男性におすすめのサウナ「金年華三温暖」へ行こう!アクセスやアメニティは?

男性におすすめのサウナ「金年華三温暖」へ行こう!アクセスやアメニティは?

台湾にある「金年華三温暖」をご存知ですか。男性専用の台北にある日本人男性にも人気のサウナです。店員は日本語が話せることから安心して利用できます。今回は初めて「金年華三温暖」を利用する方に利用方法やアクセス、アメニティなどをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.台北の金年華三温暖ってどんなところ?
  2. 2.金年華三温暖のお風呂とサウナについて
  3. 3.金年華三温暖のサウナについて
  4. 4.金年華三温暖の施設紹介
  5. 5.金年華三温暖のおすすめポイント
  6. 6.金年華三温暖のアメニティグッズを紹介
  7. 7.金年華三温暖の場所とアクセス
  8. 8.台湾の金年華三温暖に行ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

台北の金年華三温暖ってどんなところ?

台北のサウナは日本のような単なる入浴施設ではなく、簡単な宿泊施設も備えた便利なものがあります。台北のホテルで宿泊するより安いので、バックパッカーや短期間の出張などで宿泊する人も多いのが特徴です。

ホテルが満室でとれない人が利用するなど、さまざまなシーンで使い分けできるのも台湾のサウナではないでしょうか。台湾には男性向けサウナがいくつもありサウナ自体の利用は12時間までならOKというところがほとんどです。

台北サウナ「金年華三温暖」は空港やMRT中山駅2番出口からアクセスが良く、高級ホテルや飲み屋街が立ち並ぶ繁華街、東京新宿の歌舞伎町のようなところにあります。日本人も利用する男性専用サウナとして「金年華三温暖」は有名です。

台湾ではサウナを意味する「三温暖」は男性向けサウナが多いので、女性の方は別のサウナを利用することになります。日本では珍しい男性サウナですが、逆に落ち着くという方もいます。

「金年華三温暖」は宿泊施設としてしても値段が安くて台湾旅行で来た男性には人気のおすすめスポットとして人気があります。「金年華三温暖」の周辺は台北で今流行っているものが一通りチェックでき、新光三越デパート、飲食店、ファッション・雑貨スポット、カフェなどが立ち並んで賑やかです。

台北の中でこの辺りは比較的治安も良いので安心ですし、「金年華三温暖」はアクセスや移動にも便利なロケーションにあり、館内は無料のアメニティもあるので男性にはぜひおすすめしたいと思います。

24時間営業のサウナとして有名

「金年華三温暖」は「森林北路」にある有名なサウナで、この辺りには日本人向けのスナックやバーも多いため、日本人の利用者が多いです。

「金年華三温暖」は、24時間営業で仮眠室などの簡単な宿泊施設も備え食事もできるため、宿泊施設に入ってから疲れているのに食事を食べに出かけるのが面倒な方にはおすすめです。

台湾の中でも台北はホテル代も高く、男性の方でただ寝るだけでいいのなら24時間営業のサウナを利用すれば旅費が節約できます。サウナと言っても大浴場があり、タオルや歯ブラシ、髭剃りなどのアメニティも無料です。

Photo byshutterbean

そのためホテルのように快適なので利用する人が多いのです。「金年華三温暖」の休憩室では食事もできるのでゲストハウスよりは快適に過ごすことができます。

「金年華三温暖」は24時間営業なのでホテルのようなチェックインの時間を気にする必要がなく600元でアメニティは好きなだけ使えますし、アクセスも抜群、12時間滞在ができるのでおすすめです。

日本語対応スタッフも

台北にある「金年華三温暖」が日本人観光客に大人気なのは、ここに来ればスタッフが日本語が話せること、食事のメニューも日本語で施設内は日本語で快適に過ごすことができるので安心からです。

日本人観光客向け観光スポットも近くにあるので「金年華三温暖」のように日本語が話せるスタッフがいればとにかく安心です。また広い湯船で疲れが癒せ、アクセスが便利なので仮眠施設としても利用ができますから断然お得な施設です。

金年華三温暖のお風呂とサウナについて

「金年華三温暖」に入るとカウンターには女性スタッフがいて、首からぶら下げるひも付きの番号のついたロッカーキーをくれます。そしてスタッフが履いてきた靴を預かってくれます。その後ロッカーまで案内してくれるのでここで服を脱ぎます。

注意したいのはもらったロッカーキーだけではロッカーが開けられない事です。実はロッカーは二重施錠方式になっていて、もう一つのキーはスタッフが持っています。ロッカールームにはスタッフがいるのでいつでも声をかけて開けてもらいましょう。

Photo byelizabethaferry

「金年華三温暖」ではロッカーには大き目なスーツケースは入らないため、フロントで預かってもらえるので施錠して預けましょう。もし鍵がかけられない、あるいはフロントに預けるのが不安な方は、駅にコインロッカーがあるので預けておくほうがいいでしょう。

また「金年華三温暖」は日本と違ってフロントやロッカールームにタオルなどアメニティは置いていません。浴場まで行くと髭剃り・歯ブラシ・タオルのアメニティセットが置いてあるの自由に使用することができます。

「金年華三温暖」がおすすめな理由はお値段もさることながら、浴槽やサウナの種類が豊富なことです。なんとなくレトロな雰囲気な湯船で、お湯はちゃんと循環されているので衛生面についても問題ありません。

1:温泉と水風呂も完備

「金年華三温暖」の浴場は台北のサウナの中ではとにかく広いです。洗い場も湯船、サウナも日本に比べて広々としているのには驚かされます。

「金年華三温暖」のお湯はハーブ湯、超音波湯、ミルク、温水湯、水風呂が用意されています。また浴槽は広くあまり混んでいないのでゆっくりお湯に浸かることができます。ただ冷水風呂はかなり冷たいので覚悟した方がいいです。

日本のサウナにある水風呂とは温度があきらかに違います。そこでいきなり入るのは体にも負担がかかります。そこで、「金年華三温暖」では、ぬるめの水風呂をおすすめします。こちらで体を慣らしてからがいいでしょう。

ハーブ系温泉もあり

「金年華三温暖」のハーブ系温泉は心身の疲れを癒してくれ、ヒーリング効果も期待できます。台湾では昔から健康維持のためにハーブが利用されてきました。代謝を高めストレスや睡眠不足にも高い効果があるとされています。

台湾では一般にサウナのお風呂は薬草系がほとんどなので漢方の匂いがします。マッサージは別料金でだいたい4000元前後で50分ほどとなっています。

「金年華三温暖」もそうですが、台北にあるたいていのサウナには寝る場所とリクライニングチェアなどくつろげるスペースがあるので、湯上りにくつろぐことができます。

2:サウナは薬草スチームサウナも

「金年華三温暖」で特におすすめなのは薬草ハーブスチームサウナです。3畳ほどのサウナには薬草の濃厚な匂いが立ち込めて、むせ返るほどきつい香りです。しかし、しばらくすれば匂いに慣れてきます。

「金年華三温暖」の薬草スチームサウナは蒸気とともに薬草の香りを吸い込むことで呼吸器系や皮膚にも良い効果が期待できます。体が熱くなってきたら水風呂(10℃)に入りますが、ここの水風呂はかなり冷たいので身体を慣らしてからゆっくり入ります。

冷たすぎて入れない方は、ぬるめの水風呂(28℃)や打たせ水もあるのでご利用下さい。薬草スチームサウナを数回出入りすればかなり体もスッキリしてゆっくり眠れそうです。

打たせ水は天井から水が流れ落ちる仕組みになっていて心地よい冷たさが火照った身体をクールダウンしてくれます。残念ながら露天風呂の設備はありません。

サウナはテレビ付きで、サウナ内で使うタオルは別途入口にアメニティグッズとして置いてあります。また「金年華三温暖」にはスチームサウナもありますが、幾分小さい感じがします。

3:何故か喫煙スペース

「金年華三温暖」の浴場にはどういうわけか喫煙室がついています。椅子も用意されているのであらかじめ、煙草を持って浴場に行くことになるわけです。日本ではありえない光景です。

喫煙ルームではソファーに座りながらソフトドリンクやビールがいただけます。喫煙してから休憩室でコーヒーも飲むことができます。

また「金年華三温暖」では喫煙ルームは周囲と分煙がしっかりできているので煙草の煙が不快な方も安心して過ごせます。

休憩スペースはなし

Photo bysolskin

「金年華三温暖」では利用料金以上のサービスがあります。休憩スペースはありませんが仮眠をするエリアには映画が上映されていて、しっかり疲れをとりたい方は休憩エリアの奥に宿泊者専用の睡眠室が用意されています。

正式な休憩室はレストランも兼ねていて利用者も多いようで日本のイメージとはちょっと違います。仮眠室は照明も幾分暗くなっていて落ち着いて休むことができます。ただ神経質な方は熟睡ができないことも多少あるかもしれないです。

Photo byFree-Photos

「金年華三温暖」では休憩室の奥に睡眠室があり、二段ベッド20台ほど、フルフラットになるリクライニングチェアが80台ほどあります。これならなんとか睡眠が取れそうな雰囲気です。

しかし、「金年華三温暖」の休憩室の床は板張りになっているので人の足音で目が覚めることがあるかもしれません。24時間営業しているため酔っぱらっている人もいる可能性があるのでやはり耳栓が必要かもしれません。

休憩後、湯船に戻ろうと、他のエリアに移動しても問題はありません。「金年華三温暖」ではチェックアウトまで最大12時間滞在できるので、その間に仮眠や食事が好きなだけできます。

金年華三温暖のサウナについて

台北にあるサウナでもアクセスが良く日本人に人気の金年華三温暖ですが、サウナはちょっと高温です。ただテレビ付きで広さも十分あるのでゆったり過ごせます。

スチームサウナもあるので交互に入ってしっかり発汗させてから水風呂に入って身体を引き締めます。また別途料金で垢すりもできます。全て終わったら浴衣とパンツに着替えて休憩室で休みましょう。

「金年華三温暖」は無料のサービスが充実しているのが特徴で、浴場にはボディーソープやシャンプーは常備されています。その他、アメニティとしシェービングフォーム、歯ブラシ、洗顔ソープも無料です。バスタオル・フェイスタオルも無料で借りることができるので大変便利です。

サウナの温度は高め

Photo byThMilherou

「金年華三温暖」のサウナは高温で約120℃近くありますが、湿度が低いため体にまとわりつくような不快な暑さはあまり感じません。サウナ内は漢方の匂いが立ち込めています。不快な匂いではありませんが、床板が熱いので座る時はタオル2枚重ねがおすすめです。

「金年華三温暖」では薬草スチームサウナもおすすめです。中はもくもく感が半端なく1m先が見えないくらいです。台北のサウナは比較的温度が高いので苦手な方はスチームサウナがいいでしょう。

薬草成分は体に染み込み、全身が温まる特徴があります。サウナに入っている間は平常時の2倍の血液が全身に流れます。体が温まることで血管が広がり、大量の血液が全身に流れることで栄養と酸素を届けてくれます。

Photo byTheUjulala

またストレスなどで筋肉が強張り動悸などが起こりやすくなりますが、血流が増えることで筋肉を和らげ、一時的ですが緊張から放たれます。ストレスが解消すれば体も軽くなり、身体を動かすもの楽になります。

さらに胃腸など内臓の働きがよくなり老廃物を出すことでデトックス効果も期待できます。疲労感がなくなり快眠でぐっすり眠ることができることから、男性でも肌の調子がよくなると「金年華三温暖」は人気があります。

サウナ内部はどんな感じ?

Photo by Hotel Arthur Helsinki

台北にある「金年華三温暖」のサウナにはテレビが完備されているので、暇つぶしに言葉がわからなくても見ていると時間も潰せます。ただ座れるタオルが所々しかないので、自分で敷いてから座りましょう。とにかく板面が熱いです。

浴場内にトイレがあるため匂いが少し気になります。台湾の中でも台北にあるサウナは全体的にぼろい感じがしますが、「金年華三温暖」は比較的清掃はしっかりやっているようですから安心して下さい。

金年華三温暖の施設紹介

「金年華三温暖」は中山駅からアクセスする場合、徒歩数分のところにあり大変便利でおすすめの男性専用サウナです。特に一人旅で身体を癒したい時にはおすすめです。

「金年華三温暖」は空港からのアクセスが良く、24時間営業なので学生や出張などで日本人が利用するケースが多いそうです。またアメニティも充実しているので手ぶら感覚で行けるので一汗かきたい方にもおすすめなのです。

1:レストランで食事が食べられる

「金年華三温暖」では食事もできるので、わざわざ外に出て行く必要もありません。メニューは日本語と中国語が併記されているので心配無用です。

「金年華三温暖」では、食事はオムライスやチャーハンなど簡単なものなら160台湾ドルくらいで、コーラ・スプライト・麦茶・紅茶などは無料で飲み放題です。ビールは80台湾ドルほどです。一般には少し高い海鮮がゆもリーズナブルなので試してみて下さい。

「金年華三温暖」では無料ドリンクが充実しているので喉が乾いたら気にせず飲んで下さい。ただ有料の飲み物や食事はフロントで帰りに支払います。

なおアルコール類はビールだけですから、もし他のアルコールが欲しい時は外に出るしかありません。「金年華三温暖」では台湾の地ビールが飲めるのでおすすめです。

2:仮眠室も完備

休憩室の奥に仮眠室が用意されています。軽い仮眠程度ならここでソファーに横になって映画でも見ながら休むのもいいでしょう。

ただ「金年華三温暖」は24時間いつでも入館できるので、人の動きが気になる方は辛いかもしれません。静かな環境でしっかり睡眠をとりたい方には厳しい雰囲気ですからアイマスクや耳栓を用意しておいた方が無難です。

「金年華三温暖」は日本人の利用客が多いので日本語の当日の新聞や雑誌も置いてあります。また休憩室は禁煙になっていて、ガラス張りの喫煙所が中にあるのでそちらを利用して下さい。

多少、古い施設ですが分煙が行き届いているので煙草が気になる人も不快感はないでしょう。清掃も行き届いているので快適に過ごすことができます。

もししっかり睡眠がとりたい方は映画が上映されているスペースではなく、レストラン側にある2段ベッドの部屋がおすすめです。こちらは手前に隠し扉、奥にトイレがあります。

2段ベッドなのでリクライニングチェアよりも、自分の寝るスペースは確保されるため周囲の音も幾分気にならないでしょう。それでも気になる方はやはり耳栓をご用意下さい。

多少耳に入る音がありますが、料金や無料のアメニティを考えればなんとかやり過ごしましょう。

3:エステやマッサージもあり

「金年華三温暖」ではマッサージをしてもらい体をほぐすのもおすすめです。休憩室でのんびりしていると、マッサージどうですかと声をかけられたりします。4200台湾ドルで約50分間マッサージが受けられます。

マッサージする人が上手くないなと思ったらチェンジもできるのでリクエストしましょう。せっかくお金を払っているので、我慢するなんてもったいないです。

ただし、男性客が相手ということもあり過剰なサービスもあったりするので、嫌な場合は勧誘された時に、きっぱり断れば二度と勧誘されません。

金年華三温暖のおすすめポイント

Photo byandreas160578

「金年華三温暖」がおすすめなのは、アクセスが抜群で他の料金が断然安いこと、24時間営業で12時間は滞在ができるので時間を気にせず過ごせることです。また女性が利用しないので気を使うこともありません。

また、サウナといっても宿泊施設としても充実しており、アメニティは無料で使えますし、広い浴槽に浸かりリラックスできるのである意味、簡易宿泊施設的存在と言えます。

出発の時間の合間なら映画でも見ながらぼーっと過ごすのもいいでしょう。「金年華三温暖」は空港までのアクセスも良いので出発まで、サウナや浴場で体をほぐして束の間のくつろぎを味わって下さい。

1:料金が安く、宿泊施設としても利用可能

Photo by nyanchew

駅からアクセスが便利な「金年華三温暖」は料金がホテルに比べると安く、宿泊施設としても利用ができます。この手の格安サウナにありがちな雑魚寝スタイルではなく、二段ベッドやリクライニングチェアなどがあり、仮眠室が完備され、プライベートな時が過ごせます。

アメニティをはじめ無料のサービスがあります。台北にある「金年華三温暖」はレストランも完備されていて24時間営業なので、学生や出張などで日本人が多く利用します。

2:レストランの食事は美味しい

Photo by acopbc

「金年華三温暖」では食事のメニューは日本語なので心配はいりません。料理は本格的な物ばかりで手を抜いておらず、しっかり食べたくなるくらい、おいしいものばかりです。わざわざ外に出て食べるのがもったいないと思ってしまうほどです。

3:日本のクレジットカードも利用可能

「金年華三温暖」のお会計は、チェックアウト時にまとめて支払います。支払いは現金以外に、日本のクレジットカードも使用可能なので現金をあまり持ち歩く必要もありません。

男性しか利用できないデメリットも

「金年華三温暖」は男性客のみの利用となっています。ロッカールームも浴場も男性客だけに開放されているので女性の方は別のサウナを探さなければなりません。

金年華三温暖のアメニティグッズを紹介

Photo by つんつん

「金年華三温暖」で使えるアメニティですが、バスタオル・手ぬぐい・シェービングクリーム・髭剃り・歯ブラシ・固形石鹸・シャンプー・ボディソープ・洗顔ソープが無料で使えます。

ボディソープやシャンプー類以外のアメニティは浴場エリアに出てすぐ右側の棚に置いてあるので各自自由に取って使えます。

Wi-Fiも利用できます

「金年華三温暖」の休憩エリアならASUS、JNH、Restaurant1などのWi-Fiが利用可能です。速度も遅くないので、SNSやメールなどで不便を感じることはないでしょう。

また、休憩エリアではあちこちにコンセントが用意されているので、携帯電話の充電が可能です。電圧ですが日本と同じなのでそのまま差し込んで使えます。ただ仮眠室の2段ベッドではコンセントがありませんから注意して下さい。

金年華三温暖の場所とアクセス

「金年華三温暖」のアクセス方法を紹介します。台湾で有名な都市鉄道MRTの中山駅で下車し、2番出口から出て新光三越デパートを右手に、大きな道路沿いを5分ほどまっすぐ歩きます。

しばらく行くと「中國信託銀行」と書かれた銀行が見えてきます。そこの角を右折してからまっすぐ歩きます。3分ほど歩くと目的地「金年華三温暖」が見えてきます。「森林北路」という大きな通りの一本隣りの通りに位置します。

海外ではメジャーな配車アプリ「UBER」も便利です。海外では街中でタクシーと止めて料金の支払い時にトラブルが起こりやすくなりますが、こちらのアプリならアクセスがスムーズでトラブルを防ぐことができます。

住所 中山區天津街56號 地下1F
電話番号 02-2531-3141

台湾の金年華三温暖に行ってみよう!

「金年華三温暖」は男性専用の台北にあるサウナです。「金年華三温暖」は駅からもアクセスが良くて、日本語も通じて値段も手頃です。また無料アメニティが充実しているので旅費を抑えたい人や、帰国前に汗を落としてスッキリしたい人にはおすすめです。

「金年華三温暖」は女性は利用できませんが、サウナと言っても宿泊施設としても利用できる施設です。

MASA
ライター

MASA

金融機関に勤務している旅行大好きなライター歴2年の会社員です。わんこ二匹飼っています。金融以外にもライフスタイルやスポーツ、インテリアなどみなさんがわくわくするような魅力ある記事を発信して行きたいと思っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング