北海道旅行10月ならここがおすすめ!気温情報や旬のグルメもご紹介

北海道旅行10月ならここがおすすめ!気温情報や旬のグルメもご紹介

旅行気分高まる10月、雄大な自然広がる北海道の秋は見どころいっぱいです。10月の北海道旅行を考えている方に、気温やおすすめの観光スポットやグルメなど、耳寄りな情報をお届けします。旅行前に気温情報などもしっかり収集して、楽しい旅に向けて準備しておきましょう。

記事の目次

  1. 1.10月だからこそ行きたい北海道旅行!
  2. 2.10月の北海道の気温は?
  3. 3.10月の北海道旅行の服装は?
  4. 4.10月の北海道でおすすめの観光地
  5. 5.10月の北海道で行われるイベント情報
  6. 6.10月の北海道で味わえる絶品グルメ
  7. 7.北海道の10月旅行で魅力を再発見!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

10月だからこそ行きたい北海道旅行!

Photo bycocoparisienne

秋といえば、グルメもよし、紅葉の景色もよし、お祭りや文化的な行事も目白押し、というように旅行に最適な季節です。そんな10月だからこそ行きたい北海道旅行のおすすめ情報をご紹介していきます。

北海道は一年を通してグルメも観光スポットもイベントも満載の人気の旅行先です。雄大な自然広がる北の大地では、10月には紅葉のピークを迎え、別格の絶景をお楽しみいただけます。涼を求めて北海道を訪れた観光客も一段落し、比較的ゆっくり観光することができます。

10月の北海道はすでに秋

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

北海道の秋は足早にやって来ます。8月を過ぎると気温も下がり始め、大自然が見せる表情も移り変わっていきます。10月の北海道は美しい紅葉や秋の味覚を楽しめる絶好の季節となりますが、中旬下旬ころになると結構寒く、初雪が観測される時期になります。

そう、秋は深まり一気に晩秋を迎え、冬支度へ向かっていくのが北海道の10月です。本州ではまだ暑さ残る10月初旬ですが、北海道では、紅葉の見ごろとなり、観光スポットでは秋の風景を存分に楽しむことができます。

ピーク時よりゆっくり観光ができる

Photo by i-saint

一年を通して人気の旅行先であるのが北海道です。冬は雪まつりやウインタースポーツを目的に、6月は梅雨のない爽やかで快適な気候を過ごすために人々は北海道に訪れます。そしてもっとも来訪者が多いといわれるのが涼を求めての夏の北海道です。

夏休みの観光シーズンを過ぎた10月は、ゆっくりと観光を楽しむことができます。赤や黄色の木々で彩られる雄大な山々そびえる景勝地、人気のレジャースポットや実りの秋グルメ、人で賑わうお祭りなどのイベントも満載で、旅行にはもってこいの季節なのです。

秋の北海道の見どころをふんだんに盛り込んだ旅行プランを立てられるよう、おすすめ情報をどんどんご紹介していきます。

10月の北海道の気温は?

フリー写真素材ぱくたそ

気になるのは10月の北海道の気温です。寒さに震えていては旅行の楽しさは半減してしまいます。最北の地だけに気温情報をしっかり把握して、服装や持ち物などの準備をしておく必要があります。

北海道は広く、道内でも場所によって気温差がかなりあります。また、標高の高低によっても気温差が生まれてくるので目的地に応じた服装の準備をしておきましょう。

札幌の平均気温

Photo byulleo

まずは主要都市、札幌の気温情報を見ていきましょう。10月の札幌の平均気温と東京の気温とを比較してみるとわかりやすいです。

10月の札幌の平均最高気温は約15℃、平均最低気温は約7℃です。この時期の東京は平均最高気温約22℃と平均最低気温15℃ですから、札幌の方が気温が低いのは当然ですが注意すべきは朝晩の冷え込みです。

この平均気温は平野部の札幌ですから、北東部や山間部だとさらに気温は下がります。また、初雪が降り始める時期ですから、冬用タイヤへの履き替えの時期にもなります。ドライブ予定の方は冬用タイヤ装着情報の確認もしておくとよいでしょう。

10月の北海道旅行の服装は?

Photo bycocoparisienne

旅行先で快適に過ごすには、服装は重要なポイントです。10月といえども目的地は最北の地、北海道です。寒さに震えて観光が楽しめないなんてことがないように、平均気温を参考に万全の準備をしておく必要があります。

日差しのある日中は、トレンチコートやパーカーなどの薄手のジャケットなどでも事足りますが、朝晩はかなり冷え込むので中に厚手のニットなどを着て温度調節をして下さい。

日中と夜の寒暖差に気を付けた服装を

Photo byMariaGodfrida

旅行先の天候や、気温の変化に対応できるように基本は温度調節しやすい服装を用意していくのがベストです。夜景を見るなど長時間屋外で過ごす予定がある場合は、マフラーや手袋を持参するが良いでしょう。

本州の11月から12月の服装を意識して準備されるとよいでしょう。なんせ広いのが北海道です。地域によっては寒暖差がとても大きく、朝夕の冷え込みがいっそう厳しい場所もあるので、暖をとれるよう準備は万全にしておくのがおすすめです。

アウターは複数持っていこう

Photo byjackmac34

山間部や海岸沿いでは風が強く、特に寒く感じることが多いと思います。旅行ではアウターが複数あると便利です。カーディガンやウルトラライトダウンのような中にも着込めるアウターを用意して、重ね着することをおすすめします。

ヒートテックなどの肌着もおすすめです。天候や時間によって調節するのが良いでしょう。また、マフラーや手袋、ニット帽などの冬用小物があると、とても重宝します。カバンに入れて持ち歩くといいでしょう。

10月の北海道でおすすめの観光地

Photo by TW Chang

四季折々、魅力あふれる北海道ですが、10月にこそおすすめしたい観光スポットをご紹介していきます。北海道ならではの雄大な自然、神秘的な美しさ、また厳しい自然の中に生まれる絶景をお楽しみいただけます。冬を目前にした10月の北海道は見事な景色が広がります。

自然の神秘である雲海の景色や、広大な丘陵地帯に咲き誇る色とりどりの花、雄大な山々の紅葉した姿など、秋の北海道には見ごたえたっぷりの絶景が待っています。

トマムの「雲海」

Photo by Kentaro Ohno

トマムの雲海は「苫冠村」のリゾート複合施設「星野リゾートトマム」で見ることができます。この場所の雲海のベストシーズンは5月中旬から10月中旬までと言われているので、10月の北海道旅行では比較的高い確率で雲海をご覧いただくことができます。

トマムの施設内には絶景雲海スポットとして名高い「雲海テラス」があります。標高1088mの「雲海テラス」へはゴンドラに乗って向かいます。運が良ければ朝日と雲海の幻想的で神々しい絶景をお楽しみいただけます。

Photo by ume-y

山の斜面からせり出すように作られている「クラウドウォーク」や「スカイウエッジ」などと呼ばれる展望スポット、雨粒をイメージしたクッションが置かれた「クラウドベッド」などもあり、様々な角度からのダイナミックな雲海の景色を楽しむことができます。

トマムの雲海スポットは展望施設もさることながら、地形の条件に恵まれた場所であるため、雲海の種類が多いことも人気の理由です。10月におすすめの観光スポットです。

住所 北海道勇払郡苫冠村字中トマム
電話番号 0167-38-2111

美瑛の「パッチワークの丘」

Photo byKoheiTanaka

美瑛の「パッチワークの丘」は北海道上川郡美瑛町にある、丘陵地帯一面に広がる鮮やかな花畑が有名な観光スポットです。十勝岳連峰を背景に広がるなだらかな丘は、広大な北海道の自然を感じながら四季折々の景色を楽しめます。

広大な敷地には色とりどりの花が植えられて、丘陵は鮮やかなパッチワークのようで、青い空とのコントラストは見事です。10月に咲く花々は夏同様に色鮮やかです。赤や黄色の花々が秋の空と、紅葉した十勝連峰に負けじと咲き誇り、SNS映えの写真スポットです。

住所 北海道上川郡美瑛町字大村
電話番号 0166-92-4378

美瑛の「白金青い池」

Photo bytakemigi

北海道上川郡美瑛町にある「白金の青い池」は水面が青く見える不思議な池で、立ち枯れたカラマツとの景色が幻想的だといわれる人気の観光スポットです。

美瑛町の北側に位置し、前述のパッチワークの丘から車で20分くらいの場所にあります。もともとは十勝岳の火山泥流災害防止のために作られた堰堤で人工の池でしたが、この池に流れる美瑛川の成分と滝水成分が混ざり発生した成分が、池の水を青く見せています。

10月には紅葉した山の木々が青い池の水面に映り込み、ほかの季節にはない、見事な秋の絶景を見せてくれます。

住所 北海道上川郡美瑛町字白金
電話番号 0166-94-3355

札幌の「藻岩山」

Photo by yuko_ppp2501

札幌市南西部に位置する「藻岩山」は標高531mです。決して高くはありませんが、北側の森林には天然記念物に指定されている原生林があり、自然豊かな美しい山です。10月の藻岩山の展望台からは、紅葉した原生林と札幌を一望できる大パノラマが広がります。

藻岩山にはクマゲラ、シジュウカラ、エゾリス、キタキツネ、エゾフクロウなど様々な生物が生息し、秋には紅葉した山にムクドリが群れます。

Photo by extreme_toyzz

藻岩山からの夜景は「日本新三大夜景」に選ばれていて、きらびやかな圧倒的なスケールの夜景をご覧いただけます。札幌に来たからにはぜひ立ち寄っていただきたいおすすめスポットです。

大雪山の「大雪山国立公園」

Photo by i-saint

大雪山国立公園は、北海道中央部に位置する大屋根どころです。北海道最高峰の旭岳を主峰とする大雪山火山群をはじめ、十勝岳連峰、石狩岳連峰の雄大な山々一帯が国立公園に指定されています。

高山帯はアイヌの人々に「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と称された美しい景観が広がっています。山麓部には針葉樹と広葉樹の広大な樹林帯があります。例年だと紅葉シーズンは9月下旬から始まり10月頃には見ごろを迎えます。

Photo by i-saint

特に十勝岳展望台は10月北海道おすすめの紅葉スポットです。周辺には散歩道もあるので、色鮮やかな紅葉をみながらゆっくり散策することができます。

住所 北海道上川郡上川町
電話番号

10月の北海道で行われるイベント情報

フリー写真素材ぱくたそ

秋の北海道旅行に行くからには、その時期のイベント情報や旬のグルメ情報をチェックして、プランに組み込めばより一層実り多き旅となるでしょう。ここには、ほかの地域では味わえないイベントがあるからです。

広大な自然を生かしたイベントや、海の幸と山の幸の豊富な北海道のグルメを楽しめるイベントなど、10月の北海道もイベントが満載です。イベント情報をご紹介していくのでぜひ参考にして下さい。

「洞爺湖ロングラン花火」

Photo by othree

「洞爺湖ロングラン花火大会」は毎年洞爺湖で開催されている花火大会です。この花火大会はロングランという名称通り、開催期間が長いのが特長です。毎年4月下旬から10月下旬までの期間、毎日20時45分から20分間、洞爺湖に大輪の花火が打ち上がります。

北海道最大規模のロングラン花火大会として知られ、毎日花火が打ち上げられることで、混雑なくゆったりと湖上の夜空を彩る花火を観賞することができます。特におすすめなのは水中花火で、扇形の花火が湖面を照らしながら、夜空に光を描いていく姿は必見です。

10月の北海道旅行で洞爺湖観光を考えられている方には、プランに入れてご覧いただきたい夜のイベントです。

「池田町秋のワインまつり」

Photo by veroyama

毎年10月の第一日曜日に開催される「秋のワイン祭り」はぶどうの収穫とワインの仕込みを祝う大きなお祭りです。十勝池田ワイン城の横のイベント会場で行われ、来訪者は5000人を超える人気の味覚イベントです。

十勝ワインの飲み放題、アルコールが飲めない方にはワイン祭り特製のぶどうジュースが用意されています。さらに道産牛の炭焼き肉の食べ放題や元祖牛の丸焼きまであって、十勝池田のグルメを堪能できます。

Photo byPhotoMIX-Company

「池田町秋のワイン祭り」は完全チケット制になっていますので、事前にチケットを購入するようご注意下さい。池田町観光協会等で販売されていますが、ネットやコンビニでも購入可能です。北海道グルメを味わいたい方におすすめの秋の味覚イベントです。

住所 北海道中川郡池田町字清見83-3
電話番号 015-572-2286

「あっけし牡蠣まつり」

Photo by 池田隆一

北海道道東に位置する厚岸町といえば漁業が盛んな町で牡蠣が有名です。厚岸という地名はアイヌ語の「アッケケシ」からきていて「牡蠣のとれるところ」という由来によるそうです。

厚岸の牡蠣は有数の品質を保ち、特に「カキエモン」という高級ブランド品種はここならではの美味しさです。「あっけし牡蠣まつり」ではこの高級牡蠣もいただくことができます。

毎年10月上旬の10日間ほど、子野日公園で開催されます。牡蠣をはじめ、あさり、さんま、帆立なども販売されて、出店で買った海産物をその場で焼いて食べることもできます。海産物つかみ取りのイベントもあり、絶品グルメを楽しめるお祭りとなっています。

住所 北海道厚岸郡厚岸町奔渡9-6
電話番号 0153-52-3131

「夕張もみじ祭り」

Photo byshell_ghostcage

北海道夕張市では毎年10月中旬の土日に、滝の上公園で「夕張もみじ祭り」が開催されます。夕張市の紅葉の絶景ポイントとして有名で公園内の千鳥ヶ滝や竜仙峡は見事なビュースポットです。渓谷と紅葉の、美しい景色の組み合わせをご覧いただけます。

会場では秋の味覚を味わうことができ、音楽イベントやゲームが行われ、夕張の紅葉を満喫することができます。

住所 北海道夕張市滝ノ上97番地
電話番号 0123-57-7651

「まりも祭り・千本タイマツ」

Photo by bryan...

「まりも祭り」は10月中旬の3日間、阿寒湖畔で開催されるお祭りです。アイヌの人々が湖の妖精として大切にしてきたまりもは、天然記念物に指定されながらも乱獲され絶滅の危機に瀕していました。まりも保護の目的で、アイヌ伝統の儀式で執り行われます。

まりもを迎える儀式やまりもを送る儀式など、神々しく行われるお祭りで、アイヌ伝統の装束や舞踊なども見ることができ、自然と共存する大切さを感じます。

Photo by nikunoki

「千本たいまつ」はまりもを育む阿寒湖の自然を守ろうとする願いを灯にし、北の大地に感謝のタイマツを捧げるイベントです。9月から10月下旬のまりも祭りを除いて毎晩おこなわれ、無料で誰でも参加できます。数に限りがあるので早めの申し込みが必要です。

Photo by patchanism

阿寒湖温泉街ではアイヌの酋長を先頭にタイマツの炎が行進によって揺らめき、とても幻想的です。北海道ならではのおすすめのイベント情報ですから、ぜひプランに入れてみて下さい。

住所 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
電話番号 0154-67-2505(阿寒観光振興課)

10月の北海道で味わえる絶品グルメ

Photo byRitaE

北海道といえばグルメの宝庫です。豊かな自然の恵みによって、山の幸から海の幸、そして乳製品からスイーツまで何もかも美味しくいただける北の大地です。実りの秋10月、この時期のおすすめグルメをご紹介していきます。

ここでは秋に旬を迎える海の幸を、さらにさらに美味しく召し上がっていただけるような情報をお伝えしていきます。新鮮な海産物でお腹いっぱいになって下さい。

「ししゃも」

Photo by sabamiso

1年中美味しいものが食べられる北海道ですが、10月に食べたいおすすめグルメは「ししゃも」です。「ししゃも」は実は北海道太平洋沿岸部でしか獲れない魚なのです。普段食卓に並んでいるのは、ししゃもとは別物の比較的安価なカラフトシシャモです。

ししゃもは10月から11月中旬のわずかな期間だけ漁獲されます。本物のししゃもは秋になると海から川に遡上し、うろこが大きく丸みがあり、価格も風味も食感もかなり違います。

北海道南部にある「むかわ町」はししゃもの町として有名で、この時期は生のししゃもを求めて観光客多くの観光客が訪れます。特に旬のししゃものお寿司は絶品ですから、ぜひ味わってみて下さい。

「イクラ」

Photo by ajari

「イクラ」は北海道を代表する人気の海の幸です。北海道のグルメスポットでイクラ丼を注文すれば、溢れんばかりの山盛りのイクラに釘付けになります。そんなイクラの旬の時期は鮭と同じで、9月~11月になります。

産卵のために北海道に戻ってきた鮭を秋鮭とよび、秋鮭の遡上が始まる9月からイクラ作りが始まります。イクラは成熟した鮭の卵をバラバラにしたものです。一粒一粒のプチプチとした食感があります。北海道のイクラ生産量は全国で一位を誇ります。

イクラは冷凍保存されるのでどの季節でも食べられますが、生のイクラをいただけるのはこの時期だけになります。10月の北海道旅行では獲れたて旬のイクラを味わってみて下さい。

「秋鮭」

Photo byadoproducciones

川で生まれた鮭は海へ下り、大きく成長してまた川に戻ってきます。産卵のために戻ってくるのは9月から10月で、この時期に漁獲された鮭が秋鮭です。ちなみに時鮭は5月から8月に漁獲される鮭のことで、時期を間違って来たという意味からこう呼ばれます。

鮭の漁獲量第一位はもちろん北海道です。秋鮭は赤身の色が薄く、身は脂身が少なくさっぱりしているのが特徴です。秋鮭を使った北海道の郷土料理として有名なのは、石狩鍋やちゃんちゃん焼き、三平汁などがあるので、ぜひ旬の秋鮭グルメを満喫して下さい。

「牡蠣」

フリー写真素材ぱくたそ

北海道から九州まで、全国で養殖が盛んに行われている牡蠣について、北海道牡蠣の情報をお伝えしていきます。北海道の牡蠣の名産地は厚岸町です。ここは一年中牡蠣を出荷できるという名産地です。中でも8月から10月はクリーミーな牡蠣の食感を味わうことができます。

10月に北海道を訪れるなら、前述でご紹介した「あっけし牡蠣まつり」で牡蠣をいただくのがおすすめです。厚岸で育った牡蠣は旨みが濃くて甘みがあり、生はもちろん、焼いても蒸しても美味しいです。

「ボタン海老」

Photo by is_kyoto_jp

「ボタン海老」の正式名称は「トヤマエビ」といい、北海道沖に広く分布しています。濃厚な甘さがあり、北海道で水揚げされるエビの中でも最高級のエビで、北海道でしか味わえない美味しさです。

北海道を代表する味覚のボタン海老は一年中食べることができますが、生のボタン海老の旬は秋から春にかけてと言われています。ボタン海老は生まれたときは全てオスで、成長過程で性転換しメスへと変化していきます。大きくて食べ応えがあるのはメスになります。

旬のボタン海老は刺身や寿司ネタとして食べるのがおすすめですが、天ぷらや塩焼きも美味しいです。

北海道の10月旅行で魅力を再発見!

フリー写真素材ぱくたそ

どの季節、いつ来ても楽しめる北海道旅行ですが、10月の北海道は本当に魅力がいっぱいです。秋の紅葉シーズンは日本中が旅行ベストシーズンになりますが、北海道は紅葉だけではありません。

もちろん、秋色に彩られた絶景スポットが数ある中で、お祭りイベントやグルメまで存分に楽しめるのが北海道の魅力です。10月の北海道旅行を選ばれたのなら、ぜひおすすめ情報を参考にプランを立ててみて下さい。

nakayamakyo9
ライター

nakayamakyo9

広島在住ライターです。旅行やグルメに興味があり、事前にしっかり調査してプランを練るのが楽しみです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング