アメ横の名店「昇龍」で絶品餃子を堪能!上野に来たら外せない味とは

アメ横の名店「昇龍」で絶品餃子を堪能!上野に来たら外せない味とは

「昇龍」は上野アメ横で絶品餃子が食べられる名店です。一度食べたら、また食べたくなる「昇龍」の餃子は上野にきたら外せないマストグルメです。餃子が食べたくなったら、上野アメ横にある1957年創業の名店「昇龍」をぜひご利用ください。

記事の目次

  1. 1.上野アメ横「昇龍 」とは?
  2. 2.昇龍の絶品巨大餃子とは?
  3. 3.昇龍の餃子は持ち帰りできる?
  4. 4.昇龍:餃子以外のおすすめメニュー
  5. 5.昇龍の基本情報とアクセス
  6. 6.餃子の名店「昇龍」に一度行ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

上野アメ横「昇龍 」とは?

上野アメ横にある「昇龍」とは1957年創業の老舗中華料理屋です。地元にの人に愛され続けている「昇龍」の名物料理が絶品巨大餃子です。名店となった「昇龍」の餃子は、上野アメ横の人たちだけでなく各地から足をのばしてくる人がいるほどの人気ぶりです。

一度食べると「忘れない」「また食べたくなる」といわれるほど絶品の巨大餃子のほかにも、「昇龍」には人気の高いメニューが揃っています。また、「昇龍」は食べログ百名店2019にも選ばれており、人気の高さがよくわかります。

上野アメ横で60年以上愛され続けている「昇龍」の絶品巨大餃子や人気の高いメニューを紹介します。上野アメ横を訪れた際は、ぜひ名店「昇龍」にお立ち寄りください。

PART1とPART2が統合して再オープン

「昇龍」は以前PART1とPART2に店舗をわけて営業していました。PART1は上野駅から徒歩3分~4分ほどのところにあり、メディアでも紹介される人気店でした。一方PART2は上野駅から徒歩5分ほどと近いにも関わらず、地下であったためあまり目立ちませんでした。

「昇龍」PART1とPART2ともに人気がありましたが、目立ちにくい立地にあったPART2を閉店しPART1と統合して再オープンしました。「昇龍」PART1のみとなった現在でも、連日満員です。

また、「昇龍」PART1とPART2統合後は2階建ての食堂スタイルになったため、名物巨大餃子だけでなくほかのメニューの注文も増加しています。現在1店舗しかない「昇龍」ですが、常連さんの中では「昇龍 PART1」で親しまれています。

昇龍の絶品巨大餃子とは?

「昇龍」の絶品巨大餃子とは、通常の餃子の3倍~4倍はありそうな大きな餃子です。「昇龍」の巨大餃子は大きくなっても具がすかすかになることはなく、皮のカリカリ・もちもちとした食感と野菜のシャキシャキを味わえます。

「昇龍」で人気の絶品巨大餃子は4個で1人前です。数が少なく感じてしまいますが、ボリューム満点です。1人前でしっかりとお腹がふくれます。

12cmの巨大餃子の味は?

大きくなることで味がぼやけてしまったり、皮と具のバランスが悪くなるなどの心配があります。しかし、「昇龍」の巨大餃子は厚めの皮のもちもちとこんがり焼けた皮のカリカリ、野菜のシャキシャキとした食感と甘みが感じられる逸品です。

ただ単純に大きいのではなく、遠方からも訪れるほどおいしい餃子であることを納得できる味に仕上がっています。また、「昇龍」の餃子にはにんにくが入っていません。そのため、あっさりとした味に仕上がっており、巨大餃子でもぺろりと食べられます。

あっさりとした味わいなのに、クセになるおいしさの「昇龍」の巨大餃子はさっぱりとしたタレとよく合います。小ぶりでは物足りなさを感じてしまう「昇龍」の餃子は、大きいことで食べ応え抜群です。

餃子と一緒にビールが醍醐味

Photo by yto

にんにくたっぷりの餃子とビールの相性は最高ですが、にんにくを使っていない「昇龍」の餃子もビールとの相性抜群です。瓶ビール・生ビール(小・中)が用意されているので、お好みのサイズのビールと巨大餃子をご堪能ください。

また、「昇龍」の餃子はにんにくが入っていないためランチタイムや仕事のあいまに食べるのもおすすめです。「昇龍」ではノンアルコールビールもあるので、ちょっとした息抜きと腹ごしらえができます。

昇龍の餃子は持ち帰りできる?

「昇龍」の絶品巨大餃子は持ち帰りもできます。2階建ての食堂スタイルで再オープンした「昇龍」ですが、店内はそれほど広くありません。1階は厨房とカウンター席が少しあるだけで、基本的に客席は2階になります。

席数は15席しかなく、絶品餃子が食べられる名店「昇龍」はすぐに満席になってしまいます。そのため、持ち帰りにするほうがおすすめです。夕飯に「昇龍」の絶品巨大餃子をプラスする人も多くいます。

チャーハンなども持ち帰り可能

「昇龍」では、餃子のほかにもチャーハンなどの持ち帰りも可能です。餃子の持ち帰りが圧倒的に人気の「昇龍」ですが、チャーハンや春巻きなどほかのメニューも充実しています。

ラーメンなどの麺類の持ち帰りは行っていませんが、ごはんメニューと餃子を持ち帰りにしてランチや夕飯にいただくのも人気があります。一般的な中華料理屋と同様のメニューがほぼほぼそろっているので、ぜひ餃子以外のメニューも自宅や会社などでご堪能ください。

餃子の焼き方について

Photo by kagawa_ymg

「昇龍」では、焼いてある餃子の持ち帰りもできますが、焼き立ての熱々がいただける生餃子のお土産販売もしています。「昇龍」で提供される餃子と同じ食感が再現できる焼き方レシピつきなのもうれしいポイントです。

「昇龍」の餃子を再現できる焼き方は熱したフライパンに油をひき、餃子を並べてお湯を入れて蓋をして蒸し焼きにします。中火で7~8分蒸し焼きにしたら、仕上げにごま油を周りからかけてこんがりと焼きあげれば完成です。

蒸し焼きと仕上げの焼きを組み合わせることで、カリカリ・もちもちとした食感になります。レシピには蒸し餃子・水餃子・揚げ餃子も書かれています。

昇龍:餃子以外のおすすめメニュー

Photo byNipapun

巨大餃子の名店となっている「昇龍」ですが、中華料理店なのでほかにもおいしいメニューはたくさんあります。その中でも「昇龍」おすすめの餃子以外のメニューを紹介します。餃子と一緒に食べるのにもおすすめなので、ぜひご賞味ください。

1:五目チャーハン

「昇龍」で餃子以外のおすすめメニュー1つ目は「五目チャーハン」です。具材にハム・チャーシュー・玉子・ネギ・グリーンピースが入ったオーソドックスな五目チャーハンには、少しですがエビも入っています。

シンプルな味付けであっさりとした五目チャーハンは、女性でも食べやすく巨大餃子との相性も抜群です。特別目立った味付けをしていないことがかえってクセになりやすく、餃子と一緒に五目チャーハンを頼む人も多くいます。

また、五目チャーハンについてくる中華スープのファンが多く、中華スープを飲みたいために五目チャーハンを注文する人もいます。

2:ラーメン

「昇龍」で餃子以外のおすすめメニュー2つ目は「中華そば」です。「昇龍」で餃子の次に注文数が多いメニューである中華そばは、昭和を感じさせるあっさり醤油味です。

具材にはメンマ・ワカメ・ネギ・チャーシューがトッピングされており、価格が650円と良心的なのも人気の理由です。「昇龍」の巨大餃子とビールを堪能したあとの〆に注文されることも多くあります。

ただし、中華そばは意外にもボリュームたっぷりなので、〆に注文すると食べきれない可能性があります。お腹と相談して注文しましょう。

3:五目焼きそば

「昇龍」で餃子以外のおすすめメニュー3つ目は「五目焼きそば」です。麺類のメニューも豊富な「昇龍」では、五目焼きそばやあんかけエビ焼きそばなどを餃子と一緒に注文する人も多くいます。野菜やハムなどがたっぷり入った餡がかかった五目焼きそばは絶品です。

餃子やチャーハンなどがあっさりとした味付けとなっている中、五目焼きそばはやや濃いめの味付けです。そのため、食事だけでなくつまみにしても美味しくいただけます。熱々の餡がかかった五目焼きそばなども、ぜひご賞味ください。

昇龍の基本情報とアクセス

上野アメ横の名店「昇龍」へのアクセス方法を紹介します。上野駅近くにある「昇龍」へは電車で行くのがおすすめですが、車で行くこともできます。

電車でのアクセス

Photo by Kentaro Ohno

「昇龍」へ電車で行く場合のアクセス方法は、JRなどの上野駅で降りてから歩いて3分~4分ほどで到着です。上野アメ横のガード下にあり、白地に青文字で書かれた「昇龍」が目印です。また、JR御徒町駅から行く場合は7分~8分ほどで到着します。

車でのアクセス

Photo byFree-Photos

「昇龍」へ車で行く場合のアクセス方法は、昭和通りを上野方面へと進み、上野6丁目の信号を左折してガード下まで行きます。ただし、「昇龍」には駐車場がありません。また、昭和通りから左折したあとの道は狭く一方通行などもあるため車での来店はおすすめできません。

住所 東京都台東区上野6-10-14
電話番号 03-3832-0847

餃子の名店「昇龍」に一度行ってみよう!

餃子の名店「昇龍」に一度は行ってみましょう。餃子がおいしいと評判のお店は数多くあります。また、餃子がおいしいお店はチェーン展開されていることも多く、手軽に食べられる魅力があります。

しかし、ほかのお店とは違いにんにく不使用のあっさりとした味わいの餃子がおいしいお店は少数派です。にんにくが入っていないのに満足感のある「昇龍」の餃子をぜひご賞味ください。

山内
ライター

山内

大好きな食べることを活かしてグルメ系記事を中心に執筆しています。流行りのグルメや老舗グルメ、旅行先のおすすめグルメなど、旅行情報と一緒にお届けします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング