成田山新勝寺への初詣はこれで安心!参拝方法や日ごとの混雑状況・屋台もある?

成田山新勝寺への初詣はこれで安心!参拝方法や日ごとの混雑状況・屋台もある?

千葉県にある成田山新勝寺は、初詣に訪れる人数が全国で3位ととても有名な神社です。初詣の時期にはたくさんの屋台が並び、多くの人で賑わいます。今回は、そんな成田山新勝寺での初詣について、屋台やいつまでに行くのか、正しい参拝方法などをご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.成田山 新勝寺は初詣人数が全国3位
    2. 2.成田山 新勝寺の初詣に見ておきたい場所
    3. 3.成田山 新勝寺・初詣でおすすめ参拝方法
    4. 4.成田山 新勝寺の御朱印について
    5. 5.成田山 新勝寺の初詣で行きたいお店
    6. 6.成田山 新勝寺・初詣の屋台はいつまで?
    7. 7.成田山 新勝寺の基本情報
    8. 8.成田山 新勝寺に初詣に行ってみよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    成田山 新勝寺は初詣人数が全国3位

    Photo by midorisyu

    成田山新勝寺は、東京都の明治神宮、神奈川県の川崎大師平間寺についで、初詣人数が全国3位で、約300万人もの人が毎年初詣のために、成田山新勝寺に訪れます。

    成田山新勝寺は、天慶3年から続く歴史ある神社で、寛朝大僧生が東国の乱を静めるために不動明王を御神体とし、開山しました。成田山新勝寺は、真言宗智山派の大本山のひとつでもあります。

    成田山新勝寺では、その名前の通り「新たに勝つ」を寺号にしていますが、その他にも、家内安全、縁結び、厄除け、出世などさまざまなご利益があるとされています。

    初詣は新年の祈りなどイベントも

    Photo by hemiolia

    成田山新勝寺では、初詣の時期になると新年の祈りなど、期間限定のイベントも開催されています。数量限定の特別なお守りも授かることができるようになります。

    また、成田山新勝寺の最寄駅であるJR成田駅から成田山新勝寺までの表参道、成田山新勝寺の境内には、初詣の時期には屋台もたくさん並び、だるまや羽子板などの縁起物を販売する屋台もあります。

    非常に混雑しているで有名

    Photo byB_Me

    成田山新勝寺は約20万平方メートルもある非常に広い境内をもっていますが、お正月の三が日には毎年約300万人もの人が集まるので、ひろい境内も人がいっぱいになり、非常に混雑していることで有名です。

    それだけ混み合うにもかかわらず、毎年たくさんの人が初詣に訪れるので、それほどのご利益が期待できるということでしょう。

    いつまでも混雑しているというわけではなく、初詣シーズンを過ぎれば人の数も落ち着くので、三が日を過ぎて少し落ち着いてから初詣に行くと、混雑が避けられます。

    成田山 新勝寺の初詣に見ておきたい場所

    Photo byTeroVesalainen

    成田山新勝寺は境内もとても広く、見どころも満載でさまざまなご利益をいただくことができます。成田山新勝寺に初詣に訪れた際に、見ておきたいおすすめの見どころをご紹介します。

    1:正月仕様の大本堂

    Photo by doronko

    大本堂には御神体である不動明王が祀られており、大本堂は成田山新勝寺でもっとも重要だとされている場所です。初詣の際にはほぼ全ての方はこの大本堂に参拝に来るので、とても混み合う場所でもあります。

    不動明王が祀られている成田山新勝寺の大本堂には、すべてのご利益があるとされており、正月になると華やかな装飾で正月仕様になっています。飾りはいつまでもあるわけではなく、初詣シーズン限定です。

    大本堂は成田山新勝寺においてもっとも見逃せない場所なので、成田山新勝寺に初詣に訪れた際にはぜひチェックしておきましょう。

    2:重要文化財の三重塔

    Photo by Nelo Hotsuma

    成田山新勝寺の大本堂の手前には三重塔が立っており、こちらは1712年に建立されたもので、国指定の重要文化財にも登録されています。

    三重塔には立派な雲水紋が彫られており、高さは25m、もありとても美しく成田山新勝寺の境内の中でもとても目立つ存在です。

    成田山新勝寺の境内には、いくつかの国指定の重要文化財があり、三重塔の他には、1831年に再建された仁王門、1858年に建立されたかつての本堂だった釈迦堂、1861年に建立された額堂、1701年に建立された光明堂があります。

    3:厄除・お祓いの釈迦堂

    Photo by na0905

    国指定の重要文化財にも登録されている成田山新勝寺の釈迦堂は、かつては本堂として利用されていましたが、現在は厄除け・お払いの祈祷所として使用されています。

    成田山新勝寺の釈迦堂には、「五百羅漢」などの中国の故事にちなんだ「二十四孝」の彫刻が扉1枚に対し2話ずつ施されており、江戸時代ならではの特色も感じられます。

    4:立派な額堂

    Photo by tataquax

    成田山新勝寺の大本堂と釈迦堂の後ろにある高台へと続く階段を上ると、吹き抜けの造りになった額堂が見えてきます。

    成田山新勝寺の額堂も国指定の重要文化財に登録されており、江戸時代に奉納された絵馬や額、江戸時代の歌舞伎役者、七代目市川團十郎の石像など、貴重な品が飾られています。

    東日本大震災が起こるまでは、額堂は中にまで入ることはできていたのですが、震災による倒壊の危険性があるため立ち入り禁止になり、耐震工事が施された現在も、立ち入り禁止のままとなっています。

    住所 千葉県成田市成田1
    電話番号 0476-22-2111

    成田山 新勝寺・初詣でおすすめ参拝方法

    Photo by na0905

    神社での参拝には正しい参拝方法があり、成田山新勝寺でもおすすめの参拝方法があります。成田山新勝寺での初詣でご利益をいただくためにも、おすすめの参拝方法をご紹介します。

    1:総門で一礼

    Photo by na0905

    成田山新勝寺に入るには、まずとても壮大で立派な総門があります。駐車場は総門と正反対の場所にもありますが、初詣の際だけでなく参拝などの場合でも、正しい参拝方法では、成田山新勝寺へのお参りの際は総門を通るようにしましょう。

    総門の中は成田山新勝寺の御神体である不動明王のお庭なので、総門を通って中に入る前に、まずはお参りに来たということで一礼をしましょう。

    2:手水舎で手と口を清める

    フリー写真素材ぱくたそ

    総門を通って堂庭を抜けると、階段の右手前に手水舎があります。手水舎では、俗世の汚れがついてしまっている手や口を、水で清めるという意味があります。

    手水の正しい参拝方法は、まず右手にひしゃくを持ち、左手に水をかけます。次に左手にひしゃくを持ち替えて右手に水をかけ、もう一度右手にひしゃくを持ち替えて左手で水を受け、その水で口を清めます。

    最後にもう一度左手に水をかけ、ひしゃくを立てて柄の部分に水を流し、手水は終了です。基本的に、水は途中で継ぎ足さず、最初にひしゃくに入れた水のみで行います。また、手水舎の水を口に入れるのが不安だという方は、口に含まずに水を口につけるだけでも大丈夫です。

    3:香閣でお清め

    Photo byHG-Fotografie

    仁王門を通り、階段を上ると、大本堂の手前に香閣があります。心のお清めという意味もあるので、正しい参拝方法は、大本堂での参拝の前に、香閣の煙を体に当て、心を清めましょう。

    また、体の痛い部分、具合が悪い部分に香閣の煙を当てると、具合が良くなると言われているので、体に不調がある方は香閣の煙をその部分に当てておきましょう。

    4:大本堂で一礼

    Photo by Kuruman

    香閣の煙を煙を浴び、大本堂にたどり着いたら、まず一礼をします。大本堂は不動明王が祀られている場所なので、失礼がない産廃い方法を心がけましょう。

    お賽銭がある方も、まずは軽く不動明王に一礼をしてから、お賽銭を入れましょう。正しい参拝方法ではお賽銭の金額は重要ではなく、神様への奉納をするという気持ちが大切です。

    5:堂内不動様にお祈り

    Photo byDeltaWorks

    お賽銭をした後の参拝方法は、大本堂内にいる不動明王様にお祈りをします。お祈りの際には、二拝二拍手一拝という作法があります。

    二拝二拍手一拝の正しい参拝方法は、まず不動明王に向かって深く2回お辞儀をし、右手を少しだけ手前にずらして、胸の高さで2回手を合わせます。

    手を合わせながら心の中で不動明王への挨拶とお祈りをして、最後に一度深くお辞儀をして、お祈りの正しい作法は終了です。

    6:御守や御護摩などの申し込み

    Photo by Japanexperterna.se

    初詣の参拝の後は、さらなるご利益を得るためにも、御守や御護摩の申し込みをしましょう。大本堂の両脇には御札受場があり、不動明王のご利益のある御守を授かることができます。

    また、大本堂内で行われている御護摩祈祷では、祈祷と不動明王の分身とされているお札を受けられます。1月の間は、「新春御護摩祈祷」となっています。

    御護摩祈祷で頂いた御札は自宅に持ち帰り、見下ろすことがないような清浄な場所、もしくは神棚や仏壇などに、東か南をむくようにして飾っておくと、ご利益が得られます。

    開運おみくじなどもおすすめ

    フリー写真素材ぱくたそ

    成田山新勝寺には、「開運おみくじ」、「良縁みくじ」、「こどもみくじ」の3種類のおみくじがあります。最もおすすめなのは、すべての運勢が占えるおみくじです。

    おみくじの運勢があまりよくなくても、おみくじ納めどころに結ぶなどしておくと、運勢が上がると言われています。

    成田山新勝寺へ初詣の参拝に訪れた際には、ぜひ参拝後に開運おみくじで新年の運勢を占っておきましょう。

    成田山 新勝寺の御朱印について

    Photo by h_okumura

    どの神社でも基本的に御朱印をいただくことはできますが、成田山新勝寺では6種類の御朱印を用意しており、6種類すべての御朱印をいただくことができます。

    また、たくさんの種類の御札やお守りもあり、いただくことで初詣のご利益をさらに高めることができるでしょう。成田山新勝寺の御朱印とお札、お守りについてご紹介します。

    6種類の御朱印を集めよう

    Photo by shi.k

    成田山新勝寺では、大本堂や釈迦堂など、場所によって計6種類の御朱印があり、お授け場所まで行くと、すべての御朱印をいただくことができます。

    まず、大本堂や御守・お札受場では、成田山新勝寺の御神体である不動明王の御朱印がいただけます。大本堂の左手にある釈迦堂では釈迦如来の御朱印をいただくことができ、釈迦堂のさらに左手奥にある出世稲荷では、荼枳尼天の御朱印をいただけます。

    大本堂と釈迦堂の間にある階段を上った高台にある光明堂では、大日如来の御朱印をいただくことができ、光明堂のさらに奥にある平和大塔では、薬師如来と不動明王の御朱印をいただけます。

    Photo by monkist

    御朱印はそれぞれ300円の初穂料で、6種類すべての御朱印をいただくために境内を歩いてまわると、約1時間ほど時間がかかります。

    また、初詣の時期には期間限定で「御印紋」というものがあり、不動明王をあらわす梵字が記された朱印をおでこに直接押すものもあります。

    おでこに直接「御印紋」を残しておくのは恥ずかしいという方や、残しておくことができないという方は、おでこに紙を当てて押してもらうことも可能です。

    多種多様なお札とお守りもおすすめ

    Photo by Kanko*

    成田山新勝寺の御札やお守りも多様多種で、お守りだけでも20種類以上が用意されています。お守りの中でも特に人気なのが、自分の身代わりとなって災難や厄を払ってくれる「身代御守」です。

    その他にも、初詣の時期限定の「初詣開運御守」や「守護矢」などのお守りも数量限定でありますので、成田山新勝寺へ初詣に行く際にはぜひチェックしておきましょう。

    成田山 新勝寺の初詣で行きたいお店

    Photo by nidate

    成田山新勝寺の表参道や周辺には美味しいお店も多く並んでおり、初詣期間限定の商品などもたくさんあります。成田山新勝寺の初詣で行っておきたいおすすめのお店をご紹介します。

    1:駿河屋

    Photo bygumigasuki

    駿河屋は、成田山新勝寺前にある美味しいうなぎのお店です。とても人気ですぐに行列ができ、予約をとっていないと非常に並ばないといけないようです。

    初詣で駿河屋に訪れる際には、あらかじめ参拝前に駿河屋の整理券を取っておくと、並ぶ時間が短くなるのでおすすめです。

    2:川豊 本店

    Photo by Joshua Rappeneker

    川豊本店は明治43年から続く歴史あるうなぎ屋で、成田山新勝寺の表参道にあります。いつでも出来たてのうなぎ料理を味わうことができます。

    創業当時から継ぎ足されて受け継がれてきたたれを使用しており、長い時間をかけてうなぎのおいしさが染み込んだ他にはない味を楽しめます。

    3:菓匠 菜花の里 黒平まんじゅう本舗

    Photo by TakamiChie

    「菓匠 菜花の里 黒平まんじゅう本舗」は、千葉県に3店舗ある有名な和菓子のお店です。初詣のシーズンになると、期間限定で成田山新勝寺の表参道に臨時店を出店します。

    特に黒平まんじゅうが大人気で、じっくりと時間をかけて手作業で蒸された黒平まんじゅうは絶品で、初詣には行列ができます。臨時店は期間限定でいつまでもあるというわけではないので、注意しましょう。

    4:蔵元直売店『長命泉』

    Photo by yto

    蔵元直売店「長命泉」は、成田山新勝寺で唯一表参道に並んでいる酒蔵です。「長命泉」のお酒に利用されている井戸水は「病気が治る」、「長生きする」といわれており、「長命泉」という名前の由来になりました。

    初詣時期には正月限定の祈祷酒が販売され、とても縁起が良く新年のお祝にもぴったりなお酒で毎年多くの人が求めて店を訪れます。祈祷酒は期間限定でいつまでもあるというわけではないので、早めに手に入れておきましょう。

    成田山 新勝寺・初詣の屋台はいつまで?

    Photo by いぬっころ

    成田山新勝寺ではいつまで屋台が営業しているのかというと、初詣シーズンの三が日だけでなく、12月31日から1月31日までとなっています。年越しの営業は、12月31日の23時頃から営業が開始し、1月1日の23時頃に営業終了となります。

    1月2日、3日の間は、9時頃に屋台の営業を開始し、22時ごろに営業を終了します。1月31日まで屋台は営業していますが、三が日を過ぎると、営業時間は短くなると思われます。

    成田山新勝寺の屋台では、定番の焼きそばやフランクフルト、りんご飴などの他にも、縁起ものである羽子板やだるまなどの屋台も営業しており、数多くの屋台を楽しむことができます。

    混雑のピークはいつ?

    Photo by Kuruman

    成田山新勝寺の初詣シーズンは、いつまで混雑しているのかというと、年越し前の12月31日の23時頃から人で混雑し始め、1月1日の0時から3時頃にピークを迎えます。

    三が日の間は、9時ごろから15時ごろまでにピークを迎え、夜になると比較的人が少なく、混雑しにくいようです。

    成田山新勝寺では、年越しの1月1日の0時から3時頃よりも朝になってからの方が混雑するようで、人混みを避けたいという方は、できるだけ夜のうちに初詣に行くようにするといいでしょう。

    成田山 新勝寺の基本情報

    Photo by FHKE

    成田山新勝寺へ初詣の参拝に訪れる場合、非常に人が多く混雑するためあらかじめアクセス方法や駐車場、交通規制などを確認しておかないと、当日はなかなか思うように行動することができません。

    安全に成田山新勝寺での初詣をするためにも、成田山新勝寺への車と電車のアクセス方法、駐車場、交通規制などの基本情報についてご紹介します。

    電車でのアクセス

    フリー写真素材ぱくたそ

    成田山新勝寺へ電車でアクセスする場合、最寄り駅は「京成電鉄 京成成田駅」、もしくは「JR線 成田駅」のどちらかになり、徒歩10分の距離にあります。

    京成電鉄とJR線は大晦日には終日運転となりますので、いつまでに行かなければ行けないということはなく、年明けに初詣に訪れる方も、安心して電車でアクセスすることができます。

    また、インターネットでは成田山新勝寺で利用できるお得な特典がついている「成田開運きっぷ」も販売されていますので、気になる方はチェックしておきましょう。

    車でのアクセス

    Photo byNoel_Bauza

    成田山新勝寺へ車でアクセスする場合、東関東自動車道成田ICから国道295号線に出て寺坂インターを直進し、国道408号線で成田山裏門入り口の11番の信号を左折すると、左手に成田山新勝寺にたどり着きます。

    首都圏中央連絡自動車道を利用する場合は、大栄ICで東関東自動車道に乗り継ぐことができるので、成田ICで降りて同じ道順で到着します。

    初詣の時期になると、多くの方が成田山新勝寺に参拝に訪れるので成田IC付近は混雑する可能性があります。混雑を避けるためにも、少し早めに到着することを心がけておくといいでしょう。

    初詣の駐車場

    Photo byfill

    成田山新勝寺への初詣の参拝時に利用できる駐車場としては、おすすめの駐車場は弘惠会土屋駐車場、弘惠会田町駐車場、弘惠会本町駐車場の3つがあります。どの駐車場も成田山新勝寺から徒歩3分ほどの距離です。

    その他にも、成田山新勝寺周辺にはいくつかの駐車場があります。しかし、駐車場の数は多いものの、毎年初詣の参拝に訪れる人が300万人を超えているため、駐車場は非常に混雑します。

    どの駐車場もすぐに満車になってしまう可能性があるので、あらかじめ成田山新勝寺周辺の駐車場の場所は、多めに確認しておいた方がいいでしょう。

    周辺の交通規制について

    Photo byMichaelGaida

    成田山新勝寺周辺は、初詣の時期になると非常に車で混雑し、交通事故などの危険性も高くなるため、厳しい交通規制がかけられます。

    特に混雑する大晦日から三が日は規制の範囲が広く、指定方向への通行が禁止される場所もあります。また、いつまで規制がかかっているのかというと、三が日を過ぎても少し混雑する可能性があるので、1月4日から31日までの間も一部交通規制が残っています。

    成田山新勝寺へ車でアクセスする場合は事前にしっかり交通規制を確認しておき、混雑を避けたい方はできるだけ電車などの公共機関を利用するようにしましょう。

    成田山 新勝寺に初詣に行ってみよう!

    Photo by nidate

    成田山新勝寺は非常に歴史があり、毎年300万人もの人が初詣に訪れるほど人気でご利益があります。屋台はいつまで営業しているのかというと、初詣シーズンから1月中は毎日営業しており、大晦日は電車もいつまででも運転しています。

    御札やお守り、ご祈祷にもとてもご利益があるので、混雑には注意し、ぜひ一度成田山新勝寺で初詣をして、新年を迎えましょう。

    inoue
    ライター

    inoue

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング