札幌のソフトクリームならコレ!おすすめの定番人気パフェや濃厚アイスもご紹介

札幌のソフトクリームならコレ!おすすめの定番人気パフェや濃厚アイスもご紹介

スイーツ都市札幌には定番ソフトクリームから少し珍しいご当地ソフトクリームまで、さまざまなソフトクリームが販売されています。札幌に訪れた際はぜひ、色々なお店でソフトクリームの食べ歩きをしてみませんか?札幌でおすすめのお店をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.札幌で色々な味のソフトクリームを楽しもう!
  2. 2.札幌のソフトクリームはどうして美味しいの
  3. 3.札幌の超濃厚の定番ソフトクリーム
  4. 4.札幌のインスタ映えするソフトクリーム
  5. 5.札幌の個性的なソフトクリーム
  6. 6.札幌のおすすめパフェ&アイス
  7. 7.札幌のソフトクリームは後引く美味しさ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

札幌で色々な味のソフトクリームを楽しもう!

Photo by Yuichiro Haga

観光地やカフェなど町の至る所にあるソフトクリーム屋に目が行くことはありませんか?札幌には定番のものからちょっと変わったご当地ものまで、さまざまな種類のソフトクリームが販売されています。今回は札幌のおすすめソフトクリームをご紹介していきます。

札幌はソフトクリームファンにはうれしい街

Photo bycegoh

北海道は色々な海鮮や、ラーメンなどさまざまなグルメが有名ですが、札幌はスイーツ都市としても名前が知られています。ソフトクリームやアイス以外にもパンケーキなどさまざまなスイーツが並んでいます。

札幌のソフトクリームはどうして美味しいの

フリー写真素材ぱくたそ

北海道のソフトクリームがが美味しい理由は乳脂肪分が高いからです。北海道の牛は、牛乳の中に含まれている乳脂肪分が高いのが特徴です。乳脂肪分の他の地域の平均は3.8%ですが北海道の牛乳は平均4.0%と高い数値になっています。

高い数値になる秘密は、北海道の涼しい気候と食べている牧草に隠されています。牛の体の中で微生物が活発に動くと、乳脂肪分の元をたくさん作ります。たくさん牧草を食べるとより濃厚な牛乳が作られるようになります。

北海道の大自然で育った牛の牛乳を使用

Photo byCouleur

札幌のソフトクリームは十勝地方で育った牛の牛乳から作られているものが多いです。雄大な北海道の自然の中のびのびと育った牛の牛乳を使用することで、他の地域に負けないコクのあるソフトクリームが作られています。

ホルスタインは涼しい気候の地域が原産地

フリー写真素材ぱくたそ

ホルスタインは乳房が大きく乳量が多いことから、乳牛として多く飼われており、日本で飼育されている約99%はホルスタイン種です。寒さに強く暑さに弱いことから北海道で多く飼われています。

「しめパフェ」文化のある札幌

Photo by june29

お酒を飲んだ後はシメにラーメンを食べに行ったりしませんか?札幌では締めにパフェを食べる文化があります。美味しい食事を楽しんだ後の締めパフェを試してみてはいかがでしょうか。

各店ソフトクリームにも力を入れている

Photo by imnakashima

札幌ではどのお店もソフトクリームに力を入れています。味にこだわったお店、写真映えを意識したお店、珍しいソフトクリームを販売するお店など力の入れ方もさまざまです。

札幌の超濃厚の定番ソフトクリーム

Photo by flasksrw

まず最初は、札幌でも定番の濃厚ソフトクリームが食べられるおすすめのお店をご紹介します。

「KINOTOYA BAKE ポールタウン店」

Photo by bryan...

札幌の有名チーズタルト専門店が「KINOTOYA BAKE」です。KINOTOYA BAKEで販売されている濃厚なソフトクリームが「極上牛乳ソフト」税込み410円です。

通常のソフトクリームよりも大きいソフトクリームはワッフルコーンかカップか選べるようになっています。新鮮なミルクの濃厚な味わいと口どけなめらかな食感が一口食べると口の中に広がります。

営業時間は10:00から20:00までで、定休日はポールタウンの休業日です。近くに行った際はぜひ濃厚なソフトクリームを味わってみてください。

住所 札幌市中央区南2条西3丁目 さっぽろ地下街ポールタウン内
電話番号 0120-24-6161

「回転すしぱさーる」

Photo by woinary

回転寿司なのにソフトクリームがあるのが「回転すしぱさーる」です。少し不思議に感じてしまいますが、濃厚なぱさーるのソフトクリームは名物メニューです。

その名も「爆乳ソフトクリーム」です。名前のインパクトも手伝いすっかり名物メニューの1つになりました。

営業時間は17:00から24:00までと夜遅くまで営業しています。定休日は日曜日です。地下鉄南北線すすきの駅1番出口から徒歩2分です。

住所 札幌市中央区南4条西2 南4西2ビル 1F
電話番号 011-242-5567

「モエレ沼公園 テイクアウトショップ panier」

Photo by "KIUKO"

モエレ沼公園内にあるテイクアウトショップ「panier」です。夏の暑い時期に公園で食べる定番の濃厚なソフトクリームは格段に美味しいです。

ワッフルコーンに入れたソフトクリームは少し小ぶりですがコクがあります。雄大な北海道の自然が楽しめる公園で濃厚なソフトクリームを食べるのがおすすめです。

panierは4月中旬~11月3日までの夏季限定で営業しています。営業時間は11:00~17:00です。変更している場合があるので注意してください。定休日は毎週月曜で、月曜が祝日の場合は翌日です。

住所 札幌市東区モエレ沼公園1-1
電話番号 011-791-3255

「八紘学園農産物直売所」

Photo bywernerdetjen

農業専門学校が運営しているのが「八紘学園農産物直売所」です。定番濃厚ソフトクリームは大と小の2種類です。とても濃厚なソフトクリーム大は、本当に大きいのでシェアして食べるのがおすすめです。

営業時間は11:00~17:00ですが、冬季は10:00~16:00の営業になります。冬季は11月中旬から4月中旬の間で、土日・月のみの営業で、残念ながらソフトクリームの販売は行っていませんのでご注意ください。定休日は木曜日です。

住所 札幌市豊平区月寒東2条13丁目1-12
電話番号 011-852-8081

「洋菓子工房べんべや 本店」

Photo byPexels

札幌のスイーツコンテストでも優勝経験のある「べんべや 本店」です。ケーキ類やデコレーションケーキをはじめ、焼き菓子やマカロンやアイスなどさまざまな種類の洋菓子を販売しています。

本格的なパティスリーが作る定番な濃厚ソフトクリームは、バニラビーンズが目で見えるほどぎっしり入っており、甘めで濃厚なソフトクリームです。おすすめはチョコレート味です。

営業時間は10:00から19:00までで、カフェコーナーは11:00から19:00までです。定休日は元日のみです。

住所 札幌市手稲区星置3条9丁目10-7
電話番号 011-685-5455

「BARNES」

Photo by alberth2

北海道ならではのソフトクリーム屋さん「BARNES」です。北海道産の新鮮なミルクを使った定番ソフトクリームは濃厚でクリーミーなのに後味がさっぱりしており、ミルクの味をしっかり感じられる濃厚ソフトクリームです。

定番のミルクもとても美味しいですが、中でも抹茶ソフトクリームがおすすめです。ふわふわの食感なのに、抹茶の味もしっかり効いており人気の高いおすすめメニューです。

営業時間は10:00から18:00で、17:40からはテイクアウトのみの取り扱いになります。定休日は火曜日、お盆、お彼岸、年末年始と臨時休業を取る場合があります。

住所 札幌市中央区宮の森4条10丁目4-16
電話番号 011-621-2580

札幌のインスタ映えするソフトクリーム

Photo by Kanesue

ここ数年人気の高いInstagramを利用している人も多いのではないでしょうか。次は札幌のインスタ映えするソフトクリームを販売しているお店をご紹介します。

「札幌ソフトパフェ Brown Bear」

Photo by macbsd

八百屋直営のカフェでソフトクリーム専門店「Brown Bear」です。新鮮なフルーツを使ったパフェが魅力のおすすめ店です。

Brown Bearではパフェやソフトクリームに使用されているフルーツや野菜は新鮮なものにこだわっています。ハートの形のウエハースが乗ったパフェはかわいらしくインスタ映えすること間違いなしです。

営業時間は11:30から17:30で、定休日は毎週水曜日です。姉妹店スープカレーHIGUMAと同じ敷地内にあり、HIGUMAの駐車場を利用できます。

住所 札幌市中央区北十三条西17-1-30
電話番号 080-7297-0022

「UMIERE」

Photo by norio_nomura

セレクトショップがメインで小さくカフェを運営しているのが「UMIERE」です。可愛らしい雑貨や洋服なども販売しています。

さっぱりとした口当たりで、ミルクの風味を存分に味わえるソフトクリームとなっています。アイスメニューはソフトクリーム以外でも、パフェやシェイクも販売しています。また、タピオカボトルの販売しておりインスタ映えすること間違いなしです。

営業時間は11:00から19:00で、定休日は不定休です。定休日の詳細はInstagramで確認できるので利用してください。

住所 札幌市中央区北3条東5丁目 岩佐ビル1階
電話番号 011-211-4738

「ミッシュハウス 伏見店」

Photo by Toukou Sousui 淙穂鶫箜

札幌でも珍しいパフェ専門店が「ミッシュハウス 伏見店」です。1階はアイスやソフトクリームを販売しており、2階ではパフェやパンケーキを提供するカフェを営業しています。

カフェで提供されているパフェがインスタ映えすると評判です。パフェの素材に合わせ、手づくりアイスクリームが必ず入っている事をこだわりにしており、木に囲まれたテラス席で食べるパフェは格段に美味しいです。

営業時間は夏期は1階が11:00から18:00で冬期が11:00から17:30です。2階が夏期が11:00から18:30で、冬期が11:00から18:00までです。定休日は毎週月曜日で、月曜日が祝日の場合は翌日が定休日です。

住所 札幌市中央区伏見2丁目2-20
電話番号 011-552-5531

札幌の個性的なソフトクリーム

Photo by Kanesue

ソフトクリームの定番味と言えばバニラやチョコが思いつきますが、全国には定番味以外にもご当地ソフトクリームが数々販売されています。ここでは札幌で食べられる個性的でおすすめなソフトクリームをご紹介していきます。

「CAFE工房MISUZU」

Photo by potaufeu

昭和7年に創業された北海道で一番古い老舗珈琲専門店が「CAFE工房MISUZU」です。MISUZUで頂けるのはコーヒーソフトクリームです。

甘みのあるモカ味のソフトクリームには細かく刻まれたコーヒー豆がトッピングされており、仄かなコーヒーの風味と苦みがマッチングした少し大人な風味のするソフトクリームです。営業時間は9:00から20:00です。定休日はありません。

住所 札幌市中央区南三条西4丁目 地下街ポールタウン内
電話番号 011-271-6437

「千歳鶴酒ミュージアム」

Photo by uka0310

札幌の地酒メーカー千鳥鶴の酒蔵に隣接しているのが「千歳鶴酒ミュージアム」です。千歳鶴酒ミュージアムが、先ほど紹介した札幌のソフトクリーム専門店ミッシュハウスに監修をお願いして作ったのが「酒粕ソフトクリーム」です。

酒粕ソフトクリームは、酒粕の甘味とすっきりした後味が味わえます。アルコール分が入っていないので、お酒の飲めない人でも楽しめるソフトクリームとして人気があります。

営業時間は10:00から18:00までで、定休日は年末年始です。ミュージアム利用で30分無料になる駐車場もあるので車での訪問も可能です。

住所 札幌市中央区南3条東5丁目1番地
電話番号 011-221-7570

「HOKKAIDOミルク村」

Photo byKatzenfee50

某口コミサイトで13000件という脅威の口コミ数を誇るのが「HOKKAIDOミルク村」です。ミルク村の一番おすすめなソフトクリームが、カクテルをかけていただく大人アイスクリームです。

ソフトクリームの形をしていますがアイスで、リキュールに合うように作られています。スプーンですくったアイスにカクテルをかけます。アイスは1回まで無料でおかわりができます。

営業時間は火曜・木曜から日曜が13:00から23:40で、水曜が17:00から23:40までで、定休日は月曜日です。

住所 札幌市中央区南4条西3丁目7-1
電話番号 011-219-6455

「佐藤水産 羊ヶ丘通り店」

Photo by Dai44

水産加工物を取り扱う会社がソフトクリームを販売するのが「佐藤水産 羊ヶ丘通り店」です。加工された海鮮物などが販売されており、その中で販売されているのが塩ソフトクリームです。サイズは300円の普通サイズと190円のミニサイズの2種類あります。

北海道産の生乳を使用したミルク味のソフトクリームと塩味のバランスが絶妙だと人気でおすすめの商品です。

営業時間は5月から12月が10:00から19:00で、1月から4月が10:00から18:00までです。年末年始は営業時間短縮になるので注意してください。定休日は元日です。

住所 札幌市豊平区西岡4条3丁目6-25
電話番号 011-855-6611

「ココボン」

フリー写真素材ぱくたそ

「ココボン」は定番のソフトクリームではなく、フルーツソフトクリームという、果物を中に練りこんだ北海道で初めての製法で作られたソフトクリームの販売を行っており、その食感は新感覚です。

いちごミルクなど8種類のメニューから選ぶフルーツ系アイスはフルーツの素材の味、つぶつぶの食感が楽しめて、今までとは違ったソフトクリームです。シングルが400円で、ダブルが500円です。プレーンソフトクリームも320円で販売されています。

営業時間は11:00から17:00までで、売り切れ次第閉店です。定休日は月曜と火曜日です。13台停められる駐車場があります。

住所 札幌市厚別区青葉町8-7-30
電話番号 011-887-8984

「ブーランジェリーコロン 赤レンガテラス店」

Photo byTiBine

札幌赤レンガテラスにあるのが「ブーランジェリーコロン 赤レンガテラス店」です。ブーランジェリーコロンは札幌市内に数店舗構えるパン屋さんです。

ブーランジェリーコロンのソフトクリームは定番タイプで山中牧場のソフトクリームがいただけます。目玉はパン屋さんならではの自家製はちみつラスクがトッピングで付いてくるところです。サクサクのラスクにクリームをつけて食べるのがおすすめです。

営業時間は9:00から20:00で、定休日は赤レンガテラスと同じ日になります。事前に確認を取るようにしましょう。

住所 札幌市中央区北2条西4丁目1 赤レンガテラス1F
電話番号 011-211-8811

札幌のおすすめパフェ&アイス

Photo byRitaE

スイーツ王国札幌にはさまざまな種類のスイーツを提供しているお店があります。ここでは、美味しいパフェ&アイスを提供しているおすすめのお店をご紹介します。 

「雪印パーラー 本店」

Photo byMonfocus

アイスやパンケーキ、パフェやお食事もできるのが「雪印パーラー 本店」です。おすすめは種類豊富なパフェです。通常サイズのパフェから高さ50cmもあるビックパフェをはじめとした3種類のジャンボパフェを提供しています。

定番のチョコパフェから少し変わったレアチーズパフェ、フルーツをふんだんに使ったパフェからあんみつまで約15種類のパフェメニューが提供されています。他にも昔ながらの味を守ったアイスも販売されています。

営業時間は10:00から21:00までで、定休日はありません。地下鉄「大通駅」から徒歩5分で到着します。

住所 札幌市中央区北2条西3丁目1-31 太陽生命札幌ビル1階
電話番号 011-251-7530

「よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店」

Photo by iyoupapa

スーパーなどでも見かけることの多いよつ葉が手掛けているのが「よつ葉ホワイトコージ」です。高品質な生乳を使用したソフトクリームはコクがあり濃厚です。

練乳イチゴのパフェやよつ葉の白いパフェなどのベーシックなものから、チーズムースと3種のベリーの極みモンブランなどのプレミアムパフェの2種類があり、パフェの種類は15種類ほど用意されています。また、店舗限定のパフェも期間限定提供されています。

営業時間は11:00から22:00で、定休日はパセオ札幌の休業日と同じです。パフェ以外にもパンケーキや食事も楽しめるので、札幌に訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

住所 札幌市北区北6条西2丁目 JR札幌駅地下街PASEO WEST地下1F
電話番号 011-213-5261

「お茶の玉翠園」

Photo bydungthuyvunguyen

昭和8年に創業した老舗日本茶専門店が「お茶の玉翠園」です。玉翠園オリジナルスイーツとして販売されているのが「雪萌えパフェ」です。

甘味を抑えた十勝産牛乳をたっぷりと使用したソフトクリームの中には、あんこ・抹茶アイスが入っており、炙り玄米と抹茶を練りこんだワッフルコーンでいただきます。少量生産のため、売り切れ次第終了になるので、早めに来店するようにしましょう。

営業時間は月曜から金曜が8:00から18:00で、土曜日は8:00から16:00までです。定休日は日曜・祭日です。

住所 札幌市中央区南1条東1丁目1番地
電話番号 011-231-1500

「ペンギン堂」

Photo by iyoupapa

すすきのにある、夜にパフェとお酒の両方が楽しめるのが「ペンギン堂」です。夜にもパフェが食べられるので締めパフェにも向いているお店です。

季節のフルーツを使ったジェラートがトッピングされたパフェがあります。お酒以外にもコーヒーなども置いてありその数は約80種類にも及びます。

営業時間は2つに分かれており、昼が12:00から16:45で、夜が19:00から翌1:00までです。定休日は日曜です。

住所 札幌市中央区南4条西1丁目6-1
電話番号 011-261-2320

「ナナズグリーンティー 札幌パセオ店」

Photo by inunami

日本全国に店舗を構えているのが「ナナズグリーンティー」です。抹茶、日本茶を中心に取り扱っており、ドリンクも抹茶ラテ・ほうじ茶ラテなど日本茶をメインに販売しています。

ナナズグリーンティーで提供されているのはもちろん抹茶パフェです。抹茶と白玉がのったパフェやわらび餅がトッピングされたパフェがあります。他にもほうじ茶パフェや黒ゴマパフェとヘルシーなものが好きな人にはたまらないお店です。

営業時間は10:00から22:00で定休日は札幌パセオと同じです。ナナズグリーンティーでは店舗によりメニューが異なるので来店の際は一度確認するのが無難です。

住所 札幌市北区北6条西2丁目
電話番号 011-213-5459

「パフェ、珈琲、酒、佐藤」

Photo by beve4

パフェも、コーヒーも、お酒も、ご飯も楽しめるのが「パフェ、珈琲、酒、佐藤」です。すべて手作りにこだわっており、季節によってその季節のものを使用しています。

思わず写真に撮りたくなるようなきれいなパフェは季節のフルーツ、ショコラとマンゴー、豆と梅・ほうじ茶、塩キャラメルとピスタチオの4種類が定番メニューになっています。深夜まで営業しているのでお酒とパフェの両方が楽しめるおすすめのお店です。

営業時間は火曜から木曜が18:00から24:00で、金曜日は18:00から翌2:00、土曜日は13:00から翌2:00で、日曜日が13:00から24:00までです。曜日によりバラバラなので注意してください。定休日は不定休です。

住所 札幌市中央区南2条西1丁目6-1 第3広和ビル1F
電話番号 011-233-3007

札幌のソフトクリームは後引く美味しさ!

Photo by bizmac

札幌でおすすめのソフトクリームをいろいろ紹介して来ましたがいかがでしたか?定番の濃厚ソフトクリームから、珍しいソフトクリーム、インスタ映えを意識したソフトクリームなどさまざまな種類がありました。

札幌に訪れた際はぜひ色々な店舗を回ってソフトクリームやアイスを味わってみませんか。その際はお腹を壊さないように要注意です。

ICHIKA
ライター

ICHIKA

さまざまな地域の魅力やお店、商品の魅力を伝えたいと思い、空いた時間にちょっとずつ書いています。皆さんに読んでいて面白い、行ってみたい!役に立つなぁと思ってもらえるような記事を目指して日々執筆しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング