グアムのコンセント事情を徹底解説!形状や電圧・変圧器は必要?

グアムのコンセント事情を徹底解説!形状や電圧・変圧器は必要?

昨今は海外旅行の際に、電化製品の充電などで、海外のコンセント事情をおさえる必要があります。グアム旅行でも、それは同じです。グアム旅行の際にスマホなどの充電が気になる方も多いでしょう。コンセントの形状事情やグアム旅行の際に持っておくと便利なものをまとめました。

    記事の目次

    1. 1.グアムのコンセントについて詳しく解説
    2. 2.グアムのコンセントやプラグの形状は
    3. 3.グアムのコンセント電圧は
    4. 4.グアムのコンセントで充電可能なものは
    5. 5.グアムのコンセントで使える充電グッズは
    6. 6.グアム旅行へ行く時はコンセントプラグを確認しよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    グアムのコンセントについて詳しく解説

    Photo by shishamo72

    グアムは日本との時差はあまりなく、比較的アクセスしやすい旅行先です。厳密に言うとグアムはアメリカではなく占領地ですが、日本から最も近いアメリカと言っても良いでしょう。

    グアムは、旅行地として大変人気ですが、コンセント事情が気になります。グアムに限らず旅行でも、スマホなどを持っていくこともあります。コンセントやプラグ、コンセント事情はおさえましょう。海外旅行をする際に、変圧器の事を考える事はセオリーです。

    グアムに限らず海外に旅行する時にはコンセントのプラグや変圧器のことを忘れてしまうと充電ができないなど不便なことになってしまうので、プラグや変圧器のことも押さえておきましょう。そこでグアムのコンセントなどについて詳しく解説していきます。

    グアムのコンセントやプラグの形状は

    フリー写真素材ぱくたそ

    現地で電化製品を使うときに気になるのは、コンセントなどの形状です。場合によっては、コンセントやプラグの形状は日本と全く違うケースもありますので、グアムへ海外旅行をする際は必ずコンセントやプラグの形状に気をつける必要があります。

    旅の思い出を写真撮影するためにスマホが手放せない方も多いです。どのような点に気を付けていくべきかが気になる方も多いことでしょう。コンセントの形状などについて詳しく解説していきます。

    3つ穴と2つ穴の2種類

    Photo by odysseygate

    日本は基本的にコンセントのプラグ形状は2つ穴です。現地では、3つ穴と2つ穴の形状があります。従って、グアムでも日本から持ってきた電化製品のコンセントでも対応することは可能です。

    その点から、日本から持ち込んだものでも、グアムでコンセントが全く使えないリスクは避けることができます。後に触れますが、グアムにて日本電化製品のプラグやコンセントを使う際に、電圧が違う点から変圧器が必要になってくるケースがあります。

    日本と同じA型

    Photo by AlejandroAndres

    世界のコンセントの形状やプラグの形状には色々な形があり、A型、B型、C型、ともすればSE型など、様々な形状のものがあります。

    グアムは、日本と同じでA型です。だからこそ、現地では他の国のように変換するプラグがなくても対応できるケースもあります。現地で自国のプラグをコンセントに挿して使うことができる点では非常に便利です。

    次のページ

    グアムのコンセント電圧は

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング