リゾートアイランド・初島を観光しよう!おすすめのスポットを厳選紹介

リゾートアイランド・初島を観光しよう!おすすめのスポットを厳選紹介

初島は首都圏から一番近い離島として有名な観光地です。綺麗な海とおいしい食材がたくさん獲れ、アクティビティも充実しています。初島への旅行は、特に小さな子供連れの家族におすすめです。今回は魅力いっぱいの初島について、初島の歴史から食事処までご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.初島は首都圏からも気軽に行けるリゾートアイランド
    2. 2.初島を楽しむおすすめ観光スポット
    3. 3.初島で充実のアクティビティを体験
    4. 4.初島グルメは地産地消!その新鮮さに大満足!
    5. 5.初島の美味しい食事ときれいな景色でリゾートを満喫!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    初島は首都圏からも気軽に行けるリゾートアイランド

    Photo by junchan0

    初島は、静岡県熱海市に属する小さな島です。伊豆半島の相模湾海上に浮かび、静岡県の最東端にあります。周囲4kmほどで、人口は250人ほどしかいません。そんな初島は静岡県で唯一の有人島で、首都圏から一番近い離島として知られています。

    有人離島・初島の歴史

    Photo by cinz

    初島は約7000年前の太古から人が住む島で、島全域から古代の遺跡が発見されています。遺跡の出土品の中には黒曜石が発見されています。黒曜石の主な産地は、伊豆半島はもちろん、神津島や長崎県の霧が峰周辺です。

    神津島や長崎県の霧が峰周辺は初島からは約90kmも離れているにも関わらず、初島で黒曜石が発見されたということは、太古から人々は海を越えて交流をしていたことが分かります。

    また初島は全て火山でできた伊豆諸島とは違い、海底が隆起して海上に姿を現した島で、地質学的な調査によると、初島の灯台が建っている付近は約2万年ほど前に姿を現したとされています。

    初島の伝説

    Photo byA_Different_Perspective

    初島には天地創造伝説や初木姫伝説・お初伝説・磯内膳の伝説など様々な伝説が残されています。また与謝野晶子が初島を訪れ、その様子を紀行文に残したことも有名です。観光する前に伝説の逸話を知っておくと、観光する際には深く楽しめるでしょう。

    初島へは高速船に乗って約25分!

    Photo byTama66

    初島へは、熱海港から定期船で約30分ほどで着きます。定期船の料金は大人往復2640円・小人往復1320円です。犬や猫などのペットも乗船できますが、ペット料金の支払いが必要です。始発は、熱海港からは7:30・初島からは8:00です。

    アクセスは新幹線で、東京駅から熱海駅までひかりで約40分・こだまで約50分、名古屋駅から熱海駅までひかり約90分・こだま約115分です。JR東海道本線からは、東京駅から熱海駅まで約110分で到着します。駅から港まではタクシーで約10分・バスで約15分で到着します。

    フリー写真素材ぱくたそ

    車でのアクセスは、東京方面は東京ICから東名高速道路を約30分の厚木ICで一般道路におりて約60分です。名古屋方面は小牧ICから東名高速道路を約120分の沼津ICで一般道路におりて約60分で熱海港まで着きます。車は周辺にある有料の駐車場に止めましょう。

    初島を楽しむおすすめ観光スポット

    Photo byFoundry

    ここまでは初島の歴史などについて触れていきました。ここからは初島のおすすめ観光スポットをご紹介します。歴史を感じる観光スポットや、みんなではしゃいで遊べるスポットまでご紹介します。観光に行く際はぜひ参考にしてみてください。

    初島灯台

    Photo by 上島町

    初島灯台は昭和34年に設置されました。平成19年には「日本で15番目に登れる灯台」としてリニューアルオープンし、日本で唯一の螺旋階段の灯台として知られるスポットです。晴れた日には、伊豆七島のうちの5つを見渡すことができます。

    雨の日は初島灯台資料展示館へ行きましょう。館内では、天気に関係なく初島周辺の景色が一望できる3Dパノラマビューや、初島の歴史・灯台の仕組みなどに関する資料が展示されています。晴れの日も雨の日も楽しめるおすすめの観光スポットです。

      住所 静岡県熱海市初島444
     電話番号 0557-67-3100

    アジアンガーデンR-Asia

    Photo by 剛

    R-Asiaは初島リゾートアイランド内にある南国風な店内で食事ができるアジアンガーデンです。ナシゴレンやパオライス・マンゴープリンなどのメニューがあり、南国にいるような気分を味わえます。開放的な店内にはハンモックを備えており、島の風に揺られるくつろぎの時間を過ごせます。

    ガーデン内は何種類もの亜熱帯植物が植えられており、日本ではあまり見られない珍しい植物がたくさんあります。植物に興味ある人もない人もカラフルな植物に驚くでしょう。また屋根付きの読書が楽しめる部屋もあるので、読書が好きな人にもおすすめです。

    Photo byFree-Photos

    ガーデン内は都会では味わえない青く空と緑の芝生が広がり、海外リゾートにいるような気分を味わえます。営業時間は9時~16時で、毎週木曜日が定休日です。

      住所 静岡県熱海市初島18 初島アイランドリゾート
     電話番号 0557-67-2151

    初木神社

    Photo by s.sawada

    初木神社は初島の伝説で様々な物語を残していることで知られる、初木姫が祀られている神社です。初木神社のご神体である懸仏の制作年代から、初木神社は鎌倉時代以前に創設されたと推測されました。

    初木神社の社殿下からは古墳時代の祈りの場である磐倉の跡が発見されており、古代から変わらず、島の人々の信仰が集まる場所として知られています。

       住所   静岡県熱海市初島5
      電話番号 0557-80-3164

    初島で充実のアクティビティを体験

    Photo byPexels

    初島リゾートアイランドは小さな子供から大人まで楽しめ、家族や友達と思いっきりはしゃげるアクティビティがたくさんあります。ここからは初島でおすすめのアクティビティをご紹介します。

    アドベンチャーアイランド VOTAN

    Photo by Kazutaka NAKANO

    VOTANは初島リゾートアイランド内にある、10種類のオリジナリティ溢れるアスレチックを楽しめるパークです。VOTANは無人島に漂着した少年が不思議なものだらけの世界を冒険するストーリーがコンセプトになっており、アスレチックなどもストーリーに沿ってデザインされています。

    子供はもちろん、大人もワクワク・ドキドキする仕掛けがたくさんあるので、親子で楽しめるおすすめのスポットです。制限時間はないのですが大体平均1時間ほど滞在する人が多いようです。3歳から大人まで入園料金は600円です。

    Photo by SARUSUKEY

    敷地内にトイレはなく、再入場はできないシステムになっています。入場する前にお手洗いを済ませておきましょう。営業時間は10時~17時までで、定休日は毎週木曜日です。

        住所 静岡県熱海市初島リゾートアイランド
      電話番号 0557-67-2151

    初島アドベンチャーSARUTOBI

    フリー写真素材ぱくたそ

    SARUTOBIは初島リゾートアイランド内にあるアクティビティです。ヨーロッパで人気の自然を利用した体験施設で、専用のハーネスを着用して、樹の上を渡ります。体験時間は約30分~1時間ほどです。移動中は生い茂った木々の間を通り抜けたり、海の景色を眺めることができます。

    体験すると冒険した気分を味わえますが、高いところが苦手な方は樹の上に上らなくても、下から写真撮影や渡っている人たちに声掛けができるようになっているので、みんなで楽しめる施設になっています。

    フリー写真素材ぱくたそ

    コースは初級・中級と全部で20個のアクティビティがあり、コースによって難易度も様々ですが、特別な腕力はいらず、どのコースも子供からシニアまで同じレベルで楽しめるので、とてもおすすめです。

       住所 静岡県熱海市初島リゾートアイランド
      電話番号 0557-67-1462

    ダイビングやスノーケリング

    Photo byJulius_Silver

    初島アイランドリゾートでは、ダイビングやスノーケリングの体験もできます。ダイビングには初心者・経験者・上級者向けのコースがあり、初心者向けのコースでは専任のインストラクターがしっかりサポートしてくれます。陸上でレクチャーを受けたあと、浅く安全な海で体験ができます。

    経験者向けのコースはダイビングの認定取得を目指す人におすすめです。安全に海を楽しむために必要な知識やテクニックを身につけるためのコースです。ダイバーのスタート地点とも言えるでしょう。ダイビングの認定を取得すれば、地球の約8割を占める海は遊び場へと変わります。

    フリー写真素材ぱくたそ

    上級者コースはすでに認定ダイバーとしてファンダイビングを楽しんでいる人におすすめのコースです。生物を楽しめる「フタツネ」・上級者限定の「イサキネ」・講習や体験に最適で、穏やかな景観を楽しめる「ニシマト」・ミステリアスなサメ天国「ヤンバタ」の4つのポイントを楽しめます。

    初島グルメは地産地消!その新鮮さに大満足!

    フリー写真素材ぱくたそ

    初島は天然の漁礁と言われ、まさに海産物の宝庫と言えるほど新鮮な海産物がよく獲れます。スーパーなどで売られている海産物のほとんどは、獲れてから何日か経ったものばかりで新鮮とは言えません。しかし初島では本当に新鮮な海産物を堪能できます。

    初島食堂街で朝獲れの地魚に舌鼓

    フリー写真素材ぱくたそ

    初島の食堂街は、初島の港周辺の漁師が営む食堂街です。食堂街にあるお店はその日の朝に獲れた新鮮な海産物を堪能できることで人気です。

    めがね丸

    Photo by Tak H.

    めがね丸は、その日の朝に、店主が自ら獲った旬の魚を豪快に盛り付け、格別な食べ応えのある丼が楽しめる食事処です。船長おまかせ丼やイカゲソの肝焼きが人気です。

      住所 静岡県熱海市初島191
     電話番号 0557-67-1465

    磯料理 みやした

    Photo by *Yaco*

    磯料理みやしたは、名物アシタバかき揚げや海苔丼が人気の食事処です。海苔丼はアシタバの天ぷらと海苔の風味が絶妙な丼です。初島にきたらまず食べたい逸品です。

       住所 静岡県熱海市初島217-7
      電話番号 0557-67-1466

    田中屋

    Photo by Kanesue

    田中屋は、獲れたての活アジを使ったアジなめろう丼や、キンメの煮付け定食が人気の食事処です。キンメの煮付けは全国でどこでも食べられる料理で、煮魚料理の中では定番ですが、獲れたての新鮮なキンメの煮付け定食を食事することができるのはこちらの食事処だけです。

      住所 静岡県熱海市初島167
     電話番号 0557-67-1438

    島の漁師が営む民宿では近海の海の幸が食卓に並ぶ

    Photo bysharonang

    初島には宿泊施設は少なく、民宿がほとんどです。初島には民宿街があり、民宿ではホテルでは食べられない新鮮な海産物を食事することができます。島の漁師が営む民宿なので、よくも悪くも内観などはわからず、お楽しみとして予約してみてはいかがでしょうか?

    初島にはたくさんの民宿がありますが、民宿の看板が立っていても、現在も営業しているかはわからないので、事前に民宿にお問い合わせをしておくと安心です。

    外観は普通の家で、民宿ごとの温かい食事が楽しめる民宿は、当然それぞれの民宿で内観も料理の味付けも違います。色々な民宿に宿泊してみて違いを見つけるのも楽しいかもしれません。

    初島の美味しい食事ときれいな景色でリゾートを満喫!

    フリー写真素材ぱくたそ

    初島は美しい海や美味しい食材に恵まれた素晴らしいリゾートアイランドです。夏は特に混雑しますが、ダイビングなど楽しめるアクティビティが増えるので、夏に観光や旅行に行くことをおすすめします。小さな子供も遊べる場所もあるので、家族旅行におすすめです。

    san2859
    ライター

    san2859

    関西在住、飲食店でお仕事をしています。趣味は身近なグルメを楽しむこと。旅行も好きなので、美味しく楽しい記事を書いていきたいです。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング