遠野のおすすめ観光名所29選!日本の原風景が残る「民話の里」へ!

遠野のおすすめ観光名所29選!日本の原風景が残る「民話の里」へ!

岩手県・遠野市は多くの伝説が残る民話の里です。カッパ淵や遠野ふるさと村など多くの観光名所があり、東北を代表する観光地として有名です。のどかな農村や山々の自然風景は日本の原風景といえます。今回は、遠野でおすすめの観光名所を選りすぐってご紹介します。

記事の目次

  1. 1.民話の里「遠野」を観光
  2. 2.「遠野物語」
  3. 3.遠野の人気観光地・5選
  4. 4.遠野のおすすめ観光名所・5選
  5. 5.遠野の穴場観光スポット・5選
  6. 6.遠野のインスタ映え観光スポット・5選
  7. 7.遠野でおすすめのイベント・4選
  8. 8.遠野観光の合間に食事休憩・5選
  9. 9.遠野観光は徒歩やレンタカーがおすすめ

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

民話の里「遠野」を観光

フリー写真素材ぱくたそ

遠野は岩手県の内陸部に位置する町です。古くからこの地に伝わるさまざまな伝説があり、そのひとつひとつが今でも遠野の民話として語り継がれています。民話にゆかりのある観光名所も数々あり、ストーリーと重ねながら伝説の世界を観光できます。

また、遠野には日本の故郷ともいえる美しい風景があります。緑豊かな山々や森、田園や畑、清らかな川は現代ということを忘れてしまうほど手つかずのままです。大河ドラマの撮影にも使われるほど貴重な風景がたくさんあります。

Photo by y_katsuuu

南部曲がり家、馬の里、歴史ある神社仏閣などの観光名所で遠野の魅力や民話の世界を感じてみてはいかがでしょうか。その際はレンタカーが便利です。

遠野ってどこにあるの?

Photo by rail02000

余分な観光地化がされていない素朴な姿がありのまま存在しているのが遠野の魅力です。鍋倉城の城下町でもあった遠野には今でもいたるところに城下町らしさが残されています。美しい遠野を観光するにはレンタカーがスムーズです。

遠野は岩手県内陸の南東部に位置しており、内陸部中心部の花巻市・北上市と三陸の釜石市の間にあります。岩手では2番目に高い名峰早池峰山と北上川の支流である美しい猿ヶ石川に包まれた盆地です。南東部なので少し足を延ばせば三陸の海です。

伝承好きな女子にはぜひ行って欲しい町

Photo by uetchy

遠野には古くからカッパや座敷童、オシラサマなど不思議で興味深い伝承が多々残されています。幾つかの観光名所には、民話を話し聞かせてくれる語り部がいます。遠野昔話語り部の会では、イベントや各施設で観光客に民話を伝えています。

とおの物語の館、遠野ふるさと村、伝承園などの観光地では、語り部のほか遠野のさまざまな昔話の世界にふれることができます。民話の舞台となった名所を訪ね、現地で語りを聴ける体験もあるので、伝承好きな方にぜひおすすめしたい町です。

Photo byPexels

観光地は距離が離れている場合もあるので、車がない方はレンタカーで巡りましょう。遠野駅周辺には幾つかレンタカーの営業所があります。

「遠野物語」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

遠野で生まれ育った民話研究家、佐々木喜善から語り伝えられた説話を柳田國男が書き記したのが「遠野物語」です。1910年に発行され、日本の民族学に関わる偉大な文学作品として話題になりました。長・短合わせて100以上のストーリーがあります。

遠野の信仰に関わるオシラサマや、妖怪カッパや天狗の伝説など、遠野に伝わる悲しく不思議で怪異な出来事が忠実に記されています。一話一話に込められた柳田國男の遠野に対する愛情ある文章も印象的です。情景が浮かぶような読み応えのある作品です。

Photo byFree-Photos

観光名所には遠野物語に関わるスポットが多いため、より楽しい観光になるよう遠野物語に目を通してみるのもおすすめです。

柳田國男

Photo byDariuszSankowski

遠野物語の著者である柳田國男は、1875年兵庫県に生まれました。東京帝大を卒業後農商務省で重要ポストを務め、やがて朝日新聞社の客員となり日本中を旅しながら各地の伝承や民族について調査し、「後狩詞記」、「郷土研究」などを刊行しました。

1932年に朝日新聞社を辞職し、日本民俗学会を自ら創設し民族学に専念しました。民俗学者として数々の著書を発行し、文化勲章受章、勲一等旭日大綬章の実績があります。昭和37年8月、87歳で死去するまで民俗学に多大な功績を残しました。

遠野の人気観光地・5選

Photo byPexels

文豪たちに「心のふるさと」と称されていた遠野は、懐かしい日本がある場所です。地元の人々は遠野の自然や文化、伝統を大切に守りながら、美しいふるさと遠野と生きてきました。そんな日本原風景がある遠野は多くの人々に愛される観光地です。

近代化されていない自然体の姿は人の心に温もりをくれます。川の流れ、穏やかな山並みを眺めながら遠野観光を満喫しましょう。気ままに巡れるレンタカーも人気です。ここでは、遠野で外すことができないおすすめの観光名所をご紹介します。

「遠野ふるさと村」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

「遠野ふるさと村」は遠野で最も人気のある観光名所です。昔ながらの遠野の暮らしが再現された村で、文化遺産南部曲り家や、厩、納屋、土蔵などが配置されています。曲り家は江戸時代から明治時代中期ごろに建てられたものを移築しました。

村内には季節の草花が咲き、小川では魚が泳ぎ、田んぼや畑の風景もあります。水車の音は心に染み入ります。ふるさと村には遠野の伝統を守り伝える「まぶりっと」がおり、囲炉裏端で観光客に遠野の郷土料理や伝統菓子をふるまってくれます。

Photo by y_katsuuu

木工、陶芸、染め物などの観光体験プランもあり、まぶりっとが丁寧に教えてくれます。田舎のおじいちゃんやおばあちゃんといるようなほっとするひとときです。

住所 岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛5-89-1
電話番号 0198-64-2300

「伝承園」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

カッパ淵から徒歩約5分ほどの土淵にある「伝承園」は、遠野に古来から伝わる農家の暮らしを再現した観光施設です。遠野の風土や文化にふれ、民話を聴いたり見たり、伝統工芸の体験なども楽しめます。民話は常時開催され、イベントも度々行われています。

敷地内には国の重要文化財に指定されている菊池家の曲り家、佐々木喜善の記念館、御蚕神堂などがあります。炭窯、水車、つるべ井戸を眺めながら散策するのもおすすめです。

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

工芸館では遠野のおばあちゃんが教えてくれる、遠野馬っこ作りやお手玉や、絵馬作りなどの民芸細工の体験ができます。また、遠野の郷土料理が味わえる食事処やお土産店もあります。清流で育ったヤマメの炭火焼はおすすめのグルメです。

住所 岩手県遠野市土淵町土淵6-5-1
電話番号 0198-62-8655

「遠野市立博物館」

Photo by Tamago Moffle

遠野駅から徒歩約12分のところに「遠野市立博物館」があります。日本初の民俗専門博物館で、遠野物語を基本に、遠野の文化や暮らし、伝統などを映像や資料を展示しながら伝えています。まさに遠野物語の世界があるので観光に最適です。

シアターでは水木しげるが描いた遠野物語の中のストーリーがアニメーションで上映されています。第2展示室には遠野の町・里・山の暮らしや文化が分かる資料や道具が展示され、遠野を深く知ることができます。山伏の道具やカッパのミイラは必見です。

Photo byfietzfotos

また、ほかの観光スポットも訪ねるなら駅周辺にあるレンタカーのお店で車を借りるのも効率的です。食事処や道の駅を探す際も重宝します。

住所 岩手県遠野市東館町3-9
電話番号 0198-62-2340

「たかむろ水光園」

Photo by emiemihuimei

「たかむろ水光園」は宿泊、温泉、食事、遊びなどが楽しめる憩いの観光スポットです。施設内は水と光を使ったエネルギーを利用しています。広大な敷地には池や清流、釣り堀、見晴台などさまざまエリアがあり、まさに和風リゾート地です。

中央には南部曲り家が建ち、中では囲炉裏を囲んで民話が聴けます。また、遠野名物「ジンギスカン」を堪能できる食事処「めえ~めえ~亭」や、遠野の郷土料理やどぶろくが味わえる「清流亭」もおすすめです。

フリー写真素材ぱくたそ

食事で地元の新鮮食材と伝統料理を楽しみ、温泉でゆっくり癒され、遠野の豊かな自然に癒される、そんな贅沢な時間を得られる場所です。

住所 岩手県遠野市土淵町柏崎第7地割175-2
電話番号 0198-62-2834

「とおの物語の館」

フリー写真素材ぱくたそ

「とおの物語の館」は遠野に伝わる数々の民話を聴き、体験、感動ができる昔話の世界がある観光スポットです。蔵造りの建物が並び、絵本を見たり、シアターで映画を見たり、展示物を鑑賞しながら子供から大人まで遠野の伝承にひたることができます。

昔話蔵では切り絵や映像で見る雪女や座敷童の昔話に時間を忘れてしまいます。また、酒蔵を利用した遠野座では語り部による民話や遠野の郷土芸能を楽しめます。遠野産のそばや郷土料理を味わえる食事処や民芸品などが並ぶお土産処も観光の楽しみのひとつです。

Photo byfan4tian2

歴史が刻んだ趣ある館内を歩くだけで心が和みます。かつて酒蔵で使われた大きな酒樽がある庭をのんびり散歩するのもおすすめです。

住所 岩手県遠野市中央通り2-11
電話番号 0198-62-7887

遠野のおすすめ観光名所・5選

フリー写真素材ぱくたそ

多くの民話が語り継がれている遠野には、ストーリーに登場するスポットが存在しその場所は人気の観光名所となっています。また、美しい自然や由緒ある神社仏閣も忘れてはならない観光名所です。ここでは、遠野でおすすめしたい観光名所を厳選しました。

各スポットは離れている場合もあるので、車がない場合は便利な移動手段としてぜひレンタカーを利用することをおすすめします。

「カッパ淵」

Photo by tagtagger439

民話の里遠野といえば思い浮かぶのがカッパです。カッパの伝承が残る遠野には「カッパ淵」という遠野を代表する観光名所があります。その場所は歴史を感じさせる木々に囲まれた常堅寺の裏手にひっそりと存在しています。

常堅寺の奥へと徒歩で進むとうっそうとした木々の中に清らかな小川が流れています。まさにここがカッパ淵で、岸が草や木で覆われた幅が約2mほどの小川です。周囲は静まり返っており、高い木々に遮られ薄暗い雰囲気です。

Photo by tagtagger439

この淵にカッパたちが住み、付近の村人たちを驚かせ悪さを繰り返していたといいます。今にも淵からカッパが顔を出しそうな不思議な空気が漂っています。

住所 岩手県遠野市土淵町土淵
電話番号 0198-62-1333

「常堅寺」

Photo by Hyougushi

「常堅寺」は遠野のお寺の中で最も歴史が古い曹洞宗のお寺です。多聞秀守禅師により延徳二年に創建されたと伝えられています。山門には早池峰神社から移された高さ約3.5mの仁王像が祀られており、参拝客を勇ましい表情で見下ろしています。

境内にあるカッパ狛犬は全国的にも有名で、頭には水が溜まる皿があります。寺の境内を通り徒歩で約1分ほどのところにはカッパ淵があります。この寺が火災に遭った際、淵に住むカッパが火を消し狛犬になったといわれています。

フリー写真素材ぱくたそ

カッパ淵に住む多カッパたちは生活苦のため間引きされ小川に流された赤ん坊だといわれており、寺の住職が供養のため建てた水子地蔵が境内脇に安置されています。

住所 岩手県遠野市土淵町土淵7地割50
電話番号 0198-62-3322

「琴畑渓流」

Photo by1708409

「琴畑渓流」は豊かな自然に囲まれた遠野を代表する美しい渓流です。夏の新緑、秋の紅葉など四季折々の景観と共に清らかな渓流の流れは遠野の遺産にも認定されています。紅葉が見ごろの10月中旬から11月下旬にかけて出かけるのもおすすめです。

小鳥瀬川と遠野市内で合流する琴畑渓流は約2kmにも及び、美しい水質のためイワナやヤマメが多く生息し、釣りのメッカでもあります。3月から9月の間解禁されるので、大自然のマイナスイオンを浴びながら釣りを楽しむのにおすすめです。

Photo by Dick Thomas Johnson

車でない場合は交通手段がスムーズとはいえないため、遠野駅の周辺などでレンタカーを借りましょう。その後の観光にも便利です。

「愛宕神社」

Photo byCouleur

遠野駅から西へ徒歩約30分ほどのところに「愛宕神社」があります。遠野物語第64話にも登場する神社で、うっそうとした森に囲まれた長い階段を登った先に小さな社殿があります。中には迦具土神が御神体として祀られています。

昔、遠野のこの集落で火災が起きた際に、愛宕様が和尚となり消火したことから防火の神として信仰されてきました。境内は高台にあるため遠野の町が一望できます。城下を守る神でもあり、旅に出る前はここで安全祈願をしたといいます。

フリー写真素材ぱくたそ

愛宕神社からは五百羅漢や卯子酉様へ徒歩で行くことができるので、併せて観光するのがおすすめです。駐車場があるのでレンタカー利用も安心です。

住所 岩手県遠野市綾織町新里31-61
電話番号

「道の駅 遠野風の丘」

フリー写真素材ぱくたそ

北上方面から三陸方面へと続く国道283号線沿いに「道の駅 遠野風の丘」があります。「永遠の日本のふるさと」がキャッチコピーで、ネジ巻き棒の風車がシンボルです。スパイラル マグナスといわれるこの風車があるのは愛知、秋田と遠野の3ヶ所だけです。

一番の自慢が広々とした展望デッキで、ここからは最も美しい遠野の原風景が見渡せます。清らかな猿ヶ石川の流れ、広大な田園、優しい曲線を描く山々はまさに日本のふるさとの景色です。食事処では遠野の新鮮な食材を使った郷土料理が味わえます。

Photo bytookapic

売店では人気の遠野地ビールや名物のどぶろく、民芸品や産直野菜など、ここでしか買えないお土産品が並んでいます。

住所 岩手県遠野市綾織町新里8地割2番地1
電話番号 0198-62-0888

遠野の穴場観光スポット・5選

Photo byFree-Photos

東北の人気観光地である遠野は国内外から多くの観光客が訪れます。定番の観光スポットはとくに人出が多く、遠野ならではののんびりとした雰囲気を満喫するというわけにはいかないこともあります。そんなときは穴場的スポットがおすすめです。

定番の名所ほど混み合わず、自分のペースでゆっくり巡れる穴場は遠野に浸れる絶好の場所です。ちょっと足を延ばすことになっても、遠野に来た甲斐があると思える有意義な時間を過ごせます。とくにおすすめな5つの名所を厳選しました。

「五百羅漢」

Photo byDeltaWorks

遠野綾織町に位置する「五百羅漢」は江戸時代に造られた石碑群です。遠野駅から駐車場まで車で約8分、そこから徒歩で約10分です。200年以上前に遠野を襲った大飢饉で犠牲となった人々を供養するため、大慈寺の義山和尚が花崗岩に彫ったのがこの羅漢です。

和尚が数年もの歳月をかけて彫った五百体の羅漢は山の斜面に並んでいます。長い時を経ているため苔むして羅漢の姿は鮮明ではありませんが、和尚の想いと当時の大変さを偲ぶことができます。徒歩で山道を登るため混み合うことのない穴場です。

住所 岩手県遠野市綾織町新里30地割
電話番号 0198-62-133(遠野市観光協会)

「続石」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

遠野駅前から車で約15分ほどの綾織町に「続石」はあります。不思議な形をした巨石で、名作遠野物語にも登場します。駐車場からは静かな山道を徒歩で石のある場所へ向かいます。鳥居のような形の続石は幅が約7m、奥行きは約5mあります。

弁慶が立ち寄った際、ある石の上に大石を乗せたところ土台になった石が位の高い自分の上に石があることを嘆き泣いたため、弁慶が大石を別の石の上に移したのが続石だといわれています。上となっている傘石には弁慶の足跡があるといいます。

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

左脇には始めに大石を乗せら泣き石と呼ばれる石があり今でも涙の雫を垂らすといいます。古代人の墓ではないかという説もある続石はいまだ謎が残る神秘の場所です。

「デンデラ野」

Photo byTheDigitalArtist

「デンデラ野」は遠野・土淵にある伝説の場所です。早池峰バス・山口バス停から徒歩約15分のところにあり、周囲はのどかな農村風景が広がっています。デンデラ野は墓地という意味の蓮台野で、遠野の訛りからデンデラ野となったようです。

デンデラ野は飢饉などで暮らしが厳しかった昔、60歳を過ぎた者が自ら身を引く場所でした。老人たちはここで自給自足をしながら死を迎えます。デンデラ野の老人たちは、ときには里へ出て農作業を手伝うこともあったといいます。

Photo byFree-Photos

村を救うため老人たちが自立して生きる老人ホームのような存在といえます。デンデラ野と里との間にはあの世とこの世を分けるように川が流れています。

「早池峰山」

Photo by yari3180m

「早池峰山」は標高1917mの山で、北上山地の最高峰であり日本百名山のひとつです。石上山、六角牛山と並ぶ遠野三山で、遠野を囲む山の中で最も美しいといわれている山です。花の百名山としても認定されており、希少な高山植物が多く見られます。

登山コースも幾つかあり美しい景色や植物たちを眺めながらの登山もおすすめです。初心者でも安心なのが、約3時間ほどで登れる小田越コースや河原の坊コースです。紅葉シーズンはもちろん、山頂から眺める絶景の素晴らしさは感動のひとことです。

Photo byjaygeorge

車がない場合公共交通機関での移動は少々大変なため、時間を有効に使うためにもレンタカーの利用がおすすめです。

「かっぱ橋」

Photo bysilviarita

「かっぱ橋」は伝承園や遠野ふるさと村へ行く途中にある橋です。橋の入り口にかっぱが座っているのが印象的で、橋からは早池峰山や薬師岳、天ヶ森など遠野の美し風景を見渡せます。橋の下を流れる川はカッパ淵に繋がっています。

車用、自転車・人用に分かれており、サイクリングコースとしても人気です。近くに車を停めて徒歩で橋を渡ってみるのも良いですが、レンタサイクルを借りて周囲の景色を楽しみながら自転車でのんびり渡るのもおすすめです。

フリー写真素材ぱくたそ

カッパ淵や常賢寺、遠野ふるさと村など、レンタカーがあれば、この辺一帯の観光スポットを効率よく周ることもできます。

遠野のインスタ映え観光スポット・5選

フリー写真素材ぱくたそ

遠野物語にも登場する興味深い観光名所、のどかで綺麗な自然風景は遠野の魅力です。せっかくならインスタ映えするフォトジェニックなスポットで素敵な一枚を映してみませんか。遠野でしか見ることのできない、遠野らしい姿を記念に残しましょう。

「卯子酉様」

Photo by yellow_bird_woodstock

遠野駅から車で約5分、愛宕神社から徒歩数分のところに「卯子酉様」があります。恋愛・縁結びの神様として有名で、遠野物語にも登場する由緒ある神社です。境内の木に左手で赤い布を結ぶとご利益があるといわれています。

この神社は、江戸時代に遠野の商人港屋平兵衛が、普代村の鵜鳥神社から分霊をして創建したといわれています。境内には小さな池があり、かつては大きな淵として存在していたもので、淵の主に願をかけると恋愛が実ったと遠野物語に記されています。

Photo by mxmstryo

小さな社殿の周りが赤い布いっぱいの木々で囲まれている光景はとても神秘的です。赤い布は社殿前で売られており、付属のペンで願い事を書くことができます。

「山口の水車」

フリー写真素材ぱくたそ

遠野ならではの風景として愛されているのが「山口の水車」です。遠野のシンボルともいえるこの水車は土淵の山口集落にあり、かつて農作業に共同で利用されていたものです。古き良き日本の農村風景の象徴であり、心癒される風景です。

ヒエやアワなどの雑穀、豆畑があったころ、この水車は脱穀、製粉のため毎日規則正しい音を立てていました。いつ頃立てられたのかは不明ですが、古さはあっても今でも水車は清々しい音を立て回っています。

Photo by uka0310

道を走っていると突然見えてくるので、公共交通機関の利用より、自由に散策できるレンタカーが良いのではないでしょうか。

「福泉寺」

Photo by Tamago Moffle

「福泉寺」は真言宗豊山派のお寺で、日本で最も大きな大観音像が安置されていることで知られています。遠野ふるさと村の少し手前にあり、道路からはシンボルの五重塔が見えます。大正元年に、戦没者の慰霊と平和を願い創建されました。

昔話に登場しそうな竜宮門があり、その先に仁王門と続き広い境内を徒歩で散策しながら進みます。桜・紅葉の名所としても有名で、春は200本ものソメイヨシノが境内に艶やかな姿を披露します。見ごろの4月下旬から5月上旬に出かけてみるのもおすすめです。

Photo byArtisticOperations

本堂に施された彫り細工、そして高さ17mもある大観音様は大きなみどころです。極楽浄土の日本庭園もゆっくり散策しましょう。

住所 岩手県遠野市松崎町駒木7-57
電話番号 0198-62-3822

「めがね橋」

フリー写真素材ぱくたそ

「めがね橋」はJR釜石線が走る陸橋で、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモデルになった橋として有名です。恋人の聖地として認定されており、道の駅みやもりから徒歩約5分で行くことができます。歴史を感じさせる風貌がノスタルジックです。

昭和18年に竣工された橋で、美しいアーチを描くモチーフは時代を経ても変わらず魅力的で土木遺産にも認定されています。観光シーズンには夜のライトアップが行われ、幻想的で美しいめがね橋を見ることができます。

Photo by yellow_bird_woodstock

めがね橋は国道沿いにあり、道の駅も楽しめるため車での来訪が便利です。車がない方はレンタカーを利用すると昼・夜両方の時間帯も来られて便利です。

住所 岩手県遠野市宮守町下宮守 
電話番号 0198-62-1333(遠野市観光協会)

「荒神神社」

フリー写真素材ぱくたそ

遠野では荒神様と呼ばれている「荒神神社」は、遠野遺産として認定されている人気スポットです。早池峰山に見守られ、広大な田園風景の中に佇む光景は日本の原風景として見る人の心を魅了します。

とても小さな祠には田んぼのあぜ道を通って向かいます。この神社の荒神様は、かつてある家で祀られていたころ、権現様と喧嘩し耳を食いちぎったことからこの名前がつきました。家人の夢に現れここに住みたいと告げたことでお宮が建てられたといいます。

遠野でおすすめのイベント・4選

Photo by Kentaro Ohno

遠野観光がますます充実するさまざまなイベントを集めてみました。美しい日本のふるさと遠野の思い出が忘れられないものになるよう、イベントスケジュールに合わせて旅に出るのも良いのではないでしょうか。ここではおすすめのイベントを4つご紹介します。

「遠野納涼花火まつり」

Photo byJillWellington

「遠野納涼花火まつり」は毎年お盆に開催されるビッグイベントです。早瀬川緑地グラウンドを会場に、日本煙火芸術協会の熟練花火師たちが遠野の町に迫力あふれる花火を打ち上げます。約5000発もの花火が夜空を彩り大きな歓声が響き渡ります。

水面に映る花火も艶やかです。1時間半という短い時間の中で、止まることなく連続して打ち上げられる花火を目に焼き付けましょう。

「日本のふるさと遠野まつり」

フリー写真素材ぱくたそ

「日本のふるさと遠野まつり」は秋の実りに感謝する恒例のお祭りです。毎年9月中旬に遠野郷八幡宮や遠野駅周辺で2日間行われ、遠野の郷土芸能のパレードが町を練り歩きます。幸福の餅まきや遠野南部流鏑馬など見どころ満載です。

「全国流鏑馬(やぶさめ)競技大会」

Photo byConquero

「全国流鏑馬競技大会」は毎年7月に遠野市宮守町で行われます。流鏑馬とは馬に跨り、走りながら的に弓を射る競技です。時間内に3ヶ所の的に射るというルールです。古来より伝わる日本の伝統競技で、遠野では大切な夏の風物詩となっています。

「遠野郷八幡宮 例大祭」

フリー写真素材ぱくたそ

「遠野郷八幡宮 例大祭」は一年に一度、9月に遠野郷八幡宮で開催されるイベントです。地元の方々が協力し合いながら祭りを盛り上げます。しし踊りや神楽などの郷土芸能の奉納、特別祈祷などが行われ、神輿のパレードも大きな見どころです。

遠野観光の合間に食事休憩・5選

Photo bydangvan

遠野には美味しいグルメも豊富なので、観光の際は美味しいお店巡りで食事を楽しむのもおすすめです。遠野名物のジンギスカンの名店や、絶品ラーメンのお店など、ほかでは味わえないグルメを堪能しましょう。とくにおすすめしたい食事処を集めました。

「あんべ」

Photo by y_katsuuu

遠野といえばジンギスカンが名物なのをご存知でしょうか。遠野ジンギスカンの元祖といわれるのが「あんべ」です。初めて食べる方は分厚くジューシーなジンギスカンに感動すること間違いなしです。

ふんわり柔らかい肉を、ニンニクの効いたスパイシーで風味豊かなタレで味わえるのが安部の魅力です。肉の種類、ドリンク類も豊富なのでゆっくり食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所 岩手県遠野市早瀬町2-4-12
電話番号 0198-62-4077

「伊藤家」

Photo by Atsushi Tadokoro

「伊東家」は遠野そば専門の人気の食事処です。とおの物語の館の隣にあり、和風の風情が魅力的なお店です。遠野で有名なラーメン店「ばんがり」の系列で、地元産のそば粉を使ったざるそばやひつこそばなどが美味しいと評判です。

コシ、風味、のど越し共に感動ものの味わいなので、観光の合間にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ケーキやコーヒーもあるので休憩にもおすすめです。

住所 岩手県遠野市中央通り2-11
電話番号 0198-60-1110

「ばんがり」

Photo byvardansevan

「ばんがり」は遠野そばと中華そばが楽しめる人気店です。ラーメンの種類はとてもバラエティで、中でも四川風ラーメンが名物で、1から5段階までの辛さを選べるのでじっくり考えて挑戦するのもおすすめです。ミニ丼メニューをラーメンと一緒に楽しむのも人気です。

住所 岩手県遠野市青笹町糖前1-36-1
電話番号 0198-62-0115

「民話やしき」

Photo by naotakem

「民話やしき」は遠野駅から徒歩約2分のところにある食事処です。民話の趣を醸し出す和風の飾りつけが魅力的です。掘りごたつ式の席でゆったり寛ぎながら、食事やお酒を楽しめます。

おすすめの食事メニューは名物の焼うどんや焼そば、ビールのお供には焼き鳥、焼きおにぎりもおすすめです。

住所 岩手県遠野市新穀町6-2
電話番号 0198-62-2347

「CocoKANA・軽食喫茶」

Photo byRitaE

どぶろくが自慢の「CocoKANA・軽食喫茶」は遠野で人気の喫茶店です。遠野駅から徒歩5分とアクセスも便利で、夜遅くまで営業しており、夜は居酒屋になります。自慢のどぶろくはもちろん、定食や丼類などガッツリ系の食事メニューも絶品です。

桜バーガーやラーメン、さらに遠野名物の山ぶどうワインやリンゴジュース、自家製ホットケーキなどのデザートメニューもおすすめです。

住所 岩手県遠野市中央通り2-1
電話番号 0198-62-4384

遠野観光は徒歩やレンタカーがおすすめ

Photo byGellinger

遠野でおすすめの観光名所や食事処などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。心癒される日本の原風景が広がる遠野は名所が数々あります。

観光スポットをたくさん巡るならレンタカーをぜひ利用しましょう。レンタカーなら観光時間を有効に使え、気ままに散策できます。1つの駐車場にレンタカーを停めて徒歩で複数立ち寄れる観光地もあるのでおおいに活用しましょう。

sokonashi1019
ライター

sokonashi1019

観光スポットやカフェ、レストランなどのグルメスポットに興味があります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。