横浜の人気いちご狩りスポットランキングTOP7!一年中楽しめる場所は?

横浜の人気いちご狩りスポットランキングTOP7!一年中楽しめる場所は?

中華街や横浜赤レンガ倉庫、みなとみらいなどがあるおしゃれな観光地の横浜ですが、そんな横浜に実は新鮮ないちごを食べられるいちご狩りスポットがたくさんあります。旬のいちごを食べられる横浜のいちご狩りスポットをランキングでご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.横浜で人気品種のいちごを安い値段で満喫!
  2. 2.横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第7位
  3. 3.横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第6位
  4. 4.横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第5位
  5. 5.横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第4位
  6. 6.横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第3位
  7. 7.横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第2位
  8. 8.横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第1位
  9. 9.横浜で一年中いちご狩りを楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

横浜で人気品種のいちごを安い値段で満喫!

フリー写真素材ぱくたそ

横浜には中華街やお洒落なお店、綺麗な景色などの様々な観光地がありますが、甘くて美味しい新鮮ないちごを食べられるいちご狩りのスポットがたくさんあります。

普通いちご狩りが出来る時期は1月〜5月ですが、一年中いちご狩りを楽しめるスポットや、人気品種を安い値段で食べられるスポットなどをランキングでご紹介して行きます。

都心近くの横浜でいちご狩りができる場所があるの?

Photo by odysseygate

横浜には甘くて美味しい摘みたてのいちごを一年中食べられたり、安い金額でいちご狩りができたりなどたくさんのいちご狩りスポットがあります。都心からも近くすぐに行ける距離にあり気軽に出かけられます。

お子様を連れた家族でのお出かけやカップルでのデート、かわいい写真を撮りたい女子旅など様々なシチュエーションでいちご狩りに出かけることができます。

横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第7位

Photo bypasja1000

横浜でオススメの人気いちご狩りスポットランキング第7位は「もちだ農園」です。もちだ農園は横浜市神奈川区にあるいちご農園です。横浜駅西口から旭硝子行に乗り「釈迦堂前」で下車後歩いて約3分で行ける場所にあります。

「もちだ農園」

Photo by1195798

「もちだ農園」で食べられるいちごの品種は、大人気のいちご「紅ほっぺ」と、ビタミンCたっぷりの「おいCベリー」の2種類です。ミルクはおかわり自由になっているので、たっぷりつけて食べられます。いちご狩りの出来る期間は、1月上旬から5月下旬までです。

料金は時期により異なりますが、30分食べ放題で小学生から大人までが1100円〜1900円/2才〜未就学児が600円〜1000円/1才以下のお子様は大人一人につき一人まで無料になります。ハイシーズンでも1900円という安い金額で楽しめます。

開園時間は午前10時〜午後3時までとなっています。いちごの実が無くなり次第、閉園や休園になるため、事前にお問い合わせの上お出かけされるのがオススメです。

横浜で自然を満喫

フリー写真素材ぱくたそ

横浜にあるもちだ農園の周りには、日常ではあまり見かけない広々とした綺麗な自然が一面に広がっています。普段の都心で見られる賑やかな景色とはまた違う雄大な自然を楽しめます。いつもとは違う広々とした自然の中で、リフレッシュしながら甘酸っぱいいちごを思う存分食べて休日を満喫することができます。

住所 神奈川県横浜市神奈川区羽沢町1345
電話番号 080-6519-8358

横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第6位

Photo by hermitage#605

横浜でオススメの人気いちご狩りスポットランキング第6位は「ゆめが丘農園」です。横浜市泉区の相模鉄道ゆめが丘駅からすぐ近くにあるいちご農園です。

「ゆめが丘農園」

Photo byNickyPe

「ゆめが丘農園」で食べられるいちごの品種は4種類あります。紅ほっぺ、おいCベリー、章姫(あきひめ)、とちおとめです。2キロ2000円で販売するいちごの摘み取りイベントも定期的に行なっています。ホームページには団体専用の受付があり団体での利用も気軽にできます。

いちご狩りの料金は時期により異なります。小学生から大人1500円〜2000円/3才以上から小学生未満は半額(3月は1000円・5月は800円)/3歳未満は無料となっています。

開園時間は毎週土日祝の午前10時〜午後3時までです。広々とした840坪の敷地で栽培した美味しいいちごを常時2種類は思う存分楽しめます。完全予約制のため事前に電話で予約をするのがオススメです。

高設栽培で立ったままの姿勢でイチゴ狩り

フリー写真素材ぱくたそ

通常のいちご狩りは、地面にいちごがあり、腰を屈めていちごを収穫します。ですが、ゆめが丘農園では高設栽培という方法でいちごを育てているため、腰の位置にいちごがあります。

立ったままいちご狩りを楽しむことができ、腰を屈めるのが大変なお年寄りの方にも楽しんでいただけます。完熟したいちごも見やすい位置にあるため、見逃すことなくいちごを収穫することができます。

住所 神奈川県横浜市泉区下飯田町1653番
電話番号 090-2239-5433

横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第5位

Photo byrobertobarresi

横浜でオススメの人気いちご狩りスポットランキング第5位は「徳江いちご農園」です。横浜市青葉区の東急電鉄市が尾駅から歩いて20分の場所にあります。

「徳江いちご農園」

フリー写真素材ぱくたそ

「徳江いちご農園」で食べられるいちごの品種は4種類あります。紅ほっぺ、さちのか、章姫(あきひめ)、あすかルビーです。豊富な種類があるので、食べ比べて自分好みの甘さや形を見つけることができます。

30分間の食べ放題で、ミルクもおかわり自由です。いちご狩りの料金は時期により異なります。小学生から大人1400円〜2000円/2才から幼稚園児700〜1000円となっています。

開園時間は午前10時〜午後3時となっていますが、先着順での案内となるため定員になったりいちごがなくなると早めの閉園となる場合があります。受付を早めに済ませておくのがオススメです。

減農薬栽培のいちご農園

Photo bysuetot

徳江イチゴ農園の大きな特徴として、高設栽培もありますが、「減農薬栽培」という栽培方法でいちごを栽培しています。この減農薬栽培は、通常のいちご栽培に使用される農薬の5割以下という少ない農薬でいちごを栽培しています。

少ない農薬でいちごを栽培するため、小さなお子様を連れた家族にも人気があります。美味しくて安全ないちごを家族で楽しむことができます。

住所 神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町4-10
電話番号 080-6789-7356

横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第4位

Photo byAlexas_Fotos

横浜でオススメの人気いちご狩りスポットランキング第4位は「二宮いちご園」です。横浜市旭区にあり相模鉄道鶴ヶ峰駅より歩いて約10分の所にあり、電車でのアクセスがしやすいスポットです。

「二宮いちご園」

Photo byRadfotosonn

「二宮いちご園」で食べられるいちごの品種は、大人気の紅ほっぺと章姫です。章姫には1株に1粒しか実らない特大の粒のいちごがあるそうです。ぜひ探し当てて貴重な大粒いちごを堪能してください。

いちご狩りの料金は時期により異なります。中学生以上1600円/4才〜小学生1300円となっています。ハイシーズンでも1600円の安い金額でいちご狩りを楽しめます。開園時間は午前10時〜午後12時までですが、いちごが売り切れ次第終了となります。

30分の食べ放題で要予約制になっています。事前の連絡が必要です。いちごの栽培方法は高設栽培で、さらに通路も広々としているので、車いすやベビーカーのままでもいちご狩りを楽しめます。

朝摘みいちごは売り切れ必死

Photo by1195798

二宮いちご園では、いちご農園に併設されている直売所で朝摘みのいちごの販売をしています。朝摘みいちごは朝一の糖度が一番高い時に収穫した、水分量がとても多い甘くてみずみずしい特別ないちごです。

朝摘みいちごは安い金額で買う事ができるので、人気が高く直売所は行列になります。すぐに売り切れてしまうので、朝摘みいちごをお買い上げの際は、早めのお出かけがオススメです。

住所 神奈川県横浜市旭区今川町11
電話番号 045-362-9115

横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第3位

フリー写真素材ぱくたそ

横浜でオススメの人気いちご狩りスポットランキング第3位は「秋本農園」です。新横浜駅から横浜市営地下鉄ブルーラインを利用して3駅隣にある仲町台駅から歩いて約10分の所にあります。

「秋本農園」

Photo by Alexandre H. Sato

「秋本農園」は、いちごを摘み取りやすい高設栽培で、広々とした通路にシートが引いてあるため、靴を汚すことなくいちご狩りを楽しむことができます。

いちご狩りができる以外にも、いちごや新鮮な野菜が併設されている直売所で売られています。直売所では、形や大きさ、色味など不揃いのいちごが山盛りになっている「訳ありいちご」を250円という安い金額で買うことが出来ます。

直売所で安い金額でいちごが買えるため人気があり、他のいちごと変わらずに美味しいいちごを沢山食べることが出来ます。直売所は、いちごや野菜が売り切れ次第終了します。

いちご狩りの料金は30分の食べ放題で6才〜大人1900円/3才〜5才1000円/0才〜2才無料となっています。ハイシーズンでも1900円の安い金額でいちご狩りができます。開園時間は午前10時〜午後2時です。いちごと野菜の直売所は午前9時〜午後2時です。

人気品種「紅ほっぺ」が食べ放題

Photo by 丹波写眞 Tamba photo

紅ほっぺは、ほどよい酸味と甘さがある、いちご狩りでは人気の品種です。そんな紅ほっぺを、秋本農園では30分間食べ放題でお腹いっぱい思う存分楽しめます。

いちごの美味しさを十分に味わうことができる、紅ほっぺの甘いいちごを選ぶためのポイントも、農園の方が教えてくれます。ちなみに簡単なポイントは、種まで赤く色付いていて、ヘタの部分が反対に反り返っているものが、甘くて美味しいということです。安い金額で美味しい紅ほっぺを、おかわり自由のミルクと一緒にお楽しみいただけます。

住所 神奈川県横浜市港北区新羽町4270
電話番号 080-9355-9856

横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第2位

Photo byPexels

横浜でオススメの人気いちご狩りスポットランキング第2位は「吉原いちご園」です。横浜市戸塚区にあるいちご農園です。緑が綺麗な自然の中でのいちご狩りを楽しめます。

「吉原いちご園」

Photo byAlexas_Fotos

車での来園はもちろんバスでも行くことができます。「藤沢駅北口」から戸塚バスセンター行または俣野公園・横浜薬大前行に乗り「諏訪神社前」下車後歩いて約10分の場所にあります。

「吉原いちご農園」はたくさんの方に楽しんでもらえるように設備が充実しています。腰を屈めるのが大変な方に優しい「高設栽培」や小さいお子様にも安心して食べてもらえる「減農薬栽培」、車いすやベビーカーで気軽に行ける広々とした「バリアフリー」などです。

フリー写真素材ぱくたそ

いちご狩りの料金は時期により異なります。小学生から大人1800円〜2000円/2才〜幼稚園児まで1000円となっています。開園時間は午前10時〜午後3時までとなっていますが、食べるいちごが無くなり次第終了です。

いちご狩りは30分間でコンデンスミルクはおかわり自由です。完全予約制ですので、必ず電話で予約が完了してからのお出かけをオススメします。予約受付時間は午前9時〜午後6時です。

8種類のいちごが味わえる

フリー写真素材ぱくたそ

吉原いちご農園で食べられるいちごの品種は8種類あります。いちごの品種それぞれには特徴があります。

「おいCベリー」は約7粒で1日分のビタミンCを摂取することができます。「あまおう」は大粒で光沢のある糖度の高いいちごです。「紅ほっぺ」は細長い形が特徴的でコクのある味が楽しめます。「よつぼし」は甘味、酸味、風味が四つ星級に美味しいことで名前が付けられた品種です。「とちおとめ」はいちごの中で最も生産量が多く硬めの実が人気です。

「とうくん」はいちごなのに桃の風味が薫る不思議ないちごです。「恋みのり」はいちごを通じて想いが叶うようにと名前がついた酸味がほどよい可愛いいちごです。「星の煌めき」は地元の球団の名前から付けられた品種です。

Photo byAllNikArt

大人気の品種からあまり聞いたことのない珍しい品種まで、様々ないちごをハイシーズンでも2000円という安い金額で味わうことができます。これだけの種類のいちごを食べられるいちご農園はなかなかないので、色々ないちごを食べ比べて自分好みのいちごを見つけてください。

住所 神奈川県横浜市戸塚区東俣野町791-2
電話番号 080-4802-4385

横浜いちご狩りのおすすめスポットランキング第1位

フリー写真素材ぱくたそ

横浜でオススメの人気いちご狩りスポットランキング第1位は一年中いちご狩りが楽しめる「TOKYO STRAWBERRY PARK」です。都心からほど近い横浜市鶴見区にあるいちごのテーマパークです。

「TOKYO STRAWBERRY PARK」

Photo by Alexandre H. Sato

電車でのアクセス方法は、JR鶴見駅または京急本線の京急鶴見駅から横浜市営バスで約15分にある「横浜火力発電所前」で下車すると、目の前に施設があります。

一年中いちご狩りができるハウスは、可愛らしいピンクの床になっていて靴が汚れにくくバリアフリー対応になっています。誰にでも優しいお洒落な空間でいちご狩りが楽しめます。

さらにいちご狩りのハウスだけでなく、いちごの魅力を最大限に引き出したスムージーやパフェが食べられたり、かわいいいちごのグッズやお菓子が買えるお店などが充実しています。ここだけでしか買えないお土産なども一年中買うことができます。

Photo bystokpic

食べ放題と持ち帰りカップのコースがあり、料金は時期により異なります。食べ放題コースは大人2000円〜2980円/小学生以下1500円〜2480円/3才以下は無料になっています。食べ放題は30分の時間制限があり、完全予約制のため事前に予約をすることをオススメします。

持ち帰りカップコースは300gで800円〜1400円です。営業時間は平日午前11時〜午後4時/土日祝日午前10時〜午後6時です。定休日は水曜日となっています。

オール電化ハウスで1年を通して毎日イチゴ狩りが可能

フリー写真素材ぱくたそ

「TOKYO STRAWBERRY PARK」では、365日一年中いちご狩りをすることができます。一年中いちご狩りができる理由は、オール電化で、ハウス内の細かい温度や湿度を徹底的に管理しているためです。

電気の力で、通常いちごができない夏から秋にもいちご狩りができるので、一年中、思い立った時に楽しむことができます。いちご狩りのハウスだけでなく、パーク内の施設は全て電力でまかなわれています。

住所 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11−1
電話番号 045-394-5555

神奈川でおすすめのいちご狩りを紹介!予約なしでも行けるスポットは?のイメージ
神奈川でおすすめのいちご狩りを紹介!予約なしでも行けるスポットは?
神奈川県にある多数のお出かけスポットの中でも、ぜひお子様連れのファミリーにおすすめしたいのが体験型レジャーの「いちご狩り」です!神奈川県にはいちご狩りスポットがたくさんあります。摘みたてのジューシーな甘さと、可愛らしい見た目が写真映えもすると大人気です!

横浜で一年中いちご狩りを楽しもう!

フリー写真素材ぱくたそ

都心からもあまり離れていない横浜には、意外にもいちご狩りを楽しめるスポットが沢山あります。ハイシーズンでも安い金額でいちご狩りができたり、一年中いちご狩りができたりなど充実したスポットが多いです。

横浜のいちご狩りスポットは都心からも近く、ご家族のお出かけやカップルのデート、女子旅などでも気軽にお出かけすることが出来ます。いちご狩りをしたいと思った時には一年中いつでも、横浜のいちご狩りスポットにお出かけください。

yngwahaha
ライター

yngwahaha

東京在住。外食が好きで色々なお店を開拓中。最近は隠れた穴場的なグルメスポット探しにはまっています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング