札幌朝市おすすめの見どころをご紹介!美味しい朝食や海鮮丼が人気のお店は?

札幌朝市おすすめの見どころをご紹介!美味しい朝食や海鮮丼が人気のお店は?

札幌の朝市についておすすめの見どころを紹介しています。特に朝食や海鮮丼が人気のお店として、札幌市中央卸売市場 場外市場の8店、さっぽろ朝市の6店を紹介しています。この記事で基本情報や楽しむコツを得て、札幌で人気の朝市を楽しみましょう。

記事の目次

  1. 1.海鮮グルメが自慢!「札幌の人気朝市」は2つある!
  2. 2.札幌の朝市・場外市場の「基本情報」
  3. 3.札幌の朝市・場外市場「海鮮丼が美味しいお店」3選
  4. 4.札幌の朝市・場外市場「朝食が人気のお店」2選
  5. 5.札幌の朝市・場外市場「おすすめのお土産店」3選
  6. 6.札幌の朝市・さっぽろ朝市の「基本情報」
  7. 7.札幌の朝市・さっぽろ朝市「海鮮丼の人気店」2選
  8. 8.札幌の朝市・さっぽろ朝市「朝食が人気のお店」2選
  9. 9.札幌の朝市・さっぽろ朝市「おすすめのお土産店」2選
  10. 10.札幌で2つの朝市を「楽しむコツ」
  11. 11.札幌の朝市で人気の海鮮グルメや買い物を楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

海鮮グルメが自慢!「札幌の人気朝市」は2つある!

Photo by veroyama

北海道には各都市に朝市があり、北海道の道庁所在地である札幌にも朝市があります。札幌で人気のある朝市は「札幌市中央卸売市場 場外市場」と「さっぽろ朝市」の2つです。ここでは、この2つの人気朝市について紹介していきます。

「札幌市中央卸売市場 場外市場」とは?

Photo by Chi-Hung Lin

「札幌市中央卸売市場 場外市場」は、隣にある札幌市中央卸売市場から鮮度抜群の食材を仕入れており、格安の料金で鮮度抜群の食材を楽しむことができる市場となっています。場外市場は、10ブロックに分かれており、市場全体で約60店舗の食堂や商店が点在しています。

「さっぽろ朝市」とは?

Photo byanaterate

「さっぽろ朝市」は、上記の「場外市場」と同様、隣にある札幌市中央卸売市場から鮮度抜群の食材を仕入れています。また、水産物や野菜なども卸値で販売しており、市場ならではの飲食や買い物を楽しむことができる市場となっています。市場全体で約40店舗の食堂や商店が点在しています。

Photo by IQRemix

「場外市場」と「さっぽろ朝市」は2つとも札幌市中央卸売市場の隣にある市場です。札幌市中央卸売市場から南に歩いた所に「さっぽろ朝市」があり、さらに南に歩いた所に「場外市場」があります。札幌で人気の朝市である2つの市場をほぼ同時間帯の中で楽しむことができます。

札幌で人気の朝市である2つの市場には、朝市ならではの美味しい海鮮丼、朝食、お土産などがたくさんあり、もちろん見どころとなるポイントもたくさんあります。札幌で人気の朝市である「場外市場」と「さっぽろ朝市」のそれぞれの魅力について、詳しく紹介していきます。

札幌の朝市・場外市場の「基本情報」

Photo by IQRemix

「札幌の朝市・場外市場」は、JR「桑園駅」から徒歩9分、地下鉄東西線「二十四軒駅」から徒歩7分の所にあります。

JR「桑園駅」から向かう場合は、まず西改札口の左出口を出て右折、次に100m先信号の所で左折で到着します。地下鉄東西線「二十四軒駅」から向かう場合は、まず5番出口を出て左折、次に1つ目の信号の所で左折、そして2つ目の信号の所で右折で到着します。

「札幌の朝市・場外市場」には、無料の駐車場が3ヵ所あり、自家用車やレンタカーで向かっても問題ありません。

Photo byjarmoluk

営業時間は、基本的に朝の6時から夕方の17時までとなっています。ただし、飲食店は朝の7時からです。そして、15時頃から営業終了していくお店が増えていく傾向がありますので、早めに行くことをおすすめします。休業日はなく、基本的に年中無休です。

お店によっては営業時間や休業日に変更がある場合があるため、目的としているお店がある場合は事前に営業時間や休業日を調べてから向かうことをおすすめします。

札幌の朝市・場外市場「おすすめの見どころ」

Photo by Richard, enjoy my life!

「札幌の朝市・場外市場」には、札幌市中央卸売市場の近くということもあり、お寿司や海鮮丼などの美味しい朝食のお店が並んでいるというイメージを抱いている人が多いかもしれません。

実は、お寿司や海鮮丼などのお店以外にも、鰻のお店、カレーのお店、中華料理のお店などもあります。また、野菜や果物、お菓子などのお土産を販売しているお店もあり、見どころとなるポイントがたくさんあります。

Photo by flasksrw

また、飲食店や商店以外にも、銭湯「さかえ湯」があり、見どころの1つとなっています。銭湯「さかえ湯」は、450円で入湯でき、温泉ではありませんがゆっくりと過ごすことができます。営業時間は昼の14時から夜の23時までで、定休日は毎週木曜日となっています。

「札幌の朝市・場外市場」には、バリアフリートイレ、コインロッカー、理容店もあります。コインロッカーについては、利用可能時間が7時から15時までとなっているため、コインロッカーを利用するときには時間に注意して下さい。15時を過ぎると翌日まで取り出すことができなくなります。

無料の送迎バスもあり!

Photo by Kentaro Ohno

無料の送迎バスを手配している店舗もあります。「札幌の朝市・場外市場」内の店舗と、札幌駅やホテルとの間を送迎しています。当日の連絡でもお一人様でも利用可能です。ただし、手配している店舗の利用を条件としている場合もあり、利用前に条件などを確認しておくことをおすすめします。

Photo by Richard, enjoy my life!

ここでは、「札幌の朝市・場外市場」のおすすめのお店として、海鮮丼が美味しいお店3店、朝食が人気のお店2店、おすすめのお土産店3店を紹介していきます。

住所 北海道札幌市中央区北11条西21-2-3
電話番号 011-621-7044

札幌の朝市・場外市場「海鮮丼が美味しいお店」3選

Photo by tenz1225

ここでは、「札幌の朝市・場外市場」のおすすめのお店のうち、海鮮丼が美味しいお店3店を紹介していきます。

魚屋の台所 場外市場店

Photo by zenjiro

「魚屋の台所 場外市場店」は、「札幌の朝市・場外市場」の卸売センターの2階にある飲食店です。人通りが少ない所にあるため、向かう途中にこの道で合っているのか不安になる方が多いですが、大丈夫です。

「魚屋の台所 場外市場店」では、おまかせ海鮮丼やうに入りのおまかせ海鮮丼が人気です。この他にも、うに丼、いくら丼、うに・いくら丼もあります。うにが入っていない丼は基本的に2000円で提供しています。うには時価のため、うに入りの丼は変動しますが、基本的に2500円以上です。

さらに、丼以外にも、銀ガレイ定食や真ぼっけ定食を950円で提供しており、こちらも人気メニューとなっています。

フリー写真素材ぱくたそ

「魚屋の台所 場外市場店」は、営業時間は朝の7時からお昼過ぎの14時頃までで、休業日は毎週水曜日となっています。

「魚屋の台所 場外市場店」では、漫画を豊富に揃えており、見どころとなっています。人通りが少ない所にあるため、美味しい海鮮丼を楽しみながら静かにゆっくりと休憩することができ、穴場の飲食店となっています。

住所 北海道札幌市中央区北11条西22-1-26 卸売センター2F
電話番号 011-644-2006

北の漁場2号店

Photo by Tak H.

「北の漁場2号店」は、「札幌の朝市・場外市場」の第八市場にある飲食店です。「札幌の朝市・場外市場」内には、北の漁場の1号店から3号店までの3つの店舗がありますが、そのうちの2号店です。

「北の漁場2号店」では、海鮮おまかせ丼ネタ10点盛という美味しい海鮮丼が人気で、1580円で楽しむことができます。他にも、ミニ海鮮丼、にぎり、お刺身、焼き物、汁物など、様々な料理を豊富に提供しています。汁物の中では、かに汁が人気で、780円で楽しむことができます。

「北の漁場2号店」には大きな水槽があり、その中には浜からあがったばかりの活カニが大量に入っており、見どころにもなっています。大量の活カニの中から選んだ活カニを全国どこにでも送ることができるようになっています。

Photo by JIRCAS

「北の漁場2号店」は、営業時間は朝の7時から夕方の17時頃までで、年中無休となっています。また、無料送迎バスも手配しており、「北の漁場2号店」に向かうときには無料送迎バスを利用するのもいいかもしれません。

住所 北海道札幌市中央区北11条西21丁目 第八市場
電話番号 011-621-8288

定食めし屋

Photo byshyukar

「定食めし屋」は、「札幌の朝市・場外市場」の卸売センター1Fにある飲食店です。美味しい海鮮丼だけでなく、美味しい塩ラーメンも人気のお店となっています。

「定食めし屋」では、朝の7時から11時までのメニューである海鮮四品丼という美味しい海鮮丼が人気です。いくら、サーモン、ほたて、かにの4品が入った丼で、1300円で楽しむことができます。さらに、プラス800円でうにを追加することもでき、大変お得な丼となっています。

「定食めし屋」では、美味しい海鮮丼だけでなく、美味しい塩ラーメンも人気で見どころにもなっており、塩ラーメンを目当てに来店するお客さんも多いです。塩ラーメンは650円で楽しむことができます。

Photo by kaidouminato

「定食めし屋」は、営業時間は朝の7時からお昼過ぎの15時頃までで、休業日は第2水曜日と第4水曜日となっています。

住所 北海道札幌市中央区北11条西22-1-26 卸売センター1F
電話番号 011-615-5354

札幌の朝市・場外市場「朝食が人気のお店」2選

Photo by Kusakabe

ここでは、「札幌の朝市・場外市場」のおすすめのお店のうち、朝食が人気のお店2店を紹介していきます。

お食事 菊水

Photo by hm7hm7

「お食事 菊水」は、「札幌の朝市・場外市場」の北町ブロックAにある飲食店です。家庭的な雰囲気が特徴となっており、美味しい朝食を楽しむのにふさわしいお店となっています。

「お食事 菊水」では、日替わり定食が人気で、680円で楽しむことができます。美味しいお米や新鮮な素材を使っているにもかかわらず、安価で日替わり定食を楽しむことができるお店となっています。美味しい朝食として日替わり定食を注文する方が多いです。

「お食事 菊水」は、営業時間は朝の7時半からお昼過ぎの14時頃までで、休業日は不定休となっています。

住所 北海道札幌市中央区北11条西22-1-1 北町ブロックA
電話番号 011-622-2533

味の二幸(あじのにこう)

Photo by zenjiro

「味の二幸」は、「札幌の朝市・場外市場」の郵便局の近くにある飲食店です。「札幌の朝市・場外市場」で初めて海鮮丼を提供したお店として全国的に広く知られており、美味しい朝食を求めて多くの方が訪れるお店となっています。

「味の二幸」では、毎朝、中央市場で厳選して仕入れた食材で作る海鮮丼が人気で、2500円以上で楽しむことができます。

「味の二幸」は、営業時間は朝の7時半からお昼過ぎの15時頃までで、休業日は水曜不定休となっています。また、事前に予約すれば、18時から21時までの間も入店することができます。

住所 北海道札幌市中央区北10条西21-2-16
電話番号 011-641-8933

札幌の朝市・場外市場「おすすめのお土産店」3選

Photo by くーさん

ここでは、「札幌の朝市・場外市場」のおすすめのお店のうち、おすすめのお土産店3店を紹介していきます。

北海道限定品やお酒・藤本酒店

フリー写真素材ぱくたそ

「藤本酒店」は、「札幌の朝市・場外市場」の総合卸売市場にある酒店です。北海道限定の野菜や果物、お酒を揃えているお店となっています。

「藤本酒店」では、北海道限定の野菜や果物として、じゃがいもやメロンを主に取り扱っています。じゃがいもは自然に枯れてからの収穫、メロンは出荷したばかりのものを取り扱うことにこだわっています。採れたてで非常に美味しい野菜や果物をお土産にすることができます。

なお、「藤本酒店」のメロンは、5月下旬から10月まで、収穫時期によっては11月まで販売しており、「札幌の朝市・場外市場」の中ではトップの販売実績があり、見どころの1つにもなっています。

フリー写真素材ぱくたそ

「藤本酒店」には、厳選された美味しい地酒も豊富に揃えており、こちらも見どころの1つにもなっています。お酒が好きな方には強くおすすめできるお店となっています。

「藤本酒店」では、公式ホームページ上で、オンラインショップを設けています。お店に行けないときには、オンラインショップを利用して、目的のものを買うのもいいかもしれません。

住所 北海道札幌市中央区北11条西21丁目 総合卸売市場
電話番号 011-641-9912

質の良い海鮮などのお土産・佐藤水産

Photo by yosshi

「佐藤水産」は、「札幌の朝市・場外市場」の岡田ブロックにあるお店です。かにのモニュメントが店頭にあり、見どころの1つとなっています。モニュメントの通り、店内にはかにが元気に入っている大きな水槽があり、見どころになっています。

「佐藤水産」では、生の鮭からしか作れず、今や日本一の生珍味とされる「鮭のルイベ漬」が大人気です。マグロの漬よりも美味しいと評判のあるお土産となっています。

「佐藤水産」では、「鮭のルイベ漬」以外にも、鮭といくらで作った珍味である「石狩味」、昔ながらのじっくり発酵で作った「ニシンの切込」、生すじこを佐藤水産オリジナルの製法で一口サイズに漬けた「一口手まりすじこ」も人気のお土産となっています。

Photo by khf_fjs

「佐藤水産」では、上記以外にも、オリジナリティのある美味しい海鮮物を500種類以上も取り扱っており、見どころにもなっています。全ての海産物は、厚生労働省認定の工場で作られたものであるため、安心して安全に楽しむことができるようになっています。

「佐藤水産」で取り扱う海産物は、朝食にも合う海産物が多く、朝食のおかずとして自分に合う海産物を探してみるのもおすすめの楽しみ方となっています。

「佐藤水産」は、営業時間は朝の7時半から夕方の16時までで、元旦以外は年中無休となっています。また、公式ホームページ上で、オンラインショップを設けています。北海道以外からもオンラインショップを通して定期的に購入される方が多いようです。

住所 北海道札幌市中央区北11条西21丁目 岡田ブロック
電話番号 011-614-2525

約700種類の北海道土産・岡田商店

Photo byDaria-Yakovleva

「岡田商店」は、「札幌の朝市・場外市場」の岡田ブロックにあるお店です。北海道限定のお菓子を含めて約700種類のお菓子を扱っており、「札幌の朝市・場外市場」の見どころでもあります。

朝市と聞くと海鮮をイメージする方が多いですが、そのイメージを覆すお店となっています。一見、薄暗いお店となっていますが、店内には約700種類のお菓子が並んでおり、驚かれる方が多いです。在庫管理のために破格処分をすることもあり、一度は訪れることをおすすめします。

「岡田商店」では、店内に喫茶店も併設しています。喫茶店内は、ジャズが常に流れており、日々の疲れも癒してくれる空間となっています。なお、混雑しているときには、セルフサービスとなります。

住所 北海道札幌市中央区北11条西21-2-1 岡田ブロック
電話番号 011-641-2721

札幌の朝市・さっぽろ朝市の「基本情報」

Photo byStockSnap

「札幌の朝市・さっぽろ朝市」は、JR「桑園駅」から徒歩10分、地下鉄東西線「二十四軒駅」から徒歩10分の所にあります。また、JR北海道バス「北11条西20丁目停留所」から徒歩3分の所にもあります。

「札幌の朝市・さっぽろ朝市」には、無料駐車場が1ヵ所ありますが、朝の9時から利用可能となります。自家用車やレンタカーで朝早く向かうときには近くの駐車場を利用することをおすすめします。

営業時間は、基本的に朝の5時から朝の11時までとなっています。休業日は、基本的に毎週日曜日、毎週水曜日、祝日となっています。お店によっては営業時間や休業日に変更がある場合があるため、目的としているお店がある場合は事前に営業時間や休業日を調べてから向かうことをおすすめします。

札幌の朝市・さっぽろ朝市「おすすめの見どころ」

Photo by kagawa_ymg

「札幌の朝市・さっぽろ朝市」も、「札幌の朝市・場外市場」と同様、お寿司や海鮮丼などの美味しい朝食のお店以外にも、野菜や果物、お菓子などのお土産を販売しているお店も多くあり、様々なお店が充実している市場となっています。

Photo by Yuya Tamai

ここでは、「札幌の朝市・さっぽろ朝市」のおすすめのお店として、海鮮丼の人気店2店、朝食が人気のお店2店、おすすめのお土産店2店を紹介していきます。

住所 北海道札幌市中央区北12条西20-1-2
電話番号 011-643-4090

札幌の朝市・さっぽろ朝市「海鮮丼の人気店」2選

Photo by NanakoT

ここでは、「札幌の朝市・さっぽろ朝市」のおすすめのお店のうち、海鮮丼の人気店2店を紹介していきます。

うめぇ堂

Photo by bryan...

「うめぇ堂」は、かにの水産会社が経営するお店であるため、生簀には生きたかにがギッシリつまっており、見どころにもなっています。店内は家庭的な空気を感じられる空間となっており、1人でも気軽に入れるお店となっています。

「うめぇ堂」では、いくら、うに、かにがたっぷりと乗った三色丼という美味しい海鮮丼が人気で、3500円で楽しむことができます。この三色丼には、てっぽう汁と小鉢までついており、海の幸を思う存分に堪能できるものとなっています。

Photo by bryan...

「うめぇ堂」では、三色丼以外にも、かに・いくら丼2300円やかに丼2200円もあり、通常サイズだけでなくハーフサイズもあります。もちろん、てっぽう汁と小鉢もついており、これらのメニューも「うめぇ堂」の人気メニューとなっています。

「うめぇ堂」は、営業時間は朝の7時からお昼過ぎの15時頃までで、休業日は基本的になく年中無休となっています。

住所 北海道札幌市中央区北11条西22-1-26 根室かに市場店
電話番号 011-640-2333

丼兵衛

Photo by Sakura❀

「丼兵衛」は、カウンター7席しかなく、昭和を感じるレトロなお店です。「丼兵衛」は、ワンコインから、新鮮な魚介類を使用することはもちろん、お米と醤油にこだわった本格的な海鮮丼を楽しむことができるお店となっています。

「丼兵衛」では、満足丼という美味しい海鮮丼が人気で、2480円で楽しむことができます。満足丼以外にも、特選さっぽろ朝市丼1480円や本まぐろサーモン丼1480円も人気です。プラス500円でワンランク上の上メニューに変更可能で、プラス100円で大盛に変更可能です。

もちろん、「丼兵衛」の特徴でもある「ワンコインで楽しめる丼」も人気で、海鮮バラちらし丼500円も人気となっています。

Photo by Richard, enjoy my life!

店主によると、「旨い」と感じることの本質を見極めるために実際に市場で働きながら経験を積み、旬な素材を調理するだけではなく、その素材そのものを新鮮な味覚で楽しめる丼を極めていくという強い想いがあってのお店となっているようです。

「丼兵衛」は、営業時間は朝の7時からお昼の13時までで、休業日は毎週日曜、祝日、市場休業日となっています。カウンター7席しかない上に、酢飯やネタがなくなり次第、営業終了となるため、「丼兵衛」に向かうときには早めに向かうことをおすすめします。

住所 北海道札幌市中央区北12条西20-1-20
電話番号 011-614-6533

札幌の朝市・さっぽろ朝市「朝食が人気のお店」2選

Photo by amadeusrecord

ここでは、「札幌の朝市・さっぽろ朝市」のおすすめのお店のうち、朝食が人気のお店2店を紹介していきます。

魚河岸 ひかり寿司

Photo by avlxyz

「魚河岸 ひかり寿司」は、隣の水産会社である光水産直営のお店で、他のお店ではなかなか食べられないキンキやクジラ、季節によっては鮭児などの高級魚まで楽しむことができるお店となっており、見どころのあるお店にもなっています。

「魚河岸 ひかり寿司」では、好きなネタを10貫を注文する特選握りが人気で、2800円で楽しむことができます。ただし、10貫のうち、1種類につき2貫までの制限があります。10貫の中に高級のものを含めても一律2800円であり、美味しい朝食としても大変お得でおすすめのお店となっています。

フリー写真素材ぱくたそ

なお、隣の水産会社である光水産は、海産物を取り扱っており、お土産の購入や全国各地への発送ができるようになっています。美味しい朝食を求めて「魚河岸 ひかり寿司」に立ち寄る前後のタイミングで、光水産で海産物を購入するのもいいかもしれません。

「魚河岸 ひかり寿司」は、営業時間は朝の5時からお昼の13時までで、休業日は毎週日曜、祝日、市場休業日となっています。事前に相談することで、早朝かつ少人数であれば、通常は入れない市場の見学も可能となっています。

住所 北海道札幌市中央区北12条西20-1-20 マルカ卸売センター1F
電話番号 011-612-9810

鮨の魚政

Photo by halfrain

「鮨の魚政」は、カウンター8席だけの小さなお店で、自分で伝票に書いて注文するスタイルのお店となっています。

「鮨の魚政」では、まず青海苔の味噌汁が運ばれて、1貫80円~400円の好きなネタを思う存分に注文していきます。時価も設けていないため、安くて美味しい握りたてのお寿司を朝食で楽しむことができます。シャリも小さめのため、女性や子供にも人気となっています。

「鮨の魚政」は、営業時間は朝の6時からお昼の13時までで、休業日は毎週日曜、祝日、水曜不定休となっています。カウンター8席しかない上に、ネタがなくなり次第、営業終了するため、「鮨の魚政」に向かうときには早めに向かうことをおすすめします。

住所 北海道札幌市中央区北十二条西20-1-20 丸果ビル1F
電話番号 011-644-9914

札幌の朝市・さっぽろ朝市「おすすめのお土産店」2選

Photo byStockSnap

ここでは、「札幌の朝市・さっぽろ朝市」のおすすめのお店のうち、おすすめのお土産店2店を紹介していきます。

手作りのカマボコ・今野食品

Photo by halfrain

「今野食品」は、カマボコを製造販売しているお店で、卸値でカマボコを購入できる朝市ならではのお店となっています。

「今野食品」では、数人の職人がその場で作っており、見どころにもなっています。「今野食品」のカマボコは、フワフワとしていて、魚の味や旨味が強いのが特徴です。1パック500円のパック売りのカマボコが人気です。もちろん、バラ売りもあります。

「今野食品」の店内にはカマボコを食べるスペースはありませんが、食べ歩きできるサイズであるため、出来立てのカマボコを食べ歩きしながら「札幌の朝市・さっぽろ朝市」を楽しむことができます。お土産用だけでなく食べ歩き用にもおすすめのお店となっています。

フリー写真素材ぱくたそ

「今野食品」は、営業時間は朝の5時からお昼前の11時までで、休業日は毎週日曜日、毎週水曜日となっています。年末年始は特に混雑するため、年末年始に向かうときには混雑にも注意しておくといいかもしれません。

住所 北海道札幌市中央区北12条西20-1-2 丸果卸売センター1F
電話番号 011-641-9513

海鮮のお弁当・有限会社 イビ

Photo by 極地狐

「有限会社 イビ」は、「札幌の朝市・さっぽろ朝市」の海鮮のお弁当のお店として人気のお店となっていて、独自の味付けをしたいくらや妥協せずにこだわった酢飯が特徴となっているお店です。

「有限会社 イビ」では、かにめし、親子飯、かにいくらめし、三色飯、五色めしが人気で、どれも540円で楽しむことができます。また、プラス60円で、酢飯を1.5倍にすることもできます。実に様々な海鮮のお弁当を揃えており、見どころともなっています。

「有限会社 イビ」は、営業時間は平日は朝の9時からお昼の13時まで、土曜日は朝の7時からお昼の13時までで、休業日は毎週日曜日、祝日、市場休業日となっています。

住所 北海道札幌市中央区北12条西23-2-7 さっぽろ青果館内
電話番号 011-621-6255

札幌で2つの朝市を「楽しむコツ」

Photo by bizmac

札幌で人気の朝市である「札幌の朝市・場外市場」と「札幌の朝市・さっぽろ朝市」を楽しむには主に3つのコツがあります。1つ目は試食を遠慮しないこと、2つ目は店員さんに気軽に相談すること、3つ目は朝早くに向かうことです。それぞれのコツについて詳しく説明していきます。

Photo by macbsd

1つ目のコツは試食を遠慮しないことです。市場では試食できるお店が多くあります。同じ品目でもお店によって味などが異なることも多いです。様々なお店の商品を試食して、特に同じ品目のものは食べ比べして、自分のお気に入りのものを買うようにすることをおすすめします。

2つ目のコツは店員さんに気軽に相談することです。市場の店員さんのアドバイスは的確です。商品の選び方や美味しい食べ方などを気軽に相談できるようにすると、自分のお気に入りのものに出会いやすくなります。

3つ目のコツは朝早くに向かうことです。朝早くから営業開始し、時間が経てば経つほど商品が売り切れて営業終了していくため、なるべく朝早くに向かうことをおすすめします。

フリー写真素材ぱくたそ

もちろん、上記の3つのコツを全て実施しないと楽しめない、というわけではありません。試食を交渉するのが苦手という方、店員さんに相談するのが苦手という方、朝早くに向かうのが苦手という方は無理をする必要はありません。自分に合う楽しみ方で楽しむのが一番です。

札幌の朝市は「オンライン購入」もできるお店も!

フリー写真素材ぱくたそ

札幌で人気の朝市である「札幌の朝市・場外市場」と「札幌の朝市・さっぽろ朝市」には、オンラインで購入することも可能なお店もあります。当該店舗の公式ホームページからオンライン購入が可能となっています。

札幌で人気の朝市から戻って、再び味わいたいけど札幌へ行く余裕がないと思ったとき、家族や友人に贈りたいと思ったときには、オンラインで直送をお願いするという方法をとってみるのもいいかもしれません。

もちろん、札幌で人気の朝市に一度も行ったことがない方で、この記事を読んで興味が出て一度は朝食のおかずとして味わってみたいと思ったときにも、オンライン購入の利用はおすすめです。

札幌の絶品寿司ランチおすすめ11選!食べ放題や格安の人気店までご紹介のイメージ
札幌の絶品寿司ランチおすすめ11選!食べ放題や格安の人気店までご紹介
札幌といえば、新鮮な海産グルメの宝庫です。札幌には、おいしいお寿司をいただけるランチスポットが、たくさんあります。中には高級お寿司を、食べ放題のお店もあります。今回は、札幌に来たらぜひとも立ち寄ってほしい、お寿司ランチをいただける人気店をご紹介します。

札幌の朝市で人気の海鮮グルメや買い物を楽しもう!

Photo by Tainanian

以上、札幌で人気の朝市として、「札幌の朝市・場外市場」と「札幌の朝市・さっぽろ朝市」の2つの朝市を紹介しました。

札幌へ行ったときには、この記事を参考に自分のお気に入りのお店を探しながら、美味しい海鮮丼、朝食、お土産、そして見どころとなるポイントも堪能しつつ、実に充実した飲食や買い物を楽しんでいきましょう。

shin
ライター

shin

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング