栄の街中に現れる観覧車に乗りに行こう!地元民がおすすめする名物スポットとは

栄の街中に現れる観覧車に乗りに行こう!地元民がおすすめする名物スポットとは

名古屋の中心地・栄にはビル街の中に観覧車があります。「SKE48劇場」で有名な「サンシャインサカエ」に設置されているもので、遊園地でなく栄のビル街であるところに名古屋のダイナミズムを感じます。今回は栄にある観覧車・Sky-Boatについて詳しくお伝えします。

記事の目次

  1. 1.外国人客にも人気の栄の観覧車
  2. 2.栄の観覧車って?
  3. 3.栄の観覧車「サンシャインサカエ・Sky-Boat」の乗り方
  4. 4.栄の観覧車「サンシャインサカエ・Sky-Boat」の営業時間
  5. 5.栄の観覧車「サンシャインサカエ」のその他のおすすめスポット
  6. 6.街中を展望できる栄の観覧車に乗ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

外国人客にも人気の栄の観覧車

愛知県名古屋市の中心地・栄にはビル街の中に観覧車があります。ビルだらけの繁華街で普通には観覧車などあり得ないスポットですが、目の前には観覧車が見え、そのインパクトには驚かされます。

観覧車は栄観光のおすすめスポットとして有名です。複合商業施設「サンシャインサカエ」に設置されたもので「Sky-Boat(スカイボート)」という名前で親しまれています。

サンシャインサカエには、地下鉄・栄駅から地下直結で入場できますが、その前に一度地上に出て外から観覧車がそびえ立っている姿を確かめてみるのがおすすめです。営業時間なら観覧車の回っている様子を見て楽しめます。徒歩で行くなら、ドン・キホーテ栄店の錦通の向かい側です。

栄の観覧車Sky-boatはゴンドラが透明(シースルー)なので、周囲が良く見えます。そのため高いところが苦手な人はスリルを感じるかも知れませんが、エアコン完備なので一年中快適に乗れます。

観覧車が夜間の営業時間外までもライトアップされた姿は、栄の繁華街の雰囲気を感じさせ、圧倒的な存在感が漂い、大変美しく写真撮影のおすすめスポットです。昼間と夜ではそれぞれ異なる栄の風景が楽しめ、実際に乗り方角を変えて周りを見ると空に浮かんでいるような気がしてきます。

地下鉄出口からはエレベーター完備のため「サンシャインサカエ」施設内に車椅子でも問題なく入れ、どのゴンドラも車椅子で乗ることができます。観覧車の乗り場はサンシャインサカエ3階にあります。チケットを買う必要はなく500円玉で直接乗車するという乗り方で、小学生以下は無料です。

さて、日本も最近は国際化が進み、日本文化の海外への発信も盛んに行われています。特に観光国家として、日本のユニークな文化や自然の美しさをアピールする流れに乗り方々から外国人客を呼び寄せる動きも活発になっています。

「サンシャインサカエ」とは錦通を隔てて免税品を扱う「ドン・キホーテ 名古屋栄店」が向き合っています。その効果もあり近辺では中国を始め世界各国からの外国人のお客さんを多く見かけます。

サンシャインサカエの観覧車は、独特の存在感が外国人のお客さんの間でも好評でおすすめスポットとなっています。外国人グループが実際に記念撮影をしている姿もよく見られ、また、営業時間中に観覧車に乗り方々を楽しそうに見まわしている様もよく見られます。

栄の観覧車って?

栄のおすすめスポットとして有名な観覧車は、サンシャインサカエの付属施設です。まず、サンシャインサカエとはどんな施設なのかからご説明します。

名古屋市営地下鉄・栄駅の8番出口から出るとそのまま錦通の地下を横断して「サンシャインサカエ」に直結しており、雨の日には便利です。サンシャインサカエは2005年開店の複合商業施設で名古屋のパチンコメーカー「京楽産業.」が運営しています。(会社名の最後に.が付きます)

サンシャインサカエには、パチンコ・パチスロのほかに若い人向けのアニメ・映画・アイドルなどとのコラボ企画、アイドルグループ「SKE48」専用の「SKE48劇場」も設けられています。ビル外側には観覧車「Sky-Boat」が設置してありインパクトの強さから観光のおすすめスポットとなっています。

サンシャインサカエの地下と1階にはパチンコ店、1階には加えてカフェがあります。2階にはSKE48の公演を始めテレビ・ラジオ番組の収録や吉本興業の芸人によるお笑いライブもある「SKE48劇場」および、マクドナルド、3階には観覧車の乗車口、TSUTAYA、薬局、岡崎信用金庫のATMがあります。

4階にはホットヨガスタジオ、5階にはサブカルチャーの様々なコンテンツとのコラボを行うカフェ「CoLaBoNo」、ヘアサロン、クリニック、薬局があります。6階はレストランフロアとなっていて芸能人経営の店舗が人気スポットとなっていたこともありましたが入れ替わりも多いようです。

サンシャインサカエでは、アニメ・映画・アイドルグループなどとのコラボレーションも積極的に行っており、時季限定でオリジナルグッズの販売や観覧車のラッピングも行っています。

栄にはもう一つ、サンシャインサカエのほかにも近くの名古屋三越・栄店の屋上に、1956年12月設置の現存する日本一古い観覧車の展示があります。設置当時は「オリエンタル中村百貨店」でした。

三越・栄店の観覧車は、9基のゴンドラを備え、鉄骨造・高さ12m・脚間6.2mの大きさです。地元・栄の名物として、昭和の時代から長年にわたり大勢の人が乗り方々から親しまれて来ましたが、2005年7月で営業運転を終えました。2007年7年には国の登録有形文化財となって大事に保存されています。

観覧車の設置当時は周囲に高いビルはなく名古屋城が見えましたが、今ではビルが増え遮られてしまいました。現在はお客さんを乗せることはなくなりましたが、日曜・祝日の営業時間・正午と午後3時にはデモンストレーション運転も行われて、まだまだ人気のおすすめスポットです。

「サンシャインサカエ」の「Sky-Boat」

サンシャインサカエの観覧車Sky-Boatは栄の街のランドマークとなっています。ライトアップの美しさではおすすめスポットとして有名で市民投票では「まちなみデザイン20選」に選ばれています。

観覧車は栄のシンボルを目指してゴンドラ上部から水銀灯で中心を白く光らせ、また、ゴンドラ下部のネオンは季節に合わせ青・緑から黄・赤へと基調を変えます。また、クリスマスにはおなじみの緑・赤になります。ライトアップは午後4時から始まり営業時間終了後も午前5時まで続きます。

サンシャインサカエの屋上には42枚の太陽光パネルが設置されています。夏場は太陽光パネルで発電し、その電力で営業時間に観覧車を回転させます。観覧車に乗り方向を下に取ると太陽光パネルが見えます。太陽光発電では原油に換算すると年間2500リットルが削減できています。

名古屋城の天守閣よりも高い!

Photo by *0* PrincessCCCC

観覧車Sky-Boatは、泉陽興業株式会社製で運転開始は2005年2月25日、高さ約53m、直径約42mの大きさで、名古屋城の天守閣よりも高いというのが自慢です。ゴンドラは28台付いてそれぞれに4人まで乗れ、一周の所要時間は約10分かかります。椅子は一人がけで、ゴンドラは全基車椅子対応です。

ゴンドラにはエアコン、座席にはヒーターが付いているので季節を問わず快適に乗車できます。ゴンドラ内はSKE48のBGMが流れ、設置されている液晶パネルには楽しい情報が表示されます。スロットの抽選機も付いていて観覧車が一周する最後にはスロットが回ります。

ゴンドラはシースルー仕様

サンシャインサカエの観覧車Sky-Boatは、新感覚のシースルータイプのゴンドラがよく目立つと人気を呼んでいます。車体の周囲が透明なので、中に乗り方角が変わると空に浮かんでいるような気分になってきます。

昼には名古屋の中心地・栄の街風景を、夜には繁華街の色鮮やかにきらめく夜景を空中から楽しめます。エアコンやシートヒーターを完備しているので季節を問わず楽しめますが、シースルーなだけに真夏の昼間の直射日光は厳しいかも知れません。

ゴンドラ内には抽選機が設置

サンシャインサカエの観覧車は一人一回500円とリーズナブルな料金で乗れます。液晶ディスプレイも付いていて楽しい情報が表示されます。乗車時間は10分程度で一周し、その間に景色を楽しめます。昼間とはひと味違う夜の様々な光に彩られた栄の繁華街の光景もおすすめです。

観覧車が一周すると最後に液晶画面のスロットが回ります。「777」が出ると当たりです。その場合にはサンシャインサカエの共通商品券1000円などの賞品や、コラボレーションの期間中にはコラボ商品などが、ゴンドラ一台につき一つもらえます。 

名古屋城の城主は尾張徳川家が務めていた!その歴史をたっぷりとご紹介のイメージ
名古屋城の城主は尾張徳川家が務めていた!その歴史をたっぷりとご紹介
名古屋城の城主は尾張徳川家が務めていたのをご存知ですか?金のシャチホコで有名な「名古屋城」は今も昔も人々を魅了しています。そんな名古屋城の歴史を城主だった尾張徳川家の繋がりとともに掘り下げ、金のシャチホコだけではない、名古屋城の魅力をたっぷりご紹介します。

栄の観覧車「サンシャインサカエ・Sky-Boat」の乗り方

Photo by t.kunikuni

サンシャインサカエの観覧車・Sky-Boatの乗場は3階にあります。乗り方は合理的でチケットを買う必要はなく、500円硬貨をあらかじめ用意してゲートに投入して乗り場に入り係員さんの指示に従います。

乗る順番が来るとゴンドラを止めてくれるので指示にしたがって乗り込みます。ゴンドラに乗った後は立ち上がったりせずに座って風景を楽しむのが安全な正しい乗り方です。

搭乗口はサンシャインサカエ3階

サンシャインサカエの観覧車・Sky-Boatの乗場は3階にあります。3階に行けばすぐ分かります。500円硬貨をあらかじめ用意してゲートに投入して乗り場に入り係員さんの指示に従います。

搭乗料金

500円硬貨がチケットの代わりとなっており、500円硬貨をゲートに入れて入場するという乗り方がユニークで面白いと話題になっていましたが、最近はそれに加えて交通系電子マネーやLINE Payコード払いもできるようになりました。500円硬貨を持っていない場合は両替機で両替できます。

栄の観覧車「サンシャインサカエ・Sky-Boat」の営業時間

名古屋・栄の観光おすすめスポットで、500円玉がチケット代わりという乗り方も評判のサンシャインサカエ・観覧車Sky-Boatは、営業時間が平日・土曜日・日祝日でそれぞれ違い、詳細は以下に述べます。休日は不定休なので行く前にはホームページで確認しておきましょう。

アクセスは、電車では名古屋市営地下鉄東山線・栄駅8番出口より直結です。車では、名古屋高速東新町出口から名古屋伏見方面約1分となっています。

平日

平日の営業時間は、12:00~22:00となっています。最終搭乗時刻は21:45です。土日・祝日に比べると空いているので、待たないで乗ることができ、おすすめです。

土曜日

土曜日の営業時間は、11:00~23:00と一週間で一番長く、遅くまで乗れます。最終搭乗時刻は22:45です。土日曜日は人出が多く場合によっては待たないと乗れないこともあります。

日曜祝日

日曜日の営業時間は、11:00~22:00と土曜日より一時間早く終わるので注意しましょう。最終搭乗時刻は21:45です。土日曜日は人出が多く場合によっては待たないと乗れないこともあります。

住所 愛知県名古屋市中区錦3-24-4
電話番号 052-310-2211

栄の観覧車「サンシャインサカエ」のその他のおすすめスポット

サンシャインサカエでは観覧車に乗るとSKE48の音楽が流れていたり、観覧車がアニメやアイドルとのコラボでラッピングされていることもあります。サンシャインサカエはサブカルチャーのおすすめスポットとなっており、イベント時には大勢のファンで賑わいます。

ここでは、SKE48の本拠地「SKE48劇場」とサブカルチャーファン用のカフェスペース「CoLaBoNo」をご紹介します。

SKE48劇場

サンシャインサカエは2005年2月25日にオープンしました。SKE48が結成される前で、施設の目玉は意外にもラーメンのテーマパークでした。2階には昭和30年代のラーメンの街を想定したテーマパーク「名古屋麺屋横丁」が入り人気を集めましたが、2008年2月に閉館しました。

その後、サンシャインサカエは2008年6月にリニューアルオープンしました。2階にはメンバーの多くが愛知県出身のSKE48専用の「SUNSHINE STUDIO」ができ、初公演は2008年10月5日に行われました。

2012年12月には改装し現在の「SKE48劇場」となりました。S・KII・Eの各チームや研究生が行う定期公演は、約2時間を使った歌・ダンス・トークで観客を魅了しています。

住所 愛知県名古屋市中区錦3-24-4 サンシャインサカエ2F
電話番号 052-310-4848

CoLaBoNo

世界コスプレサミット開催地でもある名古屋・栄のサンシャインサカエ5階には、サブカルチャーファンのためのグッズ販売やカフェ・スイーツが楽しめるカフェスペース「CoLaBoNo」があります。

CoLaBoNo(コラボノ)は、アニメ、マンガ、コスプレ、ゲームなどの日本から世界に発信するサブカルチャーを題材に多種多様なコンテンツとのコラボを行っているお洒落なカフェで、国内・海外にムーブメントを起こしている日本のアニメやゲームのファンにはおすすめのスポットです。

CoLaBoNoの営業時間は、コラボの内容により異なりますが、11:00~21:00となっています。コラボ開催時のみ営業で座数は33席です。休日は不定休なので、どんなコラボが行われているかとともにホームページで確認しておきましょう。

住所 愛知県名古屋市中区錦3-24-4
サンシャインサカエ5F
電話番号 052-310-0123

名古屋のテレビ塔がリニューアル!2020年夏にオープン予定のホテルとは?のイメージ
名古屋のテレビ塔がリニューアル!2020年夏にオープン予定のホテルとは?
名古屋テレビ塔は愛知県名古屋市のランドマークで、上に登ると名古屋市街の景色がよく見渡せる人気スポットです。テレビ塔として60年近くにわたり活躍してきましたが、内部にホテルを設置する大規模リニューアルを行い2020年夏のオープンがおおいに期待されています。

街中を展望できる栄の観覧車に乗ってみよう!

名古屋の中心地・栄のビル街で圧倒的な存在感を示しておすすめスポットとなっている観覧車・Sky-boatについて情報をお伝えしました。もちろんSky-Boatの姿を外から見るだけでもそのインパクトは十分感じることもできますが、もう一歩進んで、是非、営業時間中に乗ってみましょう。

特に夜がおすすめで、暗くなって様々なイルミネーションで彩られた繁華街・栄の昼とは一味違った趣の風景を楽しむことができます。アベックでも、ファミリーでも、一人でも乗り方は自由です。

uzimodo
ライター

uzimodo

世の中では何でもできる多能工という働き方が重視されています。同様にライターとしても仕事があれば幅広い分野に対応できるように勉強し、何でもよく調べてわかりやすい記事を書くようにしています。特に興味を持っている分野は自然言語処理やAIのテクノロジー方面です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング