北海道のワカサギ釣りを手ぶらで気軽に体験!おすすめの場所・時期・服装もご紹介

北海道のワカサギ釣りを手ぶらで気軽に体験!おすすめの場所・時期・服装もご紹介

北海道の冬の名物アクティビティと言えば「ワカサギ釣り」でしょう。寒さの厳しい北海道では冬の時期になると脂の乗った美味しいワカサギを釣って楽しむことができます。今回は初めての方でも手ぶらで気軽に体験できるワカサギ釣りのおすすめスポットをまとめてご紹介いたします!

記事の目次

  1. 1.「北海道のワカサギ釣り」は老若男女が体験できる!
  2. 2.味も一級品!「北海道のワカサギ釣り」が人気の理由
  3. 3.北海道で「手ぶら」でワカサギ釣りができる場所
  4. 4.北海道のワカサギ釣りに適した「持ち物と服装・時期」
  5. 5.北海道のワカサギ釣りでぜひ!おすすめの「調理方法」
  6. 6.手ぶらで気軽に「北海道のワカサギ釣り」を楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

「北海道のワカサギ釣り」は老若男女が体験できる!

Photo by imnakashima

厚く雪の降り積もる北海道では、冬になると湖や川などの固く凍った氷の上に丸く穴を開けて釣り糸を垂らしてワカサギを釣る「氷上ワカサギ釣り」を楽しむために、多くの人々が集まります。ワカサギ釣りで有名な場所では、氷上にテントを張り楽しむ人々の様子が見られます。

12月下旬から3月中旬にベストシーズンを迎えるこの氷上ワカサギ釣りは、北海道では札幌近郊から道央、道南、道北など様々な場所で楽しむことができます。このワカサギ釣りは、予想される異常に簡単であるため、性別や年齢にかかわらず老若男女が楽しむことができます。

ワカサギは氷の下で群れになって泳いでいるためコツを掴むとひょいひょいと続けて釣り上げることができます。そのためワカサギのシーズンが来ると毎年楽しむベテランも存在します。

ワカサギとはどんな魚?

Photo by Kusakabe

どんな年代の人にも人気なおすすめのワカサギ釣りですが、ワカサギがどんな魚かご存知でしょうか?ワカサギ釣りについてご紹介する前にワカサギの生息する場所、美味しい時期など、ワカサギについて詳しくご紹介します。一緒にワカサギ釣りマスターになりましょう!

ワカサギは、キュウリウオ目キュウリウオ科に属する冷水性の魚です。漢字で「公魚」で、この由来は江戸時代にまで遡ります。第11代江戸川将軍徳川家斉に、常陸国麻生藩(現在の茨城県行方市麻生)が年貢としてワカサギを納め、公儀用の魚とされたことに由来しています。

Photo byleegenhyung

ワカサギは塩分や低い水温に対して高い適応能力を持つ魚で、他の魚が住めない場所にも生息しています。日本国内では比較的広範囲におり、天然のワカサギが生息する代表的な場所としては、日本海側では島根県付近、太平洋側では千葉県、茨城県付近、そして北海道です。

ワカサギの成体は約15cmと細長く、小さな身体を持っていることが特徴的です。生息域によって変わってきますが、産卵期は冬から春にかけての時期となっており、この時期になると沢山の栄養と卵を抱えた成体が河川を遡り、水草などに大量の卵を産み付けます。

「ワカサギ釣りのベストシーズンは桃の節句」と言われますが、親魚が卵を産み付ける前の大きく栄養を持った時期が、最も脂乗りのいい美味しい時期だと言われています。

味も一級品!「北海道のワカサギ釣り」が人気の理由

フリー写真素材ぱくたそ

「北海道のワカサギ釣り」は、全国各地から年齢も経験も様々な人々が集まる人気のアクティビティです。比較的広範囲に生息しているため、ワカサギ釣りは寒さも厳しい氷上ではなく湖からつって楽しむこともできます。では何故、北海道のワカサギ釣りは人気なのでしょうか?

Photo byReadyElements

次のページ

北海道で「手ぶら」でワカサギ釣りができる場所

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング