福島の美味しいそばの有名店を厳選!名物のねぎそばスタイル「高遠そば」って?

福島の美味しいそばの有名店を厳選!名物のねぎそばスタイル「高遠そば」って?

福島県には美味しいそばの有名店が軒を連ねているのは知っていますか?その中でも福島県会津地方には一風変わったスタイルで食べる「高遠そば」という名物のねぎそばがとても有名です。どのようなそばなのか、何が有名なのか福島県のそばの魅力を探っていきましょう。

    記事の目次

    1. 1.福島ってどんな県?
    2. 2.福島名物の高遠そばってどんなそば?
    3. 3.福島の美味しい有名そば屋を厳選!4選
    4. 4.福島でおすすめのそば屋4選
    5. 5.福島名物のねぎそばが食べられるお店3選
    6. 6.福島で美味しいそばを食べよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    福島ってどんな県?

    Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

    東北地方の太平洋側に位置する福島県は、会津、中通り、いわきと3つの地方から成り立っています。地域ごとに天候や気温がまったく異なることが多いです。

    まず盆地に囲まれた中通り地方の夏は福島県の中で一番暑い地域です。また会津地方は冬になると極寒の寒さとなり雪が何メートルも降り積もる豪雪地帯です。そしていわき地方は海沿いのため涼しく雪があまり降りません。訪れる際は天気予報をしっかり確認しましょう。

    また福島県は、果物のももが名産品です。生産量全国第2位のシェアを誇っています。時期になるとスーパーに並ぶのはもちろんのことトラックに乗ったおじさんが住宅街に販売に訪れます。採りたてで新鮮なことはもちろんですがお安い値段で食べられます。

    日本で3番目に広い面積を持つ福島

    Photo by cotaro70s

    福島県は北海道、岩手県に次ぐ3番目に広い面積をもっています。地形の真ん中には代表的な山である磐梯山があり辺りは有名な観光地の五色沼や猪苗代湖があります。また時代劇や大河ドラマなどメディアで描かれることが多い会津藩の鶴ヶ城や白虎隊は特に有名です。

    地域色が強くさまざまなご当地グルメが人気

    Photo by kimishowota

    福島県は山と海に面した地域のため、ご当地グルメが盛り沢山となっています。家庭料理で作られているいか人参、喜多方市の喜多方ラーメン、会津若松市のソースカツ丼やねぎそば、いわき市の新鮮なあんこうを使ったどぶ汁など多種多様な名物グルメがそろっています。

    福島名物の高遠そばってどんなそば?

    Photo bypunch_ra

    福島県名物の「高遠そば」は、会津地方のご当地そばです。どのようなそばなのでしょうか。福島県の名物になるまでの高遠そばの長い歴史を辿ってみましょう。高遠そばのルーツや特徴、食べ方などを詳しくご紹介します。

    江戸時代に保科正之が広めたそば

    Photo by nubobo

    高遠そばのルーツは、徳川2代将軍秀忠の4男であった保科正之が、信濃高遠藩の養子になったことから始まっています。のちに会津藩主に移封した際に一緒に来たそば職人が、初めて保科正之が藩主となったのが信濃高遠藩だったため高遠そばと付けられ広まったと言われています。

    会津藩主となった保科正之は元々そば好きであったため、民の間に広まり名物となったのは自然なことと言えます。時代とともに変わらぬ味と伝統が受け継がれ根付いていったことがわかります。

    辛み大根をつゆに使用するのが特徴

    Photo by whitefield_d

    高遠そばは、辛み大根おろしをたっぷりと鰹節の出汁と醤油に合わせて食べるのが主流です。辛みのある大根はよりさっぱりとそばを食べる事ができ箸が進んでしまいます。醤油が普及していなかった時代のそばは、辛み大根のしぼり汁と焼き味噌で食べていました。

    ネギを箸代わりにする「ねぎそば」が話題に

    Photo by sayo-ts

    福島県の南会津郡にある観光地の大内宿には、箸の代わりにねぎを使って食べる「ねぎそば」が衝撃的で度肝を抜かれます。太いねぎを使ってそばを掬い、一緒にねぎをかじって食べると薬味代わりにもなり2度美味しいです。また箸で食べるよりも美味しく感じられると評判となっています。

    福島の美味しい有名そば屋を厳選!4選

    Photo by ZoAmichi

    高遠そばの魅力に触れたところで、ここからは福島県の美味しい有名そば屋を厳選して紹介します。全ての店が平日のお昼前でも満席になってしまう名店です。

    わき水

    Photo by is_kyoto_jp

    福島県郡山市にある「わき水」は、そばつゆに磐梯山のわき水を使用することにこだわりをみせている有名なそば屋です。会津出身の店主が作り上げる厳選した全粒粉の十割そばは、そば好きをうならせています。また太麺のそばでよりそばの香りを楽しみながら美味しく食べられます。

    わき水で頂きたいのは、「そばがき」のセットメニューです。そばはもりそばと梅おろしそばから選べます。

    Photo by machu.

    もりそばはわさびやねぎなどの薬味はなく、辛み大根のしぼり汁が入ったつゆのみで食べます。そば本来の味をシンプルに食べたい方にはぴったりです。そして薬味も一緒に食べたい方は梅おろしがおすすめです。梅と大根おろしでさっぱりとそばを食べられます。

    またわき水に来たからには「そばがき」を必ず食べることをおすすめします。柔らなくてふわっとしたそばがきはスイーツ感覚でとても美味しいと評判です。そば通じゃない方も大絶賛する厳選された味となっています。

    住所 福島県郡山市富田町塩ノ草37−17
    電話番号 024-952-6646

    蕎麦切り あなざわ

    Photo by cotaro70s

    続いて同じ郡山市にある「蕎麦切り あなざわ」は、国産の厳選した上質なそば粉にみを100%使用した「極上蕎麦切り」が有名です。見た目は絹糸のような真っ白な細麺のそばは、とても繊細で甘さが漂います。

    店主が早朝4時からそばを打っています。そのそばの味を落とさないために室内温度にもこだわりを見せているため、数量限定の厳選されたそばとなっています。

    そして蕎麦切り あなざわでは、厚焼き玉子焼きが有名です。そばつゆのかえしで作った甘めの出汁で味付られ、えごま油で焼き上げる玉子焼きはここでしか食べられない一品です。ボリューム満点でふわっと柔らかい玉子焼きをぜひ食べてみてください。

    住所 福島県郡山市静町37-13
    電話番号 024-954-6363

    胡々里庵

    Photo by y_katsuuu

    福島市の高湯温泉付近にある「胡々里庵」は、温泉宿はもちろんのこと市内でも美味しいと評判の手打ちそば屋です。細麺のそばが特徴ですが、香りもよく食べやすくなっています。また細麺のためか大変伸びやすいので、配膳後はすぐ食べるようにと店内には張り紙が貼ってあります。

    メニューが豊富な胡々里庵ですが、そば以外の料理も彩り豊かで美味しいのでぜひ「胡々里膳」を注文してみてください。

    そばはせいろ、わんこ、かけから選択できます。その他に小鉢や天ぷら、そば天ぷら、揚げそばがきが付いていて最後にはデザートもしくはドリンクが付いてきます。これで1600円は大変お得です。

    住所 福島県福島市在庭坂字栃清水12-16
    電話番号 024-591-5571

    蕎麦彩膳 隆仙坊

    Photo by Koji Horaguchi

    郡山駅から徒歩で10分の住宅街にある「蕎麦彩膳 隆仙坊」は、創業からそばの挽きたて、打ちたて、ゆでたての三立てをきちんと守ることによって厳選した美味しさを提供しています。

    おすすめのそばは「二色せいろ」です。季節によって桜でピンク色のそばだったり冬にはゆずをそば粉に練りこみさわやかな香りが食欲を誘います。

    Photo by bizmac

    また商標登録されている名物のそば刺しは滑らかな食感が癖になるおいしさです。その他にも甘めの味噌が美味しいそば田楽、そば焼き、揚げそばがきなどお酒が進むそばづくしの料理を楽しむことができます。お酒を沢山飲んだ後の〆にそばを頂くお客様が多いです。

    住所 福島県郡山市清水台2-6-5
    電話番号 024-932-0194

    福島でおすすめのそば屋4選

    Photo by "KIUKO"

    福島県にはまだまだ美味しいそば屋が存在します。その中でもおすすめのそば屋を4選を紹介します。

    遊里庵

    Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

    福島市にある「遊里庵」は、北海道の希少な牡丹そばを提供しているそば屋です。牡丹種は育て方が大変難しい品種なので、これが福島でも食べられるとあって観光客にも人気の店となっています。

    メニューは冷たいそばと温かいそばがそれぞれ3種類ずつで、その他は天ぷらの盛り合わせのみです。そばのみで勝負していることがわかります。

    おすすめは名物の冷たい「牡丹そば」で限定25食の一番人気です。牡丹そばは他のそばと比べてのど越しがよくつるっと食べられるので普通盛りではなく大盛りで頼むことをおすすめします。デザートには上品は甘さが引き立つ蕎麦寒天が付いています。

    住所 福島県福島市笹谷字塗谷地65
    電話番号 024-559-2924

    三立十割 蕎麦人

    Photo by torus

    福島駅から徒歩で10分の場所にある「三立十割 蕎麦人」は、居酒屋の雰囲気を醸し出した店内で本格的なそばを食べられます。

    そばは店名に掲げている挽きたて、打ちたて、ゆでたての三立を厳選しています。またそばは北海道産の牡丹種やキタワセ、会津田島産の会津のかおりを混ぜ合わせて作っています。

    フリー写真素材ぱくたそ

    夜は居酒屋なだけあって、お刺身からおでんなど福島県産の日本酒にあった料理がそろっています。もちろんそばのみの注文も受け付けていますのでご安心ください。

    住所 福島県福島市五月町8-42
    電話番号 024-522-5088

    よしなり

    Photo by BONGURI

    福島駅のパセオ通りにおしゃれなカフェスタイルのそば屋「よしなり」があります。毎朝店主がお客様に美味しいそばを食べてもらたいと思いながら手打ちしています。

    店の外観からはそば屋だと想像ができないですが、味は本格的です。福島県産のそば粉を使用した二八そばを提供しています。二八そばはこしがありのど越しが良く美味しいそばが食べられます。

    メニューは「かけ」、「ざる」、「にしん」、「豚肉汁つけ」の4種類です。またざるそばにそば茶ご飯や天ぷら、天丼とそれぞれのセットメニューもあります。カジュアルな雰囲気から女性客も多く、また一人でも入りやすいそば屋となっています。

    住所 福島県福島市置賜町8-3 アオイビル1F
    電話番号 090-2975-6021

    桐屋夢見亭

    Photo by yawenla

    「桐屋夢見亭」は、会津若松市の飯坂山通りにあり市内では有名なそば屋です。水そば、権現そば、頑固そば、そして会津ブランドの会津のかおりの4種類を厳選した提供しています。市内を観光した後に訪れるお客様で店内は溢れています。

    一番の人気メニューは、「権現そば」、「頑固そば」、「会津のかおり」の3種を少しずつ食べ比べできるセットです。まずは何も付けずに食べると、そば本来の味が楽しめます。次に薬味やつゆで食べると2度の食べ比べをお楽しみください。

    住所 福島県会津若松市慶山1-14-52
    電話番号 0242-27-5568

    福島名物のねぎそばが食べられるお店3選

    フリー写真素材ぱくたそ

    福島県へ訪れたら「ねぎそば」を必ず食べましょう。ねぎそばは福島県の白川郷と言われている、南会津郡にある観光名所「大内宿」全体で提供している名物そばです。店によって味はさまざまですが、ねぎを箸代わりにするスタイルは同じです。

    三澤屋

    Photo by sayo-ts

    「三澤屋」は大内宿の共同駐車場から4軒目にあり、広大な敷地の中に佇んでいます。会津藩主をうならせたと言われている名物のねぎそばは、地元のそば粉を使用した十割そばの上に鰹節がたっぷりかかっています。汁は甘めですが、辛み大根の辛さと合わさることで食べやすくなっています。

    店内には囲炉裏があり、川魚などを焼いているのですが目の前で食事を楽しみことができます。お土産屋「三澤屋茶屋」では手打ちそばが購入できます。また厳選して作り上げた特別純米酒などを販売している「大内宿三澤屋久右衛門」も営業しています。

    住所 福島県南会津郡下郷町大字大内字山本26-1
    電話番号 0241-68-2927

    そば処こめや

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    大内宿の名物ねぎそばが食べられる2軒目は「そば処こめや」です。こしが強いそばに梅干しや辛み大根、大葉がのった「ねぎそば」は豪快に混ぜて食べましょう。薬味が合わさることでさっぱりと食べられます。

    Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

    またねぎそば以外に、つきたてでもっちりとした美味しい餅が食べられると有名です。あんこやきなこ系の甘い餅はもちろんのこと納豆やからしもちなどもそろっているので、ねぎそばと一緒に食べてみてください。「おろし揚げ餅そば」というそばと揚げた餅がのったメニューも名物です。

    住所 福島県南会津郡下郷町大内山本16-3
    電話番号 0241-68-2926

    そば処 本家玉屋

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    大内宿の中間地点付近にある「そば処 本家玉屋」は、祝言そばというねぎそばが有名なそば屋です。箸代わりのねぎは辛めなので、食べる量には注意が必要です。また薬味以外に山菜がふんだんにのっているねぎそばは珍しいです。畑で作った自家製野菜の天ぷらも店自慢の一品です。

    店の外で販売している「黒米きんつば」も名物のひとつです。大判焼きのように円形状となっていて焼き立てはさっくりしていて柔らかく、甘さ控えめな餡子が食欲をそそります。食後のデザートにいかがですか。

    住所 福島県南会津郡下郷町大字大内山本3
    電話番号 0241-68-2946

    福島で美味しいそばを食べよう!

    Photo byhugok38

    福島県の美味しいそば屋を紹介しましたがいかがでしたか。店それぞれのこだわりと厳選したそばをお客様のために常に美味しい状態で提供していることがわかります。福島県へ旅行の際はぜひそばを味わってみてください。再訪すること間違いなしです。

    poteco
    ライター

    poteco

    旅行大好き(=^・^=) 目指せ!全国制覇!!

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング