北海道へワイナリー巡りに行こう!おすすめのワインや人気の見学ツアーもご紹介

北海道へワイナリー巡りに行こう!おすすめのワインや人気の見学ツアーもご紹介

北海道にはその広大な土地を生かしたワイナリーが数多くあります。世界的にも有名なワインやこだわり抜いたワインなど様々です。今回は、おすすめのワインやワイナリー、人気の見学ツアーをご紹介します。北海道初のワインや女性に人気のワイナリーもあります。

記事の目次

  1. 1.コンクール受賞も続々!「北海道のワイン」に注目
  2. 2.北海道には「色々な種類のワイン」がある
  3. 3.北海道のワイナリーを巡る「見学・試飲ツアー」も人気
  4. 4.北海道に来たらぜひ!「おすすめのワイナリー」3選
  5. 5.北海道で「人気の有名なワイナリー」3選
  6. 6.北海道で「女性におすすめのワイナリー」3選
  7. 7.北海道で人気の「こだわりありの」ワイナリー3選
  8. 8.北海道で「無濾過」にこだわるワイナリーがココ
  9. 9.北海道旅行の際は「美味しいワイン」を堪能しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

コンクール受賞も続々!「北海道のワイン」に注目

フリー写真素材ぱくたそ

ワインといえばやはりヨーロッパが美味しいと有名です。日本ではワインの製造は難しく、海外産のワインに比べて味が劣ると言われてきました。しかし最近になって、ワイン製造の飛躍的な技術の進歩によって、多くの北海道ワインがコンクール受賞をしています。

2017年4月にロンドンで開催されたインターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2017では、サッポロビール株式会社が北海道産のぶどうで造った「グランポレール北海道バッカス辛口2016」が金賞に選ばれています。

「醸造用ぶどうの産地」として北海道は最大級

Photo byJillWellington

北海道はその広大な敷地と気候を利用して「醸造用ぶどうの産地」として世界的にも名を馳せています。

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、実は北海道の果実の中で1番の収穫量を誇っているのがぶどうです。ワインの醸造用ぶどうだけに絞ると、なんと山梨県、長野県に次ぐ第3位です。

湿度が低く、昼夜の寒暖差が大きい北海道では、甘みの強いワインに適したぶどうが取れるのです。北海道にはそういったぶどうを生かしたワインを作るワイナリーが30ヶ所以上も存在します。

北海道には「色々な種類のワイン」がある

Photo by veroyama

北海道には、その広大な土地と寒冷な環境を逆手にとって、多種多様のワインを製造しているワイナリーがたくさんあります。世界に名をはせている有名なワインや、外観も可愛いく、まるで海外に来ているかのような場所で味わう女性に人気のワインなどがあります。

オーガニック素材のワインや醸造方法も様々です。北海道にはいろいろなワインがあるので、ぜひおすすめのワインを見つけてみてください。

北海道のワイナリーを巡る「見学・試飲ツアー」も人気

Photo by zenjiro

自分で足を運ぶには場所を選びきれない、どこがおすすめなのか、人気なのかわからないという方におすすめなのが、ワイナリーの見学・試飲ツアーです。

ツアーでは色々なワイナリーをまわれるとともに、普段の工場見学では見られないところもみられるかもしれません。もちろんワインの試飲も可能です。

ツアー内容によって値段もさまざまですが、北海道のワイナリー巡りをしたいという方におすすめです。

北海道に来たらぜひ!「おすすめのワイナリー」3選

Photo bychris18769

北海道に来たらぜひ訪れてみてほしいおすすめのワイナリーを紹介します。有名なはこだてワインや八剣山ワイナリーなど、北海道ならではの広大な景色を眺めながら優雅にワインを堪能できる場所です。

人気のワインを味わうのも良し、自分だけのお気に入りのワインを見つけるも良しの、おすすめのワイナリーです。

はこだてワイン

Photo byelementus

はこだてワインは、北海道で有名な函館七飯町にあるワイン工場です。日本人の味覚に合う「日本のワイン」の製造を目指しており、本格的ですがカジュアルに楽しめるワインが揃っています。ワインを呑み慣れていない方にもおすすめです。

はこだてワインの本社・工場に併設されている直営店「葡萄館本店」では、数多くのワインから直営店でしか販売していないワインまで豊富に取り揃えてあります。

Photo bycongerdesign

はこだてワインは主に、食卓に並べ食事と一緒に楽しむ「テーブルワイン」、酸化防止でおいしさが長持ちする「酸化防止無添加ワイン」、100%北海道産にこだわった「北海道100ワイン」の3種を揃えています。

他3種は、はこだてワイン独自の製法「しばれづくり」、吞み口すっきりの「スパークリングワイン」、果実の旨味を最大限に生かした「フルーツワイン」です。どのシリーズもこだわり抜いたワインです。

また、世界で最も深い貯蔵庫とされている「青函トンネル」で貯蔵したワインもあります。函館ならではのワインを堪能できます。

Photo byWokandapix

ワイナリーでは試飲もできます。いろいろなワインを呑み比べてお気に入りの1本を見つけてください。

また、北海道旅行で荷物が増えてしまったという方におすすめなのが、5000円以上購入で送料無料というサービスです。自宅に送るも良し、お土産として友人に送るも良しです。

はこだてワインでワイン以外のおすすめは、ワインを使用した「ワインソフトクリーム」です。計3種類のワインソフトクリームが堪能できます。ちなみに、アルコール成分0.5%以下で販売しているので、車の運転も大丈夫です。

Photo by zunsanzunsan

隣接しているワイン工場では、なんと見学が可能です。スタッフが案内・説明をしてくれるので、十分に楽しむことができます。見学の際は予約必須です。営業時間は、10:00~18:00です。

住所 北海道亀田郡七飯町字上藤城11番地
電話番号 0138-65-8170

北海道自由ワイン(株)マオイ自由の丘ワイナリー

Photo byleohau

マオイ自由の丘ワイナリー(旧マオイワイナリー)はマオイ丘凌で、自家栽培の山ぶどう系のワインを製造しているワイナリーです。

「マオイ」とはアイヌ語で「ハマナスの咲く丘」という意味があり、敷地内には広大な石狩平野を一望できる見晴台があります。この見晴台から見る夕景や夜景はとてもきれいです。

隣接しているワイナリーでは、山ソービニオンや山ぶどう、山フレドニアやナイアガラ等を使用したワインを試飲することができます。

Photo byMrsBrown

長沼町産の希少品種岩松や余市町産生食用ぶどうを使用したワインなども取り揃えており、今まで年間9000本製造してきました。

マオイ自由の丘ワイナリーは「世界一小さなワイナリー」と呼ばれていました。しかし2018年からは規模を拡大し様々な品種のワインの製造に取り組んでいます。その成長過程を知って呑むワインは格別です。

ワイナリーは土日祝日、10:00~17:00営業です。1月~3月は休みのため注意してください。眺めのいい見晴台でこだわりのワインを呑む最高の贅沢を味わってみてはいかがでしょうか。

住所 北海道夕張郡長沼町字加賀団体
電話番号 0123-88-3704

八剣山ワイナリー

Photo bysilviarita

八剣山ワイナリーは、北海道の名山「八剣山」の南山麓にあります。自社農園で育てたぶどうと、北海道産のぶどうやリンゴなどを原料に、個性豊かなワインを製造しています。ワイナリーのすぐそばには、北海道の山の麓に合う可愛らしい外観の直売ショップがあります。

現在6種のワインを製造しており、さらにシードルやフルーツジャムも生産しています。自社農園のぶどう園には遊歩道が設置されており、歩いて回ることも可能です。

Photo byJillWellington

ワイナリーでは、もちろん無料で八剣山ワインを試飲することができます。近くにはパークゴルフ場、乗馬クラブがあります。車で10分程度のところには定山渓温泉もあり、1日中楽しくことができます。

住所 北海道札幌市南区砥山194-1
電話番号 011-596-3981

北海道で「人気の有名なワイナリー」3選

Photo by yto

「北海道のワインと言ったら」という言葉にぴったりな人気で有名なワイナリーを紹介します。ワインを購入するだけではなく、工場見学やワインのテイスティングもできます。お土産としても喜ばれるワインが勢ぞろいです。

奥尻ワイナリー

フリー写真素材ぱくたそ

奥尻ワイナリーは、ぶどう生産から醸造まで、すべてを奥尻島で行っています。奥尻島は北海道の南西、日本海に浮かぶ離島です。海が島を囲っているので塩害がありワイン造りは苦難を強いられますが、それ故の味わいがあります。

潮風を存分に浴びて育ったぶどうはミネラル豊富で、ワインを口に含んだ余韻に潮のほのかな香りがでます。奥尻ワインならではのおすすめのワインです。ぜひ1度試してみてください。

フリー写真素材ぱくたそ

現在11種類のワインを販売している奥尻ワインですが、ワイナリーでは、ワイナリーでしか手に入らないワインも販売しています。もちろん試飲も可能です。

さらに、海に囲まれ自然豊かな奥尻島で、ワイナリーの工場見学も可能です。前日までに電話予約が必要になります。

営業時間は、9:30~17:00までです。オンシーズン(4月下旬~10月下旬)は不定休で、オフシーズン(11月上旬~4月中旬)は日曜日が定休日となっています。

住所 北海道奥尻郡奥尻町字湯浜300番地
電話番号 01397-3-1414

北海道中央葡萄酒・千歳ワイナリー

Photo byJillWellington

千歳ワイナリーは、創業1988年、北海道の清涼な風土で育ったワインが種類豊富に取り揃えてあります。駅から徒歩5分とアクセスが良く、外観は石蔵でいかにもワイン工場という雰囲気が漂っています。

千歳ワイナリーは、白ワインと、日本で唯一のハスカップワインを製造しているワイナリーです。原料となるハスカップは「不老長寿の果実」と言われており、非常に傷みが早いので本州に出回ることはほぼありません。

ハスカップワインでは、力強い果実の風味を味わえます。北海道でもなかなか味わうことができない果実なので、ぜひ千歳ワイナリーを訪れた際は、呑んでみてください。

Photo byPhotoMIX-Company

ここでは、300円でワインの試飲ができます。おすすめはハスカップワイン5種の試飲(500円)です。果実味の濃淡やフレーバー、余韻の違いがわかります。

工場の見学もできます。少ない従業員で生産しているため、工場の見学をしたい場合は予約必須です。見学の際には、製造工程などの案内もあります。

営業時間は9:00~17:00です。定休日は、11月~3月の土日祝日と年末年始です。北海道でしか味わえないハスカップワインを味わうために1度訪れてみてはどうでしょうか。

住所 北海道千歳市高台1丁目7番地
電話番号 0123-27-2460

北海道ワイン(株)

Photo by veroyama

北海道ワイン株式会社は、北海道の観光名所でもある小樽でワインの生産、醸造をしています。これまで「北のブランド2019」金賞をはじめ、「日本ワインコンクール」でも北海道ワイン株式会社のワインが数多く受賞しています。

北海道ワイン株式会社の自社農園「鶴沼ワイナリー」の特徴は、日本で最も大きな447haの垣根式ぶどう畑です。その光景はまるで海外のワイン産地を思わせる広大なぶどう畑です。そこで生き生きと育ったぶどうが本社に運ばれワインとなります。

Photo bymbc-2016

北海道ワイン株式会社と併設している小樽醸造所では、無料でワインの試飲と醸造所のふらっと立ち寄りプランが用意されています。試飲したいけど何がおすすめか、どう違うのかわからない時にも、ソムリエが駐在しているので説明を受けながら試飲できます。

また、もっとじっくり醸造所を見学したい、いろいろなワインの試飲がしたいという方におすすめなのが、スタンダードコース(500円)とプレミアムコース(1000円)です。

Photo byDonations_are_appreciated

プレミアムコースでは、上級プレミアムワイン4種と共に、ワインに合うおつまみも食べられます。また、要望に合わせてワイン講座もしてくれます。ワインの新たな発見があるかもしれません。

住所 北海道小樽市朝里川温泉1丁目130番地
電話番号 0134-34-2187

北海道で「女性におすすめのワイナリー」3選

フリー写真素材ぱくたそ

ここでは女性に人気のおすすめワイナリーを紹介します。見た目が可愛く海外に来たかのようなワイナリーや、一面にラベンダー畑が広がるワイナリーなど、1日居ても楽しく過ごせます。

また、ワインだけではなくその他の商品やソフトクリーム、ギフトセットなども女性に人気です。

ふらのワイン

Photo by ume-y

富良野のぶどうヶ丘に並んだ、レンガ造りの赤い屋根の建物が「ふらのワイン」の工場です。富良野では気候風土と土地条件が、ワインの本場、北欧に似ているので原料ぶどうの育成に適しています。

ふらのワインは特別宣伝費をかけていません。無償でワインを配ったりと地道に努力してきた結果、口コミなどで広がり今のように有名なワインを造っています。ふらのワインの歴史を考えながら味わうとより一層美味しく感じます。

Photo byFree-Photos

ふらのワインは、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインと限定ワインを揃えています。試飲は、自分で樽についているレバーを引き、ワインをコップに注ぎます。まるで北欧に訪れているような気分になります。

ワイナリーの工場見学も無料で気軽にできるのでおすすめです。今現在地下で熟成されているワイン樽や、ワインの瓶詰め、ワイングッズの見学もできます。

そして、ふらの盆地と十勝連山を眺めながらワインの試飲ができます。まるで海外に来たかのような気分を味わえ、女性に人気のワイナリーとなっています。

ぶどう果汁やギフトセットなども買える!

Photo byFree-Photos

ふらのワインでは、ぶどう果汁やギフトセットも人気です。オンラインストアでも購入することができます。ぶどう果汁は全4種、それぞれ個性豊かな味わいをしています。

ギフトセットは、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインの3本セットなどがあります。いろいろなワインを楽しめて女性に人気のギフトセットになります。

「ラベンダー畑」も見事!

フリー写真素材ぱくたそ

6月下旬~7月下旬には、ふらのワイナリーのすぐ隣にラベンダーが紫一色に咲き誇ります。土地の広い北海道ならではの美しい景観です。

ラベンダー畑は入園無料で自由に見て回れます。レンタサイクルも可能です。ワインを呑む前にラベンダー畑をまわってみてはどうでしょうか。

住所 北海道富良野市清水山
電話番号 0167-23-4155

北海道 余市ワイン

Photo bypau_noia0

余市ワイナリーでは、地ビールならぬ「地ワイン」を楽しむことができます。ワイン工場はもちろん、ワイナリー、レストラン、カフェ&ベーカリー、ギャラリーショップ、アトリエがあり、女性に人気です。

余市産のぶどうを原料に、余市でワインを製造しています。地元に根付いたワインになっています。もちろん無料で試飲も可能です。

ワイナリーでいろいろなワインを試飲して、レストランでお気に入りのワインをいただくのはどうでしょうか。ワイン以外にも、果汁ジュース、サイダー、日本酒など揃えています。

Photo bypics4cwolfe

また、地元の陶芸品や、小樽のガラス工芸品も並んでいます。お土産にワインとセットで購入するのも喜ばれるはずです。

ワイン工場の見学も可能です。醸造風景や瓶詰の様子が見学できます。1日楽しめる場所になっています。

住所 北海道余市郡余市町黒川町1318
電話番号 0135-23-2184

宝水ワイナリー

Photo bymbc-2016

自然豊かな宝水地区にある宝水ワイナリーは、岩見沢で初めてできたワイナリーです。2014年に全国公開された映画「ぶどうのなみだ」のロケ地でもあります。

赤い三角屋根のワイナリー、そしてブドウ畑が広がる風景は、まるで南フランスを訪れたかのような錯覚を覚えます。とても可愛らしいロケーションで女性に人気のワイナリーです。

積雪2mを超える岩見沢の地で、その厳しい寒さに耐え抜いたたくましいぶどうから、寒さの中丹念にワインを醸造します。手間暇かけて作った分、岩見沢の風土がしっかりとワインの中に入っています。

ソフトクリームも名物!

Photo by Kentaro Ohno

ワイナリーのそばのショップではソフトクリームも販売しています。季節限定の自家製ぶどうの果汁ソースをかけた「赤ぶどうソフト」と「白ブドウソフト」が人気です。

ワイナリーの中でも食べられる場所があるので好きなところを選んで召し上がってください。営業時間は10:00~17:00、シーズン中の4月~12月は無休です。1月~3月は毎週水曜日が定休日です。

住所 北海道岩見沢市宝水町364番3
電話番号 0126-20-1810

北海道で人気の「こだわりありの」ワイナリー3選

Photo bythewinemix0

有名なワインではなくてオリジナリティ溢れるワインを味わいたいという方におすすめなのが、これから紹介するそれぞれのこだわりがある個性豊かなワイナリーです。

その土地の気候や風土を生かしたものや、独特の醸造方法など、こだわりを知って味わうワインは格別です。

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(池田ワイン城)

Photo byDonations_are_appreciated

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所では、十勝ワインを醸造、販売しています。今や十勝ワインといえば世界的にも有名なワインです。しかしその始まりは自然災害が次々と起き苦境に陥ったことがきっかけです。

その苦境を乗り越えた池田ブドウ・ブドウ酒研究所では、ワインへの強いこだわりがあります。池田ブドウ・ブドウ研究所の十勝ワインは、寒冷な地でたくましく育ったブドウの酸味をそのまま生かした辛口ワインになります。

白ワインはフルーティで爽やかな味わいのワイン、赤ワインは長期熟成に耐えうるワインになっています。

Photo bycongerdesign

もう1つのこだわりは、ワインには外せない「樽」です。フレンチオーク樽を使用し、完全密閉しているのではなく、木目を通してわずかに空気が出入りします。

それにより、穏やかな酸化でゆっくりと熟成され、色調や香りに深味があるワインに仕上がります。

Photo byRonalddeBruijn

ワイン工場では1日約15000本を瓶詰めしています。その様子を無料で見学することができます。この池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は、外観がヨーロッパ中世の古城に似ていることから「ワイン城」とも呼ばれています。

ワイン城には、地下にフレンチオーク樽やオールドビンテージの数々、1階に十勝ワインをはじめショッピングを楽しめるワイナリー、4階にはレストランがあり見ごたえがあります。

ワイン城の営業時間は9:00~17:00までです。年末年始のみ休館日で入園料、駐車料も無料となっています。こだわりのたくさん詰まった池田町ブドウ・ブドウ酒研究所をぜひ訪れてみてください。

住所 北海道中川郡池田町清見83番地
電話番号 015-572-2467

ベリーベリーファーム上田 - 有限会社自然農園

Photo bycongerdesign

ベリーベリーファーム上田・有限会社自然農園は、2000年に誕生したオーガニックファームです。約40haという広さの農園でブルーベリー、ラズベリーなどのベリー類、ワインブドウ、さくらんぼなど様々なオーガニック作物を作っています。

自社農園で育てたオーガニック作物を使い、自社工場でワインを醸造しています。そのワインは、その年の果実の味わいを守りながら醸造しています。そのため、その年その年でワインの味の微妙な違いを楽しめます。

Photo byAviavlad

ベリーベリーファームの農園はオーガニック認定を受けており、そのワインは北海道初・日本初のオーガニックワインとして認定を受けています。こだわり抜いたオーガニックワインは、女性にも大人気です。

ワイナリーではオーガニックワイン、クラシックワイン、ナチュールワイン、ストレートジュースも販売しています。ワイン工場の見学、ワインの試飲はしていませんが、シーズンにはブルーベリー狩りが楽しめます。

手作りピザやハンバーク、ステーキも味わえる!

フリー写真素材ぱくたそ

ベリーベリーファームの向かい側にある「ベリーベリーファームレストラン」では、自家製酵母入りの手作りピザやオリジナルハンバーグ・ステーキが人気です。

ソースもこだわりの自家製ソースになっています。一緒にオーガニックワインなどのお酒も楽しめます。サラダバーはオーガニック農園で採れた野菜をふんだんに使っています。

Photo by nobihaya

緑色の屋根の可愛らしい外観に、テラス席もあり女性におすすめのレストランです。営業時間は11:00~22:00で、ラストオーダーは20:00です。自然の味のワインと食事をベリーべリーファームで味わってみてください。

住所 北海道余市郡仁木町東町15丁目41番地
電話番号 0135-32-3020

YAMAZAKI WINERY

Photo byStockSnap

北海道三笠市達布にあるYAMAZAKI WINERYは4代にわたって農作業を行ってきました。その中で高い品質や技術革新を行ってきて、2002年にワイナリーを設立しました。

達布らしいワイナリーに地域の人々が集えるような場を提供しており、ワインにも地域への愛情が伝わっています。

Photo byDidgeman

ワインは白ワイン、赤ワイン、ショップ限定ワインも販売しています。ワイナリーの見学等は行っていませんが、その分ぶどうの育成や醸造を丁寧に愛情をこめて行っています。

営業時間は10:00~18:00で、土日祝日のみ営業しています。達布の地元愛溢れるワインをぜひ試してみてください。

住所 北海道三笠市達布791-22
電話番号 01267-4-4410

北海道で「無濾過」にこだわるワイナリーがココ

Photo bypau_noia0

ほとんどのワインは不純物を取り除くために濾過されており、ワインの色味は鮮やかで半透明な色をしています。

しかしこれから紹介するワイナリーでは、そのワイン本来の味と風味を楽しんでほしいという願いから、無濾過で醸造したワインを販売しています。

ぜひ、濾過したワインと濾過していない、無濾過のワインを呑み比べてみてください。

さっぽろ藤野ワイナリー

Photo by f59t8y

さっぽろ藤野ワイナリーは、「できるだけ農薬を使わずにぶどうを栽培して体に良いワインを造りたい」という思いから始まりました。2000年から10年かけて拡大し、今では多種多様なぶどうを栽培しています。

藤野ワインのこだわりは、酸化防止剤は最小限の使用に抑えているところです。さらに無濾過であることと、天然酵母で醸造するワインを造っているところです。

Photo byWokandapix

より自然に寄り添うワインを造っています。無濾過のワインを味わってみたい方におすすめのワイナリーです。また、工場見学も無料でできます。ワイナリーでは試飲も無料で行うことができます。営業時間は11:00~18:00、火曜日が定休日になっています。

住所 北海道札幌市南区藤野670番1
電話番号 011-593-8700

北海道旅行の際は「美味しいワイン」を堪能しよう

フリー写真素材ぱくたそ

北海道は、海鮮などの美味しい料理や様々な観光名所があります。しかしせっかく北海道を訪れたのなら、ぜひ北海道の広大な土地を生かしこだわり抜いたワインを堪能してみてください。自分だけのお気に入りのワインが見つかるかもしれません。

Minami
ライター

Minami

子育て中の専業主婦です。九州に住んでいます。夏でも温泉大好き♡おすすめの情報を紹介していきたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング