新宿「思い出横丁」でディープな夜を過ごそう!おすすめの名店は?

新宿「思い出横丁」でディープな夜を過ごそう!おすすめの名店は?

新宿西口駅周辺に昭和レトロな雰囲気を味わえる「思い出横丁」という飲食店街があります。昭和の面影を残した飲食店が多く立ち並んでおり、深夜までお酒を楽しむことができるディープなスポットです。今回は思い出横丁への行き方とおすすめの名店をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.思い出横丁とは何か?
  2. 2.思い出横丁への行き方は?
  3. 3.思い出横丁のおすすめ名店・焼き鳥編
  4. 4.思い出横丁のおすすめ名店・居酒屋編
  5. 5.思い出横丁のおすすめ名店・お食事処編
  6. 6.思い出横丁にはBARも!
  7. 7.思い出横丁でディープな夜を過ごそう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

思い出横丁とは何か?

Photo by Richard, enjoy my life!

新宿西口駅からほど近い場所に「思い出横丁」という昭和レトロな雰囲気を味わえるスポットがあります。思い出横丁では昔懐かしい雰囲気に浸りながら、リーズナブルにお酒を楽しむことができます。

夜にはサラリーマンや男性常連客などで賑わう、ディープなスポットです。外国人観光客や女性のお客さんも増えており、昭和の雰囲気を味わえる場所として思い出横丁は人気を集めるスポットになっています。

話題の思い出横丁はそもそもどんな場所なのか、思い出横丁への行き方などについても紹介します。名店やディープなスポットを知って思い出横丁を満喫しましょう。

新宿西口にある飲食店街

Photo by Richard, enjoy my life!

思い出横丁は新宿西口にある飲食店街です。新宿西口駅から近いエリアに、戸板一枚で区切った造りの小さな店舗が80店以上ぎっしりと並んでいます。

思い出横丁は1本の通りではなく3本の通りに店舗が集まっています。JR中央線の線路横にある「線路通り」、真ん中の「中通り」、大通り沿い「表通り」の3本構成になっており、このエリア一帯を思い出横丁と言います。

Photo by titanium22

思い出横丁のルーツは終戦直後まで遡ります。戦後の新宿西口は元々、露天商のマーケットが栄えた場所で、木造の戸板一枚で区切った形の露店が並んでいました。思い出横丁の店舗の造りは、当時から変わらず残っているものです。

戦後直後の価格統制でラーメンやうどん粉の仕入れが難しかったため、各店は統制がない牛や豚のモツなどで商売を始めました。その名残から思い出横丁では焼き鳥やもつ焼きのお店が多くあります。

露天商は賑わいを増して小田急百貨店新宿店のあたりまでお店が並び、その数は300店を超える規模になっていました。しかし昭和34年頃からターミナルビル建設などの都市開発が進み、300店あった店舗は不法占拠と言われて立ち退くことになりました。

Photo bySplitShire

70~80店ほどの一部店舗が運よく残ることができ、思い出横丁として昭和の人々に愛される場となりました。安さと人情で発展を続け、酒飲みが集まるディープな場所として長年親しまれてきました。

2010年あたりから横丁ブームが到来して、昭和レトロの懐かしい雰囲気を若い世代も楽しむようになりました。女性や外国人観光客にも受け入れられ、思い出横丁は衰えることなく人々から愛されています。

思い出横丁への行き方は?

Photo byaitoff

思い出横丁に興味があっても行ったことはないという方へ、ここで思い出横丁への行き方についてご紹介します。思い出横丁への行き方は様々ありますが、シンプルでわかりやすい行き方をピックアップしています。

新宿西口駅D1を出てすぐの場所

Photo by Dick Thomas Johnson

思い出横丁へ最も近くて出やすい場所は、都営地下鉄大江戸線が通る新宿西口駅「D1出口」です。D1出口を出て旧青梅街道を渡ると、目の前に「思い出横丁」と書かれた緑色の看板が見えます。新宿西口駅D1出口からの行き方が、最も早くてわかりやすい行き方です。

新宿西口駅の「D2出口」から向かう行き方も近くてシンプルです。D2出口を出て大通りを線路に向かって渡ると、思い出横丁に辿り着きます。時間にして1分もかからない距離です。

フリー写真素材ぱくたそ

JR新宿駅から思い出横丁への行き方は「西口改札」から向かう方法がわかりやすいです。西口改札を出て歩くと右手に「地上出口階段1」が見えます。階段から地上に出て、旧青梅街道に向かって直進しましょう。JR新宿駅西口改札からの行き方では約3分程で思い出横丁に到着します。

思い出横丁は新宿駅のすぐ側にありますので、どの行き方でも数分あれば辿り着きます。行き方を覚えて思い出横丁へ実際に足を運んでみましょう。

思い出横丁のおすすめ名店・焼き鳥編

Photo byYujiMuraoka

思い出横丁は「やきとり横丁」と言われるほど、焼き鳥を提供するお店が多いことで知られています。各店仕入れや調理法など独自のスタイルをもっており、美味しい焼き鳥が食べられます。

今回は思い出横丁の中でも焼き鳥が美味しい、おすすめの名店をご紹介します。思い出横丁に来た際にはぜひ名店で美味しい焼き鳥を堪能しましょう。

きくや

Photo byJLB1988

まずご紹介するおすすめの焼き鳥屋は、線路通りの中央にある「きくや」です。きくやの文字が書かれた赤い提灯が目印です。きくやは元祖ハイボールのお店として有名です。きくやの「元祖酎ハイボール」は他店にはない独自ブレンドのハイボールを飲むことができます。

焼酎も種類が豊富にあり、麦焼酎から芋焼酎まで置いてあります。焼酎好きの方も楽しめるおすすめの居酒屋です。

フリー写真素材ぱくたそ

きくやのおすすめは焼き鳥の串焼きです。開店当初から継ぎ足し作られてきたタレと、焼き鳥本来の味を引き出す独自の塩を使い、丁寧に焼き上げた焼き鳥は絶品です。

秘伝のタレや特製塩で味付けした焼き鳥をおつまみに、元祖酎ハイボールが良くマッチします。きくやを楽しむおすすめの組み合わせです。

また、焼き鳥の他にも珍しいくじら肉を食べることができます。「くじら刺」だけではなく「くじらカツ」や「くじらステーキ」もおすすめです。普段食べる機会が少ないくじらを、好みの食べ方で味わえます。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-4
電話番号 03-3342-5928

一富士

Photo by nekotank

次にご紹介するのは中通りにある「一富士」です。50年以上の歴史がある老舗の名店で、料理も美味しく居心地の良いお店です。紫色の暖簾をくぐると木の大きなカウンターがあり、上には総菜が乗ったお皿が置いてあります。昭和の雰囲気が感じられる店内です。

一富士は焼き鳥が美味しいと評判のお店です。焼き鳥5本セットで600円と比較的リーズナブルに食べられます。

炭火で丁寧に焼かれた焼き鳥は香りが良くアテに最適です。様々な種類が食べられる「焼き鳥5本セット」は酒飲みに人気のメニューです。また一富士では「煮込み」もおすすめです。よく煮込まれた豆腐やもつはお酒との相性が抜群です。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-10
電話番号 03-3342-0389

鳥会

フリー写真素材ぱくたそ

思い出横丁で焼き鳥のお店といえば「鳥会」です。上質な鶏肉を安く提供することをモットーに常に新鮮な鶏肉を仕入れ、こだわりの焼き鳥を提供する名店です。思い出横丁の中通りに店舗があります。思い出横丁の看板をくぐるとすぐ右手に、鳥会の看板が見えるため行き方も簡単です。

鳥会では仕入れた新鮮な鳥を炭火で焼き上げています。塩加減や焼き加減など、店主が細部までこだわって焼き上げた焼き鳥は絶品です。「焼き鳥盛合わせ 7本入り」が998円です。決して安い価格ではありませんが、店主こだわりの素材と焼き加減で食べられるためコスパは十分です。

鳥会は17時から翌2時まで営業しています。思い出横丁で深夜まで営業しているお店は少ないため、ディープに飲みたい方におすすめです。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-7
電話番号 03-3342-6612

思い出横丁のおすすめ名店・居酒屋編

Photo by Dr.Colossus

これまで思い出横丁にある焼き鳥屋さんを取り上げましたが、次は居酒屋をご紹介します。酒飲みが集まる思い出横丁には、個性豊かな居酒屋が集まりました。

夜遅くまで営業し、深夜まで飲めるディープなお店や老舗の居酒屋があります。多数ある思い出横丁の居酒屋の中でも厳選したおすすめの名店を紹介します。

かっぺ亭

Photo by Dr.Colossus

思い出横丁の線路通りにある「かっぺ亭」は、思い出横丁の北側から入るとすぐの場所にあります。白を基調としたシンプルで清潔感ある外観で入りやすいお店です。

かっぺ亭は、新鮮な鳥取産の地鶏を備長炭で出しており、焼き鳥が美味しい居酒屋です。地鶏を直送で取り寄せて安価に提供しており、串焼き1本105円と格安です。

串焼きの種類も豊富で定番の鶏ももや豚バラの他に、たん、シロ、ぼんじりと様々な種類串焼きをリーズナブルに味わうことができます。ししとうや野菜の串焼きも1本126円で食べられます。

Photo byAlexas_Fotos

また18時までは最初の1杯に限り生ビールが250円、サワー105円で飲むことができます。早めに入るとドリンクメニューもお得に注文可能です。焼き鳥以外では、うなぎ入りの厚焼き玉子や牛スジ大根煮がかっぺ亭の名物です。お酒と相性が良くつまみに最適なメニューです。

一晩飲み明かせる店

Photo byAlexas_Fotos

かっぺ亭は翌5時まで営業している居酒屋で、深夜まで空いているので、一晩飲み明かすときにはおすすめです。思い出横丁でディープな時間を過ごすことができます。

また、かっぺ亭は16時からと比較的早い時間にオープンしているため、0次会にも使えます。早い時間はドリンクもお得なので、早い時間と深夜のどちらでも楽しめるお店です。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-1
電話番号 03-3345-0188

もります

フリー写真素材ぱくたそ

次に紹介するのは思い出横丁の中通りにある「もります」です。思い出横丁の昭和感溢れる昔ながらのお店と比べると、明るくて清潔感のある店内でカップルの来店も多い居酒屋です。

もりますでは季節ごとの旬のものを取り入れた日替わりメニューを出しています。旬の手作り料理をアテにお酒を楽しめます。新鮮な魚介類も提供しており、お刺身や焼き魚などが食べられます。寡黙な職人気質の店主が作る料理は美味しいと評判です。

Photo by jmettraux

焼き物も豊富で、仕入れにこだわった串焼きは絶品です。新鮮さがウリのレバーは塩で食べると美味しいです。手羽先もボリュームがあり食べ応えがあります。ビールや日本酒だけでなく、ワインやカクテル、ウイスキーなどドリンクメニューも豊富です。気分に合わせて好きなお酒が楽しめます。

もりますは15時から営業しており、ラストオーダーは23時30分です。オープンが早いので、お酒を飲む前にまずはお腹を満たしたいという方におすすめの居酒屋です。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-7
電話番号 03-3342-7848

らくがき

中通りの思い出横丁に入ってすぐのお店「らくがき」には古い歴史があり、思い出横丁を代表する居酒屋です。「豚足」や「串焼き」が美味しいと評判です。

らくがき自慢の豚足は、3時間かけてじっくり茹で上げており、非常に柔らかくてぷりぷりした食感が特徴です。豚足を初代から続く秘伝の「にんにくみそ」につけて食べます。

にんにくみそは豚足だけでなく、串焼きや野菜など何にでも良く合い食欲を誘います。らくがきに入った際は、お酒のつまみに豚足とにんにくみそはぜひ味わいましょう。

老舗の居酒屋

Photo byBru-nO

らくがきは、戦後の横丁ができた時から存在する老舗の居酒屋です。思い出横丁の中でも最も古くから営業しているお店の一つです。豚足や、創業から変わらぬ秘伝のにんにくみそを提供しており、伝統の味に多くの常連客がついています。店員さんは気さくで話しやすく、温かく迎えてくれます。

古い木造の店内で、座布団が敷いてある椅子や黒電話が置いてあったりと、昭和感溢れる店内から歴史がにじみ出ています。ゆったりと落ち着いた時間を過ごすことができる居酒屋です。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-7
電話番号 03-3343-4054

思い出横丁のおすすめ名店・お食事処編

Photo bybizba

思い出横丁ではお酒を楽しむだけでなく、美味しいご飯が食べられるお店もあります。一風変わったメニューを提供しているお店や、餃子の名店など思い出横丁らしいディープなお食事処をご紹介します。

つるかめ食堂

「つるかめ食堂」は、独創的な丼物やメニューを提供しているお店です。創業58年と老舗の食堂で、思い出横丁の中でも特に人気が高いため、昔からの常連客も多いお店です。

場所は中通りに位置しており、紫色ののぼりが目印のお店です。改築しているためレトロ感はありつつも、夜でも明るくきれいな店内です。

つるかめ食堂では「ソイ丼」というオリジナリティー溢れる丼を提供しています。名前や見た目のインパクト、そして美味しさから常連客だけでなく、一度食べてみたいと連日多くの人が訪れます。

看板メニューのソイ丼は、大粒の大豆がご飯の上にたくさん乗っており、さらに上からカレーがかかった独創的な丼です。柔らかい歯ごたえの北海道産の大豆とカレーが良くあい、美味しい丼です。

初代店主の「栄養のある大豆をお客さんに提供できないか」という思いから生まれたメニューで、健康に良いだけでなく味も美味しい一品です。味噌汁もついて500円と値段が安いことも人気の理由です。

「バカでアホでフラメンキン」というメニューも人気です。名前の由来は決して悪口ではなく、スペイン語でバカがお肉、アホがにんにくを意味しており、にんにくを使ったお肉料理という意味で名前が付けられています。

バカでアホでフラメンキンは、ベーコンを巻いてにんにくを加えたものを、天ぷらのように揚げた料理です。他店には無い絶品のオリジナルメニューで、つるかめ食堂ファンから人気の料理です。

つるかめ食堂には他にも個性溢れるメニューがあります。深夜のお酒を飲んだ後のシメに、もしくは、飲む前に思い出横丁を代表するディープな食事を堪能するのはいかがでしょうか。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-7
電話番号 03-3343-4078

餃子の安亭

Photo by ivva

「餃子の安亭」は中通りの一番端にあります。東京で美味しい餃子が食べられる名店として有名なお店です。餃子の安亭はコンクールで金賞を受賞したこともあり、手作り餃子が絶品です。テレビなどメディアにも良く取り上げられており、その美味しさは折り紙付きです。

餃子の安定で人気のメニューは「安亭大輪餃子」です。名物の安亭大輪餃子は一皿に25個の餃子が乗っており、大輪を描くようにきれいに並べられています。

安亭大輪餃子に乗っている餃子は「ザ!にんにく餃子」が5個、外側に「安亭焼餃子」と「極餃子」がそれぞれ10個乗っています。一度に3種類の美味しい餃子を堪能することができます。

もちもちした生地の皮ですが焼き目はパリッとしており、食感の良い餃子です。肉汁が溢れるほど具が入っているため、食べ応えもあります。

Photo by Strolling

「チーズ羽根つき餃子」も人気のメニューです。見た目は長方形の餃子で、チーズが羽になっていて見た目のインパクトがあります。パリパリに焼きあがったチーズの食感が良く、今までにない変わり種の餃子です。チーズ好きにおすすめの餃子です。

餃子の安亭への行き方は、思い出横丁の北側から入ると目の前に黒い看板が見えるのでわかりやすいです。看板と同じく真っ黒なドアから入り、階段で2階に上がると店舗に入れます。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-1 ファイブKビル2F
電話番号 03-5323-8228

思い出横丁にはBARも!

Photo byFree-Photos

酒飲みが集まる思い出横丁には、居酒屋だけでなくバーもあります。バーの数自体はやはり少ないですが、深夜も営業しているディープなバーや本格的なカクテルが楽しめるバーがあります。

昭和情緒あふれる思い出横丁の中で、絶妙に共存しているおすすめのバーをご紹介します。ディープな夜を過ごしたい方は必見の情報です。

ALBATROSS

Photo by urban.houstonian

「ALBATROSS」は店内にシャンデリアが吊るされた不思議な空間のバーです。赤をベースにした店内にキャンドルやローソクが輝き、幻想的な雰囲気が醸し出されています。

ゆったりとした時間が流れる店内で、落ち着いてお酒を楽しむことができます。静かな空間でゆっくり夜のディープな時間を満喫したい方におすすめのバーです。

Photo byponcebh1

ALBATROSSでは、焼酎とグレープフルーツを使ったオリジナルカクテル「ショグレ」が人気です。フルーティで女性でも飲みやすいカクテルです。サラリーマンや学生、外国人観光客など客層は様々です。2階はアートギャラリーとしても営業しています。

ALBATROSSは17時からオープンしており、平日と日曜は翌2時まで、金土は翌5時まで営業しています。思い出横丁の中でもディープな夜を過ごすことができる場所です。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-11
電話番号 03-3342-5758

みのる

Photo by Daquella manera

「みのる」は、昭和36年にトリスバーとして始まった歴史あるバーです。思い出横丁で本格的なカクテルやハイボールを味わえます。

線路通り沿いにあり、青い看板に青い壁と青を基調した外観が特徴的なバーです。店内は黒い壁に濃いグレーの大きなカウンターがあり、シックで落ち着いた空間です。

Photo by uka0310

思い出横丁の中の老舗バーであり、何十年と通っている常連客もいます。居酒屋で楽しく飲んだ後に、本格的なバーで美味しいカクテルを飲みたい方におすすめです。

ハイボールをジョッキで飲むケースも多いですが、みのるでは切子のタンブラーグラスに注がれます。昭和時代の懐かしいスタイルでオシャレに味わえます。

みのるへの行き方は、思い出横丁の南側にある旧青梅街道を線路に向かって歩き、線路通りに入ると迷わずに着きます。本格バーで夜のディープな時間を過ごすのはいかがでしょうか。

住所 東京都新宿区西新宿1-2-6
電話番号 03-3342-1634

人気のパブリックスタンドで素敵な出会いを!渋谷や新宿のおすすめ店は?のイメージ
人気のパブリックスタンドで素敵な出会いを!渋谷や新宿のおすすめ店は?
みなさんは、パブリックスタンドとはご存知でしょうか?パブリックスタンドとはバーなのですが、素敵な出会いができる素敵な場所でもあります。そこで今回は、パブリックスタンドについてご紹介していきましょう。渋谷や新宿などのおすすめ店もまとめました。

思い出横丁でディープな夜を過ごそう!

Photo by sayo-ts

思い出横丁でディープな夜を過ごせる名店を紹介しました。1日ですべて回るのは難しいほど、個性的なお店が多い飲食街です。

仕事終わりの一杯はもちろん、観光やデートスポットとしても最適です。思い出横丁でしか味わえない昭和の懐かしさを感じながら、美味しいご飯とお酒を楽しみましょう。

yoshihiko
ライター

yoshihiko

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング