札幌のジンギスカンおすすめ15選!定番の有名店から地元の穴場までご紹介

札幌のジンギスカンおすすめ15選!定番の有名店から地元の穴場までご紹介

北海道の札幌は、グルメの宝庫です。札幌のソウルフードで有名なのは、ジンギスカンです。この記事では、札幌でおすすめのジンギスカンのお店をご紹介していきます。定番の有名店から地元の穴場まで、13店舗に厳選してご紹介しますので、お気に入りのお店を見つけてください!

記事の目次

  1. 1.北海道といえば美味しいグルメの宝庫!
  2. 2.ジンギスカンってどんな料理?食べ方は?
  3. 3.札幌の地元民から愛される超定番の有名店!
  4. 4.札幌で思う存分ジンギスカンを食べるなら食べ放題!
  5. 5.一人旅でもOK!札幌でおひとり様におすすめのお店!
  6. 6.札幌で家族や子供とジンギスカンを食べるならここ!
  7. 7.女子会にも人気の個室のあるお店ならここ!
  8. 8.ジンギスカンデートなら札幌のここに決まり!
  9. 9.札幌のソウルフードのジンギスカンを堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

北海道といえば美味しいグルメの宝庫!

フリー写真素材ぱくたそ

北海道といえば、美味しいグルメの宝庫として、全国的にも有名です。北海道の周囲は海に囲まれており、潮流の影響もあって、豊かな海の幸に恵まれています。カニ・ウニ・いくら・鮭など、さまざまな種類の魚介が有名です。

広大で肥沃な大地からは、美味しい作物も、種類豊富に収穫されます。ジャガイモや玉ねぎ・とうもろこし・メロン・かぼちゃなどが、全国的にも有名です。酪農も盛んで、牛乳や乳製品が有名です。

Photo byRitaE

さらに北海道では、畜産業も盛んに行われています。牛肉や豚肉・羊肉などが、特に有名です。有名なところでは十勝和牛などのブランド牛や、十勝黒豚などのブランド豚など、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

羊肉は、北海道ではとても需要があります。北海道では、お花見の時期にジンギスカンをする人がいるくらいに、羊肉への需要が高いのです。ジンギスカンは、北海道のソウルフードとして、知られています。

札幌観光と一緒に絶対食べたい「ジンギスカン」!

Photo by ttanabe

北海道のソウルフードと言われるジンギスカンは、全国的にも特に有名です。札幌を観光したことがある人ならば、きっとジンギスカンの看板を、何度か見かけたと思われます。

札幌を観光したならば、ジンギスカンは是非とも食べておいてください。ジンギスカンは、北海道でも有名過ぎるお料理なので、名店もたくさんあります。本場で食べるジンギスカンは、ひと味もふた味も違います。

ジンギスカンってどんな料理?食べ方は?

Photo by kobakou

それにしても、ジンギスカンとは、いったいどのようなお料理なのでしょうか?ジンギスカンの名前は、かつてモンゴル帝国を率いたジンギスカン(チンギス・カン)が由来とされています。

ジンギスカンという料理が、モンゴル料理の中にあるわけではありません。しかしかつての日本軍がモンゴルに進出した際に、モンゴル料理が日本人の口にも合うように、アレンジされたのではないかと言われています。ジンギスカンとは、日本料理なのです。

ジンギスカンは羊肉を焼いて食べる料理のこと!

Photo byu_rt5bpvly

ジンギスカンとは、中央部分が山の様に盛り上がったジンギスカン鍋で、お肉や野菜を一緒に焼いて食べる郷土料理です。ジンギスカン鍋だけではなく、石焼・炭焼・網焼・ホットプレートなど、さまざまな形の焼き方があります。

家庭や地域・お店によって、タレの種類や羊肉の切り方などが違います。札幌で、さまざまな形のジンギスカンを、食べ比べするのも面白そうです。

羊肉「ラム」と「マトン」の違い

Photo byPublicDomainPictures

前述のとおり、ジンギスカンでは、羊肉を使用します。羊肉のことを、「ラム」や「マトン」と呼びます。ところで、この2種類の羊肉の違いはご存知でしょうか?

ラムとは、生後1年未満の仔羊のことです。マトンに比べてくさみが少なく、食べたとしても羊肉独特のクセが感じられません。肉質も、柔らかいのが特徴です。

Photo byWallula

マトンとは、生後2年以上から7年くらいまでの、成長した羊肉のことです。羊肉の独特の、牧草のような香りが強いことが特徴です。ラムよりもよく引き締まっており、赤身の強いお肉です。

羊肉初心者の方には、羊肉独特のクセが少ない、ラムがおすすめです。羊肉独特の香りがお好みの方には、マトンがおすすめです。羊肉は高たんぱくなのに低カロリーです。鉄分も豊富で、ダイエットをする方にも好まれる食材です。

ジンギスカンには「味付け」と「後付け」がある

Photo by y_katsuuu

ジンギスカンには、味付け肉を焼いていただく「味付け」と、肉を焼いてからタレに絡めて味を付ける「後付け」という食べ方があります。味付けの場合は、タレのしみ込んだお肉を焼くと、味のついた肉汁がお野菜とよく絡み、絶品です。

後付けの場合は、蒸し焼きにするので、お野菜やお肉もしっとりします。しっかり蒸し焼きできたら、タレに絡めて食べます。濃厚なタレにしっとりと蒸されたお肉が絡み、とても美味しいです。

ジンギスカンの美味しい焼き方は?

Photo by yoppy

先ほど2種類の食べ方をご紹介しましたが、具体的にはどのように焼くと良いのでしょう?味付けの場合は、熱したジンギスカン鍋の溝に、お野菜をのせます。お肉はジンギスカン鍋の頂上付近にのせて、焼いてください。

残ったつけダレを加えて野菜をグツグツ煮込むと、煮込み風になります。そこにうどんなどを投入しても、美味しいのでおすすめです。後付けの場合は、最初に熱したジンギスカン鍋に、焦げ付き防止の脂をぬります。ジンギスカン鍋全体に野菜をのせ、その上にお肉をおいて蒸し焼きにします。

どちらの食べ方でも、美味しくジンギスカンを食べることができます。この2種類の食べ方を、ぜひとも食べ比べをしてみてください。お好みの食べ方が、見つかるかもしれません。

札幌の地元民から愛される超定番の有名店!

Photo bymakohiko

札幌には、ジンギスカンで有名なお店が、いくつも立ち並んでいます。その中でも、札幌の地元客に愛され続けている、超定番の有名店がいくつかあります。舌の肥えた地元客が愛するジンギスカンの有名店とは、どのようなお店なのでしょうか?

ここからは、その超定番の有名店を、5店舗に厳選してご紹介していきます。納得の美味しさなので、札幌に観光に来たならば、是非とも立ち寄ってみてください。

さっぽろジンギスカン本店

Photo by kaige

「さっぽろジンギスカン本店」は、札幌市中央区南6条西に位置する、第6旭観光ビルの1階にあります。東本願寺前駅から、徒歩3分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、17時から21時30分までです。定休日は、不定休です。

さっぽろジンギスカン本店は、1987年に開店した、老舗店です。観光客だけではなく、地元の住民の方々も行列を作る、超定番の人気店です。手切りのラム肉を提供してくれることでも、有名です。

Photo by ttanabe

さっぽろジンギスカン本店での定番おすすめメニューは、「生ラムジンギスカン」です。手切りの生ラム肉を使用しているので、初心者の方でも食べやすいジンギスカンです。ひと皿に、ラム肉さのさまざまな部位が盛り付けられています。

七輪で熱された炭火で炙って、特製ダレをつけていただきます。超人気店のさっぽろジンギスカン本店で、確実にお食事をされたい方は、早めに行動されることをおすすめします。

住所 北海道札幌市中央区南6条西6-7-1 第6旭観光ビル1F
電話番号 011-512-2940

生ラムジンギスカン 山小屋

Photo by yoppy

「生ラムジンギスカン 山小屋」は、札幌市中央区南4条西4に位置する、第5グリーンビルの1階にあります。すすきの駅から、徒歩5分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、17時から23時までです。定休日は、日曜・祝日・年末年始です。

生ラムジンギスカン 山小屋は、平成15年にオープンしたジンギスカン専門店です。こちらでは、肉質にとことんこだわった、やわらかい生ラム肉のジンギスカンが食べられます。

北海道産のエゾ鹿も取り扱っているとのことで、ジビエ好きの方にも有名なお店です。観光客だけではなく、地元の住民の方がたにも、人気のお店になります。

おすすめはこれ!

Photo by yoppy

生ラムジンギスカン 山小屋での定番おすすめメニューは、「ラム肉(1人前)」です。トマトやもやし・玉ねぎなどのお野菜がたっぷり食べられ、柔らかいラム肉も絶品の美味しさです。

生ラムジンギスカン 山小屋では、りんごを使用した特製ダレの味も人気です。昭和31年から引き継がれてきた味で、きりっとした味わいが特徴です。美味しいジンギスカンを、気軽に食べに訪れてみてはいかがでしょう?

住所 北海道札幌市中央区南4条西4 第5グリーンビル1F
電話番号 011-271-2853

松尾ジンギスカン 札幌大通南1条店

Photo by ucb

「松尾ジンギスカン 札幌大通南1条店」は、札幌市中央区南一条西に位置する、南舘ビルの1階にあります。大通駅から、徒歩3ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、ランチは11時から15時まで、ディナーは17時から23時までです。定休日は、12月31日から1月2日です。

松尾ジンギスカンは、創業63年になる老舗店です。こちらでは、創業以来変わらない味の「秘伝の生タレ」で、美味しいジンギスカンを食べることができます。地元の住民の方々にも、大人気のお店です。

Photo byShutterbug75

松尾ジンギスカン 札幌大通南1条店での定番おすすめメニューは、「ラムリブロースジンギスカン(野菜付き)」です。一頭からわずか700gしかとられない、珍しいお肉です。是非とも一度は、味わってください。

札幌エリア内の松尾ジンギスカンは、札幌大通南1条店・札幌北19条東店・札幌駅前店などがあります。個室もあるので、子ども連れの観光客にも、おすすめのお店です。
 

住所 北海道札幌市中央区南一条西4-16-1 南舘ビル1F
電話番号 011-219-2989

成吉思汗 だるま 本店

Photo by nozawana

「成吉思汗 だるま 本店」は、札幌市中央区南五条西4に位置する、クリスタルビルの1階にあります。すすきの駅から、徒歩2分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、17時から翌3時までです。定休日は、12月31日から1月2日までです。

成吉思汗 だるま 本店は、昭和29年に創業した、地元の方々にも愛され続けている老舗店です。新鮮なマトン肉にこだわったお店で、「特上白」という、フランスで肥育された特上マトンメニューも取り扱っています。

おすすめはこれ!

Photo by sunoochi

成吉思汗 だるま 本店での定番おすすめメニューは、「成吉思汗(ジンギスカン)」です。365日毎日欠かさずに仕入れた、新鮮なマトン肉が自慢の逸品です。たくさんの薬味を自由にタレに入れて、お肉やお野菜をからめて食べると、格別の美味しさです。

成吉思汗 だるま 本店では、他にも自家製のキムチやチャンジャも、定番メニューとして人気が高いです。ジンギスカンやご飯と一緒に食べるのも、おすすめです。

住所 北海道札幌市中央区南五条西4 クリスタルビル1F
電話番号 011-552-6013

ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』

Photo by masuidrive76

「ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』」は、札幌市中央区南5条西にあります。すすきの駅から、徒歩2分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、月曜日から土曜日までの場合は11時30分から3時まで、日曜日と祝日の場合は11時30分から23時までです。

定休日は、ありません。ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』では、自社飼育の国産羊肉を食べることができます。特に幻の羊肉と言われる北海道産サフォーク種は、とても希少です。

Photo by ttanabe

ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』での定番おすすめメニューは、「ジンギスカン」です。モモ・ウデ・バラ・スネなどが入った、美味しいジンギスカンです。

ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』では、羊のホルモンなどの内臓なども、焼肉にして食べることができます。新鮮だからこそできるメニューです。秘伝のタレにからめて、美味しい羊肉をご賞味ください。

住所 北海道札幌市中央区南5条西5-1-6
電話番号

札幌で思う存分ジンギスカンを食べるなら食べ放題!

Photo bycegoh

札幌に観光に来たならば、思う存分ジンギスカンを楽しみたいとは思いませんか?美味しいジンギスカンを食べ放題することが出来るお店も、札幌にはあります。

ジンギスカン食べ放題のお店は、地元の方々にも人気が高いです。ジンギスカンを食べる機会の多い地元の方々も選ぶ、ジンギスカン食べ放題のお店とは、どのようなお店なのでしょう?2店舗に厳選したので、一緒に見ていきましょう。

アサヒビール 羊羊亭

Photo by ttanabe

「アサヒビール 羊羊亭(ようようてい)」は、札幌市中央区南4条西4にある、松岡ビルの5階にあります。すすきの駅から、徒歩1分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、17時から23時までです。定休日は、年末年始です。

アサヒビール 羊羊亭では、アサヒビールの直営店です。北海道ならではのラム肉・牛・豚・鶏肉の焼肉を、食べ放題することができる、地元でも人気のお店です。

Photo by yto

アサヒビール 羊羊亭での定番おすすめメニューは、「パーティープラン 焼肉プラン お肉6種食べ放題」です。特選ラム・マトン・牛肉・豚肉・鶏肉・ソーセージのなどの6種類のお肉を、食べ放題することができます。ジンギスカンダレもついた、お得なメニューです。

アサヒビール 羊羊亭では、「パーティープラン 特選羊肉6種プラン食べ放題」というメニューもおすすめです。地元客も頷く、ラムチョップ・ラムタン・ラム肩ロース・特選ラム・マトン・冷凍ラムロールなどの上質な羊肉が、食べ放題できるのでおすすめです。

住所 北海道札幌市中央区南四条西4丁目 松岡ビル5F
電話番号

札幌 ジンギスカン 十鉄 本店

Photo by ttanabe

「札幌 ジンギスカン 十鉄 本店」は、札幌市中央区南7条西5にあります。すすきの駅から、徒歩5分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、月曜日から土曜日までの場合は17時から0時まで、日曜日と祝日の場合は17時から23時までです。

定休日は、不定休と12月31日から1月4日までです。札幌 ジンギスカン 十鉄 本店では、厳選された生ラム・ラムウインナー・ラム舌・エゾ鹿ジンギスカンなどを食べることができます。地元客や観光客にも有名な、ジンギスカン食べ放題のお店です。

Photo byShutterbug75

札幌 ジンギスカン 十鉄 本店での定番おすすめメニューは、「ジンギスカン食べ飲み放題(120分)」です。生ラム・玉ねぎ・もやし・ライスなどを、食べ放題することができます。

熱い炭火の入った七輪の上にジンギスカン鍋をのせ、ジュージュー焼いて食べるジンギスカンは、最高です。札幌 ジンギスカン 十鉄 本店では、カウンター席もあるので、おひとりさまでも安心してお食事をすることができます。札幌観光の際には、是非とも立ち寄ってください。

住所 北海道札幌市中央区南7条西5
電話番号 011-551-1011

一人旅でもOK!札幌でおひとり様におすすめのお店!

Photo bycegoh

札幌まで、ふらりと一人旅に来たなら、ジンギスカンを食べてみてはいかがでしょう?札幌には、おひとりさまでも入りやすいジンギスカンのお店が、いくつもあります。

観光客だけではなく、地元の一人客も多いので、お店でも過ごしやすいことでしょう。ここからは、一人客でも安心なおすすめ店を、ご紹介していきます。気ままな一人旅の思い出に、絶品のジンギスカンを楽しまれて下さい。

ひげのうし 本店

Photo bygurkanerol

「ひげのうし 本店」は、札幌市中央区南三条西にあります。すすきの駅から、徒歩5分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、月曜日から土曜日まで17時から翌1時まで、日曜日と祝日の場合は17時から翌0時までです。定休日は、12月31日と1月1日です。

ひげのうし 本店の1階では、おひとり様から利用できる、カウンター席が設けられています。おひとり様限定のメニューもあるので、1人で食べきれる量です。穀物肥育で育てた、グレインフェッドラムも取り扱っています。地元客にも人気のお店です。

Photo by ttanabe

ひげのうし 本店での定番おすすめメニューは、「お一人様限定プラン」です。ジンギスカン・オーストラリア産ラム肩ロース・ラム塩タン・昔風味付けラム・塩ラム・塩ホルモンの中から、お好みの3品を選ぶことができます。

ひげのうし 本店では、ジンギスカン鍋と網焼きの、両方の焼き方を用意しています。お好みの焼き方で、美味しいジンギスカンを味わって下さい。

住所 北海道札幌市中央区南三条西5丁目35-3
電話番号 011-281-2980

味の羊ヶ丘

Photo byShutterbug75

「味の羊ヶ丘」は、札幌市中央区南6条西に位置する、小林ビルの中にあります。すすきの駅から、徒歩2分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、12時から翌2時までです。定休日は、ありません。

味の羊ヶ丘では、カウンター席を多く設けられているので、一人客でも入りやすいようになっています。店主が厳選した、上質な羊肉を使用しているので、羊独特の香りが少なくて食べやすいです。リーズナブルで、観光客や地元客にも人気のお店です。

Photo byjsbaw7160

味の羊ヶ丘での定番おすすめメニューは、「生肉成吉思汗(肩ロース)」です。焼けてジューシーなラム肉を、秘伝のタレでいただきます。ラムの独特の香りもまざり、絶品のお味です。

味の羊ヶ丘では、「生肉成吉思汗(もも肉)」もおすすめです。もも肉の方は、肩ロースよりも羊独特の香りが弱いです。羊独特の香りが苦手な方には、おすすめのメニューです。2種類のラム肉を、ぜひとも食べ比べしてみてください。

住所 北海道札幌市中央区南6条西4-5-25 小林ビル
電話番号 011-512-0238

札幌で家族や子供とジンギスカンを食べるならここ!

Photo by jeff~

お子さま連れでの観光は、なかなか大変です。特にお食事の場合は、見知らぬ観光地でお子さま連れ可能なお店を見つけるのに、苦労することがあります。お子さまが幼い場合には、お店で静かにすることはなかなか難しいので、かしこまったお店は敬遠することもあるでしょう。

お子さま連れではない家族客でも、大勢で入るとお店の迷惑にならないか、心配することもあります。札幌でジンギスカンを食べるのに、お子様連れや家族客でも可能なお店はあるのでしょうか?

ご安心ください。ここからは、札幌で美味しいジンギスカンが食べられる、家族客やお子様連れ可能なお店をご紹介していきます。きっと訪れたいと思えるお店がこの中から見つかりますので、どうか楽しみにご覧ください。

ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店

Photo byReinhardThrainer

「ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店」は、札幌市中央区北二条東に位置する、サッポロファクトリーの中にあります。札幌駅から、徒歩12分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、11時から22時までです。定休日は、不定休です。

ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店での定番おすすめメニューは、「生ラムジンギスカン」です。羊独特の香りの少ないショルダー部分を使っています。

ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店は、おひとり様から家族客まで対応できるお店です。サッポロファクトリーは有名な観光名所なので、観光客も多いです。お子様メニューもたくさんあるので、小さなお子様にもおすすめのお店です。

住所 北海道札幌市中央区北二条東4 サッポロファクトリー
電話番号

アサヒビール園 ロイン亭

Photo bySvenHilker

「アサヒビール園 ロイン亭」は、札幌市白石区南郷通にあります。南郷7丁目駅から、徒歩6分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、平日のランチの場合は11時30分から15時30分まで、平日のディナーは17時から22時までです。

土日祝日のランチは11時30分から15時30分まで、ディナーは16時から22時までです。定休日は、年末年始です。アサヒビール園 ロイン亭での定番おすすめメニューは、「平日ランチタイムビュッフェ」です。ジンギスカンだけではなく、お寿司やほかのお料理も、食べ放題です。

アサヒビール園 ロイン亭ではお好みのお料理を選ぶことが出来るので、お子様もきっと喜びます。札幌観光の際には、ぜひとも立ち寄ってみてください。

住所 北海道札幌市白石区南郷通4丁目南1-1
電話番号 011-863-5251

女子会にも人気の個室のあるお店ならここ!

フリー写真素材ぱくたそ

女子会に選ばれるお店とは、いったいどのような場所なのでしょう?お料理が美味しいというのも大事な条件ですが、おしゃれさも重要なポイントになってきます。スイーツなどの甘味メニューも、女子会には絶対にはずせません。

おしゃれさはお料理の盛り付けや、お店の雰囲気も関わってきます。おしゃべりに専念したいので、個室があるのも大事です。ジンギスカンのお店で、女子会にも向いていそうなお店は、札幌にはあるのでしょうか?2店舗に厳選して、ここかtらご紹介していきます。

夜空のジンギスカン 本店

Photo bySnaXXy

「夜空のジンギスカン 本店」は、札幌市中央区南4条西に位置する、MYプラザビルの10階にあります。すすきの駅から、徒歩2分ほどの場所にあります。問い合わせ時間は、16時30分から翌0時までです。こちらのお店の営業時間は、17時から翌1時までです。定休日は、12月31日と1月1日です。

定休日は、12月31日と1月1日です。すすきのの夜景を眺めながら、美味しいジンギスカンが食べられるお店です。夜空のジンギスカン 本店での定番おすすめメニューは、「夜空の特選10点枡盛り」です。マトンやエゾシカ肉など、お店の瀬宇部手のお肉が味わえる、贅沢なメニューです。

スイーツメニューもあるので、美味しいジンギスカンを楽しんだ後は、甘いスイーツを味わってください。個室もあるので、子連れの観光客にも人気です。

住所 北海道札幌市中央区南4条西4丁目 MYプラザビル10F
電話番号 011-219-1529

成吉思汗 なまら

Photo byShutterbug75

「成吉思汗 なまら」は、札幌市中央区南3条西に位置する、マルビルの1階にあります。すすきの駅から、徒歩1分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、月曜日から土曜日までの場合は17時30分から23時まで、日曜日の場合は17時30分から22時までです。

定休日は、12月30日から1月2日までです。成吉思汗 なまらでの定番おすすめメニューは、「生ラムジンギスカン」です。熟成した「チャックロール」のみを使用した、こだわりのあるジンギスカンです。とても柔らかいラム肉とのことで、有名です。

成吉思汗 なまらでは、デザートメニューもあります。「本日のアイス」という、日替わりアイスです。個室もあるので、落ち着いてお食事をすることができます。

住所 北海道札幌市中央区南3条西1-3-3 マルビル1F
電話番号 011-596-0629

ジンギスカンデートなら札幌のここに決まり!

Photo by1443435

札幌観光で、ジンギスカンデートをするのなら、どのよなお店だと良いのでしょう?デートをするなら、おしゃれなお店のほうが、雰囲気も良いでしょう。カウンター席などがあるならば、隣に並んで座り、語らいながらお食事するのも楽しいです。

上質な食材を使用しているお店や、おしゃれなお酒があるお店も、とても魅力的です。地元客がデートに使うようなお店を、いくつか知っておきたいものです。

地元客にも有名な、ジンギスカンデートにむいたお店は、札幌にもあるのでしょうか?ここからは、札幌でジンギスカンデートをするならおすすめのお店を、2店舗に厳選してご紹介します。

札幌すすきの 63(ロクサン)ジンギスカン

Photo byRitaE

「札幌すすきの 63(ロクサン)ジンギスカン」は、札幌市中央区南6条西に位置する、おふく会館のB1階にあります。すすきの駅から、徒歩3分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、18時から翌0時30分までです。定休日は、不定休です。

札幌すすきの 63(ロクサン)ジンギスカンは、洗練されたおしゃれなお店です。上質のラム肉である「チャックロール」を使用した、こだわりのあるジンギスカンを食べることができます。地元の方々も、デートなどの特別な機会に利用するお店です。

札幌すすきの 63(ロクサン)ジンギスカンでのおすすめメニューは、「生ラム肩ロース」です。おしゃれ空間で、美味しいジンギスカンを食べてみてはいかがでしょう?

住所 北海道札幌市中央区南6条西3 おふく会館 B1F
電話番号 011-552-0063

しろくま 札幌成吉思汗 本店

Photo by kynbit

「しろくま 札幌成吉思汗 本店」は、札幌市中央区南六条西に位置する、ジョイフル札幌の1階にあります。すすきの駅から、徒歩1分ほどの場所にあります。こちらのお店の営業時間は、月曜日から水曜日までは18時から翌1時まで、木曜日から土曜日までは18時から翌1時30分までです。

日曜日と祝日は、17時から22時までです。定休日は、不定休です。こちらでは、北海道産生ラム肉も、取り扱っています。しろくま 札幌成吉思汗 本店での定番おすすめメニューは、「オーストラリア産ラム」です。初心者でも食べやすい、一番の人気メニューです。

ビールやワインなどのドリンクメニューも、ジンギスカンにはおすすめです。カウンター席で隣に座り語らいながら、美味しいジンギスカンデートを楽しんでください。

住所 北海道札幌市中央区南六条西3 ジョイフル札幌 1F
電話番号

札幌のソウルフードのジンギスカンを堪能しよう!

Photo byShutterbug75

いかがでしたでしょうか?札幌には、美味しいジンギスカンの有名店が、たくさんあります。地元民から愛され続けている超定番の有名店や、ジンギスカン食べ放題のお店も、とても魅力的です。

ジンギスカンは鍋料理なので、大勢で食べるのに向いています。しかしおひとり様でも大丈夫な、おひとり様限定メニューがあるお店もあります。

家族やお子様連れでも大丈夫なお店もありますし、女子会にも向いた個室のあるお店もあります。ジンギスカンデートに向いたお店など、さまざまなジンギスカンのお店があります。お好みのお店で、美味しいジンギスカンを召し上がってください。

ronronda85r
ライター

ronronda85r

3歳の子供がいるワーママです。好きな食べ物はお寿司やカフェ系のスイーツ。おすすめのスポットやグルメをたくさん紹介できるように頑張ります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング