函館の名物「イカ釣り」に挑戦!その場で食べられるおすすめの体験とは?

函館の名物「イカ釣り」に挑戦!その場で食べられるおすすめの体験とは?

函館朝市では、自分で釣ったイカをその場でお造りにして楽しむことができます。イカ釣りで釣り上げた瞬間に威勢よく水しぶきを上げる、新鮮なイカに小さな子どもから大人まで、大興奮です。函館朝市の歴史から、イカ釣りのポイントまで、たっぷりご紹介します。

記事の目次

  1. 1.函館朝市でイカ釣りを体験してみよう!
  2. 2.まずは函館朝市に行ってみよう!
  3. 3.函館朝市でイカ釣りに挑戦!
  4. 4.イカ釣りで釣ったイカを食す!
  5. 5.函館朝市のイカ釣りで注意すること
  6. 6.函館に行ったら早起きしてイカ釣りに挑戦しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

函館朝市でイカ釣りを体験してみよう!

Photo by Vancent Photo

函館といえば函館山や五稜郭タワー、美味しい海鮮が思い浮かびます。その中でも、おすすめの観光スポットは、函館朝市です。美味しい海鮮料理はもちろん、活気ある市場の雰囲気や体験を、お楽しみください。また、屋内施設があるため悪天候でも、訪れることができます。

おすすめの観光スポットである函館朝市の中で、多くのお客で賑わうのは名物の「イカ釣り」です。小さな子どもから大人まで、歓声を上げながら、イカ釣りに挑戦しています。美味しい函館のイカを、自分で釣り上げお造りにして食べるという、最高に楽しい体験ができます。

Photo by Richard, enjoy my life!

また函館は、イカの街としても知られています。函館市の魚としても、イカが制定されています。毎年、イカ漁のシーズンは漁船の灯す漁火(いさりび)が幻想的で、夏の風物詩でもあります。ここではまず函館の名物、イカの美味しさの秘密をご紹介します。

函館のイカはコリッコリ

Photo by jeff~

函館といえば、海鮮丼や寿司などの海産物が有名です。どれも美味しくおすすめですが、イカが、特に絶品と言われています。その理由は、函館が最高のイカ漁場だからです。

日本海周辺で産卵されたスルメイカは、成長しながら北上します。そして、プランクトンが豊富な津軽海峡の荒波にもまれたイカは、函館沖に到着するころ成熟し、最高の状態で水揚げされます。つまり、函館で獲れるイカは、特に美味しいということです。

イカは鮮度が落ちると、甘みやコリコリの食感は失われます。しかし、函館は釣り上げたイカを生け簀から、漁港まで運びます。つまり、イカは生きたまま市場まで辿り着きます。そのため、鮮度が非常に高いです。だからこそ、新鮮で美味しいコリッコリの食感を味わえます。

イカ好きをうならせる透明で歯ごたえのあるイカ

Photo by gtknj

イカのお造りといえば、白いイメージがあります。しかし、鮮度抜群の捌きたてのイカは、お皿が見えるほど、身が透き通っていて、艶があります。そのため、まずその見た目に驚きます。

そして、箸で持ち上げると、ピンッと張りがあり普段との違いが分かります。口に入れると、ねっとりとした食感ではなく、コリッコリの歯ごたえと、甘さが噛むほどに広がります。その味は、まさしく絶品です。イカ好きも納得の、美味しいイカを、函館で味わってください。

まずは函館朝市に行ってみよう!

Photo by Richard, enjoy my life!

それでは、おすすめの観光スポットである函館朝市に、行きましょう。電車でも、車でも、アクセスしやすい立地でとても便利です。また、函館ベイエリアのホテルだと徒歩で、10分~15分で着くことができます。朝のお散歩にもちょうどいい距離でしょう。

函館朝市は海産物だけではなく、野菜や果物などの販売もあります。また、寿司や海鮮丼など新鮮な海の幸が食べられる飲食店も、多く並んでいます。販売店や飲食店など約280店舗が建ち並んでいます。豊富な品揃えだけでなく、人情味あふれる対面販売も魅力のひとつです。

Photo by Richard, enjoy my life!

函館朝市は、1万坪あり、およそサッカーコート4つ分の大きさがある大きな市場です。その歴史は、駅前広場の周辺農家の野菜の立ち売りから始まりました。訪れる前に、函館市場の歴史を振り返ってみましょう。

昭和二十年ごろから始まった朝市

Photo by ai3310X

函館朝市は、昭和20年の戦後、函館周辺の農業生産者の一部が、函館駅前広場の隅で野菜の立ち売りをした事から始まりました。そこから、路上で設営した、露店形態へと変わりました。

その後、函館近郊より、市場から仕入れた鮮魚や乾物を販売する行商人も増えました。それは、市場拡大による混乱が起きるほどでした。そうして、市場がどんどん大きくなっていったのです。

Photo by Richard, enjoy my life!

現在の場所へは、昭和31年に移転しました。そして、生産者が市場を所有し、新たに朝市連合会が誕生しました。今では、年々認知度も高まり、市民の台所と呼ばれるまで、発展しました。現在では、年間約150万人以上の人々が訪れる、函館の定番観光スポットです。

店舗数は約160店舗・周辺店舗を含めると約280店舗

Photo by othree

函館朝市は、大きく4つの施設に分かれています。「函館朝市ひろば」「生産者直売市場」「どんぶり横丁市場」「えきに市場」です。それぞれ、活気にあふれ、歩いているだけでも楽しい雰囲気を味わうことができます。

「函館朝市ひろば」は、2014年にリニューアルオープンしました。綺麗で、おしゃれな雰囲気の中、買い物ができます。海産物から、野菜や花など豊富な品揃えが特徴です。また、広々としたフードコートもあり、軽食からラーメン、海鮮丼等、8店舗の飲食店があります。

Photo by othree

「生産者直売市場」は、「函館朝市ひろば」内の隣にあります。その名の通り、生産者の方が直接販売しています。朝獲れたての新鮮な旬野菜を、お得に買い物ができます。生産者の方から、説明を聞くことができるので、安心して買い物ができます。

「どんぶり横丁」には、美味しい海鮮丼の店舗が19店舗も並び、食欲をそそられます。新鮮な海鮮を使った海鮮丼は、リーズナブルで、見た目も華やかです。さらに、お腹も満たしてくれます。豊富な種類の海鮮丼から、自分にぴったりの海鮮丼が見つけましょう。

Photo by Richard, enjoy my life!

最後は「えきに市場」です。ここで、名物の「イカ釣り」に挑戦できます。安くて新鮮な海鮮物から、乾物やお土産等、活気ある雰囲気に包まれています。市場になかは、磯の香りも漂い、市場らしい雰囲気が味わえます。食堂では、海鮮丼や定食メニューも、揃っています。

函館朝市は、とても大きく圧巻の店舗数ですが、どこも人情味あふれる温かい接客です。食べ歩きしたり、お土産を探したり、楽しい時間を過ごしましょう。また、店にもよりますが、14時過ぎには閉まります。目的に合わせて、計画的に移動することがポイントです。

アクセス

Photo by Tainanian

JRをご利用の方は、JR函館駅より徒歩約1分です。函館市営電車をご利用の方は、函館駅前電停より徒歩約2分です。函館朝市は、とても大きな市場で、建物も大きく分かりやすいです。平日でも、多くの方で賑わっているので、迷うことはないでしょう。

車の場合、函館市内から函館朝市まで、約10分です。周辺には、約350台分の駐車場があり、車でも安心です。函館朝市第1駐車場または提携駐車場の利用で、函館朝市協同組合連合会加盟店の1店舗2100円以上のお買い物すると、1時間無料のサービスがあります。

Photo by othree

店舗や施設にもよりますが、年中無休で1月~4月は6時~14時過ぎまで営業しています。また、5月~12月は、5時~14時過ぎまでです。人気の商品や店舗は、午前中には売り切れたり、お店が閉まることもあるので、早めに来ることをおすすめします。

住所 北海道函館市若松町9-19
電話番号 0120-858-313

函館朝市でイカ釣りに挑戦!

Photo by othree

それでは、いよいよ函館朝市の名物である、イカ釣り体験に挑戦です。水槽で泳ぐ朝獲れたての新鮮なイカに、小さな子どもも大人も大興奮すること間違いなしです。

ここでは、イカ釣り体験の価格やイカ釣りのポイントなどを、ご紹介します。せっかく、函館朝市名物のイカ釣りに挑戦するならば、お得に楽しい体験にしましょう。そして、美味しいイカを釣り上げて、堪能してください。

駅二名物「活いか釣堀」

Photo by veroyama

「活きイカ釣堀」は、自分で釣ったイカをその場ですぐに、お造りにして食べることができる、えきに広場の名物です。美味しい函館のイカを、自分で釣って食べると、なお美味しく感じます。

名物「活きイカ釣堀」は、えきに市場内、中央に位置し、大きな水槽が目印です。水槽の中には、朝獲れたてのイカが元気に泳ぎまわっています。気軽にイカ釣りを体験できるということで、平日でも多くのお客で賑わっています。

Photo by othree

受付を済ませ、専用の釣り竿を借りたら、イカ釣りを始めましょう。店員さんも、丁寧に教えてくれるので、釣り経験のない方にもおすすめです。大きな水槽は、小さなお子様でも挑戦しやすい高さです。朝早起きして、行く価値ありです。

料金は市場価格と連動

フリー写真素材ぱくたそ

イカは、毎朝獲れたてのため、価格も変動します。時価で、500円~1500円程度です。えきに広場の入口の看板下に、毎日価格の記載があるので、チェックしましょう。約1000円前後で、獲れたての美味しいイカを味わうことができるので、コスパ抜群です。

また、イカ釣りの体験価格は、イカの大きさではなく、1杯単位の価格です。水槽の中で泳ぐイカは、大きさもバラバラです。ぜひ、大きめで活きのいいイカを狙って挑戦しましょう。

イカのミミを狙おう

Photo by Richard, enjoy my life!

イカ釣りのポイントは、イカのミミの部分(エンペラ)を狙うことです。ほかの部位を狙ってしまうと、水や墨をかけられる可能性も上がってしまいます。ぜひ、釣り上げる際は、イカのミミの部分(エンペラ)を狙うことがおすすめです。

また、大きく活きのいいイカは、泳ぐのも早いです。ぜひ、目をこらし、ミミの部分(エンペラ)の狙いを定めて、釣り針をひっかけましょう。

狙ったイカが釣れると、店員さんがバケツを用意してくれ、針を外してくれます。餌ではなく、イカに引っかけて、釣り上げるだけなので、小さな子どもでも楽しく挑戦できます。

イカ釣り体験をするとクジがもらえる

Photo by yto

「活イカ釣堀」では、イカ釣り1回の体験で、クジを引くことができます。くじ引きの中身は、えきに広場で利用できる買い物券です。金額は、引いてからのお楽しみです。ぜひ、お買い物前にイカ釣りに挑戦して、お得にお買い物しましょう。

イカ釣りで釣ったイカを食す!

Photo by Kossy@FINEDAYS

「活きイカ釣堀」では、水槽横にイートインスペースがあるので、捌きたての新鮮なお造りをすぐに食べることができます。テーブルに置いてあるお醤油を用意して、新鮮なイカを新鮮なうちに食べましょう。

北海道では、イカのわたをゴロと呼び、イカ焼きにも使うほど親しまれています。釣り上げたイカも、新鮮そのものの為、胴体、ゲソ、わたまですべて頂くことができます。ここでは、函館の新鮮な活きイカならではの、美味しい食べ方もご紹介します。

店員さんがお造りにしてくれる

Photo by othree

釣れたイカは、店員さんがすぐにお造りにしてくれます。その速さは、まさしく職人技です。目の前で、お造りにしてくれるので、その速さと、包丁さばきにも注目です。あっという間に、お皿に盛られたイカは、まだ動いているほど新鮮です。

そして、新鮮だからこそ味わえる、コリコリとした食感と甘みは、たまらない美味しさです。また、イカのゲソは、口に入れると舌に吸い付きます。子どもにも大人にも、喜ばれること間違いなしです。

このわた醤油が美味しい

Photo by emiemihuimei

釣り上げたイカは、1杯まるごとお造りにしてくれます。そのため、イカのわたも、一緒に食べることができます。イカのわたは、主にイカの塩辛に使われる部位で、生臭いイメージがあります。しかし、鮮度抜群のわたは全く生臭くありません。

このイカのわたを、醤油に溶かしましょう。そのわた醤油につけて、イカを食べると、さらに美味しさが増します。イカの凝縮した旨みは、驚くほど美味しいです。新鮮なイカを、すぐにお造りにしているからこそできる、食べ方です。ぜひ、お試しください。

函館朝市のイカ釣りで注意すること

Photo by USIO Design Project

名物イカ釣りは、楽しく美味しい最高の体験です。しかし、イカを釣り上げるときに注意することや、大人気なイカ釣りだからこそ、注意することがいくつかあります。しっかりと対策をして、挑戦しましょう。

汚れてもいい服装で行くのがおすすめ

Photo by "KIUKO"

水槽で泳ぐイカは、新鮮ゆえに、釣り上げた際水や墨をかけられる恐れがあります。水をかけらると、びしょ濡れになるほどです。自分の釣り上げたイカではなく、ほかの方が釣り上げたイカから水をかけられる可能性もあります。

また、墨だった場合、洗濯しても落ちにくく、気分も落ち込みます。楽しい体験にするためにも、汚れてもいい服装で挑戦することをおすすめします。予期せぬイカからの攻撃から、身を守りましょう。

Photo byfalco

特に、小さい子どもは、水槽やイカに近づいてしまい、濡れてしまうかもしれません。大きめのタオルや着替えがあると、なお安心でしょう。

時間帯によってはイカが売り切れてしまうことも

Photo by othree

朝、開店と同時に賑わう名物のイカ釣りは、早めに行くことをおすすめします。それは、イカ釣りが売り切れ次第終了だからです。平日でも、朝から行列ができており、休日には朝のうちに売り切れることもあるそうです。

函館朝市の名物イカ釣りは、地元の方から観光客の方まで、大人気です。せっかく、行ったのに売り切れで挑戦できなかった、ということがないように、余裕をもって行きましょう。

函館に行ったら早起きしてイカ釣りに挑戦しよう!

Photo by 海爾渥 / Hairworm

函館朝市の名物「イカ釣り」は、子どもさんから大人まで、幅広い年代の方が楽しめておすすめです。

がんばっていつもよりも早起きして、イカ釣りに挑戦してみてください。きっと、忘れられない思い出となるでしょう。ぜひ、函館の美味しいイカと、自分で釣り上げる快感を味わってみてください。

田中じゅり
ライター

田中じゅり

ご覧いただきありがとうございます!神戸出身の田中じゅりです。休日は子どもと一緒にお出かけし、アクティブに過ごしています。旅行や美味しいものを食べることが大好きで、リサーチしている時間も楽しいです。読者の方々にも、行ってみたい!食べてみたい!をたくさんお届けできるように頑張ります。よろしくお願いします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング