赤坂に来たら超人気中華料理店・みんみん(珉珉)へ!絶品の餃子を堪能しよう

赤坂に来たら超人気中華料理店・みんみん(珉珉)へ!絶品の餃子を堪能しよう

赤坂のみんみん(珉珉)について解説します。絶品の餃子が堪能できる店としてその餃子の由来などについても知りましょう。みんみんに立ち寄って、中華料理の味に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。赤坂周辺に用事のある方や、グルメな名店を探している方におすすめの記事です。

記事の目次

  1. 1.長年赤坂で愛される中華料理店「珉珉(みんみん)」
  2. 2.赤坂「珉珉(みんみん)」ってどんなお店?
  3. 3.赤坂「珉珉(みんみん)」の絶品餃子とは
  4. 4.赤坂「珉珉(みんみん)」のその他の人気メニュー
  5. 5.赤坂「珉珉(みんみん)」の餃子はテイクアウトもOK
  6. 6.赤坂「珉珉(みんみん)」の基本情報
  7. 7.赤坂「珉珉(みんみん)」で酢と胡椒で餃子を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

長年赤坂で愛される中華料理店「珉珉(みんみん)」

Photo by othree

長年赤坂で愛されている中華料理屋があります。珉珉(みんみん)です。絶品の餃子を堪能しに、遠くからでも客が訪れる名店です。今回は赤坂の珉珉を特集します。絶品の餃子の秘密や、人気メニューなどを見てみましょう。

赤坂の美味しいカレー特集!ランチや食べ放題があるお店もご紹介のイメージ
赤坂の美味しいカレー特集!ランチや食べ放題があるお店もご紹介
数々の飲食店が立ち並ぶグルメの激戦区・赤坂には美味しいカレーが食べられる人気店が数多くあります。今回はカレーやナンの食べ放題を提供するお店やランチで格別のカレーを味わえる人気店をまとめました。赤坂の美味しいカレーを、満腹になるまで堪能しましょう!

赤坂「珉珉(みんみん)」ってどんなお店?

まず赤坂の珉珉(みんみん)とはどのような店なのでしょうか?簡単に概要をまとめてみました。赤坂の地になぜ誕生したのかなどの理由、人気になった理由などを知りましょう。

昭和41年創業の老舗中華料理店

Photo by Kanesue

赤坂の珉珉(みんみん)は創業昭和41年の老舗中華料理店です。同じような珉珉(みんみん)と言う名の餃子の名チェーン店がありますが、赤坂の店のみんみんとは少し系列が違います。同じような中華料理を提供している餃子の店から混合している人も多いです。

赤坂の珉珉(みんみん)は、赤坂の路地にほっそりと営業しており、地元に根付いた街中華が有名な店です。同じように絶品餃子を提供している店で、地元の人が良く行く店として地元に愛されている店です。地元の根付いた中華料理には多くの昔からのファンがいます。

知る人ぞ知る赤坂で大人気の店

赤坂の珉珉は、知る人ぞ知る大人気の店で、みんみんの餃子を近辺の子供がテイクアウトしていく姿などは有名でした。いつしか赤坂の近辺は再開発され、大きなビルなどが多く立ち並ぶようになりましたが、昔から知っている人の絶品中華料理屋として人気です。

メディアでもたびたび紹介

Photo byfancycrave1

グルメな街赤坂で有名になったことからメディアにも度々登場します。みんみんの餃子を食べに遠くからも餃子のマニアが訪れるなどして、店は大繁盛します。メディアに露出したことによって地元に根付いた経営から、名前が全国区に知れ渡るようになります。

たびたびのメディア掲載は、みんみんのファンにとっては、しばらく足を離れていたことを理解するきっかけになったようです。こうして赤坂だけなく、いろいろな場所から訪れて、変わらない味に舌鼓を打っています。ファンがさらにファンを呼び店は大人気になります。

予約をしないと入れないと評判に

今では赤坂の珉珉は、予約をしないと入れない店として評判です。貴重な味を体験しに多くの客が訪れる人気店として確固たる地位を獲得しています。赤坂の珉珉は、餃子などを味わいに訪れる人気店として、今でも多くの人で賑わっています。

赤坂「珉珉(みんみん)」の絶品餃子とは

Photo by y_katsuuu

赤坂の珉珉の絶品餃子について紹介します。絶品の餃子はどのような流れを汲み、人気を集めているのでしょうか?

「珉珉」は伝説の餃子店「珉珉羊肉館」直系の店

Photo by othree

珉珉は渋谷に本店を構えていた元祖の餃子店「珉珉羊肉館」直系の店です。今では珉珉羊肉館はつぶれてしまい、珉珉羊肉館の味を正式に受け継いでいるのは、赤坂の珉珉だけです。ただしレシピを参考にして大阪に珉珉を作りチェーン展開している珉珉とは従妹の関係に当たります。

餃子には元々安価で手に入った羊肉の成肉を使っていました。通称マトンと言われており、匂いがきついのが食べにくい肉です。この匂いを消すためにニンニクを上手に使った餃子を始めたのがきっかけで、日本の餃子はニンニクを使うようになったと言われています。

Photo byAlexas_Fotos

その後豚肉が安くなったために、豚肉が使われるようになります。しかしニンニクやニラなどの香味野菜はそのまま使った方が美味しいと評判になり、香りが強い餃子が残りました。赤坂の珉珉は、当時の名残を残しており、肉がゴロゴロしていて、ニンニクが効いているレシピはそのままです。

餃子の味には絶対の自信を持っていて、餃子はいろいろな中華料理の付け合わせとして注文されます。赤坂の珉珉には餃子をメインにして注文しているお客さんも多いです。赤坂の珉珉にはいろいろなタイプの餃子があります。餃子はどれも大人気で、変わらない味が多くのファンを掴んでいます。

「焼餃子」「水餃子」「揚げ餃子」「炒醤餃子」

Photo by Kakei.R

赤坂の珉珉の餃子は4種類あり、一番人気の焼き餃子は、パリッとしている皮目とジューシーな肉感が人気の一品です。一番多く注文され、珉珉を代表する一品です。餃子のレシピはいろいろな風味がありますが、味は焼き餃子が好みの人が多いことや、スタンダートな品で一番頼まれます。

水餃子はちゅるんとしている食感が人気で、モチモチとしている皮の味が一番良く解ると言われています。ゴロゴロとしている肉感がある餃子には、固定ファンがついており、焼き餃子などと一緒に頼まれて、味比べをする人もいます。餃子の新しいスタイルで提供している一品です。

Photo by Yuryu.

揚げ餃子はパリパリしている皮目に、ジューシーな中身が食感で楽しい一品です。美味しい味には多くのファンがいます。揚げ餃子はパリッとしている点からスープに少し浸して食べると美味しいと言われています。人気が高くいろいろな楽しみ方ができるメニューです。

炒醤餃子は、水餃子にひき肉の入った味噌をかけた変化球で、これはアイデア商品です。餃子の味比べとしていろいろな餃子を頼みシェアする人も多いです。赤坂の珉珉の餃子はいろいろな味のバリエーションがありそれぞれに高評価を得ています。

お酢と大量の胡椒で食べるスタイル

Photo byHans

赤坂の珉珉の餃子の食べ方は、お酢と大量の胡椒を入れて食べるスタイルが最も多いです。珉珉の餃子には、しっかりと味がついており、しょうゆなどは少ししょっぱくなり、酸味がすっきりとしているお酢の風味が最もマッチしていると言われています。

店内のテーブルにはいろいろな調味料が置かれています。またどのような味付けで食べても絶品の餃子です。ただ常連客の8割は酢コショウで食べています。お酢と胡椒が最も餃子の味を活かすと言われており、珉珉の絶品餃子をしっかりと味わえる方法だと評判です。

今では酢コショウはベターな食べ方として定着していますが、少し前までは、邪道だと言われていました。餃子の食べ方として餃子の脂分もスッキリ落とせるお酢と胡椒が最も良い組み合わせだと珉珉では言われています。酢コショウの文化は珉珉から始まったとも言う常連客が居ます。

どのような味付けで食べても絶品餃子を味わえることに変わりはありません。また酢コショウ以外の食べ方をしてもいけない訳ではありません。しかし、郷に入っては郷に従えと言うように皆さんがやっている酢コショウを真似して食べることをおすすめします。

最近ではいろいろな餃子店でも酢コショウが有名になりつつあり、以前ほど抵抗なく、酢コショウが美味しいと言われている珉珉の餃子は、その代表格です。酢コショウの味を覚えたら他のつけダレで餃子を食べることがばかばかしいと思えるほど美味しいと言われています。

酢コショウの食べ方はより餃子の輪郭をクッキリとさせ、餃子の味の良し悪しをハッキリさせると言われています。餃子党の人の食べ方ですので、是非真似をしてみましょう。珉珉の絶品餃子は、より餃子の味をハッキリと分かる酢コショウの食べ方がおすすめです。

皮は厚めで餡には味がしっかりと付いている

珉珉の絶品餃子には皮は厚めで、モチモチしており、中の餡にはしっかりと味がついています。これが酢コショウに合う秘密です。中の餡の主張と適度な脂とのバランスを取るには、酢コショウで食べることをおすすめします。水餃子にしても中にしっかりと味が付いており、酢コショウが食べやすいです。

中にしっかりと味がついていることと皮が厚いことで、いろいろな調理方法が可能で、それぞれに個性が出る絶品餃子です。いろいろなバリエーションに挑戦してみましょう。美味しい餃子は中の餡と皮の旨さがマッチングしていると言われており、珉珉の餃子はそれを実行しています。

赤坂「珉珉(みんみん)」のその他の人気メニュー

Photo byNipapun

赤坂の珉珉のその他の人気メニューも見てみましょう。赤坂の名店の絶品グルメが一堂に会します。赤坂の珉珉の人気を支える絶品メニューの数々を見てみましょう。

ドラゴン炒飯

ドラゴン炒飯は赤坂の珉珉の中でも人気のあるメニューで、具材は焼き豚とニラ、たまごとシンプルです。赤坂の珉珉にはメニュー表がなく、ドラゴンと注文するとこのドラゴン炒飯が出てきます。チャーハンの米の一粒一粒にはしっかりとコーティングされており、パラパラ感が絶妙です。

注目する点は、ボリュームでしょうか。かなり大きめなボリュームのあるチャーハンで、2~3名でシェアして食べても丁度良いくらいです。餃子などと一緒に注文することを推奨されますが、餃子は1人1皿で、チャーハンは3人でシェアして食べると丁度良いボリュームでしょう。

シンプルに作られているチャーハンは店の味がそのまま出ると言います。ストレートに珉珉の味を堪能できる一品として有名で、多くの常連客が注文する人気メニューです。塩加減や味のバランスも丁度良く、あとを引く味で、美味しいチャーハンはボリュームの割に食べきれることが多いです。

ドラゴン炒飯は餃子などと共に赤坂の珉珉の人気メニューです。しっかりと高熱の火力で作られた中華料理が味わえる店として赤坂の珉珉一押しのメニューで、常連客は淡々と注文する光景を目にします。赤坂の珉珉を誇る代表格のメニューです。

焼きそば

焼きそばも赤坂の珉珉人気の中華料理のメニューです。シンプルな味付けの中華風の焼きそばで、オイスターソースが味の決め手だと言われています。シンプルに味の重なりがあり、豚肉とニラ、もやしの入っている焼きそばは赤坂の珉珉創業当時からの人気メニューです。

シンプルな味付けでリーズナブルな価格のため餃子などと一緒に注文しやすく、他に五目焼きそばなどもありますが、このシンプルな焼きそばが常連客を中心に人気の中華料理のメニューです。シンプルにつくられていますが、しっかりと火力で作られた焼きそばは何とも言えないさっぱり感があります。

焼きそばに使われている麺は、ややモチっとしている麺で、それを表面がパリッとなるまで炒めています。豆板醤を加えている常連客が居ました。豆板醤を加えるとより辛みがハッキリしてさらに食べやすくなると言われています。豆板醤を加えると常連客の人のように見られることでしょう。

焼きそばは、昔ながらの味で、勝負している赤坂珉珉の名物メニューです。古くから続く歴史の味に舌鼓を打ってみましょう。きっと美味しさは世代を超えていろいろな人の胃袋を満たしてきた味を堪能できます。やきそばも人気の中華料理のメニューで赤坂の珉珉を代表するメニューです。

回鍋肉

Photo by Lucy Takakura

赤坂の珉珉の回鍋肉は、味噌がしっかりと効いている一品で、パンチがある味が人気を集めています。シンプルに出来ており、期待を裏切らない味は多くの常連客から注文されています。回鍋肉と言うと豚肉の美味しさを引き出すように作られていますが、この回鍋肉はシンプルに素材を活かす作りです。

回鍋肉にはチャーハンなどとの相性も良く、ピーマンやキャベツと言った具材もしっかりと個性を生かしています。回鍋肉の人気の秘密は、餃子などやチャーハンなどのおつまみとしても注文されると点です。決して尖っていない丸い味をしていると言われており、どのようなサイドメニューとも合います。

Photo by Lucy Takakura

回鍋肉のおすすめの食べ方としては、定食にしても良いですが、赤坂の珉珉の絶品餃子と合わせて食べることもおすすめです。特に水餃子と一緒に食べる人が多く、常連客の中では鉄板の組み合わせだという人もいます。シンプルな旨さが光る一品です。

回鍋肉はビールなどと一緒に頼む人もいます。赤坂の珉珉の絶品中華料理の1つで、常連客のおすすめのメニューの1つです。回鍋肉を注文して絶品の甘さとしょっぱさを味わってみてはいかがでしょうか。主張は強くないですが、おかずとしても最適な一品です。

蒸し豚

Photo by ryumu

蒸し豚は、きゅうりやニンニクが効いているサラダ感覚で食べられる人気の一品で、シンプルな味付けがこれも人気です。蒸し豚そのものには味はついておらず、かけてあるタレときゅうりやニンニクなどがアクセントになり、全体的にしっかりしたおかずのメニューです。

蒸し豚はいろいろな汎用性があることから、餃子などと一緒に注文されることが多く、特にビールなどのおつまみにも最適です。常連客の中には、ご飯を注文し、蒸し豚を乗せて丼にしている人もいます。シンプルに旨い味には多くのファンがおり、注文が入る人気の一品です。

Photo by is_kyoto_jp

常連客の中には、この蒸し豚を味わわないと赤坂の珉珉は語れないと言われています。餃子などに使われるような肉感のある蒸し豚は、ご飯のおかずにもお酒のおつまみにも、サラダなどの前菜としても活躍できるオールマイティーさが受けています。

蒸し豚はそのものも美味しいですが、タレに秘密があると言われており、常連客の中でも注文する人は赤坂の珉珉を知り尽くしている人だと言われています。ご飯などとセットでもチャーハンとセットでも美味しい蒸し豚は赤坂の珉珉人気のメニューです。

茄子カレー

茄子カレーは中華料理っぽくないと思えるかも知れませんが、れっきとした赤坂の珉珉人気のメニューの1つです。スパイスの効いた茄子カレーは、しっかりと中華料理風にアレンジされています。常連客の中では、迷ったときに注文するメニューとして定着していると言われています。

茄子の風味をしっかりした辛さが来て、中華料理独特の旨みも感じられる一品です。茄子にはしっかりとカレーの餡を絡めて食べるとまたマーボー茄子とは違った風味だと評判です。他の料理屋では味わえない茄子カレーについても多くの常連客のファンがついています。

Photo by uka0310

茄子のしんなりした感覚と、カレーの香ばしさやスパイスの味、そして中華の風味が来る相乗効果にあっという間に完食してしまう人が続出しています。大抵シメで注文されますが、満腹でも食べられる味だと形容している人もいます。人気の高いメニューです。

シンプルに出来ているにも関わらず旨みがいくえにも重なり、複雑な旨みの構造はあとを引く味です。中華料理屋のカレーの代表格で、カレーそのものも美味しい風味で人気です。シメで注文し満腹になって帰る人が多い一品は、頼むと良いと常連客の中でも言われています。

蟹の唐揚げ

Photo by Richard, enjoy my life!

蟹の唐揚げは、おつまみとして最適な殻ごと食べられる一品で、赤坂の珉珉の隠れ人気メニューです。大抵の人は餃子の前に注文して、バリバリさせながら蟹の旨みを味わっています。シンプルな塩コショウで揚げた蟹を食べられる一品で、蟹の旨みが詰まっています。

蟹の唐揚げは、コースの中にも注文され、前菜の一種として人気です。ビールに良く合います。お酒などのつまみとして最適な一品です。しっかりと蟹の旨みが感じられますが、臭みなどは全くなく、美味しい味に多くの常連客がファンになっています。

蟹の唐揚げは野趣あふれる味で、シンプルなことから、あとの餃子などのメニューの旨みとも重ならないで、個性を活かします。赤坂の珉珉の中でも屈指のおつまみメニューで、多くの常連客から注文を受ける一品です。美味しい蟹に多くの人が舌鼓を打っています。

赤坂「珉珉(みんみん)」の餃子はテイクアウトもOK

赤坂の珉珉は、餃子のテイクアウトも行っています。冷凍された餃子を渡してくれ、焼き方などが書かれた紙も一緒に入っています。そのナビに従うと自宅で赤坂の珉珉の餃子を味わうことが可能です。いろいろなテイクアウトメニューもあります。持ち帰りも余ったら可能です。

餃子に関しては賞味期限などに注意して、冷凍とは言えその日のうちに焼いて食べることがおすすめです。寝かして味が良くなるわけではありません。また再冷凍は味が落ちると言われています。自宅で焼き上げる場合には、フライパンにしっかりと油をなじませることが大事です。

昔は近隣の住民の子供が良くおつかいとして珉珉の餃子を買っていく光景があったと常連客は言います。時代の流れと共に赤坂の周辺に住んでいる人やアクセスの良い人が利用するようになりテイクアウトも人気になっています。テイクアウトの場合にも予約を入れておくのが無難でしょう。

赤坂「珉珉(みんみん)」の基本情報

赤坂の珉珉(みんみん)の基本情報について整理します。営業時間やアクセスについてチェックしておきましょう。

営業時間・休業日

Photo byanalogicus

営業時間が、11:30~14:00と17:30~22:30です。ラストオーダーが昼は13:55で夜は21:30です。ラストオーダーの後に店内に入ることは原則できません。定休日は日曜日と祝日とお盆、お正月などです。定休日はまれに変更になることがあります。

アクセス

Photo by puffyjet

アクセスは一番近い駅は、東京メトロ千代田線「乃木坂駅」です。乃木坂駅からの所要時間は徒歩で約8分です。東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」よりもアクセスできます。青山一丁目駅からなら徒歩で10分の距離です。

車の場合には国道246号線の西行きを在日カナダ大使館の先の路地を入っていくと店の近くに着きます。入り組んだ路地の小道の中にあるので、解りにくい場合には店に電話をしてナビしてもらいましょう。

駐車場情報

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

近隣には小さめの駐車場が3ヶ所あります。パークジャパン赤坂7丁目に2台分、パークジャパン赤坂7丁目第3に16台分、パークジャパン赤坂7丁目第2に2台分あります。それぞれの駐車場から徒歩で2分程度の距離です。

住所 東京都港区赤坂8-7-4
電話番号 03-3408-4805

赤坂「珉珉(みんみん)」で酢と胡椒で餃子を楽しもう

赤坂の珉珉(みんみん)で絶品の中華料理を味わってみましょう。人気の餃子や絶品中華料理の数々は混んでいる中並んでも食べる価値があると言われています。今は予約が必須なので、しっかりと事前に電話をして、絶品の数々を堪能してみてはいかがでしょうか。

珉珉の餃子は酢と胡椒で食べることがおすすめです。慣れていない人は新鮮な風味と餃子本来の旨みをしっかりと口の中で堪能してみましょう。珉珉の絶品餃子を味わいに赤坂に来る価値があります。美味しい餃子を味わってみてはいかがでしょうか。

古澤 弘一
ライター

古澤 弘一

フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング