勝沼でワイナリー巡りにチャレンジ!見学可能なおすすめの施設は?

勝沼でワイナリー巡りにチャレンジ!見学可能なおすすめの施設は?

山梨県甲州市の勝沼町は、国内ワイン発祥の地として有名です。ワイナリーがたくさんあり、ワイナリー巡りが人気です。醸造過程やブドウ畑の見学、ワインのテイスティングなどがあり、楽しむ事ができます。国内ワイン発祥の地勝沼にておすすめのワイナリーを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.勝沼町はワイン発祥の地!「人気ワイナリー」も多い!
  2. 2.勝沼のワイナリー巡りで知っておきたいこと
  3. 3.勝沼のワイナリー巡りで出来ることは?
  4. 4.勝沼で「おすすめの人気ワイナリー」5選
  5. 5.勝沼で「おすすめの穴場ワイナリー」6選
  6. 6.勝沼で「ユニークな体験ができるワイナリー」がココ
  7. 7.勝沼で「ワインと料理が楽しめるワイナリー」がココ
  8. 8.勝沼で「ワイナリーが集中して巡りやすい施設」4選
  9. 9.勝沼町で人気の「ワイナリー巡り」を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

勝沼町はワイン発祥の地!「人気ワイナリー」も多い!

フリー写真素材ぱくたそ

山梨県の甲州市にある勝沼町は、甲州盆地の最も東にある町です。勝沼町は、国内でのワイン発祥の地として知られています。江戸時代後期では、勝沼の一部でしかブドウの栽培は行われていませんでしたが、明治初期には果樹栽培やワイン醸造業が盛んとなりました。

勝沼では、ワイナリー巡りも人気となっています。各ワイナリーにて特色を出しており、ワイン好きの方は是非勝沼でワイナリー巡りをしてみて下さい。

山梨県甲州市勝沼町はどんな町?

Photo by yamataka

山梨県甲州市にある勝沼町は、縄文時代中期の遺跡も残っています。慶応4年には、甲州勝沼の戦いが繰り広げられ、新撰組局長の近藤勇率いる甲陽鎮撫隊が板垣退助率いる征党軍に敗北しています。

明治36年には、中央線が甲府駅まで開通しましたが、勝沼にはまだ駅がありませんでした。町民による駅設置運動が行われ、大正2年に勝沼駅が設置されました。

Photo by sabamiso

山梨県甲州市では、果樹の栽培が盛んに行われており、四季を通して様々な果樹が栽培されています。1月〜5月はじめまではいちごの栽培が行われ、5月~7月まではさくらんぼ狩りを行う事もできます。6月~8月はすもも、桃の生産が盛んになり、8月~10月はブドウの季節です。

12月~1月は柿の栽培が盛んになります。ころ柿の原料に使用されているのは大きな甲州百目柿という渋柿です。渋さが抜けると隠れた糖度が出てきて、絶品の甘い干し柿となります。松里地域のころ柿は皇室に献上されたこともある長い伝統から生まれた一品です。

Photo by yamataka

甲州市は、夏は暑く、冬は寒くなっています。盆地特有の気温であり、ブドウや桃などの果樹の栽培に適している地域です。ブドウやワインが有名ですが、たくさんの果樹も絶品であり、果物狩りが人気となっています。

勝沼のワイナリー巡りで知っておきたいこと

Photo byDonations_are_appreciated

ワイン発祥の地である勝沼では、たくさんのワイナリーがあり、ワイン好きにはたまらない町です。勝沼のワイナリー巡りは、とても人気となっています。ワイナリーによっては様々な体験が出来たり、ワインをじっくり味わえたりする事ができます。

ワイナリー巡りの時期・予約・見学内容の変更など

次のページ

勝沼のワイナリー巡りで出来ることは?

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング