入り口のみを見学することがおすすめですが、中の様子や出土品などを観たい場合は、岐阜県博物館を訪れましょう。岐阜県博物館は大人800円・大学生700円・高校生以下は無料のため、家族で歴史を学ぶことができます。

九合洞窟の基本情報とアクセス

Photo by darkensiva

九合洞窟までは、岐阜駅から車で約40分ほどでアクセスが可能です。県道91号線を進んでいくとアクセスできます。バスなどの公共交通機関は運行をしていませんので、自家用車やレンタカーを利用するようにしましょう。

住所 岐阜県山県市谷合
電話番号 -

岐阜の鍾乳洞に一度行ってみよう!

Photo byBeccalee

岐阜県の鍾乳洞を紹介してきました。家族に人気の鍾乳洞やカップルに人気の鍾乳洞など、岐阜県には様々な魅力溢れる観光鍾乳洞がたくさんあります。珍しい体験をすることができる鍾乳洞もありますので、是非岐阜の鍾乳洞を訪れて素敵な体験をしましょう。

mi-sa0380
ライター

mi-sa0380

旅行が大好きです。日本の名所から世界遺産巡りなど歴史を感じることができる場所が好きです。観光に行くとご当地グルメを食べ歩いたりカフェ巡りをしています。動物も好きなので、動物園や水族館に行ったり、犬カフェや猫カフェに行って、可愛い動物に癒されています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング