大阪観光と言えば難波・道頓堀はマスト!おいしいグルメやおすすめスポットは?

大阪観光と言えば難波・道頓堀はマスト!おいしいグルメやおすすめスポットは?

大阪観光といえば、おいしいグルメやおすすめスポットのたくさんある難波や道頓堀は外せません。難波・道頓堀でぜひ味わいたいおすすめのおいしいグルメが楽しめるお店や撮影にも最適のスポット、遊びに行きたい観光スポットなどをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.難波・道頓堀は大阪随一の観光スポット
  2. 2.難波・道頓堀周辺おいしいグルメ6選
  3. 3.難波・道頓堀おすすめ撮影スポット3選
  4. 4.難波・道頓堀おすすめのお土産3選
  5. 5.難波・道頓堀で遊びに行きたいスポット3選
  6. 6.難波・道頓堀で大阪を満喫しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

難波・道頓堀は大阪随一の観光スポット

Photo by rail02000

西日本最大の都市で日本第二の都市といわれる大阪は、古都としての歴史を持つ観光地としても有名で「お笑いの町」としても知られ、魅力的なスポットが満載です。

大阪城などの歴史的な観光地や、天王寺の「あべのハルカス」などの大型施設も注目を集め、食いだおれの町としても有名な大阪観光には、難波・道頓堀は外せない観光スポットとなっています。

難波・道頓堀のおすすめグルメやスポットを紹介

Photo by k14

とくに難波・道頓堀には、「食いだおれの町・大阪」にふさわしいおいしいグルメや、ぜひ一度は訪れておきたいおすすめの観光スポットもたくさんあります。本記事では、そんな難波・道頓堀のおいしいグルメや観光スポットに焦点を当ててご紹介します。

大阪観光のモデルコースをご紹介!2泊3日で人気スポットをめぐりつくそう!のイメージ
大阪観光のモデルコースをご紹介!2泊3日で人気スポットをめぐりつくそう!
大阪には食やお笑いなどたくさんの文化があり、観光地としてもとても人気です。大阪観光のおすすめスポットをモデルコースとしてお伝えいたします。さらにたっぷりと大阪を楽しむことができる2泊3日旅行でのモデルコースをご紹介していきます。

難波・道頓堀周辺おいしいグルメ6選

Photo by Richard, enjoy my life!

難波・道頓堀周辺には、いわゆる「粉もん」と呼ばれる名物や、かに料理、ご当地ラーメンなどのグルメが味わえるお店があふれています。ここでは、難波・道頓堀周辺で選りすぐりのおいしいグルメが楽しめる店を6店ご紹介します。

1:道頓堀くくる 本店

Photo by Richard, enjoy my life!

地下鉄御堂筋線難波駅から徒歩3分、心斎橋駅から徒歩10分のところにある「道頓堀くくる本店」は、大きなたこの看板が目印の大阪名物たこ焼きがおいしいお店です。

メディアでも紹介された、たこがはみ出すほど大きい「名物びっくりたこ焼」が有名で、フワトロの生地の中に入ったたこは、程よく食べやすい柔らかさとシャキッとした歯ごたえが自慢です。まさにその大きさにびっくり、そしておいしい味わいにもびっくりすること間違いないでしょう。

他にも、濃厚なチーズとお餅の食感が人気の「もちチーズ焼」(800円)、たこ、海老、ツナ、豚餅など、8種の具材が入っている「オールラウンド焼」(1000円)、本店限定の「当り」には激辛わさびがたっぷり入った「ロシアンルーレット焼」(1050円)など、珍しいたこ焼きもあります。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-10-5 白亜ビル1F
電話番号 06-6212-7381

くくるは大阪の人気たこ焼き店!おすすめメニューや値段を徹底調査のイメージ
くくるは大阪の人気たこ焼き店!おすすめメニューや値段を徹底調査
くくるは大阪にあるたこ焼き屋です。くくるに行ったらぜひ、一度は食べて頂きたい美味しいおすすめメニューを紹介します。大阪に行かなくてもくくるのたこ焼きは全国で食べることが可能です。この記事では、くくるのメニューの気になる値段も紹介していきます。

2:大阪王将 道頓堀本店

Photo by bryan...

大阪で「餃子」といえば「餃子の王将」が有名で難波・道頓堀にある本店は、大きな餃子の立体看板が目印です。自慢の餃子は安心安全の国産豚肉と国産野菜を店内で手包みして、パリッと焼き上げてあります。

キツネ色をした美しい焼き目と、ニンニクの臭いを80%も抑えた優しい味わいの餃子には、醤油にラー油、お酢を合わせたつけダレだけでなく、味噌ダレやレモン塩ダレで味わうのもおすすめです。

餃子以外にも、ふわとろの食感に醤油ベースの餡がおいしいと評判の「天津飯」や、エビチリ、酢豚などのおつまみもおすすめです。また、本店限定の「餃子のホットドッグ」もあり、海外からの観光客にも人気です。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-13
電話番号 06-6213-0400

3:純喫茶 アメリカン

Photo by 寅次郎

地下鉄御堂筋線難波駅から徒歩5分のところにある「純喫茶アメリカン」は、食べ物が不足していた時代に、少しでも良いものお客さんに提供したいと昭和21年においしい料理とコーヒーを提供してきた「花月」という名で創業した老舗喫茶店です。

三代目が営業している現在も、その「おもてなし」の心は引き継がれ、地元でも愛されるお店として人気です。エントランスには1963年に現在の建物を改築した際に造った人目をひく螺旋階段があり、週に一度オーナーが活けた季節の花々も出迎えてくれます。

Photo byFree-Photos

一番おすすめのメニューは、ネルドリップ方式で入れた少し濃いめのアメリカンコーヒー(570円)で、砂糖とミルクを入れて飲めば昔ながらの味わいが楽しめます。

他にもフレッシュな果物を使ったミックスジュースや、生ホットオレンジジュース、メロンソーダなどドリンクの種類も豊富で、カツサンド、オムライス、イタリアンスパゲティー、ビーフカレーなど懐かしい昭和の喫茶店のフードメニューもおすすめです。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-4株式会社アメリカンビル
電話番号 06-6211-2100

4:はり重 道頓堀本店

Photo by Richard, enjoy my life!

御堂筋と道頓堀の交差点にある「はり重 道頓堀本店」は、大正8年、初代社長の藤本喜蔵が食の都大阪で開業した創業100年の黒毛和牛専門店です。歴史を感じさせる純和風の建物で、伝統の味が自慢の「すきやき・しゃぶしゃぶ」が味わえ、大阪だけでなく全国各地の食通が訪れる名店中の名店です。

一番のこだわりは黒毛和牛の雌牛のみを使っているところで、長年かけて食肉に最も適した肉牛として作られたきめ細かいサシ(霜降り)、とろける柔らかさ、自然な甘さなど、日本が世界に誇る品種・黒毛和牛の旨みが絶品です。

肉のきめが細かく、脂が口の中でとろける食感の牛肉に、季節の前菜、御飯、香の物がついたすき焼きメニュー、しゃぶしゃぶメニューはランチメニューなら4500円から楽しめるので、おすすめです。

住所 大阪市中央区道頓堀1-9-17
電話番号 06-6211-7777

5:金久右衛門 道頓堀店

Photo by smallbird38

地下鉄日本橋駅から徒歩5分、難波駅からも徒歩5分のところにある「金久右衛門(きんぐえもん) 道頓堀店」は、食べログ大阪ベストラーメン3年連続No.1受賞、東京ラーメンショー2012 第一幕優勝など数多くの賞を受賞した、関西を代表する醤油ラーメンの専門店です。

細麺か太麺が好みで選べるこだわりのラーメンには、自慢の「煮たまご」が入り、薄口醤油なのにコクがあるスープがおいしいと評判です。

特におすすめのメニューは、「大阪ブラック(こだわり煮玉子入り)」で、黒醤油をベースに海老の風味の効いた味わい深いラーメンで、2007年には「関西1週間」ラーメン四天王の選ぶラーメングランプリでNo.1の醤油ラーメンに選ばれました。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-4-17
電話番号 06-6211-5502

6:かに道楽 道頓堀本店

Photo by taku412

大阪で「蟹料理」といって真っ先に浮かぶのは、難波・道頓堀にある大きな蟹の看板が目印の「かに道楽」で、大阪を訪れた人なら、一度は目にしたことがあるでしょう。

新鮮な蟹のお造りはもちろんのこと、焼きタラバ、かに天ぷら、かに唐揚げ、かにみそ甲羅焼き、蟹グラタン、カニコロッケと、豊富な蟹料理メニューは蟹好きにはたまらないでしょう。

Photo by culantor

特におすすめなのは、かにの美味しさ、 食の楽しさを、彩り豊かに演出した「かに会席」(5000円~)で、かに酢 、かにお造り、かに茶碗蒸し、かにグラタン、かに唐揚、かに天ぷらにかに寿司などかにづくしに汁物、フルーツまでついて満足すること間違いなしです。

冬にはお腹も心も温まるおいしいかにすき鍋コース(6000円~)や、かにしゃぶコース(10000円)もおすすめです。なお、お店までのアクセスは、地下鉄難波駅から徒歩5分ほどです。

かにの看板で記念撮影も漫喫

Photo by imgdive

大阪名物にもなっている「かに道楽」の看板は、大きな蟹のオブジェの長い足が順番に動く様が人の目を誘い、難波・道頓堀を歩く人たちが必ずと言っていいほど立ち止まります。看板前で記念撮影をする姿も良くみられる観光スポットの1つにもなっています。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-18
電話番号 06-6211-8975

難波・道頓堀おすすめ撮影スポット3選

Photo by Richard, enjoy my life!

グルメの街難波・道頓堀は、前述の「かに道楽の看板」以外にも、観光客が立ち止まる撮影スポットがたくさんあります。その中から3箇所をご紹介しますので、道頓堀で見つけたら、ぜひ旅の記念に撮影してみましょう。

1:くいだおれ人形

Photo by odysseygate

難波・道頓堀のグルメ店といえば戦後間もない1949年に生まれた「大阪名物くいだおれ」も、外せない名店の1つでしたが、残念ながら2008年に閉店し、現在は土産物屋になっています。

その「くいだおれ」の店の前に電気仕掛けで動く看板人形として、翌1950年に誕生したのが「くいだおれ太郎」です。戦後の日本にとって、「子供は大切なお客様」という想いで建てられましたが、閉店と同時に一旦引退しました。

しかし2009年、道頓堀商店街の「中座くいだおれビル」のオープンに合わせて難波・道頓堀に復活しました。そして、2017年4月に誕生したフルーツパーラー「たろうずパーラー」前で宣伝したり、大阪府警南署の一日署長を務めたりと引っ張りだこで、撮影スポットの1つとして人気です。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-22(中座くいだおれビル)
電話番号

2:グリコの看板

Photo by atgw

「くいだおれ太郎」や「かに道楽」の看板と並んで、大阪観光の撮影スポットとして知られるのは難波・道頓堀にある戎橋(えびすばし)から見える「グリコの看板」です。

大阪にある菓子メーカー江崎グリコの看板は両手を挙げて走っている姿で有名で、同じように手を広げて写真を撮る観光客が多くみられます。夏には、同じような服装(白いタンクトップに白い短パン)で撮影してSNSにアップする人もいるようです。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-6(戎橋)
電話番号

3:ネオンきらめく道頓堀橋

Photo by rail02000

大阪を南北に走る幹線道路御堂筋の道頓堀川に架かる橋「道頓堀橋」は、車の交通量が多い橋で、東側には「グリコの看板」が見える有名な「戎橋」、西側には「新戎橋」が架かっています。

「道頓堀橋」から眺める夜の難波・道頓堀はネオンが煌めき、グリコやドン・キホーテなどの看板もひときわ目立ちます。交通量の多い広い橋ですが、歩道もあり、ゆっくりと道頓堀の景色を撮影したり、橋の下におりて、川沿いを散歩することもできます。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀2
電話番号 06-6931-0241

難波・道頓堀おすすめのお土産3選

フリー写真素材ぱくたそ

大阪観光に訪れたら、グルメが揃う難波・道頓堀でぜひ、お土産を買って帰りましょう。ここでは、難波・道頓堀でお土産におすすめの選りすぐりの品を3品ご紹介します。

1:グリコマンのべっこう飴

Photo by くーさん

グリコの看板で有名な「道頓堀」のお土産なら、戎橋から近い難波・道頓堀商店街にある「ぐりこ・や道頓堀店」で購入できる「グリコマンのべっこうあめ」がおすすめです。

グリコランナーの顔型をかたどった棒付きのべっこう飴に、凹凸でグリコマンの顔が描かれ、一本ずつ透明の袋に覆われて、その袋の表面にもグリコマンの顔がデザインされています。

インパクト抜群で個包装にもなっているので、一人一人に手配りするお土産にぴったりで、話のネタにもなること間違いなしのお土産です。

2:吉本新喜劇プリッツ

Photo by isinoid

「お笑いの街」としても知られる大阪土産なら、吉本新喜劇とグリコがコラボした商品「吉本新喜劇プリッツ」もおすすめです。

なんばグランド花月でしか買えないプリッツは香ばしさが自慢の焼きトウモロコシ味で、食べきりサイズになっているので、その場で食べてもお土産にも最適です。

パッケージのデザインは、吉本新喜劇の人気芸人キャラクターやギャグがちりばめられた10種類で、裏面には芸人さんたちの「吉本新喜劇楽屋あるある」まで書かれ、見ても食べても楽しめるお菓子として人気の商品です。

3:ベビースターラーメン太郎大阪たこ焼き味

Photo by kagawa_ymg

大阪太郎フーズとおやつカンパニーが共同開発した「ベビースターラーメン大阪太郎たこ焼き味」は、大阪限定のベビースターラーメンで、「くいだおれ太郎」がパッケージにプリントしてある、まさに大阪ならではの名物土産です。

濃厚ソースにカツオの風味がからみあう本格的な大阪のたこ焼き味は、ビールなどのおつまみにもピッタリで、16g入りの小袋が4連になっているので、複数の人に個別にしても配りやすいお土産になっています。

袋の裏には、「くいだおれ太郎」が大阪弁を英文と和文で紹介してあり、大阪弁を勉強することもできると評判です。

難波・道頓堀で遊びに行きたいスポット3選

Photo by wongwt

難波・道頓堀ではお腹を満たし、お土産も購入できますが、もちろん遊びに行けるスポットもたくさんあります。ここでは、難波・道頓堀で、ぜひ遊びに行きたいおすすめのスポットを3箇所ご紹介します。

1:道頓堀ドラゴンボウル

Photo bysharonang

「道頓堀ドラゴンボウル」は、道頓堀で唯一のボウリング場で、昔懐かしいウッドレーンがある昭和の雰囲気があるレトロな施設です。店員さんも人柄がよく、アットホームな雰囲気が漂い、子供から大人までボウリングを存分に楽しむことができます。

5名以上で前日までに予約し、2ゲーム以上利用すれば1人につき利用料金100円割引になったり、平日限定イベント、第3土曜日のイベントなどお得なイベントも盛りだくさんなので要チェックです。

施設内には、卓球台やビリヤード台、ダーツマシーンもありますので、道頓堀で食事をした後に腹ごなしに訪れるのもおすすめです。

住所 大阪市中央区道頓堀1-4-23 ベニスビルⅡ 3F
電話番号 06-6212-7771

2:時解 escape café

Photo byClockedindk

地下鉄御堂筋線難波駅から徒歩5分の所にある「時解(ときとき) escape café」は、謎を探しだし、仲間たちと答えを導き出す謎解きや脱出ゲームで大人が本気で遊べる、新しい形のカフェです。

「真夜中のレストランからの脱出」や「JOKER'S ROOMからの脱出」、「滅びゆく魔法界からの脱出」など初心者から新作まで楽しめるゲームは、ストーリーを大切にしたコンテンツで、遊びながら新しい仲間づくりの場としても楽しめます。

併設のカフェでも、謎解きのビギナーや2~3人の少人数でも楽しめるような簡単な謎解きがあり、ちょっとした時間に楽しく過ごすことができるスポットです。時間がないという人には「お持ち帰り謎解き」もあるのでおすすめです。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-24 地下1階
電話番号 06-6213-2838

3:アルカブース

Photo byHans

御堂筋線難波駅からすぐ、道頓堀の真ん中にある「アルカブース」は、にぎやかな都会のど真ん中でゆったりした時間の流れが感じられるゲームセンターです。

「アルカブース」の一押しは地下にある「釣り堀」で、鯉やチョウザメ、ナマズなどが放流してあり、道具を借りて手ぶらで釣りを楽しむことができます。残念ながら釣った魚の持ち帰りはできませんが、釣った魚それぞれにポイントがつき、ポイントに応じて景品と交換できます。

また、店内にある「今月の釣果番付表」に名前を載せてもらえるので、グループで参加すると盛り上がること間違いなしです。営業時間は朝10時半から夜12時まで、料金は30分750円、60分1080円なので、飲み会の後に立ち寄るのもおすすめです。

住所 大阪市中央区道頓堀1-6-9
電話番号 06-6213-1804

難波・道頓堀で大阪を満喫しよう!

Photo by wongwt

難波・道頓堀でおすすめのグルメやお土産、楽しく遊べるスポットをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。食べても、遊んでも、撮影しても楽しい難波・道頓堀で、大阪観光をぜひ満喫しましょう。

横山まりん
ライター

横山まりん

ミュージカルと旅行とグルメが大好きな、専業主婦歴2年のオールドルーキーです。 最近は、新しい料理にも挑戦てレシピを増やすために、おいしものを食べに出かけています。 旅行では、今一番行ってみたいのはイエローナイフです。オーロラを一度見てみたいと思っています!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング