新橋ガード下のおすすめ飲み屋11選!おしゃれな立ち飲み居酒屋や安い穴場店も

新橋ガード下のおすすめ飲み屋11選!おしゃれな立ち飲み居酒屋や安い穴場店も

新橋のガード下にはたくさんの居酒屋があります。新橋ガード下横丁もあり、さまざまなお店で賑わっています。美味しい立ち飲み屋やおしゃれなカフェのようなお店など、サラリーマンのためだけではなく、女性同士でも入りやすいお店などもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.約100年の歴史を誇る新橋のガード下
  2. 2.新橋のガード下の歴史
  3. 3.「新橋・ガード下」地元で愛される人気店・4選
  4. 4.「新橋・ガード下」おすすめの穴場居酒屋・3選
  5. 5.「新橋・ガード下」人気の立ち飲み店・2選
  6. 6.「新橋・ガード下」女子ウケするおしゃれなお店・2選
  7. 7.新橋のガード下ではしご酒はいかが?

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

約100年の歴史を誇る新橋のガード下

Photo by oddstranger

新橋というとサラリーマンが多く集い、ガード下の居酒屋や立ち飲み屋、横丁で飲んでいる姿を想像する人が多いでしょう。ガード下に軒を連ねるスタイルは、約100年の歴史を持っているのです。

100年以上経過した今でも、非常に多くの店舗がガード下に並んでいます。サラリーマン向けの赤ちょうちんのお店や立ち飲み屋、横丁だけではなく、ガード下にも女性同士で飲みに出かけやすいおしゃれなおすすめのお店も増えています。

新橋のガード下の歴史

フリー写真素材ぱくたそ

100年を超える新橋ガード下の歴史ですが、JR有楽町駅とJR新橋駅をつなぐ高架線の完成と共に始まりました。完成した高架線の下である高架下に店舗を構えることになったのは、この新橋のガード下が初めてでした。

現在は上野や新宿だけではなく、中目黒や下北沢、秋葉原などのガード下にも店舗が軒を連ねています。多くの人がイメージするガード下の居酒屋ばかりではありません。

カフェ併設の本屋やおしゃれなレストランなどがあり、雰囲気の良いデートができるおしゃれスポットとしてもガード下はおすすめです。若い人たちにも注目されています。

ガード下飲食店発祥の地

フリー写真素材ぱくたそ

現在も経営を続けている「お食事処 いわさき」が新橋ガード下に店舗を構えた一番最初のお店でした。このようなお店のスタイルは当時としては非常に斬新だったのです。

1920年に創業した「お食事処 いわさき」の店主は三代目になっています。現在でも昔懐かしい昭和の雰囲気が味わえる居酒屋だとして、ガード下を訪れる多くの人に愛されているお店です。

日本で初めて店を構えられる設計の高架線

フリー写真素材ぱくたそ

JR有楽町駅からJR新橋駅に架けられた高架線は、日本初のお店を構えられるスタイルの設計がガード下に施されました。ルムッシュテル氏による設計で、正式名称を「第一有楽町架道橋」といいます。現在も形を変えずに多くの立ち飲み屋や横丁がガード下に並び、人々が集っています。

新橋ガード下横丁がオープン

フリー写真素材ぱくたそ

2018年3月に「新橋ガード下横丁」がオープンしました。「新しい大人の溜まり場」をコンセプトにして、多くの人気店がギュッと詰まったエリアになっています。

現在は全部で10店舗が新橋ガード下横丁に出店しています。おばんざい、炉端焼き、ジンギスカンなど、さまざまな料理が一箇所にいながら味わえるので、毎晩多くの人が新橋ガード下横丁に訪れています。

出入り口の扉が二つに別れており、新橋ガード下横丁で行きたい店舗が決まっている場合には、間違えないようにしましょう。また、毎晩20〜21時頃が混雑のピークとなっています。特に金曜日の夜の新橋ガード下横丁は人だらけだと言われています。

Photo by sun_summer

新橋ガード下横丁には、立ち飲み屋と同じくらい低価格で飲めるお店もあります。安い価格で飲めるからといって、お客さんは若い人たちばかりではありません。

20代〜60代の男女、年齢層は非常に幅広くなっています。またカウンター席のお店も多いため、お客さん同士で会話に花が咲くことも多いです。

おしゃれなカフェのようなお店はありませんが、楽しくお酒を飲んで、楽しい時間を過ごせるとして大きな人気となっています。

「新橋・ガード下」地元で愛される人気店・4選

フリー写真素材ぱくたそ

新橋ガード下で愛されている地元のお店をご紹介します。新橋ガード下には赤ちょうちんの居酒屋、おしゃれなお店などさまざまなお店があります。

「くし家」

Photo by Dr.Colossus

「くし家 新橋本店」は名前の通り、新橋ガード下にある串揚げ居酒屋です。ちくわ磯辺揚げ100円、ベビーコーン160円、ホタテ貝柱240円など、色々なメニューがあります。お得な串盛り合わせは、お肉の5本セット780円、海の幸5本セット980円など守るのでシェアするのがおすすめです。

アサヒスーパードライジョッキ生480円、ハイボール450円、レモンサワー390円をはじめ、ドリンクも充実しています。

Photo by ryumu

店内では昭和の歌謡曲が大音量で流れているので、夜になっても盛り上がりを見せています。串カツの衣が薄くてカラッと揚げられていて、何本でも軽く食べられると新橋ガード下でおすすめの居酒屋です。

アクセスはJR新橋駅烏森口から徒歩1分ほどです。営業時間は17:00~24:30(ラストオーダー24:30)で、定休日はありません。

住所 東京都港区新橋3-25-21
電話番号 -

「羅生門」

フリー写真素材ぱくたそ

「羅生門」はカウンター席と、路上にまではみ出したテーブル席が目立つ新橋ガード下の焼き鳥居酒屋です。いつも店内はお客さんで賑わっています。

ねぎま焼180円、ぼんぢり焼180円、ハツ焼180円など、焼き鳥のメニューは充実しています。その他には煮込み580円、砂肝南蛮漬580円など、焼き鳥以外の居酒屋メニューもあり、新橋ガード下で人気となっている理由です。

Photo by Richard, enjoy my life!

瓶ビールの大瓶は650円、日本酒は一合350円で飲めるなど、安い価格でお酒類の提供をしていることでも多くの人を呼んでいます。

お客さんが多いだけではなく、店員さんも非常に活発で丁寧な接客をしてくれると定評があります。そのため新橋ガード下ですが、女性客の姿も多く見かけます。

アクセスは東京メトロ銀座線の新橋駅から徒歩1分ほど、ゆりかもめ新橋駅から徒歩3分ほどです。営業時間は月〜土17:00〜23:00(ラストオーダー22:30)で、定休日は日・祝です。

住所 東京都港区新橋1-13-8 JR高架下
電話番号 03-3591-7539

「バーデン バーデン」

Photo bytookapic

「バーデン バーデン」はこだわりのドイツ料理とドイツビールを楽しめる、新橋ガード下にあるおしゃれな居酒屋です。民族衣装のような制服を着た店員さんが出迎えてくれます。和の雰囲気の居酒屋が多い新橋ガード下で、少しだけ異彩を放っています。

いつでも人で賑わっている店内は、ドイツビールの生ビールを何種類も取り揃えています。小ジョッキ630円からピッチャー2790円など、気分によってサイズを選べることも人気です。

そしてビールだけではなくドイツワインも各種取り揃えがありますので、新橋ガード下で飽きずに楽しむことができるでしょう。

Photo bywebandi

手作りボイルソーセージ盛り合わせ1680円、ジャーマンポテト630円、自家製ザワークラウト630円など、ドイツビールにあうフードも充実しています。

コース料理も充実しているため、新橋ガード下でグループでの飲み会にも適しているお店です。コースは料理の数に合わせて2000〜3500円のコースがあります。ドリンクは別に注文するか、ドリンクコースを頼む形となります。

アクセスはJR有楽町駅日比谷出口から徒歩3分ほど、東京メトロ日比谷駅A4出口から徒歩2分ほどです。営業時間は月~金17:00~23:00(ラストオーダー22:30)、土13:00~23:00(ラストオーダー22:30)、日・祝13:00~22:00(ラストオーダー21:30)です。

住所 東京都千代田区有楽町2-1-8 JR高架下
電話番号 -

「ニュー加賀屋」

Photo by Sekikos

「ニュー 加賀屋」は、新橋ガード下でいつも非常に多くのお客さんで賑わっている居酒屋です。週末に新橋ガード下で大人数で飲み会をしたいときには、予約をする方がいいでしょう。

生ビール中ジョッキ600円、レモンサワー360円、日本酒一合580円〜と、ドリンク類も充実していて価格も安いと評判です。もつ焼き、串焼き、揚げ物、焼き魚、刺身など、各種居酒屋メニューが充実していることも、新橋ガード下でおすすめできる理由です。

Photo by june29

お酒も料理もメニューの数がとても多いため、新橋ガード下で定期的に通い続けても全く飽きることがないという声もあがっています。

アクセスはJR山手線・京浜東北線の新橋駅汐留口から徒歩1分ほど、都営地下鉄浅草線新橋駅から徒歩2分ほどです。営業時間は月~金17:00~23:30(ラストオーダー23:00)、土16:30~23:00(ラストオーダー22:30)です。日・祝が定休日となっています。

住所 東京都港区新橋3-25-7 JR高架下
電話番号 03-3289-1145

「新橋・ガード下」おすすめの穴場居酒屋・3選

Photo by yto

新橋ガード下には、居酒屋だけでなくおしゃれなカフェや立ち飲みなど、たくさんのお店がひしめき合っています。その中でも、新橋ガード下の穴場のおすすめ居酒屋3選をご紹介します。

「新橋 ちょい呑み餃子」

Photo by y_katsuuu

「新橋 ちょい飲み餃子」は一度立ち寄ったら、ちょい飲みで済まないほどに飲んでしまうと話題の新橋ガード下横丁の居酒屋です。

ギョーザの皮パリパリ揚げ199円、メンマ299円、ひとくち餃子5個入り280円・10個入り500円など、どのメニューもボリュームがあるけれど価格が安いと新橋ガード下横丁で人気となっています。

餃子の種類もたくさんあります。焼き餃子6個499円・12個999円、羽チーズ餃子6個599円、カレー餃子6個599円などです。料理は居酒屋メニューだけではなく、シメにちょうど良い牛骨ラーメン899円も人気が高いです。

Photo by jetalone

そのため、飲み始めからシメまでをこの一軒で楽しむことができると新橋ガード下横丁で評判となっています。同じく新橋ガード下横丁に入っているお店へ餃子の出前もしているので、お隣のお店に座ったとしても餃子を楽しめます。

アクセスは東京メトロ銀座線新橋駅から徒歩1分ほど、JR山手線・京浜東北線新橋駅の銀座口・日比谷口から徒歩2分ほどです。営業時間は15:00~翌5:00で、定休日はありません。

住所 東京都港区新橋1-13-3 新橋ガード下横丁
電話番号 03-6550-8446

「酒 清水」

Photo by Toshi K

「酒 清水」はもつ鍋と炭火焼きが食べられる、新橋ガード下にある居酒屋です。特製しおもつ鍋1480円、特製旨辛もつ鍋1480円、熊本直送極上霜降り馬刺し2980円など、新橋ガード下にいながら九州の味を本格的に味わえます。

上タン串380円、レバー140円、ハツ140円など、炭火焼きメニューもたくさんあります。ザ・プレミアムモルツの生ビールは最初の一杯だけ280円になるなど、新橋ガード下を訪れるお客さんに嬉しいサービスもあります。2杯目からは550円です。

赤白ワインにもこだわっており、種類が充実しています。新橋ガード下で炭火焼きなど居酒屋メニューを食べながら、ワインを楽しむのはいかがでしょうか。

Photo by ryumu

アクセスはJR新橋駅銀座口から徒歩1分ほどです。営業時間は火〜土17:00~4:00(ラストオーダー3:00)、日・月17:00〜23:00(ラストオーダー22:30)です。

定休日はありませんが、年末年始は不規則になります。12月29日は17:00〜21:00営業、12月30日〜1月4日まで休業、1月5日は17:00〜23:00営業です。よく確認してから足を運びましょう。

住所 京都港区新橋2-18-4 磯部ビル B1F
電話番号 -

「ミライザカ 新橋銀座口ガード下店」

フリー写真素材ぱくたそ

「ミライザカ 新橋銀座口ガード下店」は、モモ一本グローブ揚げ999円をはじめ、多くのメニューにこだわりを持っているおすすめの新橋ガード下にある居酒屋です。

高知県産の四万十清流若どりのもも肉を骨つきのまま調理して、まるでグローブのような形をしていることからグローブ揚げという名前になりました。

その他人参やロメインレタスは国産の有機栽培の物を使用しているなど、鶏肉以外にもこだわりを見せています。清流若どりのカツ煮599円や生姜ソースのガリトマト399円など居酒屋メニューが豊富に揃っています。

Photo bycongerdesign

ザ・プレミアム・モルツ中生299円、ビームハイ199円などドリンクメニューも安く、種類もたくさんあることでも新橋ガード下でおすすめの居酒屋です。

アクセスはJR新橋駅銀座口・日比谷口から徒歩2分ほどです。営業時間は月15:00〜翌0:00、火〜木15:00〜翌日3:00、金・土・祝前日15:00〜翌5:00、日・祝15:00〜23:00です。定休日はありませんが、1月1〜2日は休業します。

住所 東京都港区新橋1-3-10 1F
電話番号 -

「新橋・ガード下」人気の立ち飲み店・2選

Photo bygfs_mizuta

新橋ガード下にはさまざまな居酒屋があります。ここではおすすめの立ち飲み居酒屋をご紹介します。どのお店もいつもお客さんで賑わいを見せています。立ち飲み屋ならではの安い価格でお酒を楽しめるでしょう。

「立呑み 晩杯屋 新橋SL広場店」

Photo by haru012

「立呑み 晩杯屋 新橋SL広場店」は、非常にリーズナブルな価格でお酒も料理も楽しめるとして、新橋ガード下で人気となっているおすすめの立ち飲み居酒屋です。東京都内でたくさんのチェーン展開をしていることで、ご存知の方も多いでしょう。

料理は煮込み130円、マグロ刺身200円、ニューポテトフライ180円など、ドリンクは生ビール410円、緑茶割り290円、冷酒一合410円など、どのメニューも安いと定評です。東京都内の各地に店舗があるため、新橋ガード下にありますが入りやすいという声もあります。

アクセスはJR新橋駅から徒歩1分ほどです。営業時間は月~金15:00~23:30、土・日・祝13:00~23:30です。定休日はありません。

住所 東京都港区新橋2-17
電話番号 03-6228-5516

「立ち飲み 七兵衛」

Photo by nakashi

「立ち飲み 七兵衛」は店内の奥にカウンターがあり、そこが立ち飲みエリアになっている新橋ガード下にある居酒屋です。店頭にはテーブル席が並び、着席することもできます。

JR新橋駅にごく近い場所にあるため、終電間際などに新橋ガード下で最後の一杯を飲むのに適しているという声が多いです。

アクセスはJR山手線・京浜東北線新橋駅烏森口から徒歩1分ほど、都営地下鉄浅草線新橋駅から徒歩2分ほどです。営業時間は17:00~23:00で、定休日は日・祝です。

住所 東京都港区新橋3-25-22
電話番号 03-3431-1711

「新橋・ガード下」女子ウケするおしゃれなお店・2選

Photo byStandpoint

サラリーマンの街だと多くの人が思っている新橋ですが、近頃はサラリーマンだけではなく、女性同士の姿も見ることがあります。新橋ガード下にもおしゃれなお店が増えたため、たくさんの女性客が訪れているのです。

女性同士でも入りやすく、またデートなどで女性を連れて行ってもウケのいい、新橋ガード下のおしゃれなおすすめのお店をご紹介します。

「新橋 DRY-DOCK」

Photo by yto

「新橋 DRY-DOCK」は「日本一美味しいアサヒスーパードライを目指して」をコンセプトにしている、新橋ガード下にあるおしゃれなお店です。全国どこででも飲むことができるアサヒスーパードライを自信を持って提供しています。

グラスの冷却方法、サーバーの洗浄方法、ビール樽の冷却方法、ビールの注ぎ方のどれにもこだわりを持っています。細かい部分にまでこだわりを持つことで、他では味わえないアサヒスーパードライの美味しさに、新橋ガード下のおしゃれなお店で出会えると好評です。

アサヒスーパードライだけではなく、ヨーロッパのクラフトビールを生ビールで提供しています。ボトルビールはイギリスやドイツ、ベルギー、アメリカなどから常に取り揃えています。

Photo byRepublica

フードは店主がこだわって作られている職人オムレツ、チキンバスケット、ポテトサラダ、数量限定の『石塚商店』メンチカツなど、ビールにあうものばかりです。ビールに合わせてさまざまなフードが楽しめるとして、新橋ガード下で人気です。

店内はノーチャージの立ち飲み席と、チャージが一人500円のテーブル席が用意されています。女性同士で来店して、立ち飲みカウンターで他のお客さんと楽しく時間を過ごしている姿が多いです。女性を連れてのデートにもおすすめのおしゃれなお店です。

営業時間は月〜金17:00〜24:00、土16:00〜22:00です。定休日は日・祝・第3土曜日となっています。アクセスはJR新橋駅の烏森口改札から徒歩2分ほどです。

住所 東京都港区新橋3-25-10 JR高架下
電話番号 03-5777-4755

「トラットリア チャオ」

Photo by yto

「トラットリア チャオ」は女性同士や女性を連れていくのにウケが良いと定評を得ている、新橋ガード下にあるおすすめのイタリアンです。

丸ごとモッツァレラのカプレーゼ1100円、イワシのマリネ700円、切り立て生ハムMサイズ1400円・Lサイズ2500円をはじめ、多くのおすすめメニューがあります。

Photo by y_ogagaga

赤白グラスワインは550円〜楽しめ、こだわって選ばれたボトルワインも各種揃っています。2時間飲み放題付きのコースメニューもあります。10品5000円・12品5500円がありますので、好みで選択するといいでしょう。プラス500円で、飲み放題にスパークリングワインが含まれます。

営業時間は月〜金11:30〜14:30・17:00〜23:30、土・日・祝11:30〜23:30です。定休日はありませんが、年末年始は不規則になります。アクセスは地下鉄日比谷駅から徒歩3分ほど、JR新橋駅日比谷口から徒歩7分ほどです。

住所 東京都 千代田区 有楽町2-1-13
電話番号 -

新橋のガード下ではしご酒はいかが?

Photo by t-miki

新橋ガード下の歴史は100年を超えます。しかし現在も新しいお店が続々とオープンしているのです。昔ながらの昭和を感じる居酒屋や、おしゃれで女性同士でも立ち寄りやすいお店などさまざまです。一件だけではなく、はしご酒を楽しむのに新橋ガード下は最適でしょう。

NAKAO
ライター

NAKAO

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング