ディズニーランドで憧れの会員制クラブ33!店内の様子やおすすめメニューとは?

ディズニーランドで憧れの会員制クラブ33!店内の様子やおすすめメニューとは?

東京ディズニーランドには、唯一アルコールの飲める「クラブ33」というレストランがあります。今回は、東京ディズニーランドの中でも謎めいた存在であるクラブ33についてご紹介していきます。詳しい場所や会員の募集状況など、気になる謎について説明していきます。

記事の目次

  1. 1.ディズニーランドの「クラブ33」に行ってみたい!
  2. 2.ディズニーランドの「クラブ33 」ってなに?
  3. 3.ディズニーランド「クラブ33」の場所は?
  4. 4.ディズニーランド「クラブ33」の店内は?
  5. 5.ディズニーランド「クラブ33」に入店するには?
  6. 6.JCB THE CLASSを保有するには厳しい条件が
  7. 7.ディズニーランド「クラブ33」はハードルが高い!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ディズニーランドの「クラブ33」に行ってみたい!

Photo bycegoh

東京ディズニーランドではアルコールを提供するお店はありませんが、実は唯一アルコールを提供している会員制のフレンチレストランがあります。

それが、今回の記事で紹介していく会員制の「クラブ33」です。クラブ33とはどういったお店なのか、誰でも会員になることはできるのか、店内はどういった雰囲気なのか気なるポイントを説明していきます。

場所や料金など詳しくご紹介

Photo by132369

ネットなどで調べても料金など詳しい情報が出ていない謎の多いクラブ33ですが、これはクラブ33の料理や店内の様子をネット上にアップしてはいけないと、お店でキャストから言われることが原因となっています。

このようにキャストがお客さんに対して注意を促すことは非常に珍しく、驚きの声が上がっています。しかしネットに写真などをアップしない事で謎めいたクラブ33というレストランを作り上げて行くことに協力する事ができます。

気になるクラブ33の料理の料金やディズニーランドの入り口からの行き方など、詳しい情報は後ほど紹介していきます。

ディズニーランドの「クラブ33 」ってなに?

Photo byPeggy_Marco

まずはディズニーランドに存在すると言われている「クラブ33」とはどういったお店なのか紹介していきます。店内はどのような雰囲気のお店なのか、料金はどれくらいかかるのか詳しく説明していきます。

東京ディズニーランドに存在する会員制のレストラン

Photo byPexels

クラブ33とは、公式サイトにも記載されていない、公表されていない会員制のレストランのことです。公式サイトにも詳しい情報が載っていないことからディズニーランドの中でも、特別な場所ということがわかります。

アメリカのクラブ33は会員限定のホームページを作っているなど、日本のクラブ33よりもオープンな雰囲気を持っています。

 元々クラブ33とは、ディズニーの創始者としても有名なウォルトディズニーがお客さんをもてなすために作ったとも言われています。ウォルトディズニーの死後の現在は、限られたVIPをもてなすために会員制になったと言われています。

一般には非公開の高級フレンチ店

フリー写真素材ぱくたそ

クラブ33は一般的には非公開のお店で、一般のお客さんが簡単に入店することはできません。クラブ33の入り口は、インターホンのボタンがあるだけで人の気配を感じることはできないのです。

入り口の場所は、探そうと思えば誰にでも見つける事ができる場所にあるので、入り口は誰でも見る事ができます。詳しい入り口の場所は後ほど紹介していきます。

世界のディズニーパークのうち存在するのは3か所

Photo byFree-Photos

実はクラブ33は、東京ディズニーランドだけでは無く、東京を含めて3つの国のディズニーランドにも存在します。1つ目はカリフォルニアのディズニーランド、2つ目は上海のディズニーランドです。

上海のディズニーランドのクラブ33は2016年に開業したばかりです。上海に開業するまでは、世界で最初にできたカリフォルニアのディズニーランドと東京にしかありませんでした。

近年、フロリダのウォルトディズニーワールドリゾートにオープンするということも決まりました。各テーマパークに1店舗ずつオープンするということで、計4店舗オープンすることになります。

入会希望者はメールで問い合わせが必要となっており、もしかしたら誰でも入ることのできるクラブ33になるのではという噂も飛び交っています。

主な利用層はスポンサーなどの法人会員

Photo byJohanna84

会員制のクラブ33ですが、主に利用するのはオリエンタルランドの役員など、法人の会員が多いです。なぜ法人の会員が多いかと言うと、クラブ33は開演当初、企業の役人や著名人などの接待に使用するために作られたレストランだからです。

東京ディズニーシーにクラブ33が存在しないのは、先に開園したディズニーランドにクラブ33というVIPをもてなすための会員制のレストランがあったからです。

フランス料理のコース

Photo byRDLH

気になるクラブ33の料理ですが、フランス料理のコース料理となります。料理が運ばれると、その料理について一つ一つキャストが丁寧に説明してくれます。季節によってメニューが変わるので、行くたびに違った料理を楽しむことができます。

各テーブルに最低一人、クラブ33のイメージカラーである緑のコスチュームに身を包んだキャストがついているので、追加の注文や何か欲しいものがあった場合にすぐに対応してもらうことができます。

エレクトリカルパレードの時間になると、店内の照明は落とされ料理の供給も中断するので、パレードを満喫することができます。窓からはパレードを見下ろす事ができるので、パレード全体を優雅に見る事ができます。

Photo byComfreak

気になる料金ですが、ランチでは概ね1万円から1万5千円、ディナーでは1万5千円から2万円と料金が設定されています。アルコールの料金はコース料理の料金には含まれていないので、別料金となります。

ディズニーランド「クラブ33」の場所は?

Photo byPPPSDavid

まずは気になるクラブ33の場所ですが、入り口は一般の方にも見ることができます。そのクラブ33の入り口ですが、ワールドバザールの三井住友銀行の出張所とマジックショップの間にあります。

ワールドバザールの三井住友銀行の出張所の左横

Photo byInstagramFOTOGRAFIN

何も知らないで前を通ると、気づかないほどのひっそりとした入り口になっています。入り口のドアには、クラブ33の入り口とわかるように33と書かれています。隠れているわけではありませんので、場所さえわかれば見つけることは簡単です。

三井住友銀行の出張所にはATMが設置されているので、現金をすぐに下ろすこともできるようになっています。

入口に近い場所に駐車できる

Photo byFree-Photos

クラブ33に予約をしていると、ディズニーランドの入り口に近い専用の駐車場に車を止めることができます。駐車場の料金所の1番左のレーンに入り、クラブ33に予約している予約名を言う必要があります。駐車料金は安くはなりません。

ディーズニーランドへの入り口も専用の入り口があり、この専用入り口を通る際も予約名を言う必要があります。

ディズニーランド「クラブ33」の店内は?

Photo bystevepb

ディズニーランドのレストランは、ショーの見え方などを考えて場所が決まっているのですが、クラブ33はそのレストランの中でも最高の場所に位置しています。普段はカーテンで閉ざされていますが、正面にはシンデラ城を見る事ができます。

続いては、秘密のベールに包まれている会員制レストランであるクラブ33の、気になる店内の様子について紹介していきます。

ファンタジーとモダンテイストが融合した空間

Photo byFree-Photos

ディズニーランドのワイワイとした雰囲気とは違い、大人っぽい落ち着いた雰囲気の店内です。入り口のドアを開けると、高級ホテルのロビーのような豪華なエントランスに目を奪われます。ディズニーホテルのような優雅な雰囲気の店内です。

1階が受付となっており、2階が食事をする場所となっています。テーブルに案内されるまでは、1階か2階のラウンジで待つことになります。しかし、待つことはほとんど無く、すぐに案内してもらうことができます。1階からはエレベーターで移動します。

高級感漂う店内は、アトラクションのようにワクワクするような素晴らしい雰囲気と落ち着いた店内は、ディスニーランドの中にいながらも別の空間にいるような気分になります。

クラブ33のオリジナルグッズの展示も

Photo byPainter06

食事をするのがメインの2階ですが、食事をするテーブルの他にもラウンジや待合室、オリジナルグッズの展示を行っています。

2クラブ33でしか購入する事ができない限定オリジナルグッズも販売されており、時計やハンドタオルなど様々なグッズが販売されています。クラブ33で売られている限定グッズは、ディズニーランド内のお土産と同じく、季節やイベントに合わせて変わっていきます。

限定品ということもあり、クラブ33限定グッズの値段はディズニーランド内のお土産の値段と比べると、高めの料金に設定されてあります。

入店するにはドレスコードも

Photo bymaya_7966

クラブ33へ入店する際の服装ですが、特にドレスコードが設けられている訳ではありません。ドレスコードが無い理由として、ディズニーランド内でアトラクションを楽しむ際にタキシードやドレスを着ていると、遊びにくいという理由があります。

しかし、クラブ33の店内は高級ホテルのような落ち着いた大人の雰囲気を感じるお店なので、男性ならジャケット、女性ならワンピースを持っておくといいです。そんなに荷物にならずに、クラブ33に入る前に簡単に着替える事ができるからです。

記念品がプレゼントされる

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

クラブ33で食事をすると帰る際に、記念品をもらう事ができます。この記念品も行く時期によって変わるものなので、一概にどういったものなのか説明する事ができません。しかしひと目でクラブ33の記念品とわかる素晴らしい記念品をもらう事ができます。

ディズニーランド「クラブ33」に入店するには?

Photo byTama66

クラブ33の魅力についてたくさん紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。続いては、魅力あふれるクラブ33へ入店するにはどうすればいいのか、確実にクラブ33へ入店する方法を説明していきます。

現在会員は募集していない

Photo byjplenio

会員制のレストランという事なので会員になれば間違いなく入る事ができます。しかし、現在クラブ33では、新規会員の募集は行っておりません。アメリカのクラブ33では、2012年に募集を再開しましたが、最大で14年待ちという情報もあります。

運良く会員になる事ができたとしても、莫大な年会費と入会金が必要になると言われています。詳しくどのくらいの年会費がかかるのかはわかりませんでした。

しかし、莫大な年会費を払ってでもクラブ33に入会したいと思う人が多くいることから、クラブ33の人気がどれほど高いものなのかわかります。

会員に紹介してもらう

Photo byBessi

会員では無い人がクラブ33に入る方法として、会員に紹介してもらうという方法があります。しかし、これは身近な人にクラブ33の会員がいる方が使うことのできる方法です。

主に会員は、スポンサー企業やオリエンタルランドの役員、芸能人などに多くいると言われています。

会員に予約時に同伴してもらう

Photo byCommanderClive

会員に予約時に同伴してもらうという方法もあります。ですが、この方法も先ほど紹介した、会員に紹介してもらう方法と同じで、自分の身近な人にクラブ33の会員がいないと使う事ができません。

オフィシャルスポンサーの社員特典

Photo byViscious-Speed

先ほども少し触れましたが、クラブ33の会員になる権利はオフィシャルスポンサーの役員になると特典としてもらう事ができます。しかし、どこの会社の役員になれば特典がもらえるのかという詳しいことまではわかりませんでした。

JCB THE CLASSの保有

フリー写真素材ぱくたそ

続いて紹介する方法は、JCB THE CLASSを保有する方法です。JCB THE CLASSとはJCBのブラックカードのことです。ブラックカードの審査を通す前に、ゴールドカードを保有していないと審査自体を受ける事ができないので注意しましょう。

このJCBのブラックカードの特典として、クラブ33の予約を抽選で申し込めるようになっていました。ただし、この特典は2019年7月に終了となりました。

年に一回抽選がある

Photo bySkitterphoto

特典として行われていた年1回のクラブ33の予約権の抽選ですが、予約する日は自分で選ぶ事ができました。運良く当選すると、4人まで予約に参加する事ができます。予約権だけが特典となっていたので、割引などのサービスはありませんでした。

JCB THE CLASSを保有するには厳しい条件が

Photo bycomposita

JCBのブラックカードの審査基準ですが、年会費5万円、クレジットの年間使用量100万円以上、年収2000万円以上という基準があります。しかし、このブラックカードを保有すれば必ずクラブ33に入店できる訳ではありません。

年会費5万円以上

フリー写真素材ぱくたそ

先ほども触れた通り、JCBのブラックカードを保有するには年会費として最低5万円必要になります。年会費5万円と聞くと、高いと感じてしまう人も多くいるでしょう。しかし、他の会社のブラックカードの年会費と比べると、低く設定されています。

年会費5万円を月払いで割ると1ヶ月約4000円となるので、他のブラックカードの年会費よりも低く年会費が設定されている事がおわかりいただけます。

使用額が年間100万円以上

フリー写真素材ぱくたそ

先ほど紹介した年会費の他にも、クレジットを年間100万円以上使用するという条件があります。この条件は比較的達成しやすいものとなっています。日常的な買い物のほとんどをカードでの支払いに変えると、達成しやすいです。

年収が約2000万円以上

フリー写真素材ぱくたそ

最後に紹介する判断基準は、年収2000万円以上という点です。これは達成しようと思ってもすぐにできるようなものでは無いです。この審査基準だけでもJCBのブラックカードを保有する難しさがわかります。

ディズニーランド「クラブ33」はハードルが高い!

Photo byjplenio

ディーズニーランド内に存在する会員制のレストラン「クラブ33」について紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。会員制なので予約をするだけでも大変なお店です。

2020年現在の時点では、会員に予約を取ってもらう事でしかクラブ33には入れませんが、記念日や大切な日に利用すると、とても喜ばれます。ぜひ、クラブ33を利用できる機会があれば思う存分楽しんでください。

banana9654321
ライター

banana9654321

東北出身の2児のパパbanana9654321です。グルメやお出かけスポットを中心に、分かりやすく読んでいて楽しい記事をたくさん書いていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。