ディズニーランドで唯一お酒を飲めるレストランがある!その秘密や場所を一挙公開

ディズニーランドで唯一お酒を飲めるレストランがある!その秘密や場所を一挙公開

ディズニーランドには、禁止されているお酒を唯一飲めるレストラン「クラブ33」があります。そこで、クラブ33の秘密を一挙公開しましょう!ディズニーランドでノンアルを飲める場所7店や、お酒に合うおつまみを購入できる場所2店もご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.やっぱりディズニーランドでお酒を飲みたい!
    2. 2.ディズニーランドでは全面お酒が禁止
    3. 3.ディズニーランドでお酒が唯一飲める場所って?
    4. 4.ディズニーランドはお酒はないけどノンアルはある
    5. 5.ディズニーランドでお酒に合うおつまみを購入したい
    6. 6.ディズニーランドでお酒:番外編
    7. 7.ディズニーランドでお酒を楽しむのはハードルが高い!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    やっぱりディズニーランドでお酒を飲みたい!

    Photo bykameo0501

    ディズニーランドではお酒が禁止されていますが、ディズニーランドは特別な世界だからこそ、大人はやっぱり「お酒を飲みたい」と思ってしまうものです。

    ところがディズニーランドには、お酒が唯一飲める幻の場所があると言われています。一般には公開されていない幻の場所で、本当にお酒は飲めるのでしょうか?その秘密に迫りました!

    ディズニーランドでは全面お酒が禁止

    ディズニーランドでは全面お酒が禁止になっています。そこでお酒の持ち込みや、ディズニーシーでのお酒の販売状況についてご紹介しましょう。

    開園した当時からお酒の販売や提供は一切なし

    Photo byEngin_Akyurt

    ディズニーランドでは、開園した当時からお酒の販売や提供は一切行っていません。公式サイトのQ&Aでも「アルコールの販売はありますか?」という質問に対して「ディズニーランドでの販売はございません」とはっきり回答が記載されてあります。

    お酒の持ち込みも禁止

    Photo byLUM3N

    ディズニーランドではお酒の持ち込みも禁止されています。公式サイトでも酒類は持ち込みできないと記載されていますし、入園時の持ち物検査の際に不可となるため、お酒を持参した場合は園外のコインロッカーに預けることになるでしょう。

    持ち物検査の目的は不審者の入園を事前に食い止めること、また他のゲストに危害を加えたり迷惑になったりするのを防ぐことの2点です。お酒はパーク内でのトラブルにつながる恐れがありますから、持ち込みを禁止するのは当然のことと言えるでしょう。

    ディズニシーはお酒が飲める

    ディズニーランドでは禁止されているお酒ですが、ディズニシーなら購入できます。2020年2月現在、お酒が飲めるディズニシーのお店は、アラビアンコーストとマーメイドラグーンを除いた5つのエリア、全18ヶ所です。

    お酒の種類も豊富でビール、ワイン、カクテル、ウィスキー、ブランデーと多彩に揃っていますし、おつまみも充実しています。ディズニーの雰囲気に浸りながらお酒を楽しみたい方は、ディズニーシーへ行くのもいいでしょう。

    ディズニーランドでお酒が唯一飲める場所って?

    Photo bySeo_Seungwon

    ディズニーランドでお酒が唯一飲める場所はどこにあるのでしょうか?利用できるゲストの条件や、海外のディズニーランドで予約できる方法をご紹介します。

    会員制レストラン「クラブ33」

    ディズニーランドでお酒が唯一飲める場所とは、会員制レストラン「クラブ33(サーティースリー)」です。クラブ33はディズニーランドパーク内にある会員制のレストランですが、一般には公表されていませんし、看板も出ていません。

    そのためクラブ33を目にしたこともなければ、存在自体を聞いたことがないという方も多いことでしょう。

    クラブ33はディズニーランドが開園した際に建てられていますが、もともとはウォルトディズニーがVIP客をもてなすための特別な空間でした。そしてウォルトディズニーが亡くなった後はお酒が飲める会員制のレストランとして利用し、現在に至ります。

    全世界に3つのみ

    世界には7ヶ所のディズニーリゾートがありますが、お酒が飲めるクラブ33が存在しているのは1955年開園のカリフォルニアディズニーランド、1983年開園の東京ディズニーランド、2016年開園の上海ディズニーリゾートの3ヶ所だけです。

    また2017年には、1971年開園のウォルト・ディズニー・リゾート(WDW)にもクラブ33がオープンすると発表されました。世界最大規模のWDWには、4つのパークに1つずつ、計4店のクラブ33ができるとされていますが、詳細は明らかになっていません。

    クラブ33の名前の由来には2つの説があります。1つ目はカリフォルニアディズニーランドのクラブ33が、ニューオリンズ・スクエアエリアの「33 Royal Street(33番地)」に位置していたことです。

    2つ目はカリフォルニアディズニーランドにクラブ33がオープンした1967年当時、33のスポンサーがあったことです。

    会員かその招待客のみ

    ディズニーランドのクラブ33を利用できるのは会員、または会員の招待客のみなので、一般の方は利用することも、店内に入ることさえもできません。それなら会員になりたい!と思うところですが、残念ながら現在会員の募集は行われていないのです。

    会員は10年以上追加募集されておらず、2012年に再開されましたが10年後の2030年代まで希望者が順番待ちをしていると言われています。つまりクラブ33を利用するためには、現会員に予約してもらうことが必須の条件です。

    またクラブ33はVIPラウンジのような位置づけになっていて、主な目的は接待なので、会員のほとんどは公式スポンサーを中心とした法人会員とされています。以前には日本テレビ会長が利用していたこともありました。

    場所はワールドバザールの中

    クラブ33の場所は、ディズニーランドに入園してすぐのエリア「ワールドバザール」の中です。入園後直進し、中央十字路を左に進みます。右手に見えるマジックショップと、三井住友銀行出張所の間にある「屋根付きの渡り廊下」のような場所を目指しましょう。

    屋根の下にある、「33」がデザインされた両開きのドアこそがクラブ33の入り口です。扉は常時閉まっていて、インターホン越しに名前と予約時間を伝えると扉が開き、入店できます。そのため一般ゲストが行けるのは扉の前までとなり、店内には入れません。

    クラブ33は2階建てになっていて、1Fは高級ホテルのようなエントランス、2Fが厳かで豪華な雰囲気のレストランです。何とシンデレラ城を真正面から眺められる立地ですから、それだけでも感動が込み上げてくるでしょう。

    レストランではフランス料理のコースが提供され、お酒はワインやシャンパン、日本酒まで種類豊富に揃っています。そしてエレクトリカルパレードの時間帯だけ照明が消され、コース料理も一旦中断となるため、お酒を片手にパレードをゆっくり満喫できる空間です。

    店内では「33」のロゴが入った限定グッズも販売されています。どれもとても高価なものばかりですが転売は禁止されているため、クラブ33に行った人だけがゲットできるお宝品と言ってもいいでしょう。

    またバースデープランを予約すると、ミッキーが個室でお祝いをしてくれます。クラブ33は正にVIP待遇で、たどり着くのが非常に困難な夢のような場所なのです。

    またディズニーランドのトゥーンタウンには「クラブ33 1/3」と記された表札の扉があり、トゥーンタウンのスポンサーである講談社専用のラウンジになっています。

    JCB THE CLASS保有者なら入れるかも?

    以前は会員以外にも、JCB THE CLASS保有者ならクラブ33に入れる権利がありました。JCB THE CLASSとはいわゆるブラックカードのことで、JCBが定める厳しい条件と審査基準をクリアした人だけがもらえるカードです。

    しかし2019年7月分の予約をもってJCB THE CLASSの利用が終了となったため、現在はJCB THE CLASSを持っていても予約ができません。つまり、東京ディズニーランドのクラブ33を利用する手段は現会員からの紹介のみということになります。

    ただし上海ディズニーリゾートのクラブ33なら、kkdayが企画するツアー「上海ディズニーランドVIPサービス」に申し込めば非会員でも利用が可能です。

    VIPサービスの6大特典の中に「クラブ33入場」が含まれていますが、1日5名限定のツアーなので早めの予約をおすすめします。料金は32万円ほどで、入園パスポートや食事代・お酒代は含まれていません。

    一方WDWは、まずメールで連絡を取るのが会員になる1つの方法とされています。ただし入会金は33000米ドル(日本円で約367万円)、年会費は15000米ドル(日本円で約167万円)です。あまりにも衝撃的な金額で言葉を失ってしまいますが、5つの魅力的な特典もあります。

    特典1は会員、配偶者、26歳未満の子供を対象としたプレミアパスポート、特典2は1日パークホッパーチケットを年間50枚、特典3は5日間のVIPガイドツアー、特典4はプライベートコンシェルジュサービス、特典5はファストパスの予約です。

    ディズニーランドで憧れの会員制クラブ33!店内の様子やおすすめメニューとは?のイメージ
    ディズニーランドで憧れの会員制クラブ33!店内の様子やおすすめメニューとは?
    東京ディズニーランドには、唯一アルコールの飲める「クラブ33」というレストランがあります。今回は、東京ディズニーランドの中でも謎めいた存在であるクラブ33についてご紹介していきます。詳しい場所や会員の募集状況など、気になる謎について説明していきます。

    ディズニーランドはお酒はないけどノンアルはある

    ディズニーランドではお酒は購入できませんが、ノンアルコールドリンクなら購入できます。ディズニーランドで扱うノンアルは「キリン零ICHI(ゼロイチ)」の1種類のみです。

    キリン零ICHIはお酒ではありませんが、1番搾り製法で作られているためビールらしい苦みや甘みが感じられ、ノンアルとは思えない美味しさが人気を集めています。

    購入できる場所は?

    ディズニーランドのノンアルはどこで購入できるのでしょうか?ディズニーランドでノンアルが購入できる7店舗をご紹介します。

    イーストサイドカフェ

    ディズニーランドのイーストサイドカフェは、カフェという店名ですがパスタ専門のレストランです。料理はパスタセットのみで、単品料理は扱っていません。セット内容は前菜+パスタ+パン+ソフトドリンクから1品ずつを選び、料金は1920円です。

    ノンアル(530円)はセット料金には含まれていませんが、イーストサイドカフェはテーブル席で注文し、料理が運ばれてくるテーブルサービス形式を採用しているため、ゆっくり落ち着いてお酒気分を味わえるでしょう。

    ただし、規模は大きくないのでランチタイムを中心に行列ができます。そこでおすすめなのが、事前受付ができるプライオリティ・シーティングです。席が空き次第優先的に案内してもらえるサービスなので、有効に活用しましょう。

    場所はディズニーランドのワールドバザールです。エントランスを抜け、シンデレラ城に向かって左側に位置します。近くにあるミッキー形ワッフルで有名な「グレートアメリカン・ワッフルカンパニー」や、「マジックショップ」を目指すとわかりやすいでしょう。

    センターストリート・コーヒーハウス

    ディズニーランドのセンターストリート・コーヒーハウスは、ワンプレートメニューを中心に家庭的でボリューム満点な洋食を提供するレストランです。

    またディズニーランドでは珍しく、開園から10:00まで2種類の朝食を提供していますから、ディズニーランドでモーニングを食べれば優雅な朝を迎えられそうです。

    プライオリティ・シーティングの対象店ではありませんが、遅い時間まで営業していることで人気のお店です。そのため混雑が落ち着きやすい閉園間際に行けば、ノンアル(530円)でゆっくりとお酒気分を味わえるでしょう。

    場所はディズニーランドのワールドバザールになります。中央十字路を右に進むと、右手に入り口があります。キャストがゲストを案内するために立っているので、あまり迷う心配はなさそうです。

    れすとらん北斎

    ディズニーランドのれすとらん北斎は、ディズニーランドで唯一天ぷら御膳やちらし丼といった和食を提供するレストランです。和食にはやっぱりお酒がほしくなるところですが、ノンアル(520円)でお酒気分を満喫しましょう。

    ディズニーランドに滞在中は、どうしても食事が洋食に偏りがちなので和食を求めるゲストが多くいます。そのため幅広い年齢層から愛されていますが、席数が少なめなので行列が絶えません。

    プライオリティ・シーティング必須の店とされているため、予定が決まった時点で早めに予約を済ませ、時間を効率よく使うことをおすすめします。

    場所はディズニーランドのワールドバザールです。中央十字路を曲がらずに直進すると、右手にあります。

    クリスタルパレス・レストラン

    ディズニーランドのクリスタルパレス・レストランは、世界各国のバラエティに富んだ料理をブッフェサービスで提供するレストランです。好きなものを好きなだけ食べられますし、キッズコーナーも設置されているのでファミリーからも高く支持されています。

    料金は昼・夜共通で大人3150円、4歳~6歳1250円、7歳~12歳2000円で、ソフトドリンクもおかわり自由です。お酒を飲みたい方は、ノンアル(420円)を別料金で注文できます。

    お酒風のノンアルを他店よりも110円安く飲めるお店でもあるため、ディズニーランドでお酒気分にじっくり浸りたい方、またお酒風のノンアルのお代わりを考えている方は見逃せません。

    ディズニーランドでしっかり食事をしたい方にとってはお手頃な値段設定なので、プライオリティ・シーティングなしで並ぶと数時間待つこともあります。早めに事前受付を済ませておきましょう。

    そんなクリスタルパレス・レストランは実は、タイミングが合えば窓側の席からパレードが見られる穴場スポットでもあります。運良く窓側の席に案内されたら、ぜひお酒風のノンアルを飲みながらパレードを鑑賞してみてください!

    場所はディズニーランドのアドベンチャーランドです。ワールドバザールを抜け、シンデレラ城に向かって左側にあります。ガラス張りで宮殿を思わせる豪華な建物ですから、すぐに見つけられるでしょう。

    ブルーバイユー・レストラン

    ディズニーランドのブルーバイユー・レストランは、ディズニーランドで唯一アトラクションと一体型になった施設であり、パーク内で最も高級なレストランでもあります。

    大人気アトラクション「カリブの海賊」のスタート地点に隣接していて、テーブルにキャンドルが灯ったロマンチックな雰囲気のお店です。料理はフレンチスタイルのコース料理(4300円~)で、お酒好きな方はノンアル(530円)を別料金で注文できます。

    場所はディズニーランドのアドベンチャーランドです。「カリブの海賊」の建物と「カフェ・オーリンズ」の間にある小道を進み、左奥にあります。

    ポリネシアンテラス・レストラン

    ディズニーランドのポリネシアンテラス・レストランは、ショーと食事を同時に楽しめる完全予約制のレストランで、ポリネシアン風のアレンジ料理がコースで提供されます。

    ショーは2種類あり、ランチショーが「リロのルアウ&ファン」です。映画「リロ&スティッチ」のリロが、ミッキーや仲間たちを招いて陽気なパーティーを開きますが、スティッチが乱入して店内は大騒ぎになってしまいます。

    ディナーショーは「ミッキーのレインボー・ルアウ」です。ミッキーと仲間たちが、ハワイやタヒチをはじめとしたポリネシアのダンスと歌を披露しながら、さまざまな記念日をにぎやかに祝福します。

    ただし、「リロのルアウ&ファン」は2020年3月31日をもって公演が終了となります。早めに予約をして、見逃さないようにしましょう。

    料金はランチショーが大人3770円~、4歳~8歳2730円~です。ディナーショーは大人4190円~、4歳~8歳2830円~ですが、2020年4月1日から値上がりとなり、大人4690円~、4歳~8歳3030円~となります。

    ショーを鑑賞しながらのお酒は格別ですから、ぜひお酒風のノンアル(530円)で雰囲気を満喫しましょう。

    場所はディズニーランドのアドベンチャーランドです。エントランスからアトラクション「ジャングルクルーズ」方面に進み、「ウエスタンリバー鉄道」を過ぎた辺りにあります。藁ぶき屋根を目印にするといいでしょう。

    ザ・ダイヤモンドホースシュー

    ディズニーランドのザ・ダイヤモンドホースシューは、ショーとウエスタン風の料理が楽しめる完全予約制のレストランです。

    ランチショーは「ホースシュー・ラウンドアップ」で、映画「トイ・ストーリー2」のウッディたちが登場します。歌やダンス、またゆかいなアクションを披露する、楽しさと笑いが満載の西部劇です。

    ディナーショーは「ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ ミッキー&カンパニー」です。レストランに招かれたミッキーたちは一夜限りのスペシャルショーを開催します。そしてある男性の恋心に気付いたミッキーたちが、キューピッドとして奮闘します。

    料金はランチショーが大人3350円~、4歳~8歳2300円~、ディナーショーは大人3850円~、4歳~8歳2500円~です。

    2020年4月1日からはランチショーが大人3850円~、4歳~8歳2500円~、ディナーショーは大人4690円~、4歳~8歳3030円~となります。ノンアル(530円)は別料金で注文可能です。

    場所はディズニーランドのウエスタンランドです。シンデレラ城の左側にある橋を渡り、真っ直ぐ進んだ左手にあります。

    ディズニーランドのレストラン予約まとめ!コツや注意点・当日予約の方法まで解説のイメージ
    ディズニーランドのレストラン予約まとめ!コツや注意点・当日予約の方法まで解説
    ディズニーランドのレストランの予約について詳しくご紹介いたします。レストランを予約する際のコツや注意点についてもまとめているため、役に立つ情報満載です。ぜひ、事前のレストラン予約を活用して、ディズニーランド当日を充実した1日にしましょう。

    ディズニーランドでお酒に合うおつまみを購入したい

    Photo bystevepb

    ディズニーランドでお酒は飲めませんが、お酒に合うおつまみを購入して自宅で楽しむことはできます。そこで、ディズニーランドでお酒に合うおつまみを購入できるお店2選をご紹介しましょう。

    ゼネラルストア

    ディズニーランドでお酒に合うおつまみを購入できるのは、ゼネラルストアです。お酒のおつまみになるお菓子を中心に扱っているため、お酒が好きな方へのお土産にも喜ばれるでしょう。場所はディズニーランドのウエスタンランドです。

    甘くないお菓子が充実

    お酒のおつまみを購入するのにぴったりなゼネラルストアでは、ナッツやサラミといった甘くないお菓子が充実していますし、お酒に合う料理に欠かせない香辛料も購入できます。甘い物が苦手な方や料理好きな方は、一度立ち寄ってみるといいでしょう。

    ワールドバザール・コンフェクショナリー

    ディズニーランドでお酒に合うおつまみは、ワールドバザール・コンフェクショナリーでも購入できます。ディズニーランドで最大規模のお菓子専門ショップですから、お酒と一緒に食べたいおつまみがきっと見つかるはずです。

    パスタスナックが買える

    ワールドバザール・コンフェクショナリーでは、お酒によく合うおつまみとしてパスタスナックを購入できます。また甘さ控えめのチョコレート菓子も豊富に揃っているため、お酒がさらに美味しくなるおつまみをゲットできるでしょう。

    ディズニーランドでお酒:番外編

    ディズニーランドでお酒は飲めませんが、パーク外ならOKです。そこで番外編として、ディズニーランドから最も近い位置にある、お酒とおつまみを購入できるスポットをご紹介します。

    ディズニーランドホテル

    ディズニーランドホテルはパークエントランスから徒歩1分の距離に位置し、ホテル内にあるコンビニでお酒やおつまみを購入できます。

    好みのお酒やおつまみをチョイスし、ほろ酔い気分でパークを楽しんでもいいでしょう。ただし、酔っ払い過ぎると入園不可となるので注意が必要です。

    宿泊者以外でもラウンジやレストランは利用可能

    ディズニーランドホテルではラウンジやレストランでもお酒が飲めて、宿泊者以外も利用できます。お酒やおつまみをメインに楽しみたいならラウンジがおすすめで、17:00~20:00頃なら混雑しにくいでしょう。

    ディズニーランドでお酒を楽しむのはハードルが高い!

    ディズニーランドでお酒を飲むのは非常にハードルが高く、なかなか手が届きません。お酒好きな方にとっては物足りないノンアルでも、夢の国で飲むと雰囲気が変わるものです。ぜひディズニーランドで「お酒気分」を楽しみましょう!

    佐藤綾
    ライター

    佐藤綾

    2児の母です。家族で色々な場所へ出かけ、美味しいものを食べるのが一番の楽しみです!

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング