お家のホットプレートで贅沢チーズフォンデュ!人気の具材は?

お家のホットプレートで贅沢チーズフォンデュ!人気の具材は?

チーズフォンデュは楽しく食べられる人気の料理です。しかしチーズフォンデュを家でやるのは無理、と思っていませんか?実は人気のチーズフォンデュはホットプレートと耐熱容器があればできます!この記事では、ホットプレートで作るチーズフォンデュについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ホットプレートは料理におやつに色々と使えて便利!
  2. 2.ホットプレートでチーズフォンデュ:耐熱用の器
  3. 3.ホットプレートでチーズフォンデュ:おすすめ具材
  4. 4.ホットプレートでチーズフォンデュ:美味しいレシピ
  5. 5.ホットプレートはチーズフォンデュだけじゃない!
  6. 6.ホットプレートでチーズフォンデュを楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ホットプレートは料理におやつに色々と使えて便利!

Photo by bryan...

ホットプレート1枚でチーズフォンデュのような料理や、目玉焼きを作りながらソーセージを焼き、かたわらでは食パンをトーストする、というように、数種類の料理を一度に食卓で調理でき、熱々をサーブできるのもホットプレートの魅力です。

ホットプレートは、焼くのはもちろん煮たり蒸したりも得意です。ホットプレートひとつあれば、美味しいチーズフォンデュだけでなく、バラエティに富んだ料理やスイーツが作れます。

例えば、ホットプレートでチーズフォンデュはもちろん、美味しいパンケーキを2~3枚一度に焼いたり、魚介類のうまみとトマトの酸味がたまらないブイヤベースを煮たり、うまみたっぷりのアサリの酒蒸しを作るのもよいでしょう。

Photo byBakinbardi

チーズフォンデュだけでなく、アイデア次第で幅広い料理に対応できるホットプレートは、忙しいパパやママに特におすすめの調理器具です。平日はホットプレートを駆使して焼き料理や炒め料理、休日はチーズフォンデュやパエリアなど家族で盛り上がる料理にするのも楽しい食事になるでしょう。

ホットプレートは持っているものの、使うのは焼肉の時だけ、というご家庭も多いでしょう。焼肉も美味しいですが、チーズフォンデュやイタリアンなど、工夫次第でいろいろな料理を楽しめます。しかも時短で、片付けも楽なホットプレートをしっかり活用して食卓を豊かにしていきましょう。

人気のホットプレートはこれ!

フリー写真素材ぱくたそ

チーズフォンデュにぴったりのホットプレートをご紹介します。出したままでもインテリアに馴染んでくれるおしゃれなホットプレートも増えています。1万円以下のリーズナブルなホットプレートもあるので、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

おしゃれな物も多い

Photo bycongerdesign

海外のブランドから出ているホットプレートは、おしゃれでありながら機能的なので大変人気があります。チーズフォンデュに合いそうなお気に入りのホットプレートを探してみましょう。

イデアインターナショナルの「BRUNO(ブルーノ) コンパクトホットプレート BOE021」は人気のおしゃれなホットプレートです。友人や家族とホットプレートを囲んでチーズフォンデュを味わうのも楽しそうです。

チーズフォンデュを食べ終わったら、一度プレートをきれいにして、ホットケーキなどスイーツを作るのもおすすめです。

この人気のホットプレートは見た目がおしゃれなだけでなく、保温もできて最大温度は250℃と、ホットプレートとして高い機能をもっており、お手入れもラクちんです。チーズフォンデュもより美味しくできるでしょう。

次にご紹介するのはプリンセスの「Table Grill Pure 103030」、”映える”ホットプレートです。チーズフォンデュの様子をインスタにUPするのにもいいですね。「真っ白なプレートに天然竹の台座」という、インテリア性の高いホットプレートです。参考価格は19500円です。

IHヒーターが2口あり、付属プレートを使うと2品を一度に調理できて時短につながるうれしいホットプレートは、パナソニックの「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」です。本格的なIHクッキングヒーターで、チーズフォンデュなどにおすすめです。参考価格は52500円です。

ホットプレートでチーズフォンデュ:耐熱用の器

Photo bymonicore

チーズフォンデュは、ホットプレートだけではできません。チーズフォンデュのソースを入れる耐熱器をホットプレートの上にのせて温めながら食べる料理です。耐熱器は便利ですが、耐熱耐冷温度や熱源をチェックしてから買うとよいでしょう。

グラタン皿

Photo bylovepetforever

耐熱器はチーズフォンデュで使います。チーズソースを耐熱器に入れてホットプレートに直にのせます。ほどよい大きさの耐熱器を用意しましょう。ガラス製のものもあり、ラザニアなど層にする料理も楽しそうです。

 

耐熱性は300℃なのに、冷蔵庫や冷凍庫で冷たい温度も保ってくれる、フランス生まれのSTAUB(ストウブ)のセラミックの角型グラタン皿です。チーズフォンデュにも向いている耐熱器です。まろやかなシルエットと、ぬくもりのあるカラーがおしゃれです。参考価格は14cm幅で2343円です。

HARIO(ハリオ)というブランドもあります。透明で、中の様子を見られ、焼き過ぎなどの失敗を防げます。耐熱温度は120℃、サイズも手ごろな14cm角の正方形に近い耐熱グラタン皿が2個セットなっています。チーズフォンデュの時、チーズソースを2種類作って楽しめます。参考価格は2200円です。

和風の耐熱器がお好みなら、minoruba(ミノルバ)のグラタン皿をおすすめします。美濃焼の器は、ツートーンであたたかみのあるデザインです。電子レンジとオーブンに対応できます。チーズフォンデュをするのにちょうどいい深さ大きさです。参考価格は1452円です。

パイレックス

チーズフォンデュをするのにちょうどいい大きさの耐熱器です。耐熱温度差は120℃で、冷凍や冷蔵もできるpyrex (パイレックス)のグラタン皿です。電子レンジとオーブンに対応でき、食洗器でも洗えます。こちらも透明なので失敗が防げます。参考価格は770円と、プチプラもうれしいところです。

チーズフォンデュのソース入れだけではなく、アイデア次第で幅広い料理に対応できる人気の器です。透明なのでカラフルなサラダを盛ると、透けて見えて可愛らしいです。

ホーローのココット

ココットは、陶器でできた耐熱性を持つ小さな焼き型です。チーズフォンデュにぴったりな小ぶりな形で、ホットプレートの上に置いてチーズソースの器に使えます。

小さな鍋のような形をしたものや表面がギザギザした湯のみのようなココットもあり、どちらでも美味しいチーズフォンデュを楽しめます。鍋の形の10cmの参考価格は12100円です。

ホットプレートでチーズフォンデュ:おすすめ具材

Photo byRitaE

ホットプレートで楽しむチーズフォンデュは美味しいとわかっていても、毎回同じような具材では飽きてしまい、かといってこれぞ!という具材もなし、と困ってしまうことはありませんか?チーズフォンデュで人気の具材をご紹介します。

Photo byscym

主な具材に、バゲット、ブロッコリー、パプリカ、プチトマト、アスパラガス、レタス、じゃがいも、かぼちゃ、マッシュルーム、ウィンナー、鶏肉、エビ、ホタテ、うずらの卵、芽キャベツ、アボカド、きゅうり、さといも、豚バラ肉(あらかじめカリっとするまで焼いておく)などがあります。

残っていたボンレスハムを角切りにしたものや、ちくわなども具材としておすすめです。時短とともに冷蔵庫整理もできて、なおかつ美味しいホットプレートチーズフォンデュ、おすすめのメニューです。

このような具材は、チーズフォンデュをする前に必要なものには下ごしらえしておいて、食べる時にチーズフォンデュに集中して食べられるようにしておきましょう。基本的にチーズに合うものなら何でも具材になります。ホットプレートで火を通すのもよいでしょう。

ウインナー

Photo byHans

お子さまにとってはチーズフォンデュの具材が、これがメインなのではないかと思われるくらい人気の具材です。包丁で切り目を入れて、たこさんやカニさんになるようにしておくと、お子さまも楽しいホットプレートチーズフォンデュになるでしょう。

鶏むね肉

フリー写真素材ぱくたそ

チーズフォンデュには脂気の少ないむね肉をおすすめします。肉はあらかじめホットプレートなどで火を通しておきましょう。チーズフォンデュのチーズソースが濃厚なのであっさりとしたお肉がおすすめです。

バゲット

Photo byJillWellington

チーズフォンデュの時は、そのままチーズに浸して食べてもいいですし、ホットプレートでカリっと焼いてチーズソースにくぐらせても美味しいです。ガーリックトーストにすると、大人の味わいになります。

ブロッコリー・ カリフラワー・ジャガイモ など野菜類

Photo bycongerdesign

チーズフォンデュの具材で、生で食べられないものはあらかじめ茹でたりホットプレートで焼いたりして、食べやすい大きさに切っておきましょう。レタスは意外にもチーズフォンデュで食べると美味しいです。

ホットプレートでチーズフォンデュ:美味しいレシピ

Photo byjonathanvalencia5

それでは、「ホットプレートでチーズフォンデュ」のレシピをご紹介します。まずは具材ですが、生では食べられない具材はホットプレートなどで火を通します。茹でたり焼いたり蒸したり、どの具材にどんな火の通し方をすればよいかいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

牛乳を鍋か電子レンジで少し温めておきます。チーズを耐熱容器に入れ、温めた牛乳を少しずつ、よくなじませながら入れていきます。ホットプレートに耐熱容器ごと置いて蓋をして、チーズが溶けたらチーズフォンデュのスタートです。

ホットプレートはチーズフォンデュだけじゃない!

Photo byfudowakira0

ホットプレートのメリットは、焼く・蒸す・炒めるなど、用途が広いところです。チーズフォンデュのようにおしゃれな料理ではありませんが、焼く・炒めるの両方を調理する「なんちゃってビビンバ」レシピを簡単にご紹介します。

材料は、温かいご飯、ごま油、顆粒状の中華だしの素、豆もやし、大根、ひき肉、豆苗、七味唐辛子(お好みの辛味調味料)、キムチ、生卵の黄味だけを用意します。ホットプレートはあらかじめ温めておきます。

Photo by is_kyoto_jp

温かいご飯を大きめに切ったラップでくるみ、上からおさえつけて平たく整えます。ホットプレートにごま油をひき、平たくしたご飯を焼きます。おこげがつくくらいまでじっくりと、途中でひっくり返しながら両面を焼きます。

大根は千切り、あとの野菜は食べやすい大きさに切ってください。ホットプレートにごま油をたらし、火の通りにくいものから炒めます。野菜に火が通る直前にひき肉を入れて野菜といっしょに炒めます。具材は醤油や中華だしの素、コショウ、七味で少し濃い目に味を整えておきます。

ご飯の表面がカリッとするまで焼けたら、一人用の土鍋に入れます。その上から先ほど炒めたひき肉と野菜を入れ、真ん中を少し窪ませて黄味を壊れないようにそっと入れて出来上がりです。

ホットプレートでチーズフォンデュを楽しもう!

Photo byStockSnap

チーズフォンデュはホットプレートと耐熱容器があれば意外と簡単にできる料理です。具材も冷蔵庫の残り物を使えばいいのもメリットのひとつです。家族の誕生日などお祝い事や、クリスマス、近所の仲良し家族とのホームパーティなどで美味しいチーズフォンデュを楽しんでください。

mariko0528
ライター

mariko0528

生まれも育ちも現住所も広島市、生粋の広島県人mariko0528と申します。仁義なきこの街の片隅で、音楽と野球とわんにゃんを愛するライターとして暮らしています。好きなバンドのライブに参戦せんがため、博多・大阪・東京に何度も遠征するも、強烈な方向音痴がゆえにどこへ行っても会場にすんなりとたどり着いたことがございません。下北沢を探すこと1時間、ひたすら迷いまくったこともあります。こんな私ですが、ご贔屓にあずかりますよう、よろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング