高知のはりまや橋は歴史的情緒あふれる観光スポット!まつわる恋愛話とは?

高知のはりまや橋は歴史的情緒あふれる観光スポット!まつわる恋愛話とは?

高知は坂本龍馬ゆかりの地として知られ、多くの観光客が訪れています。高知市内には「はりまや橋」という「よさこい節」で歌われている、悲恋の物語を秘めた橋があります。今回は、「はりまや橋」にまつわる恋愛悲話や橋の周辺の商店街やお土産店などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.高知の観光名所「はりまや橋」とは?
  2. 2.高知のはりまや橋は「日本三大がっかり名所」?
  3. 3.実は4つある高知の「はりまや橋」
  4. 4.高知はりまや橋と一緒に楽しむべきポイント
  5. 5.高知はりまや橋周辺のおすすめ施設4選
  6. 6.高知の情緒あふれる観光名所「はりまや橋」に行こう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

高知の観光名所「はりまや橋」とは?

Photo by inunami

高知市の中心地にある「はりまや橋」は、朱塗りの太鼓橋で観光スポットとして人気があり、記念撮影で多くの観光客が訪れています。「よさこい節」の一節、「土佐の高知のはりまや橋で」と歌われている「はりまや橋」はこの橋の事です。

「はりまや橋」はいつ頃、誰によって、どのような目的で架けられた橋なのでしょうか。そして、実は「はりまや橋」には、僧侶と美しい女性の悲恋の物語も隠されています。

今回は「はりまや橋」の由来や橋にまつわる恋愛話の他、橋周辺の観光スポットの商店街や高知特産の食事ができるお店、お土産屋のセレクトショップやホテルなどをご案内いたします。

「はりまや橋」の由来

Photo by senngokujidai4434

「はりまや橋」の由来は江戸時代までさかのぼります。高知の豪商播磨屋崇徳の播磨屋本店は、櫃屋(ひつや)道清の櫃屋本店と取引がありましたが、堀で隔てられていたため商いに支障をきたしていました。

両家の往来のため、播磨屋と櫃屋の間にあった堀に架けられた橋が、「はりまや橋」の由来と言われています。

作った人物・播磨屋崇徳から「播磨屋橋」

Photo by Ryosuke Yagi

堀に架けられた橋は、播磨屋本店の播磨屋崇徳により建立されたため、「播磨屋橋」と呼ばれました。

播磨屋崇徳は江戸時代に名をはせた高知の豪商で、長宗我部元親の高知城入城と共に土佐に落ち着き、店を構え手広く商いを起こし成功した人物です。当時、「播磨屋橋」周辺は特別区で、身分の高い武士や御用商人しか移住が認められていませんでした。

「播磨屋橋」は年数がたつに連れ、様々な事情により私設の橋から公的な橋「はりまや橋」へと変わって行きました。

往来のために私財で橋を建立

Photo by Japanexperterna.se

播磨屋崇徳は、商売を円滑に行うため、私財を使い「播磨屋橋」を架けました。木材で建てられた簡素な橋だったそうですが、私財で橋を架けたとは、財力の豊かさを物語っています。

よさこい節で歌われる悲恋の舞台「はりまや橋」

Photo by Kuruman

現在、知られている「よさこい節」は、古くから歌い継がれてきた土佐の民謡「よさこい節」に、僧侶純信と美しい娘お馬の悲恋の恋物語を組み入れられて作られました。有名な歌詞の一節は「土佐の高知のはりまや橋で 坊さんかんざし買うを見た よさこいよさこい」です。

高知の竹林寺脇坊の僧侶純信が、「はりまや橋」の小間物屋でお馬のためにかんざしを買っていたと言う意味です。「よさこい」とは夜に来てくださいとの意味です。続いて、歌詞に登場する純信とお馬の恋物語をお話しいたしましょう。

僧侶・純信とお馬の恋物語

フリー写真素材ぱくたそ

「はりまや橋」に関する悲恋話は純信とお馬とされていますが、純信と会う前に、お馬の恋の相手には慶全という若い僧侶がいたと言われています。最終的にお馬と駆け落ちして捕らえられ引き離されたのは純信ですが、諸説ありそうです。

最初はお馬と僧侶慶全が恋愛関係にあり、お寺の戒律を犯したことで、慶全が追放されました。当時、僧侶は妻をめとる事が禁止されていました。他の説は、お馬は慶全の事を相手にせず恨みをかい、慶全によるうわさ話により二人は追い詰められたという説もあります。

Photo byauntmasako

最終的にはお馬は純信と駆け落ちをし捕らえられ、引き裂かれて別々の場所に送られます。しかし、再度純信が駆け落ちを試みますがお馬が合意せず、純信は再び捕らえられ伊予に送られます。その後、二人は会う事もなくそれぞれ違う相手と結ばれました。

昭和のヒット曲「南国土佐を後にして」で有名に

Photo by Shigeyama

「はりまや橋」や純信とお馬の悲恋が広く知られるようになったのは、昭和のヒット曲「南国土佐を後にして」がきっかけです。「南国土佐を後にして」は、1959年にペギー葉山さんが歌い全国に知られた流行歌です。

 歌に盛り込まれた「よさこい節」の「はりまや橋」の一節により知名度が上がりました。平成24年11月3日にははりまや公園に歌碑が完成し、除幕式にはペギー葉山さんも参列されました。

「南国土佐を後にして」の歌碑からは、8時半から20時半まで1時間ごとにペギー葉山さんの歌声が流れてきて、親子鯨の像は曲に合わせながら潮を吹きはじめます。「はりまや橋」にお越しの際は、ペギー葉山さんの歌声を聞きにお立ち寄り下さい。

高知のはりまや橋は「日本三大がっかり名所」?

Photo by mersy

高知の「はりまや橋」は、「日本三大がっかり名所」の一つとされていることをご存知ですか。

「日本三大がっかり名所」といえば、札幌の「時計台」と「はりまや橋」、「長崎オランダ坂」が挙げられています。共通する事は「時計台」と「はりまや橋」は規模が小さい、「オランダ坂」は石畳と言う事です。

名所でありながら「がっかり」との評判は残念ですが、「はりまや橋」は、本当にがっかりしてしまう名所なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

高知はりまや橋ががっかりされる理由2点

Photo by alberth2

高知の「はりまや橋」ががっかりされる理由は2つあると言われています。小さい橋という事は前述しましたが、どの程度小さいのでしょうか。そしてあと1つ、どんな理由ががっかりされる理由に挙げられているのでしょうか。

理由1:見落としそうなほど小さい

Photo by naitokz

「はりまや橋」と聞いて多くの方が思い浮かべるのは朱塗りのきれいな太鼓橋ですが、見落としそうなほど小さいものです。しかし、橋が小さいのには訳があります。この赤い太鼓橋は、「はりまや橋公園」の観光スポット用に縮小して復元されたレプリカなのです。

「はりまや橋」自体は小さいながらも、周辺には商店街があり、商店街には高知特産のお土産屋さんや食事のできる店もあり観光が楽しめます。

理由2:川の上に架かっていない

Photo by shunkoh

がっかりされる理由の2つ目として、橋とは言いながらも、川の上には架けられていない点が挙げられます。

以前「はりまや橋」が架かっていたお堀は、水質が悪くなり埋め立てられました。お堀がなくなった後、道路の側面に橋の欄干だけが残されました。現在は道路橋として機能しており、石の欄干が当時橋が架けられていた場所にあります。

「がっかり」を見るために訪れる人も

Photo by strollers

がっかりとの評判があるとはいえ、あえて「はりまや橋」のがっかりぶりを見に来る方もいらっしゃいます。

「はりまや橋」の近辺は商店街など楽しめる施設もあるので、一見の価値はあります。繁華街には城下町の雰囲気が残っていてレトロな建物もあり、散策などにおすすめです。

朱色の小さい橋は可愛くて写真映えする

Photo by Maarten1979

朱塗りの太鼓橋「はりまや橋」は、まるで昔話に登場する小さい橋です。小さいながらも、赤くて可愛い橋は、旅の思い出の写真やインスタグラムに掲載すると映えると言われています。「はりまや橋」は人気の撮影ポイントになっていて、観光客が多く訪れています。

ライトアップや案内板など整備され「がっかり」返上?

Photo by kagawa_ymg

「はりまや橋」は「日本三大がっかり名所」に挙げられていますが、その「がっかり」を返上する取り組みも行われています。

「はりまや橋」の近くには「江戸期はりまや橋の由来」の案内板が設置されています。お堀の跡は「はりまや公園」として生まれ変わり、その周辺はライトアップされていて、「からくり時計」や「南国土佐を後にして」の歌碑などの観光スポットもあります。

ご当地ゆるキャラやアンパンマンたちにも会える

Photo by mai:pluie

「はりまや橋」周辺では、高知のゆるキャラやアンパンマンを見つける事ができます。高知県には人気のくろしおくんをはじめ、ちぃたん、しんじょうくん、カツオにゃんこ、とさけんぴなど人気のゆるキャラがいます。彼らには高知県の催事などで会えます。

ゆるキャラのとさけんぴは、頭の上に「はりまや橋」を飾って四股を踏むような動きをしています。月に2回、土曜日の夜7時ごろにはたきで「はりまや橋」をお掃除しているので、観光がてら、とさけんぴに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

Photo by OHTAKE Tomohiro

子供たちの人気者アンパンマンも、「はりまや橋」の観光に貢献しています。アンパンマンの作者であるやなせたかしさんが高知県出身なのにちなんで、JR高知駅より「はりまや橋」に向かっていく歩道側に、アンパンマンをはじめ、仲間たちの石像を見つける事ができます。

高知市の中心地にある石の道路橋「はりまや橋」の近くでは、アンパンマンとジャムおじさん、反対側の歩道には、ばいきんまんとドキンちゃんの石像が迎えてくれます。

Photo by Kentaro Ohno

アンパンマンの作者であるやなせたかしさんは高知県香美市の出身です。香美市には「香美市立やなせたかし記念館」(アンパンマンミュージアム)があり、同館にはアンパンマンやバイキンマン、ショクパンマンの原画が展示されていて楽しめます。

「香美市立やなせたかし記念館」(アンパンマンミュージアム)の入館料は大人700円、小人300円です。営業時間は9時半から16時半です。休館日は火曜日(祝日の場合は翌日)で、アクセスは、バス停アンパンミュージアムで下車です。駐車場もあります。

名称 やなせたかし記念館
住所 高知県香美市香北町美良布1224-2
電話番号 0887-59-2300

実は4つある高知の「はりまや橋」

Photo by nekotricolor

「はりまや橋」は、実は4つあるとされています。どれが本物で、なぜ4つもあるのでしょうか。その背景に迫っていきましょう。4つの「はりまや橋」を見る事により、「はりまや橋」の遍歴を確かめる事ができます。

1:一番有名な朱色の橋は復元されたレプリカ

Photo by bmr-mam

1つ目の「はりまや橋」は、「はりまや公園」の近くにある朱塗りの太鼓橋です。「はりまや橋」と聞けば、この橋をイメージする方も多いでしょう。

高知の観光名所になっている「はりまや橋」は、全国からイメージを募集して、1998年に江戸期のはりまや橋として復元されたレプリカです。堀も「はりまや橋公園」として整備されて小さい人工の水路があり、高知のオアシスとなっています。

2:本物は石造りの道路橋

Photo by senngokujidai4434

2つ目は道路にある石造りの橋で、これが本物の「はりまや橋」です。かつての堀は埋め立てられ、「はりまや橋」は、国道23号線の交通量が多い道路橋として知られています。石の欄干の道路橋は全長20mで、近くには路面電車も走っています。

3:明治時代の橋を復元したモダンな鉄の欄干の橋

Photo byskeeze

3つ目は「南国土佐を後にして」の歌碑の後ろにある、現代的なデザインの緑色の鉄の欄干の橋です。この橋は明治時代から大正時代まで使われてた橋を縮小し復元したものです。くじらの親子のモニュメントがあり、歌にあわせて潮を吹く仕掛けになっています。

4:地下に展示されている旧橋の欄干

Photo by PoYang_博仰

4つ目は、「はりまや橋公園」の地下広場に展示されている橋の欄干です。昭和から平成9年までかかっていた本物の石の道路橋が建てられる以前の欄干が展示されています。地下広場は「はりまや橋」の歴史や高知の偉人、昔の町の絵巻などが展示されています。

時代により建てられた橋が、今でも大切にそれぞれの役目を果たしながら、高知の観光にも活用されています。

「はりまや橋」へのアクセスは、JR高知駅から徒歩約10分で到着です。JR高知駅からとさでん交通の路面電車で約5分、電停「はりまや橋」で下車し、徒歩1分で到着します。

住所 高知市はりまや町1丁目
電話番号 088-823-9457(高知市観光振興課)

高知はりまや橋と一緒に楽しむべきポイント

Photo by securecat

「はりまや橋」の周辺には、散策が楽しめる休憩スポットや観光客に人気の高知の名所や歴史上の人物が登場する観光スポットがあり楽しめます。「はりまや橋」と一緒に訪れてみたい人気スポットを2つご紹介します。

散策が楽しめる「はりまや橋公園」

Photo by iwazer

「はりまや橋公園」は、「はりまや橋」の近くで静かにすごせる公園です。ひっそりとたたずんでいる東屋は近所の人々が会話や読書をして過ごしているいやしのスポットです。ベンチに座り、幕末時代に坂本龍馬が歩いていたと想像したら楽しいです。

高知の名所が出てくる「からくり時計」

Photo by x768

「からくり時計」は「はりまや橋」の東側の電鉄ターミナルビルに設置されています。「からくり時計」は1時間ごとによさこい節に合わせ、高知の観光地、桂浜や高知城、はりまや橋、高知の有名人の坂本龍馬や純信、お馬さんが現れる約8分間のショータイムです。

「からくり時計」のかわいい仕掛けのショーは9時から21時まで見る事ができ、夜にはライトアップされ、さらにきれいに見る事ができます。悪天候の場合は中止される場合があるのでご注意ください。

高知はりまや橋周辺のおすすめ施設4選

Photo by tsuda

「はりまや橋」の周辺には、ホテルや商店街など、観光に便利な施設が充実しています。高知ならではの食事ができるお店がそろっており、お土産を探すのにぴったりな高知の市町村の特産品が集められている土産ショップもあります。

土佐のおいしい食事のお店が集まっている施設や観光スポットを巡るのに便利なホテルなど、はりまや橋周辺のおすすめ施設4選をご紹介します。

1:木造のアーケードの商店街「はりまや橋商店街」

Photo by senngokujidai4434

「はりまや橋商店街」は高知の観光地としても人気があります。高知特産の木材を使用した木造のアーケードの商店街で、食料品、洋服、雑貨,陶器、食事のお店などいろいろな商店がある便利な商店街です。高知特産のお土産が見つけられます。

「はりまや橋商店街」ではイベントも開催されていて、5月より毎週日曜日に開催されている「よさこい踊り」は必見です。その他、毎週金曜日に開催される「はりまや市」、毎月第3木曜日に行われる「木々クラブ」の歌う会などは参加して楽しめます。

住所 高知市はりまや町1-5-14
電話番号 088-882-4174

2:お土産なら土佐せれくとしょっぷ「てんこす」

Photo by norio_nomura

「てんこす」は高知県の市町村の銘品が集められた観光客に人気のショップです。高知生まれのぼうしパンやお菓子、お酒、杉の木目を生かしたバッグ、土佐和紙の紙製品や雑貨、小物など見ているだけで楽しくなります。

「てんこす」で人気のお土産は、お菓子では芋けんぴやミレービスケット、その他、霧島畑のジンジャーシロップや本格焼酎ダバダ火振などです。お土産を見つけるには最適なお店です。

Photo byluk1004

「てんこす」は高知県の食材をメニューに取り入れたカフェも併設しており、高知のおいしい食事やお茶をするのも最適です。カフェは静かな環境なので、高知の素朴な味のおやつや食事を頬張ればほっこりします。地元の人々にも利用されているお土産屋さんです。

「てんこす」の営業時間は9時から21時、カフェの営業時間11時から16時です。駐車場はありませんので、公共交通機関を利用してください。アクセスは、とさでん交通はりまや橋電停から徒歩約3分で到着です。「てんこす」でお気に入りのお土産品を見つけてください。

住所 高知市帯屋町1-11-40
電話番号 088-855-5411

3:高知名物を食事するなら「ひろめ市場」

Photo by Maarten1979

「ひろめ市場」は高知県のうまいもんが集まった屋台村で、お店は約60軒です。高知名産のカツオのたたきや高知産の野菜やお酒、土佐牛、ジビエ、アヒージョ、ギョーザなどのグルメが集合しています。スイーツも充実しており、黒潮物産の芋けんぴタワーは必見です。

「ひろめ市場」のお会計方法は、お店で食べたい物を買い求め会計後、フリースペースがある場所にて食事ができます。このスペースは相席で地元の方や他の観光客と知り合う事ができ、高知の情報も知る事ができる楽しい場所です。

Photo by alberth2

「ひろめ市場」では自由きままに食事をする事ができるだけでなく、高知名産の藁で焼くカツオのたたきの実演もあり、見て食べて楽しめます。その他、バル料理、お寿司、土佐和牛、クジラ、高知野菜、皿鉢(さわち)料理もあり、豊富な食事のメニューが揃っています。

地酒など珍しいお土産も見つける事ができます。「ひろめ市場」をゆっくり散策しながら、高知ならではのお土産屋や食べ物を探し、フリースペースで食事を楽しんでください。

Photo by sayo-ts

「ひろめ市場」の営業時間は平日・祝日は8時から23時、日曜日は7時からですが、閉店時間は店舗により異なります。

定休日は1月1日と1月・5月・9月の第2・第3水曜日です。ただし、店舗により異なるので事前に確認してください。アクセスは、とさでん交通大橋通電停より徒歩3分です。

住所 高知市帯屋町2-3-1
電話番号 088-822-5287

4:はりまや橋横のホテル「西鉄イン高知はりまや橋」

Photo byTesaPhotography

「はりまや橋」のすぐ横には、ホテル「西鉄イン高知はりまや橋」があります。「はりまや橋」交差点の角にあり、観光、食事、町の散策など、交通手段が便利なビジネスホテルです。

地元の食材を使ったホテルの朝食バイキングが、安くておいしいと人気を集めています。ホテルで出される郷土料理カツオ飯は絶品です。

ホテルには大浴場も併設しており、旅の疲れを落とすには最適です。さらに、1階にはコンビニエンスストアも併設しており、必要な物はホテルにて調達できるので便利です。ホテルのWi-Fiも利用できます。ホテルのお部屋は、清潔で広く使いやすいと好評です。

住所 高知市はりまや町1丁目1-3
電話番号 088-875-5454

高知のひろめ市場は激アツのグルメスポット!女の子だって楽しめちゃう?のイメージ
高知のひろめ市場は激アツのグルメスポット!女の子だって楽しめちゃう?
高知グルメを語る上で外せないのが「ひろめ市場」です。様々な地元名物がいっぺんに楽しめるこのグルメスポットは、お酒好きの高知県民ならではの賑やかワイワイスポットです。昼間からお酒が派手に酌み交わされるひろめ市場には、グルメ以外の様々なお土産も販売しています。
高知へ行くならおすすめしたい路面電車の旅!気になる乗り方は?のイメージ
高知へ行くならおすすめしたい路面電車の旅!気になる乗り方は?
高知に旅行に行くならおすすめしたい移動手段は路面電車です。今回の記事では路面電車の乗り方や料金、路面電車で行けるおすすめの観光スポットなどを紹介していきます。これから高知へ行く方は是非路面電車を使って、旅をしてみてください。

高知の情緒あふれる観光名所「はりまや橋」に行こう

Photo by IMBiblio

高知県は幕末の志士の坂本龍馬、三菱財閥の岩崎弥太郎をはじめ、日本の近代化に尽くした人物が育った歴史ある街です。

「はりまや橋」の秘話や「南国土佐を後にして」の歌碑など、高知の歴史に触れながら、橋周辺の「ひろめ市場」など観光スポットを巡って楽しく過ごし、心に残る旅を演出しましょう。

hareko
ライター

hareko

歩くのが好きで自宅の周辺を散策しながら、四季折々の自然の美しさを感じています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング