【群馬】前橋市の人気観光スポット21選!歴史の街の定番・穴場の名所を案内

【群馬】前橋市の人気観光スポット21選!歴史の街の定番・穴場の名所を案内

群馬県の県庁所在地である前橋は、豊かな自然に触れられる観光名所や歴史的な建築物や遺構を見学できる観光スポットなど、様々な観光地がたくさんあります。今回はそんな前橋の人気の定番スポットや穴場の観光名所をご紹介します。参考にしてみてはいかがですか?

記事の目次

  1. 1.前橋は群馬県を代表する観光地
  2. 2.前橋観光で必ず行きたい定番スポット
  3. 3.前橋で人気のある観光地に行こう
  4. 4.前橋で有名な名所の観光地はここ
  5. 5.前橋で歴史を感じられる観光地に行こう
  6. 6.前橋の穴場の観光地に行こう
  7. 7.前橋で楽しい観光をしよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

前橋は群馬県を代表する観光地

Photo by fujitariuji

草津温泉や伊香保温泉、尾瀬、富岡製糸場など群馬県にはたくさんの観光スポットがあります。今回ご紹介する前橋も、赤城山や前橋公園、県内でも一番高い超高層ビルである群馬県庁などを抱える群馬を代表する観光地の1つです。

この記事では、前橋の定番の観光地や人気の観光名所、穴場の観光スポットをご紹介していきましょう。

前橋はどんな場所?

フリー写真素材ぱくたそ

前橋は群馬の県庁所在地です。総人口数では隣の高崎市に一歩譲りますが、江戸時代から一貫して、地域の政治の中枢の役割を担ってきたことから、歴史的な建造物や遺構がたくさんあります。

また、市の北部には赤城山があり、豊かな自然を楽しむことができる観光スポットも点在しています。

前橋へのアクセス方法

Photo by ume-y

東京から前橋へ鉄道を利用して行く場合は、JR高崎線や上野東京ラインで高崎駅へ出て、JR上毛線で前橋駅に向かうのが一般的です。また、早朝と昼間と夕方の3本だけですが、前橋行の列車も運行しています。

なお、自動車で前橋へ向かう場合は関越自動車道を利用して、前橋インターで降りるのがおすすめです。

前橋観光で必ず行きたい定番スポット

フリー写真素材ぱくたそ

前橋観光で必ず行きたい定番スポットをご紹介します。女性に人気の「赤城神社」、ファミリー層に人気の「道の駅 ぐりーんふらわー牧場大胡」、豊かな自然が楽しめる「赤城山」。

映画やドラマのロケ地として有名な「群馬県庁昭和庁舎」、7000株ものばらが楽しめる「敷島公園ばら園」、いずれのスポットも前橋観光では外せない定番の観光スポットです。

赤城神社

Photo by maijou2501

前橋観光で必ず行きたい定番スポット、1つ目は赤城山中の大沼の小鳥ヶ島に鎮座する「赤城神社」です。今回ご紹介する「赤城神社」は、「大洞赤城神社」とも呼ばれていて、関東地方に300社ある「赤城神社」の本宮と推測される神社の1つです。

ちなみに前橋市内には他にも、「三夜沢赤城神社」、「二宮赤城神社」という神社があり、それらも「赤城神社」の本宮ではないかと推測されています。

「赤城神社」には、継母に命を狙われた、赤城姫と淵名姫という二人の美しい姫が、赤城山へ逃げ込んで難を逃れたという伝説が残っていて、そのことから、恋愛成就や縁結び、安産などの女性の願いを叶えるパワースポットとして全国的にも有名です。

女性に人気の前橋の定番の観光名所「赤城神社」へのアクセス方法は、JR前橋駅より関越交通バス赤城山線に約90分乗車、「あかぎ広場前」下車となっています。なお、土曜、日曜、祝日は前橋駅から直通バスが運行しています。

住所 群馬県前橋市富士見町赤城山4-2
電話番号 027-287-8202

道の駅 ぐりーんふらわー牧場大胡

前橋観光で必ず行きたい定番スポット、2つ目は関越自動車道「赤城インター」から約20分のところにある「道の駅 ぐりーんふらわー牧場大胡」です。オランダ式風車が目印の広い牧場があり家族で楽しめる人気のスポットです。

「道の駅 ぐりーんふらわー牧場大胡」には、「ぐりーんふらわー牧場」のほか、花木農産物直売所の「さんぽ道」、「レストハウス まきば」があります。

「道の駅 ぐりーんふらわー牧場大胡」の営業時間は、牧場部分は常時開放、「さんぽ道」3~9月が9:30~17:30、10~2月が9:30~16:30、「レストハウス まきば」3~9月が9:30~16:30、10~2月が10:30~15:30で年中無休(年始:12月31日~1月7日まで休業)となっています。

住所 群馬県前橋市滝窪町1369-1
電話番号 027-283-5792

赤城山

Photo by maijou2501

前橋観光で必ず行きたい定番スポット、3つ目は群馬県の3市1村(前橋市、桐生市、沼田市、渋川市、利根郡昭和村)にまたがる「赤城山」です。日本百名山の一つで、先に紹介したパワースポットとしても人気の「赤城神社」があります。

「赤城山」は、標高1828mの主峰・黒檜山とその他の外輪山からなる山で、本格的な登山はもちろん家族で楽しめるハイキングコースと色々なルートが選べる人気の山岳です。また、冬季には山麓の様々な場所がイルミネーションで飾られることでも有名です。

群馬県でも定番の観光名所「赤城山」へのアクセスは、JR前橋駅からより関越交通バス赤城山線に90分乗車、前橋駅から直通バスが運行(60分乗車)しています。

群馬県庁昭和庁舎

前橋観光で必ず行きたい定番スポット、4つ目はJR前橋駅から徒歩20分(バスで6分)のところにある「群馬県庁昭和庁舎」です。昭和3年(1928年)に前橋城の跡地を利用して建設された洋風建築物で、平成8年(1996年)には国の登録有形文化財に指定されています。

1階外壁は擬石タイル張り、2、3階はスクラッチタイル張りと昭和初期の典型的な洋風建造物で、映画やドラマのロケにも使われ、観光スポットとしても人気です。1階には喫茶「G FACE CAFE」もあり、見学後に休憩するのにおすすめのスポットです。

「群馬県庁昭和庁舎」の開館時間は8:30~22:00で、休館日は年末年始(12月29日~1月3日)と、設備点検日(例年11月中頃)となっています。

住所 群馬県前橋市大手町-1-1
電話番号 027-226-2119

敷島公園ばら園

前橋観光で必ず行きたい定番スポット、5つ目はJR前橋駅からバス(関越交通バス緑ヶ丘町経由で「老人センター入口」下車)で20分のところにある「敷島公園ばら園」です。北関東最大のバラ園で、前橋市でも定番の観光スポットです。

前橋市の花でもある「ばら」が600種、7000株も栽培されています。、約600株の「ばら」がスタンダード仕立てで植えられているのが特徴のばら園です。なお5月中旬~6月上旬には、ばら園まつりが開催され、夜間はライトアップも実施されます。

たくさんの「ばら」が楽しめる定番の観光名所「敷島公園ばら園」の開園時間は、9:00~17:00で、年中無休です。なお、正門(南門)西の通用門は常時開門しています。

住所 群馬県前橋市敷島町262
電話番号 027-232-289

前橋で人気のある観光地に行こう

Photo by suneko

前橋で人気のある観光地をご紹介します。「ぐんまフラワーパーク」では、様々な草花を見ることができます。「るなぱあく」では、どこか懐かしいレトロなアトラクションが楽しめます。

「世界の名犬牧場」では可愛い犬と触れ合ったり、愛犬と一緒に観光することができます。「大理石村ロックハート城」では、スコットランドから移築した本物のお城を見学できます。

ぐんまフラワーパーク

前橋で人気の観光地、1つ目は群馬県前橋市柏倉町にある「ぐんまフラワーパーク」です。群馬県立の植物園で、総面積は18.4haで、温室エリアや四季のエリア、わんぱく広場、太陽の広場などのエリアに分かれています。

パークの中心には高さ18メートルの「パークタワー」があり、展望台としてパーク全体や赤城山、遠くは東京スカイツリーや富士山も見ることができます。タワーの前には「フラトピア大花壇」があり、春には20万球のチューリップが花を咲かせます。

様々な草花が楽しめる定番の観光名所「ぐんまフラワーパーク」の開園時間は、9:00~17:00(11月~2月は16:00まで)、ナイター営業(11月~2月の17:00~21:00)で、年中無休です。

住所 群馬県前橋市柏倉町2471-7
電話番号 027-283-8189

るなぱあく

前橋で人気の観光地、2つ目は群馬県前橋市大手町にある「るなぱあく」です。昭和29年(1954年)に開園しました。開園時からの正式な名称は、「前橋市中央児童遊園」ですが、平成16年(2004年)に愛称の市民公募を行い、現在の「るなぱあく」という愛称が選ばれました。

「るなぱあく」は日本一懐かしい遊園地と呼ばれ、前橋市民であれば、親子三代で遊んだことのある遊園地です。メリーゴーランド、ジェットコースターなどの人気の定番アトラクションは50円、電動木馬など小型の乗り物は10円で乗ることができます。

「るなぱあく」の営業時間は3~10月が9:30~17:00、11~2月が9:30~16:00で、定休日は火曜(祝日の場合は翌日)となっています。なお、無料の駐車場があります。

住所 群馬県前橋市大手町3-16-3
電話番号 027-231-6774

世界の名犬牧場

前橋で人気の観光地、3つ目は群馬県前橋市富士見町石井にある「世界の名犬牧場」です。赤城山山麓にあり、70種、300頭の犬たちとふれあえるテーマパークです。犬同伴での入場できますので、犬と一緒に観光するなら外せない観光スポットです。

「世界の名犬牧場」では、子供に人気のわんわんふれあいルームや犬とパーク内をお散歩できるわんわんふれあい広場、日本最大のドッグラン、ドッグカフェ、グッズショップなどもあり愛犬と楽しい時間が過ごせる人気のスポットです。

「世界の名犬牧場」の営業時間は、10:00~18:00、休園日は12月31日~1月2日です。入園料は、大人650円(中学生以上)、小人450円(4歳以上)、犬450円となっています。

住所 群馬県前橋市富士見町石井2252-1
電話番号 027-288-1661

大理石村ロックハート城

Photo by suneko

前橋で人気の観光地、4つ目は群馬県吾妻郡高山村にある「大理石村ロックハート城」です。1829年にスコットランドで築城された、ロックハート城を日本に移築、復元されたお城を中心に、石の教会などが展示される、石のテーマパークです。

「大理石村ロックハート城」は、おとぎ話に出てくるような古城で、色々な体験イベントや、貴重なコレクションが観覧できる人気の観光スポットで、結婚式やドラマやCMなどのロケ地としても利用されています。

「大理石村ロックハート城」の営業時間は9:00~17:00(1月中旬~2月末の平日は10:00~16:00)で、年中無休です。入園料は、大人1100円(中学生以上)、子供600円(4歳以上)です。

住所 群馬県吾妻郡高山村5583-1
電話番号 0279-63-2101

前橋で有名な名所の観光地はここ

Photo by urbaning

前橋で有名な名所の観光地をご紹介します。「赤城自然園」では、赤城山の豊かな自然を堪能できます。「華蔵寺公園遊園地」では、定番のアトラクションが揃っていて1日中遊ぶことができます。「楽歩堂前橋公園」には様々な観光スポットがあります。

「群馬県庁32F展望ホール」は、群馬でも一番高い超高層ビルである群馬県庁から関東平野を見渡すことができます。

赤城自然園

前橋周辺で有名な名所の観光地、1つ目は群馬県渋川市にある「赤城自然園」です。定番の観光名所として紹介した、赤城山の西麓に位置する自然観察園で、赤城山の豊かな自然を堪能できる観光名所です。JR渋川駅からシャトルバスやタクシーで20分のところにあります。

「赤城自然園」は東洋でも有数のシャクナゲ園やツツジの丘がある「セゾンガーデン」やしばふ広場や秘密基地のような樹上小屋がある「四季の森」、昆虫広場やカブトムシの森などがある「自然生態園」などで構成されています。

「赤城自然園」の開園時間は、9:00~16:30で、休園日は4月~11月は火曜日、12月から3月が土曜、日曜(5月は無休)となっています。

住所 群馬県渋川市赤城町南赤城山892
電話番号 0279-56-5211

華蔵寺公園遊園地

前橋周辺で有名な名所の観光地、2つ目はJR伊勢崎駅から徒歩20分の華蔵寺公園内にある「華蔵寺公園遊園地」です。遊園地の入場料は無料で、各乗り物、遊具ごとに利用料金を払うシステムになっています。

「華蔵寺公園遊園地」には、ジェットコースター(コズミック・エキスプレス)や大観覧車(ひまわり)、メリーゴーラウンドなどの定番アトラクションが揃っていて、1日中遊んでいられます。

「華蔵寺公園遊園地」の営業時間は、9:00~17:00(2月~12月は9:30~16:30、その他イベント等により営業時間延長あり)で、休園日は火曜(4月、8月は無休)と年末年始です。

住所 群馬県伊勢崎市華蔵寺町1
電話番号 0270-25-4478

楽歩堂前橋公園

前橋周辺で有名な名所の観光地、3つ目はJR前橋駅から徒歩30分(最寄りの上毛電鉄前橋中央駅からは徒歩20分)のところにある「楽歩堂前橋公園」です。「前橋公園」の名前でも知られる市民の憩いの場で、桜の名所としても有名で春には花見客で賑わいます。

「楽歩堂前橋公園」には、先ほどご紹介した「るなぱあく」や皇室ゆかりの群馬県の形(鶴舞う形)をかたどった「さちの池」、「親水・水上ステージゾーン」、「みどりの散策エリア」、「日本庭園」などの施設があります。

前橋市街からほど近い場所にある観光名所「楽歩堂前橋公園」は常時開放で年中無休ですが、日本庭園は9:00~17:00開園で、休園日は年末年始(12月29日~1月3日)となっています。

住所 群馬県前橋市大手町3
電話番号 027-225-2116

群馬県庁32F展望ホール

前橋周辺で有名な名所の観光地、4つ目はJR前橋駅から徒歩22分(バスで6分)のところにある「群馬県庁32F展望ホール」です。群馬県で最も高い超高層ビルである、群馬県庁の32階(最上階である33階は機械室なので一般人が入れる中では1番の高層階)にある展望台です。

地上127メートルの「群馬県庁32F展望ホール」からは、県内はもちろん関東平野をすべて見渡すことができます。入場料は無料ですが、比較的空いているのでじっくりと景色を堪能することができる穴場スポットです。また夜遅くまで開いているので夜景も楽しめます。

穴場の絶景スポット「群馬県庁32F展望ホール」の営業時間は、平日が8:30~22:00、土曜、日曜、祝日が9:00~22:00で、年中無休となっています。

住所 群馬県前橋市大手町1-1-1
電話番号 027-223-1111

前橋で歴史を感じられる観光地に行こう

Photo by urbaning

前橋で歴史を感じられる観光地をご紹介します。「臨江閣」は明治の近代和風建設を見ることができます。「前橋城」の遺構は群馬県庁舎の周辺に点在しています。

「前橋文学館」では、前橋ゆかりの詩人、文学者に関する資料が展示されています。「粕川歴史民俗資料館」では、赤城山の遺跡からの出土品を見学することができます。

臨江閣

前橋で歴史を感じられる観光地、1つ目は先ほどご紹介した「楽歩堂前橋公園」内にある「臨江閣(りんこうかく)」です。本館、別館、茶室で構成されていて、それぞれ国の重要文化財に指定されています。

本館は明治17年(1884年)に建設された近代和風建築で、同じく明治17年に建てられた茶室はわびに徹した草庵茶室となっています。明治43年(1910年)に建てられた別館は書院風建築の貴賓館で、一府十四県連合共進会の為に建設されました。

明治の建築が見学できる観光名所「臨江閣」の開館時間は、9:00~17:00で、休館日は月曜(祝日の場合は翌日)となっています。なお、観覧は無料となっています。

住所 群馬県前橋市大手町3-15
電話番号 -

前橋城

前橋で歴史を感じられる観光地、2つ目はJR前橋駅から徒歩25分(バスで10分)のところにある「前橋城」です。江戸時代以前は「厩橋城(まやばしじょう)」の名前で知られ、江戸時代に大改修が行われ、前橋藩の藩庁となりました。

「前橋城」の遺構はほとんど残っていませんが、石垣や土塁、堀などの一部が残っています。本丸跡地には先ほどご紹介した県庁舎が置かれ、二の丸跡地には前橋市役所が置かれるなど、今も群馬県や前橋市の中枢として重要な場所となっています。

「前橋城」の跡地はまとまった公園という形では残っていませんが、県庁の周辺に遺構が点在しています。県庁や昭和庁舎のついでに散策できる穴場の観光名所です。

前橋文学館

前橋で歴史を感じられる観光地、3つ目はJR前橋駅から徒歩20分(バスで7分)のところにある「前橋文学館」です。

「前橋文学館」では、日本近代詩の父と呼ばれる萩原朔太郎や、朔太郎ゆかりの平井晩村、高橋元吉、山村暮鳥、萩原恭次郎、伊藤信吉などの前橋ゆかりの詩人、文学者の資料を常設展示しています。また、定期的に様々な企画展が開催されています。

「前橋文学館」の開館時間は、9:00~17:00で、休館日は水曜(祝日の場合は翌日)と年末年始となっています。常設展示の観覧料は一般・大学生が100円、高校生以下は無料です。なお、特別企画展開催中は観覧料が変更されます。

住所 群馬県前橋市千代田町3-12-10
電話番号 027-235-8011

粕川歴史民俗資料館

前橋で歴史を感じられる観光地、4つ目は上毛電鉄膳駅から徒歩約8分のところにある「粕川歴史民俗資料館」です。粕川小学校の旧木造校舎の一部を移築、復元して造られた歴史民俗資料館です。

「粕川歴史民俗資料館」では、赤城山南麓の遺跡から出土した縄文時代から中世にかけての土器や埴輪などのほか、資料館に隣接する「膳ぜん城跡」の出土品も展示されています。また、蚕糸業や農業に使われた道具や昔の生活用具なども見ることができます。

穴場の歴史スポット「粕川歴史民俗資料館」の開館時間は、10:00~16:00で、休館日は月曜、火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)です。

住所 群馬県前橋市粕川町膳48-1
電話番号 027-230-6388

前橋の穴場の観光地に行こう

Photo by cinz

前橋の穴場の観光地をご紹介します。群馬県初の公会堂建設「群馬会館」、駅前で温泉に入れる「まえばし駅前 天然温泉 ゆ~ゆ」、戦国武将ゆかりの槍のレプリカがある「前橋東照宮」、古墳もある「大室公園」、いずれも通好みの穴場スポットです。

群馬会館

前橋の穴場の観光地、1つ目はJR前橋駅から徒歩20分(バスで6分)のところにある「群馬会館」です。昭和5年(1930年)に建設された、群馬県初の公会堂建築で、先ほどご紹介した群馬県庁昭和庁舎の向かいにあります。

昭和58年に内部改修が行われ、現在も公会堂として利用されている「群馬会館」ですが、外観は建設当時の姿を維持されていて、昭和初期の建築を鑑賞することができます。なお、平成8年(1996年)には国の登録有形文化財にしていされています。

昭和初期の建築が見学できる穴場の観光名所「群馬会館」の見学可能時間は、9:00~17:00で事前の申し込み(希望日の6日~2日前)が必要です。なお、年末年始は休館となっています。

住所 群馬県前橋市大手町2-1-1
電話番号 027-226-4850

まえばし駅前 天然温泉 ゆ~ゆ

前橋の穴場の観光地、2つ目はJR前橋駅から徒歩2分のところにある「まえばし駅前 天然温泉 ゆ~ゆ」です。泉質は熱海や伊香保、白浜と同じ泉質(ナトリウム(塩化物和泉))で、体を温め、疲れが取れる効果があります。

「まえばし駅前 天然温泉 ゆ~ゆ」には、露天風呂や内風呂、ドライサウナ、スチームバス、岩盤浴(別料金)などの入浴施設があり、マッサージチェアが設置された休憩室やランチメニューが充実した食事処もあります。

穴場の駅前温泉「まえばし駅前 天然温泉 ゆ~ゆ」の営業時間は10:00~23:00で、年中無休です。料金は大人が平日650円、休日750円、小学生が330円、幼児が120円となっています。

住所 群馬県前橋市表町2-10-31
電話番号 027-224-0111

前橋東照宮

前橋の穴場の観光地、3つ目は先ほどご紹介した「楽歩堂前橋公園」内に鎮座する「前橋東照宮」です。全国に多数ある徳川家康を祀る東照宮の1社で、元々は越前(現在の福井)にありましたが、創建した大名家(松平大和守家)の異動に伴ってこの地に移って来ました。

「前橋東照宮」には松平大和守家の祖である松平直基の父結城秀康(家康の次男)ゆかりの槍で、天下三名槍にも数えられる「御手杵の槍」のレプリカを見ることができます。戦国好きにはたまらない穴場の観光スポットです。

戦国好き必見の穴場スポット「前橋東照宮」は常時参拝可能(ご祈祷の受付時間は10:00~16:30)で、年中無休となっています。

住所 群馬県前橋市大手町3-13-19
電話番号 027-231-2031

大室公園

前橋の穴場の観光地、4つ目は群馬県前橋市西大室町にある「大室公園」です。最寄りの駅(上毛電鉄新屋駅、JR国定駅)からは離れた場所にありますが、無料の駐車場(530台分のスペースあり)も完備されているので、子供連れでも出かるにはもってこいの穴場の公園です。

「大室公園」では、中二子古墳、後二子古墳、小二子古墳などの国指定史跡を見学したり、この地域の古民家を再現した「民家園」や豊かな自然を楽しむことができます。子供が遊べる遊具も充実していますので、親子で楽しめる公園となっています。

古墳もある穴場の公園「大室公園」の最寄りのバス停は「大室公園バス停」で、JR前橋駅や上毛電鉄中央前橋駅などから乗車できます。

住所 群馬県前橋市西大室町2545
電話番号 -

前橋で楽しい観光をしよう!

Photo by inunami

ここまで前橋の観光スポットをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?前橋には有名スポットから穴場の名所まで様々な観光地があります。群馬観光では、多様な楽しみ方ができる前橋がおすすめです。

速水喜彦
ライター

速水喜彦

歴史と酒と食べることが好きです。神社仏閣、歴史関連、日本酒、飲食店の記事を中心に執筆しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング