リンガーハットのランチメニューがお得!人気の餃子セットなどおすすめは?

リンガーハットのランチメニューがお得!人気の餃子セットなどおすすめは?

日本を代表する長崎ちゃんぽんといえば、「リンガーハット」です。国産の野菜が豊富でヘルシーなちゃんぽんが食べられるお店です。特に「リンガーハット」にはお得なランチメニューがあります。今回は他の外食チェーンにはない魅力的なランチメニューをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.リンガーハットの魅力
  2. 2.リンガーハットのランチは他時間帯よりお得
  3. 3.リンガーハットのランチ・おすすめ人気メニューを紹介
  4. 4.リンガーハットのランチ注意点
  5. 5.リンガーハットのランチは持ち帰りできる?
  6. 6.リンガーハットのランチ持ち帰り時の注意点
  7. 7.リンガーハットのランチはコスパが良い!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

リンガーハットの魅力

Photo by Kanesue

「リンガーハット」の魅力はおいしいだけではありません。そのこだわりに秘密があります。2009年に使用する野菜を全て国産野菜に切り替えたこと、さらに2010年には麺に使用する小麦も100%国産に切り替えました。

安全な国内野菜にこだわったメニューは消費者に大きなアピールポイントになった「リンガーハット」は外食チェーン顧客満足度1位を3年連続獲得したのです。

Photo by macbsd

「リンガーハット」のこだわりはそれだけではありません。人気の餃子の主原料も全て国産に切り替えたのが2013年、さらには2015年にはそれまで国産きくらげは3%だったのを100%の割合しています。

こうした努力の結果、特に健康や美容に関心が高い女性客も増え始め全体の5割を越す勢いになり、ファミリー層からも支持されています。

注目したいのはランチメニューの豊富さです。大きく分けて「長崎ちゃんぽん ランチメニュー」「長崎皿うどん ランチメニュー」「ぎょうざ定食 ランチメニュー」の全13種類からなります。

Photo by imgdive

「リンガーハット 」のランチメニューは2019年8月1日に大きく変更され、手ごろな価格でおいしいちゃんぽんや餃子が食べられるようになりました。またバリエーションが増えたことでランチの楽しみも倍になったのです。

特に子供や女性でも食べやすい小さいセットメニューは魅力があります。足りないようであれば麺増量もできます。ぎょうざ定食も個数が3種類から選べるのでしっかり食べることができます。

長年愛され続ける「リンガーハット」にはそれだけではない魅力もたくさんあります。そうした「リンガーハット」が長く愛され続ける秘密をみなさんにご紹介しましょう。

国産化に力を入れている

フリー写真素材ぱくたそ

「リンガーハット 」では顧客が元気で、顧客に本当に美味しいちゃんぽんを食べてもらえるのは食材にこだわるしかない、そうすれば日本も元気になれると食の国産化を進めてきました。

しかし、国産の食材にこだわるとコストもかかります。そこで「リンガーハット 」は自らが自給自足を掲げて、全国に産地を求め安定した供給ができる体勢を築きあげたのです。

例えばキャベツは夏場は生産量が減ることと夏場に弱い点があげられます。そこで地域を分散したり、代替野菜を投入したりと工夫を凝らしています。

Photo byCouleur

収穫した野菜を新鮮なうちに各地にある加工工場で加工して、毎日店舗へ配送することができるようになり、コストもリスクも抑えられるようになりました。

コストやリスクよりも、おいしさ、安心を顧客に提供したいという思いが消費者に人気の秘密でもあるのです。

Photo byjackmac34

国産化を果たしたことで「リンガーハット」は業績も回復を果たし、野菜豊富な代表メニュー「野菜たっぷりちゃんぽん」は国産野菜を480gも使ったことで男性客が増加しました。

また食の安全を謳い、野菜の完全国産化をしたことで子どもを連れた家族連れが増え、男女を問わずまんべんなく客を惹きつけることに成功したのです。

保存料や合成着色料を使用していない

Photo by shokai

「リンガーハット 」では食材に含まれるアレルギー情報を公開しています。特に保存料や合成着色料は使用せず、食の安全やおいしく健康的に食事ができることを目指しています。

そのため毎日自社工場から加工された食材を配送し保存料などの食品添加物を排除することに努めてきたのです。

Photo by sybarite48

既に保存料は完全に排除しており、着色料についても順次天然由来のものを使用するよう進めているところです。その他、お店で使われる野菜の洗浄には塩素や界面活性剤も使っていません。

野菜の生産にもこだわり農薬や化学肥料も極力減らして生産を行っているのでアレルギーの発生も高い確率で抑えられるのです。

また「リンガーハット」の野菜は店内に産地を記載しているので安心感もあります。保存料・合成着色料を使用しないことを企業の指針にして取り組んでいる「リンガーハット」は食に関する安心安全を大切にしています。

麺増量が無料!

Photo by *tomoth

「リンガーハット 」の代表的メニュー「長崎ちゃんぽん」は麺の増量1.5倍、2倍が追加料金なしで食べることができます。ランチタイムも同様です。

もちろん野菜も豊富で見た目にも鮮やかなにんじん、キャベツ、コーン、さつま揚げ、かまぼこもたっぷりで、麺を増量すれば食べ応えも十分です。

Photo by Spiegel

少しクリーミーな豚骨スープはブレのない味で、豚肉、魚介類の長崎ちゃんぽんをガッツリ食べたい方には麺増量の2倍400gを試すのもおすすめかもしれません。

確かに麺増量はカロリーが気になる方もいるとは思いますが、ガッツリちゃんぽんを食べたいと思う方には無料で長崎ちゃんぽんがお腹いっぱい食べられるので人気が高いです。

長崎ちゃんぽんリンガーハットの魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報までのイメージ
長崎ちゃんぽんリンガーハットの魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで
長崎ちゃんぽんが看板メニューのリンガーハットは殆どの都道府県へ展開されております。リンガーハットのメニューは長崎ちゃんぽんだけではなく多様なメニューでお客の胃袋をしっかりと掴んでおります。今回はリンガーハットを徹底調査し、おすすめのメニューなどを紹介します。

リンガーハットのランチは他時間帯よりお得

Photo by shokai

子供から大人まで人気の「リンガーハット 」にはさらにお得なランチセットがあります。ランチタイムにはぜひ食べてみたいメニューをここでご紹介します。

2019年8月1日からは「薄皮ぎょうざ5個定食」370円(税抜)が破格の安さでネット上でも話題になりました。この値段なら牛丼やカレー、うどん以外にランチの選択肢が広がります。

Photo by *tomoth

「リンガーハット 」のランチタイムは手頃な価格と短時間でガッツリ食べることができない忙しいビジネスマンには大変魅力的です。そしてそこに登場したのがワンコインで食べられるランチです。

また嬉しいことに従来のランチタイムを15時から16時まで延長しました。日頃食べるメニューよりも100円安いランチセットが16時まで食べられるのも魅力的なサービスといえます。

長崎ちゃんぽんとともにランチタイムにお得な餃子とのセットや、長崎ちゃんぽん以外にも皿うどんと餃子セット、餃子が15個のメニューなどおすすめがいっぱいです。

Photo by fhisa

お得なランチメニューが楽しめる「リンガーハット 」の「リンガーランチ」ですが16時以降になるとランチのセットメニューはなくなります。

せっかく食べるなら少しでもお得なランチタイムでオーダーしたいのが心情ではないでしょうか。13種類ものメニューからならきっと食べたいものが見つかるはずです。

ランチメニューと言っても「リンガーハット 」のメニューはバリエーションが豊かなのでその日の気分でランチを選ぶことができます。

リンガーハットランチは餃子がセットになっている

Photo by macbsd

「リンガーハット 」で人気のランチセットで「餃子」は外せません。カリッと揚がった餃子は、中がジューシーでおいしいと評判です。

「リンガーハット」の餃子がおいしい理由は野菜が豊富なことと、野菜が大きめで歯ごたえがあることです。実はリンガーハットでちゃんぽんや皿うどんでなく、餃子セットを食べる人が多いのもうなずけます。

「リンガーハット 」の餃子はコクがあってさっぱりした長崎ちゃんぽんには相性が良く、しっかりランチが食べたい方には是非おすすめしたいメニューです。

Photo by mdid

特に午後、会議や営業があるビジネスマンにとって気になるのはにんにくの匂いですが、「リンガーハット 」の餃子は国内産野菜たっぷりで、にんにく不使用なので安心して食べることができます。

ランチメニューの単品ももちろんリーズナブルですがさらにお得なセットメニューはいかがでしょうか。

「リンガーハット」のランチメニューはサイドメニューの餃子の個数が選べるので、食べたいだけオーダ―すればいいのです。

Photo by jetalone

たとえばいっぱいは食べられないけど餃子も楽しみたい方は3個セット、たっぷり食べたい方は5個セット、目いっぱい餃子を堪能するなら15個とバリエーションがあるのも「リンガーハット 」の特徴です。

ランチで餃子をそのまま食べればやさしい味付けに、またテーブルの備え付けのタレで食べればご飯もすすみます。さらに一緒に運ばれてくる柚子胡椒は香りもよく、ご飯のおかずにぴったりなのでお試し下さい。なお、ご飯は大盛も可能です。

食べ方もいろいろ楽しめる「リンガーハット」のランチメニュー、餃子セットは魅力満載です。大満足の「餃子セット」で午後からの仕事も頑張れそうです。

リンガーハットのランチ・おすすめ人気メニューを紹介

Photo by shokai

「リンガーハット 」のランチセットは土日祝日を除いた平日のみのサービスですが、大人気の餃子やチャーハンは持ち帰りもできるので気軽にオフィスや公園でも楽しいひと時が楽しめます。

「リンガーハット 」のちゃんぽんは麺や野菜の量も自分にあったお好みの量をオーダーできるので野菜不足だなと思う方はおいしくて栄養価の高い国産野菜をしっかりとることができます。

ではおすすめ「リンガーハット 」の人気ランチメニューを見ていきましょう。きっと食べてみたくなること間違いなしです。

長崎ちゃんぽん 薄皮ぎょうざ5個ランチ

Photo by Kanesue

「リンガーハット 」のランチセットといえば話題を集めた人気の「長崎ちゃんぽん 薄皮ぎょうざ5個ランチ」です。

2019年8月1日から700円から690円に値下げされてさらにお得感があるメニューに生まれ変わりました。ランチセットの低価格化を実現した第一弾といえます。

一口サイズの薄皮餃子は柚子胡椒がついてくるので味の変化も楽しめて満足のいくランチタイムを過ごすことができます。

Photo by ivva

特に1つの薄皮餃子は一口サイズなので一気に食べてしまうとあっという間になくなりますから、じっくり味わいながら食べれば満腹感もでます。

気になる麺の増量も無料で1.5倍と2倍が楽しめます。他には「薄皮ぎょうざ3個ランチ」640円もありますから、女性の方でもおいしくお得に食べることができます。

ちゃんぽんが多いなと感じる方はランチメニューでは小さいちゃんぽんの餃子セットもあります。こちらなら餃子3個でワンコインプラス40円、餃子5個でワンコインプラス90円とお得です。

長崎皿うどん 薄皮ぎょうざ5個ランチ

Photo by shokai

皿うどん大好きな方にはたまらない「リンガーハット 」の麺の香ばしさとパリパリ感が大人気の「長崎皿うどん」は麺が細くて、上にかかっているあんが麺とよく絡んでおいしい逸品です。

あんには海老、豚肉、きくらげ、かまぼこ、さつま揚げ、キャベツ、もやし、にんじんなど野菜も豊富で、最後まで麺のパリパリ感が味わえる皿うどんはおすすめです。

Photo by torus

そしてこの皿うどんと餃子のセットメニューが「長崎皿うどん 薄皮ぎょうざ5個ランチ」840円です。「ぎょうざ3個ランチ」750円もあります。

ランチでは皿うどんも小さいサイズもあるので女性の方やお子さんにはおすすめではないでしょうか。こちらも540円で餃子3個、5個で590円です。

何となく皿うどんだけだと物足りない方にはジューシーな餃子とのセットがおすすめです。野菜もとれて大満足のランチメニューはいかがでしょうか。

ぎょうざ定食 薄皮ぎょうざ7個

Photo by [cipher]

「リンガーハット 」一押しの人気ランチメニューが1食370円の薄皮ぎょうざ定食です。薄皮ぎょうざ7個、スープ、ご飯、漬け物がついたシンプルメニューです。

「リンガーハット」では餃子に柚子胡椒をつけて食べるのが定番です。16時までランチメニューがある「リンガーランチ」ですが、こちらの定食は事前の告知では薄皮餃子は5個だったのを7個に増量した経緯があります。

Photo by Richard, enjoy my life!

餃子といえば一般的にサイドメニュー的存在ですが、「リンガーハット 」では本格的ランチメニューとして少し小ぶりで皮が薄くてパリパリ感があり、中はジューシーでいくらでも食べることができます。

柚子胡椒を付ければスパイシーな味に、またテーブルに設置されている餃子のタレならご飯にもぴったりです。ちゃんぽんだけではない餃子定食でも大満足のランチメニューです。

リンガーハットの餃子はにんにくを使っていないので食後気にせずいくらでも食べることができます。スープ付きなので餃子を食べた口の中もさっぱりします。

Photo by chidorian

餃子定食は「リンガーハット」という方が多いのも素材にこだわりぬいて作られた餃子だからです。そのおいしい餃子がランチで最大15個まで食べることができるのは、餃子が大好きな方には堪りません。

7個では物足りない方には15個のセットも用意されています。コスパ的にもおすすめの餃子定食はぜひリンガーハットでどうぞ。

ワンコイン以下の激安価格!

Photo by yamagiwa2000

激化する外食チェーンの価格競争に「リンガーハット 」も参戦し、あのおいしい餃子がランチメニューに登場しました。しかもワンコインで食べられるのは牛丼やうどんチェーンにもひけをとりません。

「リンガーハット 」のランチメニューができて選択肢が増えることで、毎日ランチをお腹いっぱい食べることができるのは嬉しいものです。

Photo by Dai44

「リンガーハット 」のランチメニューで大人気の「ぎょうざ定食 薄皮ぎょうざ7個」はなんと370円(税込)です。10個で550円(税込)、15個でなんと590円(税込)となっています。

ワンコインで「リンガーハット 」の人気の餃子が7個も食べれるのは大変お得です。ご飯とスープに漬物のセットメニューは男女問わず大満足のランチメニューです。

リンガーハットのランチ注意点

Photo by yamagiwa2000

「リンガーハット 」のランチタイムで注意したいのは、土日祝日を除く平日の午後16時までとなっていることです。またランチメニューは全13種類からなりますが、ランチ限定メニューも多く、通常メニューにはないものもあります。

小さいサイズの長崎ちゃんぽんや皿うどんなども「リンガーハット」のランチタイムならではのセットメニューで餃子と一緒にお得な価格で食べることができます。

ランチは平日のみ

Photo by sstrieu

2019年8月1日より「リンガーランチ」を始めた「リンガーハット 」ですが提供されるランチメニューは全部で13種類で新たに小さいサイズのセットメニューも登場しました。

これまで「リンガーハット」のランチタイムは平日15時まででしたが1時間延長して16時までになり、より長い時間ランチメニューがいただけるようになりました。土日祝日は対象外となります。

メニューによっては麺増量が有料

Photo by nakashi

「リンガーハット 」では「長崎ちゃんぽん」だけはお得な麺増量が無料のサービスがあり、1.5倍・2倍の2種類があります。

リンガーハットで「長崎ちゃんぽん」の麺増量無料が始まったのは2010年で、この時に麺に使用する小麦が全て国産小麦に切り替わったのです。

Photo by sstrieu

当時「リンガーハット」では「長崎ちゃんぽん」が一番人気の看板メニューであったので記念キャンペーンとして始まりました。

そのまま麺の増量無料が今も残っているのです。しかし、ちゃんぽんよりも高い価格の「長崎皿うどん」などは大盛りにすると100円かかることになります。

ちょっと不公平感がありますが、2010年に増量サービスが始まった頃は「長崎ちゃんぽん」が看板メニューだったためでその名残があるというわけです。

リンガーハットのランチは持ち帰りできる?

Photo by Kanesue

「リンガーハット 」のランチは気軽にテイクアウトができます。「リンガーハット 」と言えば、「長崎ちゃんぽん」や「「長崎皿うどん」です。

「リンガーハット」のテイクアウトのランチメニューには人気のメニュー「ミドルサイズの皿うどん」があります。お値段は税込で500円です。

もちろん「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」「野菜たっぷりちゃんぽん」「野菜たっぷり皿うどん」などもあります。

「リンガーハット」のランチの持ち帰りで驚かされるのは保温力のすごさでしょう。汁物を入れたりするため、染み出ないように厚紙2重になっており、耐久性に優れ、手でも持ちやすく、保温効果が高くなっています。

また「リンガーハット」の店舗によってはドライブスルー形式もあるので車でさっとランチを買いに行くのも便利です。持ち帰り用の容器に入れてくれるのでファーストフード感覚でお買い求めできます。

「リンガーハット」では環境問題にも取り組んでおり、箸はエコ箸、持ち帰り容器は紙製のエコ素材を使用しています。

持ち帰りの際はエコ容器代を別途チャージされ、ちゃんぽんと皿うどん用は1個につき30円プラス税金です。餃子とチャーハン用は1箱につき10円となります。

リンガーハットのランチ持ち帰り時の注意点

Photo by Kanko*

「リンガーハット」の持ち帰りランチメニューと言っても店内で食べるのと変わらないのは嬉しいところです。長崎ちゃんぽんは麺増量も無料ですから家でもあの味を堪能できます。

「リンガーハット」のランチの持ち帰りで注意したいのは、麺類の容器は電子レンジで調理ができないことです。そして表示価格には全て容器代込の価格表示になっています。

Photo by Kanko*

持ち帰りの場合は容器代がプラスされるので店内より高めの設定になっています。質の高いメニューをお得な価格で提供する「リンガーハット 」ですがエコ容器を採用するため、コスト高を受けて容器代がチャージされています。

ちなみに自宅から容器代を浮かすためにタッパーや鍋を持っていっても持ち帰りはできませんのでご注意下さい。

レシートクーポンが利用不可

Photo by macbsd

「リンガーハット 」ではちゃんぽんや皿うどんを食べると、全店で使える餃子やソフトドリンクの無料券がもらえます。

またリンガーハットのレシートにあるアンケートに答えると無料の食事券が抽選で当たるなどクーポンがあります。

ただ注意したいのはこれらクーポンは店内飲食のみに使えることです。持ち帰りだとクーポンは使えません。

こうした点さえ注意すればどんどん食べて無料クーポンをゲットしない手はありません。特にスマホアプリ「Zeetle」をダウンロードして会計時にタッチすれば来店回数やスタンプがカウントされます。

5個スタンプを貯めれば餃子3個が無料、10個で長崎ちゃんぽん1杯が無料、来店回数の応じて食事券などがゲットできます。

リンガーハットのランチはコスパが良い!

長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」では長崎ちゃんぽんの通常の麺は200gですが、1.5倍(300g)か2倍(400g)まで無料で増量ができます。またライスも無料で大盛りができます。

ランチメニューにはお得な餃子セットもありコスパ的には「リンガーハット」は最高です。店舗によっては対応できないこともあるので、店員さんに聞いてみましょう。

MASA
ライター

MASA

金融機関に勤務している旅行大好きなライター歴2年の会社員です。わんこ二匹飼っています。金融以外にもライフスタイルやスポーツ、インテリアなどみなさんがわくわくするような魅力ある記事を発信して行きたいと思っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング