ハワイの雨季はいつ?時期毎の楽しみ方や服装・降水量は?

ハワイの雨季はいつ?時期毎の楽しみ方や服装・降水量は?

ハワイは日本人に最も身近で親しみを感じるリゾート地です。リピーターが多いハワイの魅力の一つは湿度の低い気候にあると言えますが、ハワイにも雨季はあります。そこで今回は、ハワイの雨季や乾季について、時期ごとの特徴、そしてエンジョイ方法についてご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.ハワイってどんなところ?
  2. 2.ハワイ州の島
  3. 3.ハワイの気候
  4. 4.ハワイの時期毎の服装
  5. 5.ハワイの雨季の楽しみ方3選
  6. 6.ハワイの雨季でも楽しい観光スポット4選
  7. 7.ハワイの雨季を楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ハワイってどんなところ?

Photo byBKD

訪れたいリゾートとしてハワイは常に人気のスポットです。どこにその魅力があるのかと、訪れたことがない方は感じるかもしれませんが、行ってみればたちまち虜になってしまうほど人々を魅了する不思議な力を持ってる場所です。

その魅力の一つはなんと言っても様々なことを楽しめる環境にあります。ビーチリゾートであるハワイの醍醐味を体感できるマリンスポーツをはじめ、ショッピングやグルメなど、それぞれのニーズに応えてくれるリゾート地です。

Photo by nom06231

そして、そのニーズを叶えてくれるのがハワイの快適な気候です。日本よりずっと低い湿度は、いつ訪れても快適な環境で、滞在を満喫できます。旅に出るなら気候も大切な要素になりますが、その点ハワイなら問題なく過ごすことが可能なのです。

そこで今回は、ハワイの滞在をより充実したものにするために、気候についてご紹介するとともに、時期ごとのハワイでの楽しみ方についてもりだくさんでご案内いたします。

雨季・乾季に関わらず海を満喫できる島

Photo bydabelynn

ハワイの気候は、熱帯に属していて、湿度が日本と比べると低くなっています。これは貿易風の影響です。そのため、雨季、乾季があるハワイですが年間を通して過ごしやすい環境を作っているのです。ハワイはどの時期に行っても美しい青々とした海と青空が迎えてくれます。

ハワイ州の島

Photo byhmmunoz512

常夏の島ハワイは、世界有数のリゾートして日本のみならず、たくさんの人が世界中から訪れている場所です。ハワイはマウイ島、ハワイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と、100以上もの小島からなっています。

主に観光客が訪れるのは、オアフ島をはじめ6島になっていて、それぞれ個性あふれる魅力があり日本からも近年、ハワイ島やマウイ島をはじめとする島々を訪れる観光客も増えています。新しい発見を求めてそれ俺の島を訪れるのもおすすめです。新たなハワイの魅力を体感できます。

それぞれの島の特徴をご紹介していきます。旅のプランも楽しみ方もより具体的になるはずです。

ハワイ島

Photo bykdvandeventer

ビッグアイランドと呼ばれるハワイ島は、面積がハワイの他の島を全部合わせたものよりも2倍近いという大きさです。美しい海と素朴な雰囲気のゆったりとした街並みは情緒があり静かなリゾート感を堪能できます。

その一方で、今なお火山活動が続くキラウエア火山があったり、黒い砂で覆われたビーチ、ブラックサンドビーチ、そして海底からの高さが世界最高峰のマウナケアなど、大自然の力強いパワーを感じる景色も堪能することができる観光スポットになっています。

Photo byskeeze

街の中心地ヒロには、古い建物が立ち並び落ち着いた雰囲気が、オアフとは違った魅力を放っています。大きな島なので、見所が点在していて、自然の美しさと生命力溢れる様をみたい、という方にぴったりの訪れたい島と言えます。

オアフ島

Photo byjed_ant

ハワイのメイン観光地といっていいオアフ島では、ゴージャスで、有意義なハワイライフを満喫できます。世界有数のリゾート地ホノルルには、様々なアクティビティーを楽しむことができます。ワイキキビーチに行けば、これぞハワイ、という思い描いていた海を実際に目にすることができます。

オアフ島の魅力は、ハワイ州の州都としてモダンで都会的な華やかさを体感できる一方で、少し離れると大自然に触れることができる側面があることでしょう。

Photo byskeeze

たくさんのリゾートホテルや大きなショッピングモール、そして日本でもブームになっているパンケーキなどのスイーツや豊かな食文化にも触れることができます。オアフ島は、都会的な楽しみ方と、自然と触れ合う楽しみ方の両方が堪能できる欲張りな願いも叶えてくれる島になります。

初めてハワイを訪れるという方なら、海、観光、そしてショッピングと楽しみ方の幅が広く外せない島がオアフ島です。

マウイ島

Photo bymcyumyum

渓谷の島と呼ばれているマウイ島は、溶岩の噴火で繋がり、1つの島となったことからそう言われています。との美しい島の景色を堪能できる観光地です。静かで美しいビーチは、オアフ島のワイキキとは違った落ち着きを感じます。

また、マウイ島は、ハワイでホエールウォッチングも楽しめる所としても人気です。温かい海水のマウイ島周辺には毎年何千匹ものザトウクジラが集まってきていて、多くの観光客がこれを目当てにマウイ島を訪れています。

フリー写真素材ぱくたそ

また、美しい三日月型をした島、モロキニ島も特別感を感じさせる場所として有名です。湖のリゾートそして大自然の壮大さを感じる渓谷も是非訪れたいマウイ島の魅力の観光スポットになります。

カウアイ島

Photo byAloha_Mahalo

カウアイ島は、ハワイ諸島の中で最も古くに形成されたとされている美しい島です。壮大な渓谷や透明度の高い海は、観光地としての魅力溢れる場所で、ハワイの歴史を感じる自然の宝庫といえる島です。

秘境といえる墓所が点在しているカウアイ島には、長さが22kmにも及ぶ、太平洋のてでランドキャニオンとも呼ばれているカイメア渓谷や、ヘリコプターやボートで訪れることができる全長27kmにも及ぶナパリコーストの眺めは圧巻です。

Photo bynerka3

そして全米ナンバーワンビーチにも選ばれびかたことがあるポイプビーチパークは、白い砂浜で透明度の高い海で、必見です。手付かずの自然が残されているカウアイ島は、ハワイの島々の中でも特別な魅力溢れる場所です。

モロカイ島

Photo bymcyumyum

全長61kmの島モロカイ島は、近隣の島からも日帰りで訪れることができる島で、大自然の魅了を堪能することができます。こちらでもホエールウォッチングが有名で、12月から5月までの間がシーズンいなっています。

ハワイ海はどの島でも美しさを誇りますが、モロカイ島は、モロカイ島の南側の沖合には、サンゴ礁が広がっていて、ハワイ最長になっています。また、モロカイ島は、フラが生まれた島でもあり、毎年盛大にフラのイベントが開催されています。

ラナイ島

Photo by nyanchew

近年観光地としての人気も高まっているのがラナイ島です。ハワイ諸島の中で、人口が最も少なく、およそ3100人ほどの小さな島です。まさに地上の楽園という表現がぴったりの島の魅力はハワイ通からの注目度も高いと言えます。

パイナップルアイランドと呼ばれたこの島は、かつては世界のパイナップルの約2割に量を生産していました。現在では、その静かでナチュラルな自然の魅力を体感しに観光客が訪れている島です。注目度も高まっている島は訪れる価値大です。

ハワイの気候

Photo bydanfador

常夏の気候が人々を魅了しているハワイは、ジメジメとした湿気を感じることなく過ごしやすい気候が人気です。年間に雨季と乾季があるばかりでなくハワイにも冬が存在します。といってもハワイは、降水量が少なく安定した気温は常に24℃から30℃で安定しています。

またハワイには偏西風が常に吹いていて、気温が上がり過ぎない、寒暖差が少ないというのも特徴と言えます。そのためいつ訪れてもベストシーズンといえる快適な土地なのです。カラッとした爽やかさは、一度訪れるとその心地の良さに感動してしまうはずです。

Photo byphoto-graphe

では、ハワイの降水量は、雨季と乾季とはどのようなものなのでしょうか?気温や降水量を確認していきましょう。

雨季

Photo byPublicDomainPictures

ハワイの雨季は、11月から4月の間になっています。雨季でも降水量は低く、一日中雨が降るということはあまりありません。降ったとしても、にわか雨、シャワーと言われる朝や夕方にサッと降る程度で降水量に関して心配がありません。

雨が上がった後は爽やかで、ビーチで泳ぐこともできます。降水量があると憂鬱な気分になるものですが、ここハワイでは雨季でもそう感じることもなくむしろ快適です。雨上がりには美しい虹を見ることもできます。

雨季の降水量

フリー写真素材ぱくたそ

ハワイの降水量というのも雨季の時期に訪れるなら気にしておきたいものです。雨季の降水量は、ホノルルを例にすると、約400mmになっていて、これは年間の降水量の75%にあたります。

降水量が集中している雨季となると量も多い気がしますが、日本の降水量と比べるとその量はかなり少ないです。

そのためハワイは、雨季のシーズンでも過ごしやすいのです。降水量が比較的多い雨季の時期に訪れたとしても心配は入りません。雨季に降る雨は、1日のうちにザーッと降ったかと思えばすぐにやむものが多いので、雨季でも行動に影響が出るようなことはありません。

Photo byAloha_Mahalo

ざっと降った雨の後には、虹が見られたりして、むしろ得したような気分にもなります。少ない降水量のハワイの雨もポジティブな楽しみ方として受け入れられるので、雨季のハワイ旅行も問題がありません。

乾季

Photo byFree-Photos

では、ハワイの乾季はどんな気候なのでしょうか?ハワイの歓喜は時期的に5月から10月の間です。この期間の最低の気温は23℃、最高気温は平均では大体、31℃となっています。乾季は安定して気温が高い期間が続くので、まさに常夏を満喫することができます。

気温は高くても、日本のような湿気とジメジメした暑さではなくカラッとしています。湿度が低く、さわやかな風もあり、大変過ごしやすい気候がハワイの乾季です。これがハワイに何度も訪れたくなる理由の一つと言えます。

1年中気温差が少なく快適に過ごせる

Photo by nom06231

ハワイは1年中いつ訪れてもアクティビティーを楽しめるまさに楽園です。雨季だからといって旅行をためらう心配がないのが嬉しいポイントです。雨季でも、乾季でも思い立った時に行くことができるので、旅行の計画もたやすくなります。

乾季はもちろん雨季でも日差しは大変強いので気をつけましょう。うっかりしていたら、火傷してしまったということもよく聞きます。日焼け止め対策は万全にしておきましょう。

ハワイの時期毎の服装

Photo bycongerdesign

年間を通じて過ごしやすいハワイは、服装選びも楽です。1年の平均気温は26℃で、これは日本の9月ごろの気温になります。現地では、Tシャツ、半袖シャツ、ハーフパンツや、薄手のワンピース、サンダルなど軽い服装で問題がありません。雨季と乾季の服装についても確認していきましょう。

雨季

Photo byveerasantinithi

ハワイの雨季は、日本の雨季である梅雨とは違い過ごしやすいのがハワイの特徴です。一年を通じて温暖な気候で、降水量も少ないので、肌寒いと感じることはあっても寒いということはないと言っていいでしょう。

ただし、夜は気温も下がるので、服装としてカーディガンや長袖のシャツが必要になります。また、ショッピングモールやレストランなど室内の施設は冷房の設定が高めなので、羽織るものを常に用意しておきましょう。

Photo byFelixMittermeier

ハワイの雨季の時期は日本の冬の時期に重なるので、この時期に訪れる方はハワイと日本との温度差にも注意が必要です。移動の服装として、たたむことができるコンパクトなダウンがあると活躍します。

乾季

フリー写真素材ぱくたそ

ハワイの平均気温は、乾季の間は平均で30℃で、海やアクティビティーも存分に楽しめます。服装も、カジュアルでラフなスタイル、そして半袖の服装で問題ありません。ただし、昼と夜の温度差が激しく、朝晩は冷え込むことがあるので服装にも注意が必要です。

急激な温度変化にも対応できるようにカーディガンや薄手のジャケット、パーカーなど羽織る服装の用意は必須です。また、ホテルやレストラン、ショッピングモールやスーパーなどの室内の施設は冷房の設定が強めなので、体が冷えやすいです。

Photo by yusuke.kokubo

そのためたたんでバッグに収納できるようなカーディガンなどを持ち歩くといいでしょう。雨季、乾季ともに羽織りものは用意をしておきましょう。また、雨季、乾季にかかわらず、TPOを考えた服装も準備しておくといいでしょう。

例えばちょっとシックなレストランへ食事に行く際は、ジャケット着用のところもあるのでワンピースや靴などの服装の用意もあるといざというときに役立ちます。また、服装として以外にもう一つ気をつけてきたいのが雨季、乾季ともに紫外線です。

フリー写真素材ぱくたそ

ハワイの日差しは強いので紫外線対策は万全にしておきましょう。サングラスや帽子を着用したり日焼け止めクリームでしっかりと肌を守りましょう。日焼け止めは現地でも購入可能ですが、肌への相性や、敏感肌の方は日本で自分に合っているものを持っていくのが無難です。

服装準備もしっかりとしておくことで、雨季も乾季も関係することなく、年間を通してエンジョイすることができます。常夏のハワイでも服装に注意を払っておきましょう。

ハワイの雨季の楽しみ方3選

Photo byrhodes8043

年中バケーションを楽しめるハワイですが、ここでは雨季のシーズンにハワイに訪れる時の特に楽しんでもらえることをご紹介いたします。ハワイの雨季は11月から4月です。年末年始や春休みで多くの人が出かけるシーズンでもあります。

この雨季の時期に見逃して欲しくない楽しみ方があります。ハワイの雨季の楽しみ方を確認して旅のプランを練ってみましょう。

ホエール・ウォッチング

Photo byFree-Photos

ハワイの雨季の楽しみ方としておすすめなのがホエールウォッチングです。ハワイの観光客の最も人気のオプショナルツーアーの一つです。ハワイの海に毎年12月から3月にかけてやってくるクジラを目の前で見ることができます。

大迫力のクジラの躍動的な動きは感動的で思い出に残るものになるでしょう。この時期、雨季の間に限りのものだから特別感のあるアクティビティーとして、ぜひプランの中に入れて欲しいものです。

バーゲンセール

Photo bysteven_yu

ハワイの旅の魅力の一つがショッピンではないでしょうか。ハワイへ雨季の時期に旅行に出かけるのなら、ショッピングも楽しみ方の一つとしてチェックしておきましょう。11月の感謝祭後にあるブラックフライデーは、大規模なセールが行われる日で、雨季の時期にちょうど入っています。

ブラックフライデーは、近年日本でも定着してきたセールのでもあります。アメリカの感謝祭、サンクスギビングは、毎年11月の第4木曜日です。このイベントが終わった直後、日付が変わる深夜0時からセールをスタートするお店もあるほどで、一大イベントの一つです。

Photo byjarmoluk

高級ブランドアイテムも安く手に入れることができるので、これを目当てハワイを訪れる方もいるほどです。お買い物好きには外せない雨季のハワイの楽しみ方になります。

Photo byPublicDomainPictures

ハワイの雨季のもう一つの楽しみ方は虹です。雨季のシーズンは少しですが降水量もあり、虹を見る機会が多くなります。ハワイの雨季の雨は、短い時間に駆け抜けるシャワーのようなもので、降ってからもすぐにやみます。

天気雨のようなものなので、雨が上がった後は、美しい虹が空にかかるのを見ることができるでしょう。虹は見つけると気分も上がりますが、ハワイの景色のもとで見る虹は、より一層思い出深いものになります。

ハワイの雨季でも楽しい観光スポット4選

Photo byFree-Photos

ハワイはどんな時でも楽しめるアクティビティーがたくさんありますが、特に雨季の時期や、天候に左右され得ることなく楽しめるところ、訪れたいおすすめの観光スッポットをご紹介いたします。

ワイキキ水族館

Photo byPublicDomainPictures

ハワイ観光の楽しみ方として、訪れたいところの一つがホノルル水族館です。こちらは、ダイヤモンドヘッド近く、カピオラニ公園の海側にあり、アメリカの効率水族館として2番目に古く、1904年の創立で歴史のある水族館です。

水族館内は、ハワイの豊かな岩礁をたくさんの人に紹介したいというコンセプトで、館内にはハワイでしかみられない固有生物や、シー・ドラゴン、世界一巨大なシャコ貝、など珍しいものがたくさんあります。

Photo byBergadder

館内には携帯アプリで、音声ツアーも楽しめ、こちらは無料になっています。ハワイの水族館は旅の楽しみ方の一つになります。

住所 2777 Kalakaua Ave Honolulu, HI 96815
電話番号 808-923-9741

イオラニ宮殿

Photo by sayo-ts

次におすすめしたいハワイの雨季の観光の楽しみ方の一つとして訪れたいのがイオラニ宮殿です。イオラニ宮殿は、アメリカ唯一の宮殿で、ハワイの歴史を垣間見れる海以外の観光スポットとして人気です。

ハワイ王国の第7代カラカウア王と、第8代リリウオカラニ女王の公邸として使用された 宮殿になります。ガイドツアーも提供されていて日本語でのツアーもあります。日本語ガイドツアーはあらかじめ予約をした方が無難です。

住所 364 S King St., Honolulu
電話番号 808-522-0832 

ホノルル美術館

Photo by haru__q

ハワイには海だけでない楽しみ方もあ流というのを教えてくれるのがホノルル美術館です。アメリカで最も美しい美術館と表されている美術館で、1927年に設立されました。開放的で明るいデザインに設計されている館内は、ゆったりとした雰囲気でハワイのアートを楽しめます。

5万点を超える収蔵品があり、西洋、アジアの絵画や彫刻からアジア各国の絵画をはじめ、仏像や日本の浮世絵、近代アメリカの美術品など幅広く扱っているのが特徴です。リラックスした雰囲気のカフェもあり、おしゃれにハワイのアートを堪能できます。

住所 900 S.Beretania St., Honolulu
電話番号 808-532-8700

カハラモール

Photo byjarmoluk

ハワイの雨季でも楽しい、海以外の観光といえばやはりショッピングは欠かせません。ハワイはショッっピング天国と言えるほど充実した施設とラインナップの豊富さが注目のポイントになります。なかでもカハラモールは、観光客はもとより地元民も愛するモールです。

高級住宅街カハラ地区にあるモールで、スーパーマーケッチ、デパート、フードコート、そして映画館も設置してあり、ここで1日過ごしても飽きないほどの大きさです。アメリカのエンタテイメントを体感できるショッピングモールです。

ワイキキから車で15分ほどのところにあり、トロリーバスも運行しています。自分の買い物をはじめお土産もここで揃えることが可能です。

住所 4211 Waialae Ave. Honolulu, Hawaii 96816 
電話番号 808-732-7736

ハワイの雨季を楽しもう!

Photo byAloha_Mahalo

いかがでしたか?ハワイの気候、雨季と歓喜の過ごし方からおすすめの観光スポットまでハワイを網羅してご紹介足しました。改めてハワイの観光地としての人気のほども理解できたかと思います。次回のハワイ旅行のヒントに役立てていただけたら嬉しいです。

菅原秀美
ライター

菅原秀美

癒しは甘いもの、そして猫。カフェ巡りをしたり美味しいお酒を求めて食べ歩くのも大好きです。モットーは、いつまでもおしゃれ心を忘れずにいることです。気になる情報、話題について楽しく読んでいただけるような記事をご紹介していきます。よろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング