米原に再現されたひつじのショーンの世界!人気の施設ローザンベリー多和田を紹介

米原に再現されたひつじのショーンの世界!人気の施設ローザンベリー多和田を紹介

滋賀県の米原市にひつじのショーンの世界を完全再現した、夢のような施設があります。次のお休みには家族みんなで、おちゃめなひつじのショーンが繰り広げる楽しい日常世界を体験しに、米原市におでかけしましょう。笑いの絶えない休日になるでしょう。

記事の目次

  1. 1.米原に世界初のひつじのショーンのテーマパークが登場
  2. 2.ひつじのショーンって?
  3. 3.米原のひつじのショーンのテーマパークとは?
  4. 4.米原「ひつじのショーンのファームガーデン」の見所
  5. 5.米原「ひつじのショーンのファームガーデン」でグッズを作ろう!
  6. 6.米原・ローザンベリー多和田「ひつじのショーンのファームガーデン」の基本情報
  7. 7.米原でひつじのショーンの世界を経験しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

米原に世界初のひつじのショーンのテーマパークが登場

Photo by Saku Takakusaki

滋賀県の米原市にあるローザンベリー多和田に、世界で初めてひつじのショーンの世界を完全再現したテーマパークが登場しました。

米原市は快速電車や特急電車も停車するので、関西はもちろん他の地域からもアクセス抜群です。入場料もリーズナブルなので、何度でも足を運びやすいでしょう。

実寸大のひつじのショーンの世界に入り込めるのは、ここだけです。ひつじのショーンが牧場主と繰り広げるコメディ感を滋賀県米原市で味わいましょう。

ひつじのショーンに関する可愛いグッズや食べ物がたくさんあるので、インスタ映えもばっちりです。

ひつじのショーンって?

Photo by steve-uk

ニック・パークが制作した「ウォレスとグルミット」はイギリスだけでなく、世界で大人気の作品です。ひつじのショーンが初めてスクリーンに登場したのは、その中編映画「ウォレスとグルミット、危機一髪」の作品です。

ひつじのショーンはウォレス&グルミットのスピンオフアニメとして制作されたのが始まりでした。後に、ひつじのショーンのスピンオフアニメが面白いと話題になり、本格的に「ひつじのショーン」の制作がされるようになりました。

人気に火のついた現在では、映画のみならず、ひつじのショーングッズも多くの店頭で販売されています。

イギリスで誕生したストップモーションアニメ

Photo by ell brown

イギリスイングランドにあるアニメの制作会社「アードマン・アニメーションズ」のニック・パークが制作したクレイのストップモーション・アニメーションです。1話7分の短編で構成されています。アニメとして人気のひつじのショーンですが、その人気は異例ともいえるものです。

通常のアニメーションは登場人物などが、話をします。しかし、ひつじのショーンのは完全に羊の目線で日常を送るアニメーションです。そのため、最大の特徴として、言葉はありません。

言葉のないアニメーションですが、大人気を誇っているのはアニメーション界でも異例ともいえる素晴らしい作品です。ひつじのショーンに関するグッズも大変人気です。

Photo byPeggy_Marco

他にも、クレイストップアニメーションなので、ひつじのショーンの制作には莫大な時間と手間がかかっています。ストップモーションアニメーションとは、粘土などを使用したものを少しずつ動かしながら1枚ずつ作成するアニメーションのことをいいます。

そのため、ひつじのショーンは1秒に25枚の写真を使用しています。1日に6秒しか作成することができない、大変手間のかかったアニメーションです。ひつじのショーンの素晴らしさは作成方法にもあります。

日本では2007年から2018年にかけて放送

Photo by davidshort

日本では2007年から2018年の11月までNHKのEテレで放送されていましたが、一旦終了していしまいます。しかし翌年の2019年10月から放送時間を変えて放送再開しています。現在ではNHKのEテレでひつじのショーンの第6シーズンが放送されているので、見逃さない様にしましょう。

ひつじのショーンとその仲間たちを描いたコメディ

Photo by Phil_Parker

ひつじのショーンとは、言葉のないアニメーションですが、主人公のひつじのショーンはとても頭の回転が速く、あれやこれやと牧場主をあざむいては、自分のしたいことを自由にやっていきます。言葉はないけれども、見ているだけでとても楽しいコメディ作品です。

一度見始めると、ひつじのショーンを中心に、作品によって出てくるいろんな動物との掛け合いや、牧場主との日々から目が離せなくなってしまうほどです。現在ではNHK教育テレビでも放送されるほどで、小さな子供から大人まで老若男女問わず大人気です。

米原のひつじのショーンのテーマパークとは?

Photo by Clive Varley

滋賀県米原市の新テーマパーク、ひつじのショーンファームガーデンエリアは、非常にアクセスもしやすい場所にあり、入場料もリーズナブルです。団体になると入場料の割引があるなど、嬉しいサービスも充実しています。

また、ここでしか手に入れることのできないオリジナルグッズに、世界でひとつだけでの自分で作るショーングッズ、たくさん素敵な体験もすることができます。

ひつじのショーン好きにはたまらない、ひつじのショーンファームガーデンエリアとはどういったものなのでしょうか。ひつじのショーンの良いところばかりがぎゅっと詰まった、ひつじのショーンファームガーデンエリアを詳しく見ていきましょう。

滋賀県米原市・ローザンベリー多和田内にできたエリア

ひつじのショーンエリアは「滋賀県米原市・ローザンベリー多和田内」にあります。ローザンベリー多和田は滋賀県米原市の山中にある、イングリッシュガーデンです。

一度入場料を払うと、広い園内を好きに散策することができます。また、当日なら何度でも再入場できる嬉しいサービスもあります。

園内の施設は訪れる人のためにきちんと整えられており、授乳室やおむつ交換代、駐車場も完備されているので、小さなお子様を連れての車でのアクセスも抜群です。

Photo byPexels

春になるとローザンベリーには約300品種、1000株にもなるバラが開花し、美しい風景が広がります。また、ガーデン内にはブルーベリー園もあり、無添加のブルーベリージャムが人気です。

季節限定のジャムもあるので、何度訪れても飽きません。体に優しい料理を提供してくれるレストランや、美味しいワインを飲むことができる飲食店もあり、お子様連れから大人のデート、女子旅の行先として幅広く楽しむことができる、素敵な場所でしょう。

2019年3月31日にオープン

滋賀県米原市・ローザンベリー多和田にあるひつじのショーンエリアは、2019年3月31日にオープンしたばかりの、まだ新しいテーマパークです。広大な敷地面積は約5,000㎡で、小さなお子様も存分に走り回れる大きさです。

入場料もリーズナブルで園内の設備も整っており、アクセスも抜群なので非の打ちどころのない新しいテーマパークです。

ローザンベリー多和田内には、広い敷地面積を考慮して、ローザン鉄道「MILKY WAY(ミルキーウェイ)」もあります。小さな園内汽車で、レトロなデザインが可愛い乗り物です。

Photo by hans-johnson

ひつじのショーンファームガーデンエリアまでは、坂道になっているので、小さなお子様連れの方に大人気の鉄道です。

ローザン鉄道MILKY WAYに乗れば、ひつじのショーンエリアまでの移動も楽に早く行くことができます。車内アナウンスではローザンベリーの見どころなどを教えて貰うこともできます。

滋賀県米原市が世界で初めてのひつじのショーンの世界を体験できるテーマパークです。ここでしか購入することのできない、ひつじのショーン限定グッズもあります。是非、訪れた際にはひつじのショーンオリジナルグッズを手に入れて下さい。

実寸大でひつじのショーンの世界を再現

Photo by Martin Pettitt

ひつじのショーンの制作会社である「アードマン・アニメーションズ」が完全監修の元、忠実にクレイアニメーションのひつじのショーンの世界を再現したテーマパークです。

アードマン・アニメーションズ完全監修のテーマパークなので、細部にまで拘りを感じることができます。

牧場主の家の寝室やバスルーム、実寸大のショーンや、作中に出てくる子ひつじのティミーに牧羊犬のビッツァーにも会える、夢のような体験ができる場所です。小さなお子様とも安心して楽しめるテーマパークでしょう。

米原「ひつじのショーンのファームガーデン」の見所

Photo by alisonjpope

滋賀県米原にあるローザンベリー多和田内にあるひつじのショーンファームガーデンエリアの見所を詳しく見て行きましょう。

滋賀県米原市のローザンベリー多和田内自体が広大な敷地面積のある場所になるので、事前に調べておくと実際にひつじのショーンファームガーデンエリアを訪れた際に、スムーズにいきたい場所へ行けるでしょう。

牧場主の家

ひつじのショーンのアニメーションの中でも多く登場するのが、「牧場主の家」でしょう。ショーンの飼い主でもある牧場主の家も、いつも見ているクレイアニメーション同様に忠実に再現されています。

ひつじのショーンアニメを知る人は訪れると興奮すること間違いなしの場所になっています。建物の中には入って写真を撮ることもできるので、素敵な旅の思い出を残すこともできます。

牧場主の家の中に入ると、キッチンでは主人公でもあるひつじのショーンと牧羊犬のビッツァーが一緒に料理をしている場面が再現されています。今にも動きだしそうなショーンとビッツァーに見ているだけでもわくわくしてしまうでしょう。

他にも牧場主がいつもテレビを見てくつろいでいる部屋もあり、牧場主もそこに座っているのが再現されています。忠実に再現されているのは、アニメーションでよく見る部屋だけではありません。

牧場主の家の2階も忠実に再現されています。2階には寝室とバスルームがあります。家のどこかに時々登場してた牧場主の入れ歯もあるので、探してみて下さい。

他にも開閉できる扉の中には、季節や時期によって入っているものが変わるので、行くたびに何が入っているのかが楽しみにもなります。毎日牧場主が生活をしている家を隅々まで見学することができるので、ひつじのショーン好きなら、行くしかない場所でしょう。

ひつじたちの小屋

Photo by Eldriva

ひつじのショーンファームガーデンエリアの次の見どころは、「ひつじたちの小屋」です。ショーンとひつじの仲間たちが、毎日を過ごす場所です。深夜になるとパーティをしだすのものこの場所です。

外壁から内装に至るまで、こちらも作品に忠実に造られています。ひつじ小屋の中をのぞいてみると、ショーンの仲間たちが気持ちよさそうに寝ています。

藁の布団でとても温かそうで、一目見るだけでもそのゆるい空間に、思わず笑みがこぼれるでしょう。子羊のティミーもここで会うことができます。

ローザンハウス

同じ敷地内にある教会風の建物が「ローザンハウス」です。主にひつじのショーンのイベントや催し物、演奏会に使用されるそうです。きっちりとした教会ではなく、あくまでも教会風の建物なので、誰でも気楽に入ることができます。

ローザンハウスはひつじのショーンにはでてきていませんが、こちらもアードマン・アニメーションズ完全監修の建物になっています。

ひつじのショーン同様に細かな手間をいくつもかけて作られた美しい建物です。ひつじのショーンマニアのカップルなら、ここで結婚式をしたいと思うでしょう。

ヒルサイドカフェ Tearoom

Photo by avinashbhat

ひつじのショーンファームガーデンに隣接しているのが「ヒルサイドカフェTearoom」です。イギリス風のお洒落なカフェです。ひつじのショーンの生まれ故郷でもあるイギリスの軽食やランチを楽しむことができます。

お洒落な店内は、落ち着いた雰囲気が特徴です。テーブル席とカウンター席、外にはテラス席も設けてあるで、天気の良い日はテラス席でのんびり食事を楽しめます。中でも人気なのが、イギリスを代表するキッシュやフィッシュ&チップスです。

Photo bysharonang

使用する食材にもこだわられており、安心安全かつ美味しいものから作られています。本場を意識したからこそのこだわりですが、本場を超えているといっても過言ではない美味しさでしょう。

メニューのラインナップも豊富なので、小さなお子様連れの方でも安心んして注文できます。他にも、ヒルサイドTearoomにしか販売されていない、ローザンベリー多和田限定のひつじのショーンオリジナルグッズも販売されています。

Photo byPezibear

お腹を満たした後は、ローザンベリー多和田でしか手に入れることのできないひつじのショーンオリジナルの限定グッズを購入されてはいかがでしょうか。お土産にも喜ばれること間違いなしです。

米原「ひつじのショーンのファームガーデン」でグッズを作ろう!

Photo by jreifegerste

滋賀県米原市のローザンベリー多和田内にあるひつじのショーンのファームガーデンエリアでは、ひつじのショーングッズを作ることができます。

ここでしか体験するこでのできないひつじのショーングッズばかりなので、是非一度体験してみて下さい。滋賀県米原ローザンベリー多和田で忘れられない思い出を作りましょう。

ひつじのショーンの体験工房

Photo by Martin Pettitt

ひつじのショーンファームガーデンエリア内にある「ひつじのショーンの体験工房」では、体験できるメニューが数種類あり、その中から自分の好きなものを選んで体験できます。作って楽しい、食べて美味しい体験メニューが充実しています。

自分で作る世界で一つだけのオリジナルグッズは、ひつじのショーンファームガーデンを訪れた素敵な思い出のグッズになるでしょう。

フェルトストラップ

Photo bystux

ひつじのショーンの「フェルトストラップ」体験は、初心者の方におすすめの体験です。ひつじのショーンにでてくるキャラクターの顔をフェルトで作成したものをストラップにします。

昨年の11/30(土)から公開されている、ひつじのショーンの新作映画、「ひつじのショーン UFOフィーバー!」の中から新キャラクターの宇宙人の「ルーラ」も仲間入りしています。

主人公のショーンもいいですが、水色の体にマゼンタカラーの垂れた耳が愛らしい新キャラクターもおすすめです。体験価格はどのキャラクターでも800円で、当日受付のみとなっています。

受付時間は10時~16時ですが、冬季は10時~15時になるので、受付時間の変更には気を付けて下さい。体験時間は約60分~90分です。自分で作る世界でひとつだけのひつじのショーングッズ作りはいかがでしょうか。

フェルトマスコット

立体的なひつじのショーンオリジナルグッズ制作ができるのが「フェルトマスコット」です。フェルトで立体的なひつじのショーンのキャラクター作りを体験できます。こちらは上級者向けの体験コースとなっています。

上級者向けなので、体験時間も120分~180分と長めになっています。女子旅などの時におすすめの体験コースでしょう。価格はキャラクターによって変動があるので1100円~となっており、超上級者向けの牧場主は1500円です。

こちらも当日受付のみとなっています。フェルトの体験コースが豊富で、他にもフェルトボールの髪飾りの体験コースもあります。

ひつじのショーンパン作り

体験メニューの中でも特に人気なのが「ひつじのショーンパン作り」です。ひつじのショーンをデザインした可愛いパン作り体験ができます。パン作り体験は季節限定のものもあり、特別感を味わうこともできます。

1日2回、11時~の部と14時~の部に分かれています。各20名が定員となっています。パン作り体験のみ、事前に予約が必要です。前日の17時まで予約が可能なので、パン作り体験をしたい方は予約を忘れない様にして下さい。

ただし、繁忙期になるGWだけは、パン作りの事前予約が行われていません。当日受付のみの先着順になるので、GWに訪れる人は気を付けて下さい。

体験時間は約90分で、焼いている間はフリータイムになっています。作って楽しい、食べて美味しいと、嬉しいことづくめでしょう。

米原・ローザンベリー多和田「ひつじのショーンのファームガーデン」の基本情報

Photo byMyriams-Fotos

滋賀県米原市にあるローザンベリー多和田「ひつじのショーンファームガーデン」の基本情報をご紹介します。

入場料やアクセス情報など、来園する前にひつじのショーンファームガーデンの情報を知っておくと、ローザンベリー多和田内を含めて時間を有効的に使えるでしょう。入場料やアクセス方法については、お得な情報も一緒にご紹介するので、要チェックです。

営業時間・休園日

Photo bycastleguard

営業は通年されており、休園日は火曜日と年末年始のみです。火曜日が祝日の場合は営業となります。冬季になると、ローザンベリー多和田内を走り、ひつじのショーンファームガーデンまでのアクセス手段として人気の鉄道であるMILKY WAYはメンテナンスが行われます。

そのため1月~3月19日までは運休となっています。ひつじのショーンファームガーデンまでは坂道になるので、小さなお子様連れの方は、MILKY WAYが運行する3月19日以降のアクセスをおすすめします。

営業時間は、3月1日~11月末までを通常営業とし、10:00~17:00です。最終入園受付は16:30までとなっています。12月~2月末までを冬季営業とし、通常とは営業時間が少し異なります。

10:00~16:00で、最終受付は15:30です。通常営業と冬季営業では1時間の違いがあるので、2月から3月にかけて来園する予定の方は、入園受付時間に気を付けて下さい。

ひつじのショーンエリアへの入場料

Photo byigorovsyannykov

ひつじのショーンガーデンファームへ入るのには入場料がかかりますが、広大な敷地面積や手入れの行き届いた施設内を考えると、破格の入場料といっても過言ではありません。入場券は無人券売機で購入して下さい。

入場料は、大人(中学生以上)が1000円、子供(3歳以上)が500円、2歳以下は無料となっています。団体だと、大人の入場料は900円、子供は450円に割引されます。

当日のみ、再入場が可能です。再入場の際は、入場料を払って購入した入場券と、再入場のスタンプが必要です。再入場のスタンプは手の甲に押すスタンプで、ブラックライトで反応するものになっています。

Photo by trec_lit

再入場を希望の方は、必ずゲートを出る前にスタッフの方に再入場のスタンプを押して貰って下さい。ひつじのショーンマニアなら、一度だけでなく年に何度も訪れたいと思うテーマパークです。毎回入場料を払うと高くなります。しかし、そんなひつじのショーンマニアの方には朗報です。

ローザンベリー多和田では、年間パスポートも販売されています。通常の入場料だろ1回大人が1000円なので、年間3回以上訪れる方には年間パスポートがお得です。年間パスポートの価格は、大人が3000円、小人1800円で販売されています。

ローザンベリー多和田を訪れた際に、何度でも来たいと思われた方は、年間パスポートもいかがでしょうか。入場料が大変お得に何度も気軽にアクセスできるでしょう。

ローザンベリー多和田へのアクセス

Photo by Yuya Tamai

ひつじのショーンファームガーデンエリアのある、ローザンベリー多和田へのアクセス方法を詳しくみていきましょう。ローザンベリー多和田はJR米原駅から車で約15分のところにあります。

JR米原駅からのアクセス方法は、12月~3月の冬季限定で運行されている乗り合いタクシーの「まいちゃん号」、もしくは通常のタクシーのご利用をおすすめします。まいちゃん号は完全予約制となっているので、まいちゃん号を利用してアクセスをお考えの方は予約必須です。

Photo bymcconnmama

料金は中学生以上の大人500円、小学生以下の子供250円、幼児(1歳~5歳)大人1名に付き同伴2名まで無料、1歳未満の乳児も無料です。JR米原駅からローザンベリー間のシャトルバスも運行されています。

シャトルバスでのアクセスも便利ですが、12月~3月中旬の冬季期間は雪や凍結などの安全対策のため運行されていません。シャトルバスの料金は片道で中学生以上の大人500円、子供 300円、3歳以下が無料となっています。駐車場が完備されているので、自家用車でのアクセスも大変便利です。

駐車場情報

Photo by stvcr

滋賀県米原市のローザンベリー多和田は、駐車場が完備されています。一般駐車は360台、大型8台、臨時駐車場140台もの車を駐車することができます。ただし、繁忙期にはアクセスが集中して混み合う場合があるので、早めの時間に行かれることをおすすめします。駐車場利用料金は無料です。

米原でひつじのショーンの世界を経験しよう!

滋賀県米原市でひつじのショーンの世界を体験しましょう。ひつじのショーンの世界を体験できるのは、世界でも日本の米原だけです。アクセス抜群で入場料もリーズナブルな夢のようなテーマパークには、行くしかないでしょう!オリジナルのグッズの購入も忘れないようにして下さい。

Fujico
ライター

Fujico

京都府在住の1児の母です。猫と神社仏閣、温泉と旅行に美味しいグルメが大好きです♪子供に負けじと好奇心旺盛です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング