余市蒸留所・歴史ある「ニッカウヰスキー」の工場見学へ行こう!見どころをご紹介

余市蒸留所・歴史ある「ニッカウヰスキー」の工場見学へ行こう!見どころをご紹介

余市と聞くとニッカウヰスキーが連想されるほど、余市蒸留所は歴史あるウイスキー蒸留所として有名です。ニッカウヰスキーの本場、余市蒸留所で行える工場見学について、その見どころや蒸留所へのアクセス、試飲情報についても詳しく解説していきます。

記事の目次

  1. 1.余市蒸留所はニッカウヰスキーの原点
  2. 2.余市蒸留所の歴史
  3. 3.余市蒸留所の主な施設
  4. 4.余市蒸留所の工場見学に出発!見どころをご紹介
  5. 5.余市蒸留所での試飲も楽しみのひとつ
  6. 6.余市蒸留所の基本情報とアクセス
  7. 7.余市蒸留所で大人の工場見学を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

余市蒸留所はニッカウヰスキーの原点

Photo by Kanesue

余市蒸留所は、国内有数のウイスキーの蒸留所として全国的に知られています。お酒、特にウイスキーを飲む人であれば名前を知らない人はいないくらい、ニッカウヰスキーは日本中で飲まれているウイスキーのブランドです。

有名なニッカウヰスキー、そしてそれを生み出しているのが余市蒸留所ですが、そもそも何故北海道の、創業当初は周囲に何も無かった余市に蒸留所が作られたのでしょうか。

ウイスキー作りに大切とされている環境には、原材料となるものが潤沢にあること、そして気温と湿度といった気候が強く関係します。まず原材料については、余市は仕込み水に使える雪解け水が豊富で、香り付けに必要な泥炭、ピートが確保しやすい環境にありました。

Photo byNatalia_Kollegova

そして気候については、蒸溜させた後のウイスキーを熟成させる行程に大きく関わるため、ウイスキー作りには最も重要とされています。余市は寒冷地であり空気も湿っているため、ウイスキーをゆっくり熟成させるのにぴったりでした。

ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝がウイスキーを日本で作ろうとした際に、スコッチウイスキーの産地であるスコットランドに近い環境をと考え、条件に合った場所が余市でした。結果、余市がウイスキーの生産地として選ばれることとなったのです。

余市蒸留所の歴史

Photo by1443435

現在では有名な余市蒸留所ですが、創業から現在までには不断の努力があります。ニッカウヰスキーの特徴やその開発の歴史を簡単にご紹介します。

余市蒸留所で育まれるニッカウヰスキーの特徴

Photo byholdosi

余市がウイスキー生産に適した場所として選ばれたことはお伝えした通りですが、その余市蒸留所で作られたウイスキーは力強い味わいがあります。ウイスキーの味には気候だけでなく製法も深く関係しており、創業時と変わらない製法で、人々の印象に残る味が作られています。

特に味の重厚さについては、木の個性が強い樽で熟成しても元々のウイスキーが持つ重厚な風味が残されると言われるほどです。その重厚さが「余市らしさ」とも言われています。

余市蒸留所で作られたウイスキーはブレンドの原料に使われることもありますが、他のものと組み合わせると深みのある味が出来上がります。より個性のはっきりしたシングルモルトとしても、ブレンドとしても使える、存在感のあるウイスキーとして評判です。

ドラマのモデルにもなった創業者夫婦の軌跡

Photo by pika1935

現在はメジャーなお酒として知られるウイスキーですが、明治の頃は日本人には全く馴染みがない飲み物で、作るのももちろんですが、ウイスキーというお酒そのものが日本に受け入れられるまでには相当な時間と努力を要しました。

ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝とその妻のリタが、本物のウイスキーを日本で作り広めるために奮闘した軌跡は、連続ドラマのテーマとして取り上げられました。夫婦にとっては大変な道のりですが、それだけ見どころのあるストーリーだったとも言えます。

余市蒸留所の主な施設

Photo by yari3180m

日本のウイスキーの歴史を体現する余市蒸留所は、様々な施設から成っています。ウイスキーを仕込み発酵させ、熟成させるまでの行程でおよそ6種類の施設、他にも事務所棟や旧研究室であるリタハウス、待合室なども置かれています。

衛生管理や施設保存の関係から見学不可の施設もありますが、反対に見学者向けに開放し工夫ある展示をしている施設や建物もあります。工場見学者向けの博物館もあり、見どころたくさんなので工場見学は時間をとってじっくり見て回りましょう。

余市蒸留所の工場見学に出発!見どころをご紹介

Photo by yari3180m

日本のウイスキーのスタート地点でもある余市蒸留所ですが、工場見学をするにしてもどのような見どころがあるのでしょうか。ウイスキーが生産される過程ももちろんですが、余市蒸留所の建物自体にも価値があることは意外と知られていません。

余市蒸留所内の「事務所棟」「貯蔵庫」「リキュール工場」などの計9棟の建造物は、国の登録有形文化財(建造物)として認定されています。他にも「北海道遺産」「近代化産業遺産」など様々な認定を受けており、蒸留所の建物そのものの価値も認められています。

Photo byFree-Photos

そして、余市蒸留所への工場見学は、フリーで見て回る見学方法とガイド付きの方法の2種類があります。フリーは11名以上の大人数でない限りは予約不要で、来場時に貰えるパンフレットを片手に見学可能な施設を好きに見て回ることが出来ます。

ガイド付きを希望する場合はインターネットや電話での事前予約が必要ですが、30分単位で開催されているので旅行日程に合わせて調整もしやすいです。ふらっと見て回るだけでは見どころを理解しきれないかもしれない、と思う人にはこちらが向いています。

フリーの工場見学は9:00~17:00、ガイド付きは12:00~13:00の昼休憩を除き9:00~15:30と案内時間が違うので注意が必要です。どちらも無料で、試飲は可能なので好きな方を選べます。

Photo byworen76

フリーで自由に見てみたいけれどどういった施設がどれくらいあるか分からなくて不安、という人は余市蒸留所の公式サイトにストリートビューのページが設けられています。雪の中に佇む、歴史ある建物の様子は一度見ておくと行った時のイメージが掴みやすいです。

工場見学の種類について押さえたところで、次はそれぞれの歴史ある施設について、見どころをご紹介していきます。

ウイスキー博物館

Photo by takeshikj

元々貯蔵庫として使われていた建物を使って博物館としたのがこの「ウイスキー博物館」です。蒸留所内でも見どころの一つですが、ガイド付き見学では立ち寄らない施設なので、ガイド付きの場合は最後に行くのを忘れないようにしましょう。

ウイスキー博物館は、ウイスキーの製造と歴史について解説している「ウイスキー館」とニッカウヰスキーが生まれてから現在に至るまでの歴史、創業者夫婦の生い立ちや資料を紹介している「ニッカ館」から成っています。

Photo by takeshikj

ウイスキー館のエントランスに入ると、入り口からすぐのところに配置されている古く大きな器具や樽に圧倒されます。館内の展示ではウイスキーの製造過程がパネルで詳しく解説されているので、ウイスキー作りについて全く知らない人でも興味深く感じられます。

現在のウイスキーの製造過程が分かるのも見どころですが、ウイスキー館では蒸溜酒そのものの始まりから知ることが出来るので、勉強になると感じる人が多いのもこの展示の特徴です。

また、ウイスキー館の展示を抜けた先にある「ウイスキー倶楽部」では、高級感ある空間に並ぶ、世界の様々なウイスキーの様子が壮観です。ウイスキーの一部は有料の試飲が出来るので、ウイスキーについてあらゆる角度から知ることが出来ます。

Photo byPexels

さらに「ニッカ館」で見られる、創業者夫婦の遺品や家を再現した展示は歴史的に面白いものであるだけでなく、現在のニッカウヰスキーがどうやって出来上がったのかをより詳しく知ることが出来るようになっています。

竹鶴政孝の妻リタの生家におけるクリスマスを再現した様子などは、レトロなものやアンティーク感が好きであればウイスキー関係なく楽しんで見られるポイントです。

蒸溜棟

Photo by y.ganden

ポットスチルという名の、巨大な蒸溜器が並んでいるのが蒸溜棟です。発酵が終わったものを加熱し、アルコール高めて取り出すために行うのがこの蒸溜という行程ですが、ポットスチルの形や大きさによってウイスキー原酒の出来上がりに違いが出ます。

余市が他のウイスキー蒸留所と違うのは、ポットスチルに注連縄がかけられていることです。創業者である竹鶴政孝の生家は日本酒の蔵元で、お酒造りには神様が関わっているという考えから注連縄がかけられており、余市蒸溜所の特徴として、見どころの一つとなっています。

Photo byaresars

このポットスチルですが、スコットランドで使われているようなものを日本で再現するまでにも相当な努力と壮大な物語があり、ドラマでこの奮闘の様子を見たことのある人にとっては「これがあのポットスチルか」と感慨深く感じる設備でもあります。

また、余市蒸留所の蒸溜方法の特徴として燃料に石炭を使い、直火で加熱をしてウイスキーを蒸溜させる「石炭直火焚蒸溜」を現在も続けているという点があります。この蒸溜棟では、実際に石炭が使われているところも見ることが出来ます。

現在、世界中で余市蒸留所でしか行われていない蒸溜方法なので、見学に来たら現役で石炭が使われている様子を一度は見る価値があります。

貯蔵庫

Photo by hide10

余市蒸留所内に貯蔵庫はいくつもありますが、創業当初に建てられた一号貯蔵庫は見学用として空樽があるため、中に入って見学出来るのが見どころです。ちなみに貯蔵庫自体の数は、現在は26棟にまで増え、何樽ものウイスキーが熟成されています。

ウイスキーの熟成に適した湿度と気温を保つため、貯蔵庫の床は土のままにし、外壁は石造りにして冷気が内側に留まるように設計されています。夏でもひんやりした貯蔵庫の中の空気は、実際に行って体験するとよく分かります。

Photo by takeshikj

登録有形文化財となっている建物そのものも見どころですが、こういう貯蔵庫でウイスキーが熟成してあの深みのある味になっていくのか、と目で見て知ることでこれから飲むウイスキーの味も変わってくるような施設です。

旧事務所

Photo by y.ganden

かつて、ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝が事務所として使っていた建物が「旧事務所」です。これが建てられた当時はまだ「ニッカウヰスキー」は生まれていませんでしたが、全ての原点となった施設として、大切に残されています。

ニッカウヰスキーに「ニッカウヰスキー」の名前がつく前「大日本果汁株式会社」という会社として、リンゴジュースの生産を行っていた時期がありました。ウイスキーを熟成させる期間も事業を継続させるためにリンゴジュースで運転資金を稼ぐ、というのがその目的です。

リンゴジュースの生産で経営は良くならず赤字が膨らんでいく中、何とかウイスキーの製造が完了し、「大日本果汁株式会社」を略して「ニッカウヰスキー」という名前になりました。

Photo by takeshikj

旧事務所は単なる事務所というだけでなく、建物にはニッカウヰスキーが生まれるまでの忍耐と努力の歴史が残されています。当時生産していたリンゴジュースの瓶や第一号となったウイスキーも工場内の展示にあるので、実際に見ることが出来ます。

余市の工業の発展を示すものとして、旧事務所の建物は余市町の指定文化財になる程に貴重で歴史あるものとされていますが、建物に関するストーリーを知ると、よりたくさんの見どころがあり楽しめる施設です。

旧竹鶴邸

Photo byDidgeman

創業者である竹鶴政孝の邸宅を、工場の敷地に移したものがこの旧竹鶴邸です。見学可能なのは入り口のホール部分と庭園だけですが、そのホール部分に建物全体の模型があり、簡単な間取りや部屋の構造は知ることが出来ます。

また玄関ホール内には竹鶴政孝・リタ夫妻の使用していたティーセットやリタ愛用の聖書、夫妻の間で贈られたプレゼントなどが説明付きで展示されているので、かなり詳細に夫妻の生活の様子を知ることが出来ます。

さらに、公開されている庭園は樹木や草花を植えて整え、かつての姿が再現されています。旧竹鶴邸は敷地全体の中央あたりにあるので、庭園を見て一息つくのも良いでしょう。

余市蒸留所での試飲も楽しみのひとつ

Photo by hide10

余市蒸留所の工場見学で何より嬉しいポイントは、ウイスキーの試飲が出来ることです。お酒が好きな人にとっては試飲出来るだけでも楽しい工場見学ですが、あちらこちらを見て回り、その歴史を知ってからの試飲ではウイスキーの味にも深みが感じられます。

しかし、工場見学での試飲もいくつかの注意や必須事項があります。当日に試飲のための申込みが必須になっており、この申込みは事前予約で見学に来た人も同様です。お酒を造る会社だからこそ、飲酒運転や未成年飲酒に関するチェックはしっかり行われています。

工場見学における試飲の当日申込みについては、11名以上の団体なら受付で代表者が記入、個人であれば施設に配備されている申込書に記入という形になります。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

申込みが完了したら申込書と引き換えに試飲カードが渡されるので、それを試飲所で出せば各種1杯ずつ、試飲を行うことが出来ます。試飲会場は全体の閉館時間の15分前、16:45に閉館となるので遅めに行く際は時間に気をつけましょう。

そして肝心の試飲会場の場所ですが、工場の敷地の奥の方にある「ニッカ会館」の2階に、無料試飲の会場が設けられています。スペースが広く取られているので、他に見学者がいても広々と使えます。

試飲会場にはお水や炭酸水のサーバーもあるため、グラスに注がれたウイスキーは好きな割り方で飲めます。もちろん出された量を全て飲まなくても良いので、無理せず楽しみましょう。

余市蒸留所で試飲できるお酒は3種類

Photo by y_ogagaga

余市蒸留所で試飲できるお酒は3種類あり、「シングルモルト余市」「スーパーニッカ」「アップルワイン」をそれぞれ1杯ずつ試飲することが出来ます。どれもニッカウヰスキーの特色が感じられるお酒です。

簡単に紹介すると、シングルモルト余市は重厚さ、スーパーニッカは味わい豊かと言われています。そしてアップルワインはリンゴジュースを製造していた歴史に基づいた商品と、ニッカウヰスキーの今までの歴史と現在について押さえられたラインナップです。

試飲を楽しんだ後は限定ウイスキーをお土産に

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

お土産が販売されている「ディスティラリーショップノースランド」は、試飲会場であるニッカ会館の隣、正門からのアクセスでは最も奥の位置にあります。

試飲したお酒をその場で購入出来るのも、工場見学の良さです。試飲してみて気に入ったものをそのまま購入しても良いですし、北海道工場限定、とされている限定商品を買うことも出来ます。

一つのブランドのウイスキーが一度に買える機会はなかなか無いので、お酒好きならお土産コーナーは絶対にチェックしておきたい場所です。

Photo by y_ogagaga

また、お土産コーナーで販売されているのはウイスキーだけではありません。ウイスキーに合うようなチョコレートや、海産加工物といったおつまみになるようなものも一緒に販売されているので、わくわくしながらお酒との組み合わせを選べます。

余市蒸留所の基本情報とアクセス

Photo by yari3180m

試飲に見学にと見どころがたくさんの余市蒸留所ですが、工場見学へ行くなら蒸留所までのアクセスも知っておきたいところです。お酒の製造所という場所柄、アクセス方法によって楽しみ方が変わってくるところもあるので、しっかりチェックしておきましょう。

余市蒸留所へのアクセス方法は、自動車、路線バス、電車と大きく分けて3種類あります。それぞれの方法について所要時間やメリット・デメリットをお伝えします。

車で

Photo by 持続可能な地域交通を考える会 (SLTc)

余市蒸留所には工場近くにお客様駐車場があり、無料で利用可能です。またアクセスとしては、高速道路の余市ICが最寄りとなっているので、高速を降りて数キロで余市蒸留所に到着出来ます。小樽から約30分、札幌市内から約1時間でアクセス出来るのは嬉しい点です。

ただし、見学者が多いと駐車場が満車となってしまうことがあるため、他の駐車場もチェックしておいた方が安心です。公式サイトで案内されているのは、工場の敷地からは、やや離れたところにある臨時観光駐車場、そして町営の有料駐車場です。

ただし臨時観光駐車場は12月~4月は積雪で利用することが出来ない、といった問題もあるので訪れる時期には気をつけておいた方が良いでしょう。

Photo byFree-Photos

また、車でのアクセスの場合、最低でも誰か一人はドライバーとしてお酒が飲めなくなることも注意しておく必要があります。試飲の申込み時に確認される点ではありますが、もし見学に行く全員がお酒好きであれば、公共交通機関で行くというのも手です。

そして積雪量の多い北海道ならではですが、冬場は路面状況が悪くなるため、雪道での運転に慣れていないのであれば車の運転をすること自体が危険です。北海道の移動で車は便利ですが、そういった点も含め、アクセス方法を考えましょう。

バスで

Photo by 持続可能な地域交通を考える会 (SLTc)

次にバスでのアクセス方法ですが、小樽駅の駅前バスターミナルから出ているバスで近くまで行くことが出来ます。詳しくは北海道中央バスの時刻表を確認した方が確実ですが、余市が行き先もしくは経由地に含まれているものに乗ればアクセスが可能です。

余市蒸留所の近くまで行けるバスは1時間に数本出ているので、乗り換えにもそれほど焦らずに済みます。運賃も500円程度で、移動距離を考えるとリーズナブルです。「余市駅前」というバス停が最寄りですが、近い名前のバス停であれば余市駅付近に停車します。

最寄りのバス停からは歩いて3分の距離なので、試飲が楽しみで工場見学へ行く人にとっては便利で役立つアクセス方法です。

電車で

Photo by Richard, enjoy my life!

見学に訪れる側としては有り難いことに、余市蒸留所は駅から徒歩3分程度の距離にあります。アクセス上最寄りとなる駅はJR北海道の余市駅で、小樽駅からは30分とかからず到着出来るので、公共交通機関でのアクセスを考えるなら候補に入れておきたい方法です。

しかし、電車でのアクセスでネックとなるのは、本数の少なさです。昼間の時間帯であれば余市駅に止まる電車は1~2時間に1本しか走っていないため、よほどタイミングが合うのでなければ他の方法でのアクセスの方が便利と言えるでしょう。

住所 北海道余市郡余市町黒川町7-6
電話番号 0135-23-3131

余市蒸留所で大人の工場見学を楽しもう

Photo by y_ogagaga

余市蒸留所は、ウイスキーの製造の様子が見られるだけでなく、ニッカウヰスキーの歴史にまで触れることの出来る、見どころたくさんの蒸留所です。近年、工場見学は観光の1ジャンルとして人気ですが、その中でも余市蒸留所は楽しめるポイントが多くあります。

お酒の中でも大人のイメージが強いウイスキーの工場見学で、重厚感あるウイスキーを見て飲んで楽しみましょう。

平井 今日子
ライター

平井 今日子

滋賀県出身、京都在住です。お酒好きなのでお酒が楽しく飲めるスポット探しに日々勤しんでいます。神社やお寺も好きなので、良いところがあればご紹介していければと思います。楽しそう、面白そうが伝わる記事を発信していきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。